世界でも高い人気がある「レノボ」のノートパソコン。高性能なクリエイティブ向けやビジネスモデル、持ち運び用の軽量モデルなど、さまざまなシリーズを展開しています。しかし、種類の多さからどれを選べばよいのか迷ってしまう方も多いのではないでしょうか。

そこで今回は、レノボのおすすめノートパソコンをご紹介。ノートパソコンを選ぶ際のポイントも解説するので、ぜひ参考にしてみてください。

※商品PRを含む記事です。当メディアはAmazonアソシエイト、楽天アフィリエイトを始めとした各種アフィリエイトプログラムに参加しています。当サービスの記事で紹介している商品を購入すると、売上の一部が弊社に還元されます。

レノボのノートパソコンの魅力とは?

By: lenovo.com

レノボのノートパソコンはコストパフォーマンスに優れているのが特徴。ビジネスシーンで人気の「ThinkPad」シリーズやタブレットとしても活用できる2-in1 PCなど、豊富なラインナップを展開しています。

また、サイズのバリエーションが豊富なのもポイント。持ち運びやすい小さめのモデルから、大画面で快適に作業を行える大型のモノまで、レノボではさまざまな製品を扱っています。用途や予算に合った製品を購入できるのが魅力です。

レノボのノートパソコンの選び方

用途に適したディスプレイのサイズを選ぶ

見やすさや使いやすさを重視するなら大きめを

By: amazon.co.jp

大画面で動画を見たり、作業を快適に行ったりしたい場合は、15.6インチ以上の大型モデルがおすすめ。高性能なCPUや大容量メモリを搭載しているタイプも多く、性能を重視したい方に向いています。

ディスプレイサイズが大きくなるほど重く、かさばりやすい傾向にあるため、持ち運びにはあまり向きませんが、自宅や職場で使用する方にはぴったり。ディスプレイが大きければExcelなどの複雑な表も見やすく、キーボード入力もしやすくなります。

レノボでは15.6インチよりさらに大きい16インチモデルも販売しているため、用途に合わせて選んでみてください。

持ち運びやすさを重視するなら小さめを

By: amazon.co.jp

外出先や移動中の電車内での作業が多い場合は、カバンに収納しやすい13インチ程度のノートパソコンがおすすめ。軽量モデルを選べば持ち運びの負担も軽減できます。

ローからミドルスペックの製品が多く、作業内容に応じた性能のモデルを購入できるのもポイント。ただし、13インチ前後のノートパソコンは一度に表示できる情報量が少ないため、細かい作業にはやや不向きです。

持ち運びやすさと作業効率のバランスを重視したい場合は、ワンサイズ大きい14~15インチがおすすめ。レノボのなかでも特に種類が多く、用途に合ったスペックのモノを探せます。

重量をチェック

By: rakuten.co.jp

ノートパソコンを購入する際は、ディスプレイサイズとあわせて重量を確認するのも重要。特に外出先での作業が多い場合や毎日持ち運ぶ場合は、重たいモデルを選んでしまうと、外出時の負担が大きくなってしまいます。

そのため、持ち運びを頻繁に行う場合は1.5kg以下のモデルがおすすめ。レノボには1kg以下の軽量モデルも存在するため、できるだけ軽い製品が欲しい方はチェックしてみてください。

ただし、軽量化モデルはスペックが控えめに設定されているケースがあります。持ち運びが必要ない場合や作業効率を重視したい場合は、スペックとのバランスを見て購入するのがおすすめです。

バッテリーの駆動時間をチェック

By: lenovo.com

連続でどのくらいノートパソコンを使用できるのか、バッテリーの駆動時間を確認するのもレノボのノートパソコンを選ぶ際の重要なポイント。近くにコンセントがない環境で作業を行う場合は、長時間使用できるモデルを選ぶと安心です。

動画編集やゲームなど、負荷の高い作業をする場合は消費電力も高くなりがちなため、想定している使用時間より駆動時間が長いモデルがおすすめ。レノボのノートパソコンには10~15時間程度利用できるモデルも多く、長時間持ち運ぶ方にぴったりです。

なかには、15時間を超えるモデルもあるため、バッテリー性能を重視したい方はチェックしてみてください。

快適さを変えるスペックをチェック

処理時間が少なくなるCPUの性能をチェック

ノートパソコンのスペックを確認する際に重要なのがCPUです。CPUとはパソコンの頭脳にあたるパーツのことで、性能が高いほど複雑な作業も素早く行えます。CPUが不足すると思うように作業が進まず、ストレスになる可能性があるため注意が必要です。

レノボのノートパソコンのCPUは、主にIntel Core iシリーズとAMD Ryzen シリーズを採用しています。どちらのCPUもシリーズの数字が大きいほど高性能なスペックを有しているのが特徴です。

また、CPUは発売された時期によって世代が分かれており、同じ「Core i5」と書かれている製品でも性能が異なります。新しい世代の高性能CPUほど価格は高くなりますが、快適に作業を行いたい場合は最新モデルを購入するのがおすすめです。

たとえば、Web閲覧やメール・文書の作成がメインの場合は、「Intel Core i3」「Intel Core i5」などのCPUがおすすめ。一方、動画編集や配信などのクリエイティブな作業を行う場合は、「Intel Core i7」などの高性能モデルが向いています。

メモリの容量は16GBを基準に選ぼう

CPUとあわせてノートパソコンの快適性を左右するのが、メモリの容量です。メモリとは、パソコンのデータを一時的に保管しておくためのパーツのことで、不足すると動作が重くなるなどのデメリットが発生します。

そのため、作業内容に合ったメモリ容量を選ぶのが重要。ビジネスシーンで利用する場合は16GBモデルを選べば、文書作成やWebを使った調べものなども快適に行えます。

高度な処理が必要な3Dゲームや動画編集、配信などを頻繁に行う場合は、ワンランク上の32GBもおすすめ。容量が大きいほど快適に作業を行えますが、その分価格も高くなるため、一般的には16~32GBで十分です。

ストレージの容量は256GB以上がおすすめ

ストレージとは、文書や画像、動画などのデータを保管しておくためのパーツのこと。容量が大きいほど大量のデータを保管できますが、文書などの軽いデータをメインで扱う場合は256GBで十分です。

一方で、動画などの大きいサイズのデータを保管したり、ノートパソコンでゲームなどを行ったりする場合は、512GBなどの大型ストレージモデルがおすすめ。データの管理方法や作業用途に合わせてストレージを選んでみてください。

近年はクラウドストレージが普及しているため、ストレージ容量をあえて減らし、インターネット上にデータを保管するのもひとつの方法。用途に合った容量を選べば、コストも削減できます。

動画編集やゲームにはグラフィックボード搭載モデルを

グラフィックボードとは映像専用のパーツ。文書作成やネットサーフィンがメインの場合は搭載していなくても問題ありませんが、動画編集や3Dゲームなど、ノートパソコンで高度な映像処理を行う場合には搭載している方が便利です。

グラフィックボード付きのノートパソコンは全体的な性能が高いのが特徴。ハイスペックモデルを探している方はチェックしてみてください。

また、グラフィックボードはモデルによって性能が異なるため、使用したいソフトの推奨環境と搭載されているモデルが合っているか確認するのも重要です。

使用したいソフトが対応しているOSを選ぼう

レノボのノートパソコンのOSは、大きく分けてWindowsとChrome OSの2種類。WindowsにはWindows 11とWindows 10の2シリーズがありますが、使用したいソフトがある場合は、対応しているOSを選ぶのが大切です。

ソフトにはそれぞれ推奨OSが記載されているため、仕事や作業などで頻繁に使用するソフトがある場合はチェックしてみてください。なお、Windows 10のサポート期限は2025年10月14日と発表されています。特にこだわりがない場合は、Windows 11を選ぶのがおすすめです。

レノボのノートパソコンのおすすめ

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 5 Gen 8 82XE0047JP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 5 Light Gen 8 82XE0047JP

CPUにAMD Ryzen 5 7530Uを採用しているレノボのノートパソコンです。16GBのメモリと512GBの大容量SSDを搭載しており、さまざまな作業を快適に行えるのが魅力。価格も比較的安く、コスパを重視したい方におすすめです。

ディスプレイのサイズは14インチ。広視野角のWUXGA IPS液晶を使用しており、動画や映画などの映像を鮮やかに楽しめます。16:10のアスペクト比や狭額ベゼルの採用により、一般的な14インチモデルより多くの情報を表示できるのもメリットです。

また、持ち運びやすいスリムなデザインもポイント。衝撃や衝突に耐える堅牢設計が施されており、耐久性にも期待できます。性能と価格のバランスがよく、ミドルハイスペックのノートパソコンを探している方におすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 170 82VG00J1JP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Slim 170 82VG00J1JP

コスパを重視したい方におすすめの安価なノートパソコンです。15.6インチの大型IPS液晶モデルが10万円以下で購入できるのが魅力のひとつ。画面占有率を87%に抑えたスリムなベゼルを採用しており、大画面で作業や動画視聴などを行えます。

約17.9mmのスリムボディもポイント。スタイリッシュなデザインで収納しやすく、あまり幅を取らずに持ち運べます。標準で4-in-1メディアカードリーダーを搭載しており、デジタルカメラで撮影したデータをすぐ編集したい場合などにもおすすめです。

CPUにはRyzen 5 7520Uを採用。8GBのDDR5メモリと256GBのM.2 SSDも搭載しており、ビジネス作業やネットサーフィンなどを快適に行えます。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Flex 5 Gen 8 82XX0034JP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Flex 5 Gen 8 82XX0034JP

360°ヒンジ採用で、自由なスタイルを楽しめるノートパソコンです。入力作業や動画視聴、電子書籍の閲覧など、用途に応じて使いやすいスタイルに折り曲げられるのが特徴。マルチタッチに対応しており、画面を直接操作するタブレットとしても活用できます。

CPUはRyzen 5 7530Uを搭載。512GB SSDストレージや16GBメモリを搭載しており、用途を問わず幅広いPC作業で利用できます。約1.55kgとやや重めなため、自宅用におすすめのモデルです。

OSはWindows 11。「Microsoft Office Home & Business 2021」も付属しており、WordやExcelなど、仕事で使用する機会の多いソフトをすぐに利用できます。

レノボ(Lenovo) Yoga 7i Gen8 82YL0051JP

レノボ(Lenovo) Yoga 7i Gen8 82YL0051JP

クリエイティブな用途にも活用できる高性能なノートパソコンです。CPUに第13世代Core i7を採用しているのが特徴のひとつ。イラスト制作やマルチタスクなどの作業も快適に行えます。

タッチパネル式で付属のペンによる直感的な操作が可能。4つのモードを使い分けできる2-in-1スタイルを採用しており、用途に応じたカスタマイズを行えます。大容量の512GB SSDを搭載しているため、大きなデータも保存可能です。

バッテリーの連続駆動時間は約17.5時間。急速充電に対応しており、約2時間でフル充電して利用できます。本体重量も約1.49kgなので、自宅でも外出先でもパワフルに活用できる製品です。

レノボ(Lenovo) ThinkPad L13 Gen 4 21FG0034JP

レノボ(Lenovo) ThinkPad L13 Gen 4 21FG0034JP

持ち運びやすい13.3インチのノートパソコンです。重量は1.37kgと比較的軽く、外出先で作業を行いたい方や頻繁にノートパソコンを持ち出す機会がある方におすすめ。CPUには13世代のCore i5を搭載しており、さまざまな用途に利用できます。

バッテリーの連続駆動時間が最大約20.7時間と長めなのもの魅力のひとつ。コンセントがない場所で長時間作業をする際にバッテリー切れを起こしにくく、必要なときにすぐ作業を行えます。

映像出力が可能なThunderbolt4対応のUSB Type-Cをはじめ、USB 3.2 Gen2 Type-CやHDMI端子を搭載。ディスプレイに接続すれば、大画面で入力作業や資料作成等を行えます。ビジネスにも使いやすい製品です。

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Nano Gen 3 21K1000WJP

レノボ(Lenovo) ThinkPad X1 Nano Gen 3 21K1000WJP

ビジネス用におすすめのハイパフォーマンスノートパソコンです。Core i7 1360P CPUや16GBメモリ、512GB SSDストレージを搭載しており、ほとんどの作業をスムーズに行えるのが魅力。性能を重視したい方におすすめです。

プライバシー・シャッター付きの1080pカメラやDolby Voice内蔵のマイクなどを搭載しており、オンライン会議にもクリアな映像と音で参加可能。Thunderbolt4の接続が可能なので、ケーブル1本で画面出力を行えます。

また、重さ約 967gの軽量ボディもポイント。画面は13インチの2K IPS液晶で、A4以下のコンパクトなサイズを実現しています。頻繁にノートパソコンを持ち歩く方におすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Pro 5i Gen 8 83AQ003YJP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Pro 5i Gen 8 83AQ003YJP

クリエイターやゲーマーにおすすめのノートパソコン。GeForce RTX 3050や13世代Core i5、LPDDR5対応の16GBメモリ等を搭載しており、ミドルクラスのゲーミングノートパソコンを探している方にぴったりの製品です。

ストレージは512GB M.2 SSDで、複数のゲームをプレイしたい方にもおすすめ。16インチのWQXGA IPS液晶を採用しており、鮮やかな映像やゲームを楽しめます。

DisplayPort出力機能付きのUSB 3.2 Gen2 Type-Cや、Thunderbolt 4 Type-Cポートなども搭載。対応するケーブルでディスプレイに接続すれば、大画面でゲームプレイも可能です。

レノボ(Lenovo) Lenovo LOQ 15IRH8 82XW004UJP

レノボ(Lenovo) Lenovo LOQ 15IRH8 82XW004UJP

GeForce RTX 4050搭載のゲーミングノートパソコンです。CPUに13世代 Core i7を採用しており、「Apex」などの人気3Dゲームを遊べるのが魅力。144Hzリフレッシュレートに対応した15.6型ディスプレイも搭載しています。

冷却性能に優れているのもポイント。4本のヒートパイプやデュアル高速ファン等を搭載しており、高温になりやすいゲーム中もパソコンをしっかり冷却して、静かな駆動を実現しています。ファンの回転音が気になる方にもおすすめです。

また、ポート類が背面にあるのも便利なポイント。左右にケーブルが飛び出さないため、すっきりと配線できます。デザインもシンプルで、ゲーム以外の用途でも使いやすい製品です。

レノボ(Lenovo) Legion Slim 5i Gen 8 82WK007JJP

レノボ(Lenovo) Legion Slim 5i Gen 8 82WK007JJP

スペックを重視したい方におすすめのハイスペックゲーミングノートパソコンです。13世代のCore i7 CPUやGeForce RTX 4060グラフィックボードを搭載しているのが魅力。負荷の大きいゲームも快適にプレイできます。

映像表示に適した16インチの大型WQXGAディスプレイを採用しているのもポイント。240Hzの高リフレッシュレートやNVIDIA G-SYNCなどに対応しており、素早く映像を表示できます。

メモリは16GBですが、必要に応じて32GBに拡張できるため、ノートパソコンで本格的にゲームをしたい方や動画編集、配信、3Dモデリングなどのクリエイティブな作業をする方におすすめです。

レノボ(Lenovo) IdeaPad Duet 370 Chromebook 82T6000RJP

レノボ(Lenovo) IdeaPad Duet 370 Chromebook 82T6000RJP

キーボードを取り外せる脱着型の2in1ノートパソコンです。OSにChromeOSを採用しており、Androidアプリをインストールできるのが特徴。Androidのスマホと同じ感覚で利用したい方におすすめです。

軽量で、持ち運びやすいのも魅力のひとつ。キーボード装着時も重さ1kg未満を実現しており、長時間の持ち運びもそこまで重さを感じずに行えます。バッテリーの連続駆動時間も約12時間と長いため、外出先での使用が多い方にも便利です。

ディスプレイのサイズは10.95インチ。2K対応のIPS液晶を採用しているため、動画やビデオチャットを鮮明に楽しめます。DisplayPort出力機能付きUSB Type-Cポートを利用すれば、モニターなどの大画面に出力も可能です。

レノボのノートパソコンの売れ筋ランキングをチェック

レノボのノートパソコンのランキングをチェックしたい方はこちら。