狩猟動物である猫にとって、重要な役割を果たす「爪とぎ」。爪を研ぐ理由は鋭い爪の維持やマーキング、ストレス発散などさまざまですが、専用の道具を用意しておかないと、家の壁や家具で爪を研いでボロボロにしてしまうことがあります。

そこで今回は、猫用爪とぎのおすすめアイテムをご紹介。素材や形状ごとの特徴なども解説しているので、ぜひ参考にして愛猫に適した爪とぎを探してみてください。

猫用爪とぎの選び方

素材で選ぶ

段ボール

By: rakuten.co.jp

段ボール製の爪とぎは最もオーソドックスなタイプで、製品数が多く、好みのモノを選びやすいのが特徴。価格も比較的安いため、初めて爪とぎを買う方におすすめの素材です。

目の細かい段ボールに爪をひっかけて爪を研げる構造。柔らかい素材なら爪が刺さりやすく、硬い素材なら研ぎごたえがあるため、猫の好みを探るのにも便利です。

By: rakuten.co.jp

麻製の爪とぎは頑丈で、研ぎクズが出にくいのが特徴。ザラザラとした硬い手触りで、爪を研いだときの感覚も樹木に近いため、力いっぱい爪を研げるのが魅力です。

麻の繊維のすき間に爪をかけて研げる構造。ポールに麻縄を巻いたモノやマット状のモノなどさまざまな形状がありますが、コンパクトな製品が多いのもポイントです。ただし、開封してからしばらくは麻独特の匂いがあり猫が近付かない可能性もあるので、その場合には猫の気に入る匂いを付けるなどの工夫が必要です。

By: amazon.co.jp

木製の爪とぎは耐久性の高さが特徴。研ぎクズは出ますが、力いっぱい爪を研いでもボロボロになりにくく、長く使えるので、元気が有り余っているオスの猫用としてもおすすめです。

木材にギザギザのスリットが入っており、そのスリット部分に爪をかけて研げる構造。段ボールや麻のように爪が引っ掛かったまま取れなくなるトラブルも起きにくいため、猫だけで留守番をする際にも安心して置いておけます。

形状で選ぶ

ポール・タワー型

By: amazon.co.jp

ポール・タワー型の爪とぎは、縦に長いため、猫が伸びをするような格好で爪を研げるのが特徴。背中を伸ばせるためリラックス効果も期待でき、人気の高い製品です。

台座が付いていて安定性が高いのも魅力。体が大きく活発な猫でも本体を倒すことなくしっかりと爪を研げます。また、比較的コンパクトサイズでスペースを取らずに設置できるのもポイントです。

平面型

By: amazon.co.jp

平面型の爪とぎは、床に置いたり壁立てかけたりして使えるのが特徴。持ち運びも簡単で、猫の好みに合わせて設置できる使い勝手のよさが魅力です。

細長い板状のモノならば設置スペースを取らず便利。厚みがあるモノならば、安定感に優れています。マット状のモノもあるため、カーペットやソファなどで爪を研ぐのが好きな猫にもおすすめです。

ソファ・ベッド型

By: amazon.co.jp

ソファ・ベッド型の爪とぎは、爪を研ぐだけではなく、その場で猫が眠ったり丸くなったりできるのが特徴。見た目がおしゃれなモノも多く、インテリアにも馴染むので、部屋の雰囲気を壊したくない方におすすめです。

ソファ状の製品ならば座面と背もたれ部分、サークル状の製品ならば、壁面と底面の両方で爪が研げます。構造上、研ぎクズが出ても散らばりにくく簡単に処理ができるので、お手入れに時間をかけたくない場合にも便利です。

ボックス型

By: amazon.co.jp

ボックス型の爪とぎは、狭いところに入りたがる猫の習性を利用した形状が特徴。壁面や床面に爪とぎが設置されており、猫の好みや気分に合わせて爪を研ぐ場所を選べます。

キャットハウスのように使えるため、猫の居場所を作れるのも魅力。価格は比較的高めで、お手入れも手間がかかりますが、頑丈で長持ちする製品が多いため、長期的に使いたい方におすすめです。

コーナー型

By: rakuten.co.jp

コーナー型の爪とぎは、自宅の柱や家具の角を爪とぎとして使えるのが特徴。大型の爪とぎを置くスペースのない方でも設置しやすく、家のなかがボロボロになるのも防げるため、賃貸住宅に住んでいる方などにもおすすめです。

ただし、形状によっては設置できる場所とできない場所があるので、注意が必要。設置したい場所に適した製品かどうか、購入前に確認するようにしましょう。

扱いやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

爪とぎは日常的に使うモノなので、研ぎクズの処理が楽なモノを選ぶのがおすすめ。形状としては、サークル型のモノや内側がへこんでいるモノ、台座があるモノなどを選ぶと、手軽に研ぎクズを捨てられます。

また、爪とぎは消耗品なので、ボロボロになってしまった際、詰め替えできるモノを選ぶと便利。平置き型なら中の段ボールが交換できるタイプなども発売されているため、購入前に確認してみてください。

機能性で選ぶ

By: amazon.co.jp

猫に爪とぎの習慣がない場合には、またたび付きやおもちゃ付きの製品を選ぶのがおすすめ。またたび付きのモノなら匂いで興奮状態になり、自発的に爪を研ぐ場合があります。

おもちゃ付きのモノならば、遊んでいる途中に自然と爪を研いだり、クールダウンのために爪を研いだりする効果が期待できるため、おすすめです。猫によっても好みが分かれるので、愛猫がまたたびを好むのか、おもちゃで遊ぶのを好むのかなどを確認してから選ぶようにしてみてください。

猫用爪とぎのおすすめアイテム

エイムクリエイツ mju: ミュー ガリガリサークル スクラッチャー

猫が丸くなってくつろげるサークル型の爪とぎ。内側全体が爪とぎ素材で作られており、猫が爪を研ぎたくなったらどこでも爪を研げるのが魅力です。

爪とぎ素材は底面が硬質の横目段ボール、側面が軟質の縦目段ボールと研ぎ心地が異なるのも特徴。2種類の素材で作られているため、猫がどちらかの素材を気に入る可能性が高まります。

また、またたびパウダーが付いているのもポイント。爪とぎに興味を示さなかった場合も、またたびの匂いで誘導できます。サイズやカラー展開も豊富なので、猫の大きさやインテリアに合わせて選んでみてください。

エイムクリエイツ mju: ミュー ガリガリウォール スクラッチャー

壁面に設置して使用するスタンディングタイプの爪とぎ。壁面全体が爪とぎ素材になっているため、子猫から成猫まで背伸びをしながら使用できます。また、底面にも爪とぎ素材を採用しており、背中を丸めて爪を研ぎたいときにも対応できるのが魅力です。

底面と側面に仕切りが付いており、研ぎクズが飛び散りにくいのも特徴。また、側面の仕切りは周囲の視線を遮ったり、猫が寄りかかったりできるため、丸くなってくつろぐのにも適しています。

猫が爪とぎに興味を示さなかった場合でも、付属しているまたたびを振りかけることで爪とぎへの誘導が可能。まだ爪とぎが習慣化していない猫にもおすすめです。

エイムクリエイツ mju: ミュー ガリガリソファ スクラッチャー インテリア

猫がゆったりとくつろげるソファ型の爪とぎ。中央に緩やかなカーブが設けられており、爪とぎはもちろん、丸くなったり横になったりしてくつろげる便利なモデルです。

側面と床に接する部分以外はすべて目の細かい段ボール素材を採用しており、猫の気分に合わせて爪を研げるのが特徴。爪とぎに振りかける用のまたたびも付属しているので、使ってくれるか不安な方でも安心です。

さらに、インテリアにも馴染みやすい木目調デザインで、片面ずつ色が異なるのもポイント。好みに合わせて見せる面を選べるので、部屋の雰囲気を損ないたくない方にもおすすめです。

猫壱 バリバリベッド

絶妙なカーブが猫の体にフィットするベッド型の爪とぎ。爪を研ぐだけではなく、寝転んだり、かじったりとさまざまな使い方ができるモデルです。表面と裏面の両方を爪とぎとして使えるため、コストパフォーマンスにも優れています。

原料には100%紙の段ボールを採用。また、段ボールを貼り合わせている糊はトウモロコシを主原料とした天然素材で作られています。猫の体にやさしいので、猫が爪とぎをした後に毛づくろいをしても安心です。

大きさはL・M・Mワイドの3種類。猫の体格や性格に合わせて好みのモノを選べます。側面の柄もかわいらしく部屋の雰囲気を損ないにくいので、インテリアに馴染む爪とぎを探している方にもおすすめです。

猫壱 バリバリボウル

猫が入りたくなるすり鉢構造のベッド型の爪とぎ。直径40cmと大型なので体格の大きな猫でも安心して使えるのが魅力です。高さも約12cmと少し視線が高くなるため、少し高いところで眠るのを好む猫の習性にも適しています。

土台となる枠組み内部にはきれいなすり鉢構造を作る「脚」が付いており、使用中に崩れる心配がないのもポイント。爪とぎ用の段ボール部分のみ交換用を販売しており、簡単に交換できるため経済的に使えます。

シンプルな木目調に、猫のフェイスマークと肉球の足跡模様がかわいらしいデザインも特徴。インテリアにも馴染み、ベッドとしても活用できる便利なアイテムです。

マルカン どこでもツメとぎタワーS

麻縄とカーペットの2種類の爪とぎが楽しめるタワー型の爪とぎ。W30×D30×H55cmと比較的コンパクトに設置できるのが魅力です。

タワー上部28.5cmが麻縄、台座から麻縄部分までのタワー下部がカーペット生地になっており、猫の好みや気分に合わせて爪を研げる構造。タワーのてっぺんからはネズミのおもちゃがぶら下がっているので、遊びながら爪とぎを習慣化させるのにも便利です。

なお、麻縄巻きの支柱は交換用のパーツが販売されているため、経済的なのもポイント。長く愛用できるタワー型の爪とぎを探している方におすすめです。

アイリスオーヤマ(IRIS OHYAMA) ダストレス 猫の爪とぎスリム

W53.6×D20×H4.5cmとスリムな平面型の爪とぎ。爪とぎ用の段ボールに特殊なコーティングが施されており、研ぎクズが飛び散りにくいのが特徴です。

段ボール部分は詰め替え用のアイテムも販売されているため、詰め替えれば長く使えるのも魅力。爪付きのバックルで片側を抑えてセットし、爪とぎのズレも抑えられて便利です。また、またたびシールが付いているため、爪とぎに興味を示さない猫の習慣づけも楽に行えます。

底面には滑り止め用のゴム足が付いているので、床を傷つけたり大きな音を立てたりできない賃貸でも安心。価格が安い爪とぎを探している方におすすめのアイテムです。

ペピイ(PEPPY) 壁に貼れる爪とぎボード

W20×H60cmとコンパクトで、折り曲げにも対応した貼り付けタイプの爪とぎ。中央を折ればコーナー用、複数つなげれば広さのある壁面用、と用途に合わせて使えるのが便利です。

素材にはやわらかなシナ材を採用。研ぎクズやささくれが少なく、爪とぎ後に猫の肉球が傷付いてしまうトラブルも予防できます。板表面は爪が引っ掛かりやすいのこ目幅で凹凸が設けられており、しっかりと爪を研げるのも魅力です。

設置方法は爪とぎのボードを支える小さなパーツを、取り付けたい場所にねじで留める簡単仕様。自宅の壁や爪とぎを置けない狭い場所で、爪を研ぐ癖のついてしまった猫におすすめです。

ペピイ(PEPPY) どこでも爪とぎマット

ソファやベッド、棚などにかけて使えるマット型の爪とぎ。天然の麻素材を採用し、縦横問わず好きな場所で好きなように爪を研げるのが魅力です。

裏地にはどこに置いても滑りにくい素材を採用。布地や木製品などの面にしっかりと引っかかる滑り止め仕様で、ズレにくい特殊加工も施しているため、簡単に設置できます。

サイズは60×47cm、47×90cm、47×150cmの3種類。飼っている猫の数や設置したい場所の幅などに合わせて選べます。家具や畳などで爪を研いでしまう癖のある猫や、カーペットで爪を研ぐのが好きな猫におすすめです。

ペピイ(PEPPY) コーナー爪とぎボード

コーナー部分に取り付けて使える段ボール製の爪とぎ。本体には研ぎクズが飛び散らないようにガードする「とぎかすトレー」が付いており、掃除しやすいのが特徴です。また、両面テープで壁面に貼り付けて固定できるため、壁を傷つけたくない方でも安心して使えます。

爪とぎ部分の段ボールは差し替え可能で繰り返し使えるのが魅力。上下や表裏を入れ替えたり、詰め替え用の段ボールに差し替えたりすることで長く使えるため、長期的に使いたい方にもおすすめです。

爪とぎの段ボールには国産の段ボールを採用。丈夫で研ぎカスが少なく、すぐにボロボロになってしまうのも防げるため、ランニングコストも抑えられます。

ダイロク カリカリーナBasic

かわいいカラーとおしゃれなソファ型デザインが魅力の爪とぎ。爪とぎ素材で作られた座面には猫のお腹周りにぴったりはまるカーブが設けられており、ソファの上で丸まってくつろげます。背もたれ部分に空いた穴は猫が丸まっても妨げにならないように開いているため、安心して休めるのが特徴です。

素材には8.5mmの強化段ボールを採用。通常の段ボールの約10倍の強度で削りクズが出にくく、掃除の手間がかかりにくいのがポイントです。また、国産材料を使い国内で生産されているため、外国製のモノを避けたい方にもおすすめです。

アイキャット(iCat) オリジナルつめとぎ しまネコロング

猫型デザインがかわいい爪とぎ。両側面にカラーが異なる「しまネコ」のイラストが入っており、インテリアや好みに合わせて向きを変えて使えるのが魅力です。

約W70cm×D24cm×H16cm、重量は約1.1kgと大型かつ重めのモデルなので、思い切り爪を研いでも動きにくいのが特徴。上に乗ったり、横から研いだりといろいろな爪の研ぎ方に対応しているので、猫が気分で爪の研ぎ方を変えられるのもポイントです。

素材には研ぎクズの出にくい教か段ボールを採用。お手入れも簡単にできるため、あまり掃除に手間をかけたくない方にもおすすめです。

楽(RAKU) 猫つめとぎハウス

多頭飼いの方にもおすすめのハウス型爪とぎ。3階建てのキャットハウスのような形状をしており、側面や内面に爪とぎをいくつも備えているため、猫が自分の好みに合わせて爪を研ぐ場所を選べるのが魅力です。

サイズは約W53.5cm×D30cm×H71cmと大型で、しっかりとしたつくりが特徴。複数の猫が同時に遊んでも広々とくつろげて便利です。

デザインがかわいらしく、インテリアに馴染みやすいので、部屋の雰囲気を崩さないのもポイント。キャットハウスと爪とぎの両方を設置するスペースはないけれど、愛猫のためには両方とも置きたい方にもおすすめです。

猫Heroes いつでも爪とぎポールL

ロングポールにおもちゃが2つ付属したポール型の爪とぎ。自然と遊びながら爪とぎを覚えられるので、まだ爪とぎの習慣がない猫にも使えます。素材には高級な麻縄とカーペット生地を採用し、ポールだけではなく土台でも爪を研げるため便利です。

サイズは約W34×D34×H80cmとスリムながらも高さがあり、大型の猫でも背伸びをしながら爪を研げるのが魅力。また、重量も2.5kgあるため倒れにくく、安心して使用できます。

シンプルなデザインもポイント。3種類のカラーからインテリアに合わせて選択できます。すっきりと設置できる爪とぎが欲しい方におすすめの製品です。

杉にゃん 本能の爪とぎ 縦型出隅

猫が立って体重をかけながら爪を研げる木製の爪とぎ。素材には国産の柔らかい杉を採用しており、衛生的かつ安全に使えます。

土台の厚さと爪とぎの厚さは約3cmで、爪とぎ部分には幅1cmのスリットが入っており、爪をひっかけるようにしながら研げるのが特徴。裏面には水平部分と直角部分があり、壁もしくは柱の角などにくっつけるようにして設置できます。柱で爪を研いでしまう癖がある場合には、柱を覆って守れるので便利です。

上下リバーシブル仕様なのもポイント。爪とぎの表面がボロボロになっても上下を逆にして使えます。シリーズ製品として、板状のモノや壁用のモノなどさまざまなアイテムがあるので、猫に合わせて選べるのも魅力です。