手回し充電器は、災害による停電時やコンセントがない環境でも電力を作り出せる便利なアイテム。本体に付属のハンドルを回すだけで電力を作り、電子機器の充電ができるため、避難先やアウトドアでも使用可能です。

手回し充電のほかにソーラーやUSB接続による充電を行えるモデルや、ラジオやライトなどが備わったモノもあるので、家庭で1つは常備しておきたいところ。そこで今回は、災害時やアウトドアで使用できる手回し充電器をご紹介します。

手回し充電器のメリット

By: amazon.co.jp

手回し充電器は、コンセントを必要とせずにスマートフォンなどの電子機器の充電ができるアイテム。災害による停電で電気供給されない場合でも、スマートフォンや電子機器を充電残量の心配なく使用できるのがメリットです。例えば、キャンプ場などのアウトドアシーンなど電気がない環境でも、手回し充電器で電力を作り、電子機器に供給できます。

手回し充電器の選び方

発電効率をチェック

手回し充電器はモデルによって、発電率が異なります。発電率とは、手回し回転した分がどれだけ電力に変換されるかを表し、少ない回転数で電力供給を多くできるモノがおすすめです。

手回し充電器に搭載されているライトやラジオを使う場合、手回しする回数によって使用できる時間も変わるため、購入前に発電効率を確認しておきましょう。

バッテリーを内蔵しているかチェック

一般的に手回し充電器は、ハンドルを回転させている間のみ発電されます。つまり、電子機器を充電するためには手回しを続けなければなりません。

一方で、バッテリーを内蔵している手回し充電器もラインナップ。バッテリーが内蔵された手回し充電器であれば、手回しした分が本体内部に充電されるので、電子機器に充電する際に手回しをする必要がありません。緊急時などすぐに使用したい方は、予め充電できるバッテリー内蔵型の手回し発電機をチェックしてみてください。

手回し以外の充電方法の有無をチェック

By: rakuten.co.jp

手回し充電器は、備え付けのハンドルを回して充電を行いますが、USB端子を備えたモノやソーラー充電を行えるモデルもあります。

ソーラーパネル付きの手回し発電機は、災害時でも晴れた日に外に置いておけば自動で充電されるのがメリット。手回しするための体力や時間の負担を軽減したい方におすすめです。

また、乾電池を入れることで充電時と同様に起動するタイプもラインナップ。状況に応じてさまざまな方法で使用できます。

その他あると便利な機能

ラジオ

By: amazon.co.jp

手回し充電器にラジオ機能が付いていると災害時に役立ちます。避難所でテレビを見られない場合や停電によってパソコンなどが使えなくなってしまった場合、ラジオからの情報が必須です。

また、ラジオ付きの手回し充電器を購入する際、FM・AMの両電波に対応したモデルを選べば得られる情報の幅も広がるのでチェックしておきましょう。

ライト

By: amazon.co.jp

夜間の災害も考慮して選びたい場合は、ライトが付いている手回し充電器を選ぶのがおすすめです。地震や台風で停電してしまった場合などに役立つので要チェック。ライト付きの手回し充電器は懐中電灯の代わりにもなるため、荷物を減らしたいときなどにも重宝します。

防水・防塵

ホコリや塵によって本体が故障する場合があるため、防水・防塵機能付きの手回し充電器がおすすめです。防水・防塵機能が備わっていれば、雨や水しぶきがかかってしまうような条件下でも故障の可能性を軽減できます。悪天候やアウトドアシーンで安心して活用したい場合は、あわせてチェックしてみてください。

手回し充電器のおすすめモデル

CXYP 手回し充電器 4015

2つのUSBポートを備えている手回し充電器です。デバイスを2台同時に充電できるのが特徴。家族や友人などととシェアして使うのにも便利です。

また、状況にあわせて充電方法を選べるのも魅力。手回し充電以外にも、晴れている場合は太陽光パネルによってソーラー発電も可能です。利便性に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) FM/AMポータブルラジオ ICF-B09

非常時の情報取得に便利な、手回し充電対応のポータブルラジオです。大口径3.6cmスピーカーを搭載しており、ニュースなどを聴き取りやすいのがポイント。また、AMラジオの番組をFM放送の周波数で聴ける「ワイドFM」に対応しています。

手回しのほか、乾電池による充電が可能です。さらに、約132×77×58mmのコンパクトサイズで、持ち運びしやすいのもポイント。キャリングポーチや充電プラグアダプター、micro USBケーブルなどが付属しており、災害時の備えとしておすすめのモデルです。

東芝(TOSHIBA) 手回し充電ラジオ TY-JKR5W

長期の保管に優れた、電気二重層コンデンサーを備えている手回し充電ラジオ。長い間使用せず保管していた場合でも、ハンドルを回せばすぐに使うことが可能。災害時など、緊急時の備えにおすすめのアイテムです。

1分間に150~180回の速度で回したとき、LEDライトは30分、内蔵スピーカーにおけるAM受信は35分、スマートフォンでの通話は2分ほどに対応。また、USB端子を備えており、ハンドルを回しながらスマートフォン本体の充電ができるのも魅力です。

さらに、IP54相当の防塵・防水機能を備えているのもポイント。屋外でも安心して使えるアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Phyismor 防災ラジオ

災害時に便利なラジオ機能を搭載したアイテム。AMは520~1700kHz、FMは76~108MHzの周波数を受信可能です。救助が必要な際に、周りに自分の存在を知らせるSOS機能も備えています。

1分間ほど手回しすると、LEDライトで15〜20分、ラジオは5〜10分ほどの使用が可能です。また、ソーラー・USBケーブルでの充電に対応しているのもポイント。さらに、IPX3の防水機能を備えており、多少の雨であれば屋外でも使用できるモデルです。

RegeMoudal 防災ラジオ

SOSアラート機能を搭載した、手回し充電対応の防災ラジオです。災害や遭難などで身動きができない状況下で、すぐに周りに救助を求められます。また、IPX3の防水性能を備えているため、多少の雨程度であれば屋外での使用も可能です。

1分間に130回転の速度でハンドルを回すと、LEDライトは15〜20分、ラジオは3〜5分ほど使用できます。さらに、手回しのほか、ソーラー・USBケーブル・乾電池の4つの充電方法に対応しているのもポイント。シーンに応じて適した方法を選べるおすすめアイテムです。

Mighty 多機能ポータブルラジオ Sy-002

Mighty 多機能ポータブルラジオ Sy-002

液晶ディスプレイを備えている、手回し充電対応のポータブルラジオです。暗い場所でも明るく表示され、電池残量・周波数・音量を一目で確認できます。1分ほど手回しすれば、LEDライトは15~20分、ラジオは5~10分間の使用が可能です。

また、4000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのも魅力。ソーラー・手回し・乾電池による充電が可能で、状況に応じて選べます。さらに、取っ手が付いているほか、懐中電灯代わりになるLEDライトを搭載しているため夜間の移動にも便利です。

Yoi ソーラーラジオ

IPX3の防水性能を備えた、手回し充電対応の防災ラジオ。本体上部にソーラーパネルを搭載しており、電源がない場所でも晴天時に屋外に置いておくだけで充電できるのが魅力です。

1分間の手回し発電で、LEDライトは15〜20分、ラジオは5〜10分ほどの使用が可能。また、重さは約249gと軽量設計で、携帯性にも優れているおすすめのモデルです。

Lovten ラジオライト

ワイドFMに対応した、手回し充電対応のラジオです。AMラジオの電波が入りにくい山間部や高層マンションなどでも、FMの周波数を利用して、AM放送の番組を聴けます。また、2000mAhの大容量バッテリーを内蔵しているのもポイントです。

手回しハンドルを使用する場合、130~150回転させることで、LEDライトの使用が15~20分間、ラジオ放送が5~10分間、スマートフォンへの給電が3~5分間ほど可能です。さらに、ソーラー充電やUSBケーブルによる充電にも対応しており、シーンにあわせて選択できます。

防災専門店MT-NET 防災ラジオ BSR1010100-S001

災害時の備えにおすすめの手回し充電対応の防災ラジオです。緊急警報放送と緊急地震速報を検出した際に、あらかじめ設定された放送局に切り替わることで最新情報を素早く入手できます。また、緊急速報を受信すると自動で本体のライトが点灯するため、夜間や停電時でも安心です。

手回しのほか、USBケーブルによる充電に対応しているのもポイント。懐中電灯のように持ち運びできるハンディタイプで、避難時の移動やアウトドア用におすすめです。