国民1人あたりのビール消費量が世界一多い「チェコ」。20年以上もその座をキープしており、一人当たりの年間消費量は約140Lにも及ぶと言われています。

チェコで造られているビールは、日本で一般的に飲まれているビールと同じピルスナータイプです。しかし、コクや風味の豊かさがあるなど、日本のビールとは違う魅力があります。そこで今回は、おすすめのチェコビールをご紹介。あわせて、日本ではあまり知られていないチェコビールの魅力を解説します。

チェコビールの特徴

チェコビールの多くは日本で一般的に飲まれているビールと同じピルスナータイプです。ただし、日本のビールが喉越しやキレを重視するのに対して、チェコビールはコクのある味わいで、しっかりとしたホップの苦味も感じられるため、香りや風味を楽しみながらじっくり飲むのに向いています。現地ではMLIKO(ミルコ)というほとんどが泡になった注ぎ方も人気です。

チェコビールの歴史

チェコは、ピルスナー発祥の地とも言われています。ビールは紀元前からすでに飲まれていたと考えられており、種類としては上面発酵で作られる色の濃いエールビールが主流でした。

1840年代にドイツで下面発酵のラガーが発明されて人気を博したのち、チェコのピルゼン地方で同じようにラガー酵母でビールを醸造したところ、水の硬度が違うため、風味の異なるピルスナービールが生まれたと言われています。

現在では、世界で飲まれているビールの8割以上がピルスナータイプ・ラガータイプのビールです。本場チェコにおけるピルスナービールの製法は、ピルスナーウルケル社によって代々引き継がれ、ピルスナーウルケルブランドのビールは世界中で愛されています。

チェコビールのおすすめ

ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケルは、ピルスナービールを発祥したと言われている醸造所です。誕生当時の製法を守って、同じ醸造所で現代まで醸造を続けています。

トリプルデコクション法と呼ばれる、一部醸造を木樽で行うのが伝統的な製法。時間と手間を惜しまず受け継がれた味は、世界中の人々に愛されています。

ピルスナーウルケル

ピルスナーウルケル

本製品は、ピルスナーウルケル社を代表するピルスナーです。濃厚でしっとりした泡が特徴のひとつで、ミルコと呼ばれるほぼ泡だけを楽しむ飲み方にも向いています。

味わいの傾向としては、ザーツホップのスパイシーな香りと、苦みと甘みのバランスのとれたフレーバーが魅力です。

麦汁の発酵前に必要な麦芽の糖化という工程を3度行う、トリプルデコクションという製法を採用することで、深いコクと芳醇な香りを引き立たせているのもポイント。すべての原料にチェコ産のものを使った美しい黄金色のピルスナーです。

ピルスナーウルケルは、ハラディンカと呼ばれるチェコビールの伝統的な注ぎ方で飲むのがおすすめ。ビールに対する泡の量を指3本分と多めにすることで、自宅で飲む際でもクリーミーな口当たりを楽しめます。

ブドバー

ブドバーは700年の伝統をもつ国営の醸造所です。チェコでピルスナーが誕生する以前からラガービールの醸造が行われていて、王室御用達の最高級ビールとして広く知られていました。アメリカのバドワイザー誕生のもととなったビールを醸造していることで有名です。

ブデヨビツキ ブドバー

ブデヨビツキ ブドバー

ブドヴァイゼル・ブドヴァルとも呼ばれるチェコの代表的なビールです。ブドバー伝統のラガービールで、独自の酵母と地下300mからくみ上げた地下水、世界最高級とも言われるザーツホップを使って醸造されています。ラガーの最大の特徴である淡い黄金色が美しいビールです。

後にアメリカのバドワイザー誕生のもとになったラガービールとしても知られています。ただし、アメリカのバドワイザーとは風味が全く異なるので、2本の違いを飲み比べてみるのもおすすめです。

ドライで爽快かつ、なめらかな喉越しが魅力で、後味の余韻にホップの苦みと豊かな香りが広がります。バドワイザーよりもコクがあり炭酸が強めな印象ですが、クセがなく飲みやすいのがポイント。初めて海外ビールを飲む方にもおすすめです。

スタロプラメン

チェコの首都プラハにあり、主にラガービールを製造する1869年創業の醸造所です。チェコ全土におけるビール生産量ではトップクラスを誇り、製品は40か国以上に輸出されています。

チェコ国内では、工場に隣接された出来立てのビールを提供するレストランも経営しており、地元の方がわざわざ訪れるほどの人気です。

スタロプラメン

スタロプラメン

地元のプラハでは人気ナンバーワンと名高く、レストランやビアホールには必ずと言っていいほど置いてある銘柄。厳選されたチェコの大麦とドイツのホップを使って作られたラガービールです。

採用しているダブルデコクション製法は、サントリーの「ザ・プレミアムモルツ」と同じ製法。麦本来の旨味やコクが感じられ、ホップの華やかなフローラル系のアロマが香ります。しっかりしたボディが感じられつつも、軽快でまろやかな味わいで、比較的飲みやすいビールです。

チェコビールのなかでも洗練された風味と評される本製品。日本のビールに慣れ親しんだ方でも飲みやすく、どんな料理とも合わせやすいので食中酒にもおすすめです。

プラハ

プラハは伝統的な醸造方法を守っている醸造所です。1000年以上ビールの醸造を続けているブジェヴノフ修道院と共同開発することで、昔ながらの製法を守りつつ、時代に適したビールを作り続けています。

オープンバット発酵槽を用いて50〜60日ほどかけて醸造することで、ほかの大手メーカーとは異なる味わいを生み出しているのもポイント。ワールド・ビア・アワードで2つの銘柄がゴールドメダルを受賞するなど、世界的にも評価の高い醸造所です。

プラハ プレミアム ピルス

プラハ プレミアム ピルス

200年以上の歴史ある醸造所で作られるピルスナータイプのチェコビールです。自社農場で栽培されるモルトと地元産の高級ザーツホップを使って作られています。地下300mから湧き出る軟水を使用していることで、伝統的な味のバランスを整えているのがポイント。

味わいとしては、ハーブの香りが爽やかに香った後、しっかりとした苦みやホップの風味を堪能できます。厳選された材料と、歴史に裏打ちされた職人の技が生かされたプレミアムなチェコビールです。