猫の胴体に装着してリードなどを繋いで使う「猫用ハーネス」。散歩グッズとして知名度の高いアイテムですが、キャリーバッグを用いた移動などの際にも脱走防止の用途で使用できます。万が一に備えて一つ持っておくと安心です。

今回は、おすすめの猫用ハーネスをピックアップ。形状ごとに分けてご紹介するので、愛猫に合った製品を探してみてください。

猫用ハーネスの必要性

By: amazon.co.jp

猫用ハーネスとは、猫の胴部分に装着する胴輪のこと。散歩の際などにリードを取り付けて使う用途が一般的です。しかし、散歩の際だけでなく、キャリーバッグで猫を運ぶ際などにも脱走防止の用途でも使用できます。

たとえば、移動中に猫がキャリーバッグから飛び出してしまうトラブルも、ハーネスを飛び出し防止フックに繋ぐことで防止可能。さらに、しっかりとリードを握っておけば防止フックが外れてしまった場合も猫と離れ離れになるリスクを軽減できます。

また、災害などで避難が必要になった場合にもハーネスとリードを持っておくと安心。避難時には普段と異なる雰囲気で猫が落ち着かずに脱走してしまう可能性があります。万が一の際にもハーネスをつけてリードを繋げられるように、普段からハーネスに慣らしておくのがおすすめです。

猫用ハーネスの選び方

正しいサイズを選ぶためには胴回りを計測しよう

猫用ハーネスを安心して使うためには、正しいサイズのモノを選ぶことが重要。正しいサイズを確認するためには、猫の胴回りを計測する必要があります。胴回りを測る際には、猫を4本足で立たせた状態で、前足の脇の下あたりを少しきつめに、ぴったりとフィットさせて計測してください。

計測中には、猫の姿勢に注意。腰を下ろしたり、伸びをしたり、横たわったりしている状態では正しいサイズを計測できません。可能であれば大人2人で、1人が猫の体を支え、1人がサイズを計測するとスムーズに行えます。

製品を選ぶときは、計測した数値より1cm程度、もしくは指1本分大きいサイズがおすすめ。小さすぎると猫がストレスを感じてしまいますが、大きすぎると脱げてしまう可能性があります。安全かつ安心して使うためにも、きちんとサイズを確認しておきましょう。

ハーネスのタイプで選ぶ

脱げにくくデザインも豊富な「ベストタイプ」

By: amazon.co.jp

ベストタイプは、洋服のように体を包みこむ形状のハーネス。猫の体に触れる面積が広くホールド感があり、引っ張っても抜けにくいのが特徴です。また、引っ張った際に面で衝撃を受けるため、猫の体にかかる負担の軽減も期待できます。

デザイン性に優れているのも魅力。洋服のベストのような形状で目に触れる部分が大きく、さまざまなデザインの製品が発売されています。おしゃれで抜けにくい製品を探している方におすすめです。

ただし、猫の体をしっかりと覆うためやや動きにくいのがデメリット。慣れないうちは猫が固まってしまうことも多いため、注意が必要です。

動きやすくサイズも調節しやすい「紐タイプ」

By: amazon.co.jp

紐タイプは、本体が紐で作られたハーネス。体に触れる面積が小さいため、動きやすいのが特徴です。それぞれの紐にアジャスターを備えた製品が多く、猫の体に合わせたサイズ調節も簡単に行えます。また、コンパクトなので持ち運びやすいのも魅力です。

ただし、紐が体に食い込んで猫の体に負担をかけてしまう可能性がある点には注意。強く引っ張ると猫の体が抜け出してしまう場合もあるため、やんちゃな猫には適していません。動きを制限されにくいためストレスは少なめですが、つけ方が複雑なモノも多いので、ハーネスに慣れている猫におすすめです。

用途に合ったハーネスを選ぼう

散歩用には外れにくいモノがおすすめ

By: amazon.co.jp

散歩用にハーネスを購入する場合には、外れにくいモノを選びましょう。猫は体が柔らかいため、ハーネスを着用していても何かの拍子にするりと抜け出してしまう場合があります。脱走を防止するためにも、猫の体にしっかりとフィットして外れにくい製品を選ぶことが重要です。

形状としては、前足を通してしっかりと胴回りを覆えるモノがおすすめ。ベストタイプならば、猫が急に走り出した場合などでも衝撃を面で受けて吸収するので体にかかる負担の軽減が可能です。また、首回りと腰回りの2か所で留めるダブルロックタイプも脱走防止に適しています。

動物病院に連れて行くときは着脱がしやすいモノを

By: amazon.co.jp

動物病院に連れて行く際のハーネスを選ぶ際には、着脱しやすいモノがおすすめ。定期健診をはじめとした病院での診察の際には、ハーネスを身に着けた状態ではできない内容が含まれる場合もあります。獣医師の指示があった際、すぐ脱がせられるモノを選んでおくと便利です。

着脱が容易なハーネスならば、装着の手間が軽減できるため、診察室からのスムーズな退室も可能。動物病院に迷惑をかけずに使えるので快適です。

やんちゃな猫ちゃんには「ダブルロックタイプ」

By: amazon.co.jp

ダブルロックタイプは、首元と腰の2か所で留めるハーネス。猫の体をしっかりとホールドできるため、やんちゃな猫を飼っている方にも人気があります。万が一片方のロックが外れてしまった場合にも、もう片方のロックで体を固定するため、脱走リスクの軽減が可能です

ダブルロックタイプの製品には、ベストタイプに近い形状のモノと紐タイプに近い形状のモノの両方があり、双方のメリットを兼ね備えたモノが豊富。本記事ではより形状の近いタイプに分類してご紹介します。

素材によって着心地や動きやすさも変わる

猫用ハーネスを選ぶ際には、どのような素材を使用しているかをチェックしておくのも重要。素材はハーネスの着心地や動きやすさを左右するので、愛猫が快適に過ごせるようなモノを選ぶのがおすすめです。

ベストタイプのハーネスは、通気性に優れたクッション性のある素材がおすすめ。蒸れにくく、ちょっとした衝撃を受けた場合も猫にかかる負担を軽減できます。また、肌に直接触れるモノなので、肌触りのよい素材を使用した製品も人気です。

紐タイプのハーネスは、ナイロン製の製品が主流。頑丈で耐久力に優れており、長く使い続けられます。さらに、水洗いに対応したモノが多いため、清潔さを保ちやすいのも魅力。扱いやすいポリエステル製の製品なども発売されています。

猫用ハーネスのおすすめ|ベストタイプ

ラディカ(RADICA) キャットストロール ソフトハーネス&リード

猫の体型に合わせて細かく調節できるベスト型のハーネス。首と胴に分かれた面ファスナーと、ハーネスの左右に付いたバックルでサイズを調節できるのが特徴です。実際に何度も試着と散歩をして、抜けにくい形を追求しています。

体が柔らかく、ハーネスから抜けやすい猫が抜けないための工夫をたくさんしているのが魅力。はがれにくいタイプの面ファスナーを採用し、上下で貼り付けの方向を変えています。ハーネス左右のバックルでしっかりと体に沿わせて装着できるのもポイントです。

本体部分はソフトタッチの生地に中綿を入れたソフトな着け心地。体をすっぽり包み込み、引っ張る力を分散しながら快適に散歩ができます。長さ調節可能なリードもセットでついてくるため、トータルコーディネートが可能。持ち手の裏はスポンジメッシュで飼い主への負担も軽減できます。機能性と装着性、デザイン性を兼ね備えた製品を探している方におすすめです。

ゴロにゃん(56nyan) 猫用ハーネス ダブルブロックタイプ

猫専門店が考えて作ったハーネス。胸まわりと腹帯部の2か所を留めるダブルブロック構造が特徴です。万が一上部の胴輪が外れても腹帯部の胴輪でしっかりとホールドするため、猫の脱走防止に役立ちます。

直接体に当たる部分には柔らかなコットン素材を採用。衝撃は面で吸収するため、猫への負担を軽減できます。肩に当たるラインが緩やかで、腹帯部の帯は細め。猫の体にやさしくフィットするため、高いホールド感を保ちながら動きやすさも両立しています。

胸当てが可動式で胸板の厚さによってサイズ感を調節できるのも魅力。胴回りも面ファスナーでしっかりと猫の体にフィットさせられます。反射板付きで光が当たると一部分が発光。暗い環境で使う必要がある場合にもおすすめです。

イイクル(iikuru) 猫用ハーネス

頭を通さず、面ファスナーで簡単に装着できるベスト型の猫用ハーネス。耐久性のある金属を採用した固定バックルと。幅広の面ファスナーを採用しているのが特徴です。体をしっかりと包み込んでフィットするため脱げにくく、移動時の脱走防止に適しています。

高品質な生地を採用しているのも魅力。表面は汚れにくく、内側は通気性のよいクリアナイロンで、快適に着用できます。さらに、クッション性にも優れており、ハーネス全体で体を支えるため、首への負担軽減も可能です。

洋服感覚で着用できるデザインもポイント。ベスト全体に大きめの柄が入っているのに加え、胸元には蝶ネクタイのようなリボンを備えています。おしゃれでかわいいハーネスを探している方におすすめです。

ペピイ(PEPPY) ハンドルベスト フラワー ハーネス

愛猫への負担が少ないベスト型の猫用ハーネス。猫の体型を考えた形状で、体を包み込むようにフィットするのが特徴です。面で支えるため体にかかる圧力が分散でき、猫への負担を軽減。脱げにくく、リードを併用しても使えます。

着脱時には幅の広い面ファスナーを採用。頭を通さずに着脱できて、体に合わせたサイズ調節も簡単です。しっかりと止まるため、誤って外れてしまうリスクも軽減できます。

背中にはとっさのときにつかめるハンドル付き。病院へ連れていく際や、避難する際など、猫が脱走してしまいそうなシーンに適しています。かわいらしいデザインで、同社のなかでも長く人気を集めているおすすめの製品です。

ポンポリース(PomPreece) 猫用スーパーハーネス&リード トリコCAT

シンプルで扱いやすい猫用ハーネス。付け方は頭と前足を通して背中側にあるクリップを下ろすだけで、簡単に着脱できるのが特徴です。セーフティーロック付きで外れにくく、猫の脱走リスクを軽減できます。

表はミニ裏毛、裏はエアメッシュ生地を採用。通気性とクッション性に優れているのが魅力です。強く引っ張った際も負荷が首に集中せず、胸全体に分散されるので安心して使えます。また、繊維上に付着した細菌の繁殖を抑制する抗菌効果を謳っているのもポイント。嫌なニオイの軽減も期待できます。

セットのリードは蓄光・反射素材のリフレクター付き。歩行者には蓄光の光、車や自転車のライトには反射の光で存在をアピールできます。夜間に猫と散歩を楽しみたい場合に便利なおすすめの製品です。

ねこヒーローズ(猫Heroes) いつでもおでかけハーネス

初めて猫用ハーネスを使う方に適したスターターキット。箱入りのハーネスと専用リード、収納袋と説明書のセットで、日々の散歩から非常時の備えまで幅広く対応できるのが特徴です。サイズはS・M・Lの3段階、カラーは5色から猫や好みに合わせて選択できます。

通気性に優れたエアリーメッシュを採用しているのが魅力。体温を調節しやすいので、ムレにくく快適です。面ファスナーと差し込みバックルによる固定でしっかりとボディにフィットさせることが可能。アジャスターも付いており、簡単に愛猫の体に合わせられます。

本体の一部に反射素材を用いているのもポイント。夜間や暗い場所での使用にも便利です。リードと本体の接続には金具を用いており、外れてしまうリスクを軽減。安い価格ながらも使い勝手に優れたおすすめの製品です。

猫の暮らし ハンドルベスト ハーネス セーラーマリン

さまざまなシーンで役立つ確保用のハンドルを備えたベストハーネス。背中のバックル部分を握って猫を捕まえられるのが特徴です。病院やお出かけ、災害時などに猫が逃げてしまうリスクを軽減できます。

装着しやすい構造が魅力。背中の面ファスナーを開いて足を通して閉じるだけの簡単構造で、素早く確実に猫を確保できます。面ファスナーはベビーウェアにも使われるソフトタイプなのでごわごわしにくく、しなやかな柔らかさを保てるのもポイントです。

肌に当たる内側には柔らかなオーガニックコットン素材を採用。胸部を包み、しっかりと面で支えるため持ち上げた際に猫にかかる負担も軽減できます。落ち着いたネイビーのかわいいセーラーデザインで、おしゃれも楽しめるおすすめの猫用ハーネスです。

養楽堂 猫用ハーネス

かわいいデザインを採用したベストタイプの猫用ハーネス。高品質で汚れにくいチェック柄の表地に、胸元のリボンがアクセントを加えているのが特徴です。シンプルで長さの調節にも対応したリードが付属しており、簡単に使用できます。

裏地にクッションメッシュ素材を採用している重魅力。サラッとした肌触りで通気性もよく、快適に使用できます。衝撃を受けた際も面で吸収してくれるので、首元にかかる負担の軽減も可能です。

装着やサイズ調節が簡単なのもポイント。着用に手間がかからず、楽に使用できます。カラーやサイズ展開も豊富。気軽におしゃれなハーネスを楽しみたい方におすすめです。

Dihapet 猫ハーネス リードセット

着心地にこだわったベストタイプの猫用ハーネス。本体部分に通気メッシュを採用しており、蒸れにくいのが特徴です。胸当てと背当てにはクッションパッドが入っており、引っ張った時の衝撃も面で吸収するため、猫にかかる負担を軽減できます。

猫の体が抜けにくい構造も魅力。首回りに2つ、腰回りに1つのバックルを備えたダブルブロック構造を採用しています。サイズ調節も行いやすく、洋服を着た上からなどでも着用できて便利です。

リードが付属しているのもポイント。リードとハーネスの接続部分には360°回転する金属製のナスカンを採用しているため、使い勝手も良好です。リードの持ち手にも通気性のよいメッシュ素材を採用。夜間に便利な反射材も使用したおすすめの製品です。

Angelpet 猫用ハーネス

首回りへの負担を減らしたソフトタッチなベストタイプのハーネス。内側に柔らかなメッシュ素材を使用しているのが特徴です。空気を通す穴が無数に空いており、速乾性と通気性に優れているため、暑い季節の着用にも適しています。

愛猫の体に合わせてサイズを調節しやすいのも魅力。首周りに2つ、腰回りに1つのバックルを備えたダブルブロック構造を採用しています。さらに、小さな猫の体にも合わせやすい面ファスナーも使用。頭を通さず簡単に装着できるので、素早く着脱させたい場合に便利です。

縁取りに反射材を採用しているのもポイント。暗所でも光を反射するため見やすく、夜間の使用にも適しています。さらに、背中のDカンは耐久性に優れた亜鉛合金製。頑丈で長持ちしやすいおすすめの製品です。

猫用ハーネスのおすすめ|紐タイプ

アース・ペット(earth pet) ねこモテ 猫胴輪セット

愛猫との散歩に適した紐タイプの猫用ハーネスです。8の字状のベルトで、取り付けしやすいのが特徴。肌に触れる面積が狭く、首と胴の2か所にぴったりとフィットします。

体重7kgまでの成猫を対象としており、胴回りは20~40cmの範囲で調節可能。さらに、全長120cmのリードも付属しています。ナイロン製の紐には可愛らしいデザインをプリント。手軽に装着できる紐タイプの製品を探している方におすすめです。

ペットセーフ(PetSafe) イージーウォーク ネコ用ハーネス&バンジーリード

室内飼いの猫を安全に外に連れ出すための猫用ハーネス。獣医師との共同開発により、デリケートなのどを締め付けにくい形状を実現しているのが特徴です。息苦しくならないような設計と同時に、抜け出しにくいように体にぴったりとフィットさせられるように作られています。

腹ストラップに2つの留め具を採用しているのが魅力。各ストラップは色分けされており、簡単に見分けることができます。付け方は愛猫の頭を通して腹ストラップを留めるシンプルな方法で、調節スライドによって猫の体に合わせた調節が可能です。

使用中は背中のD型リングを通したショルダーストラップが締まり具合を自動調節。前に突進する動きを抑えつつ、脱走のリスクを軽減できます。さらに、1.05mのバンジーリードが付属。バネのように伸び縮みするリードで愛猫の自由な動きをサポートしつつ使える、散歩時におすすめの製品です。

ピダン(pidan) 猫用ハーネス リードセット

パリと上海に拠点を置くデザイナーズペット用品ブランド「ピダン」の猫用ハーネス。押すだけで楽に外れるワンタッチ式のバックルを採用しており、素早く着脱できるのが特徴です。スムーズな着脱により、猫へのストレスを軽減できます。

絡まりにくいリード連結部分も魅力。留め具に亜鉛合金を採用しており、軽量ながらも高耐久で、頑丈さも両立しています。猫の動きに合わせてくるくると回る回転カンにより、リード紐が絡まりにくく、安全性を高めているのもポイントです。

素材はツヤのあるポリエステルを採用。水洗いに対応しており、清潔さを保てます。4種類のデザインとカラーで、おしゃれさも実現。大人しく、越智伝性質の猫におすすめの散歩用ハーネスです。

ペティオ(Petio) Anycat エニーキャット ハーネス ストライプ

猫の体の特徴をふまえて作られた猫専用のハーネス。首と胴回りの2か所をホールドするダブルロックタイプなのが特徴です。前側が脱げてしまっても胴回りをしっかりとホールドできるので、着用中の猫の脱走リスクを軽減できます。

首・胴回りのどちらもサイズ調節が可能。猫の体とハーネスの生地の間に隙間ができにくく、すっぽ抜けしにくいように作られています。体に負担をかけにくいやさしい構造も魅力。引き紐の取り付け位置が工夫されており、紐を引いた際の首への負担を軽減できます。

肌に当たる面にはクッション性のある「ダブルラッセル生地」を採用。120cmのリードも付属しており、初めてハーネスを使う方にも適しています。庭やベランダでの日向ぼっこや。病院へのお出かけなどに使いたい方におすすめです。

ペティオ(Petio) 猫小町ハーネスリード

ハーネスとリードが一体になった紐タイプの猫用ハーネス。首輪と胴輪部分がそれぞれ独立したテープで作られているのが特徴です。首回りは15~40cm、胴回りは20~50cmの範囲でサイズを調節できます。

簡単に装着できるのが魅力。首輪側を頭に通し、バックル付きの胴輪側を前足付け根の後ろあたりに装着して、2つの輪の交流部分にある調節クリップを下げて体にフィットさせます。リードに備わったループでたるみの調節もでき、紐のゆるみを整えられるので安心です。

かわいい和風テイストのおしゃれなデザインもポイント。また、首元には反射鈴も備わっているため、夜間の使用にも適しています。7kgまでの大柄な猫にも着用できるおすすめの製品です。

ジーキャット(zee.cat) LEASH HARNESS SETリード・ハーネスセット

リオデジャネイロの犬具ブランド「zee.dog」の姉妹ブランド「zee.cat」の猫用ハーネス。耐久性と柔らかさのバランスに優れているのが特徴です。首輪と胴輪を背中で繋ぐH型デザインを採用しています。

ワンタッチで使える4点留めパワーバックルも魅力。ワンタッチながらもしっかりと止められるので安全性にも優れています。バックルは猫用の小型タイプを採用しており、手袋をつけたままでも簡単に取り外しが可能。首輪と胴輪にそれぞれバックルが付いているので、楽に着脱できます。

首回りは20~30cm、胴回りは26~41cmの範囲でサイズ調節が可能。同柄のリードも付属しています。ゴム製のかわいいスカルエンブレムがアクセントになった、おしゃれなデザインのおすすめ製品です。

PUPTECK ハーネス 猫用

ナイロン素材で耐久性に優れた紐タイプの猫用ハーネス。首回り18~26cm、胴回り26~44cmの幅広いサイズ調節に対応しているのが特徴です。子猫から成猫まで使えるので、小さいころからハーネスに慣らす練習ができます。

シンプルなH型デザインで、ハーネス全体に圧力を分散できるのも魅力。猫の体にかかる負担を軽減できます。また、着脱しやすいのもポイント。首と胴のそれぞれにバックルが取り付けられており、ワンタッチでの装着が可能です。

全長120cmのリードも付属。背中部分の金属パーツと簡単に接続できます。扱いやすい紐タイプの猫用ハーネスを探している方におすすめです。

養楽堂 猫ハーネス 桜模様

首回りと胴回りをそれぞれバックルで留めるダブルロックタイプの猫用ハーネス。猫の頭を通さずに脱着できるのが特徴です。首輪と胴輪のそれぞれに調節用のパーツが付いているため、猫の体に合わせたサイズ調節も行えます。

リードが絡まりにくい360°回転の金属ロックを使用。猫がじゃれついても快適に使用できます。重さは50g未満と軽量なため猫への負担が少なく、自由に動けるのもポイントです。

華やかな和風の桜模様デザインを採用。背中にはかわいいリボンも付いており、おしゃれを楽しめます。同柄のリードも付属しており、すぐに使い始めることが可能。紐タイプのおしゃれな製品を探している方におすすめです。

THAIN 猫 ハーネス

上部で耐久性に優れた紐タイプの猫用ハーネス。猫用のH型デザインで、おなか部分がやや幅広に作られているのが特徴です。柔らかく手触りのよいソフトベルベットとプリント木綿の麻布を組み合わせて作られています。

首回りと胴回りの2か所にバックルを採用。引っ張り強度400kgを謳っており、外れにくいのが魅力です。サイズは首回り18~27cm、胴回りは22~34cmの幅で調節が可能。愛猫に合わせて取り付けられるので脱走防止に役立ちます。

かわいい和柄デザインもポイント。150cmの同柄のリードも付属しています。リードを取り付けるDカンには丈夫な亜鉛合金を採用。引っ張りにも強く扱いやすい、おすすめの製品です。

SYH003 猫用ハーネス リードセット

柔らかいナイロン素材を使用した丈夫な紐タイプの猫用ハーネス。首輪部分と胴輪部分がH型に掲載されており、抜け出しにくいのが特徴です。猫の関節の動きを妨げにくく動きやすいので、猫にかかるストレスも軽減できます。

サイズの調節がしやすいのも魅力。首回りや胴回りにサイズ調節用のパーツやバックルが備わっているため、愛猫の体にしっかりとフィットさせられます。さらに、ハーネスとお揃いのリードも付属。留め具は360°回転に対応しているので、猫が自由に動き回れて便利です。

おしゃれなデザインもポイント。カラーとサイズが豊富に展開されているため、自分の好みや愛猫の大きさに応じて選択できます。手洗いに対応しているため、清潔さも保ちやすいおすすめの製品です。

猫用ハーネスのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

猫用ハーネスのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。

猫がハーネスを嫌がるときの対処法

By: amazon.co.jp

猫は感覚に優れた生き物なので、自分の体を覆う異物であるハーネスを嫌がる傾向があります。ハーネスを装着すると動けなくなってしまう猫もいますが、多くの場合は何度か装着させることで次第に慣れていくため、時間をかけて徐々に慣らしていくようにしましょう。

ただし、何か月経ってもハーネスに慣れる様子がない場合にはサイズや素材、着け方が誤っている場合もあります。適切な大きさのモノを選んでいるか、硬すぎたり重すぎたりする素材を使用していないか、装着方法は誤っていないかなども確認してみてください。

猫をハーネスに慣らすためのステップ

By: amazon.co.jp

初めてハーネスを着ける場合には、まずハーネスの存在に慣れさせるところから始めます。いきなりハーネスを着けると猫が怖がってしまう可能性があるため、部屋に置いたり、遊んでみたりして安全であることを確認させてあげることが大切です。

ハーネスの存在に慣れたら、猫の体に装着させます。最初は数分間を目標として、猫が嫌がったらすぐに脱がせるようにしてください。徐々にハーネスを着ける時間を長くして、数日から数週間、場合によっては数か月をかけて慣らしていきましょう。ハーネスを着けたらご褒美におやつを与えるなど、よいことがあると認識させるのもおすすめです。

猫との散歩など、外に出ることを想定している場合には、ハーネスを着けたまま外に慣れさせることも重要。ハーネスとリードを着けて猫を抱き、ベランダや庭に出て慣れさせましょう。地面に降ろす際には、猫の様子をしっかりと確認してあげてください。