海のルアー釣りにおいて人気のターゲットとなっている「メバル」。いわゆる「メバリング」と呼ばれる釣りで、小型のリールを使い、小さなジグヘッドや小型ブラグなどで誘うのが特徴です。

そこで今回はメバリングでおすすめのリールをご紹介。一般的なスピニングリールのほか、より大型のメバルを狙う際に有効なベイトフィネスリールもピックアップしたので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

メバリング用リールの選び方

トラブルが少ない「スピニングリール」が便利

By: amazon.co.jp

釣りで使うリールには大きく分けて、竿に対して下に付ける「スピニングリール」と上に付ける「ベイトリール」があります。

スピニングリールはサイズの幅が広く、小物釣りに適したモデルから太い糸でも大量に巻ける大型のモデルまでさまざま。ドラグ調節が容易にできるので比較的扱いやすく、ライントラブルが少ないのもメリットです。

後者のベイトリールは巻き上げる力が強く、よりパワフルな釣りに向いています。ただし、キャスティング時はラインの放出を指でコントロール(サミング)する必要があるので、扱いには慣れが必要です。なお、最近は細いラインにも対応できるベイトフィネス用のリールもリリースされており、メバリングに導入するアングラーも増えてきています。

リールサイズは「2000番前後」

By: amazon.co.jp

メバリングでメインとなるのはスピニングリールの「2000番前後」。釣り糸の種類によって、ナイロンラインやフロロラインであれば3〜4lbを100m、PEラインであれば0.8号を100m巻けるリールサイズです。

また、より大物を狙いたい場合は3000番台のスピニングリールもおすすめ。一方、魚の食いが悪いタフコンディション下で細いラインを使う場合は、2000番台よりも小さいスピニングリールも候補に入ります。扱うルアーやラインの太さによって選び方は異なるので、釣り場やメバルのアベレージサイズに合わせて選ぶようにしましょう。

初心者には「ローギア」か「ノーマルギア」がおすすめ

By: amazon.co.jp

スピニング・ベイトを問わず、リールにはギア比というものがあり、数値の高い方から「ハイギア」「ノーマルギア」「ローギア」の3タイプがあります。ギア比が高いほど、1回のリーリングにおける糸巻き量が多くなるのがポイント。地形変化や潮の変化などもより明確に手に伝わってくるのもメリットです。

一方、ハイギアのリールはノーマルと比べてリーリングにやや重さがあり、巻き続けていると手首に負担がかかります。イメージとしては自転車のギアと同じです。なお、メバリングにおいては基本的に軽量ルアーを水面近くでトレースするので、ノーマルないしローギアでも十分です。

なお、どこまでがハイギアで、どこからがローギアかという明確な基準はありませんが、タックルの進化とともにリールは年々ハイギア化していく傾向にあります。気になる方はぜひ双方のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

ライン切れを防ぐ「ドラグ性能」をチェック

By: amazon.co.jp

スピニングリールでルアーをキャストする際はベイルアームを起こすことでラインが放出され、返すことでスプールにラインが巻き取られリーリングが開始されます。

このベイルアームを返した状態でもラインの出具合を調節できるのがドラグで、この部分を締めればラインは出なくなり、逆に緩めると軽く引っ張っただけでラインが出ていきます。

ルアー釣りにおいては、バイトを感じたらしっかりとフッキングしてから釣り上げます。その際に重要となるのが魚を往なすこと。ルアーが魚の口に掛かった状態は不安定なので、ドラグが緩々だと魚が暴れた際に外れてしまうことがあります。

逆にドラグを締め過ぎていると、魚が逃げようとして急にラインが発した際に糸切れする可能性もあるので注意が必要です。ドラグのコントールがしっかりできるが否かは釣果に関わってくるので、ぜひ確認しておきましょう。

メバリング用リールのおすすめ

ダイワ(Daiwa) 月下美人 17 EX 2004C

ダイワ(Daiwa) 月下美人 17 EX 2004C

By: daiwa.com

ライトソルトウォーターゲームの天敵とも言える、塩の付着「塩ガミ」対策がしっかりとできているスピニングリール。細いラインでもドラグ性能が秀逸なので、がっちりフッキングしても糸切れしにくいのが特徴です。

本製品は17年モデルで、ギア比は4.8:1のローギア仕様。重さは170gで、ナイロン4lbで100m、PEなら0.4号を120m巻けます。安心してメバリングに使えるおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 18 月下美人 MX LT2000S-P

ダイワ(Daiwa) 18 月下美人 MX LT2000S-P

ダイワのスピニングリール「月下美人」シリーズにおけるコスパ高モデル。比較的控えな価格帯ながら、高性能で扱いやすいのが特徴です。

本製品は18年モデルで、ギア比は4.8:1のローギア仕様。重さは190gで、ナイロン4lbで100m、PEなら0.4号を200m巻けます。これからメバリングを始めたいと思っている方は、ぜひ購入候補として検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2000S-H

ダイワ(Daiwa) 18 イグジスト FC LT2000S-H

ダイワのスピニングリールにおけるハイエンドクラスのモデル。同シリーズは豊富な番手を揃えていますが、メバリングにはフィネスカスタムの2000番がおすすめです。

本製品は18年モデルで、ギア比は5.8:1のノーマル仕様。1回転あたりの糸巻き量は76cmです。重さは155gで、ナイロン4lbで100m、PE0.6号で150m巻けます。かなり軽量なモデルなので、ストレスなくキャストし続けたいアングラーにおすすめです。

ダイワ(Daiwa) 15 ルビアス 2004H

ダイワ(Daiwa) 15 ルビアス 2004H

ダイワのスピニングリールにおける中級モデル。上位機種とほぼ同セッティングのATD(オートマチックドラグシステム)を搭載しているほか、軽量エアローターの採用やメインシャフト部におけるボールベアリングの追加など、充実したパーツを使用しているのが特徴です。

本製品は15年モデルで、ギア比は5.6:1、重さは185g。糸巻き量はナイロン4lb、PE0.6号をともに100mに対応しています。発売からやや年数は経っているものの今でも使いやすいおすすめモデルです。

ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT2000S-XH

ダイワ(Daiwa) 18 カルディア LT2000S-XH

ギア比6.2:1とハイギア仕様のスピニングリール。1回あたりの巻き取りの長さは81cmで、糸巻き量が多いのが特徴です。

重さは170gで、ラインキャバシティはナイロン3lbで150m、PE0.4号で200m巻けます。海水や異物の混入を防ぐ「マグシールド」を採用しているのもポイント。耐久性が高いため、長く使い続けられるのも魅力です。

ダイワ(Daiwa) 15 レブロス 2004

ダイワ(Daiwa) 15 レブロス 2004

ダイワのスピニングリールおけるエントリーモデル。糸よれや糸がらみを抑えるなど、ひと通りの機能が備わっていながらも、リーズナブルな価格帯が魅力です。本製品は15年モデルで、重さは235g。糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.6号で100m巻けます。これからソルトルアーフィッシングを初めたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

ダイワ(Daiwa) 16 アルファス エア

ダイワ(Daiwa) 16 アルファス エア

ダイワのベイトフィネス用リール。スピニングリールとは異なり、扱いには慣れが必要ですが、アプローチが正確に行えるのが特徴です。本製品のラインナップはギア比5.8:1と7.2:1の2種類、さらに右巻きと左巻きがそれぞれあるので、計4タイプが揃っています。いずれも重さは165g。糸巻き量はフロロ8lbを50m巻けます。大型のいわゆる「尺メバル」を狙いたい方におすすめのモデルです。

シマノ(SHIMANO) 17 ソアレ CI4+ 2000S HG

シマノ(SHIMANO) 17 ソアレ CI4+ 2000S HG

シマノの「ソアレ」シリーズはメバリングやアジングに適しています。なかでも、本製品はシマノの樹脂素材「CI4+」を採用した軽量さが魅力のリール。ギア比6:1のハイギア仕様、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは81cmです。

重さは180gで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110m。リール回転に関わるローターやハンドル設計にも注力しているのも魅力です。トータルバランスに優れたスピニングリールを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 18 ソアレ BB C2000SSHG

シマノ(SHIMANO) 18 ソアレ BB C2000SSHG

アジング専用ドラグと謳いつつもメバリングにも有効なスピニングリール。リトリーブの回転レスポンスを損なうことなく防水性能を高めた「CORE PROTECT」や、なめらかな巻き心地が持続する「HAGANEギア」など、機能が充実しているのも特徴です。

本製品のギア比は6:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは79cm。重さは200gで、糸巻き量はナイロン4lbで90m、PE0.8号で100m。ライトゲームを存分に楽しめるおすすめモデルです。

シマノ(SHIMANO) 18 ステラ C2000SHG

シマノ(SHIMANO) 18 ステラ C2000SHG

スピニングリールの最高峰とも言える「ステラ」シリーズ。なめらかな巻き心地が特徴で、ストレスなく使い続けられるのが特徴です。理想的な歯形状にした「マイクロモジュールギア II」を搭載しているほか、巻き上げ時の異音を徹底的に排除した「サイレントドライブ」を採用しているのもポイント。スムーズかつ静音性に優れています。

本製品は2000番で、ギア比は6.1:1、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは82cmです。重さは180gで、糸巻き量はナイロン5lbで110m、PE0.8号で150mとなっています。淡水・海水を問わずあらゆるシーンでハイレベルな釣りを体感したい方はぜひ手にとってみてください。

シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C2000S

シマノ(SHIMANO) 19 ヴァンキッシュ C2000S

自重145gと軽さを追求したシマノの上位モデル。ギア比は5.1:1で、ソルトウォーターにおけるライトゲームのほとんどをカバーできるのが特徴です。

本製品は19年モデルで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110m。ボディの剛性やギアの耐久性、防水性を向上させるのはもちろん、ロングストローク構造を採用し、従来モデルよりも遠投性能がアップしているのも注目すべき点です。

シマノ(SHIMANO) 15 ツインパワー C2000HGS

シマノ(SHIMANO) 15 ツインパワー C2000HGS

シマノのスピニングリールの中級機を長年担っている「ツインパワー」シリーズ。「HAGANEコンセプト」のもと、ギアの強さや支持機構、ボディの剛性に配慮しているのが特徴です。

本製品はギア比6:1のハイギア仕様で、ハンドル1回転あたりの糸巻きの長さは79cm。重さは195gで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110mとなっています。多くのアングラから支持されているロングセラーモデルを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック C2000SHG

シマノ(SHIMANO) 19 ストラディック C2000SHG

巻き心地・耐久性・飛距離・価格帯のバランスに優れたスピニングリール。軽くてなめらかな「マイクロモジュールギアⅡ」やリトリーブのガタつきを抑えた「サイレントドライブ」など、使い勝手に配慮しているのも特徴です。

本製品のギア比は5.1:1のノーマル仕様で、1回転あたりの糸巻き量は69cm。重さは185gで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110mとなっています。ソルト全般で使えるので、汎用性の高いスピニングを求めている方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ C2000S

シマノ(SHIMANO) 17 アルテグラ C2000S

シマノスピニングリールにおけるスタンダードモデル。価格は控えめながら、基本性能はひと通り揃っているので、コスパ重視のモデルを探している方におすすめです。

本製品のギア比は5:1のノーマル仕様。1回転あたりの糸巻き量は66cmです。重さは205gで、糸巻き量はナイロン4lbで100m、PE0.8号で110m。スピニングリールのエントリー機として候補となる1台です。

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG

シマノ(SHIMANO) 16 アルデバラン BFS XG

シマノのベイトフィネス用リール。FTB(フィネスチューンブレーキシステム)を採用することにより、軽くて小さいルアーでも投げやすく、ピッチングからオーバーヘッドキャストまで正確にキャストできます。

本製品のラインナップはギア比6.5:1と8:1の2種類、さらに右巻きと左巻きがそれぞれあるので、計4タイプが揃っています。いずれも重さは130gと軽量。糸巻き量はフロロ8lbを45m巻けます。テンポよく攻めていきたいアングラーの強い武器となるおすすめモデルです。