お取り寄せグルメのひとつとしても人気が高い「日本酒」。最近はインバウンド需要や海外における和食ブームの影響によって、これまで以上に国内外から注目が集まっています。

そこで今回は、日本酒のおすすめ銘柄をランキング形式でご紹介。辛口と甘口に分けてそれぞれピックアップしたので、日本酒好きの方はもちろん、「種類が多くて、なかなか選ぶことができない」とお悩みの方もぜひ参考にしてください。

日本酒とは?

そもそも日本酒とは、主に水とお米、そして麹を原料としたお酒のことをいいます。アルコール度数は15%前後のモノが多く、ビールやチューハイと比べて若干高めでワインと同程度。お米の旨みを活かした独特な味わいが魅力です。

また、銘柄によって味が大きく異なるため個性を楽しめます。さまざまな銘柄を飲み比べながら自分好みの1本を見つけてゆくのも日本酒の醍醐味です。

日本酒の選び方

種類で選ぶ

日本酒は原料や製法によっていくつかの種類に分けられます。「純米酒」という名前が付いているモノには“醸造アルコール”と呼ばれる材料が入っておらず、お米本来の風味を楽しめるのが魅力。お米を磨いて味わいと香りを高めた純米酒は「純米吟醸酒」や「純米大吟醸酒」と呼ばれます。

一方、醸造アルコールが原料に含まれている日本酒は「本醸造酒」という名称です。醸造アルコールは日本酒の辛みや香りを増す効果があり、比較的爽やかな口当たりに仕上がるのがポイント。こちらも原料のお米の磨き具合で「吟醸酒」「大吟醸酒」と名称が変わります。

大きく分けて醸造アルコールが含まれていないモノは「純米酒」で、含まれているモノは「本醸造酒」。さらにその中にいくつか種類があるというように覚えると分かりやすいです。

辛口か甘口かで選ぶ

日本酒の味には「辛口」と「甘口」の2種類が存在。その度合いは”日本酒度”と呼ばれる数値で確認ができ、プラスになるほど辛口でマイナスになるほど甘口になります。

辛口の日本酒はキレのあるサッパリとした味わいなのに対し、甘口の日本酒は濃厚でコクのある味わいなのが特徴。日本酒を選ぶときは辛口と甘口どちらの銘柄を選ぶのかも重要なポイントです。

飲み方で選ぶ

日本酒は冷やして飲むのをはじめ、常温で飲んだり温めて飲んだりとさまざまな楽しみ方ができます。そのため、好みの飲み方に合わせて銘柄を選ぶのもおすすめです。

日本酒のキレを楽しみたい場合は辛口の銘柄を冷やして飲むのがベスト。香りを楽しみたい場合は甘口で濃厚な銘柄を温めて飲むのがよいでしょう。

いつも口にしている飲み慣れた銘柄でも、飲み方によって味の印象が変わるのが日本酒の魅力です。ぜひさまざまな飲み方を試してみてください。

日本酒のおすすめ銘柄ランキング|辛口

第1位 獺祭 純米大吟醸50

獺祭は山口県の旭酒造で造られている日本酒。「日本酒と言えばコレ!」というファンが多い、メジャーな逸品です。度数は16度で、フルーティーな軽い味わいが特徴。プレゼントにも喜ばれる日本酒の一つです。

「酔うため、売るための酒ではなく、味わう酒を提供したい」という旭酒造のモットーがあり、より多くの人に届けたい想いから、海外展開にも積極的な銘柄。世界中の飲食店に展開しており、山口県出身の安倍首相が、プーチン大統領やオバマ大統領に「獺祭」をプレゼントしたエピソードは有名です。

獺祭は全体的にフルーティーさと辛みのバランスが絶妙に造られており、辛口としてはやわらかい口当たりです。冷やして食前酒にしたり、淡泊な魚や香り高い松茸、フルーツに合わせたりするとよりよさが引き立ちます。

第2位 久保田 純米大吟醸 萬寿

日本の米どころである新潟県が誇る、朝日酒造の「久保田」。日本中の多くのお店で提供されているので、日本酒に詳しくなくても誰もが一度は耳にしたことがある銘柄です。

久保田は米だけでなく水にもこだわりを持っており、朝日酒造が造る酒にはすべて地元の軟水が使用されています。酒造りにおいて一般的ではない軟水を使っているため、辛口のなかでも淡麗で飲みやすい味わいです。

久保田の中で最高クラスである「萬寿」は、贈り物にも喜ばれる銘柄で、濃厚で豊かな香りと深い味わいが特徴。知名度が高く、美味しい純米大吟醸にして非常に手ごろな値段です。

第3位 八海山 純米吟醸 雪室貯蔵三年

久保田と並んでとても知名度の高い「八海山」。久保田と同郷の新潟を代表する淡麗酒なので、よく比較の対象にもあがります。すべての酒が吟醸造りで、魚沼地方の厳しい寒さの中で八海山系の伏流水である「雷電様の清水」で仕込まれます。

特に八海山の純米吟醸はのど越しがとても穏やかで米の旨味そのものを感じられるので、合わせる料理を選びません。なかでも「雪室貯蔵三年」という銘柄は少し珍しく、その言葉の通り雪室で三年熟成させたものです。

飲み口はすっきりとやわらかいですが、後味に苦みが残るので八海山好きのなかでも好みがわかれる面白い銘柄。17度の度数を感じさせない丸みのある穏やかな味わいで、熟成酒好きには愛される銘柄です。

第4位 写楽 純米吟醸

宮泉銘醸の「写楽」は福島県の酒を代表する銘柄のひとつ。東日本大震災後、3年連続で全国新酒鑑評会の都道府県別金賞一位を獲得するなど、近年の生産者の努力を感じられる味わい深い日本酒です。

写楽の純米吟醸は、純米酒でも充分風味が良く、フレッシュな鮮度とややフルーティーな味わいが特徴。若干の酸味が甘い旨味を引き立てます。ラムネのようであり、癖のない苦みにリピーターが多く、ついつい進んでしまうようなやや辛口の日本酒です。

特に食中酒として人気があり、冷やがおすすめ。限られた時期にしか販売されない貴重な純米大吟醸をはじめとして、どの銘柄が総じて飲みやすいため、女性にもファンが多い日本酒です。

第5位 而今 特別純米 火入れ

2004年に三重県で登場した「而今」。「じこん」と読み、元来の地元銘柄は「高砂」で1818年創業以来の蔵で造られています。酒銘には「過去にも未来にも囚われず、今をただ精一杯生きる」との意味があるそうで、東京や大阪の目利き店を皮切りに、圧倒的な支持を得た人気銘柄です。

火入れ酒でも生と同様のフレッシュでジューシーな味に仕上がっています。杜氏の大西さんいわく、綺麗な甘みと絶妙な酸味を醸すには蔵の清潔さが必要不可欠で当たり前のことにも絶対に手を抜かないことが大切とのこと。

ふわっと広がる甘みが美味しく、イタリアンとも相性がいいのでワイン感覚でも楽しめる不思議な日本酒です。

第6位 十四代 本丸 秘伝玉返し

山形県で生まれた「十四代」はとてもまろやかで甘みのある日本酒ですが、従来流行していた淡麗辛口の味わいの中で目を引くものとなり、評判を呼びました。以来、全国の酒販店がこぞって「十四代」の取り扱いを開始。現在も山形のプレミア銘柄として、最高地位を維持しています。

吟醸酒の甘く繊細でやわらかい口当たりはどんな料理にもよく合い、料理の旨味を絶妙にを引き立ててくれる日本酒です。

第7位 春鹿 超辛口 純米酒

歴史深い奈良を代表する酒蔵の春鹿は、伝統的な技術を伝承している酒造りで絶大な信頼を集めています。「純米超辛口」は、思わず目をとじてしまうほどのよい香り。キレとコクが絶妙に調和し、そのまろやかな口当たりと高精白された原料米ならではの旨味が、辛口好きを虜にしています。

春鹿の製造理念である「米を磨く・水を磨く・技を磨く・心を磨く」に基づいて、華やかで切れ味のよい仕上がりを実現。山海の幸を問わず、人にすすめたい、日本酒として評価が高い逸品です。

春鹿の酒蔵も奈良ならではの歴史や風情を感じられ、敷地内には日本最古の書院造り「今西家書院」も隣接していて、国の重要文化財であることからも一見の価値ありです。

日本酒のおすすめ銘柄ランキング|甘口

第1位 南部美人 あわさけスパークリング

日本一美味しい市販酒が決まる効き酒イベントとして有名な「SAKE COMPETITION」の2018年度発泡酒部門で見事1位に輝いたのが南部美人の甘口スパークリング。同蔵元としては初の瓶内二次発酵に挑み、絶妙なバランス感を実現しました。

日本酒度は-20のため、かなり甘口の日本酒ですが、心地よい吟醸香を感じさせるふんわりと優しい口当たりです。飲んだ瞬間、スパークリングの爽やかさを感じさせながらも米の旨味が口の中に残ります。

よく冷やして飲むことで甘さと風味が引き締まるのでおすすめです。瓶内二次発酵のため慎重に開栓し、吹きこぼれには十分に注意してください。

第2位 紀土-KID- 純米大吟醸

酒の神様が祭られている京都市の松尾大社で開催された「酒-1 グランプリ」という日本酒イベントで、2016年に優勝した平和酒造が造る甘口の日本酒。酒米の王様といわれる山田錦を50%まで磨いた、純米大吟醸です。桜色のような柔らかいピンク色のラベルが特徴で、女性へのプレゼントにも喜ばれる日本酒の一つ。

アルコール度数は16度未満で、メロンに似たまろやかな香りと自然豊かな紀州の水を感じさせる綺麗な口当たり。ふっくら優しい味わいが口いっぱいに広がります。

第3位 明鏡止水 純米酒 La vie en Rose

醸造元は、元禄2年に創業した長野県佐久市の大澤酒造。現存する最古の日本酒が眠る蔵として、知る人ぞ知る名蔵のひとつです。そんな大澤酒造が造る甘口純米酒で、ネーミングは「バラ色の人生」をフランス語表記しておりラベルからも上品さを感じ取れます。

透明感を大切に、お米の旨味を活かし、さらにキレのよさまでもしっかりと表現するこだわりの酒造り。アルコール度数は控えめの13度なので、日本酒があまり得意でない人にも勧めやすい純米酒です。

香りもほんのりと優しく、ワイングラスでも楽しめる日本酒のひとつ。日本酒初心者にもおすすめしたい逸品です。

第4位 楯野川 純米大吟醸 十八

山形県の「楯の川酒造」渾身の逸品で、原料に山田錦を100%使用している日本酒度-8の甘口純米大吟醸。酒米の王様「山田錦」を100%使っているにも関わらず、精米歩合はなんと18%。

その分使用される米の量も多く、玄米にして四合瓶1本につき2000gもの山田錦を使用します。また、最も香味の優れる「中取り」部分のみを限定して瓶詰しているので、720mlで1万円越えの価格にも納得です。

味わいは華やかさと優しさを両立した品のよい香りで、米の甘みや旨みが舌になめらかに広がります。酸味が少なく綺麗な口当たりなので飲みやすく、特別な日の贈り物にもおすすめの日本酒です。

第5位 一ノ蔵 ひめぜん

日本酒好きな女性が増えているなか、「ひめぜん」は特に注目を浴びる銘柄のひとつです。日本酒としてはアルコール度数がかなり抑えられており、アルコール度数が8度しかありません。女性でも飲みやすい味わいで、ほんのりと甘くさわやかな酸味を感じます。食前酒としても人気が高く、比較的こってりとした料理に相性抜群。

「これって本当に日本酒?」と感じるほどの珍しい口当たりで、甘酸っぱいすっきりした甘さに仕上がっています。もちろん、お米で作られた清酒ですが、極甘口に分類されます。

日本酒が好きだけど強くない方や日本酒にまだ慣れない初心者におすすめです。ラベルも女性的で可愛らしく、女性へのプレゼントに喜ばれるセンスのよい日本酒のひとつ。冷やして飲めばすこし甘さが控えめになり、さわやかな酸味が引き立ち、燗にするとやわらかに立つ香り感じられます。

第6位 八海山 貴醸酒

辛口酒でも絶大の人気を集める八海山ですが、実は甘口も造っています。比較的新しい銘柄で、三段仕込みの最後の「留仕込み」の際に、仕込み水の代わりに清酒を使うことが特徴。アルコール度数は17.5度で味が極めて濃く、日本酒度-36と甘口の中でも特に甘いジャンルに入ります。

どちらかというと食後酒に好まれ、濃醇な甘味と適度な酸味が絶妙なバランスです。熟成していない出来たての貴醸酒は爽やかな味わいで、購入後に長期熟成させるとだんだん重厚な琥珀色に変化し、味も一層まろやかな舌触りが加わっていきます。

第7位 勝山 純米吟醸 䴇 LEI SAPPHIRE LABEL

「䴇 SAPPHIRE LABEL」は、宮城県仙台市の勝山酒造で造られている純米吟醸。原料米には仙台産の一等ひとめぼれが使用されており、日本酒度は-42という驚異の甘さです。

フランス料理の前菜や魚料理、そして何より煮込み系の肉料理に合うように造られた新しいジャンルの甘口日本酒で、チーズやデザートにも相性抜群。日本酒では困難といわれる12度までアルコール度数を抑えることにより、これまで日本酒が合わせにくいとされてきた肉料理にも合うお酒として作られました。

LEI SAPPHIRE LABELは同銘柄の中でも一番アルコール度数が低く、国内に留まらずフランス輸出向けとしても開発された、優しくボリューミーな味わいの甘口純米吟醸です。

番外編:日本酒の飲み方を詳しくご紹介

日本酒は、温めると雑味が消えてとろみのあるまろやかな味わいになり、少し冷やすと香りが立ち、キンキンに冷やすとキリッとシャープな味わいになります。日本酒の飲み方には名前がついており、10段階の温度変化による区分です。ほぼ5℃おきに刻まれた日本らしい風情ある呼び名と、それぞれの特徴をご紹介します。

冷や

「冷酒」と「冷や」は似ているようで全く別物です。冷酒は冷蔵したものですが、冷やは常温を指すので冷蔵していない状態を指します。冷やの温度は季節や環境によって温度が変わりますが、だいたい室温程度の20℃前後を指すのが一般的です。味のバランスと日本酒本来の風味を一番感じられる飲み方といわれています。

たとえば秋上がりと言って、秋口に味が乗ってきた冷やおろしや、純米酒の上品な味を楽しみたい場合などは冷やで飲むことがおすすめです。少し冷やすと香りが立ち、キンキンに冷やすとキリッとシャープな味わいになります。

涼冷え

「すずひえ」と読み、15℃で味わう飲み方です。「冷や」よりやや冷たく、香りが立つので淡麗タイプの酒や吟醸酒系によく合います。作り方は、冷蔵庫で冷やしたあとしばらく常温に戻し、手に持った際にひんやりとした冷たさを感じる温度になったら飲み頃です。

涼冷えにすることで、穏やかに香りと、とろみのある味わいが感じられるので、原料であるお米の風味を感じられる吟醸香がウリの大吟醸酒や吟醸酒が属する薫酒に適した温度と言われています。

ちなみに涼冷えは冷酒のなかでも15℃と温度が高いお酒。ガラス製に限定せず、陶器や金属などの酒器も使うことができます。酒器でより香りを楽しむためには、口が広いラッパ型がおすすめ。

また、フルーティな香りが特徴の吟醸酒は温めると香りが消えやすいため、一般的には涼冷えが好まれることが多いです。

花冷え

By: amazon.co.jp

冷たいお酒は、夏になると飲みたくなるもの。花冷えは10℃で飲む名称です。このくらいまで冷えていると、人によってはとても冷たく感じられる温度で、香りだけでなく少しのキレや味のまとまりを求めるお酒に適しています。

春先の桜が咲くころ、少し季節が戻って冬の寒さを感じるような天候を「花冷え」と呼び、季節を感じられる言葉の一つです。

ポイントは、冷蔵庫で数時間冷やしたあと、触れるとすぐにひんやりとした冷たい感触が指に伝わる程度の冷たさで飲むこと。そのまま少し時間をおき、常温に近づけると「冷や」になります。 

花冷えの日本酒は、涼冷えよりも香りが控えめ。そのかわりに、少しキレが感じられる味わいがあります。主に爽やかなお酒を冷酒にする際に用いられる温度なので、真夏の暑気払い定番のお酒といってもよいでしょう。

雪冷え

By: amazon.co.jp

冷酒のなかで最も冷たい「雪冷え」は、5℃を基準としているため、体感ではとても冷たく感じられ、ゴクっと飲むと喉に冷たい感触があります。まさに「雪」の名の通り、冷気が目に見え、瓶に結露ができる冷たさが目安。冷蔵庫で冷やしたうえに、さらに氷水に漬けて冷やして味わう清酒です。

ここまで冷たくなると、良くも悪くも日本酒独特の香りはほとんど感じられません。味わいもまろやかさがなくなり、固い印象を感じます。日本酒独特の強い風味が苦手な方にはおすすめの飲み方です。ただし、アルコール度数は変わらないので、飲む量やペースには充分注意しましょう。寒い地域や酒蔵によっては、雪冷えにも負けない強い香りや風味を特徴にしているものがあります。

もともと熱燗は歴史が長いのですが、逆に冷やよりも低温である「涼冷え・花冷え・雪冷え」は、冷蔵庫の普及にともなって、冷やす技術が発達した1980年代から登場したものです。全体として冷酒の歴史は浅いのですが、キリっとした味わいを楽しみたいときには冷やすことをおすすめします。

「燗(かん)」とはお酒を温めることです。「お燗をする」「燗を付ける」というような使い方もあります。温められたお酒は「燗酒(かんざけ)」と呼ばれ、言うまでもなくビールやカクテルにはない日本酒独特な飲み方です。西洋にはワインを温めることがありますが、日本酒にも古くから温めて飲む文化があります。

お燗の度合いはお猪口に注いだ温度を指すので、人から注文されたときには注意が必要です。もし徳利のぬる燗で作った場合、お猪口に注ぐとその温度が伝わり少し冷えてしまって「人肌燗」となるため、お店で注文するときは自分が飲みたいお燗よりもちょっと熱めを頼むようにこだわる人もいます。

日向燗

By: amazon.co.jp

30℃の日本酒を指す名称で、「ひなたかん」と読みます。ちょうど日本酒の香りが立ってくる30~35℃の絶妙な温度です。なめらかな味わいが特徴で、冷たくも熱くもなく飲みやすい温度。

30℃というと気温の感覚だと暖かく感じますが、人の体温より低いので口に含んでも温かいとは感じません。日本酒の香りを楽しみたい人には人気の飲み方。なめらかな飲み口なので日本酒初心者にもおすすめします。

人肌燗

その名の通り、人肌に近い35℃で飲む名称です。感覚としては、さわるとほんのり温かく感じる程度。全体的に味にふくらみを感じられ、米や麹のよい香りがやわらかいのが特徴的です。

日本酒は温めることで、まろやかな口当たりになり、香味成分が強く感じられるため、湯気が出なくても香りがふわりと立ちます。

しかし、同時にアルコールの刺激が強くなるので、ツンとしたアルコール臭をより強く感じがちです。そのため、吟醸香がある吟醸酒や、雑味の多い普通酒は燗酒では飲まないという方も多くいます。

ぬる燗

By: amazon.co.jp

「ぬる燗」は、40℃で飲む名称です。飲用温度の中でも、40℃は日本酒の香りが一番よく感じられる温度といわれており、日本酒の香りを楽しみたいときには「ぬる燗」で注文するのをおすすめします。ぬる燗はやけどするほど熱くはありませんが、徳利に触れるとじわっと指先が温かく感じる程度が目安です。

香りが立ちやすい特性を考慮すると、ぬる燗が向くお酒として吟醸酒や純米酒、本醸造酒がおすすめ。米や麹の風味が立ち、新酒の時期にも楽しみたい飲み方です。

お酒を温めるときには、徳利のそそぎ口にラップをすることで香りの成分が飛ぶのを防ぐことが可能。「ぬる燗」にしたいからと、40℃のお湯で燗をすると10分以上かかるのでアルコールが飛んでしまいます。2~3分で済むように、燗をするお湯を熱めに調整し、徳利の底に指をあててやや熱いと感じたら「ぬる燗」の飲み頃です。

上燗

By: amazon.co.jp

「上燗」は「じょうかん」と読みます。45℃で飲む名称で、徳利から注いだときに湯気が出る熱さですが、熱くて飲めないほどではありません。香りからやわらかさが消え、比較的引き締まった香りを感じる特徴があります。たった5℃の差ですが、ぬる燗よりも香りに固さや強さを感じられるので、上燗まで温めるならば、吟醸酒よりも本醸造酒、普通酒がおすすめです。

熱燗

By: amazon.co.jp

「熱燗」は「あつかん」と読み、50℃程度の飲み方です。徳利から湯気がはっきりと見え、さわると熱く感じる温度。温度が高いので香りがシャープになり、キレのある辛口酒によく合います。

作るときは、時間をかけずにさっと熱湯に徳利をつけるのがコツです。温度をあげるのに時間をかけてしまうと貴重な香りもアルコール成分もどんどん飛んでしまうので気を付けましょう。

とびきり燗

「とびきり」は、日本酒の飲み方としてかなり熱めです。約55℃が基準ですが、コーヒーやお茶のような温度を希望する人もいます。とはいえ、あまり熱いとアルコールが飛んでしまい、風味のバランスが取れなくなるのでおすすめはできません。

日本酒のように、熱くても冷たくても美味しいお酒は世界的にも珍しいので、グローバルな人気があります。この飛びきり燗は、徳利を持つとかなり熱く感じられるほどで、香りはシャープになり、辛口度が増すのが特徴です。

ちなみに、燗をするとき湯煎が一番おすすめですが、電子レンジで温めるときは温度が急激に上がるので、徳利の口にラップをすることをおすすめします。さらに徳利の上部と下部で温度差が出るので、対策としては10~20秒ほど温めてから一度取り出し、徳利を上下に一度振ることで温度を均一にすることが可能です。