猫のトイレを準備する際に欠かせない「猫砂」。猫は排泄物を砂に隠す性質があるので、一定量以上の猫砂をトイレ内に用意しておく必要があります。猫砂にはさまざまな製品があるため、自宅の環境に合った製品を選ぶことが重要です。

そこで今回は、おすすめの猫砂をランキング形式でご紹介。消臭力とコスパ、処理の楽さの観点から製品を選定しているので、ぜひチェックしてみてください。

猫砂の選び方

素材の種類と特徴

軽くて吸収力も高く、トイレに流せる「紙製」

By: amazon.co.jp

紙製の猫砂は、軽量で扱いやすいのが特徴。持ち運びや保管がしやすいため、自宅の近所で猫砂を買いたい方や、力に自信がない方におすすめです。原材料は再生紙やパルプを使用。吸水性が高いので、猫のおしっこをしっかりと吸収したい場合にも適しています。

廃棄の際にはそのままトイレに流せたり、燃えるゴミとして出したりできる製品が多いのも魅力。処理がしやすく便利です。ただし、軽いのでトイレから飛び散りやすい点には注意が必要。トイレのあとに豪快に砂をかけると汚してしまう可能性があるため、やんちゃな猫よりも比較的おとなしい猫に適しています。

砂のような感触で猫に違和感を与えにくい「鉱物製」

By: amazon.co.jp

鉱物製の猫砂は、自然の砂に近い感触が特徴。猫の性格を問わず好まれやすく、人気の高いタイプです。吸水性に優れており、がっちりと固まるモノも多いため、トイレから排泄物を取り除きやすいのも魅力。ニオイを吸着する力も強く、すぐにトイレを掃除できない方も安心です。

砂の粒が細かいモノが多く、猫の肉球に挟まりやすい点には注意。また、砂をかけるときにホコリが立ちやすいので、こまめにトイレ周りの掃除をする必要があります。廃棄の際は自治体の指示に従ってゴミとして処理するのが一般的。重さがあるため、通販で購入するのがおすすめです。

食品素材で安全性も高い「おから」

By: amazon.co.jp

おから製の猫砂は、安全性の高さが特徴。大豆から豆乳を搾った後の搾りかすを主成分としているため、誤食した際のリスクを軽減できます。ただし、食いしん坊な猫は食べ物と認識してしまう場合もあるので注意が必要です。

処理がしやすい製品が多いのも魅力。固まる力はやや緩やかですが、トイレに流したり燃えるゴミに出したりできるため、楽に捨てられます。処理しやすく、安全に使える猫砂を探している方におすすめです。

環境に優しい「木製」

By: amazon.co.jp

木製の猫砂は、ヒノキなどの廃材や、おがくずなどを原料としているのが特徴。木材を再利用したモノが多く、環境に配慮しながら使えます。自然な木の香りがあるため、ニオイの強い猫砂が苦手な猫でも使いやすく、消臭力が期待できるのも魅力です。

固まる力はやや弱めですが、軽量で扱いやすいのもポイント。多くの製品は可燃ゴミとして処理できるので、楽に捨てられます。また、製品によってはトイレにも流せるため、処理の楽な製品を探している方にもおすすめです。

ニオイが気になるなら消臭力が高い「シリカゲル」

By: amazon.co.jp

シリカゲル製の猫砂は、水分の吸収が早く、消臭力も高いのが特徴。食品の乾燥材にも使われる「シリカゲル」を主原料として用いています。シリカゲルは多孔質構造を持っており、無数の穴で水分子やニオイを吸着。数週間取り換え不要を謳う製品も多く、こまめなトイレ掃除ができない方におすすめです。

ただし、水分のあるモノに付着しやすいため、猫の足にくっついてしまいがちな点には注意が必要。トイレ周りに砂が広がってしまったり、猫が嫌がったりする可能性があります。廃棄時は燃えないゴミとして処理するのが一般的です。

消臭力が高いモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

猫を飼う際に気になるのがニオイの問題。猫は老廃物の詰まった濃縮尿や、肉食動物特有のつんとしたニオイのうんちをするので、トイレ周りにはきついアンモニア臭が発生します。トイレのニオイを抑えるためには、消臭力の高い猫砂を選ぶことが重要です。

猫砂のなかには、消臭・抗菌成分を配合した製品や、素材の特性によりニオイを吸着できる製品があります。別の香りでニオイを打ち消す効果を謳うモノもありますが、ニオイが混ざって悪臭になる場合もあるため、注意が必要です。

処理や掃除がしやすいモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

猫は綺麗好きな生き物なので、トイレは常に清潔さをキープする必要があります。おしっこやうんちはこまめに取り除き、月に1度は猫砂の全量交換を行うようにしましょう。猫砂は製品や住んでいる地域ごとに廃棄方法が異なるため、猫砂を選ぶ際には、廃棄処理がしやすいモノを選ぶのがおすすめです。

鉱物製やシリカゲル製の猫砂は燃えないゴミ、紙製・おから製・木製の猫砂は燃えるゴミとして処理するのが一般的。なかには「トイレに流せる」と謳っている製品もありますが、猫砂をトイレに流さないように呼び掛けている自治体もあるので、確認しておく必要があります。

また、猫砂を処理する際の掃除のしやすさも重要。猫砂のなかにはトイレにこびりついてしまう製品もあります。トイレを衛生的に保つためにも、処理や掃除がしやすい製品を探してみてください。

コスパにも注目

猫砂は消耗品なので、コスパを確認しておくことも重要。排泄の度に取り除いて継ぎ足す必要があったり、月に1度の交換で使えたりと製品によって交換頻度は異なります。安価な製品でも頻繁な交換が必要であればランニングコストは高くなるので、注意が必要です。

ランニングコストだけでなく、価格に応じた機能性を備えているかもポイント。消臭機能や処理のしやすさなどもあわせてチェックし、予算とのバランスを考慮して選んでみてください。

消臭力が高い猫砂のおすすめランキング

第1位 ライオン(LION) ニオイをとる砂 リラックスグリーンの香り 5L

独自の「ハーモナイズド技術」を採用した鉱物製の猫砂。おしっこやうんちのニオイをハーモナイズド香料と調和させて、爽やかな香りに変えて消臭するのが特徴です。気になるニオイをしっかりと消臭しながら、時間経過で発生するアンモニア臭の長時間抑制も期待できます。

おしっこのかかった部分ががっちりと固まるのが魅力。固まりの数によっておしっこの回数や量をしっかりと確認できるので、きちんとトイレチェックをしたい方におすすめです。

猫砂の入れ替え時に粉が舞いにくいのもポイント。部屋を汚しにくく、トイレ周りの拭き掃除の回数を減らせて便利です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) シリカゲルの猫砂 SGN-60

シリカゲルを主原料とした猫砂。活性炭配合の「消臭粒」と抗菌剤配合の「抗菌粒」を配合しているのが特徴です。消臭・抗菌効果に優れており、約1か月間の交換不要を謳っているため、こまめな手入れが難しい方に適しています。

粒の大きさは4~7mmと大きめ。猫砂が肉球に挟まりにくく、トイレ内からの砂の飛び出しを減らせます。また、おしっこを吸収した際に砂が砕けにくいのも魅力。トイレ内の掃除がしやすく便利なおすすめの製品です。

第3位 新東亜交易 エバークリーン 無香タイプ

高品質なベントナイトと活性炭を採用した猫砂。消臭力が強く、尿やフンのニオイをしっかりと吸収できます。無香タイプなので気になるニオイが少なく、香りに敏感な猫でも使いやすいのが特徴です。

おしっこのかかった部分が小さく固まるのも魅力。強く固まるので崩れにくく、トイレ掃除の際も楽に手入れができます。おしっこの量や回数も確認しやすく、きちんとトイレチェックを行いたい場合にも便利です。

不純物が少ないためホコリが立ちにくいのもポイント。オランダ原産で、アメリカやヨーロッパ、アジアなどさまざまな国で人気を集めているおすすめの製品です。

第4位 花王(Kao) ニャンとも清潔トイレ 脱臭・抗菌チップ

天然素材の針葉樹を使った木製のシステムトイレ用猫砂。針葉樹に含まれるフィトンチッドにより、ニオイや菌の発生を抑える効果を期待できるのが特徴です。脱臭剤も備えているため、おしっこやうんちのニオイを取り除いて、爽やかな木材の香りをキープします。

おしっこで固まらない撥水チップを採用。トイレのあともチップの表面はさらさらな状態で、猫の足元を清潔に保てます。普段のお手入れではうんちや汚れたチップを取り除き、汚れやニオイが気になり始めたタイミングでの交換を推奨。猫砂の交換頻度が低いため、コスパにも優れています。

主原料が木材なので、廃棄時には可燃ゴミとしての処理が可能。高い脱臭効果とコストパフォーマンスが期待でき、処理も簡単なおすすめの製品です。

第5位 ユニ・チャーム(unicharm) デオトイレ 飛び散らない消臭・抗菌サンド

ゼオライトとシリカゲルで作られたシステムトイレ用の猫砂。ミクロの穴がニオイを吸着して強力に消臭できるのが特徴です。猫砂の交換頻度は月1回で、粉立ちカットコーティングも採用されているため、掃除の手間を軽減できます。

撥水構造で足元をサラサラに保てるのも魅力。おしっこを素早く通過させて足元に残さないので、綺麗な排泄スペースをキープできます。さらに、猫の足も汚さないため、トイレ周りを清潔に保つことが可能。臭わず綺麗なトイレ環境を作れる猫砂を探している方におすすめです。

安くて高コスパな猫砂のおすすめランキング

第1位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) しっかり固まる トイレに流せる 紙の猫砂 KMN-70N

おしっこのかかった部分がしっかりと固まる紙製の猫砂。塊をスコップでふるっても固まった形状が崩れにくく、掃除しやすいのが特徴です。大きめのペレットタイプで肉球の間に挟まりにくく、トイレ周りにも飛び散りにくいので、掃除の手間を軽減できます。

原材料はトイレットペーパーにも用いられる再生パルプを使用。廃棄の際はトイレに流せるため、簡単に処理できます。また、消臭成分を配合。ニオイを軽減するので、快適に使用できます。

一袋当たりの重さが約2kgと軽量なのも魅力。力に自信がない方でも持ち運びやすく、猫砂の入れ替えが簡単にできます。安い価格で購入できる、コスパに優れたおすすめの猫砂です。

第2位 ペティオ(Petio) 流せる固まる木の猫砂

主原料にリサイクル材の木粉を採用した木製の猫砂。尿を吸収した部分だけを水洗トイレに流したり、可燃ゴミとして処理したりできるのが特徴です。おしっこのかかった部分が素早く小さく固まるため、経済的に使えます。

猫砂全体に銀イオン水を加えて製造されているのも魅力。自然環境にやさしく、安全性も高いので安心して使えます。フィトンチッドによる消臭効果も期待できるため、ニオイを抑えながら使いたい場合に便利です。

静岡県三ヶ日町にある工場で製造されているのもポイント。徹底した品質管理が行われています。軽量で持ち運びやすく、扱いやすいおすすめの製品です。

第3位 コーチョー(KOCHO) ネオ砂 ブルー

紙素材で作られた処理しやすい猫砂。おしっこを吸収した部分が固まってブルーに変わるのが特徴です。汚れが一目で確認できるため、掃除の際にスムーズに処理できます。可燃ゴミとして廃棄が可能。少量ずつであれば、水洗トイレにも流せます。

高い消臭効果と抗菌効果を期待できるのも魅力。消臭・抗菌効果が長時間継続するため、こまめなトイレ掃除が難しい方に適しています。安い価格で購入できるコスパのよい猫砂を探している方におすすめです。

第4位 常陸化工 ファインキャット おからの猫砂グリーン 6L ON-G6

おからを主原料に用いた処理しやすい猫砂。水に溶けやすいため、水洗トイレに流して処理できるのが特徴です。おからや木粉、抗菌剤などから作られているので、燃えるゴミとしても処理が可能。廃棄の手間を軽減できます。

ペレット状で散らかりにくいのも魅力。おからのニオイを抑えたライトグリーンの粒で、おしっこを吸収すると小さく固まります。また、消臭・抗菌効果も備えており、快適な使用が可能。コスパに優れたおすすめの猫砂です。

・1袋

・4袋セット

第5位 ライオン(LION) ニオイをとる砂

長く人気を集めているロングセラー製品で、がっちりと固まる鉱物製の猫砂。粘土鉱物のベントナイトと消臭・抗菌剤で作られており、おしっこのかかった部分がしっかりと固まります。排泄物と固まった部分をスコップで取り除き、減った分を補充しながら、経済的に使用可能です。

高い消臭性能も魅力。時間とともに発生するアンモニア臭を長時間抑制できると謳っているため、こまめなトイレ掃除が難しい方も快適に使えます。コスパに優れた、臭わない猫砂を探している方におすすめです。

処理や掃除が簡単な猫砂のおすすめランキング

第1位 常陸化工 ファインキャット トイレに流せる木製猫砂 12L TN-MN12

森林資源のなかでも利用度の低いおがくずを主原料とした木製の猫砂。木の消臭作用とヒノキの香りで、気になるニオイを長時間消臭できるのが特徴です。原料が天然素材と無害な精製品で、高温殺菌加工されているため、安心して使用できます。

独自の特殊製法により、しっかりと固まるのが魅力。大粒のペレットで散らかりにくく、形状も長持ちするため、衛生的に処理できます。使用後は可燃ゴミとして出したり、トイレに流したりしての処理が可能です。

また、家庭用の生ゴミ処理機を使えば、堆肥化しての再利用も可能。原料とゴミ処理の両面から環境にやさしく作られています。使い勝手に優れたおすすめの製品です。

第2位 アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ペーパーフレッシュ PFC-7L

トイレットペーパーにも使われる再生パルプで作られた紙製の猫砂。水に溶けやすい性質を備えているため、トイレに流せるのが特徴です。トイレに詰まりにくく、節水型のトイレにも流せます。また、燃えるゴミとしての廃棄も可能です。

掃除のしやすさも魅力。おしっこがかかった部分がしっかりと固まり、青く変色するため、汚れた部分だけを取り除けます。飛び散りにくいペレットタイプで、粉立ちが少ないのもポイント。トイレ周りが汚れにくく、掃除の手間を省けて便利です。

7L一袋あたりの重さが約1.7kgと軽量。持ち運びや猫砂の交換も楽にできます。安い価格で購入でき、トイレ掃除や廃棄処理もしやすいおすすめの製品です。

第3位 ペグテック トフカスサンドK

おからと食品添加物から作られた安全性の高い猫砂。防腐剤や防カビ剤、抗菌剤不使用で、万が一猫が口にしても問題なく作られているのが特徴です。細長い円柱のような3~4mmのペレット型で、サクサク砂掻きができます。

厳選された油脂分の少ない良質なおからを採用。尿の量が少なめな子猫でもしっかり固まるのが魅力です。おからの持つフラボノイド効果による消臭効果も期待できます。

粉立ちが少なく、トイレ周りが汚れにくいのもポイント。トイレへのこびりつきも少なく、楽に掃除ができます。また、可燃ゴミとトイレに流しての処理が可能。廃棄や掃除のしやすいおすすめの製品です。

第4位 ユニ・チャームデオサンド ギュッと固まる紙砂

独自の消臭技術を採用した紙製の猫砂。おしっこのかかった部分が小さく固まるので、廃棄する量が少なく経済的に使えるのが特徴です。高分子の吸収材を配合しており、粒同士がしっかりと固まって崩れにくいので、サッとお手入れができます。

砂かきがしやすい設計も魅力。トイレを使う際に猫がしっかりと砂をかけます。気になるニオイが残りにくく、高い消臭効果が期待できるため、長時間家を空ける機会のある方も安心です。紙製ですが水には流せないので、可燃ゴミとして簡単に廃棄できます。

第5位 ユニ・チャーム(unicharm) デオサンド 複数ねこ用紙砂

多頭飼いの猫トイレに適した紙製の猫砂。おしっこした瞬間から強力に消臭して、長時間持続できるのが特徴です。気になるニオイが残りにくい、独自の消臭技術を採用しています。

しっかりと固まり、崩れにくいのも魅力。おしっこで濡れた部分は青く変色するので、簡単に取り除けます。また、大きめの粒を採用。飛び散りにくく、トイレ周りが汚れにくいため、手入れもサッと済ませられます。

紙製なので可燃ゴミとしての処理が可能。トイレ掃除がしやすく、ゴミ処理も簡単なおすすめの製品です。

番外編:猫砂の飛び散り防止の方法

By: amazon.co.jp

猫砂が飛び散る原因は、猫が排泄後に砂をかいて飛ばすパターンと、猫の肉球に猫砂が挟まって外に出してしまうパターンがあります。猫の砂かきが原因の場合には、トイレ周りにパーテーションを立てたり、カバー付きのトイレを使用したりすると、猫砂の飛び散る範囲を抑えられるので便利です。

猫の肉球に猫砂が挟まって外に散らしてしまう場合には、猫砂落とし用の人工芝やメッシュ素材を使うのがおすすめ。肉球や指の間に挟まった猫砂をその場で落として周囲に広げないため、部屋中に散らばるのを防げます。

重さのある猫砂や、粒が大きめの猫砂を選ぶのもポイント。猫が思い切り砂掻きをしても外に飛び散りにくいモノや、肉球・指の間に挟まりにくいモノも発売されているので、チェックしてみてください。

猫砂の売れ筋ランキングをチェック

猫砂のランキングをチェックしたい方はこちら。