デザートと名のつくとおり、ワインのなかでも甘口として知られる「デザートワイン」。菌を付着させたブドウで造る「貴腐ワイン」や乾燥させたブドウで造る「ストローワイン」、凍ったブドウを収穫して造る「アイスワイン」など、デザートワインは産地や製法によってさまざまな種類があります。

今回は、デザートワインのおすすめ銘柄をご紹介。あわせて使用されるブドウ品種や特徴などについても解説するので、選ぶ際の参考にしてみてください。

デザートワインとは?

チョコレートやフルーツとともに楽しめる甘口のワイン「デザートワイン」は、原料のブドウによる甘味とコクが味わえるワインとして人気があります。

通常、デザートワインは冷やして楽しむことが多く、甘口〜極甘口のデザートワインは食後にデザートやチーズとペアリングさせるのがおすすめです。また、やや甘口のデザートワインは食前酒としても適しています。

なお、イギリスでは食事中に料理と一緒に飲むこともあり、場面に応じてさまざまな楽しみ方ができるのも魅力。優しくとろりとした口当たりで贅沢な味わいを楽しめます。

デザートワインの選び方

製法で選ぶ

貴腐ワイン

「貴腐ワイン」は、「ボトリティス・シネリア菌」というカビの一種を付着させたブドウで造るデザートワインです。菌の作用でブドウの水分が適度に蒸発することで旨味と糖分が凝縮し、上質な味わいのデザートワインが出来上がります。

また、貴腐ワインの製造には限定された気候条件を満たす必要があるうえ、膨大な手間がかかるため、高価なモノが多いのが特徴です。独特の芳醇な香りと複雑な風味、そして凝縮されたブドウの甘味が魅力。甘口ワインの芸術品ともいえるデザートワインです。

アイスワイン

By: amazon.co.jp

食事中や、デザートなどと一緒に楽しむことの多いデザートワイン「アイスワイン」。真冬のドイツで生まれ、一度凍ったブドウから造られたのがはじまりです。ブドウを凍らせることで芳醇な香りと味わいが凝縮されるので、完成したワインの風味も強くなります。

一度凍ったブドウ1房から絞れる果汁はわずかスプーン1杯程度。畑で実ったまま凍らせるので鳥獣被害にも遭いやすく、非常に希少なワインといわれています。

アイスワインの味わいは、貴腐ワインに比べてさっぱりしているのが特徴。生産者の努力の結晶ともいえる、上質なデザートワインです。

遅摘みワイン

ブドウが完熟してからも収穫せず、そのまま畑に実らせたまま放置し、ブドウが生乾きになった頃に収穫して造る「遅摘みワイン」。ある程度乾燥させることによってブドウの果実に糖分が凝縮され、甘味の強いデザートワインが出来上がります。

遅摘みワインのブドウを生産する環境としては、適度な傾斜と日光に照らされた地形が理想的。フランスのベルジュラック地方などで造られています。甘味の強いデザートワインなので、食後のデザートやチーズなどと一緒に楽しみたい場面におすすめです。

ストローワイン

レーズン(干しブドウ)から造る甘口のデザートワイン「ストローワイン」。収穫したブドウを藁(ストロー)の上で乾燥させていたことに由来しています。

ブドウをレーズンにすることで糖度が増すほか、深いコクが生まれるのも特徴。現在では藁の上で干したモノ以外に、吊るして干したブドウから造ったモノもストローワインと呼ばれています。

ストローワインは、フランスのジュラ地方で造られる「ヴァン・ド・パイユ」が有名。濃厚な甘味に加えて芳醇な香りも楽しめるので、食後のデザートと一緒に楽しむのがおすすめです。

酒精強化ワイン

By: rakuten.co.jp

発酵段階のワインに、ブランデーなどのブドウから造られた強度のアルコールを添加する「酒精強化ワイン」。アルコール度数を高めているので酸化や腐敗の心配が少なく、保存性に優れています。

また、酒精添加によって酵母の働きが止まり、発酵を抑えることで糖が残るので甘味の強い味わいになるのが特徴です。酒精添加のタイミングにより甘口の度合いも変わるので、より早い発酵段階で添加したモノほど甘口になります。

食前酒として楽しまれることが多い酒精強化ワイン。なかでも、アルコール度数が比較的低いモノはデザートワインに分類されることがあり、スペインの「ペドロ・ヒメネス」などが有名です。

ブドウの品種をチェック

シャルドネ

シャルドネは生産地域、ワインの製造方法によって味わいに違いがあるブドウ品種。シャルドネは、病気に強く、菌が繁殖しにくいため、フランス・アメリカ・チリなど世界中で栽培されています。

シャルドネを使用したワインは熟成期間によって香りも大きく変化するので、造り手のこだわりが現れやすいのも特徴です。

また、シャルドネは環境への適応能力が高く、涼しい地域で生産されたモノはすっきりとした味わいになるのが特徴。温暖な地域で生産したモノはコクがあり、まろやかでフルーティーな味わいのワインに仕上がります。

リースリング

リースリングは、主にドイツで生産されている白ワイン用のブドウ。小さな房と小粒の実が特徴で、涼しい地域での栽培に向いている品種です。

リースリングを使用したワインは、上質な香りとしっかりとした酸味を有しているのが特徴。甘口のデザートワインから辛口のワインまで、さまざまな銘柄の材料として広く用いられています。

リースリングのデザートワインは強い酸味と甘味のバランスがよいことから、食後の甘酸っぱいデザートなどにおすすめです。

ヴィダル・ブラン

カナダやアメリカ東海岸などで主に栽培されているヴィダル・ブラン。寒冷な気候に強く、カナダ産のアイスワインによく用いられます。

低温環境で発酵させて造られたヴィダル・ブランのデザートワインは芳醇な香りを有しているのが特徴。まるで柑橘類のように爽やかな香りと、蜂蜜やオレンジのような複雑な味わいを感じられます。

セミヨン

セミヨンは、大きめの房と粒を備えているのが特徴で、栽培が容易なため生産性に優れたブドウの品種です。セミヨンは長期熟成能力に優れ、10年以上熟成したモノは深いコクを感じられる味わいになります。

また、セミヨンに菌を付着させて造る貴腐ワインは品質が高いのが特徴。なかでも、フランスの「ソーテルヌ地区」で造られる「シャトー・ディケム」は貴腐ワインの王様とも呼ばれ、甘いパイナップルのようなフルーティーな味わいが楽しめます。

ショイレーベ

ショイレーベは、主にドイツで栽培されており、濃厚な甘味とやわらかな酸味が特徴のブドウ。白桃やはちみつ、アプリコットのような甘い香りを持ち、アイスワインらしさを味わえるのが魅力です。

また、ショイレーベは1950年代から栽培されるようになった比較的新しい品種でもあり、病気に強く健康な状態での収穫が容易なため、生産性に優れているのが特徴。ドイツ以外では、アメリカとオーストリアでわずかながら栽培されています。

フクセルレーベ

複雑に混ざり合った、フルーティーさとスパイシーさを感じられる独特のフレッシュな香りを持つフクセルレーベ。主にドイツでデザートワイン向けに栽培され、糖度の高いブドウを収穫しやすいのが特徴です。

フクセルレーベのデザートワインは、熟成による香りがフレッシュの桃のようにフルーティーで、味わいはきれいでまろやかな酸味が楽しめます。飲みやすいので、初めてデザートワインを選ぶ際にもおすすめの品種です。

産地をチェック

By: amazon.co.jp

フランスのソーテルヌ

フランス南西部のボルドー地方にあり、世界3大貴腐ワインの産地として有名な地区「ソーテルヌ」。上質な貴腐ワインの原料となるブドウの品種「セミヨン」「ソーヴィニヨン・ブラン」「ミュスカデル」などを栽培しています。

ソーテルヌの貴腐ワインは、アプリコットやバニラなどのような複雑な香りを楽しめるのが特徴。また、ソーテルヌで造られる貴腐ワインには「1級」「2級」に分かれる階級が与えられており、1級に格付けされたワイナリーは現在11軒存在します。

例外として、別格の最高級品である貴腐ワインの王様「シャトー・ディケム」には「特別1級」が与えられています。

ハンガリーのトカイ

ハンガリーの首都ブダペストより北東230km、スロバキアとウクライナ国境に近いにあるトカイ地方。ソーテルヌと同様に世界3大貴腐ワイン産地のひとつとして有名です。

独特の気候と地形により、昼夜の寒暖差から霧が発生しやすく、貴腐菌の発生に適しています。トカイで造られる貴腐ワイン「トカイワイン」は、濃厚な甘味を感じられるのが特徴で、冷やして飲むのがおすすめです。

また、トカイワインは糖度が高いため、酸化のスピートが遅いのもポイント。冷蔵庫に保管すれば2週間ほど風味を楽しめるのが魅力です。

ドイツ

ドイツの冷涼な気候を利用して造られるワインは、世界一美しいといわれる酸味と繊細な風味のバランスを備えています。

ドイツでは、多くのデザートワインに使用される品種「リースリング」のシェアが高く、世界中の栽培面積の60%を占めるほどです。

また、ドイツでは収穫したブドウの糖度によって格付けを行っているのが特徴。一番糖度の高い「トロッケンベーレンアウスレーゼ」は世界3大貴腐ワインのひとつともいわれ、濃厚な甘さをじっくりと楽しめます。

カナダ

カナダは寒冷な気候で知られており、アイスワインの名産地としても有名です。同国内の主要なブドウ産地はブリティッシュコロンビア州とオンタリオ州。なかでも、オンタリオ州のナイアガラ地方はカナダ最大のブドウ産地です。

カナダのアイスワインは規制当局によって厳しく品質を管理され、-8℃以下の環境でブドウを収穫、圧縮する製法を徹底しています。芳醇な香りとなめらかな口当たりが魅力です。

高品質なカナダ産アイスワインは、国内で消費されることがほとんど。輸出量が限られている希少なデザートワインです。

ポルトガルのマデイラ

北アフリカのモロッコ沖に浮かぶポルトガル領のマデイラは、世界4大酒精強化ワインの産地として知られています。マデイラの酒精強化ワイン「マデイラワイン」は、ブドウ由来の酸味と甘味に加え、芳醇な香りを持っているのが特徴です。

また、マデイラワインは温水を利用した「クバ・デ・ガロール」や太陽光を利用する「カンティロ」という、人工的に加熱処理を実施する独自の製法を採用。加熱処理を終えたあとは数年〜数十年の熟成期間を経て、芳醇な香りと味を生み出しています。

また、糖度があるため、肉料理や料理酒としても使用されているのもポイント。食後のデザートワインとしてもおすすめです。

糖分添加されているかをチェック

デザートワインのなかでも安価な銘柄では、別途糖分を添加したモノも存在します。糖分を添加したワインは砂糖の甘さが際立つので、ジュースのように冷やしたり、氷を入れてロックワインとして楽しんだりするのがおすすめ。糖分を添加せずに造られたデザートワインは、ブドウが持っている甘さ・コク・酸味などのバランスを楽しめるのが魅力です。

デザートワインを購入する場合には、好みに応じて糖分添加の有無をチェックしておきましょう。

デザートワインのおすすめ|白

シャトー パジョス(CHATEAU PAJZOS) トカイ アスー 6プットニョシュ シャトー パジョス 2013年

蜂蜜のような甘さを意味する「アスー」を冠した、際立つ甘味が特徴の貴腐ワイン「トカイ・アスー・6プットニョス」。トカイ地方の伝統的な木製容器「プットニ」に由来する「プットニョシュ」によって糖度が示されています。

本製品の「6プットニョシュ」は、7段階のなかで上位から3番目にあたり、気候条件が適した年にだけ造られる特上品。上質な極甘口のデザートワインを探している方におすすめの銘柄です。

シャトー リューセック(Ch. Rieussec) カルム ド リューセック ソーテルヌ & バルサック

フランスの「ソーテルヌ」における第1級格付けワイナリー「シャトー・リューセック」のセカンドワイン「カルム・ド・リューセック」。原料はソーテルヌを代表する品種「セミヨン」を使用し、洗練された味わいが特徴の貴腐ワインです。

ブドウの糖分と旨味が凝縮され、独特の複雑な風味が特徴。高品質なデザートワインを味わいたい方におすすめです。

シャトー ディケム(Chateau d’Yquem) シャトー ディケム 2014

貴腐ワインの最高峰、「ソーテルヌ」において特別第1級の格付けを獲得している「シャトー・ディケム」。ブドウの樹1本から、わずかグラス1杯分といわれるほど低収量にこだわった、最高級の貴腐ワインです。

シャトー・ディケムは、原料のブドウをおよそ6〜8週間ほどかけて、完熟したモノのみを1粒1粒収穫します。また、新樽を使用して3年以上熟成させ、さらに優れた樽だけを選定して瓶詰めしているのが特徴です。

蜜のあるリンゴや甘いパイナップルのようなフルーティーさと、ジャスミンやオレンジのような香りが調和。優雅な風味を楽しめる、ダイヤモンドのように輝く最上級のデザートワインです。

ルドルフ ファウス家(Rudolf Fauth) ウーデンハイマー キルヒベルグ リースリング アイスヴァイン

高品質の白ワイン用のブドウ「リースリング」を使用し、ドイツの「ウ-デンハイム」で造られたアイスワイン。気候条件が合わず、10年間のうちにわずか2回しか造られていない希少な銘柄です。

樹齢の若いリースリングの樹から収穫したブドウを使用しているので、しっかりとした酸味と甘さが交互にやってくる味わいが特徴。安価で高品質なので、コストパフォーマンスにも優れたおすすめのデザートワインです。

グリューバー(GRUBER) グリューバー シャルドネ アイスワイン

オーストリア最大のワイン生産地域「ヴァインフィアテル地区」で造られたアイスワインです。本製品は、1950年代よりブドウ栽培とワイン醸造を始めた家族経営のワイナリー「グリューバー」で生産されています。

「シャルドネ・アイスヴァイン」の味わいは、パイナップルやパッションフルーツのような香りを感じられるのが特徴。極甘口なので、デザートワインとして、食後にスイーツなどと一緒に楽しむのがおすすめです。

ザ アイス ハウス ワイナリー(The Ice House Winery) ノーザン アイス ヴィダル アイスワイン

カナダのオンタリオ州・ナイアガラ地方にあるワイナリー「ザ・アイス・ハウス・ワイナリー」で造られたアイスワイン。ブドウの品種は「ヴィダル・ブラン」を使用し、柑橘類と熟したライチやマンゴーなどを想起する芳醇な香りを感じられます。

気温-8℃以下の環境で、糖度を39度まで上げてから収穫しているのが特徴。実のフレッシュさと、引き締まった酸味の両立を実現しています。クリームブリュレのような甘さと、滑らかな口当たりで、アプリコットのような果実味の余韻が特徴です。

食後のデザートワインとして、スイーツなどと一緒に楽しみたい際におすすめの極甘口ワインです。

デックスハイマー家(Weingut Dexheimer) ガウ オーデンハイマー ペテルスベルク フクセルレーベ ベーレンアウスレーゼ 2013

フレッシュさとスパイシーな香りが特徴のブドウ「フクセルレーベ」を使用したデザートワインです。香りにフルーティーさも感じられ、上品な蜂蜜のように濃厚で凝縮された味わいが感じられます。

飲みやすく価格も安いので、初心者の方が始めて選ぶデザートワインとしてもおすすめ。芳醇な風味を楽しめるコストパフォーマンスに優れたワインです。

ハーフナー(Hafner) ハーフナー トロッケンベーレンアウスレーゼ エッセンシア ショイレーベ 2015

オーストリアのブルゲンラント州にあるワイナリー「ハーフナー」で造られたデザートワインです。濃厚な甘味が特徴のブドウ「ショイレーベ」を使用。キャラメルや蜂蜜のような甘い香りと、南国のフルーツのような爽やかな香りが特徴です。

また、口に含んだ際の洋ナシやライチのような風味と、後に残る爽やかな酸味も心地よく、甘味と酸味のバランスが絶妙に調和しています。さらに、長期熟成能力にも優れ、50年の熟成が可能です。

グラン(Grand) コート デュ ジュラ ヴァン ド パイユ 2014

甘味の強い遅摘みブドウを使用した「ヴァン・ド・パイユ」。丁寧に手摘みで収穫したブドウから良質なモノだけを選定して使用しています。数週間ほどの乾燥によって水分と酸を蒸発させ、甘味を凝縮させたストローワインです。

「ヴァン・ド・パイユ」は、1年間の長期間をかけて発酵させたあと、18ヶ月以上の木樽熟成が必要。ブドウの圧搾から3年間以上をかけて造られた甘口の味わいは、食後のデザートにおすすめです。

ディルレ カデ(DIRLE-CADE) ディルレ カデ リースリング GC セーリング ヴァンダンジュ タルティヴ 2011

ヴァンダンジュ(収穫)タルティヴ(遅い)の名のとおり、フランス北東部のアルザス地方の遅摘みブドウを使用したデザートワインです。また、生産者の「ディルレ・カデ」は、ワインガイド誌でも高い評価を受けており、日本でも注目され始めています。

遅摘みによって糖度が増したブドウを使用。風味豊かで、しっかりと甘味を感じられるデザートワインです。

シャトー デ ゼサール(CHATEAU DES EYSSARDS) シャトー デ ゼサール キュヴェ フラヴィ 2015

フランス、「ベルジュラック地区」のワイン産地「ソーシニャック 」で造られた、遅摘みワインです。ブドウの収穫を通常よりも3週間ほど遅らせ、12人の熟練の摘み手による手摘みで3週間ほどかけて行っています。

使用するブドウの半分が干しブドウ状になったモノ、もう半分には貴腐ブドウを使用。フレンチオーク製の小型樽「バリック」で発酵したあと、約15ヶ月熟成させたデザートワインです。

一切の添加物を使用せず、自然のモノだけを使用したこだわりの製法が特徴。白桃やパイナップルのようなフルーティーな風味が楽しめるおすすめのワインです。

バルデスピノ(Valdespino) ペドロ ヒメネス エルカンダド シェリー

スペイン南部でシェリー酒を作っているメーカー「バルデスピノ」の酒精強化ワイン「ペドロ・ヒメネス」。発酵段階で強度のアルコールを添加した製法により、ブドウの糖度を残して強い甘味を感じられます。

また、熟成によって産まれるフルーティーな香りと、香ばしいコーヒーやダークチョコレートを想起させる芳醇な風味が特徴。さらに、ベルベットのように上品な口当たりがあり、ほどよい酸味が口のなかを抜ける、長く続く深い味わいも魅力のデザートワインです。

ヴィニョス バーベイト(Vinhos Barbeito) ヴィニョス バーベイト マディラ スイート

ポルトガル領「マデイラ」にある「フンシャル」のワイナリー「ヴィニョス・バーベイト」の酒精強化ワインです。機械式のプレスで圧搾したあと、発酵段階が半分以上経過した頃に96℃のグレープスピリッツを添加して造られています。

そして、人工的に加温して3ヶ月間の熟成を施したあと、約2年間の樽熟成を経て完成。ふくよかで深い甘味が口に広がり、重厚な風味ながら軽い口当たりが感じられます。デザートワインはもちろん、お菓子の香り付けなどにもおすすめのワインです。

デザートワインのおすすめ|赤

林農園 五一わいん NAC 氷菓の雫

長野県塩尻市の「林農園」で造られているデザートワイン「五一わいん」。塩尻特産のブドウ品種「コンコード」の魅力が詰まっており、蜂蜜のように濃厚で甘い味わいと、芳醇な香りが特徴です。

また、「五一わいん」は、より高い品質の農産物や農産加工品を提供するための「NAC(長野県原産地呼称管理制度)」の認定を受けているのもポイント。コストパフォーマンスにも優れていて、安心して気軽に飲めるデザートワインを探している方におすすめです。

蒼龍葡萄酒 フリージングワイン赤 ベーリーA

厳選された山梨県産のブドウ、「マスカットベーリーA」の果汁を冷凍させながら濃縮させて作ったアイスワインです。糖分添加をおこなわず、ブドウ由来の甘さと酸味のバランスがとれたワインに仕上がっています。

芳醇で深みのある香りとコクが特徴で、冷蔵庫で冷やして食前酒や食後酒はもちろん、氷を入れてロックワインにするのもおすすめの楽しみ方です。

ザ アイス ハウス ワイナリー(The Ice House Winery) ノーザンアイス シグネチャーシリーズ カベルネ ソーヴィニヨン アイスワイン

希少なカナダのアイスワインのなかでも、特に珍しい赤アイスワインです。主に赤ワイン用として人気のあるブドウ「カベルネ・ソーヴィニヨン」を使用。フルーティーで芳醇なシェリー酒のような香りと、黒蜜などの濃厚な風味が特徴です。

口にすると真っ先に甘酸っぱさを感じ、フルーツらしいとろりとした甘味へ変化します。甘味と酸味の絶妙なバランスがあり、落ち着いた味わいが魅力です。また、冷やして飲むのがおすすめで、冷蔵庫で保管すれば1週間程度は風味を維持できます。

ヴィヴィアーニ(Viviani) レチョート デッラ ヴァルポリチェッラ 2011 ヴィヴィアーニ

イタリアの「ネグラル地区」で造られた、爽やかでやわらかな、甘い味わいが特徴のデザートワインです。収穫したブドウを約半年間乾燥させ、小型の樽「バリック」で2年間熟成させています。

スパイシーな風味と、リンゴやブルーベリーなどのフルーティーさを感じられ、ヘーゼルナッツやカカオなどのような香りが特徴。チョコレートケーキなどと相性がよい、おすすめのデザートワインです。

カザル ドス ジョルドス(Casal dos Jordoes) カザル ドス ジョルドス ヴィンテージ ポート

ポルトガルのドウロ地方で造られた、芳醇な甘い果実の香りが特徴的な酒精強化ワインです。適度な雨量の年に収穫、厳選されたブドウを使用。機械を使わずに手摘みし、石のラガーで足踏みして加工しています。

また、酵母の添加しない製法を採用しているのも特徴。畑で付着した自然由来の健全な酵母で発酵させていて、1994年にオーガニック認証を取得しています。デザートワインとしてもおすすめで、ブルーチーズなどと相性がよいのも魅力です。

カザル ドス ジョルドス(Casal dos Jordoes) ポルト タウニー

シガーやコーヒー、果実のジャムのような複雑な香りが特徴の酒精強化ワインです。しっかりとした甘味と、特有の酸味が調和した、バランスのよい味わいが楽しめます。

また、オーガニックワインの認証も取得しており、食前酒や食後のデザートワインとしてもおすすめ。アーモンドチョコやドライフルーツケーキ、メロンなどのスイーツとのペアリングに適しています。

マルス山梨ワイナリー ヴィニョ デ マルス セラーセレクション

山梨県にある「本坊酒造株式会社」が展開するワイナリー「マルス山梨ワイナリー」の酒精強化ワインです。複雑な甘味と深いコクが特徴。冷やして小さめのグラスに注いで、少しずつ楽しむのがおすすめです。

長期熟成のワインに「マルス信州蒸留所」にて製造されたブランデーやスピリッツを加え、甕で熟成させる製法を採用。長期間の保存が可能なのも魅力のデザートワインです。