日本でも人気が高まっている「シェリー酒」。食前酒として提供されることが多いイメージです。しかし、実は食中や食後にぴったりのモノなど種類が豊富にあります。

そこで今回は、おすすめのシェリー酒の銘柄をご紹介。シェリー酒の種類ごとの特徴や選び方についても解説しているので、好みのモノをみつけてみてください。

シェリー酒とは?

By: amazon.co.jp

シェリー酒は白ワインの一種で、スペインのアンダルシア州とその周辺で生産されるもののみが名乗ることを許されたお酒です。シェリーは英語名で、スペイン語では「ビノ・デ・ヘレス」といいます。

シェリー酒は、ポルトガルのポートワインとマデイラワインと並ぶ世界三大酒精強化ワインとして有名です。酒精強化ワインとは、製造する際に別途アルコールを添加して度数を高めてつくるワインのこと。一般的にはブランデーが添加アルコールとして使われています。

熟成させたワインにブランデーなどのアルコールを加えることで完成したシェリー酒には、ナッツのような香ばしい香りが出るのが特徴。日本ではあまり馴染みがありませんでしたが、豊かな風味を好む人が増え最近人気が高まっています。

度数はどのくらい?

製造過程でブランデーを加えているだけあり、一般的なワインよりもアルコール度数が高いことがシェリー酒の特徴です。通常のワインはアルコール度数12〜15%ほどですが、シェリー酒は15〜22%。日本酒の多くが15%前後、焼酎が20〜25%であるため、比較的高めの度数です。

シェリー酒の選び方

甘口か辛口かをチェック

シェリー酒は使用するブドウの品種や熟成度、添加アルコールのブレンド方法などによって大きく3種類に分けられます。そのなかでも、10種類ほどに分けられるので、種類は豊富です。まずは甘口か辛口かを選ぶために、代表的な3種類を解説します。

ビノ・へネロソ

By: amazon.jp

辛口好きの方におすすめしたいシェリー酒が、ビノ・ヘネロソと呼ばれるものです。シェリー酒に使われる3種類のブドウのうち、パロミノ種というものが原料。発酵を完了させるため、辛口のシェリー酒に仕上がるのが特徴です。

ビノ・ヘネロソのシェリー酒のなかにも種類があり、「フィノ」「マンサニーリャ」「アモンティリャード」「オロロソ」「パロ・コルタド」の5つに分類されます。

ビノ・ドゥルセ・ナトゥラル

By: amazon.jp

ビノ・ドゥルセ・ナトゥラルは、甘口のシェリー酒です。モスカテル種かペドロ・ヒメネス種という甘い品種のブドウを過熟するか、天日干ししたモストを使ってつくられているのが特徴。途中で発酵を止めてブドウの甘さを残します。

ビノ・ドゥルセ・ナトゥラルには、原料に採用しているブドウの名称と同じく「ペドロ・ヒメネス」と「モスカテル」という2種類のシェリー酒が存在。どちらも濃厚な甘さを楽しめるので、甘口のお酒が好きな方やスイーツ好きの方におすすめです。

ビノ・へネロソ・デ・リコール

By: amazon.jp

辛口のビノ・へネロソと甘口のビノ・ドゥルセ・ナトゥラルをブレンドしてつくられたシェリー酒が、ビノ・へネロソ・デ・リコールです。ブレンドする比率によって甘さが変化するため、好きな甘さのシェリー酒を探す楽しみがあります。

ベースとなるのは辛口シェリー酒のフィノ・アモンティリャード・オロロソで、そこに甘口シェリー酒や濃縮精留果汁を加えて甘さと辛さのバランスを変えるのが特徴。フィノをベースにすると「ペール・クリーム」、アモンティリャードがベースだと「ミディアム」、オロロソをベースにすると「クリーム」というシェリー酒です。

どの料理に合うかチェック

食中酒として飲むなら辛口のシェリー酒を選ぶのがおすすめですが、料理の種類によって合うシェリー酒が異なります。辛口のなかでもフィノやマンサニーリャは、塩味系の料理におすすめ。エビや貝類を塩味で調理したオードブルや、白身魚のフライなどにぴったりです。熟成チーズや中華系のソースなど、こってりした料理とも合います。

オロロソはしっかりとした味付けで煮込んだ肉料理におすすめです。スパイスが効いたエスニック料理とも相性抜群。そして、甘口と辛口のブレンドであるペール・クリームやミディアムは、辛口や甘辛の味付けの料理に合います。また、クリームやペドロ・ヒメネスは、デザートを食べる際におすすめです。

飲むタイミングをチェック

シェリー酒は食前酒として嗜むものだと思われがちですが、食事中に飲む食中酒としても、デザート感覚で食後に楽しむ食後酒としてもおすすめです。食前酒として飲むのであれば、食事に引きずらないよう辛口のシェリー酒を選びましょう。特にキリッとした辛さでスッキリとした味わいのシェリー酒は、食前酒に最適です。

一方、食中酒として飲むのであれば、辛口のなかでもまろやかな味わいのシェリー酒を選んでみてください。食事の味を邪魔せず、ほどよく調和します。そして、食後酒として飲むときは、甘口のシェリー酒がおすすめです。ブドウの甘さが際立った甘口のシェリー酒であれば、デザートとして楽しめます。

シェリー酒のおすすめ銘柄

ウィリアム・ハンバート(WILLIAMS&HUMBERT) フィノ

欧州最大の熟成庫を持つウィリアム・ハンバートのシェリー酒。フィノは日本でも人気の高い、華やかな香りとスッキリとした飲み心地が特徴です。選び抜かれたパロミノ種のファーストプレス果汁のみを採用し、しっかりと熟成させてつくられます。

酸味が強く、舌や喉に刺激を感じるほどです。ストレートで飲むのはもちろん、レモンを絞ったりジュースで割ったりしても楽しめます。世界中のシェリー酒好きから最高峰のシェリーとして愛されているので、辛口のシェリー酒を探している方におすすめです。

バルデスピノ(Valdespino) デリシオーサ マンサニージャ

13世紀からワインつくりを始め、何世代にもわたって家族経営を続けてきたバルデスピノ社。個性的で味わい深いワインを多数販売しています。本製品は辛口シェリー酒のマンサニージャ(マンサニーリャ)で、爽やかな味を楽しめるのが特徴です。さっぱりとした飲み心地なので、食前酒にぴったり。爽快感のあるシェリー酒を探している方におすすめです。

イダルゴ・ラ・ヒターナ(HIDALGO LA GITANA) マンサニージャ・ラ・ヒターナ SS003

サンルーカル・デ・バラメダという町でしかつくることのできない、マンサニージャで有名なのが、イダルゴ社です。スペイン国内でもトップブランドとして知られ、日本でも辛口シェリー酒愛好家の間で親しまれています。

りんごのようにフレッシュな香りが特徴で、スッキリと味わえるのが魅力。しっかり冷やして飲むことで、風味が一層際立ちます。さっぱりと飲めてブドウの風味が楽しめるシェリー酒を探している方におすすめです。

ウィリアム・ハンバート(WILLIAMS&HUMBERT) ウイリアム・ハンバート・コレクション・ドン・ソイロ・アモンティリャード

本製品は、産膜酵母下で最低8年熟成させたあと、さらに酸化熟成を4年させることで完成します。芳醇な香りと癖になる柔らかい酸味が特徴です。トマトソースやデミグラスソースなど、濃い味付けの料理に合います。シェリー酒ならではの繊細な香りと、熟成によって得られた芳醇な香りの両方を楽しみたい方におすすめです。

イダルゴ・ラ・ヒターナ(HIDALGO LA GITANA) アモンティリャード・ナポレオン SS039

8年間熟成させた、アモンティリャードのシェリー酒。熟成させることで味や香りが複雑化しており、独特な風味を楽しめます。ヘーゼルナッツのような香りが広がり、まろやかな飲み心地で食中酒としてもおすすめです。

ハードタイプのチーズや炭火焼きの肉など、風味の強い料理に合います。ちょっとしたおつまみに合う家飲み向けのシェリー酒を探している方には、本製品がおすすめです。

レアル テソーロ(REAL TESORO) アモンティリャード デル プリンシペ

伝統を尊重しながら最新技術が駆使されたワインづくりを哲学としている、レアル・テソーロのシェリー酒。本製品は、8年熟成させたあとさらに8年間酸化熟成させています。ナッツやドライフルーツを思わせる複雑で芳醇な香りが特徴です。

奥深い味わいが印象的なので食前に軽く飲むよりは、おつまみ片手にじっくりと飲むのに適したシェリー酒といえます。濃厚な飲み心地の辛口シェリー酒を探している方におすすめです。

イダルゴ・ラ・ヒターナ(HIDALGO LA GITANA) オロロソ・ファラオン SS038

豊かな香りと熟成された味が特徴のシェリー酒がオロロソです。ウイスキーのような熟成された風味を楽しめるお酒が好きな方は、シェリー酒のなかでもオロロソのファンになることが多いといわれています。

飲み心地は、赤ワインのようにしっかりとしており肉料理などのメイン料理によく合うのが特徴。くるみやドライフルーツのような香りを楽しめるので、じっくりシェリー酒を味わいたい方におすすめです。

サンチェス・ロマテ・エルマノス(SANCHEZ ROMATE HERMANOS) レヘンテ パロ・コルタド

パロ・コルタドは、アモンティリャードとオロロソ2つのよいところを合わせた辛口シェリー酒です。長期熟成品が多く、本製品は15年熟成されています。ナッツやアプリコットのような香りで、力強い味わいを楽しめるのが魅力です。

生ハムやチーズなどと一緒に、ゆっくりと飲みたいシェリー酒といえます。晩酌タイムをちょっとランクアップさせたい方におすすめです。

ヒメネス・スピノラ(XIMENEZ-SPINOLA) シェリー ペドロ・ヒメネス

ペドロ・ヒメネス種のブドウを天日干しすることでつくられるシェリー酒が、ペドロ・ヒメネスです。天日干しによって糖分が凝縮され、濃厚でこってりとした甘さが特徴のシェリー酒に仕上がります。

甘いスイーツと合わせるのはもちろん、食後のデザートとして飲むのもおすすめです。15年ほど熟成させることで生まれた、複雑な香りも魅力。甘口のシェリー酒を探している方におすすめです。

エミリオ・ルスタウ(EMILIO LUSTAU) ペドロ・ヒメネス サン・エミリオ

長期熟成によってとろりとした舌触りになるまで凝縮したシェリー酒。豊かな香りと強い甘さが詰め込まれています。アイスクリームにソースとしてかけて食べるのもおすすめです。

舌触りも柔らかく、初心者でも美味しく味わえます。デザート感覚で飲めるシェリー酒を探している方は、一度試してみてください。

ウィリアム・ハンバート(WILLIAMS&HUMBERT) ペドロ・ヒメネス

12年熟成させることで生まれた、芳醇な香りと味わいが特徴のペドロ・ヒメネス。レーズンやイチジクのような、フルーティな香りが印象的なシェリー酒です。酸味がおさえられているため、じっくりと余韻を楽しめます。

デザートワインとしても、アイスクリームのシロップとしても美味しくいただけるのが魅力です。毎日のご褒美スイーツとして、少しずつ飲むのが最適。深い味わいの甘口シェリー酒を探している方に、おすすめです。

バルデスピノ(Valdespino) プロメサ モスカテル

モスカテルと呼ばれる品種のマスカットを天日干ししてつくった、爽やかな酸味が残る甘口のシェリー酒。フローラルやシトラス、蜂蜜の香りで、フレッシュさと甘さを同時に感じられます。

レモンティーのような酸味と甘味のバランスのよさが特徴のシェリー酒です。

フェルナンド・デ・カスティージャ(Fernando De Castilla) モスカテル・エチソ

モスカテルはあまり熟成させずにつくることで、フレッシュな香りと味わいを楽しめるシェリー酒です。透き通った美しい黄金色をしているのが魅力で、上品な甘さのシェリー酒が好きな方におすすめ。

花やフレッシュフルーツを思わせるサラッとした甘い香りと、バナナや蜂蜜のような味わいを感じられます。洋菓子などと相性がよく、リッチな大人のスイーツタイムを楽しめるのが魅力。爽やかさと甘さの両方が感じられるシェリー酒を探している方におすすめです。

バルデスピノ(Valdespino) イザベラ クリーム

辛口のオロロソに甘口のペドロ・ヒメネスをブレンドしてつくられています。バランスのよい甘さが特徴のシェリー酒で、食後酒としてやデザートと一緒に飲むのがおすすめ。

本製品は濃厚なオロロソを75%、ペドロ・ヒメネスを25%ブレンドしてつくられています。12年ほど熟成させたあとブレンドし、そこからさらに5年間熟成させているのがポイント。長期間熟成させることで、リッチな甘さを楽しめます。

エミリオ・ルスタウ(EMILIO LUSTAU) デラックス クリーム カパタス アンドレス

昔ながらの伝統手法によってつくられた、エミリオ・ルスタウのシェリー酒。深い琥珀色に仕上がったクリームは、オロロソとペドロ・ヒメネスのよいところを併せもった逸品です。

干しブドウやイチジクなどのフルーツの風味が広がり、濃厚な甘さを楽しめます。フルーツの香りが強いため、スライスしたフルーツと一緒に飲むのもおすすめです。

イダルゴ・ラ・ヒターナ(HIDALGO LA GITANA) クラシカ ペール クリーム

美しい琥珀色で、アーモンドのような香りを楽しめるのが特徴。果物や焼き菓子とよく合うので、ちょっと甘いものが欲しいときにおすすめです。柔らかい甘さのシェリー酒を探している方はぜひ検討してみてください。

バロン(Baron) ミカエラ ミディアム

アモンティリャードをベースにしてペドロ・ヒメネスを加えた、ミディアムのシェリー酒。熟成期間は4〜5年と短めで、繊細な香りと微かな甘さが特徴です。

レーズンと蜂蜜が感じられる甘い香りを楽しめ、食後酒として楽しむには十分な甘さがありナッツやフルーツなどとよく合います。アルコール度数が15%とシェリー酒のなかでは低めのため、初心者の方にもおすすめです。

クロフト(Croft) ペール・クリーム

黄金色に輝くペール・クリームのシェリー酒。4年間熟成させ、繊細なフロールとフルーツの香りが楽しめます。爽やかさとほのかな甘さのおかげでサラッと飲めるので、初めてシェリー酒を飲む方にもぴったりです。

食前酒としても、生野菜や魚介類などに合わせても、さらにデザートワインとしても楽しめる万能性が魅力。後味もスッキリとしているので、よく冷やして飲むとより爽快感を得られます。爽やかさと甘さのどちらも楽しめるシェリー酒を探している方に、おすすめです。

エミリオ ルスタウ(EMILIO LUSTAU) アルマセニスタ パロ コルタド デ ヘレス 1/22

エミリオ ルスタウ(EMILIO LUSTAU) アルマセニスタ パロ コルタド デ ヘレス 1/22

スペイン屈指のシェリーメーカーとして知られる「エミリオ・ルスタウ」のシェリー酒。タイプとしては2段階の酸化熟成をしたアモンティリャードで、辛口テイストに仕上がっているのが特徴です。

香りはシャープでありながら、口当たりはソフト。味わいは複雑で、余韻がしっかりと残るのも魅力です。飲み応えのあるシェリー酒を求めている方はチェックしておきましょう。

バルデスピノ(Valdespino) エルカンダド ペドロヒメネス

バルデスピノ(Valdespino) エルカンダド ペドロヒメネス

キャップ部分が施錠されているシェリー酒。ネーミングにある「エルカンダド」とは「南京錠」のことを意味しており、一風変わった見た目をしているのが特徴です。

シェリーを随時補充していく伝統的なソレラシステムを採用しており、12年の熟成を経て製品化しているのもポイント。テイストとしては甘口に仕上がっています。そのまま味わうのはもちろん、ケーキやアイスクリームにかけて楽しむのもおすすめです。

アントニオ バルバディージョ(Antonio Barbadillo) マンサニージャ ソレアール

アントニオ バルバディージョ(Antonio Barbadillo) マンサニージャ ソレアール

“シェリー酒の聖地”と呼ばれるスペインのサンルーカル・デ・バラメダに拠点をおく醸造所「アントニオ バルバディージョ」の1本。タイプとしては白ワインのようなマンサニーリャで、辛口に仕上がっているのが特徴です。

ドライテイストながら口当たりはソフトで、喉越しは爽やか。心地よい余韻が残るのも魅力で、さっぱりとした料理との相性がよく和食にも合います。興味がある方はぜひ試してみてください。

ホセ エステベス(Jose Esteves)マンサニージャ ラ ギータ

ホセ エステベス(Jose Esteves)マンサニージャ ラ ギータ

白ワインに近いシェリー酒「マンサニーリャ」を代表する辛口テイストの1本。大西洋とスペインのグアダルキビール川が合流する土地で醸造されている影響からか、潮の風味が感じられるのが特徴です。

また、アメリカンオークの樽を使用し、5〜6年熟成しているのもポイント。フルーティな香りのほか、ナッツ系の香りも感じられ、味わいにキレがあるのも魅力です。なお、「ホセ エステベス」はマンサニーリャのトップメーカーとして知られている名門。シェリー酒に精通したい方はぜひ、おさえておきましょう。

ボデガス ヒメネス スピノラ(Bodegas Ximenez Spinola)シェリー ペドロ ヒメネス

ボデガス ヒメネス スピノラ(Bodegas Ximenez Spinola)シェリー ペドロ ヒメネス

老舗メーカーとして知られる「ボデガス ヒメネス スピノラ」のシェリー酒。創立は1729年と歴史があり、家族経営という小規模な体制ながら、最高峰と称されるほど高品質のシェリー酒をつくり続けているのが特徴です。

本銘柄はブドウを手摘みし、天日干しするなど、作業工程にこだわっているのがポイント。また、自然な果実の甘みを引き出すことに注力しています。味の均一化と安定を図るために行われている補酸や酒精強化、冷却を行わず手間をかけているのも魅力です。至高のシェリー酒を求めている方はぜひ購入を検討してみてください。