シュワシュワはじける爽やかな飲み口と、日本酒ならではの芳醇な香りを同時に味わえる「スパークリング日本酒」。日本酒好きの方はもちろん、日本酒初心者の方にも喜ばれます。

スパークリング日本酒は立ちのぼる泡が繊細で華やかなので、おもてなしの席やパーティにもぴったり。そこで今回は、おすすめのスパークリング日本酒をご紹介します。

スパークリング日本酒とは?

By: amazon.co.jp

スパークリング日本酒とは、発泡性のある日本酒のことです。シュワシュワとした爽快な口当たりとシャンパンのようなおしゃれなルックスで、日本酒にあまりなじみのない女性からも人気を獲得しています。

スパークリング日本酒のなかにはアルコール度数が弱いモノもあるので、日本酒初心者の方でもトライしやすいのが魅力です。

スパークリング日本酒のおすすめ

旭酒造株式会社 獺祭 純米大吟醸 スパークリング

旭酒造株式会社 獺祭 純米大吟醸 スパークリング

日本酒ブームの火付け役ともいわれる獺祭のスパークリング。瓶内二次発酵による炭酸の泡は、シャンパンのようにきめ細かく、口当たりがソフトなのが魅力です。酒造好適米である山田錦をふんだんに使用したにごり酒で、米の持つ甘みとうまみを存分に味わえます。

純米大吟醸ならではのフルーティで華やかな香りは、日本酒初心者の方にもおすすめ。アルコール度数は約14%と、スパークリング日本酒のなかでは高めです。しっかりと冷やすことでスパークリングの爽やかな口当たりと、より芳醇なうまみが楽しめます。

松竹梅白壁蔵 澪 スパークリング

松竹梅白壁蔵 澪 スパークリング

スリムなデザインと、品のあるきれいなブルーのボトルが印象的な「澪」。美しい泡立ちとマスカットのような甘くフルーティな香りで、女性から人気のスパークリング日本酒です。アルコール度数は約5%と控えめで、日本酒が苦手な方でもすいすい飲めてしまいます。

米と米麹から生まれるほのかな甘みに加え、ほどよい酸味があるので後口はすっきり。キレのある味わいを楽しみたいなら0℃くらい、お米の優しい甘みを味わいたいなら5℃くらいに冷やして飲むのがおすすめです。

300mlと、ひとりで飲むのにぴったりなサイズ感も魅力。澪のおいしさを堪能しながら、贅沢なひとときを過ごしてみてください。

一ノ蔵 発泡清酒 すず音

一ノ蔵 発泡清酒 すず音

優しいグリーンのボトルが目を引くスパークリング日本酒「すず音」。シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵で造られているため、きめ細かく繊細な泡を楽しめるのが特徴です。プチプチと泡がはじけて、爽やかな風味が口いっぱいに広がります。

米の持つ甘みやうまみを存分に味わえるにごり酒タイプ。独特の甘酸っぱい味わいはまるでワインのようで、日本酒の味わいが苦手な方でも飲みやすいのが魅力です。

アルコール度数は約5%と低めで、度数の高いお酒が苦手な方や女性にもおすすめ。食前酒や食中酒としてそのまま飲むのはもちろん、カクテルベースにしてアレンジしてもおいしく飲めます。

五橋 発泡純米酒 ねね

五橋 発泡純米酒 ねね

深いグリーンのボトルと、ラベルのデザインがおしゃれなスパークリング日本酒「ねね」。瓶内二次発酵による自然で優しい泡立ちが心地よく、スパークリング日本酒を初めて味わう方にもおすすめ。

麹由来のほのかな甘みと酸味のバランスがよく、日本酒が苦手な方でもおいしく飲める甘酸っぱい味わいが特徴です。アルコール度数は約5.5%と低めで、お酒が苦手な方でも飲みやすいのが魅力。

とろりとしたなめらかな口当たりと爽やかな炭酸で、食前酒にもおすすめのスパークリング日本酒です。

柏露酒造 HANABI Sparkiling SAKE

柏露酒造 HANABI Sparkiling SAKE

ブラックのボトルにホワイトのラベル、ゴールドのロゴがモダンな雰囲気のスパークリング日本酒「HANABI」。まるでワインのようなルックスで高級感があり、おしゃれなのでパーティなどへの手土産に適しています。

シャンパンと同じ製法の瓶内二次発酵による繊細な泡立ちで、強い炭酸が苦手な方にもおすすめ。日本酒独特の甘ったるい味が苦手な方にも飲みやすい、フルーティで甘酸っぱい味わいです。

アルコール度数は約8%とやや低め。日本酒愛好者から初心者まで、幅広い方におすすめのスパークリング日本酒です。

白瀧酒造 上善如水スパークリング

白瀧酒造 上善如水スパークリング

こっくりとした深い色合いにかわいいデザインが施された、おしゃれなボトルの「上善如水スパークリング」。炭酸ガス充填方式で造られており、爽やかなシュワシュワ感を存分に味わえるのが魅力です。

グラスに注ぐと、花のような甘くスパイシーな香りが立ちのぼります。クセがなくすっきりとした味わいのなかに、かすかに感じるほろ苦さが大人っぽさを演出。日本酒の概念を覆す、新しい味わいを堪能できます。

「ワイングラスでおいしい日本酒アワード」や「酒友グランプリ」など、数多くのコンテストで入賞するなど、クオリティの高さを誇る本製品。洋食全般、とくに肉料理との相性が抜群です。また、ケーキやチョコレートなど、スイーツと合わせてデザート酒としても楽しめます。

梅乃宿 月うさぎ

梅乃宿 月うさぎ

きれいなブルーのボトルに、三日月とうさぎのイラストがかわいらしい「月うさぎ」。米の甘みやうまみを存分に味わえる、にごり酒タイプのスパークリング日本酒です。

グラスに注ぐとローズのような華やかな香りを楽しめるのも特徴のひとつ。酸味と甘みのバランスがほどよいすっきりとした味わいと、瓶内二次発酵によるきめ細やかな泡立ちで、日本酒初心者の方でも飲みやすい口当たりのよさが魅力です。

アルコール度数は約6%と控えめなので、度数が高いお酒が苦手な方でも安心。和食はもちろん、イタリアンやフレンチといった洋食との相性がよいのもポイントです。

八海山 発泡にごり酒

八海山 発泡にごり酒

日本酒の老舗、八海山の「発泡にごり酒」。酒造好適米である五百万石を贅沢に使用し、丁寧に造り上げた日本酒は、にごり酒ならではのとろりとした濃厚な甘みと、雑味のないクリアな後口が魅力です。

シュワシュワとした炭酸の爽やかな口当たりが後口をすっきりとさせてくれるため、いろいろな料理に合わせやすいのも嬉しいところ。なかでも、濃い目の味の料理やスパイシーな料理と相性抜群です。食前酒としてはもちろん、デザートに合わせてもおいしく飲めます。

アルコール度数は、スパークリング日本酒のなかでは高めの約15%。日本酒愛好者をも唸らせる飲みごたえと、濃厚ながらもキレのある味わいを楽しんでみてください。

花の香酒造 702 スパークリング

花の香酒造 702 スパークリング

珍しいレッドのボトルと、華やかなラベルがモダンな雰囲気を醸し出すスパークリング日本酒「702」。華やかなルックスは、パーティの席でも映えるので手土産にもおすすめです。

702という変わったネーミングは、使用している酒造酵母「7号酵母」が由来です。オレンジのような華やかでフルーティな香りが特徴で、日本酒が苦手な方でも飲みやすい口当たりに仕上がっています。

日本酒らしい米の持つ甘みや香りを活かしつつ、フルーティな香りと風味が味わえる新感覚の日本酒。きめ細かく優しい炭酸と酸味が、後口をすっきりとさせてくれます。よりクリアな味わいを楽しみたいなら、しっかりと冷やして飲むのがおすすめです。

「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」など、世界規模のコンテストでも入賞を果たしている本製品。甘口ながらもキレのある、インパクト大の味わいを楽しんでみてください。

南部美人 あわさけ スパークリング

南部美人 あわさけ スパークリング

世界一の市販酒を決めるコンテスト「SAKE COMPETITION」の発泡清酒部門で、2年連続堂々の1位を獲得したあわさけスパークリング。瓶詰めや瓶内二次発酵など、すべてシャンパンと同じ製法を用いており、ガス圧や透明度などシャンパンと比べても遜色ないクオリティの高さが魅力です。

グラスに注ぐと日本酒らしいフルーティな吟醸香が楽しめます。口に含むと、まず感じられるのはきめ細かい炭酸の爽やかさと優しい口当たり。最後にほんのりと米のうまみや甘みが残る、日本酒のよさとスパークリングの爽やかさを両立させたお酒です。

アルコール度数は約14%とやや高め。しっかりした飲みごたえとふくよかな味わいで、日本酒を飲み慣れている方でも満足できるスパークリング日本酒です。

六歌仙 ひととき ロゼ 発泡純米酒

六歌仙 ひととき ロゼ 発泡純米酒

珍しいロゼタイプのスパークリング日本酒「ひとときロゼ」。古代米である紫黒米を使用して造られた、淡いピンク色が特徴です。自然の美しい色合いが楽しめるのに加え、天然のポリフェノールも含まれています。

瓶内二次発酵による繊細できめ細かな泡立ちは口当たりがよく、日本酒初心者の方でも飲みやすい味わいです。アルコール度数は約8%と控えめで、度数の高いお酒が苦手な方にもぴったり。美しいピンク色で場が華やぐので、乾杯酒や手土産としてもおすすめです。

酒井酒造 天山 スパークリング純米吟醸 おりがらみ

酒井酒造 天山 スパークリング純米吟醸 おりがらみ

世界規模のコンテスト「インターナショナル・ワイン・チャレンジ」のスパークリング部門にて、初代チャンピオンに輝いた天山のスパークリング日本酒「おりがらみ」。うっすらとにごりがあり、にごり酒が苦手な方でも飲みやすい口当たりのよさが特徴です。

純米吟醸ならではの華やかでフルーティな吟醸香と、米本来のうまみをたっぷりと感じられる本製品。炭酸はきめ細かな泡立ちで、爽やかな喉ごしが楽しめます。スパークリング日本酒にしては珍しいやや辛口で、すっきりとしたフレッシュな後口が味わえるのも魅力です。

アルコール度数は約16%と高め。日本酒の持つ深い風味と、心地よい炭酸をじっくりと味わうのにぴったりな1本です。

人気酒造 人気一 Rice Magic スパークリングRED

人気酒造 人気一 Rice Magic スパークリングRED

優しい質感のすりガラスのボトルに、素朴なチューリップのラベルがかわいい「Rice Magic」。透明感のある淡いレッドの色合いが美しく、女性に喜ばれる1本です。場が華やぐので、女子会やパーティなどでの乾杯酒にもおすすめです。

特徴的なレッドの理由は、原料に古代米である紫黒米を使用しているため。本製品はそのなかでも、「朝紫」という品種を使用しており、より鮮やかな色合いを引き出しています。

米の持つふくよかな甘みやうまみと、瓶内二次発酵による繊細な泡立ちを楽しめる本製品。アルコール度数は約7%と控えめで、普段日本酒を飲まない方でもおいしく飲めます。

鈴木酒造店 スパークリング LACHAMTE(ラシャンテ)

鈴木酒造店 スパークリング LACHAMTE(ラシャンテ)

スリムなボトルとおしゃれなラベルが印象的な「LACHAMTE」。あきたこまちと奥羽山脈の伏流水を100%使用した、優しい甘みが楽しめるスパークリング日本酒です。

米だけで作ったとは思えない、果実のようなフルーティで甘酸っぱい味わいが最大の特徴。まるでシャンパンを味わっているかのような、瓶内二次発酵による喉ごしを楽しんでみてください。

アルコール度数は約8%とやや控えめ。よく冷やして飲むことで、より芳醇な味わいと爽やかな口当たりが楽しめます。

スパークリング日本酒の美味しい飲み方

By: amazon.co.jp

スパークリング日本酒をおいしく味わうためには、まずグラスにこだわりましょう。シャンパングラスを選ぶと、スパークリング日本酒ならではの繊細で美しい泡立ちを存分に味わえるのでおすすめです。

おつまみは、和食だけでなく洋食やエスニック料理とも相性抜群。幅広い料理に合わせやすい銘柄が多いため、いろいろな組み合わせを楽しんでみてください。なかでも甘口のスパークリング日本酒は、デザートと合わせるのがおすすめです。

スパークリング日本酒にカットフルーツをプラスした、簡単なアレンジもおすすめ。カラフルなフルーツに爽やかな炭酸がはじけ、涼しげでおしゃれなドリンクが完成します。

パーティやおもてなしの席を華やかにしてくれるスパークリング日本酒はアイデア次第でアレンジも無限大。さまざまな味わい方を楽しんでみてください。