冷酒にすることで、すっきりと飲みやすくなる「日本酒」。お酒が好きな方はもちろん、日本酒が得意ではない方も冷酒であれば楽しめる可能性が高まります。日本酒は種類が豊富にあるため、どれが冷酒に向いているのかわからない方も多いのではないでしょうか。

今回は、冷酒にすると美味しいおすすめの日本酒をご紹介。選び方についてもあわせて解説するので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

冷酒とは?

By: amazon.co.jp

冷酒は、5〜15℃程度に冷やした状態のお酒です。冷酒にして飲むことで、爽やかな口当たりやのどごしを楽しめます。日本酒特有の癖が抑えられているため、これまであまり日本酒を飲んでこなかった方でも飲みやすいのが魅力です。

日本酒はさまざまな温度で楽しめるお酒なので、温度によって呼び方が異なります。そのなかでも冷酒と混同しやすいものが、「冷や」という飲み方。どちらも冷たい日本酒のように思えますが、冷やは常温のお酒を指します。

冷酒に適した日本酒の選び方

日本酒の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒には多くの種類がありますが、冷酒として楽しむのであれば吟醸系を選ぶのがおすすめ。精米歩合が50%以下であれば大吟醸酒、60%以下であれば吟醸酒です。

精米歩合とは、60%であれば、玄米の外側40%を削り落とし、残った60%を原料として使っていることを表しています。つまり、精米歩合が低いほど無駄なモノが含まれていないため、すっきりとした味わいと華やかな香りの日本酒を造ることが可能です。

吟醸系の日本酒は長時間低温で発酵させることで、フルーティな香りが生まれるのが特徴。冷酒で飲むと、爽やかな香りが一層引き立ちます。

また、生酒や原酒と呼ばれる日本酒も、冷酒で飲むのがおすすめ。生酒は酵母の活動を止めるために行う加熱処理をしていない日本酒で、原酒はアルコール度数を調整するために水を加える加水調整を行わない日本酒のことです。フレッシュな個性があり、冷酒にすると楽しめます。

辛口か甘口かで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒には辛口と甘口があり、両者の違いを決めるのは糖とアルコールのバランスです。日本酒が作られる際、酵母や麹菌によって米に含まれるでんぷんが糖やアルコール、酸などに変化。でき上がった日本酒の糖が多ければ甘口、アルコールが多ければ辛口に区分されます。

甘口も辛口も、スッキリとした味わいのモノが冷酒に合うため、好みの銘柄を選んでみてください。

冷酒のおすすめ銘柄

八海醸造 八海山 大吟醸

高品質な酒米を40%まで精米し、厳冬の限られた時期にだけ仕込む日本酒。グラスに注げば、リンゴやメロンのような果実の香りが優しく広がります。水のように滑らかで雑味のない口当たりと、雪解けを感じさせるすっきりとした後味が特徴です。

さまざまな料理と合わせられるのが魅力の銘柄ですが、特におすすめなのが魚料理。魚の生臭みを打ち消し、旨味をしっかりと引き出します。フルーティでクセがないため、日本酒が苦手な方でも飲みやすい銘柄です。

萬乗醸造 醸し人九平次 純米大吟醸 EAU DU DESI

「山田錦」を使用した純米大吟醸。口に含めばグレープフルーツの爽やかな香りと蜂蜜のような甘さが広がり、心地よい酸味が続きます。

ワインのような幾重にも重なるフルーティさがあり、洋食との相性も良好。ワイングラスに注げば、芳醇な香りがさらに立ち上がります。10℃前後まで冷やすと飲みやすさとすっきりとしたキレが増すので、ぜひ試してみてください。

朝日酒造 久保田 千寿

新潟を代表する蔵元「朝日酒造」の吟醸酒。スッキリとした味わいの日本酒に適した「五百万石」を使い、あっさりとした辛口のなかにまろやかさをもつのが特徴です。仕込み水は地下水脈を流れる澄み切った水を使い、滑らかな口当たりを実現しています。

軽やかで米のほどよい旨味があり、さまざまな料理と合わせられるのがポイント。冷酒で飲めば洗練された辛口の味わいが、口のなかにゆっくりと広がります。価格も比較的手頃なので、毎日の食卓で気軽に楽しみたい方におすすめの銘柄です。

加藤吉平商店 梵 吟撰 特別純米酒

世界最大の酒類品評会「IWC」の純米酒部門において、世界1位を獲得した銘柄です。兵庫県産の山田錦を50%まで精白して醸し、0℃で1年間熟成。香りは比較的穏やかで、グレープフルーツを思わせる苦味や爽やかな酸味があります。

推奨される飲み方は、4〜5℃ほどの冷酒。アルコールのえぐみが丸くなり、酸味や苦味が絶妙なバランスで続きます。辛口ではありますが口当たりが優しいので、初心者でもすっきり飲めるのもポイントです。

開封して時間が経つと米の風味が強くなっていくため、味の変化を楽しむのもおすすめ。ブルーのボトルデザインが美しく、毎日の食卓を華やかに演出します。蔵元のこだわりが凝縮されつつ、手に取りやすい価格も魅力の純米酒です。

東洋美人 純米大吟醸 一番纏

さまざまな品評会で受賞歴をもち、2016年の日露首脳会議ではプーチン大統領にもふるまわれた銘柄。長州産の山田錦を40%まで磨き上げ、滑らかで上品な口当たりに仕上げられています。立ち上がる香りは透明感にあふれており、熟したリンゴや洋梨のようなみずみずしさが特徴です。

冷酒として楽しむ場合、飲みごろは13〜15℃。飲み口はやや辛口で、穏やかな酸味やキレを楽しみたい方はチェックしてみてください。

大関 極上の甘口

通常の日本酒と比べ1.4倍の酒米を使い、濃厚な甘さを引き出した銘柄。米のみを使用して作られているにも関わらず、果実を思わせる酸味や甘味があります。アルコール度数は10%なので、お酒があまり強くない方にもおすすめです。

5〜10℃前後の冷酒で飲むと、甘さが程よく引き締まりすっきりとした味わいが実現します。濃厚な風味のチーズケーキやチョコレートなどのスイーツとの相性も良好。国内のみならず、海外のコンペティションでも受賞歴がある実力派の銘柄です。

黒龍酒造 黒龍 大吟醸

ふくよかでフルーティな香りと透明感のあるのどごしが人気の大吟醸。口当たりが非常に滑らかで、まろやかな旨味がふわりと口のなかに広がります。酸味が穏やかなため、日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめです。

本銘柄の魅力は、さまざまな食材と合わせられること。特に和食と相性がよく、白身魚の刺し身や煮物など繊細な味わいを引き出します。日本酒らしい香りと飲みやすさを兼ね備えており、目上の方へのプレゼントにも適した銘柄です。

旭酒造 獺祭 純米大吟醸45

国内のみならず、世界中で高く評価されている「獺祭」。本銘柄は、山田錦を45%まで磨き、米の香りと柔らかな旨味を感じられるのが特徴です。非常に飲みやすくスタンダードな味わいなので、獺祭をはじめて飲む方に適しています。

冷酒で飲めば、キレのよさやまろやかな口当たりを楽しむことが可能。新鮮な味と繊細な香りのバランスがよく、さまざまな料理と合わせやすい銘柄です。

北雪酒造 北雪 大吟醸YK35

国内のみならず海外のコンペティションでも賞を獲得している実力派。山田錦を35%まで磨き上げ、じっくり低温発酵させて造られた大吟醸酒です。果実が溶け込んだような芳醇な香りと滑らかな口当たりを楽しめます。

比較的甘口なので、日本酒が苦手な方でも飲みやすいのがポイント。冷蔵庫でしっかりと冷やせば軽快な飲み口が楽しめます。記念日のディナーや大切な方へのプレゼントにもおすすめの銘柄です。

齋彌酒造店 雪の茅舎 純米吟醸

全国新酒鑑評会で複数回にわたり金賞を獲得した純米吟醸。蔵人たちが自ら栽培する酒造好適米「秋田酒こまち」で仕込み、ふくよかで雑味のない味わいを実現しています。品質管理を確実に行うため、精米から出荷まですべての工程を蔵内で行っているのが特徴です。

本銘柄は「三無い造り」という独自の製法を採用。酵母の働きに任せてじっくり醸すため櫂入れせず、濾過をせずにそのまま蔵出し、搾った酒に加水も行いません。醸された旨味成分を逃さず、まろやかさとボリューム感を楽しめるおすすめの銘柄です。

仙禽 モダン仙禽 無垢 無ろ過原酒・瓶囲い瓶火入れ

1806年創業の蔵元「仙禽(せんきん)」を代表する銘柄。原料米は、蔵の地下水・仕込み水の水脈上にある田から収穫した山田錦を100%使用しています。やや辛口で落ち着いた酸が心地よく、甘味とのバランスもとれた銘柄です。

香りは非常に穏やかで、リンゴやマスカットのような爽やかさ。しっかりと冷やすことで飲み口が軽快になり、和洋食問わず幅広い料理と合わせられます。白ワインのように上品で、風味豊かな日本酒を飲んでみたい方におすすめです。

北鹿 北秋田 大吟醸

山田錦を45%まで磨き上げ、低温発酵でじっくりと仕込んだ銘柄。フルーティな香りのなかに、爽やかな酸味をもつのが特徴です。

本銘柄は香りが控えめなのもポイント。しっかり冷やせばさらに香りが抑えられ、刺し身や豆腐など薄味の料理と合わせても素材の味を妨げにくいのも魅力です。手頃な価格で入手できるため、気軽に日本酒を楽しみたい方に適しています。

白瀧酒造 上善如水 純米大吟醸

酒造好適米を45%まで磨きこみ、蔵人が丁寧に醸した純米大吟醸。甘味のある華やかな香りやキレのある酸味、水の柔らかさのバランスがとれているのが特徴です。クセがなく飲みやすいので、日本酒の初心者にも適しています。

繊細な味を際立たせるためには、10℃前後の冷酒で飲むのがおすすめ。刺し身や海鮮サラダなどシンプルな料理と合わせると、お互いの旨味を引き立てます。ボトルデザインも美しく、お祝い事やプレゼントにも人気の銘柄です。

白瀧酒造 マイタイム 純米吟醸

おしゃれなボトルデザインが特徴の純米吟醸。瞬間的に加熱殺菌を行う最先端の技術により、生酒のようなフレッシュさを楽しめます。アルコール度数は17%と高めですが、後味がすっきりとしているのもポイントです。

お米の甘味やみずみずしさを堪能するには、冷酒で味わうのがおすすめ。ジャーマンポテトやサバの味噌煮など、しっかりとした味付けの料理とよく合います。

小嶋総本店 東光 純米吟醸原酒

熟した果実を噛み締めたような甘味のある銘柄。アルコール度数が16%あり、しっかりとした飲みごたえがあります。ウニ・クリームソースパスタ・ビーフシチューなど、濃い味付けの料理との相性も良好です。

10℃前後の冷酒で飲めば、ほんのりとした酸味と米の旨味を引き立てられます。少量でも満足感があり、コスパのよさも魅力の日本酒です。

三輪酒造 白川郷 純米にごり酒

一般的な清酒の2倍もの酒造米を使用した純米にごり酒。甘味と酸味のバランスがよく、米の旨味を贅沢に味わえます。あっさりとした料理よりも、焼き肉やチョコレートなど味の濃い料理と合わせるのに適した銘柄です。

おすすめの飲み方は、10℃くらいの冷酒か氷を浮かべたロック。甘さが程よくやわらぎ、繊細な口当たりと米のまろやかさを味わえます。辛口の日本酒が苦手な方や、米の風味をしっかり味わいたい方に適した日本酒です。

平和酒造 紀土 純米大吟醸

山田錦を50%まで磨き、華やかでフルーティな吟醸香を楽しめる銘柄。紀州の良質な地下水を仕込み水に使用し、柔らかできれいなふくらみをもつのが特徴です。口のなかに優しい味わいが広がったあとは、キリッとした酸味が続きます。

おすすめは、しっかりと冷やした本銘柄をワイングラスへ注いで飲むこと。ワイングラスから口と鼻に芳醇な香りが立ち上がり、濃厚なチーズや肉料理ともよく合います。日本酒好きな方から初心者まで、幅広い層が楽しめる銘柄です。

石本酒造 越乃寒梅 無垢 純米大吟醸

良質な水と酒造りに適した気候を備えた亀田郷にて育まれた日本酒。きめ細かくきれいな味わいと、純米酒特有の濃厚さがあります。とろりとした滑らかな口当たりが心地よく、米本来の風味が味わえるのが特徴です。

あっさりとした味わいの料理と相性がよく、海鮮サラダや生春巻きなどとよく合います。日本酒好きな方や父の日のプレゼントにぴったりの銘柄です。

小鼓 純米大吟醸 路上有花 葵

世界25ヶ国に出荷され、国内のみならず世界中から高く評価される純米大吟醸。飲みやすさを追求して作られており、フルーティでまろやかな味わいが特徴です。

素材の持ち味を活かす料理と相性がよく、お寿司やフレンチなどと合わせるのがおすすめ。「道ばたに咲く美しい花」があしらわれた青いボトルは高級感があり、食卓に映えるデザインも魅力です。お祝いの席や大切な方へのプレゼントを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

大山 特別純米 十水

吟醸香を思わせる香りとしっかりした飲みごたえがある純米酒。一口含めば米由来の旨味が広がり、心地よい酸味が続きます。ふくよかな甘味があるにも関わらずくどさがなく、バランスに優れた銘柄です。

豚の角煮・すき焼き・ステーキなど、濃い味付けの料理とよく合うのもポイント。芳醇でコクのある味わいを楽しめるだけでなく、手頃な価格設定も魅力の日本酒です。

真澄 純米吟醸 辛口生一本

辛口ながらも柔らかさを兼ね備えており、国内外のコンクールで高く評価されている銘柄。透明感のある味わいが特徴です。酸味が穏やかで口当たりも優しいので、スイスイと飲めます。

おすすめのおつまみは、山菜料理や魚の塩焼きなどシンプルな料理。素材の旨味を引き出すため、薄味の料理と合わせるのに適しています。アルコールの嫌なエグみがなく余韻も爽やかなので、辛口の日本酒が苦手な方にもおすすめです。

宮泉銘醸 寫楽 純米吟醸

全国新酒鑑評会の福島部門で2013年から3年連続で金賞を獲得した純米吟醸。上品な立ち香に加え、口のなかに入れると新鮮なフルーツのような含み香を楽しめます。米のとろみとキレのよさがあり、日本酒好きから初心者まで幅広い層に人気の銘柄です。

おすすめの飲み方は、香りをダイレクトに感じられる常温か冷酒。爽やかな飲み口は冷やすことで際立ち、後味がさらにすっきりします。さまざまな料理と合わせやすいだけでなく、食前酒にも適した日本酒です。

富久錦 純米 Fu.

酒米の最高峰「山田錦」とコシヒカリのDNAを継ぐ「キヌヒカリ」を使用した純米酒。フルーティで酸がしっかりときいており、爽やかな飲み口を味わえるのが特徴です。

アルコール度数は約8%で、日本酒のなかでは低めなのもポイント。キリッと冷やしてからワイングラスに入れ、白ワインのようにチーズと合わせて飲むのがおすすめです。アルコールに強くない方や、日本酒が苦手な方はぜひチェックしてみてください。

白鶴 大吟醸

独自の醸造技術により、高品質で手頃な価格を実現した大吟醸です。こだわりの酒造好適米を採用し、米の温度や水分をコントロールしながら丁寧に精米。大吟醸を醸すのに最適なオリジナル酵母でじっくりと発酵させています。

10℃前後に冷やして飲むと、フルーティさを残しつつすっきりとした酸味を味わえるのもポイント。甘味をしっかり感じたい方は、15℃前後で飲むのもおすすめです。さまざまな料理とも合わせやすく、コスパのよさを追求したい方に適しています。