猫を飼うにあたって最初に用意するのが「猫トイレ」です。綺麗好きの猫にとって猫トイレは非常に重要。最初にきちんと場所を決めてしつけをしておくことで、猫も飼い主もストレスなく過ごせます。

そこで今回は、消臭力や使い勝手、掃除のしやすさなどとあわせて、おすすめの猫トイレをご紹介。猫を飼う前に必ずチェックしておきましょう。

猫トイレの選び方

底面の形で選ぶ

平面タイプ

By: rakuten.co.jp

トイレの底が平らになっており、濡れると固まる猫砂を使用するタイプです。排泄量を確認しやすいのがポイント。猫トイレ本体も構造がシンプルで安価なモノが多く、猫砂も安いためランニングコストが抑えられます。

デメリットとして、猫砂が小さく細かいので、周囲へ飛び散りやすい点が挙げられます。また、掃除をさぼってしまうとニオイが発生しやすいため、家を空ける機会が多い方や、毎日の掃除を手間に感じる方には不向き。最近はトイレに流せるタイプの猫砂もあるので、掃除の手間が気になる方はチェックしてみてください。

すのこタイプ

By: amazon.co.jp

猫トイレの底が二重構造になっており、上のすのこ部分に専用の猫砂を、下のトレイに専用の吸水シートを設置するタイプです。別名システムトイレともいわれており、掃除のしやすさと消臭力に優れているのがポイント。猫砂も飛び散りにくいため、リビングなどに置いても気になりません。

うんちはする度に取り除く必要がありますが、シートの取り換えは基本週1回程度で済むのが魅力。ただし、尿の量や変化を把握しにくいといったデメリットがあります。また、すのこタイプは本体・猫砂・シートを購入する必要があるので、少し割高。平面タイプよりもランニングコストがかかる点には注意が必要です。

形状で選ぶ

オープンタイプ

By: amazon.co.jp

本体の上部に何もカバーをかけないタイプ。価格も安く、初めて猫を飼う方でも扱いやすいアイテムです。猫砂タイプが主流ですが、システムトイレタイプもラインナップされています。段差が少なく出入りがしやすいのが特徴です。

構造がシンプルでお手入れが簡単なのもポイント。ただし、トイレが何にも覆われていない分、猫砂が飛び散りやすかったり、ニオイがしやすかったりといったデメリットがあるので留意しておきましょう。

ハーフカバータイプ

By: amazon.co.jp

本体の奥半分だけが囲われているタイプです。猫が出入りする入り口付近は低く、後ろ側だけ高くなっているのが特徴。ドームタイプよりもコンパクトな形状で、価格も比較的リーズナブルです。

猫の後ろ足側の壁を高くすることで、猫砂の飛び散りを防ぎやすいのがポイント。ただし、ドーム型ほど高く囲うわけではないので、勢いよく砂をかけると完全には防ぎきれません。また、ニオイに関してはオープンタイプと同様にわかりやすいため、こまめなお手入れが必要です。

ドームタイプ

By: amazon.co.jp

警戒心が強かったり、人見知りしやすかったりする猫の場合は、トイレの様子が外から見えないドームタイプがおすすめです。周囲が囲われているため、安心して用を足せるのがポイント。また、ドーム型は猫砂が飛び散りにくいのもメリットです。

ドームタイプのなかには、上から出入りする大型サイズもラインナップされています。ただし、サイズが大きくなる傾向があるので、設置場所を考えてから購入しましょう。

機能で選ぶ

猫砂のみ

By: amazon.co.jp

オープンタイプやハーフカバータイプにおすすめなのが、シンプルに猫砂だけ使用するタイプです。猫砂を入れて猫が用を足した後は、スコップですくって捨てるだけで済むシンプルな構造。こまめな掃除が必要ですが、猫の健康状態を確認しやすいのが特徴です。

猫砂とシート併用のシステムトイレ

By: amazon.co.jp

猫トイレの底の部分が二重構造になっており、上のすのこ部分に専用の猫砂チップを入れて、下のトレイ部分に給水シートを設置するタイプです。掃除のしやすさと消臭力に優れているのがポイント。猫砂よりも大きめのチップを使うので、砂が飛び散りにくいメリットもあります。

ただし、毎日の尿の様子がわかりにくかったり、多頭飼いの場合は1週間もたなかったりといったデメリットもあるので注意が必要。専用の猫砂チップとシートそれぞれが必要なため、ランニングコストがかかりやすい点にも留意しておきましょう。

ポータブルトイレ

By: amazon.co.jp

車での移動や旅行、災害などの緊急時にも使えるのがポータブルトイレです。折りたたみ式になっている製品が多く、市販のペットシーツや猫砂を入れて使用します。コンパクトで使い勝手がよいため、お出かけ用や緊急事態用として1つ持っておくと便利なアイテムです。

自動トイレ

By: amazon.co.jp

掃除の手間やニオイは気になるけど、自分で手間をかける時間はないといった方におすすめなのが、掃除を半自動・全自動で行える自動トイレです。本体価格は高い傾向にはありますが、猫トイレの気になるニオイや掃除の手間から解放されるので、ぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

猫を飼ううえで大変なのは排泄物の処理です。設置する場所や環境、自分の生活スタイルに適した製品を選ばないと、猫も人もストレスを感じてしまいます。

システムトイレはすのこ部分とシート部分が分かれており、お手入れのしやすさに優れているためおすすめ。また、本体を丸ごと水洗いできるモノもラインナップされているので、あわせてチェックしてみてください。

猫トイレのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ネコのトイレ NE-550

成猫にも使えるベーシックなデザインが特徴です。サイズは幅55.7×奥行45.2×高さ16cmで、猫が体の向きを余裕をもって変えられる大きさ。重さはわずか0.9kgと軽量なため、持ち運びやすいのもポイントです。

本体の内側に付属の掃除スコップを取り付けられるので、置き場所をとりません。オープンタイプで猫が出入りしやすく、掃除しやすいおすすめの猫トイレです。

ライオン(LION) 獣医師開発 ニオイをとる砂専用 猫トイレ 3670478

幅57.5×奥行38×高さ20cmのワイド設計により、体格のよい猫でもゆとりをもって使えるアイテムです。壁面に75°の傾斜があるため容器を傾けやすく、砂をスムーズに交換できるのがうれしいポイント。カバーがないオープンタイプなので、猫が出入りしやすく用を足したかをひと目で判断できます。

さらに、入口が低めに設計されているため、子猫からシニア猫までスムーズに使用可能。お手入れがしやすくシンプルなモノを探している方におすすめです。

リッチェル(Richell) コロル ネコトイレ55

パステルカラーがおしゃれな猫トイレ。オープンタイプなので猫が出入りしやすく、トイレのしつけもしやすいのが特徴です。サイズは幅45×奥行55×高さ16cmで、成猫もゆったり使えるように設計されています。

内側に目安ラインが付いており、砂を入れる量が分かりやすいように設計されているのもポイント。本体はプラスチック製のため水洗いでき、いつでも清潔に使えます。

シンプルで使いやすいモノを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

オーエフティー(OFT) メガトレー 猫用トイレ

大きな猫でもゆったりと使える猫トイレ。幅48×奥行65cmの広々サイズで体の向きを変えやすく、排泄の失敗も軽減できます。大容量の28Lで砂がたっぷり入るため、砂かきが好きな猫に適しています。

入口から奥に行くほど高い設計を採用しているので、砂が飛び散りにくいのもうれしいポイント。本体はポリプロピレンで作られているため、汚れが気になるときは丸洗いできます。

体格のよい猫を飼っている方や多頭飼いをしている方におすすめのアイテムです。

ピダン(pidan) 猫トイレ オープン PD1003W1

雪山をイメージして作られたシンプルなデザインのアイテムです。サイズは幅45×奥行45×高さ30cm。広々としたスペースがあるので、成猫でもゆったり使えます。

トイレカバーと台座が簡単に分離できるため、猫砂を交換しやすいのも魅力です。さらに、トイレの壁が内向きに作られ、砂がこぼれ落ちたり尿が飛び散ったりしにくいのもポイント。抗菌加工が施されているので、ニオイが広がりにくく衛生的に使えます。

おしゃれなだけでなく掃除もしやすい、人気の猫トイレです。

リッチェル(Richell) コロル 節約簡単ネコトイレ

本製品の特徴は、通常の猫トイレよりも猫砂が節約できること。内側がすり鉢形状に作られているので砂が集まりやすく、取り替える量を約30%節約できると謳っています。

さらに、砂の飛び散りを防ぐ便座トレイが付属し、掃除の手間が省けるのも魅力です。猫が便座トレイに座りたがらないときは、便座トレイが隠れるまで猫砂を入れることも可能。少しずつ猫砂を減らし、段階的にトイレのしつけができます。どうしても座らないときは、便座トレイを外し平面タイプとして使えるのもポイントです。

トイレのスペースは幅45×奥行48.5cmの広々サイズで、大きな猫も余裕をもって体勢を変えられます。経済的に使えるだけでなく、猫の快適さにもこだわって作られたおすすめの猫トイレです。

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレセット

針葉樹を使用したチップと3つの脱臭成分が含まれたシートの二重構造により、ニオイをしっかり閉じ込める猫トイレ。「脱臭・抗菌チップ」は尿で固まらないため、掃除の手間を軽減します。約1.5ヶ月取り換え不要なのもうれしいポイントです。

さらに、1週間ニオイが発生しないと謳う「脱臭・抗菌シート」は、表面が白く尿の色が分かりやすいので、健康チェックにも役立ちます。シートを敷かずにセットすれば受け皿に尿がたまり、より正確に健康状態を把握可能です。

入口が低く、猫が出入りがしやすい設計を採用。体格のよい猫でも体を入れ替えやすいよう中も広く作られています。猫が快適に過ごせるだけでなく、お手入れのしやすさも追求して作られた製品です。

ペティオ(Petio) システムトイレセット

猫砂のために開発された消臭剤を含む「デオンDサンド」を使用する猫トイレセット。排泄物のニオイを部屋の中へ広げにくいのが特徴です。

デオンDサンドは排泄物が触れるとボロボロに崩れ、スノコの下にあるトレイに落下。トレイの中にたまった砂は可燃ゴミとして捨てられるだけでなく、トイレにも流せます。トレイは約4.6cmの深さがあるため、砂がこぼれにくいのもポイントです。

シートが必要なく、砂を交換するだけなので経済的に使えるのがうれしいポイント。さらに、猫砂と専用スコップがセットになっているため、すぐに使用できます。

ニオイが気になる方や、お手入れに手間をかけたくない方はチェックしてみてください。

ユニ・チャーム(unicharm) デオトイレ フード付き本体セット

閉め切った部屋でもニオイが気にならないと謳っている、二重構造の猫トイレです。約1ヶ月交換不要の「消臭サンド」は尿を下層に通過させるので、表面はサラサラをキープ。さらに、1週間交換不要の「消臭抗菌シート」がしっかりと尿を吸収します。前後が入れ替えられる引き出し式のトレイなので、シートを無駄なく使えるのも魅力です。

本体のサイズは約幅40.5cm×奥行54×高さ43cmで、成猫にも使いやすい大きさ。外からは中が見えないため、注意深い猫も安心して用を足せます。フード部分はスライドオープン式のため、砂を換えたり排泄物を捨てたりしやすいのも特徴です。

ウンチ専用スコップ、抗菌サンド、消臭・抗菌シートが付属しており、購入後すぐに使えるのもポイント。ニオイが気になる方やお手入れをしやすいモノを探している方は、チェックしてみてください。

リッチェル(Richell) コロル ネコトイレ F60フード付

猫砂の飛び散りやニオイがもれるのを防ぐ、フード付きタイプの猫トイレ。幅60×奥行45×高さ48cmの大きめサイズなので、成猫でもゆったり使えます。尿が底面の手前で固まりやすい深型設計のため、お手入れも簡単です。

本体のカラーは、パープル・ベージュ・ライトブルーの3種類から選択可能。部屋のインテリアに合わせて購入できるのも魅力です。

本体はプラスチック製で水洗いができるので、衛生面やニオイが気になる方はチェックしてみてください。

アイキャット(iCAT) オリジナル猫型トイレ

猫の形をしたかわいい猫トイレです。マットな質感と落ち着いたカラーは部屋に馴染みやすく、置き場所を選びません。また、猫耳型のフードが付いているため、猫砂が飛び散らないのも魅力。フードにはストッパーが付いており、猫が体をぶつけても外れにくく設計されています。

入口に足置きがあるので、猫が用を足しやすいのもうれしいポイント。背面には、猫のシッポに見立てたスコップが付属しています。必要なときはサッと取り外して使えて便利です。

機能性とデザイン性を追求したい方は、チェックしてみてください。

ピダン(pidan) Igloo Cat Litter Box

パリと上海を拠点とするペット用品ブランド「ピダン」のおしゃれな猫トイレ。イヌイットの雪の家をモチーフにして作られています。スタイリッシュなデザインで、置き場所を選びません。

トイレに使用されている素材には日本の抗菌技術を採用しているため、高い消臭力が期待できます。さらに、入口にはメッシュの廊下が取り付けられ、足に付着した砂を落としやすいのもポイント。外からは中の様子が見えにくいので、警戒心の強い猫にもおすすめの製品です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 掃除のしやすいネコトイレ SSN-530

フルカバータイプで、猫が砂をかいても飛び散らない猫トイレ。前面のカバーはフルオープン式のため、カバーを外さずに中まで掃除できます。本体とカバーは取り外せるので、猫砂の交換も簡単です。

出入口に設置されたスノコ状の砂落としマットにより、肉球に挟まった猫砂を落とせるのもポイント。専用スコップはフードに取り付けられるので置き場所をとらず、必要なときはサッと使えて便利です。

トイレの素材には抗菌効果が期待できる銀イオンを配合。カバー部分には専用の脱臭剤ポケットが付いています。排泄物のニオイや砂の飛び散りが気になる方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上から猫トイレ PUNT-530

猫砂が飛び散らないだけでなく、ニオイも気になりにくい猫トイレ。蓋で覆われているので中が見えにくく、インテリアにもすっきりと馴染みます。

深さは約37cmのため、猫が思いっきり猫砂をかいても外まで飛び散らないのが魅力。蓋全体が取り外せるので掃除がしやすく、猫砂の交換も簡単です。

蓋にはくぼみが付いており、肉球に挟まった猫砂が取れるように設計されているのもポイント。本体は丸洗いできるため、衛生面が気になる方におすすめの製品です。

モデコ(modco) 猫用トイレ フリップリターボックス MOD-012

モダンなデザインがおしゃれなフルカバータイプの猫トイレ。上部に出入口があり中が見えにくいので、警戒心の強い猫におすすめです。サイズは約幅40×奥行52×高さ42.5cmで、成猫でもゆったり使えます。

段階的に開閉できる蓋を採用。スコップで砂を少量取り除く際は蓋を半分開き、しっかりお手入れしたいときは全開にするなど、お手入れ方法に合わせて調節できます。天板と本体の間には磁石が付いているため、横ずれしにくく開閉もスムーズです。

さらに、繰り返し洗って使えるインナー袋と専用のスコップが付属しているのもポイント。工具を使わず簡単に組み立てられ、難しい工程もありません。本体は水洗いできるので、衛生面が気になる方にも適した製品です。

Dadypet 猫トイレ本体

宇宙船のようなユニークなデザインの猫トイレです。ツードア設計なので、猫が上から潜ったり横から出入りしたりすることが可能。活性炭による脱臭抗菌フィルターを備えているため、猫トイレ内にニオイがこもりにくいのも魅力です。

天面は穴が開いたメッシュデザインを採用。肉球についた砂を自然に落とせるのもポイントです。側面には専用のスコップが付いており、必要なときはサッと外して使用できます。

おしゃれなデザインでニオイがもれにくいので、置き場所を選ばずに使える猫トイレです。

オートメーテッドペットケア キャットロボット オープンエアー 0S-JI7T-IUDF-A176

アメリカで人気の自動猫トイレが、より使いやすく改良されたモデルです。4つのボタンで簡単に操作できるため、機械の操作が苦手な方でも安心して使えます。

猫がドーム内に入るとキャットセンサーが反応し、自動で処理をスタート。処理を始める時間は、3・7・15分から選択できます。その後、固まった猫砂だけがコンテンナ部に落とされ、清潔な猫砂だけが残る仕様です。

入口の縦幅は46cmで、成猫でも出入りしやすい設計。体重が2.3kg以上の猫であれば、一度に最大3匹まで使用できます。部屋が暗くなると自動で点灯するナイトライトも搭載。

排泄物を取り除く手間が省けるので、外出する機会が多い方や多頭飼いの方におすすめの猫トイレです。

猫壱 ポータブルトイレ

コンパクトに折りたためるので、外出中や災害時に重宝するポータブルトイレです。折りたたむと幅19×奥行11.5×高さ7cmまでコンパクトになるため、省スペースで設置可能。広げると幅37.5×奥行27.5×高さ12.5cmまで大きくなり、通常の猫トイレと同じように使えます。

内側には防水布を採用しているため、直接猫砂を敷いて使用可能。側面部分には硬い板が入っており、トイレ中に側面が倒れることもありません。防災グッズとしても人気の猫トイレです。猫と一緒に外出する機会が多い方はチェックしてみてください。

petsfit 猫トイレ ポータブルトイレ

旅行・アウトドア・災害時におすすめのポータブル猫トイレ。コンパクトに折りたためるので、携帯性も良好です。製品を広げると、幅40×奥行31×高さ12cmの猫トイレに早変わり。

内側に防水加工が施されており、お手入れが簡単なのも魅力です。さらに、側面をボタンで固定できるため、使用中に側面が倒れにくいのもポイント。体重8kg以内の猫に適応でき、幅広いシーンで重宝する猫トイレです。

猫トイレのAmazonランキングをチェック

猫トイレのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。