電子レンジで食材を温める際に使う「シリコンスチーマー」。料理初心者や小さな子供でも使いやすく、時短で調理が楽しめる便利なアイテムです。しかし、シリコンスチーマーと一口にいっても、形状やスペックが製品によって異なります。

そこで今回は、おすすめのシリコンスチーマーをご紹介。使用用途や生活環境に合わせて選んでみてください。

シリコンスチーマーとは?

By: amazon.co.jp

シリコンスチーマーとは、シリコン素材で作られた調理器具のこと。シリコンスチーマーの中に野菜や肉などの食材を入れて、電子レンジやオーブンにかけるだけで、簡単に「蒸す・茹でる・煮る」といった調理ができます。

短時間で食材に熱を通せるので、調理時間を減らせるところもポイント。食材がこびり付きにくく、片付けも簡単で、製品によっては食器洗い機に対応しているモノもあります。

形状やサイズも豊富に取り揃えられており、一人暮らしでも家族と同居している場合でも問わず、ぴったりなモデルが見つかるのも魅力。万が一落としてしまってもお皿のように割れない素材なので、小さな子供や力の弱い年配の方との料理中も安心して使用できます。

シリコンスチーマーの選び方

フタの種類で選ぶ

取り外しタイプ

By: amazon.co.jp

フタを取り外せるタイプのシリコンスチーマーは、食材の入れ口を広くとれるので、食材を入れるときや盛り付けるときに便利。鍋や煮物などでゴロゴロとした食材を調理するときにおすすめです。

また、片付けの際にフタや本体の溝といった細かいところまで洗いやすいのがメリット。すみずみまで清潔に保ちやすいので、安心して調理できます。

一体型タイプ

By: rakuten.co.jp

本体にフタが一体化しているタイプは、フタの置き場所を気にすることなく食材の出し入れができるため、狭いキッチンで使用するときにおすすめです。

その一方、フタが取り外せず、洗浄時に手が届きにくい部分ができてしまう場合があるので、注意しましょう。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

4~5人分の料理を作ることが多い方であれば、1000ml以上のシリコンスチーマーがおすすめ。一人暮らしの方や1人分の調理を行うことが多い方には、500ml前後の小さいサイズが適しています。

また、一人暮らしの方でも、常備菜やお弁当のおかずを作り置きしておきたい場合は、2~3人分を一度に作れる700ml程度のサイズ感のモノを選びましょう。

なお、小さめの電子レンジを使っている方は、シリコンスチーマーがレンジ内に入るサイズかどうかをチェックしておく必要があります。特に、回るタイプのレンジは要注意。シリコンスチーマーがレンジ内で引っ掛かって、中身がこぼれたりレンジの故障の原因になったりするので、事前に確認しておきましょう。

対応温度で選ぶ

By: amazon.co.jp

シリコンスチーマーは、一般的に耐熱にも耐冷にも対応しており、製品によっては-40℃から250℃程度まで対応しているモノもあります。さらに、耐熱温度200℃以上で「オーブン使用可」になっているシリコンスチーマーなら、オーブンで軽く焦げ目をつけるなどの調理も可能。調理の幅を広げられます。

マイナスの温度まで対応するタイプなら、作った料理をシリコンスチーマーに入れたまま冷凍保存できて便利です。

IHに対応しているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

市販されているシリコンスチーマーの多くは、電気が流れない仕様になっているため、IH調理器での調理はできません。IH調理器で使用したい場合は、シリコンスチーマーの底部に金属が使われており、「IH対応可能」と記載されているモノを選びましょう。

スチームトレイが付いているかどうかで選ぶ

By: amazon.co.jp

余分な油をカットした肉料理を作りたい方は、底の部分に穴や溝があるスチームトレイ付きのシリコンスチーマーを選ぶのがおすすめ。底面に開いている穴や溝に油が落ちていくので、ヘルシーに仕上がります。

また、食材にしっかり熱が通っているか不安な方は、波型のスチームトレイが付いたシリコンスチーマーを要チェック。波型の形状によって、レンジのマイクロウェーブ波がより食材に届きやすくなります。芯のある根菜や、しっかり火を通さないと衛生的に不安のある肉類の調理にもおすすめです。

デザインで選ぶ

By: amazon.co.jp

シリコンスチーマーのなかには、オーバル型や鍋型のように丸みのあるデザインだけでなく、野菜やハートなどをモチーフにしたモノもあってデザイン性に優れています。

デザイン性の高いシリコンスチーマーなら、食卓にそのまま出せたり、収納スペースがなくてもキッチンにそのまま置いておけたりと利便性が高いところもポイント。使いやすさに加えて、おしゃれさも考慮して選ぶのもおすすめです。

シリコンスチーマーのおすすめ

ルクエ(LEKUE) トレイ付きシリコンスチーマー

ルクエ(Lekue) トレイ付きシリコンスチーマー

スペイン生まれの調理器具メーカー「ルクエ」のシリコンスチーマー。蒸す・煮る・茹でる・炊くの4つの調理方法ができるので、1つあれば調理の幅が広がります。

耐熱温度は-60℃~220℃で、電子レンジでの調理が可能。穴が開いた波型のスチームトレイが付属しているため、余分な油を落としたヘルシーな料理を作れます。食洗機でも洗えるので、調理時間だけでなく片付けの時間を短縮できるのもポイントです。

ルクエ(LEKUE) スチームロースター ピエデラ

電子レンジのほか、オーブンでも調理可能なシリコンスチーマー。左右に蒸気の逃げ道があるユニークな形状が特徴です。食材を包むように調理できるので、ジューシーでふっくらとした食感に仕上がります。

ボウルのように自立させて使えるので、下処理が行えるのもポイント。曲線が美しいデザインで、調理後はそのまま食卓に出してもおしゃれに見えます。下処理から調理、配膳までこれ1つで済むので、片付けの手間を減らせるのも魅力です。

旭金属 メトレフランセ シリコンスチーマー グランラウンド 885-L

旭金属 メトレフランセ シリコンスチーマー グランラウンド 885-L

4~6人分の調理が一度にできる、大きめサイズのシリコンスチーマー。本体の縁にスチール芯を入れているため、安定感や強度が高く、使いやすいのが特徴です。

折りたためるので、場所をとらずに収納できるのもポイント。電子レンジだけでなくオーブンレンジでも使用可能で、さまざまな調理を楽しめます。

旭金属 メトレフランセ ジャポネ ライススチーマー 835-RD

旭金属 メトレフランセ ジャポネ ライススチーマー 835-RD

お釜をイメージしてデザインされたシリコンスチーマー。600Wの電子レンジで最大11分あれば、水とお米の状態から約4人分のごはんを作れます。

ボディにしっかりと深さがあるので、おでんなどの煮込み料理にも対応することが可能。ボディを半分までたたんで中蓋をスチームプレートとして使えば、蒸し器としても活躍します。

ワールドクリエイト ViV シリコンスチーマー デュエ

ワールドクリエイト ViV シリコンスチーマー デュエ

高さ75×幅255×奥行135mmと、2~3人分の調理を一度にできるサイズ。最大で270℃まで耐熱し、レンジだけでなくオーブンでも使えます。

取り外し可能なスチームトレイ付きなので、余計な油分を落としてヘルシーに料理を楽しみたい方にもおすすめです。上蓋が内側にぴったりと収まり、中身のふきこぼれや蒸気の逃げ出しを予防。食材そのものの美味しさを、うまく引き出します。

ワールドクリエイト ViV シリコンスチーマー ココット

ワールドクリエイト ViV シリコンスチーマー ココット

スープや煮込み料理を作るときに重宝する、深鍋型のシリコンスチーマー。スチームトレイも付属しているので、さまざまな調理に活用できます。

かわいらしい野菜型のデザインで、食卓にそのまま出しても、収納せずに置いてもよし。パンプキン型だけでなく、ハートやスター、トマト、パプリカなどの形状のモノもあり、食卓に華やかさを添えられるのも魅力です。

和平フレイズ らくCHIN!シリコーンスチーマー

和平フレイズ らくCHIN!シリコーンスチーマー

煮る・蒸す・焼くと、3つの役割を果たす電子レンジ用のシリコンスチーマー。底面が波型になっているため、凹んだ部分に余分な油を落としながらヘルシーに調理可能です。

また、中アミの部分はセラミック入りなので、炭火焼のような香ばしい焼き上がりに。中はふっくら柔らかく、表面はパリッとした料理を、電子レンジで作れます。

シービージャパン(CB JAPAN) フルール シリコンスチーマーオーバル

シービージャパン(CB JAPAN) フルール シリコンスチーマーオーバル

大きな魚や肉を蒸したり煮込んだりするのに向いているシリコンスチーマーです。浅めではあるものの直径が大きく、900mlと大容量。複数人分をまとめて調理できます。

鍋底がもともと波型になっているため、余分な油をカットしてヘルシーな仕上がりに。230℃まで耐えられて、電子レンジだけでなくオーブンでの調理も楽しめます。

NYプランニング IH対応シリコンスチーマー

NYプランニング IH対応シリコンスチーマー

レンジやオーブンだけでなく、IH調理器にも対応しているシリコンスチーマー。底の部分にステンレス板が入っており持ち運びやすいのも特徴。IHやレンジで全体に熱を通した後に、オーブンで焼き目をつけるといった調理も楽しめます。

さらに、内面の底にはフッ素コーティングがされているため、ニオイや汚れが付きにくく衛生的に使えるのもポイントです。食洗器での洗浄もできるので、調理時間も片付け時間も短縮可能。仕事が忙しい方や家事に追われるお母さん方におすすめです。

川崎合成樹脂 シリコーンマルチスチーマーレンジde3役 SS-053

川崎合成樹脂 シリコーンマルチスチーマーレンジde3役 S-053

深さのある鍋と、シリコン製のタジン風リッドが付いているシリコンスチーマー。肉まんやシュウマイといった蒸し料理はもちろん、煮る・茹でるといった調理でも活躍します。

収納時には、フタをコンパクトに折りたためるので、収納スペースの少ない一人暮らしの方にもおすすめ。食材本来の栄養価や旨味を残した料理が、簡単に楽しめます。

シャルルビアンサン(CHARLES VIANCIN PARIS) シリコンスチーマー ビーンズ

シャルルビアンサン(CHARLES VIANCIN PARIS) シリコンスチーマー ビーンズ

フランス生まれの「シャルルビアンサン」から発売されているシリコンスチーマー。サヤエンドウをモチーフに作られた、丸みが可愛らしいモデルです。特徴的な形状によって、電子レンジの熱がより素早く食材に届き、しっかりと熱を通せます。

フタがしっかりと閉まる設計で中身の漏れを予防。また、-40℃まで耐冷するので、調理後にそのまま冷蔵や冷凍でも保存が可能で便利です。

マストラッド(mastrad) ファミリーパピヨット&タジン蓋セット

マストラッド(mastrad) ファミリーパピヨット&タジン蓋セット

パピヨットと、タジン蓋が付いているのが特徴のシリコンスチーマー。パピヨットが付いていることで、包み焼きのような仕上がりの調理が可能です。

浅めながら直径がある鍋は、800mlの食材を調理可能な大きめサイズ。鍋の持ち手部分には凹凸が施されているため、持ち運びやすいところもポイントです。

リッチェル(Richell) 離乳食シリコンスチーマー

リッチェル(Richell) 離乳食シリコンスチーマー

お椀のようなデザインとフォルムが可愛らしいシリコンスチーマー。レンジでおかゆや離乳食を作るのに長けています。レンジで加熱すると、土鍋のような対流が発生するので、美味しいごはんを炊けます。

また、お米の調理だけでなく、野菜やお肉の蒸し料理ももちろん可能。付属しているスプーンに付いた凹凸がすり鉢機能も果たすため、赤ちゃんの離乳食づくりにも活躍します。