地震や台風などの災害は他人事ではなく、誰にでも起こり得ます。被災時の安全を確保するためにも、備えは万全にしておきたいものです。しかし、いざ「防災グッズ」を揃えるとなると、何が必要なのか今ひとつわからない方も多いのではないでしょうか。

そこで今回はおすすめの防災グッズをご紹介。各種アイテムが揃った防災セットはもちろん、非常用トイレセットや防災用ラジオ、非常食、ヘルメットなどもピックアップしているので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

最低限用意しておきたい防災グッズは?

食料

By: amazon.co.jp

まず必要なのは食料。飲料水はとりあえず1人あたり1.5Lを目安に確保しておきましょう。なお、飲料目的以外を考慮すると一人1日3Lが目安です。非常食は乾パンなどの日持ちする食品も必要ですが、非常時には食べ慣れていないモノはストレスとなることもあるので、好きなお菓子など食べ慣れたモノも一緒に入れておくのがおすすめです。

コップや皿など、必要最低限の食器に加え、ラップもあると重宝します。お皿にラップを敷いて使えば、毎回洗わなくて済むので便利。また、ラップは救急用品としても、防寒具としても使えるので1本入れておきましょう。

情報を入手するアイテム

By: amazon.co.jp

非常時には情報の入手が重要になるため、小さなラジオを入れておくのも大切。手回し発電式なら、電池切れの心配をしなくてよいのでおすすめです。

医療品や衛生用品

By: amazon.co.jp

災害が発生すると物資が不足し、医薬品や衛生用品などの入手が困難になります。地震や台風のような大規模災害では、建物の落下物や倒壊、ガラスの破片などでケガをするリスクが高いため、消毒液や止血パッドなどの入った救急セットをひとつ用意しておくと安心です。

また、災害時には飲料水以外の水が十分に確保できないため、トイレやお風呂、歯磨きのような普段当たり前にできることも困難になります。身体を拭くウェットシートや液体歯みがき、簡易トイレなど、水を使わず手軽に使える衛生用品を備えておくことも大切です。

女性の場合は生理用ナプキンやおりものシートなどの生理用品も手に入りにくくなるので、外へ避難することも考えると最低でも1周期分は用意しておきましょう。

あると便利な小物

靴や軍手を入れておくと飛散したガラスなどでのケガを防げるほか、避難もスムーズにできます。また、非常時には粉塵が舞うことが多かったり、避難所で病気が流行ったりするのでマスクは必需品。複数用意しておくと安心です。

そのほか、油性マジックやシャープペンなどの筆記用具、身分証明書のコピー、現金なども持っておきましょう。現金は紙幣のみでなく、硬貨も用意しておくのをおすすめします。

防災グッズの選び方

家族の人数に応じて選ぶ

By: amazon.co.jp

自分で防災アイテムを吟味するのが不安かつ面倒な方は、セットになった防災グッズがおすすめ。防災のプロによって考え抜かれたアイテムが、リュックやキャリーケースにコンパクトにまとめられているので、無駄なくスマートに対策できます。

家族のいる方が防災グッズセットを購入する際は、ひとりずつ用意するのもよいですが、リュックの数が多くてかさばってしまったり、ラジオなどひとつあれば十分なモノが重複してしまったりと、無駄が生じる可能性もあります。

防災グッズセットのなかには、2~3人分がひとつになったセットもあるので、必要な荷物だけを持ち運べて便利。また、大きなリュックを持てない子供用に、コンパクトにまとまった防災グッズセットを用意するのもおすすめです。

保存期間で選ぶ

By: amazon.co.jp

防災グッズに必ず入れておく必要があるのが食料。しかし、食料には消費期限があるので、こまめにチェックして定期的に入れ替えましょう。また、製造日の古いモノは普段の生活で使い、その分新しく買い足して、常に一定量の備えがある状態にする「ローリングストック」を行うのも重要です。

また、長期保存できる食料をセレクトするのもポイント。防災用に作られた食料は、モノによっても異なりますが、5~10年という長期間の保存が可能。いざというときにも安心です。

自分に必要なモノを判断して選ぶ

市販の防災グッズセットを購入すれば、食料や簡易トイレなど、すべての人が必要とするモノが揃っています。ただし、人によってはそれだけでは足りないこともあるので注意が必要です。

たとえば、身分証明書や通帳のコピーといった個人情報の類。持病の薬や、年配の方なら杖や入れ歯、補聴器など。コンタクトレンズは消毒液の準備ができなくなる可能性もあるため、予備のメガネを準備しておくと安心です。

パーソナルなアイテムは、たとえ市販の防災グッズセットを購入したとしても自分で用意しなくてはなりません。普段の生活を改めて振り返りながら、いざというときに必要なモノを確認しておきましょう。

防災グッズのおすすめメーカー

ラピタ(LA-PITA)

By: amazon.co.jp

「ラピタ」は“防災グッズをもっと身近なものにしたい”という信念のもと、災害時に役立つグッズを多数ラインナップしているメーカー。

同社の防災グッズは実用的なだけでなく、部屋に置いても恥ずかしくないスタイリッシュなデザインが特徴です。防災グッズに抵抗のある方でも無理なく取り入れられるため、多くの方から支持されています。

クリロン化成

By: amazon.co.jp

「共押出し」という独自の技術を用いて作られる多層フィルムの製造・販売を行う「クリロン化成」。なかでも、「防臭袋BOS」は、排泄物の臭いをシャットアウトできる便利なアイテム。使用済みのオムツを入れておいても臭いが漏れないので、非常に人気です。

防災グッズとしては、防臭袋に凝固剤と汚物袋がセットになった非常用トイレセットを取り扱っています。災害時のトイレは、すぐに処理ができず不衛生になりがちですが、非常用トイレセットがあれば衛生面にも配慮できるのが特徴。

なお、体調を悪化させる不衛生の要素はトイレだけでなく、生活ゴミなども原因となります。災害時の衛生環境の保全と被災時の生活をある程度カバーできる防臭袋や、非常用トイレセットは用意しておきましょう。

防災グッズのおすすめ

ラピタ(LA-PITA) ラピタプレミアム 000761

ラピタ(LA-PITA) ラピタプレミアム 000761

インテリアに溶け込むスタイリッシュな防災セットです。シンプルなデザインの防災リュックを採用することで、置き場所を選ばず置いておけます。テントに用いられる素材「ターポリン生地」や、水の侵入を防ぐ「止水ファスナー」、暗闇でも光る「畜光材」など、防災時に役立つハイテク機能を搭載しているのも大きなポイントです。

ほかにも、さまざまな使い方ができる「多機能ダイナモラジオライト」、周囲を明るく照らす「ダイヤルランタン」、固い床の上でも快適な寝心地の「AIR GOLON Fプラス」などがセットになっているので、これ1つあれば災害時でも快適に過ごすことが可能。

食料は、7年間保存できる「保存水」、水・お湯を注ぐだけで調理できる「アルファ米」が入っており、火を使わずに加熱できる「モーリアンヒートパック」を使えば、どんな場所にいてもあたたかい食事が手軽に味わえます。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 避難リュックセット 2人用 PHRS-36

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 避難リュックセット 2人用 PHRS-36

長期の避難生活にも対応できる2人用の防災セット。床の感触が伝わりにくい「厚さ22cmのエアベッド」をはじめ、保温性の高い「保温アルミシート」や、首を入れて固定できる「エア枕」などが入っており、避難先でも質のよい快適な睡眠がとれます。

リュックとしてだけでなく、キャリーバックとして使ったり、メインリュックとサブリュックに分離して使ったり、状況に合わせてかたちを変えられる「3WAYリュック」を採用しているのも大きなポイントです。回すだけで充電できる「LEDハンディライト」を使えば、情報を得るためのラジオやスマホの充電器としても使用可能。

ほかにも、ライスクッキーや保存水などの手軽に飲食できる食料品、ウォータータンクやレインコートなどの生活用品、携帯歯ブラシや携帯トイレなどの衛生用品がすべてセットになっているので、これひとつあれば良好な避難生活が送れます。

ディフェンド・フューチャー(Defend Future) 防災セット 1人用 Relief DD-EK01RLF

ディフェンド・フューチャー(Defend Future) 防災セット 1人用 Relief DD-EK01RLF

被災者の声をもとに防災士が監修した1人用の防災セットです。固い床の上でも快適な寝心地の「エアーマット(厚さ50mm)」、手軽に下着の洗濯ができる「洗たくパック」、スマホの充電ができる「ダイナモラジオナイト」を含む39種類44点のアイテムがセットになっており、これひとつあれば災害後3日間は良好に過ごすことが可能です。

お湯・水を注ぐだけで調理ができる「アルファ米」や、あたためずに食べられる「ヒートレスカレー」、サッと食べれて栄養補給もできる「本練ようかん(スティックタイプ)」など、食料品の種類が充実しているのもポイント。少しの水で食品をあたためられる「モーリアンヒートパック」が入っているので、火や電気がなくてもあたたかい食事が手軽に食べられます。

暗い場所でも目に付く「蓄光材・反射版」、水をしっかりと弾く「撥水加工」、ペットボトルが収納できる「サイドポケット」を採用した実用性に優れた防災リュックも魅力です。

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まるII CB-KZ-2

イワタニ(Iwatani) カセットフー 風まるII CB-KZ-2

場所を気にせずどこでも使えるカセットコンロ。風は通さず燃焼に必要な空気を取り入れる「ダブル風防ユニット」を搭載することで、風のある屋外でも安定した火力で調理ができます。3.5KWの強火力に加えて、耐荷重は15kgと耐久性にも優れているため、たくさんの食材を1度にまとめて調理することも可能。

災害時すぐに持ち運びができる「専用キャリングケース」が付いているのも大きなポイントです。別売りの「専用アクセサリーシリーズ」と組み合わせれば、焼肉やグリル、網焼き、お好み焼きなど、さまざまな料理を手軽に楽しむことも可能。災害時はもちろん普段使いもできるマルチな1台です。

Autsmal 手回し式充電器 防災ラジオ

Autsmal 手回し式充電器

さまざまな使い方ができる手回し式充電器です。情報収集に欠かせない「AM/FMラジオ」や、大音量のサイレンが鳴る「非常用サイレン」、スマホやタブレットの充電ができる「充電機能」など、便利な機能を多数搭載。これひとつ備えておけば災害時に重宝すること間違いなしです。

ハンドルを回して発電する「手回し充電」に加えて、太陽の光で充電できる「ソーラーパネル」、単4乾電池3本で駆動する「乾電池駆動」など、さまざまな電源に対応しているのもポイント。本体には容量2000mAhの「リチウム電池」を内蔵しているので、あらかじめ充電しておけば緊急時にモバイルバッテリーとしても使えます。

これだけ高性能な手回し式充電器でありながら、気軽に購入できるリーズナブルな価格を実現しているのも魅力です。

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

コールマン(Coleman) クアッドマルチパネルランタン

1台3役の多機能LEDランタンです。24個のLEDを搭載することで約800ルーメンの明るさを実現。これ1台あれば屋内外問わず広範囲を明るく照らせます。本体には4つに分割する「発光パネル」が付いており、それぞれ取り外して単体で使用することが可能。最大4つのスポットライトとしても使えるので、これ1台あれば災害時に複数の光源を確保できます。

バッテリーをフル充電すれば最大約20時間使えて、万が一充電が切れても乾電池を入れることでそのまま使い続けることが可能。スマートフォンやラジオの充電が可能な「USBポート」が付いているので、緊急時の充電用電源としても使えます。

アイパー(Aiper) ソーラーチャージャー

アイパー(Aiper) ソーラーチャージャー

コンパクトで扱いやすいソーラーチャージャーです。高変換効率の「単結晶ソーラーパネル」を4枚採用することで、最大60Wのパワフルな発電量を実現。電源の確保が難しい災害時でも、スマートフォンやラジオなどさまざまなデバイスを気軽に充電できます。USB機器の入力電流を自動検知する「Smart-ICテクノロジー」により、高速かつ安全に充電できるのも大きなポイントです。

高性能なソーラーチャージャーでありながら、折り畳み時には約35×37cmの持ち運びしやすいサイズを実現。災害時はもちろん、キャンプやバーベキューなどの屋外レジャーでも大活躍する1台です。

防災防犯ダイレクト 防災セット 地震対策30点避難セット

非常持出袋で初めてグッドデザイン賞を獲得した防災グッズのセットです。洗練されたデザインで、玄関先に置いても違和感なく備えられます。デッドスペースのできにくいスクエアフォルムで、靴箱やロッカーなどにコンパクトに収納できるのも特徴。

リュックは防炎・防水・防汚性能のある素材でできているため、非常時でも安全・確実に持ち運べます。停電になったときにも探し当てやすい蓄光材付きで安心。本体と肩ベルトには反射材が付いているので、夜間でも安全に避難ができます。

リュックの中身は、5年保存できる水や食料、スマホの充電やラジオも搭載されている多機能ライト、ブランケットやカイロ、水のいらないシャンプーなど、必要なモノがひと通り揃っているのもポイント。リュックには上部に10cmほどの隙間があるので、自分に必要なモノを追加するのも可能です。

HIH 非常用持ち出し袋36点セット

バラエティに富んだ防災グッズセット。食料は、1.5L分の保存水と乾パンに加え、カロリーをスピーディに摂取できる「えいようかん」も入っています。非常時の緊迫した状況のなかで、リラックスできる甘いモノは大切です。

手回し発電式のラジオライトとは別に、乾電池式のスマホ充電器が付いているのもポイント。手回し発電でスマホを充電するのはなかなか骨が折れるので、乾電池式があると安心。非常時にスマホの充電の心配をしなくてよいのがメリットです。

そのほか、災害時でも快適に過ごせる、冷熱遮断エアーマットが入っているのも魅力。ストローで膨らませる30個のバルーンでできたふわふわのマットで、空気の層が地面からの冷気や暑気をシャットアウトします。大人の男性もゆったりと横になれるサイズなので、避難所などで休む際も床の硬さや冷たさをカバーしたい方におすすめです。

山善(YAMAZEN) 非常用持ち出し袋 簡易避難セット

本製品は生き残るための「一次避難」に特化したセットです。コンパクトで、2kgと軽量なので力の弱い方でもラクラク持ち運びが可能。避難時も身体への負担が少なく、スピーディに行動できます。

セット内容は、軍手やライト、樹脂製サンダルなど緊急避難時にまず必要となるモノや、マスクや簡易トイレなどの衛生用品を中心としたラインナップです。食料と水をあえて入れていないのは、近年防災意識が高まっており、食料や水はすでに備蓄している家庭が多いため、重複しないようにとの理由から。すでに食料を備蓄している方にぴったりの防災グッズセットです。

価格も防災グッズセットのなかではリーズナブルなので、1人にひとつずつ揃えても負担になりません。各アイテムはいざというときに使えるよう、事前に試しておきましょう。

ジャパンミネラル カムイワッカ麗水

10年もの保存が可能な長期保存水。北海道山麓の湧き水を加熱殺菌した後、さらに紫外線殺菌を施してあります。ペットボトルの口ぎりぎりまで充填した上、キャップ周りをラッピングすることで長期保存を可能にしました。

近年は防災意識が高まっているため、水を備蓄している家庭も多くなっています。しかし、市販のペットボトル水の賞味期限は1年ほど。1年ごとにストックを入れ替えるのは意外と面倒ですが、本製品は10年交換しなくてもいいので安心です。

なお、昭和59年に厚生省(当時)が設立したおいしい水研究会による「おいしい水の定義」の条件をすべて満たしているのもポイント。クセのない味でどなたでもおいしく飲めます。ぜひ備えておきましょう。

東京都葛飾福祉工場 食品衛生法適合 非常用給水袋 4L

災害が発生した際に起こりうるのが断水。その際には飲料水はもちろん、トイレなどの生活用水まで、生活するにはたくさんの水が別途必要になります。そんなときに活躍するのが給水袋。畳めばコンパクトになるので、リュックの中にも簡単に入れておけます。

厚手でしっかりとしており、接着部分も広めで頑丈。開口部が大きく開くため水が入れやすく、自立するので使い勝手も良好です。何より、タンク型のモノは内部の乾燥が難しく衛生的に心配ですが、本製品は内部を乾かしやすく、掃除も簡単でいつも清潔に保てるためおすすめです。

食品衛生法に適合した衛生的な多層フィルムで作られており、飲料水を入れるのも安心。上部にある注ぎ口から、必要な量だけ注水できるのでスムーズに使えます。内容量は4Lと重すぎず、どなたでも無理なく持ち運べるサイズ。水だけでなく、保存袋にするなど工夫次第でさまざまな使い方のできる防災グッズです。

旬の食卓便 調理不要!美味しい防災食セット 18食入り

災害時でもおいしい食事を口にしたい方におすすめのアイテム。本製品は、UAA(ウルトラアンチエイジング)食品製法で作られており、作りたてのおいしさをキープ。4層のパウチ袋と、コンピュータ制御による管理により、5年もの保存が可能となりました。

非常食にありがちな、カロリーバーや乾パンのような乾燥した食品は食べにくく、食が進まないことも。それに対し、ハンバーグや肉じゃが、サバ味噌煮といった家庭の味が堪能できます。おかゆやラーメンなどもあり、高齢の方や子供も食べやすいラインナップです。

非常時でもこのような食べ慣れた味のモノを口にすることで、気分が落ち着くこともあります。加熱処理済みで調理不要のため、どんな状況でも食べられるのが最大のメリット。1セットあれば2~3人で3日分ほどの量があるため、家族がいる方にもおすすめです。

全方位型プリズム反射レインウエア 2562404

全方位型プリズム反射レインウエア 2562404

雨風や寒さ対策にもなるレインウェアも大切な防災グッズ。本製品は、脚部分や袖部分などに汚れに強い反射テープが付いており、夜道対策にもなります。また、上下の裾に調整ドローコードが付いているところや、取り外し可能なフード、ポケットに蓋が付いている点も魅力です。

さらに、専用収納バックも付属するので、収納や持ち運びにも便利。カラーはオレンジ・ネイビー・イエローの3色展開。色も選べるおすすめの防災グッズです。

フード付きアルミポンチョ トイレポンチョ用にも!カッパBO

フード付きアルミポンチョ トイレポンチョ用にも!カッパBO

非常時や災害時に役立つ防寒用のポンチョです。レインコートとしてだけでなく、トイレポンチョ用としても使えるのがポイント。使用時の長さは肩から袖までで、100×120cm程度で、包装サイズは約12×11×3.5cmです。

素材や材質は遮光・遮湿などの効果が期待できるアルミ蒸着PETを採用。畳めばポケットにも入れられる、携行性にも優れた防災グッズです。

エピオス(Epios) 静音サバイバルアルミブランケット

寒い時期に災害が起こった際におすすめのアイテム。薄くて軽く、かさばらない上にあたたかいので、非常時の使用に適しています。

従来のアルミブランケットはカサカサ音がするため、集団で生活しなければならない避難所などでは周囲が気になるところ。その点、本製品は使用時のカサカサ音を軽減してあるので、音を気にせずに使用することが可能です。

折りたためば手のひらサイズにまとまるのもポイント。広げれば130×210cmと、大人の男性でも足を伸ばしてゆったりとくるまれる大判サイズです。保温力に優れているため、寒い時期でもあたたかく過ごせます。

クリロン化成 BOS 非常用トイレセット

非常時は、水道が止まってしまい家庭の水洗トイレが使用できないことも考えられます。そんなときに気になるのは排泄物の臭い。臭いが漏れると不快であるほか、虫が寄ってくるなど衛生的にも心配です。

本製品は、凝固剤・汚物袋・防臭袋がセットになったアイテム。家庭のトイレにそのままかぶせて使用できる簡単設計です。用を足した後は、袋を縛っておけば臭いだけでなく菌もシャットアウトできるので衛生的。

非常時は、今までの日常とすべてが異なってしまいます。そんなときに、避難所などの公衆トイレでなく、自宅で安心してトイレを使えるだけでも、精神的に落ち着くもの。災害時に少しでもリラックスできる時間を確保するためにも、非常用トイレセットは用意しておきましょう。

防災グッズ 音がよく響くアルミホイッスル

防災グッズ 音がよく響くアルミホイッスル

自分の居場所を知らせたり、警告をしたりする際に活躍するホイッスル。小さめのポケットにも入るくらいのサイズ感なので、荷物の邪魔にもなりません。また、キーホルダー式になっているところもポイント。家族全員が持ちたいおすすめの防災グッズです。

ホームクオリティ ヘルメット アメリカンタイプ FS-100AJ

防災グッズを準備するにあたり、意外と忘れがちなのがヘルメット。災害時は、建物が崩れてきたり、モノが飛んできたりと不慮の事故も危惧されます。

本製品は国家検定合格項目をクリアしているのが特徴。衝撃吸収用の発泡スチロールも付いており、高い安全性が期待できます。また、わずか355gと軽いので、持ち運びも容易なほか、長時間かぶっていてもストレスがかかりにくい設計。

後頭部とあごのベルトで簡単にサイズ調節できるのもポイント。ダイレクトに雨だれが体に落ちるのを防ぐ工夫も施されています。雨の日も快適に使用が可能な、おすすめの防災グッズです。