釣りに欠かせないアイテムのひとつである「ライン」。いわゆる釣り糸のことですが、釣果に大きく関わる重要な要素です。ラインには大きく分けて、ナイロン・フロロカーボン・PEの3種類があります。

なかでも、PEは海でのルアー釣り(ソルトウォーターフィッシング)での使用頻度が高いのが特徴。より細いラインを選べるので抵抗が少なく、ルアーを遠くに飛ばせます。そこで今回は、数あるラインナップのなかからPEラインのおすすめ製品をご紹介。購入を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

PEラインとは?

By: amazon.co.jp

「PE」とは「polyethylene」の略称で、素材としてはポリエチレンのこと。アルファベット単体をそれぞれ発音して「ピーイー」と読みます。

性質としては、伸縮性がほとんどないのが特徴。耐摩耗性はそれほど高くありませんが、引っ張り強度は高いので、障害物が少ない場所で魚を掛けたら、強引に引き寄せることができます。

また、比重が水よりも軽いため、ライン単体で水面に浮くのもポイント。その分、ナイロンラインやフロロカーボンラインのようなコシがなく、風の影響を受けやすいので、扱いにはやや慣れが必要です。

そのほか、釣りをしている際にフックやガイドにまとわりつき、ストレスになる可能性も考えられます。トラブル回避のため、PEラインとルアーの間に別途ナイロンラインやフロロカーボンラインを結ぶ場合もあるので、事前に確認しておきましょう。

PEラインの選び方

何本の糸で編まれているかチェック

By: amazon.co.jp

4本編み

比較的低価格帯の製品が多い「4本編み」。4本ある原糸はそれぞれ太さがあるため、耐摩耗性においてはメリットが感じられます。藻の中に潜んでいるイカをエギで釣る「エギング」におすすめのタイプです。

しかし、総じてライン表面にザラつきがあったり、波打っていたり、凹凸があったりすることが多く、これらがルアー飛距離の抵抗となります。PEラインを編んで1本化するにいたっては、より本数が多いほうがなめらかな円形となるので、飛距離重視の方はより撚り数の多いラインを選びましょう。

8本編み

4本編みに比べて編み込む繊維が多い「8本編み」。1本1本の繊維が細くなるため、表面はよりなめらかになり、引っ張り強度もしなやかさもアップします。

ルアーの飛距離が釣果に影響する対象魚に有利。特に遠投して回遊魚のシーバスをテンポよく釣りたい場合におすすめです。汎用性も高いので、PEラインを選ぶ際には8本編みを基準としてみてください。

12本編み

現在市販されているPEラインのなかで、編み糸数が最も多い「12本編み」。引っ張り強度やしなやかさは同ジャンルにおいてハイエンドクラスで、その分価格も総じて高めとなっています。

ルアーの飛距離を稼ぎたい際に有効。大小さまざまなルアーを使うシーバス釣りはもちろん、アジングやメバリングなどのライトゲームから水深のあるポイントを攻めるジギングまで、広範囲をカバーします。ラインの強度を意識しつつも、遠投性を重視したい方はぜひ試してみてください。

強度をチェック

By: amazon.co.jp

ラインの強さを計る単位としては、太さを示す「号数」と荷重に対する強度を示す「lb(ポンド)」があります。この値はナイロンとフロロカーボンはほぼ同じですが、PEは数値が異なるので、混同しないように注意しておきましょう。

メーカーによって誤差はありますが、例えばナイロン・フロロカーボンの1号は標準直径が0.17mmで、ポンド数は4lb、強度は1.8kg。一方、PEの1号は標準直径が0.26mmで、ポンド数は20lb、強度は9kgとなります。

仮にポンド数や強度を基準とすると、ポンド数12lbで強度5.4kgの場合、ナイロン・フロロカーボンでは3号の0.28mmが、PEラインでは0.6号の0.13mmが該当。PEラインのほうが、より細く強いことがわかります。

魚種別に考えると、シーバス釣りなら細くて0.6、太くて1.2号が目安。アオリイカを釣るエギングであれば、0.8号がおすすめです。なお、ルアーが小さい場合や飛距離を稼ぎたいときは細い糸、大型狙いなら太い糸、ルアーの操作性を重視するならその中間を選んでみてください。

長さをチェック

By: amazon.co.jp

PEラインは糸巻き量によって価格が比例します。ソルトウォーターゲームにおけるPEラインは150m、200mがメイン。なお、淡水のバス釣りでPEラインを使う際にはやや少なめの70m巻き、海で多くのラインを使うジギング用には600mや1200m巻きなどもあります。価格帯が気になる方は、1mあたり、または1円あたりの割合を算出してみましょう。

ちなみに、ラインをストックするパッケージにも違いがあり、安価なPEラインには「ボビン巻き」と呼ばれるタイプもあります。その名の通り、ミシンで使うボビンのような太さで、総じて長いラインに対応可能。コスパ重視でPEラインを選びたい方は、ぜひ覚えておきましょう。

高比重PEラインもおすすめ

By: rakuten.co.jp

市場に流通している多くのPEラインの比重はおよそ0.98で、それ自体では水面に浮きます。浮力の高いルアーは水面の位置をキープしやすくなり、自重によって沈むシンキングルアーはゆっくりとフォールしていくのが特徴です。

しかし、あまりにも軽いルアーを素早くフォールさせる場合にはストレスを感じます。そもそもナイロンラインの比重は1.14、フロロカーボンの比重は1.78なので、同じ感覚でPEラインを使いたい方は注意しましょう。

なお、PEラインの伸縮性のなさを活かして、魚を強引に寄せたい方はシンカーをより重たくするか、最近ラインナップが増えている高比重のPEラインを使うという方法があります。より深場を攻めたい方は、ナイロンやフロロカーボンとの比重に近いタイプのPEラインを選んでみましょう。

PEラインのおすすめ|4本編み

東レ(TORAY) ソラローム ルアーPE

東レ(TORAY) ソラローム ルアーPE

75m巻きの4本編みPEライン。カテゴライズ的にはブラックバスを対象としていますが、淡水・海水を問わず使えるのが特徴です。

ポンド別に最適なブレイド製法で編まれているのもポイント。また、表面にはコーティング加工が施されており、高い操作性と強度を兼ね備えているのも魅力です。

ラインカラーは、フィールドに溶け込みやすく視認性にも優れたシルバーグレーとホワイトマーキングを採用。価格帯もリーズナブルなので、コスパ重視でPEラインを選びたい方はぜひチェックしておきましょう。

モーリス(MORRIS) バリバス ライトゲーム スーパープレミアムPE X4

モーリス(MORRIS) バリバス ライトゲーム スーパープレミアムPE X4

メバルをルアーで釣る「メバリング」や、アジをルアーで釣る「アジング」などに向いている4本編みのPEライン。SP-PE(スーパープレミアムPE)を採用しており、細い糸でも強度と耐久性を備えているのが特徴です。

SP-F(スーパーフッ素加工)を施すことによって、ガイド摩擦の軽減に配慮しているのもポイント。極軽のジグヘッドでも、しっかりと飛距離を稼げます。

ラインカラーには、視認性に優れ、色落ちや汚れにも強いナチュラルブルーを採用。ライトゲームにおすすめのアイテムです。

サンヨーナイロン(Sanyo Nylon) APPLAUD SALTMAX GT-R PE

サンヨーナイロン(Sanyo Nylon) APPLAUD SALTMAX GT-R PE

海のボート釣りから陸っぱりまで、さまざまな魚種に対応できるPEライン。4本編みで、比重は0.98、カラーは10m×5色分けになっているのが特徴です。

ラインの表面に特殊樹脂コーティングを施し、真円に限りなく近づけているのもポイント。 ラインナップも幅広く、号数でいえば0.6〜8号、ポンド数でいえば12〜112lbまで揃っています。汎用性の高いPEラインを求めている方におすすめです。

クロサワ(KUROSAWA) X-CORE

クロサワ(KUROSAWA) X-CORE

いわゆる「ボビン巻き」仕様のPEライン。同シリーズはラインナップが豊富で、カラーはマルチカラー・ホワイト・グレー・イエローの4パターン、長さは150〜1000mの5種類を取り揃えているのが特徴です。

ポリエチレン繊維ダイニーマ(HHMWPE)を採用しており、ラインの伸びがほとんどないのが特徴。リーズナブルな価格帯も魅力で、PEラインを消耗品として気兼ねなく使いたいにおすすめです。

PEラインのおすすめ|8本編み

デュエル(DUEL)Super X-wire 8

デュエル(DUEL)Super X-wire 8

リーズナブルにも関わらずクオリティが高い8本編みのPEライン。耐摩耗性が高く、あらゆるシーンで使えるのが特徴です。

原糸には、大手繊維メーカーとして知られる「東洋紡」の超高強力ポリエチレン繊維「IZANAS」を採用。また、原糸1本1本をしっかりと密着させる「マイクロピッチブレイデッド加工」や、特殊な熱処理を施すことで真円に近い仕様となっており、従来のPEラインよりもハリとコシがあるのもポイントです。

長さのラインナップは150・200・300mの3種類。コスパ重視で8本編みのPEラインを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト キャストアウェイPE

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト キャストアウェイPE

釣り糸に特化した国内メーカー「サンライン」のPEライン。HG(ハイグレード)PEと、高比重エステルモノフィラメントの8本ブレイデッド加工を施したロングセラーアイテムとして知られており、あらゆるソルトウォーターフィッシングに対応するのが特徴です。

特殊なコーティング加工を施しているので、表面の滑りがスムーズなのもポイント。適度な張りと高強度を持ち合わせた特殊コンポジット製法により、キャスタビリティーが高いのも魅力です。

比重はやや高めの1.05。カラーは、ナイトフィッシングでも視認性も高いパールブルーカラーを採用しています。

よつあみ(YGK) G-soul X8 Upgrade PE

よつあみ(YGK) G-soul X8 Upgrade PE

強度や耐久性だけでなく、使い勝手のよさにも優れた8本編みPEライン。メーカーの独自技術である「WX組工法」を採用しているほか、GP加工を施すことにより、ラインにハリとコシを持たせているのが特徴です。

操作性と耐摩耗性にも配慮されており、幅広いフィッシングスタイルに対応できるのも魅力。カラーはグリーンを採用しているため、ナイトゲームでの視認性も良好です。トータルバランスに優れたPEラインを求めている方は、ぜひチェックしておきましょう。

バークレイ(Berkley) スーパーファイヤーライン ウルトラ8

バークレイ(Berkley)  スーパーファイヤーライン ウルトラ8

アメリカの「バークレイ」の8本編みPEライン。取り扱いとしてはベイトリールで有名なスウェーデンの「アブ・ガルシア」などの製品を取り扱う総合釣り具メーカー「ピュア・フィッシング・ジャパン」が担っています。

ライン自体がより真円に近い形状なので、ガイドとの摩擦係数が少ないのが特徴。同社の4本編みPEラインの「スーパーファイヤーライン」と比べて、より飛距離が出るのが魅力です。

また、メーカー独自の「熱延伸技術」により強度もアップ。より細いラインでも強気のやりとりができます。特に遠投がキモとなるシーバス釣りにおすすめのPEラインです。

クレハ(KUREHA) シーガー PE X8 ルアーエディション

クレハ(KUREHA) シーガー PE X8 ルアーエディション

幅広い釣りに使える8本編みのPEライン。強度が高く、伸縮性もほとんどないため、リトリーブ中に感じる地形変化やルアーのバイトをしっかりと捉えられます。

カラーはデイゲームで視認性の高いパッションピンクをメインに、ライムグリーンのマーキングが施されているのもポイント。パッションピンク100cmあたり15cmとなっているので、水深や飛距離を把握する目安となります。システマチックにPEラインを使いたい方におすすめです。

ゴーセン(GOSEN) 剛戦X8ブレイド

ゴーセン(GOSEN) 剛戦X8ブレイド

テニスやバドミントンのガットを手がける「ゴーセン」のPEライン。メーカー独自の「SDE製法」により8本編みにすることで、直線強度と耐久性を高めているのが特徴です。

キャスト時のトラブルを考慮して、適度なハリを持たせているのもポイント。ガイドの滑りもよく、飛距離も安定しています。また、カラーはチェリーピンク4mごとに、マーカーとなるホワイト1mを採用。昼夜問わずライン視認性が高いので、朝夕マズメでも安心して使えます。

PEラインのおすすめ|12本編み

ダイワ(DAIWA) UVF モアザンセンサー 12ブレイドEX+Si

ダイワ(DAIWA) UVF モアザンセンサー 12ブレイドEX+Si

By: daiwa.com

国内大手釣り具メーカー「ダイワ」の12本編みPEライン。12本の基糸を超高密度で角打ちした仕様で、ヨレにくく、障害物との擦れに強いのが特徴です。

UVF(Ultra Volume Fiber)加工とEvo Silicone加工により、真円性を高めているのも魅力。強度や耐摩耗に優れているほか、高感度かつ低伸度で、使い勝手は良好です。

カラーのベースはライムグリーンで、10mごとにダークグリーン、50mごとにライトブルーのマーキングが施されているのもポイント。満足度の高いPEラインを求めている方におすすめです。

シマノ(SHIMANO) ピットブル 12

シマノ(SHIMANO) ピットブル 12

日本を代表する釣り具メーカー「シマノ」の12本編みPEライン。繊維が細くなめらかなので、キャストしやすいのが特徴です。

均一に締め上げながらラインを強化する、メーカー独自の「タフクロス2」工法を採用しているのもポイント。低伸度のため操作がダイレクトに伝わり、しっかりとルアーを動かせます。また、12本編みでありながら価格が控えめなのも魅力。PEラインの買い替えを検討している方は、ぜひ検討してみてください。