造り手の世代交代や原料の品種改良により個性的な銘柄が続々と登場している「日本酒」。最近は海外から高い評価を得る日本酒も多く、プレミアムな1本を選び、プレゼントする方も増えてきています。

そこで今回は、高級日本酒をご紹介。タイプの違いや地域別の特徴などについても解説するので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

高級日本酒の選び方

味で選ぶ

By: amazon.co.jp

高級日本酒の味わいは、「日本酒度」と「酸度」で決まります。「日本酒度」とは、水に対する日本酒の比重を表した度合。+と-の数値で表され、比重が大きいと-に、小さいと+に傾きます。比重が大きいモノは、そのぶん含糖量も多いもの。そのため、-の割合が高いほど糖分の多い甘口に、+の割合が高いほど辛口になる傾向があります。

そして「酸度」とは、日本酒に含まれる酸の量を示す数値。酸は日本酒の味にキレやメリハリを生み出すので、酸度が高いほど辛く濃い「濃厚辛口」に、低いほどすっきりと甘い「淡麗甘口」になるとされています。

なお、「日本酒度」の平均値は-1.4~1.4、「酸度」の平均値は1.3~1.5です。ふたつの数値を基準として、高級日本酒の味わいを見分けられます。

香りで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒は、香りや味わいの濃淡により、4タイプに分類されます。「薫酒」とは、香りが強く味わいは軽やかなタイプです。華やかな香りが魅力で、シンプルな味付けの料理と好相性なほか食前酒にもおすすめ。純米大吟醸や大吟醸が該当します。

また、「爽酒」は香りが控えめで味わいも軽やかなタイプ。フレッシュな果物のような、爽やかな香りが特徴です。幅広い料理とのペアリングを楽しめ、普通酒や吟醸が該当します。

「醇酒」とは、香りが控えめで味わいは濃厚なタイプです。米ならではの芳醇な香りが特徴で、さまざまな料理と合わせることが可能。なかでも、肉料理や濃い味付けの料理とは好相性で、純米や本醸造が該当します。

そして、「熟酒」は香りが強く味わいも濃厚なタイプです。ナッツなどのような、深みのある熟成香を楽しめます。合わせられる料理は限られますが、基本的には濃い味付けで油分の多い料理と好相性。古酒や長期熟成酒が該当します。

種類で選ぶ

本醸造酒

By: gekkeikan.co.jp

スタンダードな日本酒として位置付けられている「本醸造酒」。原料は米・米麹・水・醸造用アルコールを使用しており、精米歩合は70%以下。「本造り」や「本仕込み」とも呼ばれるタイプも本醸造酒に該当します。なお、精米歩合を60%以下にしている酒は「特別本醸造酒」というので、区別しておきましょう。

大吟醸酒

By: kamotsuru.jp

原料は米・米麹・水・醸造用アルコールを使用しており、精米歩合は50%以下。酒米をしっかりと磨き、低温でじっくり時間をかけて発酵させる吟醸造りをしているのが特徴です。香り高く、すっきりとした味わいを堪能できるのもポイント。なお、同製法で酒造しつつも、精米歩合が60%以下であれば「吟醸酒」に分類されます。

純米酒

By: ichinokura.co.jp

醸造用アルコールを使用しないで、米・米麹・水のみを原料としたのが「純米酒」。精米歩合の条件は特になく、米の旨みやコクをしっかりと感じられるのが特徴です。

なお、精米歩合は60%以下と規定された酒を「特別純米酒」と呼び、同精米歩合で吟醸造りをしている酒を「純米吟醸酒」、精米歩合50%で吟醸造りをしている酒を「純米大吟醸酒」といいます。

産地や有名銘柄から選ぶ

北海道・東北

By: dewazakura.co.jp

北海道は軽やかですっきりとした淡麗系の日本酒が豊富。東北は6県で220以上の酒蔵を擁するほどで、多種多様な日本酒が揃っています。

代表的な銘柄としては山形の「出羽桜」や「十四代」、宮城の「一ノ蔵」など。最近では青森の「陸奥」なども注目されています。

関東

By: amazon.co.jp

関東はもともと水源が豊富な地域で、華やかなテイストの日本酒から濃厚で芳醇なタイプまで、個性豊かな地酒が揃うエリア。南関東では東京の「澤乃井」や千葉の「甲子」、埼玉では「花陽浴」が定番どころの銘柄として知られています。

また、神奈川には全国でも珍しく酒米栽培から精米、醸造まで一貫した酒造りを展開する泉橋酒造など、個性的な酒蔵があるのもポイントです。

甲信越

By: asahi-shuzo.co.jp

良質な米作りで知られる新潟は蔵元の数と県民ひとり当たりの清酒消費量が日本一。「八海山」や「久保田」「越乃寒梅」など淡麗辛口の銘柄が有名です。

山深い長野は日本アルプスを抱える起伏の大きいエリアで、酒蔵数は新潟に次いで全国2位。山に囲まれた盆地の山梨はワインのイメージが強い地域ですが、繊細な酒質の日本酒も揃っています。

中部・北陸

上質な地酒が多いと評判の中部・北陸エリア。静岡は軟水ならではの柔らかさを感じるのが特徴で、愛知や岐阜は芳醇旨口の日本酒が多く造られています。北信越の福井・石川・富山は全体的に淡麗辛口の日本酒が多く、軽快かつ上品な仕上がり。

日本海側では吟醸酒や純米酒なども揃っています。長年酒造りを続けている酒蔵が多く、伝統的な味を数多く楽しめるのも魅力です。

近畿

By: gekkeikan.co.jp

大阪・京都・兵庫・奈良・和歌山・滋賀・三重の二府五県が入る近畿エリア。特に京都の「伏見」や兵庫の「灘」は酒処として有名です。特に灘地区は最高級の酒米「山田錦」の産地で、生産量は日本一。全国屈指の銘醸の地として知られています。

なお、近畿は食のバラエティに富む地域なので、食文化との結びつきが深いのもポイントです。

中国・四国

By: asahishuzo.ne.jp

中国・四国地方は日本酒発祥地といわれている島根、「獺祭」で有名な山口、酒好きが多いといわれる高知などが含まれるエリア。地域的に中国地方は日本海側がすっきり系、瀬戸内海側は濃厚でコクのある酒が揃っています。
一方、四国地方の瀬戸内側では口当たりの優しい甘口が、太平洋側では辛口が醸されており、バリエーションは多彩です。

九州・沖縄

By: taikokushuzo.com

お酒に関しては九州なら芋焼酎、沖縄なら泡盛と焼酎文化が有名ですが、九州の北部エリアでは昔から米作りと日本酒造りが盛ん。特に、福岡や佐賀を中心に注目されています。

なお、沖縄で清酒を醸す蔵元はうるま市の泰石酒造のみ。「黎明」は日本最南端の日本酒として知られています。ぜひ日本酒党の方は、南国生まれの日本酒も楽しんでみてください。

用途で選ぶ

日本酒は「和」のイメージが前面に出ているので、日本らしさを感じるシーンで楽しむのであれば、伝統的な定番の銘柄がおすすめ。一方、最近は日本酒を楽しむシーンも多様化してきており、これまでのイメージとは異なった日本酒も数多く登場しています。

例えば、とろみのある甘口の日本酒「貴醸酒」や、爽やかな飲み口を楽しめる「りんご酸」の日本酒、乳酸菌を活用した日本酒などがあります。お酒自体が苦手な方は低アルコールの日本酒もアリです。ぜひ、場の雰囲気や食事のテイストなども意識して選ぶようにしましょう。

また、日本酒は自身の家飲み用として購入するのはもちろん、プレゼントとしても適しています。目上の方や年配の方への贈り物としては木箱入りの高級日本酒がおすすめです。女性へのプレゼントであれば、日本酒のスパークリングがおしゃれ。用途に合わせて、ぜひチェックしてみてください。

高級日本酒のおすすめ銘柄

高木酒造 十四代 本丸 秘伝玉返し

米の持つふくよかな甘みとのバランスが絶妙

濃い色合いの瓶に、ゴールドの筆文字があしらわれたラベルが特別感あふれる高級日本酒です。原料には、酒造好適米である五百万石を使用。メロンやグレープフルーツを思わせるようなフルーティーで優しい香りが特徴です。

雑味の少ないクリアな酸味と、米の持つふくよかな甘みとのバランスが絶妙。日本酒が好きな方へのプレゼントや、お祝いの席でのおもてなしにもおすすめです。

小澤酒造 澤乃井 大吟醸 凰

なめらかな味わいと大吟醸らしい華やかな香り

 
気品のある色合いの瓶に、黄色い飾り紐付きでプレゼントにもおすすめの高級日本酒。ラベルは日本の書道界を代表する杭迫柏樹氏によるモノです。

酒造好適米として名高い山田錦を、贅沢にも35%まで磨き上げ使用。低温でゆっくりと発酵させて造られており、大吟醸らしい華やかな香りとなめらかな味わいが楽しめます。

やや辛口ですっきりとしているため、繊細な味わいの和食などと相性ぴったり。また、「ワイングラスでおいしい日本酒アワード2017」にて、金賞を受賞するなど高く評価されている高級日本酒です。

菊水酒造 純米大吟醸 蔵光

フルーティーで華やかな香りとやや辛口な味わい

ダークな色合いの瓶に、金色のモチーフが描かれたスタイリッシュなデザインの高級日本酒。ワインボトルのようなスマートなフォルムも魅力的です。

幻の酒米「菊水」を、23%にまで丁寧に磨き上げているのが特徴。日本酒ながら、りんごや洋梨のようなフルーティーで華やかな香りが楽しめます。

なめらかな口当たりで、やや辛口の味わい。国内だけでなく海外でも評判がよく、国内外問わず取り扱われています。ロンドン酒チャレンジ2020など数々のコンクールで受賞している高級日本酒です。

南陽醸造 花陽浴 純米大吟醸 美山錦 無濾過生原酒

酸味がありながらもコクを感じられる味わい

埼玉県にある南陽醸造が手掛ける高級日本酒。手作りにこだわり、ひとつひとつ丁寧に造られています。酸味がありながらもコクを感じられる味わい。上品な蜜のような甘みが口の中に広がります。

また、果実のようなフレッシュな香りも特徴。プレゼントやお祝いの席などにも、ぴったりな高級日本酒です。

光栄菊酒造 光栄菊 月光

天然乳酸菌を使用した穏やかな香り

2006年に一度廃業したものの、2019年に新たな体制で復活した光栄菊酒造が手掛ける高級日本酒。紺色のラベルに光る「光栄菊」の力強い筆致と、白く輝く三日月のデザインが印象的です。

原料には広島産の八反錦を50%にまで磨き上げて使用。また、天然乳酸菌を使用しており、乳酸菌由来の穏やかな香りときめ細かい酸味が味わえます。

フレッシュでみずみずしく、軽やかな飲み心地ながらも存在感のある高級日本酒です。

八戸酒造 陸奥八仙 華想い40 純米大吟醸

青森県にある八戸酒造が造り上げた高級日本酒。精米歩合40%まで磨き上げた米を使用しているため、雑味の少ないクリアな味わいが楽しめます。

口に含むと、まず感じられるのは芳醇な味わいと華やかな香り。純米大吟醸らしい重さと磨き上げられた清涼感のバランスのよさを楽しめるのも魅力です。日本酒初心者から日本酒ファンまで、幅広い方におすすめの高級日本酒です。

黒龍酒造 黒龍 大吟醸

福井県にある黒龍酒造が造り上げる高級日本酒。力強い「黒龍」の文字や、シックなデザインがクールな印象で、男性へのプレゼントにもおすすめです。

梅の花や沈丁花を思わせるようなエキゾチックで強い香りが特徴。酒造好適米である山田錦を使用しており、きめ細かい味わいが楽しめます。

白身魚の刺身やカルパッチョなど、淡白な味わいの料理と一緒に楽しむのもおすすめ。繊細な香りと味わいで、料理のおいしさがより引き立ちます。

旭酒造 獺祭 磨き二割三分 純米大吟醸

贅沢にも、酒米の山田錦を23%にまで磨き上げて造られた高級日本酒。器に注ぐと、華やかな香りが立ちのぼります。

口に含んだときに、まず感じられるのはハチミツを思わせるような優しい甘み。あとからほのかな酸味が全体を引き締め、爽やかな後口と繊細な余韻が味わえます。

濃い色合いの瓶に「獺祭」の大きな文字が光るラベル、瓶の口もとにあしらわれた飾り紐など、高級感あふれるデザインも魅力。プレゼントにもおすすめの高級日本酒です。

剣菱 瑞祥黒松剣菱

酒どころ灘の酒蔵「剣菱」の高級日本酒。兵庫県で栽培された酒造好適米「山田錦」を使用し、5年以上かけてじっくりと熟成した古酒を厳選してブレンドした製品です。

うまみが抜けてしまわないようにろ過しているため、液色が若干黄色味がかっているのが特徴。まろやかな口当たりで飲みやすいのも魅力です。

また、飲み干したあとにも余韻が長く残り、濃厚な味わいが楽しめます。500年以上守り続けている伝統的な味を味わえる、おすすめの高級日本酒です。

月桂冠 超特選 鳳麟 純米大吟醸

深い色合いの瓶に、迫力のあるゴールドのラベルが印象的な高級日本酒。目上の方へのプレゼントやお祝いの品にもおすすめです。

原料米には、酒米の王様とも呼ばれる山田錦と、すっきりとした後味が特徴の五百万石の2種類をブレンドして使用。低温で、時間をかけて発酵させることにより豊かな香りと風味に仕上がっています。

純米大吟醸らしい、華やかな香りとコクのある味わいも魅力です。辛口の味わいを存分に楽しむためにも、しっかりと冷やして飲むのがおすすめ。モンドセレクションで5年連続金賞を受賞しており、国内外を問わず人気の高級日本酒です。

石本酒造 越乃寒梅 特選 吟醸酒

軽やかな飲み口が楽しめる高級日本酒。兵庫県産の山田錦をおよそ半分になるまで磨き上げて使用しています。

吟醸酒らしいほのかな香りと、なめらかでまるみのある味わいが特徴。口に含むと、うまみがじんわりと広がります。食事と合わせて楽しむのもおすすめです。

おすすめの飲み方は香りや味わいが広がりやすい常温やぬる燗。ふくらみのある上品な風味をじっくりと味わってみてください。

一ノ蔵 純米大吟醸 笙鼓

華やかな味わいで、プレゼントにもおすすめの高級日本酒。瓶全体が白い和紙でおおわれており、力強い筆致のラベルがいっそう際立ちます。

最高峰の酒米といわれる山田錦を、35%にまで磨き上げ、低温発酵させて造られているのが特徴。口に含むと、まずはフルーツを思わせるような甘みが広がり、さらにうまみ、酸味が重なったバランスのよい味わいが楽しめます。

上品な味わいと、華やかな香りが楽しめる純米大吟醸。南部杜氏自醸清酒鑑評会で2度の「首席」に選出されるなど高い評価を獲得しています。繊細な味わいを存分に楽しむためにも、よく冷やして飲むのがおすすめです。

出羽桜酒造 出羽桜 桜花吟醸 本生

小さな桜が舞い散るラベルがかわいい高級日本酒。吟醸酒のパイオニアと呼ばれる桜花吟醸酒を、加熱殺菌せずに生のまま瓶詰めした製品です。

本来ならば蔵でしか味わえない生酒を、1年を通してさまざまな場所で楽しんでもらいたいとの思いから、1982年より生酒出荷のための努力をしてきた出羽桜酒造。真夏でも-5℃を保つ冷蔵設備を作ることで、良好な状態の生酒を出荷しています。

味わいは甘すぎず辛すぎず、飲みやすい中口。やや淡麗で、ふくよかな味わいが特徴的です。料理との相性もよく、柔らかな口当たりが楽しめるのも魅力です。しっかり冷やして飲むと、本製品の持つ味わいがより引き立ちます。

雪椿酒造 越乃雪椿 月の玉響 純米大吟醸

新潟県にある酒蔵「雪椿酒造」が醸造する高級日本酒。あえて機械化を進めず、昔ながらの手造り製法で酒造りを行っています。

酒造の最高峰といわれる山田錦を丹念に磨き上げ、低温でじっくりと熟成させているのが特徴。純米大吟醸ならではの華やかな香りと、クリアで力強い味わいが魅力です。

プレゼントやお祝いの品にも適しています。また、自宅で贅沢なひとときを味わいたい方にもおすすめです。

賀茂鶴酒造 特製ゴールド賀茂鶴 大吟醸 GK-B1

ぽってりとした独特なフォルムの瓶に、ゴールドのラベルがあしらわれた高級日本酒。広島県の豊かな自然で育まれた酒造好適米を使用し、丹念に磨き上げて仕込んだ製品です。

大吟醸としては控えめな香りですが、しっかりとした味わいが魅力。中には桜の形に切り取られた金箔が入っており、テーブルを華やかに演出するためお祝いの席にもおすすめです。

おすすめの飲み方は冷やか常温。白身魚の塩焼きやお造りなどと合わせると、よりおいしさが引き立ちます。

泰石酒造 黎明 本醸造

日本最南端・沖縄唯一の酒造である泰石酒造の高級日本酒。グリーンの瓶に、浮世絵の人物が描かれたラベルが印象的です。

冬場でも気温の高い沖縄では清酒の醸造が難しいとされていましたが、長崎県の黎明酒造より技術を伝達され昭和42年に製造が始まりました。「黎明」の名を冠する本製品は、泰石酒造の代表作として愛飲されています。

辛口ながらも本醸造らしいすっきりさとコクがあり、ほのかな甘みを感じられるのも魅力。珍しい沖縄産の日本酒を飲んでみたい方におすすめの高級日本酒です。

八海醸造 八海山 貴醸酒

小さな瓶に詰められた、上品なたたずまいの高級日本酒。本製品は三段仕込みの最終段階である「留仕込み」において、仕込み水の代わりに清酒を使用して仕込まれた貴醸酒です。

熟成前のお酒を瓶詰めしてあるため、できたての爽やかな口当たりと上品な甘さが楽しめるのも魅力。また、徐々に液色が琥珀色に変わっていく様子や、熟成してゆく変化を楽しめます。

存在感のある芳醇な味わいは、食前酒や食後酒にぴったり。しっかり冷やしてストレートで飲んだり、オンザロックにしたりするほか、デザート感覚でアイスクリームにかけて味わうのもおすすめです。

朝日酒造 久保田 純米大吟醸

一見日本酒には見えないモダンなデザインが魅力的な高級日本酒。乾杯酒としても楽しめるため、パーティーや食事会の手土産にもおすすめです。

酒造好適米である五百万石を、50%にまで磨き上げて使用しているのが特徴。メロンや洋ナシを思わせるようなフルーティーで香りが楽しめます。

雑味のない、流れるような余韻とすっきりとしたキレのよさも魅力。飲みやすく、日本酒ビギナーから愛好家の方まで幅広く楽しめる製品です。おすすめの飲み方は冷酒で、華やかな香りと爽やかな口当たりがより引き立ちます。

飯沼本家 純米吟醸 きのえねアップル 生 甲子林檎

クリアな瓶に真っ赤なリンゴのタグがおしゃれな高級日本酒。需要期が冬に集中しがちな日本酒業界において、夏に楽しめるモノを作りたいという思いから開発された製品です。

リンゴ酸を使用しており、爽やかな酸味と香りが味わえるのが本製品の大きな特徴。甘みと酸味のバランスがよく、すっきりとした余韻が味わえます。

軽やかな口当たりで飲みやすいのも魅力。しっかり冷やして飲むとさらにおいしさが引き立ちます。日本酒の新しい可能性を感じさせる、カジュアルテイストの高級日本酒です。

遠藤酒造場 彗 シャア BENNETT 中取り 純米大吟醸

ダークな色合いの瓶に、流れるような「彗」の字をデザインしたラベルがシックな印象の高級日本酒。長野県にある遠藤酒造場の日本酒です。

「あらばしり」と「責め」を除いた、香りと味わいのバランスが一番よい部分だけを集めているのが特徴。酒造好適米である美山錦を使って丹念に仕込んでいます。

純米大吟醸らしい、フルーティーで華やかな香りが魅力。雑味が少なく、クリアな味わいと米の優しい甘みが楽しめます。後味がすっきりとしているため、食中酒としてもおすすめです。

酔鯨 純米吟醸 吟麗

シンプルな瓶に鯨のラベルがあしらわれたデザインが特徴的な高級日本酒。原料米には北海道産の吟風を50%まで磨き上げて使用し、低温でじっくりと熟成させています。

酔鯨独特の酸味や苦味などが複雑に絡み合っており、幅広い味わいを楽しめるのが魅力。従来のキレがよく、すっきりとした酸味を残したまま、米本来のうまみを引き立てる芳醇辛口に仕上げています。繊細な味わいを堪能するためにも、しっかり冷やして飲むのがおすすめです。

香りは控えめで、料理の邪魔をしにくいため食事と一緒にたしなむのにもぴったり。手土産にしたり、自宅で少し贅沢な晩酌をしたりする際にもおすすめです。