猫の遊び場として、またはリラックスできる休息場所として大活躍するアイテム「キャットタワー」。部屋の一角にキャットタワーを設置するだけで、猫の活動場所を広げられるのが魅力です。そこで今回は、キャットタワーの選び方とおすすめモデルをご紹介します。

キャットタワーって必要?

By: amazon.co.jp

猫は高いところが大好きです。猫の祖先は木の上で生活していたということもあり、高いところに登ると安心できます。

その本能ゆえにカーテンレールや棚の上などに登る猫も多いのですが、軽々と登っていく割に降りるのは苦手です。そのため、高く登れて降りるための足場も付いているキャットタワーを設置してあげると、安全に高いところを満喫できます。

また、室内で飼っている猫はどうしても運動不足になりがちです。限られた部屋のスペースで猫が最大限運動でき、健康で長生きするためには、高さのあるキャットタワーが効果的といえます。

キャットタワーの種類

据え置きタイプのキャットタワー

メリット

By: amazon.co.jp

据え置きタイプのキャットタワーは、頑丈で安定性が高いのが特徴です。置くだけで設置が完了するモノを選べば手間がかかりませんが、自分で組み立てなければならないタイプだとそれなりに時間と手間をかける必要があります。床に置けばすぐ猫も遊べるため、手軽に遊び場を完成させられるのが魅力です。

さらに、据え置きタイプのキャットタワーは移動が容易にできるのもメリット。壁や天井に穴を開けて設置するわけではないため、家具の配置を変えるときも簡単に動かせます。

デメリット

By: amazon.co.jp

多くのメリットを持つ据え置きタイプのキャットタワーですが、製品によっては安全性が低いモノもあるため、注意が必要です。

例えば、底が薄いモノや支えとなる柱の本数が少ないモノは、グラつきやすく猫が遊んでいるときに倒れてしまう危険性があります。据え置きタイプのキャットタワーは、底がしっかりしていてグラつかず、柱の本数が多めのモノを選びましょう。

どんな方におすすめ?

据え置きタイプのキャットタワーは、安全性を重視したい方や、手軽に設置できるキャットタワーが欲しい方におすすめです。大型の猫を飼っている方は、ずっしりと重くグラつかない据え置きタイプを購入すると安心です。

突っ張りタイプのキャットタワー

メリット

突っ張りタイプのキャットタワーは、高さが出せる点がメリット。天井まで届くほど高くできるので、猫の木登り本能を満たせるのがポイントです。

デメリット

By: amazon.co.jp

デメリットは突っ張りが緩むと倒れてしまって危険なので、頻繁に棒が緩んでいないか確認しなければならない点です。置けば設置完了という据え置きタイプとは違い、安全性をこまめにチェックする必要があります。

さらに、天井に穴を開けなければならないモノもあり、移動させる際にも苦労するという点もデメリットです。

どんな方におすすめ?

By: amazon.co.jp

突っ張りタイプは据え置きタイプよりも軽くて倒れやすいため、大型の猫を飼っている方には向きません。そのため、小型の猫を飼っている方で、軽さを重視してキャットタワーを選びたい方は突っ張りタイプがおすすめです。

キャットタワーの選び方

年齢に合わせて高さを選ぶ

By: amazon.co.jp

猫の年齢によって、最適なキャットタワーの高さは異なります。1〜6歳程度の成猫は活発なので、なるべく高さのあるキャットタワーを選びましょう。複数匹猫を飼っている場合も、高くて通路がいくつもあるタイプを選ぶとのびのびと遊べます。

一方、まだ身体能力がそこまで高くない子猫や、7歳以上のシニア猫には高すぎないキャットタワーを選びましょう。高すぎる場所にハウスやおもちゃがあると、無理にジャンプして落下する危険性があります。子猫用には爪とぎやタワーの活用方法をしつけられるモノ、シニア猫にはくつろげるスペースが多くゆっくり休めるモノを選ぶのがおすすめです。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

素材で選ぶ際は、猫が安全に遊べるがどうかを優先しましょう。パイル地やフェルト地で覆われたキャットタワーなら、適度に爪が食い込みスムーズに登ることが可能。ある程度高さのあるキャットタワーでも、落下を防げます。

お手入れのしやすさや、リビングの景観を損ねたくない場合には、木製やメラミン樹脂製がおすすめです。

爪とぎの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

キャットタワーに爪とぎ機能が付いていれば、猫のストレス解消にも役立ちます。ポールに麻縄が巻きつけてあるモノは、爪が引っかかり登りやすく爪とぎも同時にできるのでおすすめ。

また、立ち上がった状態で爪とぎをしたい猫がいる場合は、ステップとステップの間に十分な間隔があるキャットタワーを選んであげましょう。ただし、木製やメラミン樹脂製のキャットタワーは、爪とぎがついていないモノが一般的。その際は別途、爪とぎ専用のアイテムを用意してあげてください。

パーツの角が丸いかどうかで選ぶ

By: rakuten.co.jp

ハウスやステップの形は、角が丸いモノを選ぶのがおすすめ。猫はもちろん、小さな子どもがぶつかって怪我をすることを防げます。角が尖っているタイプを選ぶのであれば、テープを貼って角を丸くするなどの工夫をしましょう。

組み立てやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

木製のキャットタワーなどは、完成品として届く場合もありますが、一般的には届いてから自宅で組み立てるキット式です。ハウスやトンネル、ハンモックなどの付属品が多く複雑な構造のキャットタワーは、どうしても組み立てに時間を要します。

そのため、なるべくシンプルな構造のモノを選ぶのがおすすめです。しかし、どうしても大型のキャットタワーを購入したい場合や、1人で組み立てなければならない場合は、あらかじめ組み立てやすさをチェックしておきましょう。

お手入れのしやすさで選ぶ

ハウスやトンネルが付いているキャットタワーであれば、猫がおもちゃなどを持ち込むことがあるのでこまめに掃除をしなければなりません。そのため、低めの位置にハウスやトンネルなどの掃除をしなければならないパーツが付いているキャットタワーを選びましょう。

また、爪とぎ部分はどうしても劣化しやすいので、爪とぎ部分だけを取り替えられるキャットタワーを選ぶのがおすすめです。

キャットタワーのおすすめメーカー

マウ(Mau)

By: amazon.co.jp

キャットタワーなど猫用の製品開発と販売をメインに行うメーカー「Mau」。安定性を高めた作りが特徴で、ステップ台などを厚くしたり、支柱には強度の高い素材を採用したりしています。また、猫の年齢や大きさに合わせた商品展開をしているのもポイント。

インテリアにマッチするおしゃれなモノもリリースしています。おしゃれさと猫の快適さを併せ持ったキャットタワーを探している方におすすめです。

キャットウィングス(CAT WINGS)

By: amazon.co.jp

「CAT WINGS」は、キャットタワーや猫雑貨などをリリースしているブランドです。「家の中でも猫が飛び回って遊べる空間をつくってあげたい」というコンセプトから生まれました。

キャットタワーは、”楽しい・遊べる・居心地のよい”というテーマを元につくられています。また、飼い主に嬉しい省スペース設計で、ネジの緩みや増し締めのメンテナンスがしやすい構造も魅力。猫と飼い主の双方が快適に過ごせるキャットタワーを探している方におすすめです。

キャットタワーのおすすめ|据え置きタイプ

リン(RINN) NEKO Modern Cat Tree

猫が穏やかに過ごせるように配慮しつつ、高級感のあるインテリアとしても置ける木製キャットタワー。年間22台限定販売という、プレミアムな逸品です。素材には、最高品質の天然木を採用。支柱には爪とぎ用の麻縄が巻かれています。

扉のように外側を開閉できるため、お手入れも簡単。いつでも清潔な空間を保てます。日本の高い技術を結集させた、おしゃれさと猫の快適性を両立させたキャットタワーです。

マウ(Mau) タワー プルミエ mt-006

マウのスタンダードタイプのキャットタワーです。ポールはすべて麻縄仕立てで、立ったまま爪とぎができるステップ間の広さが魅力。また、ステップ台は高低差を低くし、かつ登りやすい配置に設計されているのもポイントです。中段部にはハウス、最上段にはクッション入りのベッドを搭載しており、昼寝の際にも役立ちます。

オフホワイトのシンプルなカラーで、インテリアにマッチしやすいのも魅力。ベーシックな設計にこだわって作られているので、初めてキャットタワーを購入する方にもおすすめです。

SONGMICS キャットタワー NPCT90

やんちゃ盛りの猫のために設計されたキャットタワー。直径4mmの太い天然サイザル麻紐をポール全体に巻きつけてあるため、思う存分爪とぎができます。遊べる機能が満載なおすすめの1台です。

最上部には2つのベッド、中段に2つのハウスとハンモックを設けてあるため、多頭飼いでもそれぞれに好きな寝場所を確保できます。本体は角を丸く仕上げてあるため万が一ぶつかっても安心。また、不意の転倒に備え、固定金具が備え付けられているなど安全面にも配慮されています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットランド CLF-5

見た目にもこだわりたい方におすすめなのが、まるでツリーハウスのようなデザインのキャットタワー。可愛いらしいデザインで、インテリアとしても楽しめる製品です。コンパクトサイズなので小型、もしくは中型の猫におすすめ。上部には屋根付きの可愛いハウスやベッドも備わっているので、好きな場所でくつろげます。

下段の土台は1本のポールですが、十分な重さがあるので安定性も安心です。組み立てやすいので、一人暮らしの方にもおすすめです。

ロウヤ(LOWYA) キャットタワー

多頭飼いの方におすすめの大型キャットタワー。さまざまな年齢の猫が快適に遊べる機能が満載です。たとえば、下段に猫ハウスや階段を配置することで、シニア猫も安全に使用できます。上段には子猫や成猫が遊べるトンネルやハンモック、ベッドを搭載。部屋の中でも思う存分体を動かせます。

3本のポールにはすべて麻縄が巻きつけてあるため、爪とぎ対策も万全。変形させてコーナーにも設置できるため、部屋のレイアウトに合わせ省スペースでキャットタワーを置きたい方におすすめです。

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-T0923

最上部にベッドを搭載したシンプルなキャットタワー。高さは139cmと低めの設計なので、ラクに最上部から猫を降ろせます。中段部に配置したハート型のステップは、丸みを帯び安全性にも配慮したデザインです。足腰の弱いシニア猫もラクに登り降りできるよう、2段目までのステップが低めに設計されているのも魅力。

麻縄仕様のポールがあり、ステップとステップの間隔が広いため立ったままでも爪とぎしやすくしています。子猫からシニア猫まで使えるキャットタワーを探している方におすすめです。

YNORS キャットタワー

紙紐で編まれたバスケットとハウスを搭載した、環境に優しいキャットタワーです。通気性もよく、ポール全面に天然サイザル麻縄を巻きつけてあるので爪とぎもできます。重さは約10kgとキャットタワーのなかでは軽量なため、配置換えも比較的ラクに行えるのも魅力です。

バスケットとハウスは、職人が丹精込めて作ったハンドメイド。耐久性にも優れ、大型のラグドールやメインクーンもゆったりと過ごせます。構造もシンプルなので、簡単に組み立てできるモノを探している方にもおすすめです。

ottostyle.jp キャットツリー

モダンなデザインがおしゃれな木製のキャットタワー。耐久性、耐水性に優れたポリ塩化ビニル樹脂製の化粧板を採用しているため、傷がつきにくく拭き掃除などお手入れしやすいのが魅力です。「木」をイメージしたおしゃれなフォルムは、北欧スタイルのリビングにも馴染みます。

最下部にはゆったりとくつろげるハウスを配置し、その上には思う存分ガリガリできるダンボール製の爪とぎも設置。猫の年齢や成長に合わせ、板の前後を入れ替えたり、高さを変更したりできます。4色の木目調カラーから選べるため、部屋の雰囲気に合わせて選べます。

ottostyle.jp キャットタワー KITTEN

とにかく組み立てしやすいコンパクトなキャットタワー。ポールには爪とぎができる麻縄が巻きつけられています。程よく爪が引っかかるため、子猫の登り降りの練習用にもおすすめです。上部には大きめのハンモックが付いており、小さな子猫でもぽっちゃりした猫でもゆったりとくつろげます。

また、2本のポールでしかりと支えてあるため、強度と安定性も良好です。また、ポールを交換して高さを変えることも可能。短めのポールに交換すれば、シニア猫でも登りやすくベッド代わりに使用できます。軽量なので持ち運びもスムーズ。コンパクトなキャットタワーを探している方におすすめです。

キャットタワーのおすすめ|突っ張りタイプ

マウ(Mau) タワー トルテ mt-008

突っ張りタイプのキャットタワー。全体を丸いフォルムにすることで、圧迫感を軽減させています。高い位置にハウスが付いているので、高いところに登りたい猫におすすめです。

3本のポールは全面麻縄仕上げ。爪の引っかかりもよく、上までスムーズに登れます。ステップの配置も猫が登りやすいよう設計されているのも魅力です。対応天井高は234〜266cmなので、購入前にしっかりと設置場所の天井高を確認しておきましょう。

キャットウィングス(CAT WINGS) キャットタワー CW-RT021

ステップ数が多い、突っ張りタイプのキャットタワーです。子猫や元気な成猫は高い場所まで登れ、低いステップもあるのでぽっちゃりした猫やシニア猫も足腰に負担がかかりにくいのが魅力。

上段には同時に2頭の猫がくつろげる、ふかふかのベッド付き。2本のポールでしっかりと突っ張るため、安定感も良好です。爪とぎができる麻縄も巻きつけられているので、別途爪どきを購入する手間もかかりません。年齢がバラバラの猫を多頭飼いしている方はぜひチェックしてみてください。

ボンビアルコン (Bonbi) キャットウォーク

部屋にスッキリと取り付けたい方におすすめの、壁面突っ張りタイプのキャットタワー。壁面に水平に設置することで、空間を最大限に活用でき、猫の遊び場所も確保できます。

ステップやハンモックは、好きな位置に取り付けが可能。猫の運動能力に合わせ、ステップ幅を簡単に変えられるのが特徴です。ステップを取り外すだけで、お手入れが容易にできるのもポイント。限られたスペースでも設置できるキャットタワーを探している方におすすめです。

ボンビアルコン(Bonbi) キャットポール CP-SB01

本キャットタワーは、ステップが全て円形のため、スタイリッシュで圧迫感なく設置できます。スチールの伸縮パイプで高さ調節もラクラク。天井高は、220〜265cmの範囲で調整できます。ステップやハンモックは、ジョイントして好きな場所にネジで留めるだけというシンプルな設計も魅力。

ハンモックの耐荷量は約5kgと大型の猫にはやや不向きですが、高い場所が好きな子猫や小型の成猫に最適。省スペースで上下運動やリラックススペースを確保してあげたいという方におすすめの1台です。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットランド ZJS-09016-1

コーナーにフィットする突っ張りタイプのキャットタワー。部屋のデッドスペースを有効活用して、猫の遊び場所を作ってあげたい方におすすめです。2本のポールでしっかりと支えるため、元気な猫がキャットタワーを飛び回っても、ぐらつきにくく安心。

ステップ中段にはくつろげるハウスや通り抜けて遊べる穴の通路もあります。また、麻縄が巻かれた爪とぎスペースも充実。猫の遊び心をくすぐる仕掛けが詰まった1台です。ブラウン・ネイビー・ベージュの落ち着きのある3色から、部屋の雰囲気に合わせて選べるのも魅力です。

ウェイモール(WEIMALL) キャットランド キャットファニチャー

遊べる機能が満載の、突っ張りタイプのキャットタワーです。下段と中段にはリラックススペースを3カ所設置。シニア猫でも登りやすい階段や、やんちゃな猫がぶら下がって遊べるロープなど、さまざまな年齢の猫が快適に遊べる配慮がされています。また、全てのフロアに肌触りのよいサラサラの素材を採用しているのもポイントです。

これだけの機能がついているのにもかかわらず、リーズナブルな価格というのも魅力。1本のポールで天井にしっかり固定できますが、活発に動き回ることを想定して、時折ポールがゆるんでいないかチェックしましょう。