猫に餌を与えるために必ず用意しておきたいのが「猫用食器」。各メーカーからさまざまな製品が発売されていますが、形状や素材によって食べやすさが異なるので、愛猫に合ったモノを探すことが重要です。

今回は、おすすめの猫用食器をご紹介。選び方もあわせて解説するので、参考にしてみてください。

猫用食器の選び方

安定感で選ぶ

By: amazon.co.jp

猫用食器は、安定感が重要。猫は食器に顔を突っ込むような形で食事をするため、食器が動くと餌をうまく食べられない可能性があります。餌が少なくなっても動かないような重さのある食器や、底面に滑り止めを備えた食器を選ぶと、安定した状態で食事ができます。

また、あまりに軽量なモノを選ぶと猫が体重をかけたときにひっくり返してしまう場合もあるため、注意が必要。愛猫が食事をしやすいよう、安定感のある食器を選ぶようにしましょう。

猫が食べやすい形状のモノを選ぶ

By: amazon.co.jp

猫用の食器を購入する際には、幅が広めのモノを選ぶのがおすすめ。幅の広さは、食器に顔を入れた際、ヒゲがフチに当たらない程度の大きさを確保しておきましょう。猫のヒゲは敏感で、生活に役立つセンサーのような役割を果たしているため、食器のフチにヒゲが当たるとストレスを感じてしまう場合があります。

また、高さも重要。食器が低い位置にあると姿勢が前かがみになり、おなかが圧迫されてしまいます。おなかの圧迫は吐き戻しの原因にもなるため、愛猫の体格に合わせて選ぶことが大切です。製品によっては高さや角度を変えられる場合もあるので、チェックしてみてください。

素材で選ぶ

陶器製

By: amazon.co.jp

陶器製の猫用食器は、安定感に優れているのが特徴。重さがあり、食事をする際に体重をかけてしまっても動いたり倒れたりしにくいため、快適に食事ができます。洗いやすい製品も多く、清潔かつ安定した食事環境を整えられるので便利です。

ただし、割れてしまうリスクがある点には注意が必要。陶器は落下の衝撃に弱いため、手入れや保管の際には丁寧に扱い、傷がないかを確認しておくと安心して使えます。

ステンレス製

By: amazon.co.jp

ステンレス製の猫用食器は、頑丈で扱いやすいのが特徴。サビに強く、汚れた際もしっかりと洗浄できるので、常に清潔さを保てます。また、傷付きにくく、落とした際も割れる不安がないため、安心です。

ただし、独特の金属臭を嫌う猫がいる点には注意が必要。軽量なモノも多いため、滑り止めの有無などもしっかりと確認しておくことが重要です。

プラスチック製

By: amazon.co.jp

プラスチック製の猫用食器は軽量で扱いやすいのが特徴。価格もリーズナブルで、さまざまなデザインの製品が販売されているため、自分の好みに合ったモノを探せます。

しかし、傷付きやすく清潔な状態を保ちにくい点には注意が必要。同じ製品を長く使い続けるのではなく、定期的に好みのデザインのモノと交換しながら使いたい場合におすすめです。

お手入れしやすいモノを選ぶ

猫はお皿に直接口を付けて食事をするので、猫用食器はこまめな手入れが重要。雑菌の繁殖を抑えるためにも、手入れしやすい製品を選びましょう。汚れが落ちやすい製品ならば、乾いて食器にこびりついたキャットフードなども素早く落とせます。

食事中にフードが飛び出しにくい製品もおすすめ。食器のフチに返しを備えた製品ならば、猫が食事をしているときの餌の飛び散りを軽減できます。食事スペースの汚れを防ぎ、掃除の手間を減らせるので便利です。

猫用食器のなかには、食洗機での洗浄に対応しているモノもあります。食器を手洗いする手間を減らしたい方は、食洗機への対応の有無もチェックしてみてください。

猫用食器のおすすめ

猫壱 ハッピーダイニング 脚付フードボウル


お皿のフチにかえしが付いてい餌を食べやすい

猫の身体的特徴に合わせた「猫工学デザイン」のフードボウル。食器に脚を付けることで頭を胃よりも高い位置に保ちやすいのが特徴です。体への負担を軽減しながら自然に食事でき、吐き戻しや逆流を軽減する効果が期待できます。

お皿のフチにかえしが付いているのも魅力。ごはんが動いてしまった場合もかえしがごはんをお皿に戻すため、食べこぼれを軽減できます。また、ごはんが中央に戻りやすいように傾斜が付いており、猫が餌を食べやすいのもポイントです。

脚底には滑り止めのシリコンを付属。磁器製の食器なので、シリコンを取り外せば電子レンジや食洗機にも対応できます。寒い季節にフードをあたためて与えたい方や、食洗機で食器洗いの手間を軽減したい方におすすめです。

ペティオ(Petio) necoco 脚付き陶器食器 W25581


餌が飛び散りにくくこぼれにくい構造を採用

器に高さがあるため、楽な姿勢で食べやすい猫用食器。猫特有の餌の食べ方を研究して作られているのが特徴です。ヒゲや頭が皿に当たりにくく、快適に食事を楽しめます。

深型で中心に向かって傾斜が設けられた形状も魅力。角は丸みを帯びており、餌が中央に集まりやすく作られています。食べ残しを減らしたい場合に便利です。

こぼれにくい構造を採用しているのもポイント。皿のフチは2段構造で餌が飛び散るリスクを軽減できます。食べこぼしや食べ残しが気になる猫におすすめです。

リッチェル(Ricchell) 食べやすいキャットディッシュ


食洗機や電子レンジに対応した便利なアイテム

こぼれにくく、餌を食べやすい形状の猫用食器。フードがフチからこぼれにくい2段形状と食べやすい深さが特徴です。重さがあるためひっくり返りにくく、猫が餌を食べるのに夢中になってしまった場合も快適に使えます。

ゴム脚が付いているのも魅力。勢いよく餌を食べているときでもお皿がズレにくく、安定した状態を保てます。床が傷付くリスクも軽減できるため安心です。

飼い主側から見た使い勝手に優れているのもポイント。耐熱温度120℃で、食洗機での洗浄や煮沸消毒にも対応しています。電子レンジでフードをあたためることも可能。持ち運びやすい手掛け部も備えた、おすすめの製品です。

マルカン(MARUKAN) こぼれにくい陶製食器 猫用 M CT-274

シンプルながらあたたかみがあってかわいい陶製の猫用食器です。返し構造でフードがこぼれにくいのが特徴。返し構造は片側のみですが、舌で押し出すように食べる猫でもフードが返しに引っかかるためこぼれず、食べこぼしを軽減できます。

底面に滑り止めシールが付いているのも魅力。食器自体も重めなので、ごはんを食べているときに食器が動きにくく、快適です。縁あり設計で持ちやすいのもポイント。安い価格で購入できる、扱いやすくかわいいおすすめのアイテムです。

ドギーマンハヤシ(DoggyMan) カタカタ鳴らないツインディッシュS

オリジナル開発の防音処理機能を備えた犬・猫用食器。食事中のカタカタ音を軽減して快適な食事をサポートします。素材にはサビに強い良質のステンレスを採用。割れにくく、長く使い続けられます。

ツインディッシュ仕様なのも魅力。餌だけでなく水も一緒に設置できます。足には滑り止めのキャップを採用。床を滑ったり傷付けたりしにくいだけでなく、色移りのリスクも軽減できます。食事中の音が気になる方や、餌と水をセットで与えたい方におすすめです。

ハリオ(HARIO) にゃんプレショートヘア 3PTS-NYS

猫が食事をしやすい設計の猫用フードボウル。底面に凹凸加工が施されており、ドライフードの滑りを軽減できるのが特徴です。お皿にはそり返しも付いており、フードがこぼれにくいように作られています。

滑り止めとして使えるシリコンゴム製のマットが付属。食事中のお皿の移動を抑えられます。また、食事をしていない時間はボウルの蓋としても使用可能。キャットフードに異物が入り込むなどのリスクを軽減できます。

熱湯や電子レンジ、食洗機に対応しているのもポイント。手入れがしやすく便利です。さらに、奥側から手前にかけて斜めに作られている構造も魅力。食事中にヒゲなどがぶつかりにくく、快適に使用できます。

山崎実業 ペットフードボウルスタンドセット タワー

フードと水を並べて設置できるツインディッシュ仕様の猫用食器です。陶製の2つのボウルとスチール製のスタンド1つのセットで、ボウルはスタンドからの取り外しが可能。ごはんが終わったらすぐに取り外して洗えるので、衛生的に使えます。

シンプルでスタイリッシュなデザインも魅力。さまざまなインテリアにマッチするため、外観にこだわりたい方や、おしゃれな雰囲気を楽しみたい方にもおすすめです。

エイムクリエイツ MJU 猫にやさしい食器 SS

ヒゲが当たりにくいワイド設計の猫用食器。幅135×奥行110×高さ35mmの広く浅い形状が特徴です。メラミン樹脂製のため軽量で洗いやすく、持ち手も備えています。

底面に突起が付いているのも魅力。猫がドライフードを舌ですくう際に餌を浮かせられるため、食べるのが下手な猫でも快適にごはんを食べられます。安い価格で購入できる、扱いやすい猫用食器を探している方におすすめです。

ル・クルーゼ(LE CREUSET) ペットボール S

しっかりとした重さで食事中に動く心配が少ない猫用食器です。電子レンジやオーブン、圧力鍋、蒸し器などに対応しているのが特徴。猫の餌をあたためたいときやドライフードをふやかしたいときをはじめ、さまざまなシーンで活躍します。

食洗機に対応しているのも魅力。汚れが落としやすく、手入れも簡単にできます。また、ニオイが付きにくいため、ニオイに敏感な猫でも安心。美しいフォルムと豊富なカラーバリエーションがおしゃれな、おすすめのアイテムです。

オーカッツ(Aukatz) ヘルスウォーター フードボウル M

猫特有の食べ方に配慮して作られている猫用食器です。約直径15×高さ3.5cmと浅く広い設計が特徴。器の中に段を設けられているため餌を舌ですくいやすく、段のある場所に押し上げてしまった餌は口でくわえて食べられます。

粘土や鉱物、バイオセラミックスを使用した陶製なのも魅力。重さがあるため食事中も動きにくく、快適にごはんを食べられます。天然素材を用いて作られた、日本製のおすすめ製品です。

ペッツルート(Petz Route) 瀬戸焼 にゃん楽食器

猫がごはんを食べやすいような形状にこだわって作られた猫用食器です。傾斜のある広い間口が特徴。手前が低く奥が高いため、ヒゲが当たりにくいだけでなく食べこぼしを減らす効果も期待できます。

高さが約105mmと高めなのも魅力。猫が食べやすい高さを実現しています。また、適度に重く安定感もあるため、ごはんを食べている間に倒れてしまうリスクを軽減。シリコンの滑り止めも付いており、楽にごはんを食べられます。

1000年以上もの歴史を持つ伝統的な窯元で一つひとつ丁寧に焼き上げられている陶磁器製なのもポイント。特別感のある餌入れを探している方におすすめです。

伊勢藤(Iseto) 猫専用フードボウル すべり止め付

背が高めで餌を食べやすい猫用食器。楽な姿勢で食事をできるため、一気食いによる逆流や嘔吐のリスクを軽減できるのが特徴です。取っ手付きで持ち運びやすく、猫に餌を与える際も簡単に準備できます。

奥側のフチが高めに作られているのも魅力。猫が舌で押し出すようにごはんを食べてもこぼれにくく作られています。底面には滑り止めも付いており、食事中に動くのを軽減。ポリプロピレン製で軽量ながらも使い勝手のよいおすすめの製品です。

ペピイ(PEPPY) Sippole 食べやすいおわん

伝統ある漆器メーカーの職人が一つずつ丁寧に仕上げている猫用食器。電子レンジや食洗機に対応しているのが特徴です。割れたり熱くなったりしにくいため、ドライフードをふやかして与えたいときや、フードをあたためたいときにも適しています。

高さ8cmと猫が食べやすい高さで作られているのも魅力。本体の底には滑り止めのシリコンカバーが付いているため、食事中に動いてしまうリスクも軽減できます。

汚れが付きにくいクリーンコート加工が施されているのもポイント。特殊塗装で撥水性が高く、汚れた場合も素早く洗って使えます。軽量ながら割れにくく、扱いやすいおすすめの製品です。

THAIN 猫食器 早食い防止

猫が早食いしにくい構造を採用した猫用食器。底面に複数の突起を設けているのが特徴です。突起の高さを調節し、突起と突起の間をゆったりととっているので、猫がゆっくりとごはんを食べるようにサポートできます。

底面に滑り止めマットが4つ付いているのも魅力。メラミン素材で軽量ですが、食事中も動きにくく、快適にごはんを食べられます。愛猫の早食いが気になる方におすすめです。

イイクル(iikuru) フードボウル

コロンとした球状設計のかわいいフードボウル。食べているときに顔がすっぽりと入って食べやすいのが特徴です。フードがこぼれにくい形状で、食べこぼしの多い猫でも安心して使えます。

どっしりと重量感のある陶器製なのも魅力。食べている最中にお皿が動いてしまうリスクを軽減できます。デザインにも使い勝手にもこだわりたい方におすすめです。

猫用食器のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

猫用食器のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。