猫を飼うにあたって最初に用意するのが「猫トイレ」です。綺麗好きの猫にとって猫トイレはとても重要。最初にきちんと場所を決めてしつけをしておくことで、猫も飼い主もストレスなく過ごせます。

今回は消臭力や使い勝手、掃除のしやすさなどとあわせて、おすすめの猫トイレをご紹介。猫を飼う前に必ずチェックしておきましょう。

猫用トイレの選び方

底面の形で選ぶ

平面タイプ

By: rakuten.co.jp

トイレの底が平らになっていて、濡れると固まる猫砂を使用するタイプです。猫砂で固まったおしっことうんちを毎日取り除くので、排泄量を確認しやすいのがポイント。猫トイレ本体も構造がシンプルで安価なモノが多く、猫砂も安いためランニングコストが抑えられます。

デメリットとして、猫砂が小さく細かいので周囲へ飛び散りやすい点があげられます。また、掃除をさぼってしまうとニオイが発生しやすいため、家を空ける機会が多い方や、毎日の掃除を手間に感じる方には不向き。最近はトイレに流せるタイプの猫砂もあるので、掃除の手間が気になる方は猫砂にこだわるのもおすすめです。

すのこタイプ

By: amazon.co.jp

猫トイレの底が二重構造になっており、上のすのこ部分に専用の猫砂を、下のトレイに専用の吸水シートを設置するタイプです。別名システムトイレともいわれており、掃除のしやすさと消臭力に優れているのがポイント。猫砂も飛び散りにくいため、リビングなどに置いても気になりません。

うんちはする度に取り除く必要がありますが、シートの取り換えは基本週1回程度でいいのが魅力。ただし、おしっこの量や変化を把握しにくいデメリットがあります。また、システムトイレは本体・猫砂・シートを購入する必要があるので、少し割高。平面タイプよりもランニングコストがかかる点に注意が必要です。

猫の年齢・性格で選ぶ

子猫用のトイレ

By: amazon.co.jp

子猫は生後3週間を過ぎたあたりから自発的に排泄するようになります。一般的な猫トイレは成猫用に作られているので、段差が高く、子猫は自力で登れなかったり、猫砂の粒が大き過ぎたりします。そのため、子猫の間は子猫専用の猫トイレを使用するようにしましょう。

体格や好みによって違いはありますが、体重が3.5kg前後、年齢が1歳を超える頃までは子猫用がおすすめ。目安としては、お尻がはみ出しそうになったら買い替えましょう。

老猫には出入りしやすいオープンタイプがおすすめ

By: amazon.co.jp

猫も年を取るとだんだん足腰が弱くなってしまいます。そのため、上から出入りするタイプの猫トイレは老猫には不向き。段差が少なく出入りのしやすい、オープンタイプが向いています。足腰に負担が大きいようであれば、トイレの前にスロープやステップを設置してあげるのもおすすめです。

また、高齢になると病気にかかる確率も高くなってしまいます。システムトイレよりは毎日の健康状態を確認しやすい平面タイプがおすすめ。便秘や血尿、尿路感染症などの違和感に気づきやすい猫砂タイプを使用するようにしましょう。

人見知り、臆病な猫にはドーム型

By: amazon.co.jp

警戒心が強く、人見知りしやすい猫にはトイレの様子が外から見えないドーム型がおすすめです。周囲を囲われているため、安心して使えるのがポイント。またドームタイプは猫砂の飛び散りやニオイの漏れを防げる特徴があります。

ドームタイプのなかでは、上から出入りできるタイプの製品も人気。上から入るタイプはサイズが大きいので、設置場所を考えてから購入するようにしましょう。

飼い主の外出が多い場合はシステムトイレ

By: amazon.co.jp/

毎日掃除する平面トイレに比べると、システムトイレの方が掃除の負担は少なくなります。ニオイも少ないので、ワンルームなど1人暮らしの家にも設置しやすいのもポイント。そのため、仕事など外出の機会が多い方は、システムトイレの方がおすすめです。

最近では、掃除を自動で行う自動トイレも発売されています。掃除がどうしても面倒な方には向いていますが、自動トイレは本体が高額。また、せっかく購入したのに猫が怖がって使わないケースもあります。モーターの点検や故障した際の修理費用など、コスト面に注意が必要です。

猫用トイレのおすすめ

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ

システムトイレを代表するブランドの製品。猫が直接触れるチップには天然の針葉樹を使用しており、余計な香料や抗菌剤などは不使用。交換時に粉が舞い散りません。トレイには専用のシートを使用しますが、猫の体調が管理しやすいよう白色のシートを採用。血尿などの違和感が発見しやすい猫思いの安心設計です。

ドームあり・ドームなし・子猫用などラインナップも豊富で、猫を飼うのが初めての方でも使いやすいのがポイント。その日からすぐに使用できるおすすめのセット製品です。

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ 子猫用セット

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ 子猫用セット

本体サイズは幅40×奥行30×高さ14cmでレギュラータイプよりもひと回り小さいサイズ。子猫が出入りしやすく、ゲージ内にも設置しやすいコンパクトな製品です。チップも子猫向けの極小粒で、小さな足でも砂かきがしやすくなっています。

使用するチップはレギュラータイプと同様に針葉樹を使用。尿とニオイを素早く吸収するため、高い消臭力があります。マットは1週間に1回の取り換えでいいので、掃除も簡単。本体はあたたかみのあるオレンジ色なので、お部屋のインテリアに違和感を与えません。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上から猫トイレ レギュラー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上から猫トイレ レギュラー

縦型デザインで猫砂が飛び散りにくい上から入るタイプのネコトイレです。トイレの中にすっぽり入って使えるため、警戒心の強い猫にもおすすめ。付属の蓋にはくぼみがあり、トイレをした後に肉球に挟まった猫砂も落とせます。

掃除する際は蓋が簡単に取り外せるので、砂の入れ替えなども簡単。専用のスコップはフックにかけて本体内部に収納できます。本体サイズは幅41×奥行53×高さ37cmのレギュラータイプ。中型サイズの猫におすすめで、適応体重は8kgまでの製品です。

リッチェル(Richell) コロル ネコトイレF60

リッチェル(Richell) コロル ネコトイレF60

かわいくておしゃれなパステルカラーが魅力の製品。シンプルな平面タイプで、本体が丸ごと水洗いできるプラスチック製です。また、猫が出入りしやすいオープンタイプなうえに、幅が広いので大型の猫や多頭買いにも最適。猫砂を深く敷けて、猫砂の飛び散りを防ぐ深型デザインもポイントです。

おしっこが底面の手前で固まりやすいので、お手入れが簡単。本体のフチに引っかけて保管できる専用のスコップも付属しています。初めての猫トイレにおすすめの製品です。

アイキャット(iCAT) オリジナル猫型トイレ

アイキャット(iCAT) オリジナル猫型トイレ

かわいい猫耳の形をした平面タイプのトイレです。掃除をするときは、蓋が開閉できるのでお手入れが簡単。背面部分には猫のしっぽに見立てたスコップが設置できるなど、おしゃれさと遊び心満載の製品です。

フードは本体にしっかり固定できるため、猫が思い切り砂かきをしてもズレにくいのがポイント。ドーム型で囲まれているので、警戒心の強い猫でも安心して使用できます。すっぽりドームでニオイや猫砂の飛び散りを防ぐのも魅力。マットな質感とカラーリングでお部屋の雰囲気にマッチします。

ピダン(pidan) ドーム型猫トイレ

ピダン(pidan) ドーム型猫トイレ

使用した後の砂の飛び散りを95%抑えると謳う長いメッシュ廊下を採用した製品。トイレを使用した後に猫がメッシュ廊下を歩くことで、肉球に挟まった猫砂が落ちやすく、床への飛び散りを防ぎます。スノードームのようなおしゃれなデザインが人気です。

人間工学に基づいて作られた専用スコップと大きいトレイが付属しておりお手入れが簡単。本体トレイは繰り返し水洗いできるので、衛生的かつ経済的に使用できます。システムトイレのような見た目ですが、平面タイプなため、固まるタイプの猫砂が使用可能。カバーは簡単に外せ、お手入れも簡単です。

モデコ(modko) フリップリターボックス

モデコ(modko) フリップリターボックス

NYブルックリンのインテリアブランド「modkat」がデザイン・開発したおしゃれなモダンスタイルの猫トイレです。マグネットを内蔵した折り畳み式の蓋を採用しており、掃除するときや猫砂を入れ替えるときは、さっと開閉できるのがポイント。蓋が開く幅も半開と全開から選べます。

本体サイズは幅40×奥行52×高さ42.5cmと広々した構造。付属のスコップは本体横に引っ掛けることが可能です。本体がすっぽり覆われているため、消臭力も高く、インテリアを損なわないおしゃれなデザインが人気。1人暮らしやリビングにトイレを設置したい方におすすめです。

モデルナプロダクツ(modernaproducts) 猫用トイレ本体 メガトレー

モデルナプロダクツ(modernaproducts) 猫用トイレ本体 メガトレー

ベルギー生まれの大容量猫トイレです。本体サイズ幅48×奥65×高28.5cmで体の大きな猫におすすめ。猫がストレスなく砂かけを行えるのがポイントです。体の大きな猫だけでなく、多頭飼いの方にも向いています。

本体はブルーベリーとグレーの2色があり、柔らかい曲線美によって実際のサイズよりもコンパクトに見えるのも魅力。出入口には砂が落ちやすいメッシュを採用することで、周囲への砂の飛び散りを防ぎます。全体的に高さがないため、足腰の弱った老猫でも使いやすい製品です。

オートメーテッドペットケア(AutomatedPetCare) キャットロボットオープンエアー

オートメーテッドペットケア(AutomatedPetCare) キャットロボットオープンエアー

とにかく掃除の手間を減らしたい方におすすめの全自動タイプの猫トイレです。1台で3匹の猫まで同時に使用できるため、多頭飼いの方にもおすすめ。1匹あたりの猫の体重は2.3kg以上から使用可能です。球状と楕円を組み合わせた丸みのあるフォルムで、猫が安心して使えるよう余計な装飾は使用していません。

入口の縦幅は約46cmと高さがあるので、出入りがしやすいのもポイント。夜間はLEDランプが点灯することで、稼動状況の確認も容易です。固まるタイプの猫砂が使用でき、ランニングコストは低め。手間のかからないアイテムを探している方におすすめです。

サンラック(SunRuck) 半自動猫用トイレ SR-ACT01

サンラック(SunRuck) 半自動猫用トイレ SR-ACT01

掃除の手間を極力減らしたい方におすすめの、半自動式の猫トイレです。排泄物が溜まったら、本体前面をゆっくり上に持ち上げて回転。猫砂をふるいにかけることで、排泄物と汚れた砂が奥に移動し、綺麗な猫砂だけを残せる構造です。

半自動とはいえ本体がさほど高くないのが魅力。使用する猫砂も市販の濡れたら固まるタイプの猫砂でよいので、ランニングコストがかかりません。耐荷重量は猫砂を入れて約7.5kgまでで、小型~中型の猫におすすめ。電気も使わず手も汚さない画期的な猫用トイレです。

猫壱 ポータブルトイレ

猫壱 ポータブルトイレ

旅行や災害時などの緊急避難時に使えるポータブルトイレです。組み立てたときの本体サイズは幅37.5×奥行12.5×高さ27.5cmと、市販のペットシーツがぴったり入るサイズ。内側には撥水加工が施されているため、猫砂を直接入れることも可能です。

使用時は十分な大きさがあるにもかかわらず、折りたたんだときは幅19×奥行7×高さ11.5cmとコンパクトなサイズになるのも魅力。別売りのポータブルゲージとセットで使用すれば、より快適に使用できます。黒と白のおしゃれなチェック柄で、見た目にもかわいいのがポイントです。