日本全国で造られている日本酒。甘口から辛口までさまざまな種類がありますが、なかでも辛口の日本酒はすっきりとした味わいとキレのある後口で、人気となっています。

そこで今回は辛口の日本酒のおすすめ銘柄をご紹介。甘口と辛口の違いや選び方についても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

辛口と甘口の違いは?

日本酒度とは?

「日本酒度」は、好きな味わいの日本酒を探す上で目安となる指標です。日本酒度とは、日本酒の中に含まれている糖分の多さを数値化したもの。糖分が多く含まれていれば甘く感じられ、糖分が少なければその分酸味を感じやすくなるので辛く感じます。

日本酒度が「+(プラス)」であればあるほど辛口、「-(マイナス)」であればあるほど甘口です。辛口の日本酒度は、+1.5~3.4までは「やや辛口」、+3.5~5.9は「辛口」、+6以上が「大辛口」に分類されます。

いくつかの銘柄を飲み比べてみて、好みの日本酒度を探してみてください。

辛口の日本酒の選び方

産地で選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒は、醸造に用いられる米と仕込み水によって味わいが異なるものです。中にはその日本酒の産地で取れた米や水を使っているものもあるため、日本酒を選ぶ際は土地ならではの素材で仕込まれた銘柄もチェックしてみましょう。

米がたくさん作られている地域や水がきれいな地域には、必ずと言っていいほど有名な酒蔵があります。地域ごとの傾向として、大きく分けると寒い地域には辛口の、温かい地域には甘口の日本酒が多いです。

地域ごとの味わいの特徴がわかると、日本酒選びがより楽しく感じられる上、日本酒をプレゼントする際の参考にもなるので覚えておくことをおすすめします。

日本酒の種類で選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒は「特定名称酒」と「普通酒」の2種類に分類されます。そのなかでも「特定名称酒」は、日本酒を原料や製法で区別したものです。この表記を見れば、どのような原料や製法を用いて造られた日本酒かを判断できます。

区別するポイントの1つ目は、日本酒の原料である米と水、米麹以外に「醸造アルコール」という添加物を加えているかどうかです。醸造アルコールを加えていなければ、「純米酒」を名乗れます。

2つ目のポイントは、「精米歩合」です。精米歩合とは、原料となる米をどれくらい削って使用しているかを示すもの。一般的には、多く削って米の中心部のみを使用して造られた日本酒ほど、雑味がなくすっきりした味わいに仕上がります。

吟醸酒

By: amazon.co.jp

吟醸酒は、米と米麹、水に醸造アルコールを添加して造られた日本酒で、精米歩合は60%以下と決められています。口当たり軽く、淡麗ですっきりとした味わいが特徴です。

吟醸造り専用の酵母を用いて、低温でじっくりと発酵させることにより、リンゴやバナナのような独特のフルーティな香りが生まれます。この香りは「吟醸香」と呼ばれ、吟醸酒の最も大きな特徴です。

大吟醸酒

By: amazon.co.jp

大吟醸酒も、吟醸酒と同じく米と米麹、水に醸造アルコールを添加してありますが、異なる点は精米歩合です。吟醸酒よりもさらに10%多く削った、50%以下の米が使用されているため、吟醸酒よりも洗練されたクリアな味わいが楽しめます。

本醸造酒

By: amazon.co.jp

本醸造酒も醸造アルコールを添加してある日本酒で、精米歩合は70%以下と、吟醸酒よりも磨きの割合が少なめです。純米酒によく似た香りながらも、味わいは純米酒よりもまろやかで飲みやすいものが多いことが特徴です。

純米酒

By: amazon.co.jp

純米酒は、その名の通り米と米麹、水のみで造られた日本酒のこと。醸造アルコールは添加されていません。なお、精米歩合についての規定はなく、原料が条件に合っていれば純米酒と表記できます。

醸造アルコールを使用していない分、うまみや香りなどの特徴がより強く感じられる銘柄が多いのが特徴。昨今の技術の進歩により、しっかりした味わいのものから口当たりの優しいものまで、さまざまな味わいの純米酒が生み出されています。

純米吟醸酒

By: amazon.co.jp

純米吟醸酒は、純米酒のなかでも、精米歩合が60%以下のものを指します。純米酒らしい濃厚な味わいと、吟醸酒らしいフルーティで華やかな香りが楽しめる日本酒です。

純米大吟醸酒

By: amazon.co.jp

純米大吟醸酒は、純米吟醸よりもさらに磨かれた、精米歩合50%以下の米を用いて造られた純米酒のこと。吟醸酒ならではのフルーティな香りと、しっかりしたコクのある濃厚な風味が味わえます。

特別純米酒と特別本醸造酒

By: amazon.co.jp

特別純米酒は、精米歩合が60%以下の純米酒であることが定義。また、特別本醸造酒は精米歩合が60%以下の、醸造アルコールを添加した日本酒であることが定義とされます。

区分だけで考えるなら、特別純米酒は純米吟醸酒と、特別本醸造酒は吟醸酒と全く同じです。どちらを名乗るかは、その日本酒のコンセプトによって決められます。

一般的に、「純米吟醸酒」や「吟醸酒」は吟醸らしいフルーティな香りを重視した日本酒で、「特別純米酒」や「特別本醸造酒」は純米酒や醸造酒ならではの味わいを重視した日本酒です。

また、発酵日数が通常より短かったり、原料の米が通常のものと異なったりと、何らかの特別な製造方法を用いて造られた場合にも、「特別純米」や「特別本醸造」を名乗ることがあります。

味や口当たりで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒の味わいは、ただ甘口と辛口といった単純な分け方ができないほど奥深いものです。日本酒度や酸度などを見れば、おおよその味わいの目安はつきますが、香りやアルコール度数といった要素も味の感じ方に大きく影響します。

たとえば、吟醸酒のようにフルーティな香りのものは、辛口でも口当たりがよいので飲みやすいもの。また、原酒のようにアルコール度数が高いものは辛口でキレのある味わいが楽しめます。

辛口の日本酒といっても、「すっきりとした辛口」や「どっしりとうまみのある辛口」など、味わいはさまざま。特定名称酒の特徴なども押さえつつ、どんな日本酒が飲みたいか具体的に絞って選ぶと、気に入る日本酒が見つかりやすくなります。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒の香りは、製造方法や原料によって異なり、特に香り高い日本酒として代表的なのが吟醸酒です。果物のように華やかな香りが人気で、海外でも高い評価を得ています。

対して、本醸造酒や生酒などは香りが控えめで、その分キリッとした淡麗な味わいをダイレクトに楽しめるのが特徴。ほのかに感じられるすがすがしい含み香が爽快感を後押しします。

そのほか、純米酒などコクのあるタイプは、米本来が持つふくよかでまったりとした甘い香りが特徴。長期熟成した日本酒は、スパイスやドライフルーツのように複雑で濃厚な香りがあります。

香りによって、日本酒の味わいはさらに深まるため、さまざまな日本酒に触れて、お好みの香りを探してみてください。日本酒初心者の方は、フルーティな香りの吟醸酒からトライすることをおすすめします。

用途で選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒を選ぶ際は、自宅用かプレゼント用かで選び方を変えましょう。自宅用ならば自分の好みの味わいを探したり、ときにはご褒美としてちょっと贅沢な日本酒を試したりと自由に選べます。

一方、プレゼント用にする場合は相手の方の好みをリサーチすることが重要です。お気に入りの銘柄やメーカー、好みの味わいが分かれば、相手に喜んでもらえる日本酒が選びやすくなります。

目上の方へのプレゼントや、お祝いなどには木箱や化粧箱に入っているものを選ぶと見栄えがよいのでおすすめです。

辛口の日本酒おすすめ銘柄

春鹿 超辛口 純米酒 黒ラベル

辛口の日本酒を代表する銘柄の「春鹿」。日本酒度が+12度の超辛口で、キリッとした切れ味抜群の口当たりを楽しめます。春日山系の湧き水を使うことにより、サラッとした飲み口に仕上がっているのが特徴です。

ただ辛いだけではなく、辛さのなかにコクも感じられるのが魅力。後味引かず、さまざまな料理との相性も良好なので、食中酒にも向いています。「とりあえず辛口の日本酒が飲みたい」という方におすすめの1本です。

剣菱酒造 黒松剣菱

“肩書きよりも味”をポリシーにしている剣菱酒造の辛口日本酒「黒松剣菱」。辛みと酸味がほどよくブレンドされており、キレがありながらコクがしっかり感じられるのも魅力です。

お米の豊かな風味が感じられるのもポイント。日本酒といえば透明なイメージですが、この黒松剣菱はろ過で味が落ちないように調節されているため、少し黄色がかっているのが特徴です。お米の旨みが感じられるおすすめ銘柄なので、ぜひ試してみてください。

くどき上手 超辛口吟醸 生詰 白ばくれん

日本酒で使うお米として知名度の高い「山田穂」をしっかり磨き上げて作られた銘柄。日本酒特有の吟醸香をほんのり感じることができるため、香りを楽しみながら味わうのがおすすめです。日本酒度+20度の超辛口なので、お米の旨味に続いてピリピリとした舌触りが堪能できます。

旭酒造 獺祭 だっさい 純米大吟醸 50

人気が高く、今や押しも押されもせぬ有名な日本酒となった「獺祭」。酒造りに最適といわれる高級米・山田錦を、贅沢にも半分ほど磨いて造られた日本酒です。雑味が少ないクリアな飲み口で、国内外問わず多くのファンがいます。

獺祭を造る際は、ほどよく水分を含ませるために米を手洗いしたり、ちょうどいい硬さに蒸し上げたりと非常に細かな作業が必要です。労力をいとわず丁寧に造られることで、フルーティで心地よい香りと繊細で優しい口当たりとなります。日本酒好きな方にはもちろん、初心者の方にもおいしく飲める日本酒です。

朝日酒造 久保田 萬寿 純米大吟醸

新潟が誇る名酒「久保田」のなかでも、香り・味ともに最高峰といわれる日本酒。淡麗ですっきりした味わいが感じられる「五百万石」という米を使い、半分ほど磨いて醸造しているため、コク深い味わいが楽しめます。

口に含むと、まず米の持つふくよかで優しいうまみが広がり、そのあとに感じられるキリッとした後味が爽やかです。大吟醸らしい、フルーティで華やかな香りも魅力的。「萬寿」というおめでたい名前なので、お正月やお祝いの席にもぴったりです。

越後桜酒造 北鹿 北秋田 大吟醸

秋田の良質な天然水と、米を50%ほど削って中心部のみ贅沢に使用した北秋田。米の持つ風味がしっかりと生きたコク深い味わいで、辛口の日本酒を飲み慣れていない方にもおすすめしたい日本酒です。

リンゴや桃のような甘くフルーティな香りと、淡麗ですっきりとした後口でどんな料理とも相性抜群。特にお刺身やサラダなど、淡い味付けの料理と合わせると、よりおいしさが引き立ちます。

八海山 純米吟醸

酒造りに適した高品質な米と、良質な天然水を用いて造られた八海山。そのなかでも、純米吟醸は生産量が少なく貴重な一本です。純米酒ながら、ライトな口当たりで飲みやすく、日本酒初心者にもおすすめ。

フルーティで豊かな香りと、ほのかなうまみが感じられる爽やかな味わいで、老若男女問わずどなたにも喜ばれる味わいなので、プレゼントにしたり、お祝いの席でふるまったりするのにもぴったりです。

鶴正酒造 古都の雫 純米大吟醸

酒どころ、京都・伏見で造られた「古都の雫」。厳選した米を半分ほど磨き上げて造った日本酒は、えぐみや苦みがなくうまみだけが口いっぱいに広がります。大吟醸らしいフルーティな香りで、女性にも喜ばれる日本酒です。

ほどよい辛口の味わいと、さらりとしたライトな口当たりで飲みやすく、日本酒初心者の方にもおすすめ。辛口の日本酒の入門としてもぴったりです。冷でも燗でもおいしく飲めますが、ぬる燗だとさらに香りが引き立つのでトライしてみてください。

刈穂 山廃純米超辛口

日本酒度+12度の超辛口銘柄。蔵に代々伝わる仕込み方法で約2ヶ月間しっかりと醸造されており、辛さのなかにお米の旨味やフルーティーさを感じられるのが魅力です。原料米には「山田錦」が使われています。

口に入れるとまずはピリッとした辛みが感じられ、それに続いて豊かな香りを堪能できるのが特徴。辛さ・旨味・香りの3つがしっかりと楽しめるおすすめの日本酒です。

来福酒造 来福 純米吟醸 超辛口

辛さとお米の旨味がバランスよく感じられる銘柄。料理の味を損なわず、食中酒に楽しむのがおすすめです。クセの少ない日本酒なので、冷たいままでも温めても味が変わりすぎず。美味しく飲めるのも魅力です。

原料米にこだわりを持っており、茨城県産の「ひたち錦米」を100%使用しているのも特徴。日本酒度は+18度と高めですが、酸度を抑えることで辛口ながらまろやかな口当たりに仕上がっています。