日本でも、年々輸入量が増加している「チリワイン」。長年首位を独占していた、フランス産ワインを3年連続で上回る好調ぶりで、スーパーやコンビニにも多くのチリワインが並んでいます。リーズナブルでおいしい銘柄が揃っているため、初心者からワインを飲み慣れている方まで、人気を博しているワインです。

そこで今回は、おすすめのチリワインをご紹介します。選び方についてもあわせて解説するので、お気に入りの一本を探してみてください。

チリワインの特徴

By: amazon.co.jp

チリは南アメリカに位置し、日照時間が長く、降水量が少ないというブドウ栽培に適した気候です。海から吹く温暖な風の影響もあり、ブドウが十分に成熟できる条件が揃っています。秋が長いので、晩熟型のブドウ品種の栽培に最適。雨が少ないことで病害のリスクが少なく、安定して高品質なワインが生産できます。

さらに、チリと日本の間で「EPA(経済連携協定)」が締結されたことにより、ワインなどの輸入品にかかる関税が段階的に引き下げられ、2019年4月には撤廃されました。チリの労働賃金が安いので生産コストが抑えられることもあり、チリワインは日本でリーズナブルに手に入ります。

500~1,000円前後のワインのバリエーションも豊富なため、気軽に飲み比べできるのがポイント。チリワインは、さまざまな味わいから好みのモノを見つけたいワイン初心者や、毎日晩酌で楽しみたいワイン好きな方にもおすすめです。

チリワインの選び方

ブドウの品種で選ぶ

カベルネ・ソーヴィニヨン

世界でも広く栽培されている赤ワインのブドウ品種のひとつです。渋みがしっかりしており、濃厚で重たい印象があります。「赤ワインの王様」と呼ばれるにふさわしい、どっしりとした風格のある飲みごたえが魅力。牛肉料理とよく合います。

メルロ

カベルネ・ソーヴィニヨンと同様、世界でも栽培量の多い、赤ワインのブドウ品種です。カベルネ・ソーヴィニヨンに比べると酸味や渋みが控えめで、まろやかな味わいが特徴。渋みが苦手な方におすすめです。

ピノ・ノワール

フランス・ブルゴーニュ原産の赤ワインのブドウ品種です。カベルネ・ソーヴィニヨンと比べると、透明感のあるルビー色で渋みが控えめですが、酸味がやや強いのが特徴。イチゴやラズベリーのような香りが感じられ、軽やかでエレガントな印象があります。

ソーヴィニヨン・ブラン

爽やかな香りが特徴の白ワインのブドウ品種です。ハーブや柑橘系の香りが強く、グレープフルーツのような苦みとともに、シャープで軽やかな風味が感じられます。フレッシュで軽い印象のワインが多いため、暑い夏やリフレッシュしたいときにぴったりです。

シャルドネ

世界中で栽培されている白ワインのブドウ品種で「白ワインの女王」と呼ばれます。栽培する土地や醸造方法によって味わいが変わりやすいので、作り手の個性が楽しめる品種です。

カルメネール

フランスのボルドー地方原産ですが、現在では主にチリで栽培されている赤ワインのブドウ品種です。濃い深紅の色みと濃厚なコクのある風味が特徴で、渋みや酸味は控えめ。コーヒーやビターチョコレートのような香りがあるので、デザートなどと合わせるのもおすすめです。

パイス

最も古くチリに持ち込まれ、チリのワイン造りの原点となったといわれている黒ブドウ品種です。欧州品種の人気により栽培量が減少していましたが、伝統品種であるパイスを復活させようという動きがあり、静かな注目を浴びています。果実味が強く、控えめな渋みが特徴です。

ワイナリーで選ぶ

By: amazon.co.jp

コノスル

1933年に設立され、比較的新しいワイナリーでありながら、リーズナブルで高品質なワインでチリを代表するワイナリーへと成長しました。スタイリッシュな自転車のラベルで親しまれています。バランスがよく安定した品質なので、プロからも評価が高く、初心者にもおすすめです。

サンタカロリーナ

140年の歴史を誇る名門ワイナリーです。フランスから招いた醸造家や設計士により、本場の技術をいち早く取り入れたパイオニアとして知られます。チリワインの最高峰ともいわれ、国際コンクールの受賞歴も多数。クリーンで深みのあるワインが特徴です。

コンチャ・イ・トロ

チリ最大のワイナリーです。広大な畑をブドウ品種ごとに区分けして栽培する「マッピング」というシステムを採用しているのが特徴。ワインスペクテイター誌がおこなった人気投票で「南米のベストワイナリー」に選ばれるなど、確固たる地位を確立しています。

モンテス

プレミアムチリワインを先駆けて開発したことで知られるワイナリーです。その品質は世界で認められ、有名なレストランやホテル、航空会社の機内ワインなどで採用されています。看板銘柄であるアルファシリーズのほかに、リーズナブルなクラシックシリーズもラインナップされており、デイリーワインにおすすめです。

チリワインのおすすめ

コノスル ヴァラエタル ピノ・ノワール

コノスル ヴァラエタル ピノ・ノワール

コノスルは、高品質なワインが低価格で楽しめることで、ワイン好きから絶大に支持されています。ヴァラエタル(ビシクレタ)は人気のデイリーワインシリーズで、同ワイナリーのエントリーワインとしてもおすすめ。本銘柄は、控えめな酸味と渋みのバランスがよいピノ・ノワールの赤ワインです。

チェリーやイチゴの豊かな果実の香りに、なめし皮やタバコのようなニュアンスが複雑味を与えています。余韻に感じるスパイシーさがアクセント。おなじみの自転車のラベルにはリーズナブルさを感じさせないスタイリッシュなデザイン性があるため、日常の食卓を少しぜいたくな雰囲気にしてくれます。

サンタ・バイ・サンタカロリーナ カルメネール プティ・ヴェルド

サンタ・バイ・サンタカロリーナ カルメネール プティ・ヴェルド

チリの名門ワイナリーが造る、カルメネールとプティ・ヴェルドを使用したフルボディの赤ワインです。本銘柄は同ワイナリーとサントリーが、日本人向けに共同開発した限定品。カシスのコンポートを思わせる濃厚な果実感と、チョコレートのような香りが魅力です。

赤身の肉料理や濃い味の料理と合わせても、深みのあるコクとしっかりした渋みで存在感を発揮します。同シリーズはチリ最高峰といわれるサンタカロリーナ社のワインを、安い価格で楽しめるのが魅力。価格を超えるリッチな味わいで、ワイン好きな方のデイリーワインにおすすめです。

コンチャ・イ・トロ カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン

コンチャ・イ・トロ カッシェロ・デル・ディアブロ カベルネ・ソーヴィニヨン

ボトルに描かれた悪魔のデザインが印象的な「 カッシェロ・デル・ディアブロ」。悪魔のモチーフは、昔貯蔵していたワインの盗みが絶えなかったため、「この蔵には悪魔が住んでいる」という噂を流してその美酒を守ったという伝説に由来します。本銘柄は、チリ産のカベルネ・ソーヴィニヨンらしい、リッチなアロマが楽しめるフルボディの赤ワインです。

オーク樽由来のヴァニラのニュアンスが全体を引き締め、力強い渋みとジューシーな果実味が奥深さを演出。凝縮感のある濃厚な味わいは、肉料理・トマトソース・パエリヤなどと好相性でパーティーにもおすすめです。「悪魔の蔵」伝説のエピソードも、その場の盛り上げに一役買ってくれます。

モンテス・アルファ メルロ

モンテス・アルファ メルロ

モンテス・アルファは、プレミアムワインで知られるモンテス社のフラッグシップである高級ワインシリーズ。一流レストランで採用されているほか、賓客をもてなす晩餐会で使用されています。本銘柄は、やわらかい渋みと広がる旨みが魅力的なメルロのチリワインです。

ブラックチェリーやブラックペッパー、チョコレートなどの芳醇なアロマが重なり合っているのがポイント。オーク樽由来のニュアンスや渋みを伴って、エレガントな余韻が長く続きます。カベルネ・ソーヴィニヨンと比べてタンニンが控えめなので、赤ワインの渋みが苦手な方にもおすすめです。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ エスクード・ロホ・カルメネール

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ エスクード・ロホ・カルメネール

バロン・フィリップ社は、フランスメドック地方のワイン格付けで1級に指定されている、シャトー・ムートン・ロスチャイルドを所有する世界有数のワイナリー。本銘柄は同社がチリに設立したワイナリーで造る、カルメネールを100%使用した赤ワインです。

フローラル系の香りとブラックチェリーの濃厚なアロマが感じられ、エレガントかつ力強い印象のアロマが感じられます。口に含んだときの果実味が強く、まろやかな舌触りが特徴。酸味や渋みのバランスがよく、初心者でも飲みやすいおすすめのチリワインです。

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ マプ メルロ

バロン・フィリップ・ド・ロスチャイルド・マイポ・チリ マプ メルロ

世界有数のワイナリー、バロン・フィリップ社の高品質なワインをリーズナブルに楽しめるメルロのおすすめ赤ワインです。ボルドーで培った一流のワイン技術が存分に活かされた一本。果実のアロマがフレッシュに感じられ、ブラックベリーやラズベリーなどの豊かな果実味が広がります。

繊細で控えめにタンニンが感じられるので、どんな料理とも合わせやすいのが魅力。肉料理はもちろん、日常の和食にも好相性で、デイリーワインとしても活躍します。手軽に飲める高品質なチリワインとしておすすめです。

ロスヴァスコス カベルネ・ソーヴィニヨン

ロスヴァスコス カベルネ・ソーヴィニヨン

ロスヴァスコスは、フランスボルドー地方の名門ドメーヌ・バロン・ド・ロートシルト・ラフィット社が、プレミアムチリワインの醸造を目指して経営を開始したワイナリーです。ブドウ本来の果実味や風土を生かした風味を大切にしているため、樽を使わずに熟成させ、カベルネ・ソーヴィニヨン本来のポテンシャルを引き出しています。

本銘柄は、すがすがしい酸と、しっかりした濃厚なコクのバランスが絶妙な赤ワインです。タンニンの渋みがしっかりありますが、繊細でシルキーなため力強さよりもエレガントさが際立っているのがポイント。ボルドータイプのカベルネ・ソーヴィニヨンがリーズナブルな価格で楽しめます。

エミリアーナ・ヴィンヤーズ エコ・バランス ピノ・ノワール

エミリアーナ・ヴィンヤーズ エコ・バランス ピノ・ノワール

エミリアーナ・ヴィンヤーズはチリにおいてブドウの有機栽培にいち早く取り組み、世界最大規模のオーガニック認証畑を所有するワイナリーです。同銘柄の名称は環境保全を意味し、環境に配慮した自然派ワインの醸造を目指しています。

本銘柄は、有機栽培のピノ・ノワールを使用したチリの赤ワイン。ブドウ本来の味わいが際立っており、やわらかなタンニンと果実味の詰まった余韻がやさしい印象を残します。安い価格帯も人気の秘密。フルーティーな風味は、魚介類のバター炒めやクリームソースの料理と好相性です。

モンテス クラシックシリーズ・ソーヴィニヨン・ブラン

モンテス クラシックシリーズ・ソーヴィニヨン・ブラン

同シリーズは、モンテスが誇るバランスのよい高品質な白のデイリーワイン。厳選された手摘みのブドウを使用して樽を使わずに熟成させ、1回だけフィルターをかけています。余計な手をかけないことで、果実が持つ本来の旨みを引き出す意味合いです。

本銘柄は、ソーヴィニヨン・ブランのピュアで爽やかな味わいが存分に発揮された一本。柑橘系のアロマが清らかに香り、生き生きとした酸味を感じるすっきりとした味わいは、ピクニックや花見などアウトドアシーンにも向いています。前菜やさっぱりした料理と相性がよく、キリっと冷やして飲むと飽きがこず、さらにおいしく飲めるのでおすすめです。

ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

ロスヴァスコス ソーヴィニヨン・ブラン

フランスの名門ワイナリーが手がけるエレガントな白ワインです。ソーヴィニヨン・ブランの特徴が生かされたフレッシュでフルーティーな味わいが特徴。ボリュームのある華やかなアロマと、ほどよいコク、すっきりした酸味の余韻が心地よい味わいに仕上がっています。

すっきりしたなかにもコクがあり、軽すぎないバランスのよさが魅力です。しっかり冷やして、暑い季節に飲むのがぴったりのチリワイン。キレのある辛口なので料理の味を邪魔せず、魚介類やさっぱりとした鶏肉料理とよく合います。

サンタ・ヘレナ アルパカ・シャルドネ・セミヨン

サンタ・ヘレナ アルパカ・シャルドネ・セミヨン

サンタ・ヘレナは、チリにおける輸出ブランドの先駆者的ワイナリー。現在では世界50カ国以上で愛飲されています。なかでも「アルパカ」シリーズは、スーパーでも取り扱われることが多い人気のカジュアルワイン。リーズナブルな価格で気軽に楽しめることに加えて、クオリティの高さがポイントです。

本銘柄はシャルドネと、貴腐ワインに使われるセミヨンを使用した白ワイン。すっきりとしたシャルドネにセミヨンのほどよい甘みが加わっているため飲みやすく、初心者やお酒が弱い方にもおすすめです。安い価格で本格的な味わいが楽しめるので、ワイン好きの方がデイリーに楽しむチリワインとしても適しています。

サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ) シャルドネ

サンタ・リタ 120(シェント・ベインテ) シャルドネ

サンタ・リタは130年以上の歴史を持つワイナリーで、チリ国内最大級の販売シェアを有しています。シェント・ベインテはプレミアムな品質を手に取りやすい価格帯で提供する、同社の格付けのなかでは中間に位置するシリーズ。本銘柄は白ワインの女王たる、シャルドネの気品があふれた一本です。

女性が選ぶワインコンクール「SAKURAワインアワード」では、2018年にダブルゴールドを受賞し、高く評価されています。味わいとしては、フレッシュな果実味が感じられ、トロピカルフルーツや青りんごのようなアロマが爽やか。どんな料理ともオールマイティーに合わせられる万能なチリワインです。

ビーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリ エスピノ シャルドネ グラン キュヴェ

ビーニャ・ウィリアム・フェーヴル・チリ エスピノ シャルドネ グラン キュヴェ

フランス・シャブリで有名なウィリアム・フェーヴルがチリで手がける高級白ワインです。同社がチリで探し求めたシャルドネに最適な土壌で造られたブドウを原料に、房ごと丁寧にプレスし、フランス産の樽で熟成しています。本銘柄は1番絞りを使用したうえで、最上のモノだけを選別して造られた特別な白ワインであることから、「キュヴェ」の表示がされています。

ドライフルーツのようなアロマのあとから、上品でエレガントな樽香が広がる名品です。芳醇な旨みのなかにしっかりとした骨格が感じられ、存在感のある味わい。シャルドネにかける情熱が感じられるワイン上級者にもおすすめのチリワインです。

ミゲル・トーレス・チリ サンタ・ディグナ・エステラード・ブリュット・ロゼ・レゼルヴァ

ミゲル・トーレス・チリ サンタ・ディグナ・エステラード・ブリュット・ロゼ・レゼルヴァ

ミゲル・トーレス・チリは、スペインを代表するトーレス社がチリに設立したワイナリーです。本銘柄はチリの古来品種であるパイスに着目し、開発したロゼスパークリングワイン。パイスの鮮やかな色みと豊かなアロマ、生き生きとした酸が引き立っています。

スパークリングワインに特化したコンペティションでは、2016年にエリア別・カテゴリー別のダブルでチャンピオンを受賞。パイスの新たな魅力を国際的に広めるきっかけとなった銘柄でもあります。きめ細かい泡立ちと輝くルビー色のコントラストが美しく、パーティーシーンにぴったりです。