濃厚でパワフルな味わいが特徴的な「フルボディ」の赤ワインは、渋みが強く初心者には敷居が高いと思われがちです。しかし、フルボディの赤ワインは飲み方や一緒に食べる料理を工夫することで、一気に飲みやすくなります。

今回はおすすめのフルボディ赤ワインをピックアップ。あわせて特徴や選び方、おいしい飲み方などもご紹介するので、ぜひ参考にしてみてください。

フルボディ赤ワインの特徴

By: amazon.co.jp

しばしばワインにおいて使われる「ボディ」は、ワインの味や香りを表す言葉です。なかでも「フルボディ」は、濃厚で味わいの深いワインを指します。

基本的に、赤ワインには渋みの元であるタンニンが多く含まれていますが、フルボディのモノはタンニンの含有量が特に多く、強い渋みとこってりとした飲み口が特徴です。

ミディアムボディやライトボディとの違い

フルボディのワインとミディアムボディやライトボディと呼ばれるワインの違いは、味わいの濃さです。ワインのなかでも、重厚感とコクがあるモノは「フルボディ」、重厚感とコクがともに中程度でほどよいモノは「ミディアムボディ」、フレッシュで口当たりが軽めのモノは「ライトボディ」に分類されています。

ミディアムボディのワインはほどよい濃さなので飲みやすく、幅広い料理に合わせやすいのが特徴。また、ライトボディのワインは、渋みが少なくアルコール度数も低いため、赤ワイン自体を初めて飲む方にもおすすめです。

フルボディ赤ワインの選び方

おすすめの産地で選ぶ

フランス

フランスは世界的にも有名なワインの生産地を多く擁する国です。ワインの生産量は世界第二位。デイリーワインだけでなく高級ワインも多く製造されています。なかでも、特に有名な産地はブルゴーニュとボルドーです。

ブルゴーニュのワインは、単一種のブドウで醸造しているのが特徴。ボルドーのワインは「ワインの女王」と呼ばれており、きめが細かく、しっとりとした飲み口が高く評価されています。

イタリア

By: pixabay.com

イタリアはワインの生産量と消費量が世界一の国です。イタリアワインは生産量が多いため、幅広い種類が取り揃えられており、多彩な表情のワインを楽しめます。

特に有名な産地は、辛口の赤ワインが多く生産されているトスカーナ州。肉料理に合うしっかりとした重厚感を持ちながも渋みを押さえているため、赤ワイン初心者でも飲みやすくおすすめの産地です。

チリ

南アメリカに位置する国、チリ。実はチリの風土はブドウの栽培に非常に向いているため、ワインが多く生産されています。さらにチリと日本は経済連携協定を結んでいるため、安価で輸入されているワインが多いことが特徴です。

そのため、チリワインは価格が安く、さまざまな種類を手軽に試したい方に向いています。また、ワインの当たりはずれが少ないのも特徴。1000円以下のラインナップが非常に豊富で、コスパの高い赤ワインを探している方にはチリワインもおすすめです。

おすすめのブドウ品種で選ぶ

カベルネ・ソーヴィニヨン

By: amazon.co.jp

赤ワイン用のブドウ種といえばカベルネ・ソーヴィニヨン。赤ワインの王道ともいわれるブドウ種です。カベルネ・ソーヴィニヨンで造られたワインはスパイシーで、タンニンを多く含むためしっかりとした渋みがあります。

原産地はフランス南西部のボルドー。カベルネ・ソーヴィニヨンは病気に対する耐性が強く、土壌への適応力も高いためさまざまな土地で栽培しやすいのが特徴です。長い時間をかけて熟成させるワインに向いています。

メルロー

By: amazon.co.jp

まろやかでタンニンの柔らかいメルロー。メルローは早熟な品種で、カシスやベリーなどの濃厚な果実味を持ちながらも酸味が少なく、タンニンも柔らかいため口当たりがなめらかです。酸味と渋みが少ないワインができるため、赤ワインを飲み慣れていない方にも向いています。

デイリーワインに使用されることの多いですが、世界最高峰のワインに100%使用されることもある品種。高級ワインからデイリーワインまで、幅広いワインに適したブドウです。

シラー

By: rakuten.co.jp

シラーはオーストラリアではシラーズとも呼ばれ、特に南フランスやオーストラリアでは最高級ワインにも使用されます。原産地はフランスのローヌ。シラーを使用した赤ワインは濃厚な果実の風味が凝縮しており、飲みごたえがあります。

一方で栽培しやすい品種でもあるため、さまざまな土地で栽培されているのも特徴。高級ワインからデイリーワインまで、幅広いワインに対応するコスパの高いブドウ品種です。

相性のよい料理で選ぶ

ワインと相性のよい料理は、味・香り・色を基準に考えるのがポイント。フルボディの赤ワインは非常に濃厚で芳醇なので、味の濃い肉料理とよく合います。ビーフシチューや焼き肉、すき焼きなど、ワインと同じくらいの濃厚さがある料理を選びましょう。

また、中華料理ならチンジャオロースーなども合います。チーズをおつまみにしたい場合は、脂肪分の多い濃厚なチーズを選ぶと好相性です。

フルボディのワインは一緒に味わう料理によって感じられる味わいが変わりやすい傾向にあります。1つの銘柄をいろいろな料理に合わせて飲むことで、自分好みの組み合わせを探してみてください。

フルボディ赤ワインのおすすめ

ドメーヌ バロン ド ロートシルト ポーイヤック レゼルブ スペシアル

最高級ワインの産地として知られる、フランスのメドック地区で造られたフルボディ赤ワインです。世界的に有名な「シャトー ラフィット・ロートシルト」を運営する、ロスチャイルド家が醸造しています。

カベルネ・ソーヴィニヨンとメルローがブレンドされ、力強い飲み口と、きめ細やかでしっかりとした果実味が特徴です。使われているブドウの一部は、第1級の格付けのラフィット・ロートシルトで収穫されたモノ。エレガントで高級感のある味わいの赤ワインが5000円以下で楽しめる、コストパフォーマンスの高さもポイントです。

シャトー モンペラ ルージュ

比較的購入しやすい価格でありながら、繊細で奥深い味わいは最高級ワインに匹敵するとして人気の赤ワイン。日本では、ワインブームの一端を担うといわれている人気漫画「神の雫」に取り上げられたことで一躍有名になった銘柄です。

ブドウ品種は、フランスのボルドー地方で栽培されたメルローを主体とし、カベルネ・ソーヴィニヨンとカベルネ・フランがブレンドされています。フルボディならではの力強さと芳醇な果実味、華やかな香りが特徴。コストパフォーマンスが高く、赤ワイン初心者にもおすすめです。

シャトー ムーラン ド レスぺランス

メルローの豊かな果実味が最大限に引き出された赤ワインです。本ワイナリーはボルドー地方のコート・ド・ブライ地区に位置し、ブドウ栽培に最適な粘土質土壌の畑を所有。良質なブドウは丁寧に醸され、18ヶ月の熟成を経て瓶詰されています。

比較的リーズナブルな価格で購入でき、ホームパーティーなどのカジュアルなシーンにおすすめです。フルボディの重厚感と、フルーティーで柔らかな口当たりが調和し、バランスに優れた味わいが魅力。さまざまなジャンルの料理と一緒に楽しめる赤ワインです。

ブシャール ペール エ フィス ジュヴレ シャンベルタン ムッシュ ジェラール セレクション

高級赤ワインの原料として知られるブドウ品種、ピノノワールを使用したフルボディワイン。生産者のブシャール・ペール・エ・フィスは、フランスのブルゴーニュ地方、コート・ドールを中心に畑を所有しています。

本銘柄は、原料を買い取って醸造するネゴシアンワインですが、ブシャールの栽培チームもブドウの栽培や収穫に加わった良質なブドウを使用しているのもポイント。ブラックチェリーのような濃厚な果実味と、繊細なタンニンと酸味が調和したバランスのよい味わいに仕上がっています。明るいルビー色のエレガントな赤ワインは、プレゼントとしてもおすすめです。

マルシャン トーズ ブルゴーニュ ピノノワール

ブルゴーニュをはじめとして世界中で活躍している生産者、パスカル・マルシャンが醸造する赤ワインです。本銘柄は、小規模の畑で栽培されたブドウを購入して醸造する「マイクロ・ネゴシアン」と呼ばれるタイプ。パスカル氏自らが買付から醸造までを一貫して行っています。

ブルゴーニュで栽培された良質なブドウを使用した赤ワインは、力強い飲み口と果実の芳醇な香りが魅力。長い余韻が楽しめる深みのある味わいで、赤ワインそのものをじっくりと味わいたい方におすすめです。

ファルネーゼ カサーレ ヴェッキオ モンテプルチアーノ ダブルッツォ

イタリア中東部で古くから栽培されているブドウ品種、モンテプルチアーノを使用した赤ワインです。豊かな果実味と芳醇な香りが特徴で、濃厚な味わいながらクセは少なく、初めてフルボディを飲む方にもおすすめ。また、リーズナブルな価格でコストパフォーマンスが高く、本格的な赤ワインが気軽に楽しめるのも魅力です。

使用されているブドウはすべて契約農家で栽培され、手摘みで丁寧に収穫されたモノ。土壌に深く根を張った、樹齢の古い木から収穫された果実は質が高く、凝縮された味わいの赤ワインに仕上がります。スタイリッシュなラベルも印象的で、ホームパーティーやお祝いの席にもおすすめです。

ヴィラ アンティノリ キャンティ クラシコ リゼルヴァ

主にイタリアのトスカーナ州で造られている赤ワイン、キャンティ・クラシコ。イタリアワインの格付けにおいて最上位に分類されるD.O.D.G.ワインです。本銘柄はリゼルヴァと呼ばれる熟成が可能なタイプで、キャンティ・クラシコよりもさらに上質な赤ワインとして知られています。

ブドウ品種は、イタリアで多く生産されているサンジョベーゼ種を90%使用。果実の豊かな香りとスパイシーな風味が特徴です。濃厚なフルボディ赤ワインでありながらタンニンは柔らかく、フルーティーでエレガントな味わいも魅力。トマトソースを使用したイタリア料理などと合わせて楽しむのがおすすめです。

メアーナ パレダ マンドロリサイ D.O.C.

イタリア屈指のリゾート地、サルディーニャ島で造られている赤ワイン。古来より栽培されている土着品種、ボヴァーレ・サルドやカンノナウなどのブドウが使われています。バニラやシナモンなどの複雑なニュアンスと、熟した果実味が特徴です。

ワイナリーの「メアーナ」は、サルディーニャ島の内陸部、ワインの銘醸地として知られるマンドリサイにあります。ブドウは山間部に広がる畑で栽培されており、豊かな個性がありながら、酸味とタンニンの調和のとれた味わいが特徴。肉料理やチーズなどと合わせて楽しむのがおすすめです。

ルーチェ デッラ ヴィーテ ルーチェ

イタリアワインの銘醸地、トスカーナのモンタルチーノで造られている赤ワイン。土壌に適したブドウ品種、サンジョベーゼとメルローをブレンドし、凝縮された果実の味わいとスパイスなどの複雑なニュアンスが楽しめます。

ブドウ品種は、トスカーナ地方を原産とするサンジョベーゼと、フランス原産のメルローをブレンド。イタリアの土着品種と優れた外来種を使用した「スーパータスカン」と呼ばれる高級ワインです。高価ではありますが、贈答用として、また、特別な日の1本としておすすめのフルボディ赤ワインです。

コンチャ イ トロ カッシェロ デル ディアブロ デビルズ コレクション

スペイン語で「悪魔の蔵」を意味するチリワイン「カッシェロ・デル・ディアブロ」。あまりの美味しさに、盗みの絶えなかった貯蔵庫のワインを守るため、「この蔵には悪魔が棲んでいる」という噂を流した伝説があることでも有名です。

チリに広大な畑を所有する名門ワイナリー「コンチャ・イ・トロ」が醸造する本銘柄は、その年最高の区画で栽培されたブドウのみを使用しています。複雑な香りと芳醇な果実味が特徴で、リーズナブルな価格も魅力。柔らかなタンニンで飲みやすく、フルボディの赤ワインを飲み慣れない方にもおすすめです。

ロス ヴァスコス カルメネール グランド レゼルブ

チリを主要産地とするブドウ品種、カルメネール100%の辛口赤ワイン。原産地であるフランスのボルドー地方では、1850年代にヨーロッパを襲った害虫のフィロキセラにより絶滅したといわれるブドウ品種です。現在では、ブドウ栽培に適した風土を有し、害虫の被害を受けにくいチリにおいて、良質なカルメネール種が栽培されています。

本銘柄の味わいは、豊かな果実味とタンニンで長い余韻が楽しめるのが特徴。12ヵ月の熟成を経て、複雑で華やかな香りが生まれます。晩熟型のブドウを使用した濃厚なフルボディ赤ワインで、しっかりとした味付けの肉料理などと合わせて楽しむのがおすすめです。

ビニャ マイポ レセルバ ビトラル シラー

完熟したシラーを100%使用したチリ産の赤ワイン。10ヵ月の熟成を経て、熟した果実の豊かな香りと深い味わいが引き出されています。まろやかなタンニンと酸味がバランスよく調和し、重厚感のある赤ワインながら飲み飽きないのが魅力。赤身の肉料理などと合わせて楽しむのがおすすめです。

銘柄名の「ビトラル」とは、スペイン語でステンドグラスという意味。本ワイナリーの創設地、マイポタウンの中心地にあるプリシマ・デ・マイポ教会では、住民がブドウの豊作を願って祈りを捧げます。本銘柄は、教会のステンドグラスから差し込む光をイメージして誕生しました。

リスカル テンプラニーリョ

160年以上の長い歴史を誇るスペインのワイナリー、マルケス・デ・リスカル社の辛口赤ワインです。スペイン北部原産のブドウ品種、テンプラニーリョを主体とし、少量のシラーがブレンドされています。アメリカンオーク樽で熟成され、なめらかなタンニンと繊細な香りが魅力。重厚感のあるフルボディで飲みごたえがあり、赤ワイン好きの方におすすめです。

本ワイナリーは、スペイン王朝御用達としても有名。希少価値の高い高級ワインも生産されていますが、カジュアルなデイリーワインも充実しています。本銘柄も比較的リーズナブルな価格できる、コストパフォーマンスの高い赤ワインです。

シックス エイト ナイン ナパ ヴァレー

カリフォルニアワインの銘醸地で、さまざまな高級ワインが誕生しているナパ・ヴァレー。本銘柄はワイナリーとブドウ栽培農家との信頼関係によって、3000円前後というリーズナブルな価格が実現。主にカリフォルニアで栽培されているブドウ品種、ジンファンデルのほか、カベルネ・ソーヴィニヨンやメルローなどの良質なブドウがブレンドされています。

赤い果実の芳醇な味わいが最大限に引き出された赤ワインで、柔らかく甘いタンニンが特徴。ラベルには、中国の文化において縁起のよい数字とされる「689」がデザインされています。リッチで奥深い味わいがカジュアルに楽しめる赤ワインで、ホームパーティーなどにもおすすめです。

ダークホース ビッグ レッドブレンド

ワインの銘醸地は世界中に存在し、各国それぞれに個性豊かなブドウ品種が栽培されています。本銘柄は、世界各地の優れたブドウを厳選してブレンドした赤ワイン。「ダークホース」という名にふさわしい、類を見ない独創的な造り方で注目されています。

コクのある力強い味わいで、黒い果実やカラメルのような香りとしっかりとしたタンニンが特徴。濃厚な旨みを感じるフルボディですが、多様なブドウ品種がブレンドされていることで、まろやかさも感じられます。バランスのよい味わいで、肉料理はもちろん、幅広いジャンルの料理とともに楽しめる赤ワインです。

ジェイコブス クリーク ダブル バレル シラーズ

南オーストラリア州に位置するバロッサヴァレーで、1847年に創業したジェイコブス・クリーク。本銘柄は、伝統的なオーク樽で熟成させた後、スコッチウイスキーの熟成樽でさらに熟成させた「ダブル・バレル製法」を採用しています。老舗ワイナリーが造る革新的な赤ワインです。

バロッサヴァレーはオーストラリアでも有数のシラーズの産地。スコッチウイスキー樽を使用した追加の熟成を経て、芳醇な香りとなめらかな口当たりが楽しめる奥深い味わいに仕上がっています。ブドウ品種はシラーズのほか、カベルネ・ソーヴィニヨンを使用した赤ワインもラインナップ。飲み比べをしてみるのもおすすめです。

アルプス ミュゼドゥヴァン 松本平ブラッククイーン

日本固有のブドウ品種、ブラッククイーンを100%使用した国産の赤ワインです。長野県中央部に位置する松本平では、古くから生食用としてブラッククイーンを栽培。2000年以降、生食用ブドウは巨峰やナガノパープルなどが人気となり、ブラッククイーンはワイン用のブドウとして使われるようになりました。

豊富な色素と適度な酸味を特徴とするブドウは、樽熟成を経て渋みが抑えられたまろやかな味わいに仕上がっています。フルボディの濃厚な口当たりとともに、ブドウそのものの風味が楽しめる赤ワイン。和食との相性もよく、特に蒲焼などの甘辛い料理におすすめです。

シャトーマルス 穂坂三之蔵カベルネ&メルロー 2015

1960年設立のマルス山梨ワイナリーで製造された赤ワインです。山梨県の韮崎市北部に位置する穂坂地区で栽培されたカベルネ・ソーヴィニヨンを中心に、メルローなどがブレンドされています。29ヵ月の長期熟成によって生まれる優雅で複雑な香りが特徴。ボリューム感のある豊かな果実味が楽しめる赤ワインです。

醸造地である穂坂地区は、山梨県を代表するワイン用ブドウの生産地。長い日照時間と雨の少ない冷涼な気候、やや粘性のある土壌に恵まれ、凝縮度の高い良質なブドウが育ちます。渋みと酸味のバランスに優れ、長い余韻が楽しめる味わい深い赤ワインは、和洋中さまざまな料理と合わせて楽しむのがおすすめです。

番外編|フルボディ赤ワインのおいしい飲み方

温度

赤ワインは、温度が低いとタンニンの渋みが強調されてしまうため、注意が必要です。また、温度が高すぎても果実の風味がなくなってしまいます。特にフルボディの赤ワインは、タンニンの含有量が豊富で渋みが強いため、飲み頃の温度調節は非常に大事なポイントです。

フルボディ赤ワインの最適な温度は16~18℃。より常温に近いと渋みがまろやかに感じられ、ワイン本来の風味を味わえます。

デキャンタージュ

デキャンタージュとは、専用のガラス容器にボトルのワインを移し替えてワインを空気に触れさせることです。デキャンタージュを行うことでワインの味や香りが大きく変化します。

タンニンによる渋みや酸味が強く、香りが広がりにくいワインでも、デキャンタージュすることによって渋みや酸味をまろやかにし、ワイン本来の香りを取り戻すことが可能です。また、抜栓した瓶の底に澱(おり)が沈殿している場合は、グラスに澱が入るのを防ぐためにデキャンタージュすることもあります。

最適なコンディションのワインのことを「開いている」と表現することがありますが、さまざまな個性を持っているワインを、開いた状態で飲むために役立つのがデキャンタージュです。