猫の遊び場や休息場所として活躍する「キャットタワー」。運動不足・ストレス解消からリラックススペースの確保まで、愛猫が楽しく安心して過ごせる空間作りに役立つグッズです。タイプやサイズ、機能性などさまざまなため、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、キャットタワーのおすすめアイテムをご紹介。選び方のポイントも解説するので、愛猫にぴったりなモノを見つけてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

キャットタワーは必要?メリットを解説

By: remex.co.jp

猫は、高いところへ登る習性があります。走り回るよりもジャンプなどの上下運動を好むので、高さのあるキャットタワーは猫の運動不足・ストレス解消に役立つアイテムです。

日常的に運動しやすい環境を作ることで肥満・病気予防につながります。部屋に登る場所がない場合や、部屋数が少なく行動範囲が狭い家にぴったりです。

1頭飼いで、日中は遊び相手がいない場合は、猫が気ままに行動しやすいのがポイント。多頭飼いであれば、縄張り意識が強い猫のストレス軽減に役立つ点がメリットです。相性が悪い猫がいても、逃げ場や安心して過ごせる場所を確保できるため、ケンカを予防できます。

また、猫は爪をとぐ習性もあるので、爪とぎが付いていれば部屋の壁や柱が傷付くリスクを軽減することも可能です。愛猫が快適で健康的な生活を送るのに、キャットタワーは効果的といわれています。

キャットタワーの選び方

種類の違いをチェック

据え置きタイプ

By: amazon.co.jp

据え置き型のキャットタワーは、頑丈で安定感が優れているのが特徴です。高さや、幅、奥行などを選択できる製品もあります。

また、高さや形状などバリエーションが豊富。階段・おもちゃ・爪とぎ・ハンモックといった猫が喜ぶ仕掛けが付いているモノもあるのがメリットです。素材やカラーなど、デザインも幅広く、インテリアとしても活躍します。

一方、重さや幅があるため、ある程度の設置スペースが必要。突っ張りタイプより最上部が低いので、活発な猫には不向きといえます。基本的に台座とポールのみで支えるため、高さのあるモデルを選ぶ際は転倒防止対策を施すのがおすすめです。

突っ張りタイプ

By: mwpostore.jp

突っ張りタイプのキャットタワーは、スリムで省スペースで設置できるのが魅力です。キャットポールやキャットツリーとも呼ばれるタイプで、木登りするように使えるのが特徴。天井近くまで登れて上下運動しやすいため、運動不足・ストレス解消に役立ちます。

天井と床でしっかり突っ張るので、地震などの揺れに強いのがメリット。やんちゃな猫が遊んでも、転倒のリスクを軽減します。

ポールが細く設置スペースを必要としない一方、多頭飼いや大型猫だと窮屈感を覚えるケースがある点に留意しておきましょう。子猫やシニア猫、運動が苦手な猫には不向きともいえます。

さらに、使っていくうちに固定面が緩む恐れがあるため、定期的なチェックが必要。製品により伸縮幅が異なるので、自宅の天井高に設置できるか事前に確認しておくことも大切です。

猫の性格や年齢にあわせた高さをチェック

By: maustore.jp

キャットタワーの高さは、猫の性格や年齢を考慮しながら選ぶことが大切です。やんちゃな猫や遊び盛りの猫には、上下運動がしやすく運動不足やストレス解消に役立つ、高さのあるモデルがぴったり。子猫から成猫にかけて、活発に動ける年齢の猫におすすめです。

運動が苦手な猫・幼齢猫・シニア猫には、低めのキャットタワーが適しています。無理なく登り降りできるステップ台などが付いていれば、おっとりした性格の猫や足腰が弱い高齢の猫でも移動しやすいのがポイントです。

大型猫の場合は体長にあった幅かチェック

By: amazon.co.jp

大型猫は体が大きいため、登り降りする際にある程度のスペースを必要とします。体に対してステップ幅などが狭すぎると、ストレスを覚えたりキャットタワーで遊ばなくなったりする恐れがあるので注意しましょう。

愛猫の大きさにあわせて、十分に動き回れるサイズ感のキャットタワーを選ぶのがおすすめ。また、大型猫が走り回った際に揺れたり倒れたりしないよう、安定感や耐荷重もチェックすることが大切です。木製など重さがあるモノや重心が低いモデルは、優れた安定感を発揮します。

多頭飼いの場合はステップの数などをチェック

By: mwpostore.jp

猫は自分の縄張りを大切にする生き物。多頭飼いしている方は、それぞれの猫が快適に過ごしやすいモデルを選びましょう。

ステップ・ベッド・ハンモックといった動線やくつろぎスペースが複数あると、ケンカ予防につながるのがポイント。最低でも2つ以上付いているモノや追加できるモデルを選べば、みんながゆったり休めるスペースを確保しやすいのがメリットです。

設置スペースに余裕がある場合は、大きめのキャットタワーにベッド・クッション・おもちゃ・爪とぎなどを複数置いて、快適な居住空間を演出するのがおすすめ。なお、1頭で使用するよりキャットタワーに負担がかかりやすいため、安定感や強度も確認しておくことが重要です。

ハンモックや宇宙船などのパーツをチェック

By: mwpostore.jp

ハンモック・宇宙船・ベッドといった、猫がくつろげる居場所があると快適性が向上します。ハンモックは体にフィットして囲まれるため、猫が安心感を覚えやすいのがメリット。敵から身を隠す本能を備えた猫にとって、ゆったりリラックスできる場所として役立ちます。

スケルトン素材を使った半円ボウルが一般的である宇宙船は、さまざまな角度から猫の様子を伺えるのが魅力。猫がくつろいでいるのを邪魔することなく、かわいい肉球やしっぽを間近で眺められます。

見張り台として活躍するハウスやゆったり休めるベッドも含めて、狭い空間が好きな猫にとって大切なパーツ。後付けしたり交換できたりするモノもあります。愛猫が心地よく過ごせる空間を作れるよう、しっかりと検討しましょう。

爪とぎやトイレ収納付きだと便利

By: air-r.jp

猫にとって爪とぎは、爪のケアやマーキング、ストレス軽減、気分転換のために行う大切な習慣。室内で猫を飼う際に、爪とぎは必須のアイテムです。

爪とぎ付きのキャットタワーは、家具・壁・柱などが傷付くのを予防するのに役立ちます。さらに、1台で爪とぎ・遊び・休息ができる場所を確保可能なので、別途で爪とぎを用意する必要がないのがメリットです。

猫用トイレも必須アイテムなので、キャットタワーに収納スペースが備えられていれば、まとめて設置できて便利。扉付きなら、トイレを隠せたり砂が飛び散るのを抑制したりすることも可能です。

素材をチェック

By: mwpostore.jp

木製のキャットタワーは、耐久性に優れており長く愛用しやすいのがメリットです。ナチュラルな雰囲気で、部屋になじみやすいのもポイント。つるつるした質感でニオイや汚れが付着しにくいうえ、お手入れも簡単です。

一方、滑りやすい素材のため、誤って落下したり転倒したりする恐れも。滑り止めを施したモデルであれば、猫が足を滑らせにくく快適に動き回れます。

また、パイル地やフェルト地などを使った布製のキャットタワーは、猫が爪を引っ掛けやすいのでスムーズに登り降りできるのが特徴です。

ただし、ニオイや汚れが付着しやすいのが難点。猫は嗅覚が敏感なので、小まめにお手入れして衛生的に保つことが大切です。なかには、環境に優しいダンボール製もラインナップされています。

設置しやすさを重視するならコンパクトで省スペースなモデルを

By: pets.jp

大型モデルは、猫がゆったり遊んだり休息したりしやすいですがサイズや重さが増す分、組み立て・設置に手間がかかるのが難点です。

高さや幅を抑えたコンパクトな据え置きタイプは、組み立てや設置がしやすいのがメリット。省スペースで設置できるうえ移動もしやすいので、一人暮らしの方にもおすすめです。

突っ張りタイプは省スペースで設置できる一方、高さがあるため1人で組み立て・設置するのが難しいケースもあります。愛猫が安心して使えるよう、事前に組み立てや設置のしやすさを確認しておきましょう。

木の形などデザインをチェック

By: mwpostore.jp

キャットタワーは、デザインのバリエーションが豊富なのが魅力。おしゃれなモデルも多いので、好みや部屋の雰囲気にあわせて選べばインテリアとしても重宝します。

シンプルなデザインやナチュラル感のある木製は、部屋のテイストを問わずなじみやすいのがポイントです。木の形や植物をモチーフにしたデザインは、部屋のアクセントとして活躍します。

なかには、収納棚として使えるキャットタワーもラインナップされています。猫用品だけでなく、小物や雑貨なども収納できて便利。愛猫と心地よく過ごせる空間を演出するため、お気に入りのデザインを見つけてみてください。

掃除しやすいモデルをチェック

By: amazon.co.jp

キャットタワーは使っているうちに、猫の抜け毛や吐き戻し、小さな虫の死骸などによってどうしても汚れや菌が蓄積してしまいます。衛生的に使うためにも、お手入れしやすいモノを選ぶのがおすすめです。

毛足の長い布を使った部分は、猫の毛が絡まったりニオイが付着したりしやすいので小まめなメンテナンスが必要。ベッドやハウスが下部に付いていれば、手が届きやすくて便利です。

取り外して洗濯や水拭きできるモデルは、清潔に保ちやすいのが特徴。高い部分にあるステップなどはお手入れしにくい面がありますが、可能な限り定期的に掃除しましょう。

交換用パーツが充実していれば、汚れや劣化が目立ったときに本体を買い替える必要がないのがメリット。また、木製モデルは汚れやニオイが付着しにくく、お手入れしやすいのが魅力です。

キャットタワーのおすすめメーカー

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA)

By: amazon.co.jp

「アイリスオーヤマ」は、1971年に設立した生活用品メーカーです。電化製品・収納・インテリア・キッチン用品・ペット用品・工具・ガーデン用品など、幅広いジャンルを取り扱っているのが魅力。日々の暮らしを支えるアイテムを多数販売しています。

アイリスオーヤマのキャットタワーは、据え置きタイプが充実しているのが特徴。高さやパーツなどさまざまで、愛猫や間取りにあわせて選びやすいのがポイントです。多頭飼いにおすすめのモデルや、突っ張りタイプもラインナップされています。

マウ(Mau)

By: rakuten.co.jp

「マウ」は、東京都に本社を構えるキャットタワー専門店です。「Mau」はエジプト語で「猫」という意味。猫の安全性を第一に考えたキャットタワーを展開しています。幅広い年齢や体型にあうモデルが揃っているのが魅力です。

据え置きタイプや突っ張りタイプをはじめ、子猫・シニア猫が使いやすいコンパクトモデルや環境に優しいダンボールタイプもラインナップされています。パーツも充実しており、部品交換が可能。衛生的に長く愛用しやすいのがメリットです。

キャットウィングス(CAT WINGS)

By: remex.co.jp

「キャットウィングス」は、キャットタワーや猫雑貨を扱っているブランド。「家の中で猫が飛び回れるような空間を作ってあげたい」というコンセプトのもと、楽しい・遊べる・居心地のよいアイテムを多数販売しています。

コンパクト設計を採用しているため、設置スペースに余裕がない方にもぴったり。据え置きタイプ・突っ張りタイプ・子猫向け・シニア猫向けなど、シーンに応じて選びやすいのがポイントです。

ネジの緩みなどがメンテナンスしやすい構造を採用しているのも魅力。猫も人も、快適に使いやすいキャットタワーを探している方におすすめです。

キャットタワーのおすすめ

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 据え置き ZJS-11024N-1

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 据え置き ZJS-11024N-1

高さ約172cmの据え置きタイプのキャットタワー。土台の厚みが約4cmあるため、安定感があります。猫が走り回ってもグラつきにくく、安心して遊びやすいのがポイントです。

最上部には、U字形状のベッドが付属。体にフィットしやすいため、ゆったりくつろげます。屋根付きのハウスも搭載。前面と側面に入口があり、空気がこもるのを予防します。屋根は着脱可能なため、内部を掃除しやすいのもメリットです。

さらに、爪とぎスペースを数多く設けており、猫のストレス軽減にもつながります。スロープは登り降りしやすい設計を採用しているため、子猫やシニア猫にもおすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 据え置き ZJS-16673

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 据え置き ZJS-16673

ハンモック・見張り台・隠れ家など、ゆったりくつろげる場所をたっぷり詰め込んだキャットタワーです。ゆらゆら揺れるおもちゃや、猫パンチぽんぽんといった遊び道具も充実しています。

麻縄が巻かれた、爪とぎポールを3箇所に設置。猫が心地よく過ごせるよう、本体の素材には手触りがよいファー生地を採用しています。

また、組み立て時の最大サイズは約幅70×奥行45×高さ155cmとコンパクト。省スペースで設置でき、猫がたくさん遊べるモデルを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 突っ張り

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットタワー 突っ張り

高さ約223~248cmに対応可能の、突っ張り式キャットタワーです。2本のポールで突っ張る仕様。強度や安定感があり、やんちゃな猫が動き回ったり高い場所で遊んだりしても、グラつきにくいのが特徴です。

また、登りやすい棚板やくぐって遊べるトンネル、隠れ家として活躍するハウスも付属しています。ハウスは部屋を見渡せる高い場所に配置。さらに、ストレス解消に役立つ麻縄の爪とぎポールも付いています。

肌触りのよいファー生地を採用。カラーバリエーションが豊富で、部屋の雰囲気にあわせやすいのが魅力です。デッドスペースになりがちな、部屋の角にぴったり収まる設計を採用しているので、ワンルームなど設置スペースに余裕がない方にもおすすめです。

マウ(Mau) Mauタワー ミルキーエッグ mt-027

マウ(Mau) Mauタワー ミルキーエッグ mt-027

人気メーカー「マウ」の据え置きタイプのキャットタワーです。卵のようなかわいいフォルムのステップ台がポイント。色はぬくもりのあるミルキーホワイトで、部屋に優しい印象をプラスします。

ベッドとハウスも、ころんとした形状。人目に触れる部分にはタワーと同じ生地を張り、統一感をキープしています。スタンダードで登りやすいステップ配置をしているのが特徴。段差が30cm以内と狭いため、小猫でもスムーズに移動できます。

土台は1辺が約49cmの正方形で、高さは156cm。麻ポールと布ポールを併用しています。猫も人も心地よく過ごせる、環境作りをサポートするおすすめモデルです。

マウ(Mau) Mauタワー トルテ mt-008

マウ(Mau) Mauタワー トルテ mt-008

丸型ステップを搭載した突っ張りタイプのキャットタワーです。猫が登りやすいステップ配置で、頂上までリズミカルに行けるのが特徴。生地はスリップ予防にも役立つ、ふんわりとした素材を使用しています。

さらに、直径30×高さ28cmの、ツリーハウスのような展望台が付属。猫がすっぽりと収まるサイズ感なので、ゆったりくつろげます。麻ポールを5本使っているため、木登りや爪とぎを思い切り楽しめるのも魅力です。

対応している天井高は238~288cmで、ステップ台をすべて広げても直径は約90cmとスリム。ホワイトとピンクの2色展開で、好みやインテリアにあわせて選びやすいのもおすすめポイントです。

マウ(Mau) PAPER NEW STANDARD 段ボール キャットタワー キャットボックス

マウ(Mau) PAPER NEW STANDARD 段ボール キャットタワー キャットボックス

厚さ1.5cmの3層強化ダンボールを使用しているキャットタワーです。1個当たりの外寸が幅35.7×奥行28.6×高さ35.7cmのボックスを6個付属。積み重ねたり並べたり、自由にレイアウトを楽しめます。

ボックスそれぞれに穴を設けているので、組み合わせ次第で穴の位置を変えられるのがポイント。猫の好奇心を刺激しながら、飽きずに楽しめる空間を作れます。体をすっぽり収めやすいサイズ感なので、狭い場所が好きな猫のリラックススペースとしても活用できます。

また、軽量で扱いやすく、組み立ても簡単。木材と同等の強度を備えた、猫や環境に優しい紙資材を使っています。メインのキャットタワーとしてはもちろん、猫の遊び場所を増やすためのサブ使いとしてもおすすめです。

マウ(Mau) Mauタワー プリヴィラ mt-058

マウ(Mau) Mauタワー プリヴィラ mt-058

木製の猫顔型ハウスが付属したキャットタワーです。ハウスは表地にピンク、裏地にギンガムチェックを採用したかわいいデザインが魅力。ヒゲ部分はバネ式のおもちゃです。

ハウスの向きは変更できるうえに、着脱も可能。ハウスだけを別場所に設置すれば、猫のくつろぎスペースを増やせます。最上部には幅広ベッドを配置しており、猫が落ち着く高い場所で、ゆったり休息できるのがメリットです。

爪とぎポールを2本付属し、猫のストレス軽減をサポート。最大所要サイズは約幅77×奥行65cmとコンパクトなため、省スペースで設置できます。高さも114cmと低めなので、限られたスペースでも使いやすいのがおすすめポイントです。

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-T0922

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-T0922

大型猫にも対応しているハウス・ベッドが付属したキャットタワーです。ハウスはボックス型で、すっぽり隠れやすいのがポイント。ベッドにはクッションを搭載しているので、心地よく寝転がれるのが魅力です。

見晴らし台は円形なので丸まって眠れます。爪とぎはラダータイプのため、思い切り爪とぎできるのがメリット。爪とぎができる麻縄巻きの支柱もあるので、猫のストレス軽減にも役立ちます。

56×61×156cmと省スペースで設置できるサイズ感。高さが抑えられており、上部までお手入れしやすいため衛生的に保てます。5kgまでの猫なら3頭まで対応可能。多頭飼いしている方にもおすすめです。

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-RT021

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-RT021

9cmの極太支柱を採用したキャットタワーです。2本の突っ張り棒には、安定感に優れていて丈夫な樹脂部品を使用。ボックスや踏み台にも極厚タイプの板を採用するなど、猫が安心して動き回りやすいのが魅力です。

クッションを搭載した、長方形ベッドや扇台見晴らし台も付属。高い場所に配置しているため、部屋を見渡しながらゆったりくつろげます。毛足の長い生地を使っており、猫が快適に過ごせるのもメリットです。

高さは約231~270cmの間で伸縮可能。低ステップ設計を採用しているので、シニア猫にもおすすめです。

Mwpo キャットタワー 130フラッグシップモデル mwpo-130

Mwpo キャットタワー 130フラッグシップモデル mwpo-130

天然木のラバーウッドと、やわらかいマイクロファイバーを使用した据え置きタイプのキャットタワーです。木製ならではのぬくもりのある雰囲気や、飽きのこないシンプルなデザインが特徴。通気性が高い無垢材なので、暑い季節も心地よく過ごしやすいのがメリットです。

猫ハウスと大部分の支柱にマイクロファイバーを使っており、傷が付きにくいのがメリット。お手入れも簡単で、長く衛生的に使いやすいのがおすすめポイントです。

さらに、多くの階段を搭載しており、運動不足解消をサポート。角をなめらかに仕上げているため、スムーズに登り降りできて便利です。大きいハンモックや爪とぎも付属。サイズが50×50×162cmとスリムかつコンパクトなので、設置時に圧迫感を覚えにくいのも魅力です。

Mwpo キャットタワー 132

Mwpo キャットタワー 132

透明の宇宙船と、キャットウォークが付属したキャットタワーです。高い所にいても、愛猫の様子が見えやすいのがおすすめポイント。猫のリラックスタイムを邪魔することなく、下からかわいい肉球やしっぽを堪能できるのも魅力です。

スムーズに登り降りしやすいように配置した階段や、3つ付いたぽんぽんおもちゃなど、思い切り動き回ったり遊んだりしやすい設計を採用。1頭で留守番する機会が多くても、飽きずに楽しみやすいのが特徴です。

高さは234~258cmの間で調節可能。怖がりの猫にぴったりな、ステップやハンモックの下の部分が透明ではない、布製タイプもラインナップしています。

RAKU 木製キャットタワー

RAKU 木製キャットタワー

強度や耐久性に優れた、天然オーク材を使ったキャットツリー。安定感があるため、大型猫も遊べます。抜け毛やホコリが付着しにくいうえお手入れが簡単なので、衛生的に使えるのも特徴です。

ぬくもりやナチュラル感のあるデザインのため、部屋になじみやすいのがポイント。シートや毛布などもオプションで販売されているので、オールシーズン快適な使い心地を味わえます。

さらに、ハウス・展望台・ぽんぽんおもちゃ・爪とぎポールも付属。スムーズに登り降りしやすい設計を採用しているため、猫が思い切り動き回れます。おしゃれな木製タイプの製品を探している方におすすめです。

オットスタイル(ottostyle.jp) キャットツリーモダン165

オットスタイル(ottostyle.jp) キャットツリーモダン165

木の形をモチーフに採用したフォルムがおしゃれなキャットタワーです。サイズが約幅43×奥行60×高さ165cmとコンパクトなので、省スペースで設置可能。組み立てもしやすいため、猫を飼っている一人暮らしの方にもおすすめです。

北欧風のデザインで、インテリアとしても活躍。最下部には、強化ダンボール製の爪とぎボードが付属しています。交換可能なため長く愛用できるのがメリットです。

また、素材には化粧板のなかでも丈夫といわれる、メラミン樹脂化粧中密度繊維板を使用。耐水性・耐候性・耐摩耗性に優れており、お手入れも簡単です。比較的安いのもうれしいポイント。オプションが充実しているので、シーンにあわせてカスタマイズも可能です。

ボンビアルコン(Bonbi) キャットポール クリアハンガー

ボンビアルコン(Bonbi) キャットポール クリアハンガー

ポールにスチールパイプを使ったキャットタワーです。高さは220~265cmで伸縮できて、5kgの猫まで対応可能。シンプルでスタイリッシュなデザインなので、部屋にすっきりなじみやすいモノを選びたい方におすすめです。

棚板には、パーティクルボードとポリエステルを使用。透明ボウルヘッドが付属しているため、下から肉球や愛猫のもふもふ感を観察できます。さらに、ボウルにラタン製のおもちゃも付いているので、飽きることなく遊びやすいのがポイントです。

ハンモックといったオプションを使えばカスタマイズも可能。シーンにあわせて拡張できるのが魅力です。

オッポ(OPPO) キャットフォレスト 2

オッポ(OPPO) キャットフォレスト 2

洗練されたデザインが魅力のキャットタワーです。パーツの向きや高さを、ミリ単位で調節可能。子猫・成猫・シニア猫など、猫の年齢や運動量にあわせて使いやすいよう設定できます。

支柱はスチール、ステップには樹脂を採用しており、強度や安定感にも優れているのが特徴。抜け毛や液体などで汚れてもすばやく拭き取れるので、お手入れも簡単です。ステップの滑り止めシートは取り外して手洗いできるため、衛生的に使えます。

また、高さは約227~270cmで調節可能です。オプションパーツも充実。カスタマイズしたり、劣化した部分を取り替えたりできて便利。見た目にも機能性にもこだわりたい方におすすめです。

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) キャットタワートイレラック ルマティー air-ar-catcb05

エアリゾームインテリア(Air Rhizome Interior) キャットタワートイレラック ルマティー air-ar-catcb05

収納ラックとしての機能も備えたキャットタワーです。トイレ収納も可能な1台3役デザインが魅力。扉で猫用トイレを隠せるため、生活感の軽減や砂の飛び散り予防にも役立ちます。

出入口・抜け穴付き通路・隠し通路・キャットウォークを搭載しており、猫がたっぷり遊べる設計を採用。上下の扉はフルオープン式なので、閉めれば暗い場所が好きな猫がゆったりくつろげます。

可動棚を搭載しているため、収納物のサイズにあわせて調節できて便利。広々した棚もあるので、猫用ベッドも収納可能です。小物や雑貨なども収納できるため、部屋のスペースを有効活用しやすいのもポイント。猫も人間も使いやすいモデルを選びたい方におすすめです。

キャットタワーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

キャットタワーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。