世界中で広く親しまれている「赤ワイン」。ポリフェノールを豊富に含み、美容や健康によい効果が期待できることから、家庭で気軽に楽しむ方も増えています。とはいえ、いざ美味しい赤ワインを探すとなると種類が多く、どう選べばよいかわからない方も多いはず。

そこで今回は、ワイン初心者にもわかりやすい赤ワインの選び方と、おすすめの赤ワインをご紹介。気になる方はぜひチェックしてみてください。

赤ワインと白ワインの違いは?

赤ワインと白ワインの違いはまず色。赤ワインは主に「黒ブドウ」で、白ワインは主に「白ブドウ」で造られており、原料が異なります。

また、厳密な定義や味の違いは原料に使用されるブドウの種類や製造方法によっても異なり、皮を取り除いたブドウを絞って果汁だけを発酵させて造るのが白ワイン、皮も種も含めたブドウを絞って発酵させて造るのが赤ワインとなります。白ワインも黒ブドウを使用する場合がありますが、大きな違いは、果汁だけを発酵させるか、丸ごと絞って発酵させるかという点です。

また、赤ワインと白ワインの味わいの違いを表現するのに使われるのが「ボディ」という言葉。使用するブドウの種類や製造方法の違いによって生まれる赤ワインの「芳醇さ」「濃厚さ」「重さ」などを表しています。

赤ワインの選び方

味わいの基準となる「ボディ」で選ぶ

飲みやすい口当たりのライトボディ

ライトボディは色が薄く、タンニンの渋味が少ないのが特徴。さらっと軽い口当たりで、アルコール度数もほかのボディに比べて低いので、日常的にテーブルワインとして飲まれます。渋味が苦手な方や赤ワイン初心者にもおすすめです。

どんな料理にも合うミディアムボディ

ミディアムボディはライトボディとフルボディの中間に位置する味わいです。ライトボディ寄りのモノからフルボディ寄りのモノまで、選択の幅が広いのが特徴。濃厚すぎず軽すぎないバランスのとれたワインが多く、さまざまな料理に合わせやすいワインといえます。

肉や癖の強い料理に合うフルボディ

フルボディは3つのボディのうち、最も味・香り・渋味が強く、濃厚で重めの味わいです。ポリフェノールの含有量が多くアルコール度数も高め。色が濃いワインはフルボディと覚えておきましょう。味のしっかりした肉料理やクセの強い料理と合わせることで、より奥深さが引き立ちます。

ワインの産地で選ぶ

定番のフランスワイン

By: amazon.co.jp

世界に名だたるワイン産地であるフランス。ワイン造りに最適な風土や環境なので、国の全土にわたって多様なワインが生産されています。主な産地は、フランスワインの2大名産地といわれるボルドーやブルゴーニュをはじめ、シャンパーニュやアルザスなど、大小合わせ8ヵ所です。

フランスでは、1935年に制定されたAOC(原産地呼称統制)以降、産地やブドウ品種、製法などの厳しい規定により、ワインの分類がなされています。そのため、フランスワインは価格に関わらず、多くの銘柄が高品質です。テーブルワインから特別な日の高級ワインまで、幅広く楽しめます。

安くて美味しいチリワイン

By: amazon.co.jp

新世界ワイン(ニューワールドワイン)として、ワイン市場を賑わせているのがチリワインです。リーズナブルにも関わらず美味であることが人気の理由。主な産地はコキンボ、アコンカグア、セントラル・ヴァレー、南部地方の4ヵ所です。

チリは南北に細長く、ブドウ栽培に適した気候。フランスから渡ってきた醸造家が多いため、ワイン醸造が大きく発展しました。チリで栽培されるブドウは黒ブドウ品種が多く、生産されるワインの約4分の3が赤ワインです。完熟度の高いブドウが育つことで、力強くコクのあるワインに仕上がります。

種類の豊富なイタリアワイン

By: amazon.co.jp

ワインの生産量が世界でもトップクラスのイタリア。温暖で日照量の多いイタリアでは、ほぼ全域でワインの生産が行われています。また、栽培されているブドウの品種は政府が公認しているモノだけでも400種類以上もあるといわれているのもポイント。、様性に富んだワインが楽しめます。

産地はピエモンテやトスカーナ、ヴェネト、シチリア州など、全土合わせると20州。南北に細長い地形は、南部・中部・北部に分けられ、南と北では異なる表情のワインに仕上がるのも特徴です。

イタリアでは、上級のモノからDOCG(保証付原産地統制名称ワイン)・DOC(原産地統制名称ワイン)・IGT(地域特性表示ワイン)・VdT(テーブルワイン)と4つのクラスに分類されています。

スパイシーな品種が有名なオーストラリアワイン

By: amazon.co.jp

安くて高品質と好評のオーストラリアワイン。ニューワールドワインのなかでも特に輸出量が多く、日本でも気軽に飲めるワインとして親しまれています。オーストラリアは国土が広く、ブドウ栽培に適した土地が各地域にあり、高品質なワインを造ることができる環境です。

主な生産地は、南オーストラリア州やヴィクトリア州など合わせて5ヵ所。ランクは上質なモノからヴァラエルタル・ヴァラエルタルブレンド・ジェネリックの3つに分けられています。スパイシーかつのびやかでパワー溢れる味わいです。

カジュアルから高級まで幅広いアメリカワイン

By: amazon.co.jp

主にカリフォルニア産が中心のアメリカワイン。生産の約9割を占めるのがカリフォルニア州ですが、有名な産地として知られるナパ・ヴァレーでは、フランスの有名産地のワインにも匹敵する高い水準のワインも生産されています。

アメリカワインの歴史は、ほかのワイン産出国に比べるとまだまだ浅いものの、近代的な品種改良を続け、「カリフォルニアワイン」という確固たる地位を確立。しっかりとした果実味溢れる味わいが特徴で、ワイン初心者から上級者まで楽しめる味に仕上がっています。

穏やかな味わいの多い日本ワイン

By: amazon.co.jp

日本で初めてワイン醸造所が誕生したのは明治時代。現在では山梨県をはじめ、日本各地にワイナリーが設立されています。特に、マスカット・ベーリーAのように日本固有品種で造られた赤ワインは、海外でも評価が高く、世界的な認知度も高まりつつあります。

日本ワインは他国のワインに比べ、雑味が少なくフルーティーでふくよかな味わいが特徴。ちなみに、日本ワインは、日本で収穫されたブドウだけを使っているので、輸入ブドウを使った国産ワインとは別物です。気になる方はラベルに「日本ワイン」の表記がされているかどうかを確認しておきましょう。

ブドウの品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

カベルネ・ソーヴィニヨン

フランスのボルドー地方を原産とする、赤ワイン用の代表的な品種。フランスをはじめ世界各国で生産されており、しっかりとしたタンニンの渋味と酸味・コクのバランスがよく、飲みごたえのある赤ワインに仕上がります。

強い渋味には、赤身の牛肉がマッチ。カベルネ・ソーヴィニヨンを使った赤ワインは数多く販売されているので、飲んだことがない方はぜひ試してみてください。

メルロー

フランス、ボルドー原産の赤ワイン用ブドウ品種。カベルネ・ソーヴィニョンに次ぐ栽培面積で、世界的に人気がある品種のひとつです。

深みのある色合いとふくよかな果実味が特徴。渋味も少なく、まろやかで口当たりのよいワインです。シルクのように滑らかなメルローは、柔らかく仕上げたハンバーグなどの肉料理がよく合います。

シラー

フランス、コート・デュ・ローヌ地方原産の赤ワイン用ブドウ品種。オーストラリアでは「シラーズ」として親しまれ、最近急激にワインの生産量が増えている人気の品種です。

黒胡椒のようなスパイシーさとタンニンの滑らかな渋味が特徴的。そのうえ、フルーティーさも兼ね備えており、力強い味わいに仕上がります。スパイシーな肉料理と好相性なほか、いつもと趣向を変えたワインが飲みたいときにもおすすめです。

マスカット・ベーリーA

新潟県で作られた日本を代表するブドウの品種。ベリー系の果実味とキャンディーのような甘い香りが特徴で、渋味が少なく甘味と酸味が際立ち、フルーツジュースのような優しい口当たりに仕上がります。

鶏肉や白身魚、また甘辛く煮たソースとも相性よく、いつもの和食に合わせたい方や、渋味が苦手な方にもおすすめです。

ブドウの収穫年をチェック

By: amazon.co.jp

ワインの世界では材料として使用するブドウの収穫年を「ヴィンテージ」と呼びます。ブドウはその年の天候によって出来具合が変わるため、良質なブドウが採れた年のワインは人気も価格も上がることで有名です。

同じ銘柄のワインでもヴィンテージによって出来具合が異なるモノもあるため、自分に合ったワインを選ぶには購入前によく調べてみるのがおすすめです。

なお、ワインのなかには収穫年が表示されていないモノがありますが、これは収穫年の表示が義務化されていないため。また、数種類のブドウやワインをブレンドしているモノにも収穫年の表示がないことがあります。念のため覚えておきましょう。

赤ワインのおすすめ|ライトボディ

BACH(バック) エクストリシモ セミドゥルセ 2014

濃厚なサラミや生ハムによく合うライトボディの赤ワイン。数品種のワインをブレンドして渋味を抑え、滑らかな味わいに仕上がっているので、お酒が苦手な方でも美味しく味わえます。コルクを抜くとベリー系の香りとオーク樽由来のバニラの香りが部屋いっぱいに広がるのもポイント。手軽に購入できる低価格なスペインワインで初心者の方にもおすすめです。

本銘柄の「バック」は、スパークリングワインで有名なカバを手掛ける大手メーカーのブランドで、品質の高いブドウを使用しているのがポイント。常にブドウの生育状態と健康状態を管理しているため、ワインの味が安定しています。キリっと冷やして飲むと柔らかなタンニンと甘い余韻が口いっぱいに広がり、フレッシュさを感じられる赤ワインです。

林農園 五一わいん スペシャル 赤

1911年に長野県塩尻市で創業した「五一わいん」は、長野県内でも有名で人気があるワイナリー。昼は暑くて夜は涼しいという桔梗ヶ原の気候をいかし、ブドウをゆっくり熟成させて適度な酸味と濃厚な甘みを生み出します。丁寧に造られる五一わいんは数々の国際ワインコンクールでも評価されており、権威ある賞を受賞している銘柄です。

本製品はマスカットベーリーA種を主体に数種類の品種をブレンドし、すっきりした辛口に仕上がっているのが特徴。洋食だけでなく、焼き鳥やアサリの酒蒸しなどの塩気がある和食にもよく合います。ベリーのような甘いアロマとソフトな渋味を好む方にもおすすめ。ワインラベルもおしゃれでお土産やプレゼントにも適しています。

パスクア(PASQUA) キャンティ

イタリアワインの代名詞でもある「キャンティ」は、サンジョヴェーゼ種のブドウを70%以上使用することが定められている赤ワイン。イタリア国内でもさまざまなワイナリーで製造されており、テーブルワインとして親しまれています。

チェリーやスミレのようなフレッシュな香りが漂い、適度な渋味の中にフルーティさも感じられるのが特徴。サラッとした口当たりで軽く飲めるため、濃厚なトマトソースのパスタやビーフシチューなどによくマッチします。

キンキンに冷やして氷を入れて飲むとさっぱりして美味しいのでおすすめ。お酒が苦手な方は炭酸で割ってカクテルのように飲むとすっきりと美味しくいただけます。お手頃な価格も魅力の赤ワインです。

アンリ・フェッシ(Henry Fessy) アンリ・フェッシ・ボジョレー・ヌーボー 2019

ライトボディの赤ワイン選びに悩んだら「ボジョレー・ヌーボー」を選ぶのもおすすめ。ボジョレー・ヌーボーは、フランスのボージョレ地区で収穫されたその年のガメイ種ブドウを短期間で仕込むワインで、そのほとんどがライトボディです。毎年秋に発売されるワインですが、在庫が保管されているので1年を通して楽しめます。

「アンリ・フェッシ」は、130年にわたって手摘みのブドウを伝統的な醸造方法でワインに仕上げており、フランスの高級ホテルやレストランでも人気です。2019年のボジョレー・ヌーボーはグラスに注ぐとルビーレッドに輝き、ストロベリーのフレッシュなアロマを感じさせます。口当たりが優しく、どんな料理にも合わせやすいのが魅力です。

テッレ・ア・テッレ(Terre à Terre) ピッカデリー レッド

「テッレ・ア・テッレ」は南オーストラリアのラットンバリーにあるワイナリー。土地や気候を大切にしながらブドウを栽培しており、シトラスや白い核果物のフレーバーが香る美味しいワインを造り出しています。

本銘柄はトルソーノワールやカベルネフラン、モンデーズ、メルローなどをブレンドした赤ワイン。ドライでスパイシー感のある味わいですが、口当たりは柔らかなのが特徴です。程よくタンニンも感じられ、しっかりした余韻も楽しめます。洋食なら脂ののった白身魚のソテー、和食なら肉じゃがなどによく合う銘柄です。

赤ワインのおすすめ|ミドルボディ

アン・ド・ジョワイユーズ(Anne de Joyeuse) テロワール・デ・ダイナソー 2016

1929年にフランスのラングドック・ルーション地方で設立された「アン・ド・ジョワイユーズ」は南仏最大の協同組合で、約550軒もの契約農家が栽培するフレッシュなブドウからワインを造っています。長年の経験を活かして仕込まれるワインはフレッシュな酸味と爽やかな香りが特徴です。

本銘柄は、ブドウ畑から恐竜の骨や卵が発掘されたことにちなんで付けられたというユニークな名前がポイント。味わいとしては手摘みのピノ・ノワールをオーク樽に入れて1日2回のルモンタージュを行いながら約8ヵ月熟成させているため、しっかりしています。チーズやオリーブなどのおつまみと合わせるのがおすすめです。

北海道ワイン おたる赤 甘口

ワインの苦みや渋みが苦手な方におすすめの甘口タイプ。本製品は山ぶどう系の品種や生食用ぶどう品種などを果実香豊かにブレンドしているため、口に含むとフルーティーな甘いブドウの味を堪能できます。ワイン初心者の方にも人気がある製品です。キリっと冷やして炭酸水で割ってカクテルにするのにも適しています。

瓶詰めする際に加熱殺菌を行わず、瓶詰め前にフィルターで酵母を取り除いた生ワインのため、ブドウの繊細な香りを楽しむことが可能。果実の甘みと風味がしっかりしているので、デザートワインとして食後にゆっくり飲むのもおすすめです。価格もお手頃なので甘口ワインを好む方へのプレゼントにも適しています。

ベリンジャー(BERINGER) ファウンダース・エステート・ジンファンデル

1876年に創業されたアメリカンワイナリーが造るカリフォルニアワイン。日本の大手メーカー「サッポロビール」と契約しているため、手軽に入手できるのが魅力です。カリフォルニアの地で太陽をたっぷり浴びて育ったジンファンデル種をメインに使用し、アメリカンオーク樽で4ヵ月間熟成して香り高い赤ワインに仕上げています。

コルクを抜くとバニラやシナモンのような甘い香りが感じられ、口に含むとブラックチェリーのようなリッチな味わいを楽しむことが可能。スパイシーに焼き上げたローストチキンやバーベキュー料理と好相性です。

価格も安いのでテーブルワインとして取り入れるのもおすすめ。ベリンジャーにはカベルネやメルローの赤ワインもあるため、飲み比べて好みの1本を探してみてください。

バロン・フィリップ・ロスチャイルド(Baron Philippe de Rothschild) ムートン・カデ ルージュ 2017

本製品はボルドーのメドック格付け1級のワイナリーであるシャトー・ムートン・ロスチャイルド直系のブランドワインです。メルローとカベルネ・ソーヴィニヨンにカベルネ・フランを加えて仕込んでおり、口にするとレッドカラントのような果実味とバニラのようなアロマが感じられます。

口当たりが滑らかでキレもよいため、味付けの濃い料理だけでなく、さっぱりした和食とも好相性です。後味もよく余韻もしっかり感じられるため、飲めば飲むほどクセになるのがポイント。ラベルデザインもおしゃれなのでプレゼントにも適しています。

ルイ・ラトゥール(LOUIS LATOUR) ルイ・ラトゥール ブルゴーニュ・ピノ・ノワール 2018

ブルゴーニュワインで飲みやすいモノを探している方におすすめの1本。「ルイ・ラトゥール」はブルゴーニュの地で200年以上もワインを造り続けており、赤ワインだけでなく白ワインも幅広く手掛けています。本銘柄はブルゴーニュ全土のピノ・ノワール種から選別した良質なブドウを使っており、なめらかなタンニンとチェリーやプラムなどの果実味を味わえるのが特徴です。

ワインラベルのデザインがおしゃれなので、プレゼントとして選ぶのもおすすめ。安すぎず高すぎないため、友人が遊びに来た日にもてなすのにもぴったりです。フレッシュな酸味もあるミドルボディで、豚肉や鶏肉のソテーによく合います。チーズをたっぷり使ったパスタやピザとの相性も良好です。

デスパーニュ(DESPAGNE) クイーン モン・ペラ ルージュ

シャトー モン・ペラで有名なフランス・ボルドー地方のデスパーニュ家と日本のスーパーマーケットチェーンの「成城石井」が共同開発したミドルボディの赤ワイン。10世代にわたってワイン醸造の伝統を受け継いできた老舗生産者が造る赤ワインで、フランス国内でも高く評価されています。ワインを選ぶときに生産者がよくわからず、安心して購入できない方におすすめです。

メルローやカベルネ・ソーヴィニョンにカベルネ・フランを加えて熟成させており、しっかりした骨格がありながらも口当たりが柔らかいのがポイント。ブラックベリーのようなコクのある香りがあり、口に含むと程よい余韻を味わえます。

赤ワインのおすすめ|フルボディ

サンタ バイ サンタカロリーナ(SANTA BY SANTA CAROLINA) カルメネール/プティ・ヴェルド

140年の歴史を持つチリの名門ワイナリーである「サンタカロリーナ」が造る赤ワイン。日本の大手飲料メーカー「サントリー」と契約しており、コスパのよいフルボディワインとして人気があります。価格が安いのでワインカクテル用として購入するのもおすすめです。

カルメネール種を使ってカシスやブラックチェリーのような濃厚な味に仕上げたフルボディワインで、から揚げや豚の角煮との相性が良好。家飲みの赤ワインとして常に冷蔵庫で冷やしておくのがおすすめです。タンニンもしっかりしており、価格以上の味わいを楽しめます。価格を気にせずに美味しく飲めるおすすめの赤ワインです。

モンテス(MONTES) カイケン・ウルトラ・マルベック

濃厚な味わいで人気のアルゼンチンワイン。最上級の畑で育つ古樹から摘まれたマルベック種をフレンチオーク樽で長期熟成し、贅沢な味わいに仕上げています。ブルーベリーやブラックベリーなどの黒系果実にスミレのようなアロマが加わり、後から樽の甘い香りも感じられるのが魅力です。

マルベック種の特徴である凝縮された果実味に、甘味を帯びたタンニンが重なり合う濃厚な味わいがポイント。どっしりしたアルコール感に酸が加わり、絶妙な味に仕上がっています。肉料理だけでなく甘いフルーツやスイーツに合わせるのもおすすめ。アルゼンチンワイン初心者の方にも適した赤ワインです。

ジェイコブス・クリーク(JACOB’S CREEK) ダブル・バレル カベルネ・ソーヴィニヨン

「ジェイコブス・クリーク」はオーストラリアワインのパイオニア的存在。ワイン造りに適したオーストラリアの気候をいかし、さまざまな種類のワインを製造販売しています。フルボディだけでなくミディアムボディやライトボディも人気です。

本製品はワイン樽とウイスキー樽の二重熟成という革新的な方法で製造しているのがポイント。果実のような爽やかなフレーバーにほのかなウイスキーの香りが重なります。どっしりとしたタンニンをしっかり感じられるのも魅力。こってりした中華料理や肉料理に合わせて飲みたいフルボディワインです。

ロス ヴァスコス(LOS VASCOS) グランド レゼルブ

フランスの名門ワイナリーであるバロン・ド・ロートシルト家が名醸地として選んだチリのブドウで造られている赤ワイン。厳選された完熟ブドウを12ヵ月かけて熟成し、コーラのような黒みがかった濃厚ワインに仕上げています。コルクを抜くとベリーような香りが漂い、口に含むとしっかりしたタンニンを味わえるフルボディワインです。

カベルネソーヴィニヨンやシラーなどの代表的な品種に、カルメネールやマルベック種も加えて香りも味も芳醇に仕上げています。パンチが効いた濃厚な味は、ステーキやビーフシチューなどの肉料理にぴったり。グラスに注いで食卓に置くだけで華やかな雰囲気になるので、特別な日に選びたい1本です。

カーブ・サン・ピエール(Caves Saint Pierre) シャトーヌフ・デュ・パプ

いつもより少し高いワインで美味しいディナーを楽しみたい方におすすめの1本。本銘柄は、グルナッシュ・シラー・ムールヴェードルをブレンドして造られるリッチな味わいで人気があり、フランスのコート・デュ・ローヌを代表する赤ワインとしても有名です。

口に含むとプルーンのような果実味となめらかなタンニンの渋味が感じられ、濃厚な香りが広がります。エレガントで奥行きのある味わいなので、サーロインステーキなどに合わせるとゴージャスなひと時を楽しむことが可能。大切な人の誕生日や家族の記念日に飲みたい赤ワインです。

シャトー・マルゴー(Château Margaux) パヴィヨン ルージュ デュ シャトー 2016年

ボルドーの偉大な5大シャトーのひとつとして有名な「シャトー・マルゴー」は、フランス国内でも評価が高い数々のワインを製造しています。本銘柄はシャトー・マルゴーのセカンドラベルで、コルクを開けると成熟したブラックカラントの香りが漂う贅沢な赤ワイン。最高級ワインを一度は飲んでみたい方にもおすすめです。

シャトー・マルゴーにはさまざまな収穫年のモノが揃っているのもポイント。自分にとって記念となる年の1本を購入すれば一生の宝物になります。本製品は収穫年が2016年と若いため、数年間じっくり寝かせてから飲むのもおすすめ。大切なひと時に時間をかけてゆっくり味わいたい高級赤ワインです。

番外編:赤ワインの飲み方

飲み頃の温度で味わう

ワインの味は温度によって変化するので、飲み頃の適温を知ることも、より美味しく赤ワインを味わうポイントです。赤ワインの場合、温度が低すぎるとタンニンの渋味が強くなり、反対に高すぎるとフルーティーさが半減しアルコール分も蒸発します。

軽い飲み口のライトボディであれば、フルーティーさが損なわれない10〜12°Cが適温。飲む1時間ほど前に冷蔵庫で冷やしておくと飲み頃です。ミディアムボディなら13〜16°C。あまり冷えすぎると渋味が増すので、飲む少し前には冷蔵庫から取り出しておきましょう。

また、しっかりと重みのあるフルボディなら、渋味を和らげる16〜18°Cがおすすめ。飲む10〜20分前に冷蔵庫から出しておくと飲み頃です。

スワリングでアロマを味わう

ワイングラスをクルクルと回す仕草を「スワリング」といいます。グラスに注いだワインを空気に触れさせることで、香りを引き立たせたり、タンニンの渋味を和らげたりすることが可能。ワインが酸化し、まろやかで丸みを帯びた味に変化していくことを「ワインが開く」と表現することもあります。

スワリングの1番簡単なやり方は、テーブルの上でグラスのステム部分を持ちながら、静かに3〜5周回すだけ。開栓したばかりの味と変わってきたな、と感じたらスワリングは成功です。ぜひ試してみてください。

料理とのマリアージュで味わう

By: amazon.co.jp

ワインは本来、料理とともに楽しむための飲み物なので、ワインと料理は切っても切れない関係です。ワインと料理をうまく組み合わせることを「マリアージュ」と表現します。お互いのよさを引き出すためにも、相性のよい料理との組み合わせは非常に重要です。

さっぱりとした白ワインに比べ、重みがあり複雑な味わいの赤ワインには赤身の肉やクセのある食材がよく合います。また、フルーティーな軽い口当たりの赤ワインならさっぱりとした和食とも好相性。反対にスパイシーで辛口な赤ワインには、スパイシーな料理がおすすめです。

とはいえ、大切なのは自分が美味しいと思うかどうか。細かいルールにはとらわれず、いろいろとチャレンジして自分好みの組み合わせを楽しんでみてください。