濃厚な甘さと豊かな香りが魅力の「貴腐ワイン」。偶然の産物でできたワインとはいえ、その美味しさと希少性の高さから「ワインの帝王」とも呼ばれ、高級ワインのひとつとして知られています。

今回は、貴腐ワインのおすすめ銘柄をご紹介。特徴や代表的産地、飲み方のコツも紹介するので、極甘なおいしいデザートワインを探している方はぜひ参考にしてみてください。

貴腐ワインとは?

貴腐ワインとは「貴腐菌」と呼ばれる特殊な菌が付着した、糖度が極めて高いブドウから造られる白ワインです。濃厚な甘さと芳醇な香りが特徴的な高級ワインで、主に食後に楽しむデザートワインとして親しまれています。

樹に実ったままの完熟ブドウに、貴腐菌(ボトリティス・シネレア菌)が付着することで、果皮に小さな穴が空き果実の水分が蒸発。ブドウのエキス分と糖分のみが凝縮され、干しブドウのような極甘なブドウに変化します。

貴腐菌を付着させた「貴腐ブドウ」を作り出すには、気象条件や土壌環境・ブドウの完熟度合いなど、さまざまな条件が不可欠です。ひとつでも欠けていれば高品質な貴腐ブドウは収穫できません。

また、貴腐ワインを造るためには、貴腐ブドウを手摘みし実だけを選り分けるなど膨大な手間がかかります。1本の樹から造られるワインの量も、一般的な白ワインに比べごくわずかであることや、ブドウの出来によって生産量が不安定な点も、高価で希少性が高いとされる理由です。

貴腐ワインの産地

By: amazon.co.jp

ハンガリー

貴腐ワイン発祥の地とされているハンガリーのトカイ地方。トカイの貴腐ワインには品質と伝統を守るため独自の規格が設けられているのが特徴です。

例えば、貴腐ブドウとベースの白ブドウをブレンドして造られるモノは「トカイ・アスー」と呼称されています。また、「アスー」には残糖度を表す「プットニュ」という単位があり、「5プットニョシュ」や「6プットニョシュ」などと表記されているため、銘柄の糖度を見分けることが可能です。

なお、ブドウの品種には、フルミントを中心にハールシュレヴェルーやイエローマスカットなどが使われています。

フランス

「世界三大貴腐ワイン」産地のひとつとして最も有名なのが、ボルドー地方のソーテルヌ。ガロンヌ川の中流に位置するこの場所は、霧が発生しやすい時間帯と乾燥した時間帯があるため、貴腐ブドウ栽培に好適な環境です。蜂蜜のように甘く芳醇な香りから、多くの愛好家にも愛されています。

なかでも銘酒とされているのが「シャトー・ディケイム」で、ヴィンテージモノとなれば、破格で落札されるほど。100年もの長期熟成が可能とされ、1855年に制定された白ワインの格付けで、唯一「第1級」に選ばれたこともある最高級貴腐ワインです。

ドイツ

トカイ、ソーテルヌとともに「世界三大貴腐ワイン」の産地として有名なのが、ライン川流域です。貴腐ワインには、リースニングやオルテガなどの白ブドウ品種が使用されています。

ドイツには、ブドウ果汁の糖度によって評価される独自の格付けが存在。最高級格付けの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」を筆頭に「アイスヴァイン」「ベーレンアウスレーゼ」と続きます。貴腐ワインも同様に、最高糖度である「トロッケンベーレンアウスレーゼ」が最高級の糖度を有しています。

フルーティーな香りとハニーシロップのような粘りのある甘さが特徴です。さらに長期熟成されたモノは、濃厚で複雑な甘みが感じられます。

オーストリア

オーガニックワイン先進国でもあるオーストリアもまた、おいしい貴腐ワインの宝庫です。なかでも、ブルゲンラント州のノイジードラー湖畔は、寒暖差が激しく湖から立ち上る湿気があるため、貴腐ブドウを作るのに適しています。

オーストリアワインの格付けは、ブドウ果汁の糖度と原産地で決定されるのが特徴です。糖度の高い貴腐ワインは、超特級である「プレディカーツヴァイン」に位置しています。

なかでもヴェルシュリースリングやシャルドネ品種を使った最高ランクの「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は、濃厚で深みのある味わいが特徴です。

貴腐ワインの飲み方

低めの温度

極甘口の貴腐ワインをすっきりと味わいたいなら、よく冷やして楽しむのがベストです。香りをじっくりと楽しみたいという方は常温もよいですが、甘さが必要以上に増して風味がかすんでしまうことがあります。

おすすめの温度は4〜8℃。じっくりと味わっていくうちに、グラス内の温度もゆっくりと上昇していくので、終盤には芳醇で繊細な香りも楽しめます。

貴腐ワインは、通常のワインに比べて糖度が高く酸化しにくいため、ボトルを開けてから数週間はも冷蔵庫で保存可能です。週末のご褒美にじっくりと少量ずつ楽しむにも最適なワインです。

相性のよい料理

貴腐ワインは、食前酒もしくは食後のデザートワインとしてじっくりと楽しむのがおすすめ。貴腐ワインは単体でも十分においしいですが、相性のよい食べ物とマリアージュさせることで、さらに奥行きのある味わいを楽しめます。

甘いスイーツはもちろん、クセの強いブルーチーズやコクのあるフォアグラ料理は、フランスでは定番のマリアージュ。フルーツと合わせる時は、甘さの方向性が似たイチジクやアプリコットなどのドライフルーツが最適です。

また、バニラアイスクリームに、貴腐ワインをシロップのように垂らして味わうのもおすすめ。塩気や甘辛い和テイストとの組み合わせも斬新です。さまざまな風味の料理と合わせて、自分だけのマリアージュを見つけてみてください。

貴腐ワインのおすすめ

ドメーヌ デュ プティ ヴァル コトー デュ レイヨン 2016

フランスのロワールでもっとも広大な地域のコトー デュ レイヨンは、貴腐ワインの産地としてもよく知られています。土地はミネラルが豊富な砂質土壌。そこで育った貴腐ブドウを使って造られた貴腐ワインは、甘過ぎずすっきりとした後味が楽しめます。

口当たりはさっぱりとしていますが、風味は豊かでコクや複雑な香りもしっかりと感じられる仕上がりです。食後の甘いデザートはもちろん、こってりと甘辛い焼き鳥や照り焼き風の料理にもぴったり。普段の夕食にカジュアルに取り入れられるリーズナブルさも魅力です。

シャトー・パジョス トカイアスー 3プットニョシュ

ハンガリー産のトカイワインです。本銘柄は、ユネスコの世界遺産に認定された歴史的セラーを所有する、シャトー・パジョスが造り上げた極上の甘口ワイン。女性審査員のみでワインを評価する「SAKURAワインアワード2017」において、金賞を受賞した実力ある1本です。

「プットニュ」といわれる残留糖度の単位は3〜6までありますが、本ボトルは、すっきりとした甘さが引き立つ「3プットニョシュ」。蜂蜜などのまろやかな甘さのなかに、キレのある酸味が感じられ、ほどよいアクセントとなっています。

後味がすっきりとしているので、デザートワインのみならず食中酒としてこってりした肉料理や魚料理に合わせるのもおすすめです。

シャトー・リューセック 2011

ソーテルヌ格付け「第1級」のシャトーで造られる最高級貴腐ワイン。セミヨン、ソーヴィニヨン・ブラン、ミュスカデルの3品種を使用した、深みのある華々しい香りが特徴です。

ひとつひとつ貴腐化しているブドウの実だけを手摘みで収穫。さらに熟成樽はフレンチオークのみに統一することで、複雑な深みを醸し出しています。

手間ひまかけて生み出された貴腐ワインは、蜂蜜のような濃厚さと複雑で奥深い香りが最大の魅力です。クセのあるブルーチーズとも相性抜群。力強くしっかりとしたコクのある貴腐ワインを味わいたい方におすすめです。

オストホーフェナー キルヒベルク オルテガ トロッケン ベーレン アウスレーゼ 1989

ドイツの極甘口貴腐ワインといえば「トロッケン ベーレン アウスレーゼ」。なかでも1989年のグレートヴィンテージワインは、トロッとした濃厚シロップのような甘さが特徴です。

背の高い細身のボトル形状は、少量ずつじっくり味わうのにちょうどよいサイズ。口に含むと蜂蜜やアプリコットに加え、アールグレイのような上品な茶葉の香りがほのかに広がります。

フルーツやバニラアイスクリームとの相性も抜群。まろやかなとろみがあり、さまざまな料理と合わせられるおすすめの貴腐ワインです。

クラッハー トロッケン ベーレン アウスレーゼ

オーストリアを代表する甘口ワインのパイオニア、クラッハーが造る貴腐ワインです。ワイナリーは、近隣にあるノイジードラー湖の影響で、暖かく湿気も多いという貴腐ブドウ栽培に適した場所に位置しています。

本銘柄は、さまざまな種類のヴィンテージワインをブレンドし、奥行きのある味わいに仕立てたノン・ヴィンテージ。年月を経たような複雑な香りがありながら、非常にフレッシュでカジュアルに楽しめる1本です。

ヴェルシュリースリングをはじめ、シャルドネ、トラミナーのブドウ品種を使った甘口で濃厚な「トロッケン ベーレン アウスレーゼ」なので、飲みごたえも抜群。1日のご褒美に少しずつ楽しめる1/4サイズです。

デ・ボルトリ ノーブル ワン

オーストラリア最大級のワイナリー、デ・ボルトリが造る貴腐ワイン。同ワイナリーの3代目であるダーウィンが初めて造った貴腐ワインが「ノーブル ワン」です。以後、現在まで数々の受賞を果たし、世界的にも注目される貴腐ワインのひとつとなっています。

セミヨン種100%で造られた本銘柄は、甘く熟したアプリコットのようなアロマに加え、華やかで愛らしい香りが特徴です。蜂蜜やバニラといったリッチな甘さのなかに見え隠れする心地よい酸味が、全体を引き締めています。

合わせる料理としては、甘く、ほのかな塩気も感じるベイクドチーズケーキなどが好相性。オーソドックスな貴腐ワインだけでは飽き足らないという方におすすめです。

サンタアリシア レイト・ハーベスト

ブドウ品種にマスカット・オブ・アレキサンドリアのみを使った希少な貴腐ワイン。チリの有名ワイナリーのひとつでもあるサンタアリアシアが手がけています。

本銘柄は、マスカット由来の芳醇な香りが最大の特徴。エレガントな甘みとほのかな酸味がバランスよく、すっきりと貴腐ワインを飲みたい方にも最適です。

フォアグラなどのこってりとした料理はもちろん、クセや塩気の強いチーズにもぴったり。デザートワインとしてはもちろん、相性のよい前菜と一緒に食前酒として味わうのもおすすめです。

登美の丘ワイナリー 登美 ノーブルドール 2008

山梨県にある登美の丘ワイナリーは、日本で貴腐ブドウの栽培できる限られた場所のひとつです。製法としては、リースニング・イタリコ種を自然発生により貴腐化させ、一粒ずつ選り分けた後醸造されます。

本銘柄は、甘いメープルシロップのような口当たりと香ばしいナッツのような香りが楽しめる、濃厚な1本です。特に日本での貴腐ブドウの栽培量は少なく、貴腐ワイン自体の生産量もごくわずか。そのため価格もハイクラスです。極上の日本産貴腐ワインを味わってみたい方は、ぜひチェックしてみてください。

シャトー ディケム 1994

貴腐ワインの最高峰と称される「シャトー・ディケム」。ソーテルヌにおいて唯一の「プルミエ・クリュ・シュペリュール」に格付けされている素晴らしい気候・風土から生まれた銘酒です。

シャトー・ディケムの貴腐ワインは、約2ヶ月間ほどかけて貴腐ブドウの果実を手摘みし、さらに良質なものだけを厳選して、醸造、樽熟成をするというこだわりによってようやく完成します。丁寧な製法によって実現する長命さも特徴で、100年経っても飲み頃が続くとされています。

本銘柄は、スモーキーな樽香に加え、華やかで甘さのある香りが魅力。口に含むとより一層奥深さが感じられる味わいなので、特別な日におすすめの貴腐ワインです。

オレムス トカイ アスー 6プットニョシュ 2006

ボデガス・オレムスは、スペイン生まれのベガ・シシリア氏がハンガリーの地で手がけるワイナリーです。ハンガリーでも古い歴史を持ちトカイ アスーのパイオニアとして、白ワインの製造を行っています。

「6プットニョシュ」のトカイ アスーは、濃厚でコクのある甘さが特徴。フルミント種で造られた辛口のワインに、貴腐ブドウの果実を6プットニョシュになるまで加えて造られます。ハンガリーオーク樽で約2年間、さらにボトル内で1年間熟成させ、手間暇かけて造られた逸品です。

本銘柄の味わいは、ローストされた樽香と蜂蜜のようなとろける甘さに加え、後引くわずかな酸味の美味しさが魅力。食後の甘いデザートやチョコレートはもちろん、塩気の強いチーズなどにもよく合う、おすすめの貴腐ワインです。