お取り寄せグルメのひとつとして人気が高い「日本酒」。最近はインバウンド需要や海外における和食ブームの影響によって、これまで以上に国内外から注目が集まっています。

そこで今回は、日本酒のおすすめ銘柄をランキング形式でご紹介。辛口と甘口に分けてそれぞれピックアップしたので、日本酒好きの方はもちろん、「種類が多くて、なかなか選ぶことができない」とお悩みの方もぜひ参考にしてください。

日本酒の選び方

日本酒とは?

そもそも日本酒とは、主に水とお米、そして麹を原料としたお酒のことをいいます。アルコール度数は15%前後のモノが多く、ビールやチューハイと比べて若干高めでワインと同程度。お米の旨みを活かした独特な味わいが魅力です。

また、銘柄によって味が大きく異なるため個性を楽しめます。さまざまな銘柄を飲み比べながら自分好みの1本を見つけてゆくのも日本酒の醍醐味です。

日本酒の種類で選ぶ

日本酒は原料や製法によっていくつかの種類に分けられます。「純米酒」という名前が付いているモノには“醸造アルコール”と呼ばれる材料が入っておらず、お米本来の風味を楽しめるのが魅力。お米を磨いて味わいと香りを高めた純米酒は「純米吟醸酒」や「純米大吟醸酒」と呼ばれます。

一方、醸造アルコールが原料に含まれている日本酒は「本醸造酒」という名称です。醸造アルコールは日本酒の辛みや香りを増す効果があり、比較的爽やかな口当たりに仕上がるのがポイント。こちらも原料のお米の磨き具合で「吟醸酒」「大吟醸酒」と名称が変わります。

大きく分けて醸造アルコールが含まれていないモノは「純米酒」で、含まれているモノは「本醸造酒」。さらにその中にいくつか種類があるというように覚えると分かりやすいです。

辛口か甘口かで選ぶ

日本酒の味には「辛口」と「甘口」の2種類が存在。その度合いは“日本酒度”と呼ばれる数値で確認ができ、プラスになるほど辛口でマイナスになるほど甘口になります。たとえばこの後ご紹介する「春鹿 純米超辛口」は日本酒度が+12なので辛口です。

辛口の日本酒はキレのあるサッパリとした味わいなのに対し、甘口の日本酒は濃厚でコクのある味わいなのが特徴。日本酒を選ぶときは辛口と甘口どちらの銘柄を選ぶのかも重要なポイントです。

好みの飲み方に合わせて日本酒を選ぶ

日本酒は冷やして飲むのをはじめ、常温で飲んだり温めて飲んだりとさまざまな楽しみ方ができます。そのため、好みの飲み方に合わせて銘柄を選ぶのもおすすめです。日本酒のキレを楽しみたい場合は辛口の銘柄を冷やして飲むのがベスト。香りを楽しみたい場合は甘口で濃厚な銘柄を温めて飲むのがよいでしょう。

いつも口にしている飲み慣れた銘柄でも、飲み方によって味の印象が変わるのが日本酒の魅力です。ぜひさまざまな飲み方を試してみてください。

日本酒のおすすめランキング|辛口

第1位 春鹿(HARUSHIKA) 純米超辛口

日本酒度が約+12と非常に高い超辛口の日本酒。春鹿の代表銘柄と呼べる人気の1本です。抜群のキレ味を持ちながら、香りが穏やかでまろやかな口当たりに仕上がっています。“超辛口”の名称とは裏腹に日本酒初心者の方でも飲みやすいコクのある口当たりが特徴です。

冷やして飲むのはもちろん温めて飲むのもおすすめで、お刺身やいかの塩辛などさまざまな料理と合います。

第2位 刈穂(KARIHO) 山廃純米超辛口

山廃仕込みと呼ばれる方法で約2ヶ月丁寧に醸造した日本酒。辛口でキレのある味わいながらきめ細やかな旨みを生み出しています。アルコール度数は約16%で日本酒度は約+12。この日本酒は温めて飲むとその風味を存分に楽しめるのでおすすめです。辛口の日本酒が飲みたいけれど旨みもしっかり味わいたいという方に適しています。

第3位 くどき上手(KUDOKI JOUZU) 純吟辛口

明治8年創業の老舗酒造が作っている銘柄。岡山県の雄町米を使用しています。日本酒度が約+10と高いですが、しっかりとした辛口でありながらフルーティーな香りがあるためバランスがよいです。アルコール度数は約16〜17度と高めで、じっくりと味わいたいときに適しています。

第4位 剣菱酒造(KENBISHI SAKE Brewing) 黒松剣菱

お米の味わいを楽しみたい方におすすめの日本酒。製造元の剣菱酒造は“肩書きよりも味”をポリシーとしており、この銘柄も豊かなお米の味わい・風味を存分に楽しめる1本に仕上がっています。

ろ過で旨みが抜けないように調整することで、無色透明ではなく少し色が残っているのが特徴。辛口らしいキレのある味わいでありながら、濃厚な香りを楽しめるのが魅力です。

第5位 一ノ蔵(ICHINOKURA) 特別純米酒 辛口

宮城県産のお米を使用して手づくりで仕上げられている日本酒。柔らかなお米の旨みが特徴です。使われているお米は丁寧に磨かれており、上品かつ洗練された味わいを楽しめます。日本酒度が約+1前後と辛すぎないため、辛口の日本酒を初めて飲む方にもおすすめです。

第6位 酔鯨(SUIGEI) 特別純米酒

クジラのイラストが特徴的な特別純米酒「酔鯨」。お米をしっかりと磨いて素材のよいところを引き出しています。時間をかけて低温で醸造しているのもポイントです。日本酒度約+6前後の辛口でありながら酸味を兼ね備えており、すっきりとした後味に仕上がっています。

旨みを楽しみたいのであれば冷やして飲むのがおすすめ。濃厚なコクを楽しみたいのであれば温めて飲むのがおすすめです。

第7位 田酒(DENSHU) 特別純米

青森県産のお米「華吹雪」が使われている銘柄。日本酒度は約+3でほどよい辛さに仕上がっており、日本酒初心者の方でも飲みやすいです。辛口の日本酒ですがコクがあるので、まろやかな味わいが楽しめます。口に広がるお米の旨みもポイント。クセが少なくて口当たりのよい日本酒を探している方におすすめです。

第8位 黒龍(KOKURYU) 純吟 純米吟醸

契約農家と提携して原料の確保からこだわっている黒龍酒造の日本酒。福井県産のお米「五百万石」をしっかりと磨いて上品な味わいに仕上がっているのが特徴です。果物のように爽やかで甘い香りが楽しめるのもポイント。酸味のある後味がポイントでバランスのよい銘柄となっています。

日本酒のおすすめランキング|甘口

第1位 屋守(OKUNOKAMI) 純米中取り 無調整 生

中取りという方法で旨み・香りが優れている部分のみを使用した銘柄。芳醇な甘さを味わえるおすすめの1本です。それでいながら日本酒らしいキレのある喉越しも楽しめます。後味がしつこくないためすっきりしているのもポイント。甘さとキレのバランスが取れた飲みやすい1本です。

第2位 宗政(MUNEMASA) 純米吟醸

独自の醸造方法で作られている宗政の純米吟醸。日本酒度は約-15と超甘口で、果物を思わせるフルーティーな香りが楽しめます。柔らかい飲み口で後味が残りすぎないため日本酒初心者の方にもおすすめです。もちろんただ甘いだけではなく、日本酒らしい旨みと酸味もしっかりあります。

徳利とお猪口で飲むのもよいですが、甘みの強い日本酒なのでワイングラスに注いでおしゃれに飲むのもおすすめ。冷やして和食と一緒にいただくのがベストです。

第3位 村祐(MURAYU) 常盤ラベル純米大吟醸 無濾過本生

白ワインのように広がる香りが特徴の日本酒。上品な甘みを持っており、口当たりがよいため飲みやすいです。甘さをしっかり感じられる味わいでありながら、後味が爽やかなのでクドさがありません。日本酒初心者の方はもちろん、日本酒に飲み慣れた上級者の方にもおすすめの個性あふれる1本です。

第4位 十四代(JUYONDAI) 別撰 純米吟醸 播州山田錦

吟醸酒独特のフルーティーな香りが楽しめる“芳醇旨口”の銘柄。地元・山形県でも入手が困難と言われている逸品です。口当たりが滑らかでスッと飲めるため、和食をはじめさまざまな料理に合います。日本酒らしさと甘さを兼ね備えているおすすめの1本です。

第5位 幻(MABOROSHI) 誠鏡 赤箱 純米大吟醸

日本酒度は約±0と通常ながら、秘伝のリンゴ酵母を使用しているため甘くて芳醇な香りが楽しめる日本酒。低温で長期間発酵しており、丁寧に作られているのが特徴です。濃厚な味わいでありながら味のキレがよくさっぱりと飲めます。

皇室新年御用酒に選ばれるほどの品質の高さが魅力。約5〜15℃の温度をキープすると美味しくいただけます。和食にも洋食にも合うおすすめの銘柄です。

第6位 而今(JIKON) 特別純米 無濾過生

而今は富山県産の「五百万石」が100%使用されている日本酒。爽やかな香りでありながら、青リンゴのような旨みを兼ね備えており甘さと酸味を味わえます。ろ過をしていない生酒のため、お米本来の味わいをしっかりと楽しめるのも魅力。和食や洋食はもちろん、その甘酸っぱさはイタリアンとの相性もよいです。

第7位 富久錦(FUKUNISHIKI) 純米 Fu

爽やかな酸味と果物を感じさせる甘さで白ワインのように楽しめる日本酒。兵庫県加西市産のお米「キヌヒカリ」が使われています。おしゃれなボトルデザインも特徴です。

アルコール度数が約8%と比較的低いため日本酒初心者の方でも安心して飲めます。香りが穏やかで飲み口も軽快なので、カジュアルに飲める日本酒を探している方におすすめのフルーティーな1本です。

第8位 雪中梅(SECCHUBAI) 本醸造

丁寧に磨いた「五百万石」を使用している日本酒。約23日じっくりと発酵させることで甘さを引き出しています。日本酒度は約-3.5でやや甘口です。

冷やして飲むのはもちろん、ぬるめに温めて芳醇な香りを楽しむのもおすすめ。甘い日本酒でありながら後味がすっきりしているため、甘すぎてコクがあるのは苦手という方にも適しています。

番外編:プレゼントにおすすめの日本酒

第1位 獺祭(Dassai) 純米大吟醸50

日本酒の代名詞といっても過言ではない銘柄「獺祭」。“最高の酒米”と称される山田錦を丁寧に磨いて作られています。クリアな味わいと上品な香りをバランスよく両立しているのが特徴です。どちらかというと辛口で口当たりも良好。和食によく合います。非常に人気の高い銘柄なので、自分へのご褒美や大切な人へのプレゼントにおすすめです。

第2位 八海山(HAKKAISAN) 特別本醸造

新潟県南魚沼市の八海醸造で作られている八海山。この銘柄も非常に有名で高い人気を博しており、プレゼントにおすすめです。キレのある淡麗辛口な味わいが特徴で、温めて飲むのもよいですが、キリっと冷やして飲めばその美味しさを存分に堪能できます。

キレのある味わいでありながら、柔らかい口当たりで飲みやすいため日本酒初心者の方への贈り物にも最適です。

第3位 久保田(KUBOTA) 千寿 吟醸

1985年に誕生した銘柄。日本酒度約+6の辛口ですっきりとしており飲みやすいです。上品な香りがさりげなく漂うので、食卓を彩る日本酒としておすすめ。比較的軽やかな味わいなので、冷やしても温めても美味しくいただけます。日本酒初心者の方にも飲み慣れている方にも喜ばれるおすすめの1本です。

第4位 越乃寒梅(KOSHINO KANBAI) 別撰 吟醸酒

軽やかな後味が特徴の日本酒。香りも軽快で飲みやすく、人を選ばないためプレゼントに最適の銘柄です。日本酒度約+7の辛口で、冷やした状態なら爽やかな味わいを楽しめます。味と香りの広がるを楽しみたい場合は温めていただくのがベスト。五百万石や山田錦など高品質なお米を使用した贅沢な1本です。

第5位 澪(MIO) スパークリング清酒

澪は、日本酒初心者の方におすすめの銘柄。“スパークリング清酒”という名前の通り炭酸が含まれている日本酒で、甘みと酸味のバランスが取れており女性へのプレゼントにも最適です。アルコール度数が約5%と軽いため、ビールやチューハイと同じ感覚で気軽に飲めます。日本酒+炭酸という異色の組み合わせを実現させているおすすめの1本です。