最近は、おしゃれで飲みやすい日本酒が増えたこともあり、女性や若い世代の間でも日本酒の人気が高まってきました。「フルーティー」と形容される日本酒は、果物のように華やかで軽い香りが特徴です。

フルーティーな日本酒は、和食だけでなく洋食とも相性抜群。今回はフルーティーな日本酒の選び方とおすすめの銘柄をご紹介します。

フルーティーな日本酒の種類とは?

By: amazon.co.jp

日本酒には大きく分けて吟醸酒・純米酒・本醸造酒があります。吟醸酒とは、米・米麹・水・醸造アルコールを使い、精米歩合が60%以下の米を使った日本酒のことです。純米酒は、原料に醸造アルコールを加えずに作った日本酒を指し、本醸造酒は精米歩合が70%以下となっています。

なお、フルーティーと言われる日本酒は吟醸酒がほとんど。吟醸酒は低温で長時間発酵させる吟醸作りという製法で作られているため、吟醸香と呼ばれる独特の華やかさがあり、フルーティーな香りが楽しめます。

また、吟醸酒のなかでも、醸造アルコールを加えずに作った日本酒が純米吟醸酒と呼ばれ、精米歩合が50%以下の米で作られた日本酒が大吟醸酒と呼ばれています。フルーティーな日本酒を選ぶ際は、吟醸酒に分類されている銘柄かどうかもチェックしてみましょう。

フルーティーな日本酒の選び方

甘口か辛口かで選ぶ

By: amazon.co.jp

フルーティーな日本酒はやや甘口なものがほとんどですが、なかには辛口の銘柄もあります。甘口の日本酒はまろやかで濃厚な味わいが特徴で、女性でも飲みやすく人気です。辛口の日本酒は、すっきりとしたキレのある味わいが楽しめます。

醸造アルコールが添加されると比較的シャープな飲み口になるので、よりフルーティーでまろやかな日本酒を選ぶなら純米吟醸酒がおすすめです。

料理との相性で選ぶ

By: rakuten.co.jp

フルーティーな日本酒は、香りの強い料理とよく合います。山菜・春菊・シソ・しょうがなどの香りが強い食材を使った和食に合わせるのがおすすめです。また、料理にレモンやカボスなどを添えるだけでも、フルーティーな日本酒との相性はぐっとよくなります。

和食のほかにも、ワイン蒸し、マリネ、フルーツソースを使ったサラダなどの洋食や、生春巻きなどのアジア料理、チーズと組み合わせるのもおすすめです。

フルーティーな日本酒のおすすめ銘柄

旭酒造 獺祭 純米大吟醸 磨き三割九分


フルーティーな日本酒の代表格である「獺祭」。飲みやすくクリアな味わいなので、日本酒が苦手な方でも飲みやすく、ワインのような香り高さから世界的にも高く評価されています。

獺祭は、米の磨き具合によってバリエーションがあり、三割九分はミドルクラスに位置する銘柄。メロンのように華やかな香りと口に含んだときの爽やかな甘さと、後から来る長い余韻が特徴です。

なお、より米のコクや旨味が感じられる日本酒が好みの方には「獺祭50」が、よりクリアで雑味のないものが好みの方には「獺祭二割三分」がおすすめ。有名な銘柄で、フルーティーな味わいの日本酒を飲みたいという方は、まず本製品を試してみてください。

萬乗醸造 醸し人九平次 ル・カー ボヤージ


萬乗醸造は愛知県の歴史ある蔵元で、近年は国内だけではなく海外を視野に入れた製品展開をしています。特に、海外でも受け入れられやすいワインのようなパッケージデザインが特徴的です。

本製品は山田錦を55%精米した純米吟醸酒。「日本酒を楽しむ旅に出てほしい」という願いを込めてネーミングされており、元々は海外向けに作られていた銘柄です。洋ナシのようなフルーティーな香りと白ワインのような爽やかな飲み口が特徴で、さっぱりとした魚の白身や鶏の胸肉を使った料理とよく合います。

アルコール度数は14%とやや控えめなので、食中酒としておすすめです。洗練されたおしゃれなパッケージなので、プレゼント用の日本酒としても適しています。

油長酒造 風の森 秋津穂 純米大吟醸 しぼり華


「風の森」は、奈良県の油長酒造の看板銘柄でもあるフルーティーな日本酒です。無ろ過無加水の生原酒である点が最大の特徴。味わいのボリューム感やフレッシュさは、無ろ過無加水の生原酒ならではの魅力です。

また、酵母由来の炭酸ガスが発生しているため、開栓直後はほのかな発泡感が楽しめます。炭酸ガスが抜けてからもう一度飲むと、米の旨味や、酵母が作るフルーティーな香りや酸味も味わえるので一本で二度美味しい銘柄です。

原料にあたる米には、地元の秋津穂を全量使用し、精米歩合は50%で仕込んでいます。洋ナシのような優雅で爽やかな香りが鼻に抜け、しっかりとした旨味と程よい酸味も感じられるのが魅力。比較的安いので、日本酒になじみのない方の入門酒としておすすめです。

一ノ蔵 ひめぜん


宮城県の老舗一ノ蔵が作る低アルコールの日本酒です。日本酒になじみのない若い世代をターゲットにした本製品のアルコール度数は、一般的な日本酒の半分程度である8%。極甘口の風味にさわやかな酸味を効かせた味わいが特徴です。

香りはほんのり香る程度なので、本製品のフルーティーさは味覚的な甘さが由来。甘ったるくないキレのよい甘さなので、まるで梨のジュースを飲んでいるような感覚が味わえます。きりりと冷やして飲んだり、お燗したりとさまざまな飲み方で楽しめるのもポイント。

パッケージが可愛く飲みやすいので女性が多く集まるパーティーへの手土産にも適しています。低アルコールなので、お酒が弱い方や日本酒初心者にもおすすめです。

西田酒造 田酒 純米吟醸 古城乃錦


西田酒造は青森県青森市唯一の酒造です。「田酒」は、醸造アルコールを一切添加していない純米吟醸酒。幻の米と言われた青森県産の酒造好適米「古城錦」を使用しています。

本製品の特徴は、ふくよかな旨味とリンゴのようにフルーティーな吟醸香。すっきりとしたキレもあるので、白ワインが好きな方にもおすすめです。しっかり冷やして、生ハムや白身魚、揚げ出し豆腐など軽やかでさっぱりした料理と一緒に飲みたい日本酒です。

小野酒造店 夜明け前 生一本


小野酒造店は長野県にある老舗で、全国新酒品評会でも常に上位に位置している酒蔵です。本製品は「夜明け前」のなかで最も人気がある銘柄のひとつ。メロンのように瑞々しい香りとほのかな甘さ、山田錦のふくよかな味わいが楽しめます。バランスが取れた、ワインのような風味のため、普段日本酒をあまり飲まない方にもおすすめです。

ネーミングの由来は島崎藤村の同名小説。本物を追求する精神を持ち続けることを誓って、藤村の子孫に名称使用の許可をもらったという経緯があり、蔵人の心血を注いで作られている入魂の一品です。

澄川酒造場 東洋美人 純米大吟醸 壱番纏


山口県の澄川酒造場の看板銘柄である「東洋美人」のなかでも、最高峰に位置する純米大吟醸酒です。天才と言われる澄川の杜氏が技術のすべてを詰め込んだと言われており、2016年にプーチン大統領が来日した際、高級老舗旅館で唯一の公式日本酒として提供されるなど、輝かしい歴史を持っています。

熟したリンゴの香りを中心に、洋ナシやサクランボの香りが優しく漂う、上品かつ繊細なフルーティーさが特徴。サラリとした透明感のある味わいで、後口にキレがあるため飲み飽きもせず、食中酒にぴったりです。

赤いラベルや化粧箱が華やかで、お祝いの席やプレゼントにも喜ばれます。和の雰囲気が感じられるパッケージなので外国の方への贈り物としてもおすすめです。

南部美人 純米吟醸酒


南部美人は岩手県の蔵元です。日本三大杜氏に数えられる、南部杜氏の伝統技術を駆使した銘酒の作り手として知られています。蔵の名前にもなっている「南部美人」は、海外マーケットも視野に入れて展開されている銘柄です。

南部美人の純米吟醸酒は、優雅で心地よい吟醸香とお米の甘さや旨味を感じられるふくよかな味わい、すっきりしたキレのある後口が特徴。和食との相性が抜群なので、お正月やお盆など大勢が集まる場への手土産におすすめです。知名度も高いのでお世話になった方のプレゼントとしても喜ばれます。

南陽醸造 花陽浴 純米吟醸 八反錦袋吊り斗瓶囲 無濾過 生原酒


埼玉県の南陽醸造は、次世代の新進気鋭の蔵元として注目を集めています。わずか3名の蔵人により丁寧に手作りされているため、市場に出回る際には価格にプレミアが付いていることもある銘柄です。

本製品は原料米に八反錦を使用しています。袋吊りの状態から一切の圧を加えず、ぽたぽたと滴った日本酒を斗瓶に集めた手間がかかった一品。無ろ過のため、うっすらと白みがかっているのが特徴です。果実のようにフルーティーな香りと上品な蜜のような甘み、生酒ならではのフレッシュさが感じられます。

北雪酒造 北雪 YK35


新潟県佐渡の北雪酒造で作られる大吟醸酒です。山田錦(Y)を精米歩合35%(35)まで磨き上げているということから「YK35」と名付けられています。コクがありながらも、すっきりしたまろやかな喉越しの辛口タイプです。

立ち上る果実のような芳醇でフルーティーな香りが特徴で、ワイングラスとの相性がよい日本酒。「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2014」で最高金賞を受賞するなど、高く評価されています。世界展開する創作和食店「NOBU」で提供されていることでも有名で、世界的にも人気がある製品です。

どんな料理とも相性がよく、辛口なので食中酒として最適。スカイブルーの瓶にゴールドが映えるパッケージデザインもスタイリッシュなのでプレゼントにもおすすめです。