日本のビールは下面発酵で造られるラガーが多いですが、「イギリスビール」は上面発酵のエールビールが主流です。上面発酵ビールは芳醇で味わい深く、日本のビールとはまた違った魅力があります。

そこで今回は、おすすめのイギリスビールをピックアップ。イギリスビールの特徴や種類なども解説するので、イギリスビールを飲んでみたいけれどどれがよいのかわからないという方も、ぜひ参考にしてみてください。

イギリスビールの特徴

By: pixabay.com

日本のビールは主に下面発酵ですが、イギリスビールは下面発酵よりも高めの温度で発酵する上面発酵のエールビールが主流です。下面発酵で造られるラガービールはさっぱりした香りとキレが特徴ですが、エールビールは華やかな香りとコクが楽しめます。

エールビールは、日本で主流のラガービールのように渇いた喉に流し込む飲み方はあまりされません。基本的には10℃以上と少しぬるめの温度で飲む傾向にあり、ジョッキではなく、小さめのグラスで味わいながら少しずつ飲むといった飲み方が一般的です。

イギリスビールの歴史

By: pixabay.com

イギリスにビールが初めて伝来したのは紀元前1世紀頃と言われています。その後、6世紀には、ローマ教皇グレゴリウス1世が修道院とともに醸造所を建設してキリスト教を布教したため、国内にビールがどんどん広まっていきました。9世紀には、現在の居酒屋のような役割を果たす「エールハウス」が普及。自家醸造も盛んにおこなわれ、エールビールが一家の収入源としても重要な役割を担いました。

さらに、中世になり都市が発展していくにつれて、ビール醸造専業の業者が現れます。ビールがイギリスの大衆文化のひとつとして一気に広がっていきました。イギリスでは古来より、ホップを用いないタイプのエールが広く普及していたため、ホップが入ってきた当初は強い反対もありましたが、防腐作用に優れていることから、15世紀になると徐々にホップを使用したビールの醸造が広まります。

そして、17世紀にはホップをふんだんに使った防腐効果の強いペールエールが醸造されはじめました。19世紀になると、長期保存のしやすいペールエールがイギリスビールの主流になり、現在に至ります。

イギリスビールの種類

ペールエール

By: amazon.co.jp

ペールエールはイギリスビールのなかでも代表的なスタイルのビールです。上面発酵のエールビールで、日本のビールより色の濃い銅色が特徴。味に関しては、ホップが多く使用されているためしっかりとした苦みと甘みが共存しています。

ペールエールは泡立ちが控えめで炭酸も弱めなビールが多いですが、基本的にはホップやモルトの香りが強めです。そのため、食事と一緒に飲むというよりは、ビールを主役としてじっくり味や香りを堪能する飲み方が適しています。

インディア・ペールエール(IPA)

By: amazon.co.jp

インディア・ペールエールは、ペールエールの香りや苦みをさらに強めた上面発酵ビールです。18世紀、イギリスはインドにビールを輸出していました。イギリスからインドまでの長い航海に耐えられるビールを醸造しようとして造られたエールで、多めのホップやアルコールを加えて造られています。

最近のインディア・ペールエールはアメリカ産のホップを使っていることも多く、より強烈な苦みと強い香りが特徴です。

スコッチエール

トラクエア(TRAQUAIR) ジャコバイトエール

By: amazon.co.jp

スコッチエールは外国向けに販売することを目的とした、度数が高めで味わいの深いエール。スコットランドの都市、エディンバラを発祥としています。味わいとしては、モルトの風味やフルーツのような甘さが強いのがポイント。アルコール度数が高いものも多いため、飲みごたえがあります。

イギリスビールのおすすめ

ペールエール

シェパード・ニーム(Shepherd Neame) スピットファイアー 500ml

シェパード・ニーム(Shepherd Neame) スピットファイアー 500ml

戦時中に、ドイツ空軍機と戦った戦闘機から名付けられたイギリスビール。薄いオレンジがかった茶色をしており、モルトの風味とフローラルなホップの香りが特徴です。甘みが抑えられており、ローストモルトの香ばしさからホップの苦みへと移り変わります。苦みが余韻として舌に残り、すっきりとした喉越しと苦みがあるビールなので、甘みのないビールを好む方におすすめです。

フラーズ(Fuller’s) ロンドンプライド

フラーズ(Fuller's) ロンドンプライド

数多くの賞を獲得し、イギリスで非常に人気のあるプレミアムエールです。キャラメルやフルーツのような甘い香りがして、軽くローストされた麦の風味と、苦みがありながらもさっぱりした後味が特徴。なめらかな口あたりと複雑な味わいも魅力です。色はキャラメル色で、泡はまるで発泡酒のように繊細。味が強くコクがあるので、食事と一緒に飲むよりは、軽めのスナックなどと合わせてじっくり味わうのがおすすめです。

ブリュードッグ(Brewdog) インディー

ブリュードッグ(Brewdog) インディー

輸入クラフトビールのなかでも価格が安いため、購入しやすいイギリスビール。「いつでもどこでも誰でも楽しめるように」というコンセプトのもと造られています。飽きずにずっと飲んでいられるようなペールエールです。

輝かしい黄金色をしており、洋ナシやバナナ、柑橘系などのフルーティーな香りが強め。味わいもフルーティーで、キャラメルやバナナの甘みのあとにグレープフルーツのようなホップの苦みが広がります。アルコール度数は4.2%とやや低めで、イギリスビールの初心者にもおすすめです。

ウィッチウッド(WYCHWOOD) ホブゴブリン

ウィッチウッド(WYCHWOOD) ホブゴブリン

遊び心が満点のイギリスビール。魔女のシルエットが入ったラベルがトレードマークです。チョコレートモルトが使われているので、色はダークブラウンで、泡はクリーム色。泡が大きめで柔らかいため、注いだ時にふんわりと立ち上がります。

ほんのりとしたベリーのような甘みと、チョコレートの風味がある香りです。ほんのりローストされた味で、苦みは弱くあっさりしています。食事と一緒に飲むよりは軽めのスナックなどと合わせてじっくり味わうのに最適。癖がなく飲みやすいことから、海外ビール初心者にもおすすめです。

インディア・ペールエール(IPA)

フラーズ(Fuller’s) インディア ペールエール

フラーズ(Fuller's) インディア ペールエール

フラーズ社は、最高級の原料と卓越した技術を駆使してさまざまな種類のエールを醸造しています。本製品は、通常のエールビールに比べてホップの量が多いIPA。苦みと香りが高く、深みとコクがあるビールに仕上がっています。アルコール度数は高めですが、アメリカンIPAに比べると苦みは穏やか。初心者から愛好家まで楽しめるおすすめのイギリスビールです。

セントピータース(St. Peter’s) ブラックIPA

セントピータース(St. Peter's) ブラックIPA

アメリカンなエッセンスが加わったIPAスタイルのイギリスビール。色は漆黒で、ローストされた麦のコクと苦みもしっかりと感じられます。口当たりはクリーミーで、スモモやレーズンなどのドライフルーツの香りが感じられるのもポイント。苦みの中に甘みと酸味もあり、舌に心地よい余韻が残ります。

アルコール度数は高めの7%。軽いおつまみとあわせて、じっくりと味わうビールを探している方におすすめです。

ウィアード・ビアード(Weird Beard) ファイブオクロック シャドー アメリカンIPA

ウィアード・ビアード(Weird Beard) ファイブオクロック シャドー アメリカンIPA

ウィアード・ビアードは、変なヒゲという意味。伝統的なブリティッシュスタイルとアメリカンスタイル両方の影響を受けた個性的なビールです。

色は明るいオレンジ。麦とホップのバランスがよく、マーマレードのようなフルーティーな甘さとグレープフルーツのような苦みが絶妙に融合しています。アルコール度数は7%と高めですが、柑橘系のさわやかな後味なので初心者にもおすすめのイギリスビールです。

ブリュードッグ(Brewdog) スコットランドパンク IPA

ブリュードッグ(Brewdog) スコットランドパンク IPA

ブリュードッグは2007年に創業された比較的新しい醸造所です。マーケティング力と味の完成度から人気が急上昇しています。原料の麦芽量は、普通のエールの2.5倍。ホップは40倍です。

苦みは強めですが、日本のビールのような苦みではなく、さわやかで芳醇な苦みなので初心者にも飲みやすい味わいになっています。イギリスのビールメーカーの製品ですが、日本でも比較的購入が簡単なおすすめのイギリスビールです。

スコッチエール

トラクエア(TRAQUAIR) ハウスエール瓶

トラクエア(TRAQUAIR) ハウスエール瓶

トラクエア醸造所は、スコットランドにあるもっとも古い醸造所です。トラクエア醸造所では熟成や発酵を木のタルで行うため、ビールからはほんのりとナッツやオークの香りがします。

色はかなり濃い褐色。香りはキャラメルやレーズンなどを混ぜたような複雑なスウィートアロマです。口に含んだ瞬間、舌にピリッとした炭酸をまず感じ、そして後味にはうっすらとした苦みとアルコールが残ります。

トラクエア(TRAQUAIR) ジャコバイトエール

トラクエア(TRAQUAIR) ジャコバイトエール

コクのある味わいのイギリスビール。ジャスミンやダージリンのようにも感じる柑橘系の香りがします。アルコール度数は8%なので、飲み過ぎには注意しましょう。

トラクエアはスコットランド王家の末裔が所有する醸造所です。本製品には地中海産のコリアンダーが使用されているため、スパイシーでありながら甘みもあります。なめらかな口当たりが特徴です。

マックイーワンズ(Mc.Ewan’s) スコッチエール

マックイーワンズ(Mc.Ewan's) スコッチエール

本製品は、イギリスビールのなかでも本格的なスコッチエールを味わいたい方におすすめ。アルコール分は8%高めですが、味わいが非常にまろやかなので初心者でも飲みやすいビールです。

味は、キャラメルのようなほろ苦さと、ドライフルーツのような甘酸っぱさがあります。リキュール系の甘い香りが個性的です。約10℃が適温なので、冷蔵庫で冷やしすぎてしまった場合は手で温めながら飲むと香りと甘みがぐんと増します。

そのほかのイギリスビール

ロビンソン(Robinsons)アイアンメイデンビール

ロビンソン(Robinsons)アイアンメイデンビール

アンバーエールスタイルのイギリスビール。アルコール度数は4.7%です。イングランド出身のバンド・アイアンメイデンとコラボしたビールで、パッケージ通り、味わいも非常に個性があります。香りは、3種類のホップを使っているため、非常に濃厚で華やか。味わいは、若干キャラメルっぽさもありますが、舌に紅茶のような酸味と苦みと、強いモルトを感じられます。

オールドトム(OLD TOM) ストロングエール

オールドトム(OLD TOM) ストロングエール

漆黒のボディに、深いコクのある黒ビール。重厚感のあるボトルに描かれた猫のロゴが特徴的です。麦の香ばしさのなかに、ほのかなフルーティーさが感じられます。口当たりはなめらかですが、麦の苦みが非常に強いため、ビールの苦みが好みの方向けの味わい。また、アルコール度数が8~9%と高めなので、飲み慣れている方におすすめのビールです。

セントアンドリュース(St.ANDREWS) アンバーエール

セントアンドリュース(St.ANDREWS) アンバーエール

ゴルフ発祥の地であるコースのクラブハウスで売られているイギリスビールです。見た目はレンガ色をしており、泡は少なめ。香り・酸味・苦みのバランスが取れた高級感のある銘柄です。なめらかで甘い口当たりと、その後にローストされた麦のほんのりとした苦みも魅力。ビールをじっくり味わいたいときや、お祝いの席などにもおすすめのビールです。

グリーンキング(Greene King) オールドスペクルドヘン

グリーンキング(Greene King) オールドスペクルドヘン

ローストされた麦の味わいとクセのある苦みをもったアボットエールスタイルのイギリスビール。非常に美しい琥珀色をしているのが特徴です。上面発酵特有のフルーティーな香りが感じられます。苦みは控えめで喉越しも軽いため、非常に飲みやすいビールです。

高級かつレアなビールなので、ロンドンのパブでもなかなか見つけることができません。珍しいイギリスビールが飲んでみたいという方にもおすすめです。

ニューキャッスル(NEWCASTLE) ブラウンエール

ニューキャッスル(NEWCASTLE) ブラウンエール

ブラウンエールスタイルの正統派イギリスビール。イギリスでは売上トップクラスのビールです。イギリスでは、「犬の散歩を理由にパブに立ち寄って飲むビール」という親しみの意味を込めて「ドッグ・ビール」とも呼ばれています。

口当たりが非常にすっきりしており、性別や年齢を問わず飲みやすいビールです。キャラメルを焦がしたような風味が、ナッツと柑橘系を合わせたような味わいへと変化していきます。イギリスビールの王道ともいえるビールで、飲みやすいことから初心者の方にもおすすめです。

ギネス(GUINNESS) エクストラスタウト

ギネス(GUINNESS) エクストラスタウト

アイルランド産の黒ビール。非常に濃い黒色をしており、その濃さはグラスの向こうが見えないほどです。しっかりした苦みと熟成した味わいがありますが、後味にはほのかな甘さが残ります。量は少ないものの、まろやかでクリーミーな泡の層ができるのも魅力です。

アルコール度数は5%。ロングネックでスリムなボトルと、現代的なラベルデザインがスタイリッシュでおしゃれです。なお、本銘柄はアイルランド原産のビールですが、世界各国で生産・販売されています。生産国ごとにアレンジが加えられているため、取り寄せて飲み比べをしてみるのもおすすめです。