洗い物には欠かせない「水切りカゴ」。洗い終わった食器やカトラリーを置いて水分を切るためのカゴですが、最近はおしゃれなデザインのモノが増えているほか、自動的に水を排出できるタイプや、デッドスペースをうまく活用したタイプなど、便利な製品が数多く登場しています。

そこで、今回はおすすめの水切りカゴをピックアップ。ミスマッチを防ぐための選び方をはじめ、おすすめメーカーについても紹介しています。水切りカゴの購入や買い替えを検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

水切りカゴの選び方

水切りカゴの種類をチェック

サイズが豊富で好きな場所に置ける「バスケットタイプ」

By: amazon.co.jp

水切りカゴと水受け皿がセットになった「バスケットタイプ」。もっともベーシックなタイプで、一人暮らし向けのスリムモデルから、4人家族用の大容量モデルまで、サイズも豊富に用意されています。カゴが深いタイプならば、大皿やフライパンなども収納できるのでおすすめです。

バスケットタイプは、シンク周りの好きな場所に設置できるのもポイント。なお、大きすぎると調理や作業がしにくくなることがあるため注意しましょう。限られたスペースにたくさん収納したい方は、2段重ねのモデルがおすすめです。

シンクに設置する「シンク内タイプ」

By: rakuten.co.jp

水切りカゴをシンクに設置する「シンク内タイプ」。食器やカトラリーについた水がそのままシンクに落ちるので、水受け皿の清掃を省けます。また、調理中はカットした野菜などを一時的に置くスペースとして使えるなど、使い勝手に優れたタイプです。

シンク内タイプの水切りカゴは、大きく分けるとシンクの端に引っ掛ける「カゴ型」と、溝の入ったプレートを設置する「トレー型」の2種類に分類できます。なお、どちらもそれほど容量は大きくないため、一人暮らしや少人数の家族におすすめです。

デッドスペースを有効活用「ラック・つっぱりタイプ」

By: rakuten.co.jp

作業台やシンクの上など、キッチンのデッドスペースを有効活用できる「ラック・つっぱりタイプ」。設置スペースがほとんど不要なので、水切りカゴを置く場所がないミニキッチンでも使えます。

また、カスタマイズ性が高いのもポイント。フックを設置しておたまを掛けたり、カトラリーポケットを設けて箸やスプーンなどを収納したりと、増設も比較的簡単に行えます。洗い物が多い大家族にもおすすめです。

素材をチェック

サビに強い「ステンレス」

By: rakuten.co.jp

ステンレスは、鉄を主成分とした合金です。頑丈でサビに強いのが特徴で、水回りに設置することが多い水切りカゴにピッタリな素材といえます。スチールと比べて価格はやや高めですが、耐久性が高いので長く使えるのが魅力です。

なお、ステンレスはサビに強い一方で、水垢などは普通に付着するため要注意。放置していると白いウロコのような汚れが目立ってくるので、定期的なお手入れが必要です。

安い上に頑丈な「スチール」

By: amazon.co.jp

スチールとは、いわゆる鉄です。ステンレスと比べてサビに弱いため、スチール製の水切りカゴには樹脂などでコーティングを施している場合がほとんど。白・黒・赤のようにカラフルな製品が多いので、インテリアに合わせやすいのも魅力です。

また、スチールは価格が安いのもポイント。金属製の頑丈さを持ちながら、コスパにも優れたおすすめの素材です。

軽くて扱いやすい「プラスチック」

By: amazon.co.jp

プラスチック製の水切りカゴは、軽くて扱いやすいのが特徴です。金属と比べて加工がしやすい素材のため、丸みを帯びたかわいらしいデザインの製品が数多く存在しています。また、カラーバリエーションが豊富なのもポイント。スケルトンカラーがあるのはプラスチックならではの魅力です。

なお、プラスチックはカビに弱いので注意が必要。衛生的に使うためにも、定期的に漂白剤などでカビ取りをする必要があります。構造がシンプルなものだと洗いやすいのでおすすめです。

水受け皿をチェック

どこにでも設置できる「スライドトレー」

By: amazon.co.jp

カゴの下の受け皿を取り出して、溜まった水を自分で捨てるタイプ。水が溜まったままだとキッチンが湿気ってしまうので、水切りをするたびに排水する手間がかかります。しかし、キッチンから離れたところにも設置できるのは大きなメリット。シンク周りをスッキリさせたい方におすすめです。

衛生的に使える「排水トレー」

By: rakuten.co.jp

傾斜のついたトレーから水が自動的に流れるタイプ。シンクの周辺にしか設置できませんが、わざわざ自分で排水する必要がありません。一人暮らしなど、家を空けがちな方におすすめです。排水方向が固定されているモノは置き場所が限定されますが、自由に角度を変えられるモノならばキッチンのインテリアに合わせて設置できます。

乾燥速度が速い「珪藻土トレー」

By: rakuten.co.jp

カゴの下に珪藻土のトレーを設置したタイプ。珪藻土とは、植物性プランクトンが化石化したもので、吸水力に優れているのが特徴です。食器やカトラリーから落ちた水がすばやく吸収され、自然に乾燥します。排水する手間を省けるためおすすめです。

サイズをチェック

By: nitori-net.jp

水切りカゴにはスリムでコンパクトなモノもありますが、洗い物を収納しきれない場合は逆に不便です。普段、どれくらいの食器やキッチン用具を使うのかを想定して、やや余裕のあるサイズを選ぶようにしましょう。大皿や大型のフライパンを使う方は、倒れないぐらいの深さがあると安心です。

設置スペースが限られている場合は、2段や3段の水切りカゴがおすすめ。また、洗い物を収納するときだけ設置できる折りたたみタイプや、必要なときだけ収納スペースを拡張できるモデルもあります。一人暮らしでよく料理をする方はチェックしてみてください。

オプションをチェック

By: rakuten.co.jp

箸やスプーンなどを収納できる「カトラリーボックス」があると見栄えがよくなるほか、片付ける際に便利。また、「グラスホルダー」もコップが割れにくくなるのでおすすめです。小さなお子さんがいる家庭では、包丁を安全に立てかけられる「包丁立て」があると安心。別売りのパーツで拡張できるモデルもあるため、効率的に収納したい方は要チェックです。

水切りカゴのおすすめメーカー

ニトリ

By: nitori-net.jp

ニトリは、北海道札幌市に本社を置くインテリアの大手メーカーです。現在は国内だけでも550店舗以上。大型家具からこまごまとした日用品まで、さまざまな製品を取り扱っています。

ニトリの水切りカゴは「お、ねだん以上。ニトリ」というキャッチコピーのとおり、安くて品質のよいアイテムが多いことで有名。コスパ重視の方におすすめのメーカーです。

ケユカ(KEYUCA)

By: rakuten.co.jp

日本の河淳株式会社が立ち上げたインテリア・小物ブランド「ケユカ」。誕生が比較的に新しい一方、関東を中心に50店舗以上を展開するなど、現在もっとも勢いのあるブランドのひとつです。

“Simple & Natural”をコンセプトに、リーズナブルでありながら、デザインと機能性を備えたアイテムを展開しているのが特徴。インテリアに合わせやすいおしゃれな水切りカゴを探している方におすすめです。

水切りカゴのおすすめ|バスケットタイプ

ニトリ 珪藻土水切りバスケット

ニトリ 珪藻土水切りバスケット

吸水性が高い珪藻土をトレーに採用したニトリの「珪藻土水切りバスケット」です。スリットが入った底面から水滴が落ち、下段に設置された珪藻土バーが水分を吸収。すばやく自然乾燥するので、カラッと清潔に保てます。

本体素材はプラスチック。幅30.5×奥行25cmとコンパクトキッチンにも置きやすいサイズです。珪藻土を採用した水切りカゴとしては、価格が安いのもポイント。コスパ重視の方におすすめアイテムです。

ケユカ(KEYUCA) ネオナビオ ドレーナー2S ベーシックセット

ケユカ(KEYUCA) ネオナビオ ドレーナー2S ベーシックセット

スリムで大容量2段タイプの水切りカゴ。下段のバーに丸みがあるのが特徴で、大きな皿も収納可能です。本体のほか、箸などを収納できる「カトラリーポケット」と、自動排水される「ドレイントレー」が付属しているお得なセットとなっています。

素材には、頑丈でサビにくいステンレスを採用。また、手が当たってもケガをしないようにカドの部分を曲げるなど、使い勝手にも配慮されています。ファミリー世帯におすすめの水切りカゴです。

山崎実業 ツーウェイ水切りワイヤーバスケット タワー

シーンに合わせて2WAYの使い道ができる水切りカゴです。トレーを上段に設置すれば、下段を調理スペースとして使用可能。トレーを下段に設置すれば、2段タイプの大容量水切りカゴとして使えます。

箸などを収納できるカトラリーポケットのほか、ビューラーなどの小物類を引っ掛けられるフックが付属しているのもポイント。また、シンクに直接水を流せる排水トレーつき。水止栓をすれば水が勝手に流れないので、シンクから離れたところにも設置できます。さまざまなニーズに対応できるおすすめの水切りカゴです。

ラバーメイド(Rubbermaid) 水切りかごL FG6032AR

ラバーメイド(Rubbermaid) 水切りかごL FG6032AR

ポリエチレンコーティング済みのスチール素材を採用した水切りカゴ。表面が柔らかいので、皿やコップとぶつかってもキズがつきにくいのが特徴。また、ニオイやヌメリを抑えるマイクロバン抗菌加工が施されているため、清潔に使えるのも魅力です。

皿を立てかけやすいように、底面が山型になっているのもポイント。カゴも14cmと深めに作られているので、大きめの皿も収納できます。オプションとして取り外し可能な「箸立て」が付属しているなど、使い勝手も良好。リーズナブルで大容量な水切りカゴを探している方におすすめです。

パール金属(PEARL METAL) アルデオ HB-3467

パール金属(PEARL METAL) アルデオ HB-3467

キャンプブランド・キャプテンスタッグで有名なパール金属の水切りカゴです。幅400×奥行き300×高さ145mmとやや大きめのサイズ。底面には皿を差し込むためのスタンドが設けられているので、大きな皿もしっかりと立てられます。

また、排水トレーを搭載しているのもポイント。トレーに傾斜がついており、落ちた水がそのままシンクへと流れていくため、こまめに水を捨てる必要がありません。横方向に水が流れる「横置き」タイプと、縦方向に水が流れる「縦置き」タイプの2種類をラインナップ。キッチンのレイアウトに合わせて選べるおすすめの水切りカゴです。

パール金属(PEARL METAL) アクリア HB-3788

パール金属(PEARL METAL) アクリア HB-3788

アクリル樹脂で作られた日本製の水切りカゴ。底面には皿立てがあるほか、箸などのカトラリーを収納できる水切りポケットを搭載しています。排水式ノズルによって落ちた水がシンクに流れるので、水捨て不要です。

また、排水栓がついているのもポイント。普段は栓をして洗い桶として使い、洗い終わったらそのまま水切りカゴとして使用できます。カラーはブルー・ブラウン・クリア・レッドの4種類。省スペースなシンクにおすすめの水切りカゴです。

アンブラ(umbra) 水切りかご TUB DISH RACK

アンブラ(umbra) 水切りかご TUB DISH RACK

カナダのインテリアブランド・アンブラの水切りカゴです。シンプルかつおしゃれなデザインで、素材にはプラスチックを採用。底面には突起があり、皿立てとしてはもちろん、グラスホルダーとしても使えるなど汎用性に優れているのが魅力です。

下部には水切り用の穴がついており、シンク横に置くだけで自動的に排水できるのもポイント。また、大きな取っ手があるので持ち運びも簡単です。カラーは、ホワイト・スモーク・レッド・アボカド・カナリアイエローなど。一人暮らしやカップルにおすすめの水切りカゴです。

水切りカゴのおすすめ|シンク内タイプ

ニトリ たためる水切り

ニトリ たためる水切り

ニトリの必要なときにだけ広げて使える「たためる水切り」です。シンクの上に設置するタイプで、展開したときのサイズは幅48×奥行き24cm。洗い物についた水がそのままシンク内に落ちるため、衛生的に使えるのが魅力です。

食器が乾いたら、クルクルと巻いてコンパクトに収納することが可能。空間を有効活用できるのはもちろん、生活感も隠せます。キッチンスペースが限られている一人暮らし向けの部屋におすすめです。

ケユカ(KEYUCA) Surf ドレーナー

ケユカ(KEYUCA) Surf ドレーナー

シンク上に渡して使うタイプの水切りカゴです。高さがないのでキッチンスペースに圧迫感を与えないのがポイント。コンパクトながら収納性が高く、直径25cmまでの大きめの皿も立てられます。

台座部分は可動式を採用しており、最大60cmまでのシンクに対応可能。一人暮らしの方はもちろん、ちょっとした食器を洗うためのサブ水切りカゴを探している方にもおすすめです。

水切りカゴのおすすめ|ラック・つっぱりタイプ

ニトリ 伸縮シンク上ラック

ニトリ 伸縮シンク上ラック

シンク上のデッドスペースを水切りカゴにできるメタルラックです。奥行き20×高さ48cm、幅は伸縮式で58~101cmまで伸ばすことが可能。ミニキッチンから大きめのシステムキッチンまで、さまざまな場所に設置できます。

別売りのオプションパーツで自由にカスタマイズできるのもポイント。「ディッシュスタンド」はもちろん、「グラススタンド」や「ふきんハンガー」などを搭載して、自分だけの水切りカゴを作れます。なかなかイメージ通りの製品が見つからないという方におすすめです。

ベルメゾン(Belle Maison) シンク奥に渡せる伸縮水切りラック ミッキーモチーフ

ベルメゾン(Belle Maison) シンク奥に渡せる伸縮水切りラック ミッキーモチーフ

ミッキーモチーフのかわいい水切りラック。素材はスチールで、安心の日本製です。バスケットや皿立てのほか、包丁差し、ふきん掛け、カトラリーホルダーなど、付属品が充実。限られたスペースにたくさんの食器や調理器具を収納できます。

カラーはブラウンとホワイトの2種類。サイズも幅60.5~105cmの「スリムタイプ」と幅70.5~121cmの「ワイドタイプ」が用意されています。キッチンサイズにも合わせやすいおすすめの水切りカゴです。

ベルメゾン(Belle Maison) 簡単にしっかり取り付けられるステンレス突っ張り水切り

ベルメゾン(Belle Maison) 簡単にしっかり取り付けられるステンレス突っ張り水切り

大家族の洗い物にも対応できる3段タイプの水切りカゴです。設置方法が簡単なのがポイント。つっぱり棒を天井に押しつけながらネジで固定して、下部のアジャスターで強度を調節するだけで取り付けられます。

棚は6cmピッチで高さを変更可能。手を伸ばしやすい高さに調節したり、大皿を収納するときは高さをスライドさせたりと、使い勝手に優れています。また、排水性が高いカトラリーケースがついてくるのも魅力。省スペースでもたっぷり収納したい方におすすめの水切りカゴです。