釣りに欠かせないアイテムのひとつである「ライン」。いわゆる釣り糸のことですが、釣果に大きく関わる重要な部分で、種類としてはナイロンやフロロカーボン、PEなどがあります。なかでも「PE」は細いラインでも引っ張り強度が高いほか、キャスト時に受ける空気抵抗が少ないため、軽いルアーでも遠くに飛ばせるのが魅力です。

そこで今回は、PEラインのおすすめモデルをご紹介。選び方についても解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

PEラインとは?

By: amazon.co.jp

「PE」とは「polyethylene」の略称で、素材としてはポリエチレンのこと。アルファベット単体をそれぞれ発音して「ピーイー」と読みます。

PEラインの性質としては、伸縮性がほとんどないのが特徴。耐摩耗性はそれほど高くありませんが、引っ張り強度は高いので、障害物が少ない場所で魚を掛けたら、強引に引き寄せることができます。

また、比重が水よりも軽いため、ライン単体で水面に浮くのもポイント。その分、ナイロンラインやフロロカーボンラインのようなコシがなく、風の影響を受けやすいので、扱いにはやや慣れが必要です。

そのほか、釣りをしている際にフックやガイドにまとわりつき、ストレスになる可能性も考えられます。トラブル回避のため、PEラインとルアーの間に別途ナイロンラインかフロロカーボンラインのショックリーダーを結ぶ場合があるので、事前に確認しておきましょう。

PEラインの選び方

何本の糸で編まれているかチェック

By: xbraidygk.jp

4本編み

比較的低価格帯の製品が多い「4本編み」。4本ある原糸はそれぞれ太さがあるため、耐摩耗性においてはメリットが感じられます。藻の中に潜んでいるイカをエギで釣る「エギング」におすすめのタイプです。

しかし、総じてライン表面にザラつきがあったり、波打っていたり、凹凸があったりすることが多く、ルアーをキャストする際の抵抗となります。PEラインを編んで1本化するにいたっては、より本数が多いほうがなめらかな円形となるので、飛距離重視の方は撚り数の多いラインを選ぶようにしましょう。

8本編み

4本編みに比べて編み込む繊維が多い「8本編み」。1本1本の繊維が細くなるため、表面はよりなめらかになり、引っ張り強度もしなやかさもアップします。

ルアーの飛距離が釣果に影響する対象魚に有利で、特に遠投したい場合に有効。汎用性も高いので、PEラインを選ぶ際には8本編みを基準とするのがおすすめです。

12本編み

現在市販されているPEラインのなかで、編み糸数がもっとも多い「12本編み」。引っ張り強度やしなやかさは同ジャンルにおいてハイエンドクラスで、その分価格も高めとなっています。

また、ルアーのサイズを問わず飛距離が稼げるのもポイント。広範囲を探るキャスティングゲームから水深のあるポイントを攻めるジギングまでカバーできるのも魅力です。ラインの強度を意識しつつ、遠投性も重視したい方はぜひ試してみてください。

強度をチェック

By: amazon.co.jp

ラインの強さを計る単位としては、太さを示す「号数」と荷重に対する強度を示す「lb(ポンド)」があります。この値はナイロンとフロロカーボンはほぼ同じですが、PEの場合は数値が異なるので混同しないように注意しておきましょう。

メーカーによって誤差はありますが、例えばナイロン・フロロカーボンの1号は標準直径が0.17mmで、ポンド数は4lb、強度は1.8kg。一方、PEの1号は標準直径が0.26mmで、ポンド数は20lb、強度は9kgとなります。

仮にポンド数や強度を基準とすると、ポンド数12lbで強度5.4kgの場合、ナイロン・フロロカーボンでは3号の0.28mmが、PEラインでは0.6号の0.13mmが該当。PEラインのほうが、より細く強いことがわかります。

魚種別に考えると、シーバス釣りなら細くて0.6、太くて1.2号が目安。アオリイカを釣るエギングであれば、0.8号がおすすめです。なお、ルアーが小さい場合や飛距離を稼ぎたいときは細い糸、大型狙いなら太い糸、ルアーの操作性を重視するならその中間を選んでみてください。

長さをチェック

By: duel.co.jp

PEラインは糸巻き量によって価格が比例します。シーバス釣りやエギング、メバリング、アジングなどのソルトウォーターゲームでは150m、200mがメイン。なお、淡水のバス釣りでPEラインを使う際にはやや少なめの70m巻き、海で多くのラインを使うジギング用には600mや1200m巻きなどもあります。価格帯が気になる方は、1mあたり、または1円あたりの割合を算出してみましょう。

ちなみに、ラインをストックするパッケージにも違いがあり、安価なPEラインには「ボビン巻き」と呼ばれるタイプもあります。その名の通り、ミシンで使うボビンのような太さで、総じて長いラインに対応。コスパ重視でPEラインを選びたい方は、ぜひチェックしておきましょう。

高比重PEラインもおすすめ

By: fishing.sunline.co.jp

市場に流通している多くのPEラインの比重はおよそ0.98で、それ自体では水面に浮きます。浮力の高いルアーは水面の位置をキープしやすくなり、自重によって沈むシンキングルアーはゆっくりとフォールしていくのが特徴です。

しかし、あまりにも軽いルアーを素早くフォールさせる場合には困難。そもそもナイロンラインの比重は1.14、フロロカーボンの比重は1.78なので、同じ感覚でPEラインを使いたい方は注意しましょう。

なお、PEラインの伸縮性のなさをいかして、魚を強引に寄せたい方はシンカーをより重たくするか、高比重のPEラインを使うという方法があります。より深場を攻めたい方は、ナイロンやフロロカーボンと比重が近いPEラインを選んでみましょう。

PEラインのおすすめ|4本編み

モーリス(MORRIS) バリバス ライトゲーム スーパープレミアムPE X4

メバルをルアーで釣る「メバリング」や、アジをルアーで釣る「アジング」などに向いている4本編みのPEライン。SP-PE(スーパープレミアムPE)を採用しており、細い糸でも強度と耐久性を備えているのが特徴です。

SP-F(スーパーフッ素加工)を施すことによって、ガイド摩擦の軽減に配慮しているのもポイント。極軽のジグヘッドでもしっかりと飛距離を稼げます。

ラインカラーには視認性に優れ、色落ちや汚れにも強いナチュラルブルーを採用。製品名の通り、ライトゲーム全般に使えるおすすめのアイテムです。

クレハ(KUREHA) シーガー PE X4 ルアーエディション

軽量なルアーやリグを操作するのにおすすめのPEライン。淡水では管釣りトラウト、ソルトではメバリングやアジングなどのライトゲームで安心して使えるのが特徴です。

本製品は4本編みで、号数は0.3号。マーキングは85cm +15cmの1m間隔で、前者がミスティックパープル、後者がライムグリーンとなっています。ルアーの水深やラインの巻き取り量を把握しながら釣りを展開したい方におすすめのアイテムです。

メジャークラフト(Major Craft) 弾丸ブレイド X4

豊富なラインナップから選べる4本編みのPEライン。カラーは5色のマルチとグリーン単色の2パターンがあります。

号数は細めから太めまで揃っており、いずれも低伸度かつ高感度。また、表面にコーティングを施すことで適度なハリもあり、操作性も良好です。また、ガイドへの糸絡みなどライントラブルが少ないのもポイント。価格帯も比較的控えめで、コスパに優れているのも魅力です。

なお、本製品はオリジナルモデルで、同シリーズにはエギング専用、ライトゲーム専用、タチウオ専用モデルもラインナップ。単品指名買いはもちろん、スペックの異なるアイテムをまとめて購入するのもおすすめです。

サンヨーナイロン(Sanyo Nylon) アプロード ソルトマックス GT-R PE

海のボート釣りから陸っぱりまで、さまざまな魚種に対応できるPEライン。4本編みで、比重は0.98、カラーは10m×5色分けになっているのが特徴です。

ラインの表面に特殊樹脂コーティングを施し、真円に限りなく近づけているのもポイント。 ラインナップも幅広く、号数でいえば0.6〜8号、ポンド数でいえば12〜112lbまで揃っています。汎用性の高いPEラインを求めている方におすすめです。

よつあみ(YGK) エックスブレイド オードラゴンX4

高比重のPEライン。一般的なPEラインが1以下に対して本製品は1.40あり、ナイロンラインの1.14、フロロカーボンの1.78の間に位置しているのが特徴です。

タイプとしては4本編みで、結束強度や耐磨耗性が高いのもポイント。糸巻き量は150mと200mの2種類、太さは0.4号から2号まで用意されています。軽いルアーやリグをより沈めて使いたい方はぜひチェックしておきましょう。

ゴーセン(GOSEN) ルーツ PE×4

テニスやバドミントンのガットなどを手掛ける繊維メーカー「ゴーセン」のPEライン。釣り糸にも精通しており、国内の自社工場で生産するなどクオリティが安定しているのが特徴です。

本製品は強力なポリエチレンを原糸とした4本編み。PEのメリットである感度の高さはもちろん、強度や耐摩耗性、耐久性に優れているのもポイントです。

クロサワ(KUROSAWA) X-CORE

リーズナブルな価格のPEライン。シリーズとして豊富なラインナップを揃えており、カラーはマルチカラー・ホワイト・グレー・イエローの4パターン、長さはボビン巻きも含め150〜1000mの5種類から選べるのが特徴です。

ポリエチレン繊維ダイニーマ(HHMWPE)を採用しており、ラインの伸びがほとんどないのもポイント。PEラインを消耗品として気兼ねなく使いたいにおすすめです。

PEラインのおすすめ|8本編み

よつあみ(YGK) エックスブレイド アップグレード X8

引っ張り強度と耐摩耗性の双方に配慮されたおすすめのPEライン。汎用性が高く、あらゆる魚種に対応できるのが特徴です。

本製品は8本編みで、カラーは視認性の高いグリーンを採用。号数は、0.6〜3号まで用意されています。扱いやすいPEラインを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

よつあみ(YGK) エックスブレイド スーパージグマン X8

トータルバランスに優れたおすすめのPEライン。感度はもちろん、引っ張り強度や耐摩耗性なども含めてクオリティが高く、安心して使えるのが特徴です。

本製品は8本編みで、カラーは5色のマルチカラーを採用。10mごとにホワイト・グリーン・レッド・ピンク・ブルーが配色されています。

よつあみ(YGK) エックスブレイド フルドラグ X8

感度や耐摩耗性、耐久性のほか、キャスタビリティにも配慮されたPEライン。タフさはもちろん、遠投性能にも優れており、遠くにいる魚をもしっかりと取り込めるのが特徴です。

規格は300m巻きで、号数は2〜12号の9種類をラインナップ。投げて、掛けて、獲るまでの流れがスムーズにできるおすすめモデルです。

モーリス(MORRIS) バリバス アバニ キャスティングPE SMP(スーパーマックスパワー)

キャスティング専用に開発されたおすすめのPEライン。飛距離が稼げるにはもちろん、タフネス仕様に仕上がっており、引っ張り強度、耐摩耗性、耐久性に優れているのが特徴です。

本製品はステルスグレーカラーをベースとしたマーキングラインを採用。ラインナップは太めかつ大容量のアイテムまで揃えています。

デュエル(DUEL) Super X-wire 8

リーズナブルな価格帯にも関わらずクオリティが高い8本編みのPEライン。耐摩耗性が高く、あらゆるシーンで使えるのが特徴です。

原糸には、大手繊維メーカーとして知られる「東洋紡」の超高強力ポリエチレン繊維「IZANAS」を採用。また、原糸1本1本をしっかりと密着させる「マイクロピッチブレイデッド加工」や、特殊な熱処理を施すことで真円に近い仕様となっており、従来のPEラインよりもハリとコシがあるのもポイントです。

長さのラインナップは150m・200m・300mの3種類。コスパ重視で8本編みのPEラインを探している方は、ぜひチェックしておきましょう。

サンライン(SUNLINE) ソルティメイト キャストアウェイPE

国内を代表する釣り糸メーカー「サンライン」のPEライン。HG(ハイグレード)PEと、高比重エステルモノフィラメントの8本ブレイデッド加工を施したロングセラーアイテムとして知られており、あらゆるソルトウォーターフィッシングに対応するのが特徴です。

また、比重が1.05とやや高めなのもポイント。従来のPEラインよりも沈むので、よりディープでの使用におすすめです。さらに特殊なコーティング加工を施しているので、表面の滑りもスムーズ。適度な張りと高強度を持ち合わせた特殊コンポジット製法により、キャスタビリティも良好です。

クレハ(KUREHA) シーガー PE X8

多くの選択肢のなかから選べる8本編みのPEライン。号数のラインナップが豊富で、5号まで取り揃えているのが特徴です。

素材は同社のPEラインのなかでももっとも伸びが少ない「グランドマックスPE」を採用。小さなアタリでもしっかりと取れるほど感度に優れているのも魅力です。

サンヨーナイロン(Sanyo Nylon) アプロード GT-R プレミアム PE

ルアーフィッシングのなかでもヘビーカバー用のPEラインを求めている方におすすめのアイテム。耐久性が高く、入り組んだスポットに潜む魚に対しても安心してアプローチできるのが特徴です。

本製品は8本組で、カラーはマッディーウィーターとの水馴染みのよいシルバーグレーを採用。号数のラインナップも豊富に用意されています。

シマノ(SHIMANO) オシア 8

ソルトゲームでの使用におすすめのPEライン。特殊なシリコン樹脂をコーティングに採用することによって耐熱性や滑りのよさを高め、摩擦によるダメージをケアできるのが特徴です。

また、糸のハリと耐磨耗強度を向上させるためのタフクロス工法、さらには編み構造を均一化させるVT工法を施すことによって、キャスティング・ジギングの双方に対応。使い心地が安定しているのも魅力です。

カラーは5色パターンとSWネイビー単色の2種類。糸巻き量は300m巻き、400m巻き、500m巻きが用意されています。なお、それぞれの規格によって揃えている号数のラインナップが異なるので、購入する際はしっかりと注意しておきましょう。

ダイワ(Daiwa) UVF ソルティガデュラセンサー8+Si2

強さを追求した8本編みのPEライン。太さと真円にこだわった原糸「TOUGH PE」に進化したコーティング「Evo Silicone²」を合わせることによって、耐摩耗性と滑りのよさを両立しているのが特徴です。

また、UVF加工によって強度アップを図っているほか、編み密度も高め、耐久性に配慮。同社の技術を随所に注ぎ込んでいるのが魅力です。

カラーはライムグリーン・オレンジ・パープル・ピンク・ソルティガブルーを10mごとに配色。糸巻き量は200m巻き、300m巻き、400m巻きが用意され、号数も細めから太めまで揃っています。

バークレイ(Berkley) スーパーファイヤーライン ウルトラ8

アメリカのブランドとして知られる「バークレイ」の8本編みPEライン。日本国内の取り扱いは総合釣り具メーカーの「ピュア・フィッシング・ジャパン」が担っています。

ライン自体がより真円に近い形状なので、ガイドとの摩擦係数が少ないのが特徴。同社の4本編みのPEライン「スーパーファイヤーライン」と比べて、より飛距離が出るのが魅力です。

また、メーカー独自の「熱延伸技術」により、強度もアップ。より細いラインでも強気のやりとりができます。特に遠投がキモとなる釣りにおすすめです。

PEラインのおすすめ|12本編み

シマノ(SHIMANO) ピットブル 12

日本を代表する釣り具メーカー「シマノ」の12本編みPEライン。繊維が細くなめらかなので、キャストしやすいのが特徴です。

均一に締め上げながらラインを強化する、メーカー独自の「タフクロス2」工法を採用しているのもポイント。低伸度のため操作がダイレクトに伝わり、しっかりとルアーを動かせます。

また、12本編みでありながら価格が控えめなのも魅力。PEラインの買い替えを検討している方は、ぜひ検討してみてください。

ダイワ(Daiwa) UVF モアザンセンサー 12ブレイドEX+Si

By: daiwa.com

国内大手釣り具メーカー「ダイワ」の12本編みPEライン。12本の基糸を高密度で角打ちした仕様で、ヨレにくく、障害物との擦れに強いのが特徴です。

また、UVF(Ultra Volume Fiber)加工とEvo Silicone加工により、真円性を高めているのもポイント。強度や耐摩耗に優れているほか、高感度かつ低伸度によって使い勝手に優れているのも魅力です。

カラーはライムグリーンをベースに、10mごとにダークグリーン、50mごとにライトブルーのマーキングを配色。満足度の高いPEラインを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

PEラインのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

PEラインのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。