万が一の災害発生に備えて準備する「防災グッズ」。防災グッズセットは製品によって内容の充実度、バッグの機能性、利用に適した人数や日数が異なるのが特徴です。今回は、防災グッズセットのおすすめ製品をご紹介します。

防災グッズは機能性だけでなく、持ち運びやすさも重視するのが大切。さまざまな製品をご紹介しながら防災グッズの選び方も詳しく解説しているので、ぜひニーズにあった製品を見つけてみてください。

防災グッズの必要性とは?

災害時の公助が間に合わないとき、自力で生活するために必要なのが防災グッズです。「公助」とは自衛隊をはじめ、市役所・消防・警察などの支援のこと。災害の状況によっては支援が間に合わない場合があるため、公助による支援が受けられるようになるまで、防災グッズが生活を支えます。

防災グッズの中身は食料だけでなく、照明器具や電化製品、衛生用品などさまざま。電気・ガス・水道・通信など生活に欠かせないライフラインの停止に備え、身の安全を守りつつ衛生的な生活ができるようにするために必要なモノでもあります。

防災グッズに最低限必要なモノは?

水や食料などの「非常食品」

By: amazon.co.jp

大きな災害が発生すると、停電や断水、食料不足になる可能性があります。支援物資が届くまで時間がかかる場合もあるため、非常食品は十分に備えておくことが大切です。

水は、1日3Lを目安に人数分を備蓄しておきましょう。食料はごはんなどに加え、飴やビスケットなどがあると、手軽に口にできるのでおすすめです。

水や食料の備えが必要な日数は、災害の規模や被害の状況によって異なるため、さまざまなシチュエーションに対応できるよう準備しておきましょう。

ラジオ・モバイルバッテリーなどの「情報伝達グッズ」

By: powerarq.com

災害時に災害状況が把握できることは、大きな安心感につながります。ただし、電気を必要とする有線タイプのテレビやパソコンしか用意していない場合、停電により電気が使えなくなると、災害についての情報を把握するのが難しくなるため注意が必要です。

災害時に備えて、乾電池式や充電式のラジオを用意しておくのがおすすめ。コンセントがなくても使用でき、最新の情報を入手できます。また、予備の乾電池やモバイルバッテリーがあれば、ラジオやスマートフォンを長く使えるので便利です。

なお、ラジオのなかには、手回しやソーラーで充電できるモノもあります。手間や時間がかかるのがデメリットですが、充電が切れても使用できるため安心です。

救急セットや非常用トイレなどの「医療品・衛生用品」

By: bos-bos.com

災害が起きたときは、発生時だけでなく、避難中にもケガをする可能性があります。破損した窓ガラスや鏡の破片を踏んだり、転倒した家具につまずいたりする恐れも。ケガをした際に備えて、救急セットを用意しておきましょう。

また、簡易トイレも1人当たり1日5回分を目安に準備するのがおすすめ。手軽に手をきれいにできるウェットティッシュも必要です。

さらに、人によって必要な医療品や衛生用品は異なります。女性なら生理用品、赤ちゃんならおむつ、持病がある方なら常備薬というように、自分にとって必要なアイテムを防災グッズリストに加えておくことが大切です。

懐中電灯・ヘルメットなどの「避難グッズ」

日が暮れた時間帯や天候が悪い日に停電になると、家の中が暗く周りの状況が分かりにくくなります。防災グッズの必需品である懐中電灯やランタンを備えておくことで、周囲を明るく照らして危険な場所を目で確認でき、より安全な避難が可能です。

ライトのなかには、軽く折り曲げるだけで発光する使い捨てタイプも存在。乾電池や充電を必要とせず、サッと使えるので便利です。

さらに、大きな地震の後は落下物に気を付けながら避難することが大切。ヘルメットを準備しておけば、万が一のときに頭の上に物が落ちてきてもダメージを軽減できる場合があります。また、子供用に用意する場合は、装着しやすいずきんも検討してみてください。

防災グッズセットの選び方

内容の充実度をチェックしよう

By: rakuten.co.jp

セットの防災グッズは、内容の充実度が大切です。選ぶときは優先度を考慮するのがおすすめ。食べるモノ、ケガを手当てするモノ、寒さをしのぐモノ、緊急時に役立つモノ、清潔さを保つモノは、年齢層や性別にかかわらず共通して必要です。

身を守るヘルメットや軍手、工具類なども用意しておくと、いざというときに役立ちます。避難生活を少しでも快適にしたい方には、エアーマットや耳栓、枕などがセットになった製品がおすすめ。個人の生活スタイルを考慮して、ニーズにあった製品を選んでみてください。

持ち出し用は3日分の生活用品や水・食料が必要

持ち出し用の防災グッズとして、3日分の生活必需品を用意する必要があります。防災グッズの優先度が決めにくい場合は、最初に持ち出す一次持ち出し品と、余裕が出てから用意できる二次持ち出し品を意識してみてください。

一次持ち出し品は、食料・水・ラジオ・照明器具・救急薬品など。二次持ち出し品としては食料のほかに、携帯トイレ・歯ブラシ・洗面具・防寒グッズなどがあります。なかでも、水と食料は3日分を用意するのが大切。食料を準備するときは容量や個数だけでなく、調理方法やバラエティの豊富さも重視してみてください。

自宅避難用は1週間分を確保しておこう

避難所から自宅に帰宅できたとしても、災害発生から1~7日間はライフラインが停止する場合があります。食料や生活必需品などの災害支援物資が届くまで時間を要する可能性もあるので、1週間分の生活用品を揃えておくのがおすすめです。

水は、1日3Lを人数に合わせて1週間分用意します。エネルギー源になる主食はパックご飯やカップ麺なら1人あたり3個分、お米なら2kgが必要です。バランスも考え、主菜や副菜を用意するのも大切。レトルトカレーや缶詰なら1人あたり18個必要です。

レトルトやパックご飯以外に、日持ちする野菜や調味料があると食事が飽きずに楽しめます。生活用品は1日に消費する量×人数分を用意するのがポイント。特にトイレ用品は何回使用できるのか、1人あたりの使用回数や日数の目安をしっかりチェックしてみてください。

持ち運びやすいモノを選ぼう

By: rakuten.co.jp

災害発生時は状況を確認し、必要に応じてすぐに非難する迅速さが大切です。素早く避難できるように防災グッズも持ち運びやすく、両手ができるだけふさがらないモノを選んでみてください。製品の種類としては、食料・水・衛生用品・便利グッズ・防寒グッズなどの防災グッズをリュックサックにまとめたモノがおすすめです。

リュックサックの機能も、コンパクトさを重視したモノ、容量を重視したモノ、運搬機能にこだわったモノなどさまざま。なかにはキャリーバッグのように持ち運べるリュックサックもあります。身軽さを重視したい方には、ウエストポーチに防災グッズをまとめた製品がおすすめです。

保存期間をチェックして定期的に補充や交換を

By: pixabay.com

防災グッズにはそれぞれ使用期限があるので、定期的に交換が必要です。食料や水は、5年の賞味期限を設けている製品がほとんど。食料の保存は、普段から多めに買い置きし、賞味期限前に消費して再び買い足すことを繰り返す「ローリングストック」という方法を実施してみてください。

防災グッズのトイレにも5~10年の使用期限があるため、交換が必要です。懐中電灯・発電機・携帯ラジオなど、使用期限が定められていないモノもありますが、部品の劣化も考慮して機能するか確認する必要があります。

付属機能をチェック

By: rakuten.co.jp

持ち出し用の袋に付属機能が付いた製品は、悪天候下や夜間での避難、避難所での生活、水の持ち運びなどに役立ちます。防災グッズセットは、バッグに防水・撥水加工を施した製品がほとんど。夜間の避難を想定するなら、光を反射する反射板や暗闇で光る畜光材などの部品が付いたモノがおすすめです。

そのほか、リュックサックがキャリーバッグやイスに変化したり、給水タンクとして使えたりなどの付属機能も便利です。製品ごとの特徴を把握して地域や家族構成など、個々のニーズにあった防災グッズを選んでみてください。

防災グッズセットのおすすめ

山善(YAMAZEN) 防災バッグ30

軽量で持ち運びやすい防災グッズセットです。本体サイズは幅32cm×奥行き43cm×高さ16cm。リュックサックに入っているので、そのまま持ち出せます。リュックサックの生地に、目立ちやすい鮮やかな赤色を使っているのがポイントです。

中身のグッズは、歯ブラシ・綿棒・マスク・携帯トイレ・ポリ袋などの衛生用品から、緊急用ホイッスル・2WAYドライバー・カッターなど、緊急時に役立つモノまでさまざま。合計で30個の防災グッズが入っています。

食事の際に役立つカトラリーセットや容器類、就寝時に役立つアルミブランケットやアルミシート、エア枕など、避難所での生活も考慮されているのもポイント。内容の充実度はもちろん、軽さにこだわりたい方にもおすすめの防災グッズです。

ヒカリネット(HIH HIKARINET) 防災セット ハザードリュック 非常用持ち出し袋36点セット

被災経験者の体験談をもとに提案したと謳われている防災グッズセットです。36点セットのなかには衛生用品や寝具以外に、保存水・乾パン・保存羊かんなどの食料も入っています。携帯用と凝固剤、2種類のトイレ用品が入っているのもポイントです。

照明器具はランタンとダイナモラジオライトがあり、ダイナモラジオライトは手回し充電機能付き。スマホの充電やサイレンが鳴らせたり、FMラジオが受信できたりマルチに活躍します。防災グッズを初めて購入する方にもおすすめです。

簡単に持ち出せるリュックサックタイプ。約20Lのサイズで、背面のウレタンやメッシュポケットなど、使いやすさにも工夫を施しています。撥水コーティングの生地を使っているほか、前面のロゴがかすかに光を反射する仕様も魅力です。

ピースアップ(PEACEUP) 防災セット 2人用

避難生活でも寝心地にこだわりたい方におすすめの、マット付き防災グッズセットです。専用の空気入れで空気を入れて使うタイプのマットで、約2分で完成する手軽さが特徴。片付けも約30秒で完了します。厚さ6.5cmの枕が付いており、身体を痛めにくいのがポイントです。

空気入れは留め具をつなげて、防水仕様のサブバッグとしても使用可能。また、安眠セットとして耳栓とアイマスクも入っています。そのほか、食料・水・衛生用品・照明器具・防寒グッズ・防災マニュアル・単3電池・単4電池などの70点セットです。

食料やウエットティッシュ類は5年、水やトイレは10年と、長期保存できるグッズが数多く入っているのも魅力。前面収納が付いている撥水仕様のリュックサックは、すぐに使いたいモノを収納する際に役立ちます。2人分の防災グッズをまとめて持ち出したい方におすすめです。

メテックス(METEX) EX.48 防災ローリングバッグ ニューコンパックプラス

軽さやコンパクトさが魅力の防災グッズセットです。リュックサックタイプの製品ですが、キャリーバッグのように転がしたり、キャリーバーを折りたたんで手に持ったり、背負う以外の運搬方法を選べるのが特徴。リュックサック内臓の給水タンクを使うときも、楽に持ち運びできます。

前面にV字のリフレクター付き。また、リュックサックと一体型のフードが付属されており、リュックの付属機能にこだわりたい方におすすめです。そのほか、食品・照明器具・衛生用品・防寒グッズ・軍手が入っています。衛生用品として生理ナプキンが入っているのも魅力。さらに、事前準備にも役立つ防災マニュアルが付いています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 防災リュック BRS-33

一次持ち出し品として避難初日に役立つモノを揃えたと謳っている防災グッズセットです。食料以外の避難用品・衛生用品・寝具・食器・作業用品など防災士監修のもと、必要な防災グッズが33点入っています。リュックサックは、背負ったままでも動きやすい26Lサイズです。

ショルダーベルトが幅広なので、背負いやすいのもポイント。前面の十字は光を反射する仕様なので、夜間の移動時に役立ちます。また、黒と灰色のシンプルなデザインも特徴。目につく場所に置いても目立ちにくい、シンプルな防災グッズを探している方におすすめです。

岸田産業(kishidasangyo) 防災セット ウエストポーチ250N

必要なモノだけをウエストポーチに詰めた、コンパクトな防災グッズセットです。食料・温熱シート・衛生用品・笛・カイロ・軍手など、合計11点の防災グッズが入っています。アルカリ保存水と保存クッキーは、7年間保存可能です。

重量約900gと、軽量な仕様も魅力のひとつ。自宅だけでなく、オフィス用の防災グッズとしてもおすすめです。ポーチのウエストサイズは最大95cmまで調節できるので、子供から大人まで幅広い年齢層で使えます。

岸田産業(kishidasangyo) イス型リュック防災18点セット 1500A

リュックサックがイスに変化する特殊機能が魅力の防災グッズセットです。リュックサックに脚が付いており、広げるだけで耐荷重120kgのイスに変化します。脚には滑り止め付き。ショルダーベルトは背面のポケットに収納できます。撥水加工を施した生地や反射材など、細部へのこだわりがポイントです。

中にはヘルメット・給水タンク・乾パン・保存水・衛生用品・エアークッションなどが入っています。給水タンクは薄く折りたためるので持ち運びにも便利。また、正方形のような形でコックが付いているので台の上に置いて使えます。内容の充実度を重視する方におすすめの防災グッズです。

ラピタ(LA・PITA) 防災セットラピタ プレミアム 1人用 c

内閣府・防災推奨協議会で、防災推奨品として認定された防災グッズセットです。中の防災グッズはポーチを使って、ジャンルごとに分類できる仕様。色で分けられているので、リュックサックの中を常に整理しておけるのが魅力です。

オレンジポーチには照明器具やラジオ、グリーンポーチにはトイレやドライシャンプーなどの衛生用品が入っています。ブルーポーチは寝具、レッドポーチはレインコートや救急セットなど緊急時用のセット。白のポーチは2種類あり、Sサイズにはアルファ米、Mサイズには長期保存水が入っています。

防水機能が付いたリュックサックで、水が染み込みにくいファスナーを使っているのも魅力。取っ手部分には畜光材、ショルダーベルト部分には反射材が付いているため、夜の避難にも役立ちます。インテリアになじみやすい、シンプルなデザインの防災グッズを探している方におすすめです。

ラピタ(LA・PITA) 防災セット SHELTER KIDS

By: lapita.co.jp

子ども用に設計された防災グッズセットです。13Lサイズのリュックサックに、エアーマット・簡易ライト・衛生用品・防寒グッズ・食料・水などが入っています。長期保存できるフルーツキャンデーやミルクビスケットなど、セット内容も子ども向けに配慮されているのがポイントです。

リュックサックは撥水仕様で、ファスナーも水に強い素材を使用。光を反射するリフレクターが付いているので、夜間の避難に役立ちます。チェストベルトのバックルは、笛としても使用可能。救助活動や安否確認に必要な防災カードをリュックに内蔵しています。子ども用に防災グッズを準備しておきたい方におすすめです。

ペアークレーン 防災セットDX 1人用

ライト付きのヘルメットが入っている防災グッズセットです。建物の損壊に備えたモノを準備したい方におすすめ。セットのヘルメットは押しボタンでサイズを調節するタイプで、子供から大人まで幅広い年齢層で使えます。スカイブルーの目立ちやすい色を使っているのもポイントです。

リュックサックは動きやすさを重視し、サイズ感やポケットの数、チェストベルトなどにこだわっています。水・食料、防寒グッズ・衛生用品・照明器具・ラジオなどのほかに、火災の煙から呼吸を守る防煙グッズが入っているのも魅力。大切な方へのプレゼントにもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ライフラインボックス 2人用 30点 NLB-30

食料をメインに揃えた、据え置きタイプの防災グッズセットです。防災士が監修した製品で、最初の3日間を乗り越えるための食料・充電器・衛生用品が入っています。アルファ化米やレトルトパウチなどは、電気やガスがなくても調理可能です。

わかめ・五目・きのこ・ドライカレーなど味付けされたご飯や、肉じゃが・筑前煮などの副菜も入っています。賞味期限は製造から5年間です。水で発熱する加熱セットが3回分入っているので、あたたかいご飯や飲み物を楽しみたいときにも便利。箱から取り出して、リュックサックに詰め替えておくのもおすすめです。

無印良品 いつものもしも備えるセット

フタ付きのファイルボックスに入った防災グッズセットです。マスク・除菌シート・携帯トイレなどの衛生用品から、ケース付き耳栓・大判ボディシート・エマージェンシーシートなどの寝具や防寒用具、ヘッドライト・絆創膏・軍手の便利グッズなど、種類が豊富に揃っています。

撥水仕様のサコッシュは貴重品の持ち運びに便利。シンプルなデザインが魅力です。コンパクトに収納できるので、防災グッズを初めて購入する方にもおすすめ。生活スタイルに合わせて防災グッズを追加すれば、自分仕様の防災グッズセットが完成します。

防犯防災ダイレクト 車載防災セット

車での移動中に役立つ防災グッズセットです。洪水・交通事故・渋滞・大雪に備えたセット内容。車から脱出できなくなったときに備え、ガラスを破壊できる脱出ハンマーも入っています。シートベルトカッターも付いているので、外せなくなったシートベルトは切断して脱出可能です。

そのほか、充電式LEDランタン・寝具・衛生用品・呼子笛・軍手・防寒グッズが入っています。充電式LEDランタンは、スマートフォンのモバイルバッテリーとしても使用可能。容量はたっぷり11200mAhあります。

撥水加工の生地を使った長方形のリュックサックには、高性能な反射材付き。また、車載時のズレを防止するマジックテープも付いています。リュックサックの内部にはクッション緩衝材を使っているのもポイント。ショルダーベルトはホックで収納できます。車にも防災グッズをしっかり備えておきたい方におすすめです。

防災グッズのおすすめ

クリロン化成 驚異の防臭袋BOS

高い防臭効果を謳っている非常用トイレです。便に含まれる悪臭成分が24時間検出されなかったという測定器による実験のほかに、使用から3日目まで100%の人がニオイ漏れを感じないと回答した実験結果があります。汚物袋・防臭袋・凝固剤の3種がセットになった製品。使用目安は1人で1日分です。

トイレにセットして使うタイプで、合計5回使用できます。防臭効果の高さが特徴。また、袋の開けやすさや結びやすさ、消音性、中身の見えにくさなど、使いやすさにこだわっています。非常持ち出し袋にセットしておくのはもちろん、コンパクトなので車内の備蓄用にもおすすめです。

加島商事 PowerArQ ポータブル電源 626Wh Smart Tap

ポータブル電源のなかでも特に人気の製品です。LEDライトやランタンは150~180時間、テレビは連続で6時間、ノートパソコンはフル充電が約23回、小さな冷蔵庫なら約11時間使える、626Whの大容量が特徴。付属のACアダプターを使えば約8時間で充電が完了する、充電時間の短さも魅力です。

長期保管にも適しており、保管中は3ヶ月に1回充電すればよいと謳われています。0℃以下の環境でも使える仕様で、アウトドアやカー用品としても人気なのでプレゼントにもおすすめです。

ピースアップ(PEACEUP) 防災ラジオライト エマージェンシー

ソーラー充電できる防災グッズのラジオです。充電方法はソーラー充電のほかに、USB充電・手回し充電の3種類。単4電池3本でも動きます。ラジオ・ライト・充電器・SOSアラーム、災害時に役立つ機能がコンパクトにまとまっているのがポイント。それぞれの機能は、切り替えスイッチで簡単に操作できます。

ラジオはAM・FM・ワイドFMが受信可能。ライトはハンドライトとデスクライト、2つの方式で使えます。音と光で情報を伝えるSOSアラームも、災害時に便利な機能です。悪天候の状況下でも使えるIPX3の防水仕様も魅力。持ち出し用の防災グッズをコンパクトにまとめたい方におすすめです。

防災グッズセットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

防災セットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。