猫を飼うにあたって最初に用意するのが「猫トイレ」です。綺麗好きの猫にとって猫トイレは非常に重要。生活スタイルや猫の大きさに合わせて猫トイレを選ぶことで、猫も飼い主もストレスなく過ごせます。

そこで今回は、消臭力や使い勝手、掃除のしやすさなどとあわせて、おすすめの猫トイレをご紹介。猫を飼う前に必ずチェックしておきましょう。

猫トイレの選び方

底面の形で選ぶ

平面タイプ

トイレの底が平らになっており、濡れると固まる猫砂を使用するタイプです。排泄量を確認しやすいのがポイント。猫トイレ本体も構造がシンプルで安価なモノが多く、猫砂も安いためランニングコストが抑えられます。

デメリットとして、猫砂が小さく細かいので、周囲へ飛び散りやすい点が挙げられます。また、掃除をさぼってしまうとニオイが発生しやすいため、家を空ける機会が多い方や、毎日の掃除を手間に感じる方には不向き。最近はトイレに流せるタイプの猫砂もあるので、掃除の手間が気になる方はチェックしてみてください。

すのこタイプ

猫トイレの底が2重構造になっており、上のすのこ部分に専用の猫砂を、下のトレイに専用の吸水シートを設置するタイプです。「システムトイレ」とも呼ばれ、掃除のしやすさと消臭力に優れているのがポイント。猫砂も飛び散りにくいため、リビングなどに置いても気になりません。

うんちはする度に取り除く必要がありますが、シートの取り換えは基本的に週1回程度で済むのが魅力。ただし、尿の量や変化を把握しにくいといったデメリットがあります。また、すのこタイプは本体・猫砂・シートを購入する必要があるので、やや割高。平面タイプよりもランニングコストがかかる点には留意しておきましょう。

形状で選ぶ

オープンタイプ

By: amazon.co.jp

本体の上部に何もカバーをかけないタイプ。価格も安く、初めて猫を飼う方でも扱いやすいアイテムです。猫砂タイプが主流ですが、システムトイレタイプもラインナップされています。段差が少なく出入りしやすいのが特徴です。

シンプルな構造でお手入れが簡単なのもポイント。ただし、トイレが何にも覆われていない分、猫砂が飛び散りやすかったり、ニオイが広がりやすかったりといったデメリットがあるので留意しておきましょう。

ハーフカバータイプ

By: amazon.co.jp

本体の奥半分だけが囲われているタイプです。猫が出入りする入り口付近は低く、後ろ側だけ高くなっているのが特徴。ドームタイプよりもコンパクトな形状で、価格も比較的リーズナブルです。

猫の後ろ足側の壁を高くすることで、猫砂の飛び散りを防ぎやすいのがポイント。ただし、ドーム型ほど高く囲うわけではないので、勢いよく砂をかけると完全には防ぎきれません。また、ニオイに関してはオープンタイプと同様にやや広がりやすいため、こまめなお手入れが必要です。

ドームタイプ

By: amazon.co.jp

警戒心が強かったり、人見知りしやすかったりする猫には、トイレの様子が外から見えにくいドームタイプがおすすめです。周囲が囲われているため、安心して用を足せるのがポイント。また、ドーム型は猫砂が飛び散りにくいのもメリットです。

ドームタイプのなかには、上から出入りする大型サイズもラインナップされています。ただし、サイズが大きくなる傾向があるので、設置場所を考えてから購入しましょう。

機能で選ぶ

猫砂のみ

By: amazon.co.jp

オープンタイプやハーフカバータイプにおすすめなのが、シンプルに猫砂だけ使用するタイプです。猫砂を入れて猫が用を足した後は、スコップですくって捨てるだけで済むシンプルな構造。こまめな掃除が必要ですが、猫の健康状態を確認しやすいのが特徴です。

猫砂とシート併用のシステムトイレ

By: amazon.co.jp

猫トイレの底の部分が2重構造になっており、上のすのこ部分に専用の猫砂やチップを入れて、下のトレイ部分に給水シートを設置するタイプです。掃除のしやすさと消臭力に優れているのがポイント。猫砂よりも大きめのチップを使うので、砂が飛び散りにくいメリットもあります。

ただし、毎日の尿の様子がわかりにくかったり、多頭飼いの場合は1週間もたなかったりといったデメリットもあるため注意が必要。専用の猫砂チップとシートそれぞれが必要なので、ランニングコストがかかりやすい点にも留意しておきましょう。

ポータブルトイレ

車での移動や旅行、災害などの緊急時にも使えるのがポータブルトイレです。折りたたみ式になっている製品が多く、市販のペットシーツや猫砂を入れて使用します。コンパクトで使い勝手がよいため、お出かけ用や緊急事態用として1つ持っておくと便利なアイテムです。

自動トイレ

By: amazon.co.jp

掃除の手間やニオイは気になるけど、自分で手間をかける時間はないといった方におすすめなのが、掃除を半自動・全自動で行える自動トイレです。本体価格は高い傾向にありますが、猫トイレの気になるニオイや掃除の手間から解放されるので、ぜひチェックしてみてください。

お手入れのしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

猫を飼ううえで大変なのは排泄物の処理です。設置する場所や環境、自分の生活スタイルに適した製品を選ばないと、猫も人もストレスを感じてしまいます。

システムトイレはすのこ部分とシート部分が分かれており、お手入れのしやすさに優れているためおすすめ。また、本体を丸ごと水洗いできるモノもラインナップされているので、あわせてチェックしてみてください。

付属品をチェック

使いやすい猫トイレを選ぶためには、付属品もチェックしておきましょう。初めて猫トイレを購入する方は、猫砂や吸水シートがセットになっている製品を選ぶとすぐに使い始められます。

また、猫トイレにはお手入れの際に使用するスコップが付属していることがほとんど。なかには、掃除しやすいように工夫されたスコップを採用している製品も存在します。

そのほか、使い終わったスコップを収納する場所が本体に備わっていると、置き場所に困らないうえ、すぐに手に取れて便利です。

猫トイレのおすすめ

リッチェル(Richell) コロル ネコトイレF60

リーズナブルな価格で購入できる猫トイレです。本体サイズは約幅60×奥行44×高さ21cm。シンプルな構造の平面タイプを採用しているのが特徴です。深型デザインなので、猫砂が飛び散りにくく深めに敷くことも可能。用を足した際に猫砂が上方で固まりやすいため、お手入れが簡単なメリットもあります。また、大きめの猫を飼っている場合にもおすすめです。

本製品は、出入りがしやすいオープンタイプを採用。本体正面の壁面がやや低く設計されているのもポイントです。低価格ながら、スコップが付属しているのも魅力。また、本体の角にスコップをかけておける点も魅力です。

リッチェル(Richell) コロル 節約簡単ネコトイレ

捨てる猫砂を節約できる、経済的な猫トイレです。すり鉢状のデザインを採用しているのが特徴。中央に猫砂が溜まりやすく、一般的な平形猫トイレよりも取り替える猫砂が少なく済むメリットがあります。

便座型のトレイが付属しているので、猫砂に触れずに排泄できるのもポイント。衛生的に使えるだけでなく、猫砂の飛び散りも防げます。また、凸凹の少ないお手入れしやすいデザインも魅力です。

リッチェル(Richell) 壁高猫トイレ ラプレ

高さが31cmと、高めにデザインされている猫トイレ。砂が飛び散りにくいため、お手入れの手間を省けるのが魅力です。

入り口部分にはメッシュ状のステップ付き。猫の足裏に付いた砂をしっかり落とすほか、砂の飛び散りも軽減します。リビングなどに猫トイレを設置したい方にもおすすめです。

また、入口部分の高さは14cmと高すぎないので、子猫やシニア猫でもスムーズに使用しやすいのがポイント。お手入れや移動がしやすいよう、入口の下部には持ち手が付いています。

カラーはかわいいコーラルピンクと、清潔感のあるホワイト、モダンな雰囲気のダークグレーの3色。ポリプロピレン製で軽く、シンプルな形状でお手入れしやすい猫トイレです。

ボンビアルコン(Bonbi) ウィークリートイレ しつける3点セット

すのこと引き出しトレイの2重構造を採用した猫トイレです。猫砂と吸水シートの両方が使えて、消臭力に優れているのが特徴。同メーカーの猫砂「ウィークリーサンド」で尿を消臭しながらろ過し、吸水シート「ウィークリーシート」で約1週間分の尿を吸収する設計です。

本体サイズは幅約41×奥行31.5×高さ15cmと比較的コンパクト。ケージ内に設置しやすい点もおすすめの猫トイレです。また、専用のスコップも付属しています。

Aukatz キャットワレ ACP

猫の習性を利用した設計の猫トイレです。すのこの中央に穴が開いているのが特徴。排泄前に穴を掘って、用を足す際に数歩前に出る猫の習性を考慮し、穴に排泄できるデザインを採用しています。排泄された尿に、すのこ内の猫砂でフタをする構造です。部屋にニオイが広がるのも抑えられます。

本体サイズは約幅26.5×奥行38×高さ22cm。サイドの壁が高く設定されているので、猫砂が飛び散りにくいメリットもあります。また、1頭飼いの場合は、尿の色や量の変化をしっかり確認可能。猫の健康管理がしやすい点もおすすめの猫トイレです。

ユニ・チャーム(unicharm) デオトイレ 子猫用

コンパクトで、子猫に適した猫トイレです。本体サイズが約幅43×奥行33×高さ16cmと小さめに設計されているのが特徴。本体正面の高さは約12cmに設定されているので、子猫~体重5kgまでの成猫におすすめです。

足元に尿を残しにくい、システムタイプなのもポイント。猫砂と吸水シートを利用して、清潔な排泄スペースを保てるのがメリットです。専用スコップや「飛び散らない消臭・抗菌サンド」「消臭・抗菌シート」なども付属。購入してすぐに使い始められる点もおすすめの猫トイレです。

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ ニャンとも清潔トイレ成猫用スタートセット

すのこタイプの猫トイレ。1週間分の脱臭・抗菌シートと砂かきしやすい極小粒のチップが同梱されています。子猫用から成猫用へ初めてトイレを切り替える際におすすめの製品。猫トイレに必要なモノがすべて入っているにもかかわらず、価格が安いのもポイントです。

出入り口の高さが約10cmと低く、猫が出入りしやすい構造。チップの飛び散りが気になる場合は、トレーを反転し、壁を高くして使うことも可能です。また、トレーにシートを敷かずに使用すれば、尿をためて健康状態のチェックもできます。

花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ オープンタイプ

コスパに優れたハーフタイプの猫トイレです。本体サイズは約幅40×奥行55×高さ26cm。入り口の高さが約13.5cmと低いので、成猫はもちろん子猫でも使いやすいのが特徴です。吸水シートは本体手前のトレイを引き出せば、簡単に交換可能。猫が同じところに排泄している場合でも、シートの向きを入れ替えれば無駄なく使えます。

また、吸水シートを敷かずにトレイをセットしておけば、尿の状態を確認可能。猫の健康状態をチェックしたい場合におすすめです。ハーフカバーには、猫砂の飛び散りを防ぐ「砂返し」を搭載。掃除の手間が省けるのもポイントです。

トレイ・本体・すのこ・ハーフカバーは脱着が可能。洗いやすく清潔に保ちやすいのもメリットです。本製品には、花王の猫砂「猫ちゃん想い設計 脱臭・抗菌チップ」と吸水シート「猫ちゃん想い設計 脱臭・抗菌シート」が付属。購入後にすぐ使える点もおすすめの猫トイレです。

ペティオ(Petio) ペティオ猫システムトイレセット トイレに流せる猫砂デオンDサンド入

トイレに流せる猫砂がセットになった猫トイレです。システムタイプのように、すのことトレイが搭載されていますが、吸水シートを利用しなくても使用可能。尿を吸収した猫砂が細かくなり、すのこの下に落ちる仕様です。

トレイは引き出し式なので、下に落ちた猫砂を捨てるのも簡単。消臭力に優れているため、ニオイが気になる場合にもおすすめです。また、専用の「爪付スコップ」も付属。スコップ先端の爪がすのこの網目サイズに合わせて設計されており、挟まった猫砂をキレイに掻き出せる点も便利な猫トイレです。

ユニ・チャーム(unicharm) デオトイレ 快適ワイド

ゆとりのある排泄スペースを備えた猫トイレです。本体サイズは約幅70×奥行47×高さ35cm。大きめの猫でも快適に排泄できるのがポイントです。また、壁面が高めに設計されているので、猫砂が飛び散りにくいのも特徴。排泄中に猫の安心感を高められるメリットもあります。

本製品には、同社の猫砂「飛び散らない消臭・抗菌サンド」と吸水シート「消臭・抗菌シート」が付属。購入後にすぐ使える点もおすすめの猫トイレです。

オーエフティー(OFT) メガトレー

サイズが幅48×奥65×高さ28.5cmと大きい猫トイレ。大きさにゆとりがあることで猫がトイレ内で方向転換しやすく、排泄に失敗してしまうリスクを軽減できます。

また、入口から背面に向かうほど壁が高くなる設計が特徴。最も高い部分は28.5cmあり、砂の飛び散りや尿飛びをブロックすることが可能です。

ほかにも、飛散防止カバーのステップ部分に、肉球に付着した猫砂を落とすための穴がついているのもポイント。大型の猫にはもちろん、小さいトイレを使っていて粗相をしてしまう猫にもおすすめの製品です。

Pidan Igloo Cat litter box Snowhouse type

シンプルながら、おしゃれなデザインが人気の猫トイレです。圧雪ブロックで作るシェルター「イグルー」や「かまくら」のような丸みを帯びた外観で、柔らかい印象を与えます。本体サイズは幅54.8×奥行54.8×高さ49.25cm。球形で内部スペースが広いのもメリットです。

出入り口にはメッシュ廊下が付いており、肉球に挟まった猫砂を落とす設計。ドーム型で猫砂が飛び散りにくい点も魅力です。また、日本の抗菌技術「イオンピュア」で加工されているのもポイント。優れた消臭力が期待できます。

IDOG&ICAT iCat アイキャット オリジナル 大きなネコ型トイレット スコップ付

猫の顔をモチーフにした、かわいらしいデザインが人気の猫トイレです。本体サイズが、約幅58×奥行41×高さ47cmと大きめに設計されているのが特徴。猫がトイレ内で安心して排泄できるサイズです。

猫砂の飛び散りを防ぐカバーには、かわいらしい猫耳がデザインされています。ストッパーでしっかり固定できるので、猫がぶつかってフタが外れてしまうトラブルを防ぐことが可能です。

背面には、猫のしっぽに見立てたスコップを搭載。持ち手がカーブした形状で、使いやすいのが特徴です。また、入り口にはステップがあり、出入りのしやすさも考慮されています。

ユニ・チャーム(unicharm) デオトイレ フード付き本体セット

消臭力に優れたシステムタイプの猫トイレです。本製品には、ユニ・チャームの猫砂「消臭・抗菌サンド」と吸水シート「消臭・抗菌シート」が付属。購入後にすぐ使えるのがポイントです。吸水シートの交換は、1週間に1回程度。本体正面の下部に入っているトレイを引き出せば、簡単にシートが取り出せます。

また、猫砂の交換は約1ヶ月に1回でよいので、ランニングコストを抑えたい場合にもおすすめです。排泄した尿は吸水シートに落ちるため、キレイな排泄スペースをキープしたい場合にも便利。清潔に使える点がメリットです。

本体サイズは約幅40.5×奥行54×高さ43cm。サイドや上部を覆うカバーが付いており、猫砂が飛び散りにくい点もおすすめの猫トイレです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 散らかりにくいネコトイレ CNT-500

猫砂が散らかりにくい猫トイレです。本体内部に、すのこの通路を設けているのが特徴。すのこの上を通る際に、肉球に挟まった猫砂が落ちる設計です。また、ドーム型なので、排泄後に猫砂が飛び散りにくいメリットもあります。

全面のフードカバーが開閉する構造を採用しているのもポイント。砂床を掃除する際や猫砂を補充する際に、カバーを外す手間が省けて便利です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 脱臭ワイド猫トイレ WNT-510

コンパクトで、ケージ内にも設置しやすい猫トイレ。入口のサイズは幅23.5×高さ19.5cmとワイドで、大きめの猫でもスムーズに出入りできます。

本製品はフルカバータイプで、猫が砂かきをしても飛び散りにくいうえ、ニオイが広がりにくいのも魅力。また、壁の継ぎ目部分は尿が漏れ出しにくい構造なので、清潔に使用できます。

カバーには専用の脱臭剤を入れるスペースが備わっているため、ニオイが気になる方も安心。さらに、スコップが付属しているので、汚れが気になったらすぐにお手入れできます。スコップはフード内に収納可能です。

カラーはホワイトとブラウンの2種類。圧迫感なく部屋をすっきりと見せたい方にはホワイト、床や家具などに落ち着いた色合いのモノが多い方にはブラウンがおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 上から猫トイレ システムタイプ PUNT-530S

本体上部から出入りできるシステムタイプの猫トイレです。本体サイズは約幅41×奥行53×高さ37cm。本体に吸水シートを敷き、猫砂を入れた「脚付きスノコトレー」を設置して使います。天面には、猫が出入りできる穴付きのフタを搭載。

アイリスオーヤマの猫砂「システム猫トイレ用消臭サンド」と吸水シート「システム猫トイレ用消臭シート」を利用すれば、約1週間分の尿を吸収可能です。頻繁にお手入れする時間のない方にもおすすめ。また、本体・フタ・脚付きスノコトレーは、拭き掃除だけでなく水洗いもできます。

猫砂と吸水シートを使って尿のニオイを軽減できるのがポイント。出入り口が上部に配置されており、ニオイが広がりにくいメリットもあります。凸凹の付いたフタにより、猫の肉球に挟まった猫砂を落とせるのも魅力。猫砂が床に飛び散りにくい製品です。

Angelpet 猫トイレ

猫型の正面扉がかわいい猫トイレ。幅41×奥行51×高さ38cmの大きめサイズで、成猫でも窮屈にならず、ゆったり使用できるのが魅力です。

入るときは正面扉から、出るときは天窓扉からと、一方向の出入り設計もポイント。上部のメッシュ部分で猫の足裏に付いた砂を落とす設計なので、砂が飛び散りにくく、衛生的に使用できます。

底部は引き出し式で、お手入れが短時間で完了するのもメリット。また、天井・壁・底部はすべて分解できるため、内部のメンテナンスも簡単です。

そのほか、猫トイレのお手入れに欠かせないスコップも付属。使い終わったスコップはサイドに取り付けておけます。

Modkat Flip Litter Box

ドームタイプながら内部へのアクセスが簡単な猫トイレです。マグネットを内蔵した折り畳み式のフタを搭載しているのが特徴。指先でフタを開け閉めできるので、猫砂の取り替えや砂床の掃除に手間がかかりにくいメリットがあります。

特許取得済みのフタは、猫の好みに合わせて3種類の設置方法で使い分け可能。天面を完全に覆う使用法に加えて、全開や半開でも使えます。シンプルながら、デザイン性も良好。インテリアや部屋とマッチしやすい点もおすすめです。

本体にシームレスな一体構造が採用されているのも特徴。猫砂や排泄物が外部に漏れにくいのも魅力です。

モデコ(Modko) Modkat XL Litter Box

出入り口が2か所設けられた猫トイレです。本体正面に加えて、天面からも出入り可能。猫の好みによって使い分けできるのがポイントです。上部のフタは折り畳み式なので、天板に猫砂がこぼれた場合も簡単にお手入れできます。砂床の掃除をする場合にも便利。

また、人間工学に基づいて設計されたスコップも付属しています。持ちやすく、使いやすいのがメリットです。また、モダンでおしゃれなデザインを採用している点も魅力。インテリアや部屋にマッチしやすい、おすすめの猫トイレです。

PETKIT 猫用トイレ

シンプルなデザインと清潔感のあるカラーリングがおしゃれな猫トイレ。モダンテイストのインテリアが好きな方におすすめです。

トイレ部分が見えないため、警戒心の強い猫でも安心して使用可能。また、ニオイが漏れにくいので、リビングなどに設置したい方にも適しています。

内部の段には溝があり、猫が歩くと足裏に付いた猫砂が落ちる仕組み。猫砂が飛び散りにくいのもポイントです。さらに、ドアが開くと自動で点灯するLEDライトが備わっています。

前部のフタは簡単に取り外せるため、お手入れも簡単。そのほか、汚れた猫砂を取り除きやすい大きなスコップが付属しているので、スムーズに掃除ができます。スコップは側面に収納できるため、置き場所にも困りません。

オーエフティー(OFT) 自動ネコトイレ CIRCLE 0

デザイン性に優れた自動タイプの猫トイレです。排泄物を自動で掃除するので、手間を省きたい方におすすめ。清掃中に猫が入った場合は、センサーが感知して自動で掃除を停止します。作動音が静かなため、寝室に置く場合にも便利。大きな音で猫がビックリしにくいのもメリットです。

また、固まった排泄物のみをすくって落とす設計もポイント。価格は高めですが、猫砂の消費量が少なく、ランニングコストを抑えられる点が魅力です。

オーエフティー(OFT) Lavvie Bot S

猫のトイレ状況がチェックしやすい、自動タイプの猫トイレです。専用アプリを利用すれば、トイレの回数や滞在時間を確認可能。室内の気温や湿度が、外出先から把握できるのもポイントです。体重で個体を認識できるので、猫を多頭飼いしている場合にもおすすめ。日・週・月ごとに体重をグラフ化できる点もメリットです。

猫が排泄を終えたら、設定した時間で自動的に砂床を掃除。ストレージにあらかじめ猫砂を入れておけば、補充も自動で行えます。固まった猫砂はコンテナに収納されるため、捨てるのも簡単です。

出入り口にはセンサーが搭載されており、猫が入った場合には掃除を停止する仕様。安全性にも配慮されたおすすめの猫トイレです。

猫壱(nekoichi) ポータブルトイレ

外出先での利用に適したポータブルタイプの猫トイレです。使用する際のサイズは約幅37.5×奥行27.5×高さ12.5cmですが、折り畳んで携帯可能。スリムな形状に収納できます。畳んだ際はスナップボタンで固定しておけるので、収納時や携帯時に勝手に開いてしまう心配もありません。

また、内側に防水布が採用されているのもポイント。トイレ本体に汚れが染み込みにくい仕様のため、直接猫砂を入れても使えます。また、水洗いに対応しており、お手入れに手間がかかりにくい点も魅力です。

本製品は、別売りの「ポータブルケージ」と組み合わせて使用するのもおすすめ。ケージの中にすっぽりと収まる設計で、外出先での使用はもちろん、防災グッズとしても便利です。

猫トイレのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

猫トイレののAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。