新しく猫を迎える際や、猫を病院に連れていく際など、長距離を移動させたいときの必須アイテム「キャリーバッグ」。猫によっては入るのを嫌がって暴れてしまうこともあり、選ぶのが難しいアイテムです。

そこで今回は、猫用キャリーバッグのおすすめアイテムをご紹介。できるだけストレスなく愛猫を運ぶためにも、ぴったりのモノを探してみてください。

猫用キャリーバッグの選び方

素材で選ぶ

プラスチック

By: amazon.co.jp

プラスチック製のキャリーバッグは頑丈なのが魅力。硬いケース状のモノはキャリーケースとも呼ばれ、変形せず安定して使えます。また、ロックがかけられるモノなら、移動中に猫が抜け出してしまうのを防げるため便利です。

強度が高く、長く使えるのもポイント。大型のモノを購入すれば成長しても使用でき、頻繁な買い替えが必要ありません。キャリーバッグを嫌がって暴れてしまう猫や、大型で重量のある猫を入れても壊れにくいのでおすすめです。

By: amazon.co.jp

布製のキャリーバッグはコンパクトに収納できるのが魅力。柔らかく、使わないときには小さく折りたためるモデルが多いため収納場所に困りません。また、軽量なので持ち運びやすいのも特徴です。

ただし、プラスチック製のモノに比べて壊れやすい点には注意が必要。ファスナーでフタを閉めるタイプならファスナーの頑丈さを、肩から掛けて使用するタイプならしっかり縫製されているかなどをチェックしておきましょう。

形状で選ぶ

リュックタイプ

By: amazon.co.jp

リュックタイプは猫を運ぶ際に両手が空くのが特徴。背中に背負うだけなので、自転車移動や長距離の徒歩移動などでも負担が少なく、快適に使えます。

また、おしゃれなデザインが多いのも魅力。写真映えするため、猫を連れての旅行にもおすすめです。ただし、猫の様子がぱっと見でわかりにくいので、こまめにチェックする必要があります。

クレートタイプ

By: amazon.co.jp

クレートタイプは箱型のキャリーバッグ。しっかりとした構造で頑丈なため、猫に怪我を負わせにくく安心して持ち運べます。また、車載するときに固定しやすいので、車で猫を運ぶ機会が多い方にもおすすめです。

狭い空間で猫も比較的落ち着いて過ごせるため、持ち運ばないときには簡易の猫ハウスとしても使用できます。使い勝手がよいので、1つ持っておくと便利です。

トート・ショルダータイプ

By: amazon.co.jp

トート・ショルダータイプは猫との距離が近く、様子を確認しやすいのが特徴。肩や手に直接提げて使うため鳴き声や猫の動きを察知しやすく、すぐに確認できます。また、互いの温度を感じられるので、飼い主と離れるのが不安な猫にもおすすめです。

ただし、リュックタイプやクレートタイプに比べて猫が抜け出しやすい構造のため注意が必要。ファスナーやフタの部分が壊れていないかどうかは、こまめにチェックするようにしましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

猫用のキャリーバッグには、猫が中で方向転換できるくらいの大きさのモノを選びましょう。猫は狭い場所を好む性質があるため、大きすぎると入るのを嫌がってしまう可能性があります。

ただし、子猫用にキャリーバッグを購入する場合は、猫の成長を見越して大きめのモノを選ぶのがおすすめ。猫は避妊手術をすると太りやすくなる傾向があり、想定以上に大きく育つこともあります。

10kg以上の猫や、2匹以上の猫も入れられる大型のキャリーバッグなどもあるので、猫のサイズや数に合わせて選んでみてください。

耐荷重で選ぶ

By: amazon.co.jp

猫の体重によっても選ぶべきキャリーバッグは異なるので注意しましょう。それぞれのキャリーバッグには、推奨体重や耐荷重が表記されています。推奨体重なら愛猫の体重を基準に、耐荷重なら愛猫が暴れてしまったときのことも考えて、体重よりも少し重めを基準に選ぶのがおすすめです。

推奨体重や耐荷重をオーバーしたキャリーバッグに猫を入れて運ぶと、破損してしまう恐れがあります。安全に猫を運ぶためにも、重量に余裕をもって選択してみてください。

便利な構造で選ぶ

猫を出し入れしやすい上開きの扉がおすすめ

By: amazon.co.jp

通院目的の方や、怖がりな猫をキャリーバッグに入れたい方には、上開きの扉が付いたモノがおすすめ。猫がキャリーバッグの奥に縮こまってしまった場合でも上から開いて簡単に出し入れできるため、安心して使えます。

また、キャリーバッグに入るのを嫌がって暴れてしまう猫や、自分からキャリーバッグに入ってくれない猫の場合にも上開きの扉が便利。猫を捕まえてスムーズにキャリーバッグの中に入れられるので、猫を傷つけてしまうリスクを減らせます。

メッシュ窓があると中の様子が見えやすい

By: amazon.co.jp

通気性がよく、中の様子も確認しやすいため、窓部分にメッシュ生地を採用したキャリーバッグもおすすめ。通気性が良好なだけでなく、いつでも猫の様子を確認できます。また、窓が複数設けられている製品なら、猫がどの位置にいても確認しやすく便利です。

ただし、窓の数が多いキャリーバッグに入れると落ち着かない猫もいるので注意が必要。運んでいる最中や、猫の様子を確認しないときにはカバーをかけて、周囲からの視線を遮るなどの対策をしましょう。

収納ポケット付きならおやつやリードを入れられる

By: amazon.co.jp

収納ポケット付きのキャリーバッグなら、用途に合わせてさまざまなモノを収納できるため便利です。通院時なら薬や診察券、旅行時なら猫のリードやおやつなどを収納しておけます。

地震などの災害が起きた際、避難するときにも猫に必要なモノをサッと詰め込んで持ち出しが可能。必須機能ではありませんが、万が一に備えてチェックしておきましょう。

猫用キャリーバッグのおすすめアイテム

ペティオ(Petio) necoco リュックキャリー

ペティオ(Petio) necoco リュックキャリー

上が大きく開いて出し入れしやすいリュックタイプのキャリーバッグ。クッション入りの幅太な肩紐を採用しており、肩への負担を軽減できるのが魅力です。背負うだけでなく、前に抱えても使えます。

左右と上部分に通気性のあるメッシュ窓を備えているのもポイント。窓にはロールアップ可能なカバーが付属しており、前抱きで使えばいつでも猫の様子を確認できるため便利です。

また、クッション性のある2重の中敷きを採用しているのも魅力。移動中も比較的安定するので、猫も快適に過ごせます。中敷きのカバーは丸洗いできるため、衛生面が気になる方でも安心です。

GPR 宇宙船カプセル型ペットバッグ

GPR 宇宙船カプセル型ペットバッグ

プラスチック素材を採用した、変形しにくいリュックタイプのキャリーバッグ。リュックの外側に直径約17cmの透明ドームを備えているのが特徴です。「宇宙船型」のキャリーバッグとしても人気が高く、猫の様子をいつでも確認できます。

リュック下部は両辺メッシュ構造により、通気性も良好。左右側面にも3つずつ通気口を備えているため、リュック内の猫の呼吸を妨げません。また、中には柔らかな吸水マジックシートが入っているので、長時間の移動でトイレに行けない場合にも安心です。

耐荷重は6.5kg。子猫から成猫まで幅広く対応できます。かわいいデザインのキャリーバッグが欲しい方はチェックしてみてください。

ダッドウェイ(DADWAY) イビヤヤ ライトウェイト・バックパック・キャリー

ダッドウェイ(DADWAY) イビヤヤ ライトウェイト・バックパック・キャリー

横置きすればペットハウスのようにも使えるリュックタイプのキャリーバッグ。上部の入り口が大きく開き、型崩れもしにくいので猫の出し入れをスムーズに行えるのが魅力です。

正面、側面、上部にメッシュ部分を備えているのもポイント。風通しが良く、外側から中にいる猫の様子をいつでも確認できます。外が見えると怖がる猫でも、入り口部分に視界を遮るカバーが付属しているため安心です。サイド部分はメッシュポケットなので、タオルなどを入れればサイドからの視線も遮れます。

内部には洗濯可能な柔らかいパッドを内蔵。飛び出し防止ベルトも付いているため、猫が突然逃げ出してしまうのも防げます。おしゃれなモデルを探している方におすすめです。

ダイスキ(Daisuki) 猫用リュック型3Wayキャリーバッグ

ダイスキ(Daisuki) 猫用リュック型3Wayキャリーバッグ

底付きでしっかりと自立する、安定感の高いリュックタイプのキャリーバッグ。H36×D25×W40cmとコンパクトサイズながらも、耐荷重6kgと成猫でも安心して使えるのが魅力です。

入口部分は間口を広めにとった大窓と、メッシュから中の様子を確認できる小窓の2重構造。小窓は安全ロック式のジッパーを採用しているため、中からは開かず脱走を防げます。

また、体にフィットしやすい形状もポイント。胸元にバックルを備えているので、背負って移動している間も安定感が高く、猫に負担をかけにくく作られています。ストレスの少ないキャリーバッグを探している方におすすめです。

オッポ(OPPO) Pet Carrier muna ペットキャリアミュナ

オッポ(OPPO) Pet Carrier muna ペットキャリアミュナ

リュック・ショルダー・手提げ・キャリーカートの4WAY仕様で便利に使えるキャリーバッグ。車載も可能なので、使用シーンに合わせて運び方を変えられるのが魅力です。

入り口部分の開口バリエーションが4種類あるのもポイント。通気や温度調節、様子の確認など、状況に合わせて使えます。また、内側から開けられないロック式ファスナーを採用。リードも内蔵しているため、万が一の場合でも脱走を防げます。

背面にポケットが付いているのも魅力。保冷剤やカイロ、診察券などを収納できるので、通院時にも使えます。おしゃれで使いやすいデザインの製品が欲しい方におすすめです。

リッチェル(Richell) ピコ キャットキャリー

リッチェル(Richell) ピコ キャットキャリー

シートベルト固定機能を備えたクレートタイプのキャリーバッグ。ひっかけ部分にシートベルトをかけるだけで簡単に取り付けられるため、猫を車に乗せて移動する機会の多い方におすすめです。

猫を出し入れしやすい上開きの扉を採用しているのが特徴。両手を入れても楽に動けるので、病院に連れて行くときなどにも便利です。また、扉の付いたカバー部分は取り外しにも対応しており、万が一中を汚してしまってもすぐにお手入れができます。

プラスチック素材で型崩れせず、長く使えるのもポイント。体重目安は5kgとやや軽量なため、子猫や小柄な猫に適した製品です。

リッチェル(Richell) キャンピングキャリー ダブルドア

リッチェル(Richell) キャンピングキャリー ダブルドア

プラスチック製で丈夫なクレートタイプのキャリーバッグ。スチール製の扉と上扉のダブルドアで、猫を楽に出し入れできます。

スチール製の扉は左右どちら側にも開閉できるだけでなく、ワンタッチで簡単に取り外しが可能。移動しないときにはキャットハウスとしても使用できます。普段からハウスとして慣れさせておけば、通院時や災害時の移動にも便利です。

本体上部と下部、スチールの扉はそれぞれ取り外しができるので、お手入れが簡単なのもポイント。バックルで固定すればコンパクトに収納できるため、置き場に困る心配もありません。

リッチェル(Richell) コロル おでかけネコベッド

リッチェル(Richell) コロル おでかけネコベッド

ベッドをそのまま持ち運ぶように使える、クレートタイプのキャリーバッグ。猫が好むラウンド型で、通気性にも配慮されているため普段の生活から活用できます。

ふんわりとした柔らかい素材のクッションが付いているのもポイント。クッション含め、キャリーバッグは分解して丸洗いができるので、いつでも清潔に使えます。

ドアにはスイングアップ式のフードを採用。開閉スムーズで、簡単にロックができるため移動時の脱走予防もできます。キャリーバッグが苦手な猫にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアトラベルキャリー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) エアトラベルキャリー

飛行機の機内でも使えるクレートタイプのキャリーバッグ。折りたたみできコンパクトにまとめられるため、普段使いだけでなく、猫を連れて旅行に行きたい方などにもおすすめです。

スチール製の扉は利き手や場所に合わせてつまみの位置を変更し、左右のどちらからでも開閉が可能。また、取り外しができるので、猫を出し入れする際にも便利です。

持ち手の幅が約16cmあるのも魅力。両手でしっかりと持てるため、安定した状態で運べます。さらに、水トレーが付属しているので、待ち時間が長い通院時などでも安心です。

ペティオ(Petio) 2ドア スマイルキャリー

ペティオ(Petio) 2ドア スマイルキャリー

ドアを取り外せばハウスとしても使用できるクレートタイプのキャリーバッグ。普段から慣れさせておくことで、緊急避難時などでも猫のストレスを軽減できます。

側面にスチール製の扉が1つ、上部に上開きの扉が1つのダブルドアタイプ。猫がなかなかキャリーバッグに入ってくれないときや、出てきてくれないときにも簡単に出し入れできます。

上部と下部は取り外せるため清掃も簡単。固定部にはネジをしっかり止めるので、持ち運びの際に分離したり、壊れたりするリスクも軽減できるため安心です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 3WAYペットキャリー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) 3WAYペットキャリー

ショルダーとハンドの2WAYで使えるキャリーバッグ。やわらかな肩パッドを入れたショルダーベルトと面テープでまとめらえる持ち手を備えているため、猫を運ぶときに痛みを感じにくいのが魅力です。

車載時にはドライブボックスとしても使えるのもポイント。座席にしっかりと固定できるので、キャリーバッグが落ちてしまう心配もありません。また、急な飛び出しを防ぐリードを備えているため、脱走防止にも役立ちます。

外から様子を確認できるメッシュ窓は取り外しでき、自由に出入りが可能です。さらに、ふかふかの中敷きにはシーツ取付用の留め具も付いており、快適に使えるのも魅力。8kgまでの猫を入れられる便利なキャリーバッグです。

ポンポリース(PomPreece) トラベルキャリー ハッピーライト

ポンポリース(PomPreece) トラベルキャリー ハッピーライト

大型で2匹以上の猫を入れられるトートバッグタイプのキャリーバッグ。上部とサイドにカーテン付きのメッシュ窓を備えており、真夏でも快適に猫を運べるのが魅力です。

取り外し可能な綿付き底板を採用。丸洗いに対応しており、いつでも清潔に使えます。また、底板にはブランケットを止めるゴムと保冷剤を入れられるポケットが付いているため、猫の体調に合わせてキャリーバッグ内の温度を調節可能です。

大きなマチ付きのポケットを備えているのもポイント。外出時に猫に必要なアイテムをすっきりと収納できます。多頭飼いの方におすすめのモデルです。

イージーアールイタリー(egr Italy) インフィニタ Infinita

イージーアールイタリー(egr Italy) インフィニタ Infinita

手提げ・ショルダー・リュック・カーシートの4WAYで使えるキャリーバッグ。八の字型の斬新なファスナーが特徴です。ファスナーレーンの両端がカーブを描いており、従来品よりも開口部を大きく開けるため猫の出し入れを簡単に行えます。

適応体重は6kgまで。底部には丈夫な合板入りで、適応体重いっぱいの猫を入れてもたわみにくく、安定して使えます。側面と正面には大きなメッシュ窓があり、通気性も良好。メッシュ部分以外は全面クッションになっており、移動時には傾いている方向にもたれかかれるので猫への負担を軽減できます。

内部には飛び出し防止用のベルトも付属。かわいらしいデザインで、使い勝手に優れたおしゃれなモデルを探している方におすすめです。

スリーピーポッド(Sleepypod) Sleepypod AIR

スリーピーポッド(Sleepypod) Sleepypod AIR

猫との旅行時に適したショルダータイプのキャリーバッグ。コンパクトに折りたたんだり、スペースに合わせて縮小したりとサイズを調節しながら使えるのが魅力です。

スーツケースの上や車のシートに固定できるのもポイント。安定した状態で猫を運べるので、移動中に猫にかかるストレスを軽減できます。また、内部にはフェイクファーが敷かれているため快適に過ごすことが可能です。

サイドには雑誌や小物を収納できるポケット付き。旅行時だけでなく、薬や診察券を入れる通院時にも便利です。

オーエフティー(OFT) キャリーバッグNEW

オーエフティー(OFT) キャリーバッグNEW

キャスターハンドル・ショルダーベルト・取っ手の3種類の持ち手とキャスターが付いたキャリーバッグ。移動するシーンや猫の状態に合わせて運び方を変えられるのが魅力です。ショルダーベルトには柔らかな肩パッドを採用しており、長時間でも快適に使用できます。

キャスターは小回りの利く360°回転式。方向転換がしやすく、安定しやすいのもポイントです。また、キャスターハンドルは3段階の伸縮が可能。10°の角度が付いているため、キャリーが傾くのを防げます。

底板にはやわらかな素材を採用。底面にぴったりとフィットするので、ペットへの負担を軽減できます。両サイドにはメッシュ窓が付いており、通気性も良好。大型のため、多頭飼いの方にもおすすめです。