自然災害はいつ発生するかわかりません。地震や豪雨災害が続き、南海トラフの発生率も高まっている今こそ、防災グッズをきちんとそろえる必要があります。面倒だからとついつい後回しになっていた方も、今度こそ準備しておきましょう。

手軽に用意しやすい防災グッズのひとつに防災リュックがあります。今回は、緊急時に必要となるものが詰められたおすすめの防災リュックをご紹介。選び方と合わせてチェックしてみましょう。

防災リュックとは?

By: amazon.co.jp

防災リュックは、非常グッズのなかでも「一次持ち出し品」と言われており、災害時にさっと持ち出して逃げられる防災グッズです。玄関やリビング、寝室などいつでも持ち出しやすいところに置いて、いざという時にすぐに背負って逃げられるよう準備しておく必要があります。

防災リュックには、衣食住・情報に関する必要なアイテムを詰め込めますが、生活環境や家族構成によってその内容や必要量はさまざまです。

一般的に必要とされる防災グッズに自分の家庭環境に合わせたアイテムをプラスして、自分だけの防災リュックを1人1つ用意するようにしましょう。

防災リュックの選び方

サイズ・容量で選ぶ

By: amazon.co.jp

「大は小を兼ねる」という言葉があるように、できるだけたくさんのアイテムを詰め込める製品がおすすめ。容量20L程度の製品が一般的で、たくさん入るものほど使い勝手が良好です。

また、重さも重要なポイント。防災リュックの中に多くのアイテムを詰め込むためにも、防災リュック自体の重量はできるだけ軽い製品を選ぶ必要があります。男性の場合は15kg以内のものを、女性の場合は10kg以内のものを選ぶと移動しやすく、持ち運びの際の疲労を軽減します。

そのほかにも、前で留めるフロントストラップのついた製品や、クッションがついた製品が持ち運びしやすく、安定感もあるためおすすめです。

防災リュックは災害時に背負って逃げる必要があり、場合によっては長時間・長距離走る可能性もあります。実際に自分が背負って逃げる時のことを考慮してサイズや容量を選ぶようにしましょう。

防水仕様のものを選ぶ

By: amazon.co.jp

日本は地震大国のため、防災グッズというと地震対策が頭に思い浮かびます。ですが、東日本大震災時の津波や、西日本豪雨災害のように水が原因の災害も多く起こっているため水に対する注意も必要です。

そのため防災リュックを選ぶ時は、できるだけ防水仕様の製品を選ぶようにしましょう。防水仕様がついていない製品であれば、レインカバーをつけるなど雨水対策はきちんとしておくことが大切です。

また雨が降ったり、停電したりすると視界が悪くなるため、リュック本体に反射材や蓄光性能がついている製品もおすすめ。リュックの中身だけでなく、リュック自体の性能にも注意して選ぶようにしましょう。

防災グッズとセットになっていると便利

By: amazon.co.jp

防災リュックには、自分で自由に中身を詰め込めるタイプと、あらかじめ必要な防災用品がセットになったタイプの2種類があります。

防災グッズは1から全て揃えるのは大変な上に、何をどう揃えればいいのかも判断しづらいため、最初から必要なものがセットになっている製品を購入しておくと安心です。

ただし、セットになっている製品はあくまで一般的な防災グッズのみ。女性の場合はサニタリー用品やヘルスケア用品を、子連れであればオムツやミルクなど、必要なものをプラスして自分にあった防災リュックに仕上げましょう。

防災リュックのおすすめ

防災防犯ダイレクト 防災セット 地震対策30点避難セット

防災防犯ダイレクト 防災セット 地震対策30点避難セット

グッドデザイン賞を受賞した、おしゃれで機能性抜群の防災リュックです。実際に被災された方の意見を元に考案された製品で、防水・防炎機能も備わっています。

背負いやすい幅広の肩ベルトで、背負った時に肩が痛くなりにくい設計。ベルトとリュックの背面、取っ手の3ヶ所に反射材を搭載しており、停電など暗闇時の安全も守ってくれます。

非常食・非常グッズなどを含む30点が入っており、重さは女性や高齢者でも安心の5kg。上部に10cm程度の余裕があるため、生活スタイルに応じて必要なものを追加で収納できます。

女性デザイナーと日本のカバン職人が考えたデザインが人気の製品。シンプルでおしゃれなため、リビングや玄関、寝室など必要なところに違和感なく設置可能です。

Defend Future 非常用持ち出し防災リュック厳選38点

Defend Future 非常用持ち出し防災リュック厳選38点

シリーズ累計5万個を突破した人気製品。防災士が被災者の生の声から考えだした、災害後3日間を生き抜くための34種類39点が入った防災リュックのセットです。

重さ約4.2㎏で、被災した際に女性でも実際に背負って走れるサイズ。購入後に100ページを超える防災マニュアルが送られてくるため、防災に関する情報や防災グッズの使い方を事前にしっかり勉強できます。

日本の防災用品メーカーが製造した製品で、防水性能も抜群。生活スタイルに合わせて着替えや、子どもの荷物などを追加できる大容量も魅力です。

Relieved Life 防災グッズ2人用

Relieved Life 防災グッズ2人用

撥水加工が施された防災リュックで、2人分の防災グッズがセットになった製品です。全82アイテムは全て2つずつセット済みで、夫婦や家族それぞれが防災リュックを持つ必要がありません。

現役の消防士の協力によって作られたオリジナル冊子付で、実際に災害が起きた時の対応方法や、防災グッズの使い方をすぐに調べて実践できます。

撥水加工で雨などの水濡れにも対応できるほか、ショルダーと背面にダブルクッションを搭載することで疲れを軽減。チェストベルトによって、避難時も安定して背負える設計がポイントです。

避難所で必要な毛布や寝袋を収納できるスペースをリュック下に完備。リュックの中ではなく、外に収納できるため中の容量を減らしません。大容量30Lにもかかわらず、重さはたったの500gと軽量設計のため、女性でもらくらく背負える製品です。

MT-NET 1人用防災リュック

MT-NET 1人用防災リュック

阪神淡路大震災を実際に経験した、防災士監修による防災リュックです。女性向けの防災セットで、コンパクトミラー・カミソリ・クシ・マスク・ナプキン・水のいらないドライシャンプーなどヘルスケア用品充実しています。

災害時の防犯面にも注目した製品で、防犯ブザーや自由に明るさが調整できるランタンが付属。セット内容を全て詰め込んでもリュックに余裕があるため、必要なものを自由に買い足して自分だけの防災リュックを作れます。

容量は約20Lで重さは約380ℊと軽量なため、女性でも疲れず持ち運ぶことが可能。リュックのカラーも3種類あり、好みの色を選べるところも人気です。

HIH ハザードバック20 Regular

HIH ハザードバック20 Regular

福島県の被災企業が考案した防災リュック。軽量・コンパクトタイプのリュックで、長距離の移動でも負担になりにくいタイプです。

2Way防水バッグは、避難時の雨から守ってくれるほか、断水時や避難先では大容量の吸水バッグとしても使用できます。

直径19cm、高さ45cmと非常にコンパクトでスタイリッシュなデザインのため、リビングや玄関にも違和感なく設置可能。重さも約1.8kgと非常に軽いため、大人だけでなく子どもでも持ち運びできます。家族全員分の防災グッズを揃えたい方におすすめのアイテムです。

ピースアップ 2人用DX防災セット

ピースアップ 2人用DX防災セット

約40L入る大容量・大型タイプの防災リュックです。充実のポケット数と大きな収納ポケットを搭載しており、かさばる防災用品をたっぷり収納してくれます。

担ぎやすいクッション付きのショルダーと、安定感のあるショルダーベルトを採用。背面にもクッションが入っているため、長時間の移動でも疲れません。

メーカーオリジナルの防災マニュアルが付属しているため、災害時に必要な情報も細かく把握できます。家族2人分が1つのリュックにまとまっているため、移動時の負担を軽減できるのもポイントです。

アイリスオーヤマ 避難リュックセット

アイリスオーヤマ 避難リュックセット

防災マニュアルが付属した、避難する際に役立つおすすめの防災リュック。非常食や防寒用品などの基本アイテムが15個も入っているのにも関わらず、容量約11Lとコンパクトなサイズが特徴の製品です。

撥水加工を施したリュックで、サイドには500mlのペットボトルが入るサイドポケット付き。非常食や保存水、寝泊まりグッズや衛生用品など基本の防災アイテムが詰まっています。

必要なものをコンパクトにまとまっているため、後から避難グッズを追加することができない点には注意が必要。子ども用やお年寄り向けの製品を探している方や、サブの防災リュックとして使用したい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 防災バッグYBG-30R

山善(YAMAZEN) 防災バッグYBG-30R

必要最低限の防災グッズ30点を取り揃えながらも容量32L、重さ約2kgと女性や高齢者でも持ち運びしやすい軽量タイプの防災リュックです。

各家庭での備蓄が多い飲料・食料品・ラジオなどをあえて避けて、一時避難する際に約立つアイテムのみにしぼっているのがポイント。メインの防災リュック以外に、サブの防災リュックとしておすすめです。

防災リュックに必要な防水性能や反射材、止水ファスナーを採用しており悪天候時の持ち出しにも安心。停電や夜間の移動でも、身の安全を守ってくれます。