地震や大雨などの災害時に停電した場合、重宝するのが非常用ライト。メイン用とサブ用それぞれの非常用ライトを用意しておくと、災害時の備えとして安心です。高性能なモデルはラジオ機能やスマホ充電機能なども搭載しており、停電時の情報収集や連絡にも役立ちます。

そこで今回は、おすすめの非常用ライトと選ぶ際のポイントをご紹介。災害時の不安を少しでも減らすために、使い勝手のよい非常用ライトを入手してみてください。

非常用ライトの選び方

ライトの種類をチェック

オールマイティーに活躍する「懐中電灯」

By: amazon.co.jp

懐中電灯はもっとも一般的に普及している非常用ライト。汎用性に優れているのが魅力です。停電の際に室内の様子を確認したり、暗い道を照らしながら歩いたりと、さまざまなシーンで便利に活用できます。

広範囲を照らす用途には不向きですが、照らしたい場所をピンポイントで照らすことが可能。そのため、メイン用非常ライトでは補いきれない部分をカバーするサブ用非常ライトとしておすすめです。なお、懐中電灯は使用中に片手がふさがってしまうので、足場が悪い場所や災害時の避難に使う場合は注意しておきましょう。

ルームライトとしておすすめの「ランタン」

By: amazon.co.jp

キャンプなどのアウトドアで使われるランタンは、ルームライトにおすすめの非常用ライトです。全方位に光を放出するので、辺りをまんべんなく照らすことが可能。出力が大きいモデルなら、部屋全体をしっかりと照らせます。

ランタンは台に直置きするタイプとフックで吊り下げて設置するタイプが存在し、両方に対応しているモデルなら幅広い場所に設置可能。デメリットとしては、懐中電灯やヘッドライトと比較して指向性が低く、ピンポイントで照らす用途には不向きな点が挙げられます。

両手が開くので作業しやすい「ヘッドライト」

By: rakuten.co.jp

ヘッドライトは両手があくので、作業用や避難用の非常用ライトとしておすすめ。ライトの照らす方向と顔の方向が自然と一致するため、暗い環境でも見たい場所をピンポイントでスムーズに照らせます。

より使い勝手のよいヘッドライトを選ぶには、固定用バンドの性能も重要なポイント。頭への固定力が高く、バンドの長さを調節できるモデルなら、作業や移動の際もずれることなく快適に使用できます。

なお、ヘッドライトは照らせるのが一方向のみで、使用者の動きによって照らす方向が変わりやすいので、複数人分の光源をまかなう用途には不向きです。懐中電灯同様に、サブ用の非常用ライトとして検討してみてください。

ライトの性能をチェック

明るさ

By: amazon.co.jp

非常用ライトの明るさを考慮するには、製品ごとに表示されている「ルーメン(lm)」をチェックしましょう。lmは光束の量を表す単位であり、数値が大きいほど明るくなります。

明るい非常用ライトを探している場合は、メイン用として使うランタンなら700〜1000lm、サブ用の懐中電灯やヘッドライトなら100〜200lmを目安にしてみてください。また、体感的な明るさは光の角度や照射距離によっても異なります。用途を想定しながらチェックするのがおすすめです。

点灯時間

By: amazon.co.jp

非常用ライトは製品によって点灯時間がさまざまです。用途に対して点灯時間が短いと、いざ使いたいときに電池切れを起こして不便に感じる場合もあります。そのため、用途と照らし合わせながら点灯時間の長いモデルをチェックするのがおすすめです。

最近では、LEDライトを採用した点灯時間の長いモデルも豊富にラインナップされており、なかには48時間以上連続で稼働するモデルも存在します。非常時はすぐに電池の交換や充電を行えない場合もあるので、購入するときは点灯時間の長さも確認しておきましょう。

電源タイプをチェック

電池タイプ

電源に電池を使用する非常用ライトは、光が強く、しっかりと周囲を照らせるのが魅力。非常用に十分な個数の乾電池を用意しておけば、停電時や屋外でも問題なく電源を確保できます。

また、電池切れの際は充電タイプのように充電を待つことなく、電池を交換してすぐに使えるのもメリット。一方で、非常用ライトを持ち運ぶときに併せて乾電池も持ち運ぶ必要があるため、荷物がやや多くなってしまう点には留意しておきましょう。

充電タイプ

By: amazon.co.jp

充電タイプの非常用ライトは、家庭用のコンセントや車のシガーソケットから充電を行います。乾電池をわざわざ用意する必要がなく、手軽に給電できるのが魅力。しかし、充電タイプは再充電の際に電力を必要とするので、非常時においては基本的にサブ用として検討するのがおすすめです。

そのほか、太陽光で充電できるソーラータイプや、ハンドルを手で回すことで充電できる手回しタイプも存在します。停電時でも充電できるのが魅力ですが、ライトの出力が弱い傾向にあるため、補助的な非常用ライトとしてチェックしてみてください。

便利機能をチェック

ラジオ機能

By: amazon.co.jp

災害で電気が長く止まると、テレビやネットが使えず災害の情報を得られない場合があります。その際に情報収集の手段として役に立つのがラジオ。災害の被害状況や電気・ガス・水道といったライフラインなどについて情報を得られるのが魅力です。

ラジオ機能が付いた非常用ライトは、ラジオを別途用意するより荷物が少なく済み、手軽に持ち運べるのがメリット。災害時でも安定して使える情報収集の手段があると安心できるので、ぜひ検討してみてください。

スマホ充電機能

By: amazon.co.jp

スマホ充電機能を搭載している非常用ライトなら、災害時でもスマホを手軽に充電できるので便利です。とくに、電池タイプのモデルは停電時でもスマホの充電を行えるのが魅力。非常時に使い慣れたスマホで情報収集を行えると安心です。

また、長期に渡る停電の際にスマホの充電切れが起こると、職場や家族、友人と連絡が取れず困る場合もあります。普段スマホを使う機会が多い人ほどチェックしておきたい機能です。

サイレン機能

非常用ライトのなかには、サイレンやブザーを鳴らせるモデルも存在し、非常時のさまざまなシーンで活用できるのでおすすめです。たとえば、洪水や土砂災害、地震などで避難できず取り残されてしまったとき、居場所を知らせるために長時間声を出し続けると体力を消耗してしまいます。

サイレン機能を利用すると、体力を温存しながら救助者に居場所を伝えることが可能。また、身の危険を感じたときの防犯ブザーとしても使えて便利です。

防水・防塵機能

By: amazon.co.jp

防水・防塵機能を搭載した非常用ライトなら、水や土埃でも壊れないので安心して携行でき便利です。急な浸水や大雨にあっても問題なく持ち運べるうえ、保管場所を気にせず気楽に扱えます。

とくに、海や川など水辺の近くに住んでいる方は防水モデルがおすすめ。川の氾濫や津波などで浸水した場合、その後の片付けなどで非常用ライトを使うと水に濡れる恐れがあります。タフな非常用ライトを探している方は、防水・防塵モデルをチェックしてみてください。

非常用ライトのおすすめモデル|懐中電灯タイプ

ムサシ(musashi) RITEX 懐中電灯付 LEDセンサーライト ASL-030

ムサシ(musashi) RITEX 懐中電灯付 LEDセンサーライト ASL-030

1台2役の人気非常用ライト。懐中電灯として使えるほか、付属のホルダーを併用してセンサーライトとしても使えるのが特徴です。人感センサーを内蔵しており、人が近づくと自動で点灯。約20秒後に自動消灯します。普段は夜間の廊下や階段などで、足元を照らすライトとして活用できるのが魅力です。

また、LEDライトを採用しており、点灯時間が長いのもメリット。単3形乾電池3本を使い、懐中電灯モードでは約35時間、センサーモードでは約300日の連続駆動が可能です。普段から使える非常用ライトを探している方はチェックしてみてください。

ジェントス(GENTOS) MG(MAGNUM)シリーズ MG-832D

ジェントス(GENTOS) MG(MAGNUM)シリーズ MG-832D

コスパに優れた懐中電灯タイプの非常用ライトです。明るさは40・120・260lmの3段階に調節でき、状況に応じて適切な明るさに切り替えられます。電源は単3形乾電池2本を使用する電池タイプ。点灯時間は出力によりますが、最大で約24時間使用できます。

IP66に準拠する防水・防塵機能を備えているのもポイント。屋外の悪天候下でも問題なく使えます。また、独自の「スライドフォーカスコントロール」を搭載しているのも魅力。ヘッド部分を前後にスライドさせることで、照射範囲を片手で簡単に調節できます。

照射距離は最長136mと長く、遠くまで照らし出せるのもメリット。ヘッド付近には転がり防止のアンチローテートデザインが採用されており、机に置いても転がらず安心して使えます。高性能な懐中電灯としておすすめの製品です。

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ(White Box ver.) FLP-1809

ジェントス(GENTOS) 閃シリーズ(White Box ver.) FLP-1809

充電式のパワフルな非常用ライトです。microUSBケーブルで給電でき、約3.5時間でフル充電が完了します。明るさは100・250・480lmの3段階に調節可能で、点灯時間は明るさに応じて約4〜11時間。出力が大きな充電式の懐中電灯を探している方におすすめです。

電池残量が少なくなると、バッテリーインジケーターが赤色に点滅して知らせてくれるのもメリット。急な充電切れを心配せずに安心して使えます。また、照射距離は最長201mで、遠くの暗闇も簡単に照らせるので便利です。

さらに、照射範囲を無段階で調節できる「ツイストフォーカスコントロール」も搭載。ヘッド部分を回すことで、照射範囲を広げたり狭めたりと自在に調節できます。ハイスペックな充電式の非常用ライトとしておすすめです。

LUMINTOP TOOL AAA

LUMINTOP TOOL AAA

携行性に優れた小型懐中電灯タイプの非常用ライトです。本体サイズが約15×82mmと小さく、重量も約15gと軽いため、鍵や鞄に取り付けて気軽に持ち歩けるのが魅力。明るさは5・32・110lmの3段階に調節でき、状況に応じて便利に使い分けられます。

電源には単4形の乾電池式を採用。最長36時間の点灯が可能です。照射距離は最長47mで、近くを照らすには十分な性能を備えています。また、素材には高強度アルミ合金を採用。IPX8相当の高い防水機能と、高さ約1.5mから落下しても壊れない耐久性を備えています。

さらに、表面には軍用グレード硬質酸化耐摩処理を施しており、長期間使っても磨損やサビによる劣化が少ない仕様です。持ち歩きやすいコンパクトな非常用ライトとしてチェックしてみてください。

Defend Future ダイナモラジオライト

Defend Future ダイナモラジオライト

災害対策におすすめの非常用ライトです。LEDライトを搭載した懐中電灯タイプの製品で、多様な電源タイプに対応しているのが魅力。単3形乾電池のほかUSB充電や手回し充電も可能なため、非常時に電源を確保しやすく安心して使えます。

FM・AM両方を受信できるラジオ機能も搭載。テレビやネットが使えない状況でも手軽に情報収集を行えます。また、スマホ充電機能を搭載しており、国内のiPhoneやAndroidといった多くのスマホに給電でき便利です。

サイレン機能を内蔵しているのもメリット。大音量のサイレンが鳴るだけでなく、緊急ライトが赤色点滅するので、自身の居場所を知らせるのに役立ちます。多彩な機能を備えるおすすめの非常用ライトです。

ソニー(SONY) FM/AMポータブルラジオ ICF-B99

ソニー(SONY) FM/AMポータブルラジオ ICF-B99

ソニーによる高性能な非常用ライトです。懐中電灯としてだけでなく、FM・AMラジオとしても使えます。ワイドFMに対応しており、AM放送が入りにくい場所でもクリアな音声で楽しむことが可能です。

複数の電源タイプを使用できるのもポイント。単3形乾電池のほか、USB充電やソーラー充電、手回し充電に対応しています。電池切れの際もさまざまな手段で電力を確保できるので、安定して使える非常用ライトとしておすすめです。

乾電池では、LEDライトを約50時間も使用可能。丸2日以上使用できるため安心です。また、手回し充電はハンドルが回しやすくデザインされており、ラクに発電できるのもメリット。約1分の発電でライトを約15分、ラジオを約75分稼働でき便利です。

さらに、スマホ充電機能やIPX4相当の防水機能も搭載。1台あると重宝するハイスペックな非常用ライトです。

非常用ライトのおすすめモデル|ランタンタイプ

パナソニック(Panasonic) 乾電池エボルタ付き LEDランタン BF-AL01K

パナソニック(Panasonic) 乾電池エボルタ付き LEDランタン BF-AL01K

カラーバリエーションが豊富なランタンタイプの非常用ライトです。本体サイズは約46×95mmで、重量は約140g。ポップなカラーリングとコンパクトなサイズで手軽に使えるランタンとしておすすめです。

電源は電池タイプで、同社の単3形乾電池が3本付属しています。点灯時間は約70時間と長く、3日近く連続稼働できるのが魅力です。

また、ダブルシェード方式を採用しているため、広範囲に照射できるのもポイント。直置きはもちろん、付属の紐で吊り下げて設置することも可能です。リーズナブルな人気製品として検討してみてください。

ジェントス(GENTOS) Explorerシリーズ EX-036D

ジェントス(GENTOS) Explorerシリーズ EX-036D

多機能で使い勝手のよい、ランタンタイプの非常用ライト。明るさは弱〜強まで無段階に調節でき、最大450lmの出力が可能です。電源には入手しやすい単3形の乾電池式を採用。最大出力時で約18時間、最小出力時で約255時間点灯できます。

電池残量の把握に役立つインジケーターも搭載。蓄電池のエネループにも対応しているため、充電式のように使うことも可能です。

また、ライトの色を白色・昼白色・暖色の3種類に変更できるのもポイント。光量がランダムに変化するキャンドルモードも搭載しており、リラックスしやすい雰囲気を演出できます。

設置方法は直置きと吊り下げの両方に対応しているうえ、底面のフックを利用して逆さに吊るすことも可能。トップカバーを外せば、影を作らずに照らせるので便利です。さらに、IPX4に準拠する防水機能も搭載。さまざまなシーンで使いやすい、おすすめの非常用ライトです。

ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2000

ロゴス(LOGOS) パワーストックランタン2000

1200lmのパワフルな明るさを備える非常用ライトです。暗い室内も全体を明るく照らし出せるので、メイン用のランタンとして最適。ライトの色は白色・中間色・暖色の3種類から設定可能。それぞれ明るさを10段階に調節できます。

電源は充電タイプで、20800mAhの大容量バッテリーを搭載。最長約140時間の連続点灯を行えるため、災害時でも安心して使えます。充電は家庭用コンセントとシガーソケットに対応しており、電源を確保しやすいのも魅力です。

また、スマホ充電機能を搭載しているのもメリット。背面に2つのUSBポートを備えており、iPhoneやiPadを2台同時に充電できます。さらに、IP65相当の防水・防塵機能を搭載。屋外でも問題なく使用できるので便利です。

設置方法が直置きと吊り下げの両方に対応しているのもポイント。出力が大きくタフなランタンとしておすすめの製品です。

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン 2000031270

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン 2000031270

懐中電灯としても使える利便性に優れた人気のランタンです。4枚の発光パネルを取り外すと、手持ちの懐中電灯として手軽に持ち歩けるのが特徴。本体の明るさは通常で約100・200・800lmの3段階に調節できます。

点灯時間は最大出力で約20時間、最小出力で約400時間。長時間の連続稼働が可能なため、パワフルな非常用ライトとしておすすめです。また、4枚の発光パネルを外した状態でも、約60・140・500lmの3段階に明るさを調節できます。

発行パネル単体では、約25・100lmの2段階の出力が可能。約100lmのスポット出力にも対応しており、ピンポイントで照らせるので便利です。本体の電源は電池タイプで、単1形の乾電池式を採用しています。

さらに、スマホ充電機能を搭載しているのもメリット。1台でメインとサブの非常用ライトをまかなえるおすすめのモデルです。

非常用ライトのおすすめモデル|ヘッドライトタイプ

ジェントス(GENTOS) 小型ヘッドライト CP-095D

ジェントス(GENTOS) 小型ヘッドライト CP-095D

リーズナブルで人気の高いヘッドライトです。通常の白色LEDライトに加え、サブ用の赤色LEDライトを搭載しているのが特徴。手元を照らすときなど、メインのライトでは明るすぎる用途に便利です。

明るさは95lmで、電源には単3形の乾電池式を採用。メインのライトは約7.5〜20時間、赤色LEDライトでは約65時間の連続点灯が可能です。照射距離は約55m。広範囲へ照射できるリフレクタータイプのライトを搭載しています。

IP64に準拠する防水・防塵性能を備えているのもメリット。バンド部分の長さ調節にも対応しています。スリムなヘッドライトとしておすすめの非常用ライトです。

Tomo Light LEDヘッドライト CMA-1001LT

Tomo Light LEDヘッドライト CMA-1001LT

最高3734lmの出力が可能な、ハイパワータイプのヘッドライトです。2つのノーマルなライトに加えて、3つの特殊ライトを搭載しているのが特徴。それぞれのライトを点灯させることで、計5つの点灯パターンに対応しています。

また、ストロボフラッシュモードも搭載しており、自分の位置を知らせたいときに便利。照射距離が最長約500mと長く、遠くまではっきりと照らせるのも魅力です。電源は充電タイプを採用。USBケーブルで給電できます。

さらに、2方向のバンドで頭にしっかりと固定できるのもポイント。バンドは長さ調節が可能で、幅広いサイズの頭に対応しています。ライトの角度は上下90°に調節でき、用途に応じてスムーズに対象物を照射できるのもメリットです。

なお、点灯時間は約2.5〜5.5時間とやや短めなので注意しておきましょう。パワフルなヘッドライトタイプの非常用ライトとして検討してみてください。

エヌフォース(N-FORCE) SQ-04R

エヌフォース(N-FORCE) SQ-04R

ハイスペックなヘッドライトとして人気の高い製品です。米国CREE社製のLEDチップを採用しており、最高1000lmの出力が可能。明るさはHIGH・LOWの2段階に調節できるほか、淡い光が一定のリズムで点滅するSOSモードも搭載しています。

独自のムーンレンズにより、広範囲を照らせるのもメリット。照射範囲を無段階に調節できる「ズーム&ワイド」機能で、広範囲への照射と遠くへの照射どちらにも対応でき便利です。

電源には単3形の乾電池式を採用しており、点灯時間は約19時間。また、センサーに手をかざすだけでライトのオン・オフを操作できる「センシングモード」にも対応しています。手が汚れていても簡単に操作できるので、屋外での作業にも最適です。

IPX6の防水機能やバンドの長さ調節機能も搭載。暗闇でのスムーズな作業や歩行をサポートする、おすすめの非常用ライトです。