ワインのなかでも王道と言われるのがフランスの「ブルゴーニュワイン」。大きく膨らんだワイングラスで飲むのが定番で、芳醇な香りや雑味のない味わいを堪能できるのが特徴です。

そこで今回は、ブルゴーニュワインのおすすめボトルをご紹介。長い歴史と深い文化、さらに生産者の哲学が感じられる銘柄をピックアップしたので、興味がある方は、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ブルゴーニュワインの特徴

By: rakuten.co.jp

「ブルゴーニュワイン」はフランス東部のブルゴーニュ地方で造られるワイン。フランスワインには「ボルドーワイン」もありますが、こちらは西部にあり、東西の違いがあります。

ワインに使用するブドウ品種の数にも違いがあり、ブルゴーニュが単一、ボルドーが複数品種であることが多め。生産者の呼び方も前者はドメーヌ、後者はシャトーと呼びます。

また、ボトルの形が異なるのもポイント。ブルゴーニュワインはワインがストンと落ちる「なで肩ボトル」、ボルドーワインは注いだときに引っ掛かりがある「いかり肩ボトル」を採用しています。

なお、使用するワイングラスの形もそれぞれ適したタイプがあるので、使い分けるのがおすすめ。ブルゴーニュワインはブドウの品質をより実感するべく、空気に触れる機会が多い「膨らんだタイプ」を、ボルドーワインは複数品種がミックスされた味わいを楽しめるように「飲み口が狭まったタイプ」のグラスを使用します。ワインの世界に興味がある方は、意識してみてください。

ブルゴーニュワインの選び方

地域で選ぶ

酸味を楽しみたいなら「シャブリ地区」

By: rakuten.co.jp

「シャブリ地区」は白ワインのシャブリで有名なエリア。同地区はブルゴーニュ地方のもっとも北に位置しており、地名としては単体での紹介もありますが、複数の小さなブドウ畑の集合であるグラン・オーセロワ地区とセットで紹介される場合もあります。

気候的には寒く乾燥した冬、完熟に適した暑さの夏があり、ブドウの質は良好。酸味はしっかり、味わいはフレッシュかつフルーティーで、早飲みタイプのワインが多く揃っています。

ロマネ・コンティで有名な「コード・ド・ニュイ地区」

By: rakuten.co.jp

「コード・ド・ニュイ地区」はピノ・ノワールを使用した赤ワインで有名なエリア。面積は小さいですが世界的なワイン産地として知られており、20km圏内の南北に途切れることなくブドウ畑が続いているが特徴です。

冬の寒さが厳しいほか、春には霜に見舞われることもあり、生産環境は過酷。その恩恵がワインの味わいに還元されており、良質で偉大な量のワインを醸造しています。

ワイン愛好家に人気の「コート・ド・ボーヌ地区」

By: rakuten.co.jp

最高峰レベルの白ワインが揃っている「コート・ド・ボーヌ地区」。赤ワインも上質ですが、シャルドネを用いた白ワインが特に有名で、「ボーヌ」や「ポマール」「ムルソー」「シャサーニュ・モンラッシェ」、「ピュリニー・モンラッシェ」など、それぞれの村々も銘柄に記載されていることから高い知名度があります。

エリア全体として畑は南や南東向きの斜面が多く、日照量が豊富に得られるのが特徴。斜面勾配のなだらさ、豊かな土壌も相まって、多くの生産者がワインを醸造しています。

コスパに優れたワインが多い「コート・シャロネーズ地区」

By: rakuten.co.jp

「コート・シャロネーズ地区」はドゥーヌ渓谷とグローヌ渓谷の間にあり、南に広がっているエリア。全域にブドウ畑が広がっており、多くのワインが生産されています。

同地区は比較的穏やかな丘陵が続いているのが特徴。生産地で使われる品種はさまざまで、ワインの種類も赤、白、ロゼが揃っています。

フルーティーな香りが好きなら「マコネー地区」

By: rakuten.co.jp

「マコネー地区」は大衆向けワインを数多く生産されているエリア。ワインの比率としては約7割が白ワイン、残りは赤ワインとロゼワインが造られ、総じてフレッシュな早飲みタイプが多いと言われています。

白ワインで使われる品種はシャルドネ、赤ワインはガメイが多め。ワイン産地としてはマコネー地区の中心であるマコン市から10km南にある「プイィ・フュッセ」が有名です。

ボージョレ・ヌーヴォーで知られる「ボージョレ地区」

By: amazon.co.jp

「ボージョレ地区」は新酒ワイン「ボージョレ・ヌーヴォー」で知られるエリア。9月に収穫されたブドウを約2ヶ月で醸造するのが特徴で、毎年11月の第3木曜日が解禁日とされています。

南北約55kmに広がる同地区はフランス第3の都市リヨンの北にあるワイン産地として知られ、ブルゴーニュ地方の中では気候に恵まれたエリア。寒暖の差があるものの、地中海気候の影響も受けており、ガメイを使用した赤ワインが多数あります。

ブドウの品種で選ぶ

赤ワインで使われる品種は?

赤ワインの品種で有名なのは「ピノ・ノワール」と「ガメイ」の2種類。ピノ・ノワールは赤ワインを代表する品種で、冷涼で乾燥した気候、水捌けのよい土壌が広がるブルゴーニュ地方に適したブドウとして知られています。渋みが少なく長期熟成向きで、寝かせるとより繊細で複雑な味わいへと変化。個性あるワインに仕上がるのが特徴です。

一方、ガメイはピノ・ノワールと同じく渋みが少ないものの、軽めのワインに向いている品種。なお、毎年出荷がニュースで話題になるボージョレ・ヌーヴォーにはこのガメイが使われています。

白ワインで使われる品種は?

白ワインの品種で代表的なのは「シャルドネ」と「アリゴテ」の2種類。シャルドネはブルゴーニュのマコネ地区が起源とされる品種で、現在世界でもっとも多く栽培される品種として知られています。

もう一方のアリゴテはブルゴーニュ地方に古くから根付く品種。酸味が強い印象がありますが、フレッシュな香り、シャープな味わい、さらにスッキリとした後味も特徴として挙げられます。

当たり年かどうかで選ぶ

ブドウの品質は気候変動のよる影響が大きい

By: rakuten.co.jp

ブルゴーニュワインは冷涼な気候の下で造られるのが特徴。ただ最近は地球温暖化による気候変動の影響を受けることが多く、他の農作物同様、ブドウの品質を左右する要因です。

特に、ネックとなるのが降雨量の少なさ、乾燥する時期の長さ、夏場の過度な暑さなど。雨量が少なく、乾燥が続き、酷暑となると水不足になり、結実不良が発生します。

結実不良が発生するとブドウは全体的に小粒となり、果汁の比率も低下。結果的に品質向上のプラス要因になることもありますが、収穫量は下がるため、良質のブドウを選別するのが困難となり、ワインの味わいにも影響が出ます。

当たりか年か否かは総評で確認

By: rakuten.co.jp

ワイン造りにおける理想は昼夜の寒暖差があること。酸と香りに豊かさが出るほか、フレッシュさが保たれ、良質のワインが醸造できます。

これまではブドウに日照をあてて熟度を上げる、病気にならないように除葉して風通しをよくするなどの対策でも十分でしたが、最近は夏の高温と強い日差しが顕著。生産者としてはこれまで培ってきた方法とは異なる管理が必要となってきています。

これらの影響から「〇〇年は厳しかった」「〇〇年は出来がよい」などの声が聞こえてくるようになるのが通例。2000年以降のブルゴーニュワインで言えば、赤だと05、09、10、15が、白だと10、14が当たり年と言われています。気になる方はそうした情報も調べてみてください。

ブルゴーニュワインのおすすめ

ドメーヌ・ベルナール・デュガ・ピィ ブルゴーニュ・ルージュ 2018

ブドウの成熟度が感じられるブルゴーニュワイン。酸のしなやかさ、果実味の豊かな、繊細なタンニンの味わいもあり、複雑さを堪能できるのが特徴です。

全体的にバランスがよく、テイストがなめらかなのもポイント。クラシックなスタイルで作られた1本なので、飲み慣れている方はもちろん、ブルゴーニュワインの奥深さを知りたいという方にもおすすめです。

ブルゴーニュ パストゥグラン ロベール グロフィエ ペール エ フィス 2018

芳醇さが感じられるブルゴーニュワイン。ピノ・ノワール80%に対してガメイ20%の配合を採用しており、飲み応えがあるのが特徴です。

色が濃く、タンニンがしっかりと感じられるのもポイント。果実味も豊かなので、合わせる料理としてはハンバーグやロールキャベツなどのジューシな肉料理がおすすめです。

ブルゴーニュ ピノ ノワール キュヴェ サピドゥス 2016

家飲み用に適したブルゴーニュワイン。価格控えめの早飲みタイプで、気軽に味わいを楽しめるのが特徴です。

シャープな酸味とタンニンが感じられるライトな1本で、飲み口がやさしいのもポイント。シンプルにチーズと合わせるのはもちろん、揚げ物と合わせるのもおすすめです。

メゾン・ルロワ コトー・ブルギニョン・ルージュ 2018

ブルゴーニュワイン初心者の方におすすめの1本。価格帯としてはお手頃ながら、凝縮された味わいと造り手の緻密さが感じられ、クオリティが高いのが特徴です。

品種としてはピノ・ノワールとガメイのミックス。比率は非公開となっていますが、味わいとしてはピノ・ノワールの酸味にガメイの芳醇さ、甘みある果実感が加わった印象に仕上がっています。ブルゴーニュワインを試してみたいと思っている方はぜひチェックしてみてください。

ミシェル・グロ ブルゴーニュ オー・コート・ド・ニュイ フォンテーヌ・サン・マルタン ルージュ 2017

19世紀から続く「フォンテーヌ・サン・マルタン」のブルゴーニュワイン。果実を全面に表現するスタイルが継承されており、旨みと甘みがしっかりと感じられるのが特徴です。

また、酸味も豊かで、タンニンの力強さがあるのもおすすめのポイント。こってりした料理とマッチする1本なので、何と合わせるかを考えるのも楽しみのひとつです。

フィリップ・コラン マランジュ・1er・ラ・フュシエール 2018

コート・ド・ボーヌ地区のもっとも南側に位置するマランジュのブルゴーニュワイン。どっしりとした赤ワインで知られており、スパイシーな料理や味の濃い一品と合わせるのがおすすめです。

抽出をしっかりと行っているため色が濃く、果実のボリュームが感じられるのもポイント。一方でタンニンはそれほど強くなく、甘みがあるのも特徴です。

ルイ・ラトゥール シャサーニュ・モンラッシェ・ルージュ 2016

ブルゴーニュ地方最大規模の畑から生まれたおすすめの1本。製品名にも入っている生産者のルイ・ラトゥールは7代目で、これまで培った伝統を守りながら家族経営に勤しんでいるのが特徴です。

ワインとしては淡い色合いで、シャープな酸味とタンニンのバランスが調和。また、ピノ・ロワールの果実味もしっかりとあるので、味の濃い料理との相性良好です。なお、熟成が進むとスパイスのニュアンスがより感じられるようになるので、ゆっくりと味わってみてください。

シモン ビーズ サヴィニーレボーヌ オー グランリアール 2017

日本人女性が当主を務めている「シモン ビーズ」のブルゴーニュワイン。4代目のパトリック氏が亡くなったことを受け、その妻の千砂さんが継承。ブドウ栽培から醸造にいたるまでを担っています。

テイストとしては、しっかりとタンニンが感じられるのも特徴。香りはやさしめ、酸味は柔らかめですが、豊かな果実感と力強さが感じられるのも魅力です。味の濃い料理や油っこい料理との相性がよいので、ぜひ試してみてください。

ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス ボーヌ デュ シャトー プルミエクリュ ルージュ 2016

コート・ドール地区最大規模の畑を所有する「ドメーヌ ブシャール ペール エ フィス」のブルゴーニュワイン。酸味・果実味・タンニンがバランスよくまとまっており、飲みやすい風味に仕上がっているのが特徴です。

果実味はピュアで、甘みが感じられるのもポイント。塩味のある料理やグラタンなどの大皿料理と合わせるのがおすすめです。

シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ ポマール プルミエ クリュ レ ペズロル 2011

品質の高い「シャトー・ド・ピュリニー・モンラッシェ」のブルゴーニュワイン。熟成された複雑な香りとタンニンの柔らかさが特徴で、価格帯としてはやや値が張りますが、充実した味わいを堪能できるのが魅力です。

また、料理と合わせる際には、それぞれの素材をいかせるのもポイント。ちょっとしたおつまみや一品料理などのシンプルなメニューと一緒に味わうことで旨みを引き立たせ、ワインの美味しさも口の中で広ります。

ジョルジュ リニエ モレ サン ドニ 2017

モレ・サン・ドニ村を代表するブルゴーニュワイン。テイストとしては、口当たりの柔らかさ、フレッシュな酸味、ピュアな果実感があり、ブドウの質の高さを伺えるのが特徴です。

栽培方法や発酵方法などに生産者のこだわりがあり、同地域から生まれるワインの味わいを堪能できるのもポイント。料理としてはムニエルやフライにした魚料理と合わせるのがおすすめです。

ブリュノ クレール マルサネ ルージュ 2017

親しみやすいブルゴーニュワインを求めている方におすすめの1本。比較的高めの価格ですが、果実味の豊かさが感じられるほか、酸味とタンニンの調和もよく、お得感が高いのが特徴です。

合わせる料理としては味の濃い・薄いに関わらず、シンプルな一品との相性が良好。ワインとちょっとしたおつまみで楽しむ家飲み用としてもおすすめの銘柄です。

オリヴィエ ルフレーヴブルゴーニュ レ セティーユ 2018

ピュリニー・モンラッシュ村を代表する生産者のひとり「オリヴィエ ルフレーヴ」のブルゴーニュワイン。著名な白ワイン生産者として知られる「ドメーヌ ルフレーヴ」から独立した経緯があり、上品でエレガントな味わいを楽しめるのが特徴です。

さらりとした感じで飲みやすいほか、酸味がソフトなのもポイント。さらにお手頃な価格帯とも相まって、気軽に飲めるのも魅力です。

ヴァンサン ラトゥール / ブルゴーニュ エリタージュ コート ドール 2017

大樽で熟成することでブドウ本来の果実味とやさしめの酸味、ほんのりとした苦味も感じるブルゴーニュワイン。フレッシュながら飲み応えもあり、白ワインの名産地と知られるムルソーらしさを体感できるのが特徴です。

合わせる料理との幅が広いのもポイント。これ1本で前菜からメインまで楽しめるので、家飲み用のワインを探している方にもおすすめです。

ルフレーヴ マコン ヴェルゼ 2018

コート・シャロネーズ地区のマコネを代表するブルゴーニュワイン。フルーティーながら飲み応えもあり、心地よい果実味を楽しめるのが特徴です。

太陽光を浴びた良質のブドウを採用しており、酸味は穏やかでクリーミー。広がりのあるまろやかな味わいを堪能できます。個性的な一品料理と合わせるのも面白いので、興味がある方はぜひ試してみてください。

ルイ ジャド サン ヴェラン 2018

ブルゴーニュ地方のさまざまな畑でブドウを生産している「ルイ ジャド」の1本。果実味とキレのよい酸味が感じられ、味わいに土地の個性が表れているのが特徴です。

コクがあるものの、テイストとしては柔らかめの印象で、口の中がすっきりとするのも魅力。ブルゴーニュワインのなかでもスパイシーな料理やエスニック料理と合うおすすめの1本です。

レ・ゼリティエール・デュ・コント・ラフォン プイィ・フュッセ 2018

石灰質土壌が広がる「ヴェルジッソン」のブドウから造られているブルゴーニュワイン。旨みがしっかりとしているものの、後味はすっきりとしており、バランス良好なのが特徴です。

栓にはディアムコルクを採用しており、品質管理に配慮しているのもポイント。自宅でゆっくりと飲めるおすすめの1本です。

ドメーヌ ド ヴィレーヌ ブーズロン 2016

品種にアリゴテを100%使用したおすすめのブルゴーニュワイン。アリゴテは酸味が強い印象がありますが、本銘柄の酸味はシャルドネと同程度で、ピュアな果実味を楽しめるのが特徴です。

ブドウの成熟度も感じられ、余韻がしっかりと残るのもポイント。合わせる料理は肉・魚を問いませんが、いずれも素材の旨みを引き出せしてくれるのも魅力です。

ドメイヌ・シャンソン ボーヌ・プルミエクリュ バスティオン・ブラン 2015

コート・ド・ボーヌ地区のボーヌ村の「バスティオン」区画で造られたブルゴーニュワイン。穏やかな果実味とフレッシュな酸味、コク、さらにはミネラルも後から感じられ、奥深い味わいを堪能できるのが特徴です。

白ワインとしてはふくよかなタイプで、熟成味が感じられるのもポイント。合わせる料理は肉料理、なかでも味の濃い豚肉料理と一緒に楽しむのがおすすめです。

ドメーヌ ウィリアム フェーブル シャブリ プルミエクリュ ボーロワ 2018

ブドウの成熟が早い「ボーロワ」のブルゴーニュワイン。「ウィリアム フェーブル」は手作業で醸造していることでも有名で、その丁寧な姿勢は味わいに還元されています。

テイストとしては清涼感があり、さらりとした飲み口も特徴。酸が際立ったシャブリとは異なりますが、味わいに芳醇さがあるので、シーフードとの相性が良好です。興味がある方は魚のほかイカや貝、牡蠣など、さまざまな素材と一緒に味わってみてください。