家の中で放し飼いにするケースが多い飼い猫ですが、飼い始めや来客時などに使用できるのが「猫用ゲージ」です。猫が安全で安心できるスペースを確保するのに便利なアイテム。猫用ゲージは大きさやタイプもさまざまで、愛猫にあわせて選ぶのがポイントです。

そこで今回は、猫用ゲージの選び方やおすすめのモデルをご紹介します。気になる方は、ぜひチェックしてみてください。

猫用ケージの選び方

置くスペースに合ったサイズを選ぶ

By: amazon.co.jp

猫用ケージを選ぶときは、まずはサイズをしっかりと確認しておきましょう。サイズを計算せずに猫用ゲージを購入してしまうと、想定しておいた場所に収まらないケースもあります。置くスペースに合ったサイズの猫用ゲージを選ぶのがポイントです。

間取りや部屋の広さによってあまり大きなサイズのモノが置けない場合には、スリムなタイプの購入も検討してみてください。

高さをチェック

By: amazon.co.jp

猫にとって、限られた狭いスペースに長時間入っているのはストレスの原因となることもあるので注意が必要。高さがあるモノであれば昇り降りの運動ができ、ストレスの解消にもつながるためおすすめです。

また、猫の成長や大きさに応じて高さをチェックして選ぶのも重要。成猫の場合は、120cm以上の高さで2~3段あるタイプがおすすめです。

トイレの大きさを考慮して選ぶ

By: amazon.co.jp

猫用ゲージに一定時間猫を入れておくのであればトイレの大きさも要チェック。トイレの大きさに対して猫が歩きやすいスペースを確保できる、余裕を持ったサイズを選ぶのが大切です。

また、扉の大きさもポイント。扉が大きなタイプであればトイレの出し入れもしやすく、砂の交換もスムーズにできて便利です。

安全面をチェック

By: amazon.co.jp

猫用ゲージの中で猫が飛び跳ねて壊れると、怪我をするリスクがあります。そのため、猫が飛び跳ねても壊れないように、安全面をチェックして選ぶのも重要。耐久性をはじめ、体格が大きな猫にも対応できる耐荷重の高さも確認しておきましょう。

また、網を噛んで剥がれた塗料など、異物を飲み込むケースも考えられます。誤飲を防ぐためにも、網を噛んでも安全かどうかもチェックしてみてください。

素材をチェック

By: amazon.co.jp

猫用ゲージにはプラスチックや木製など、さまざまな素材が採用されています。プラスチック製のモノであれば、軽量で移動しやすいのがポイント。汚れが気になるときは、丸洗いできるのも魅力です。

また、木製はおしゃれなモノが多くラインナップされているのが特徴。部屋のインテリアにも馴染みやすく、見た目にこだわりたい方に適しています。

キャスターが付いているモノをチェック

By: amazon.co.jp

猫用ゲージの最下部や置いている場所の周辺は、ホコリや抜け毛、トイレ用の砂などで汚れやすいため、定期的な清掃が必要です。キャスター付きのタイプであればゲージを移動しやすく、掃除も楽に行えます。また、部屋の模様替えで移動させる場合や、引っ越しなどでの持ち運びもできるためチェックしてみてください。

猫用ケージのおすすめ

オーエフティー(OFT) キャットツリーケージ THREE

円柱型のスリムなツリータイプで、おしゃれなデザインが特徴的な猫用ゲージ。3段タイプで、サイズが直径75.5×高さ204.5cm。高さがあるため、上下運動も活発に行えます。

プラスチック製で丸洗いができるうえ、1段毎に大きな扉が設置されているので掃除や手入れがしやすいのも魅力。キャスターも付いており、移動も簡単にできて便利です。

また、飼い猫の成長や大きさなどに応じて、2段での使用も可能。おしゃれなデザインで、利便性にも優れた猫用ゲージを探している方におすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ペットケージ 3段 PEC-903

十分な高さを備えた大型の猫用ゲージ。3段タイプで、おもちゃで遊んだり、ベッドで寝たりできる棚板が設置されているのが特徴。猫が快適に過ごせるスペースをしっかりと確保できます。

また、最下部はトイレや食器台を置いても余裕のある広さがあり、扉も大きいので出し入れが簡単。さらに、移動がしやすいキャスターも搭載しているなど、多機能で使い勝手がよいのも魅力です。大型でゆとりのある広さと高さがあるため、多頭飼いでの使用にも適しています。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) コンビネーションサークル にゃんこ向け2段セット P-CS-932

別売りのパーツを組み合わせて、縦や横に増築ができる猫用ゲージ。飼い猫の成長に合わせられるのはもちろん、新しい家族を迎えた場合など、用途によって縦につなげたり横に広げたりして使用できます。

本体のサイズは幅93×奥行き65×高さ122cmで、快適に過ごせる高さとスペースを確保。また、扉はスライド式で、タイトな場所でも開け閉めしやすいのがポイントです。使い勝手に優れたモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) キャットランドケージ スリム PCLC-703

キャットタワータイプの猫用ゲージ。ステップに使用できる棚板が4枚搭載されており、猫によって高さ調節が可能です。子猫の成長にあわせて段差を調節できます。

また、麻縄が巻き付けられているポールを設置しているのもポイント。爪とぎができるので、ストレスの解消にもつながります。ポールはしっかりと屋根と底部に固定されているため、爪とぎや、よじ登ったり飛びついたりしても安心。さらに、ゆっくりくつろげるハンモックも備えているおすすめのモデルです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) プラケージ 813

オールプラスチック製で錆びにくい猫用ゲージです。丸洗いができ、お手入れしやすいのが特徴。キャスターも搭載しているのでスムーズに移動でき、本体の持ち運びやゲージ下の掃除をするのにも便利です。

サイズは幅82.5×奥行き56.5×高さ175.2cmと大きめ。棚板をステップにして上下運動をするなど、活発に動き回れるのが魅力です。さらに、2段目が30kgで3段目が15kgと優れた耐荷重を備えており、安全性にも配慮されています。

アドメイト(Add.Mate) ヴィラフォートキャットサークル

多機能搭載で便利に使用できる猫用ゲージ。トイレとしてもベッドとしても使える多機能ステップが2個付いており、用途に応じて使い分けができます。正面には2ヶ所のスライドドアを配置。屋根も開閉ができるため、猫やトイレなどの出し入れがしやすいのもポイントです。

また、猫が自分で出入りできる「ねこドア」も設置。スライド式のロックが付いているので、一定時間入れておくなど状況によって使い分けられます。さらに、最下部のトレーはフチが高い設計で、トイレの砂が飛び散るのを防ぎやすいのも魅力です。

位置と向きを自由に取り付けられる、爪とぎ用のホルダーも搭載。さまざまな機能を備えた、利便性が高い猫用ゲージを探している方におすすめです。

ボンビアルコン(Bonbi) ウッドワンサークル キャット ミニ

木製のフレームを採用した猫用ゲージです。見た目がおしゃれで、ぬくもりのあるデザインが特徴。本体サイズが幅68.5×奥行き53×高さ83.5cmとコンパクトで、限られたスペースに置いて使用するのに適しています。

上下運動のステップに使えるハンガーベッドや、のんびりとくつろげるハンモックを備えているのもポイント。また、扉の取り外しも可能で、トイレの出し入れも楽に行えるおすすめのモデルです。

Amazonベーシック(AmazonBasics) 猫用ケージ 大型 3階層

コンパクトに折りたためる猫用ゲージ。使用しないときの収納や持ち運びにも便利なモデルです。本体の網には、「Eコート加工」を施した金属製ワイヤーを採用。耐錆性と耐久性に優れているのもポイントです。

サイズは幅91×奥行き56×高さ130cmで、ゲージ内は3階層を採用。上下運動はもちろん、自由に遊んだりくつろいだりするのに適したスペースが確保されています。

また、キャスターも付いているため、移動がスムーズに行えるのも魅力。大型サイズで猫が快適に過ごせるのはもちろん、使い勝手のよさも備えたおすすめのモデルです。

ペティオ(Petio) necoco 仔猫からのしつけにもぴったりな キャットルームサークル

猫が自由に出入りできる「ねこドア」を備えた猫用ゲージ。トイレやベッドなどに使用できる多機能ステップもあるため、用途に応じて便利に使い分けができます。

また、扉はスライドタイプを採用。屋根の開閉もできるので、猫やトイレの出し入れも簡単です。さらに、便利に移動できるキャスターも備えています。屋根も開放でき、利便性に優れたモデルです。

マルカン(MARUKAN) キャットフレンドルーム スリム2段 CT-322

2段タイプを採用しており、天板の取り外しが可能な猫用ゲージです。下段に取り付けて、1段にもできる利便性が特徴。折りたたみもでき、収納や持ち運びの際にも便利です。

また、扉のサイズは幅55.5×高さ44cmと広めに設計されており、トイレの出し入れも簡単。さらに、底トレーのフェンス手前に高さを設けているもポイント。トイレの砂や汚れが網との隙間にたまりにくく、掃除がしやすい仕様です。コスパに優れた猫用ゲージを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

猫用ケージのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

猫用ケージのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。