19世紀中盤からワインを生産しているニュージーランド。流通量が少なく、ワインの生産地としての歴史は浅いですが、コストパフォーマンスが高く、世界的にも高評価のワインを数多く生産しています。

そこで今回は、おすすめの「ニュージーランドワイン」をご紹介。ニュージーランドワインの特徴や栽培されているブドウの品種、産地などについてもご紹介しています。ニュージーランドワインを選ぶ際の参考にしてみてください。

ニュージーランドワインの特徴

By: amazon.co.jp

ニュージーランドワインの生産比率は白ワインと赤ワインが6:1。白ワインの生産が特に盛んな国です。1970年にソーヴィニヨン・ブラン種のワインが世界的な注目を浴びて以来、高い評価を受けるようになりました。

また、赤ワインに使われるブドウ品種「ピノ・ノワール」は世界的にも高い評価を得ており、「ニュージーランドのロマネ・コンティ」と呼ばれる銘柄もあります。そのため、ニュージーランドワインは赤ワイン好きの方にもおすすめです。

ニュージーランドは激しい気温差が特徴。「1日のなかに四季がある」ともいわれるほど、気温が激しく上下し、ブドウの熟成を促進します。ニュージーランドで栽培されたブドウは、酸味が強くフレッシュな口当たりで、強く芳しい風味が特徴です。

ニュージーランドワインの選び方

品種で選ぶ

By: amazon.co.jp

ソーヴィニヨン・ブラン

「ソーヴィニヨン・ブラン」は、ニュージーランドワインを代表するブドウ品種。ニュージーランドで収穫されたブドウ全体の7割を占めています。

トロピカルフルーツの豊かな香りとハーブやオリーブなどの爽やかな香りが特徴。辛口の味わいで、白身魚の香草焼きやサラダなどさっぱりとした料理と好相性です。ハーブを使った料理ともマッチします。

シャルドネ

「シャルドネ」は、白ワインでよく用いられるブドウ品種です。土壌・気候・地形など、栽培された環境によって風味や味わいが大きく異なる特徴があります。

ニュージーランドにあるシャルドネの主な産地といえば、ホークス・ベイ。爽やかな香りとパンチのある酸味、そしてフルーティーな味わいが特徴です。

また、「シャルドネ」はシャンパン造りに使われるブドウ品種でもあります。香りとのバランスが取れたキレのある辛口の白ワインに仕上がるので、飲みやすく、人気を集めているブドウ品種です。

ピノ・グリ

ピノ・グリは、ピノ・ノワールの突然変異種です。ほかのブドウ品種より果粒が小さく、灰色や青みがかった果皮が特徴。繊細なアロマと複雑な味わいが感じられます。

また、濃厚な果実味が口の中に広がるため、重めの味わいが好みの方におすすめ。果実は赤茶色ですが、白ワインに使われるブドウ品種で、肉料理とも好相性です。

リースリング

「リースリング」は、ドイツ原産のブドウ品種です。寒冷地で育てやすく、比較的温度の低いニュージーランドの南島で主に生産されています。柑橘系の爽やかな味わいが特徴です。

糖度が高く甘口のイメージを持たれやすいブドウ品種ですが、辛口から甘口まで幅広い糖度のワインが造られます。産地ごとに味わいが異なるため、ワイナリーでの飲み比べにもおすすめのブドウ品種です。

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

オークランド

オークランドは、ニュージーランドの大手ワインメーカーが点在する地域です。中心部からも近く、手軽にアクセスできるワイナリーが多数点在。ニュージーランド北部に位置するため比較的暖かく、過ごしやすい気候です。

ワインは、メルローを中心に、カベルネ・ソーヴィニヨンやカベルネ・フランをブレンドしたモノを生産しています。フランスのボルドーのようなワインや、シラーを使った赤ワインが有名です。

ホークス・ベイ

ホークス・ベイは、ニュージーランドの北島に位置するエリアです。マールボロの次に大きなブドウ生産地。ブドウ産地として100年以上の歴史を持っており、ニュージーランド最古のワイナリーがあることでも知られている地域です。

また、比較的温暖で日照時間が長く、降雨量も少ないのが特徴。比較的ブドウ栽培に適した環境なので、それぞれの土壌や地形に合わせて、多彩なブドウ品種が生産されています。

マールボロ

マールボロは、ニュージーランドの南部に位置する地域です。ニュージーランドワイン最大の生産地として有名。マールボロでは、総生産量の80%をソーヴィニヨン・ブランが占めます。

マールボロは、日照時間が長く、昼夜の寒暖差が激しいのが特徴。マールボロのブドウは、太平洋から吹き付ける冷たい風のなかで育ちます。寒暖差が大きく寒冷な地域は、ソーヴィニヨン・ブランの栽培に適した環境です。

マールボロで育ったソーヴィニヨン・ブランは、ハーブのような青みがかった香りと、フルーティーな香りがブレンドされた、独特なアロマが特徴。ソーヴィニヨン・ブランのお手本ともいわれる味わいが楽しめます。

セントラル・オタゴ

セントラル・オタゴは、ニュージーランドの南島に位置するエリアです。「世界最南端にあるワイン産地」としても有名な地域。ピノ・ノワールの栽培が盛んですが、シャルドネやリースリングなども栽培されています。

昼夜の寒暖差が激しく、夏場は雨がほとんど降らない乾燥している地域です。しっかりとした酸味のある、フルーティーなブドウが育ちます。奥行きがあり、複雑な味わいのワインが好みの方におすすめの地域です。

ニュージーランドワインのおすすめ

クラウディー・ベイ(Cloudy Bay) ソーヴィニヨン・ブラン

クラウディー・ベイ(Cloudy Bay) ソーヴィニヨン・ブラン

マールボロのソーヴィニヨン・ブランを使用した、世界的にも有名なニュージーランドワインです。パッションフルーツが弾けるような、みずみずしく生き生きとした香りが広がり、バジルなどのハーブなども感じられます。

口へ含むと、マールボロ産らしいマンダリンオレンジのリッチな果実味が広がり、爽快感のある味わいが楽しめます。ムニエルや貝のワイン蒸しなど、シーフードとの相性も良好です。

クーパーズクリーク(Coopers Creek) ローン・カウリ シャルドネ

クーパーズクリーク(Coopers Creek) ローン・カウリ シャルドネ

オークランドの、暖かな気候のもと栽培されたシャルドネを使っているニュージーランドワインです。フルーティーなアロマが感じられ、味わいも果実味にあふれています。熟したトロピカルフルーツのような、リッチな風味です。

また、フレンチオークで熟成させているため、ナッツのような香りが楽しめます。タンニンは控えめで、まろやかな口当たり。フルーティーな味わいが好みの方におすすめです。

サイフリード エステート(Seifried Estate) オールド・コーチ・ロード ソーヴィニヨン・ブラン

サイフリード エステート(Seifried Estate) オールド・コーチ・ロード ソーヴィニヨン・ブラン

ソーヴィニヨン・ブランを使ったニュージーランドワインです。ハーブや青草の香りと、グレープフルーツやライムなどの爽やかな香りが楽しめます。すっきりとした味わいが特徴的な辛口の白ワインです。

軽めの飲み口とフレッシュな酸味は飲みやすく、ミネラル感も感じられます。後にはハーブなどが余韻として感じられ、ほんのりと苦味が残るのが特徴。お刺身や冷しゃぶなど、さっぱりした料理と合わせて飲むのがおすすめです。

ブランコット・エステート(BRANCOTT ESTATE) クラッシック ソーヴィニヨン・ブラン

ブランコット・エステート(BRANCOTT ESTATE) クラッシック ソーヴィニヨン・ブラン

マールボロ産のソーヴィニヨン・ブランを使ったニュージーランドワイン。熟したグズベリーや桃の香りと、ミネラル感にあふれた味わいが特徴です。

濃厚なトロピカルフルーツの果実味が強く出ていますが、すっきりとした酸味もあり、バランスの取れた味わい。シーフードのほか、チキン料理とのペアリングにも適しています。2015年のニュージーランドインターナショナルワインコンペティションで金賞を獲得した、実力派の銘柄としても有名です。

シレーニ(SILENI) セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

シレーニ(SILENI) セラー・セレクション・ソーヴィニヨン・ブラン

マールボロ産のソーヴィニヨン・ブラン種を使用したニュージーランドワインです。ピリッとした辛口で、日本でも人気が高く、比較的広く流通しています。

スクリューキャップを開けると、トロピカルフルーツのような豊かな香りが広がり、柑橘系の爽やかな味わい。口に含むと強めの酸味が鼻を抜け、ほのかな甘みも感じられます。バランスがよく、和食とも好相性です。

シレーニ(SILENI) エステート・セレクション ザ・ロッジ・シャルドネ

シレーニ(SILENI) エステート・セレクション ザ・ロッジ・シャルドネ

伝統的な方法と最先端の技術を組み合わせて造られている、エステート・セレクションのニュージーランドワインです。ホークス・ベイのシャルドネを使用。オーク樽で熟成しているため、オーク樽ならではのナッツの風味と、凝縮されたリッチな風味が楽しめます。

すっきりとした辛口の白ワインですが、フルーティーなコクがあるのも特徴。トロピカルフルーツのアロマと、上品な酸味、さらにミネラルも感じられます。複雑ながらも、バランスの取れた味わいで、アクアパッツァやバンバンジーなどの中華料理とも好相性です。

マッドハウス(MUD HOUSE) ワイパラ リースリング

マッドハウス(MUD HOUSE) ワイパラ リースリング

マールボロ産のリースリング種を使用したニュージーランドワインです。マッドハウスは環境保護に積極的なワイナリーで、農薬などを使わずに栽培。マンダリンやミネラルの味わいがしっかりと感じられます。

オーガニックワインですが、味わいも高評価。ニュージーランドで有名な業界誌「Cuisine Magazine 2014.1」では、星4.5と、「ベストバイリースリング」を獲得しています。

すっきりとしたオレンジやシトラスの香りと、柑橘系の爽やかな酸味を味わえるのが特徴。鮭の燻製などと合わせるのがおすすめです。

アミスフィールド(Amisfield) ソーヴィニョン・ブラン

アミスフィールド(Amisfield) ソーヴィニョン・ブラン

セントラル・オタゴ産のソーヴィニヨン・ブラン種を使用したニュージーランドワインです。淡い黄色が美しい辛口の白ワイン。2014年の「日本で飲もう最高のワイン」で、プラチナを受賞しています。

パッションフルーツや芝生の爽やかな香りと、バニラの上品なアロマ。複雑な香りが調和しています。味わいは、セントラル・オタゴらしいしっかりとした酸味が特徴です。

ミネラル感もあり、クリーミーな味わい。オリーブオイルやクリームソースを使った、トラディショナルなイタリア料理とマッチします。

クメウ・リヴァー(Kumeu River) ピノ・グリ

クメウ・リヴァー(Kumeu River) ピノ・グリ

オークランド産のピノ・グリを100%使った、ニュージーランドワインです。ステンレスタンクで長期間発酵させているため、凝縮した風味と厚みのある味わいが楽しめます。

ピーチや杏などの甘い香りが広がり、タンニンは控えめ。甘みが感じられますが、すっきりとした酸味もあり、複雑で調和の取れた味わいが楽しめます。しっかりとしたリッチなボディで、長く余韻が残るのも特徴です。

クメウ・リヴァー(Kumeu River) ビレッジ・シャルドネ

クメウ・リヴァー(Kumeu River) ビレッジ・シャルドネ

オークランド産の、豊かな果実味が感じられるシャルドネを使用したニュージーランドワインです。3分の2はステンレスタンクで発酵。残りの3分の1は自然酵母により、11カ月間フレンチオークで発酵しており、ナッツの香りが広がります。

熟した桃などの風味が感じられる、まろやかな酸味のある味わいが特徴。口へ含むと、爽やかな香りが鼻を抜けます。ムニエルなどのシーフードと合わせやすい、辛口の白ワインです。

ボールドヒルズ(BALD HILLS) スリーエーカーズ ピノ・ノワール

ボールドヒルズ(BALD HILLS) スリーエーカーズ ピノ・ノワール

セントラル・オタゴにあるワイナリー、「ボールドヒルズ」の赤ワインです。ピノ・ノワール種を使っており、上品なバニラの香りが広がります。豊かな酸味と、プラムやチェリーなどの果実味が感じられるエレガントな味わいが魅力です。

口あたりはまろやかで、ミネラル感の余韻がほどよく残ります。ラム肉などの肉料理ともマッチ。さまざまなワインコンクールの受賞歴もあり、ピノ・ノワールのエントリーワインとしてもおすすめです。