安くて美味しいコスパの高い「日本酒」は、気軽に楽しめるのが最大のメリット。気になる銘柄も試しやすく、飲み比べをしながら好みの味が探せるのも魅力です。安い日本酒というと、雑味のある飲みづらい味わいをイメージしがちですが、低価格でも良質な原料を使用した風味豊かな日本酒が数多くラインナップされています。

そこで今回は、コスパのよい日本酒を厳選してご紹介。好みや目的に合わせて、気軽に美味しく楽しめる日本酒選びの参考にしてみてください。

コスパ最強の日本酒の選び方

日本酒の種類としては純米酒を選ぼう!

By: amazon.co.jp

日本酒のなかで、比較的リーズナブルな価格で入手できるのが純米酒。醸造アルコールを使用せず、米・米麹・水のみを原料とした日本酒です。米の香りや旨みが際立ち、原料のシンプルな風味が活かされた銘柄が豊富に揃っています。

また、純米酒には米をどれだけ磨いたかを表す精米歩合に規定がありません。精米歩合の数値は、低ければ低いほどよく磨かれた米であることを表しています。吟醸酒では60%以下、大吟醸酒では50%以下という基準があり、一般的に雑味のないスッキリとした味わいです。ただし、精米には手間やコストがかかるため高価になる傾向があります。

精米歩合に規定のない純米酒は、比較的手頃な価格に抑えられている銘柄が多く、コスパのよい日本酒としておすすめ。米本来の味わいがストレートに生かされた日本酒なので、原料によって異なる風味が楽しめるのも魅力です。

味わいで選ぶ

By: amazon.co.jp

高級な日本酒の味わいは、一般的に雑味が少なくクリアで爽やかな味わいであると言われていますが、味の好みや感じ方は千差万別。リーズナブルな日本酒のなかにも、濃厚で芳醇な味わいからキレのあるスッキリとした味わいまで、さまざまなタイプがあります。

特に、大人数で日本酒を楽しみたいときはクセの少ない飲みやすいタイプを選ぶのがおすすめ。また、料理との相性や熱燗なのか冷酒なのかなど、シーンや飲み方に合わせて選ぶことで日本酒がより美味しく味わえます。

コスパの高い日本酒は、毎日気軽に楽しめるのが魅力。味わいのバリエーションも豊富なので、飲みすぎには十分注意しつつぜひ好みの1本を見つけてみてください。

コスパ最強の日本酒おすすめ|飲みやすい

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸

白瀧酒造 上善如水 純米吟醸

キレのあるのど越しと爽やかな味わいが特徴で、まさに水の如く澄み切った日本酒として人気の上善如水。華やかな香りと柔らかい旨みはさまざまなジャンルの料理と調和します。クセの少ない飲みやすい味わいなので、プレゼントにも最適です。

製造は1855年創業の老舗蔵元である白瀧酒造。本銘柄は1990年の発売以降、蔵元を代表する銘柄として長きにわたり愛飲され続けています。フルーティーで華やかな香りが感じられるため、日本酒好きの方はもちろん、初めての方でも飲みやすいのが魅力です。冷酒で飲むと、爽やかで軽快な味わいがさらに引き立ちます。

辰馬本家酒造 黒松白鹿 純米吟醸

辰馬本家酒造 黒松白鹿 純米吟醸

上品で華やかな香りが特徴の純米吟醸酒。高級感のあるゴールドのラベルが目を引きます。クセが少なくスッキリとした味わいで、料理とともに楽しむ食中酒としておすすめ。冷酒で飲めば、程よい甘さと爽やかな後味が引き立つのが特徴です。また、ワイングラスに注ぐとフルーティーな吟醸香が楽しめます。

蔵元の辰馬本家酒造は350年以上の歴史を持ち、良質な水と米を原料としたさまざまな日本酒を醸造。毎日気軽に楽しめる日本酒から、贈答用の高級日本酒までが豊富に揃っています。

コスパ最強の日本酒おすすめ|辛口

諸橋酒造 越乃景虎 純米酒

諸橋酒造 越乃景虎 純米酒

端麗辛口のスッキリとした口当たりながらも、米の旨みが十分に堪能できる純米酒。清冽でまろやかな軟水を仕込み水とした日本酒で、上品で優しい飲み口に仕上がっています。

醸造する諸橋酒造は、新潟県のほぼ中央にある豪雪地帯としても知られる長岡市で1847年に創業しました。厳しい寒さは酒造りにとって最適の自然環境。本銘柄も飲みやすさと味わい深さのバランスに優れた、新潟を代表する名酒として高い人気を誇ります。

大七酒造 大七純米生もと

大七酒造 大七純米生もと

濃厚な味わいとキレのある後味が魅力の生もと造りの日本酒。生もと造りとは、自然の力を利用した、伝統的な日本酒の造り方のことです。

生もと造りは人工の乳酸を使用せず、蔵に生息している乳酸菌を取り込み自然の力で乳酸を作る製法。一般的に複雑で力強く、濃醇な味わいの日本酒に仕上がると言われています。

中辛口の本銘柄は口当たりがよく、さまざまな料理と一緒に楽しめる食中酒として最適。冷やでも美味しく飲めますが、よりまろやかな甘みと豊かな旨みを味わうために常温やぬる燗で飲むのがおすすめです。

コスパ最強の日本酒おすすめ|旨口

石川酒造 多満自慢 純米無濾過

石川酒造 多満自慢 純米無濾過

できたての繊細な味わいが楽しめる無濾過の純米酒。豊かなコクとまろやかな甘みがありながら、リーズナブルな価格で入手できるコスパに優れた日本酒です。国内のさまざまな鑑評会やコンテストでの入賞歴があり、冷やでもお燗でも美味しい日本酒として定評があります。

石川酒造は東京都福生市に酒蔵を構え、日本酒造りに使用する仕込み水は、敷地内の地下150mより汲み上げている天然水を使用。仕込みは寒造りと呼ばれる、酒造りに最も適した秋から初春の頃に行われています。米の旨みと甘みがしっかりと感じられる丁寧に醸された日本酒です。

菊水酒造 菊水の純米酒

菊水酒造 菊水の純米酒

米の旨みが十分に引き出された濃厚な味わいながらキレのある飲み口が魅力の日本酒。さまざまなジャンルの料理と一緒に楽しめる、バランスのよさが魅力です。冷やで飲めばスッキリとした口当たりが、お燗で飲めば旨みやコク、奥深い味わいが堪能できます。

また、本銘柄は火入れをしない生詰製法が採用されているのも魅力のひとつ。一般的な日本酒のように酵母を殺菌しないため、フレッシュな風味が感じられます。

コスパ最強の日本酒おすすめ|フルーティー

小嶋総本店 東光 純米吟醸原酒

小嶋総本店 東光 純米吟醸原酒

フルーティーな香りや甘み、旨みが魅力の日本酒。本銘柄は、加水を行わない原酒でありながらアルコール度数は16%ほどに抑えられており、キレのある後味も楽しめます。

小嶋総本店は1597年に豪雪地帯としても知られる山形県米沢市で創業。原料となる酒米は、仕込み水と同じ最上川源流の清らかな水を水源としています。華やかな香りと優しい甘みを楽しむために、11℃程度の冷やで飲むのがおすすめです。

菊正宗酒造 上撰 純米酒 香醸

菊正宗酒造 上撰 純米酒 香醸

1659年創業の日本を代表する老舗蔵元である菊正宗酒造が製造する、華やかな香りと爽やかな飲み口が特徴の日本酒です。独自に開発した酵母により、純米酒ならではの旨みと大吟醸のような華やかな香りを楽しめるのが魅力。7℃程度に冷やして飲むと、よりフルーティーな香りが堪能できます。

スッキリとした飲み口で料理との相性もよく日本酒を飲み慣れない方にも最適。冷蔵庫で冷やしワイングラスに注いで香りを楽しむのもおすすめです。

コスパ最強の日本酒おすすめ|熱燗向け

末廣酒造 伝承山廃純米 末廣

末廣酒造 伝承山廃純米 末廣

酸味と甘みのバランスに優れた山廃造りの日本酒です。山廃とは生もとから派生した日本酒の造り方。米をすり潰すという重労働に代わり、麹の力でじっくりと米を溶かす山廃は、生もとと同様に深い旨みとコクのある力強い味わいが特徴。

本銘柄もまろやかな深みのある味わいながら、キレのある飲み口が魅力の日本酒です。30~45℃のぬる燗で味わえば、より豊かな風味が楽しめます。

宮坂醸造 真澄 純米酒 奥伝寒造り

宮坂醸造 真澄 純米酒 奥伝寒造り

穏やかな香りとスッキリとした飲み口で、食事とともに気軽に楽しめる味わいの日本酒。使用している真澄オリジナルの七号酵母は、落ち着いた香りとバランスのとれた味わいの日本酒を醸す酵母として、全国で根強い人気があります。お燗にすると優しい甘みがさらに引き立ち、ふくよかな旨みが楽しめるのでおすすめです。

酒米は、長野県産の美山錦やひとごこちをはじめとする良質な米を使用。仕込み水は、諏訪地方の名水である霧ヶ峰伏流水や入笠山伏流水が使われています。熟練した職人が丁寧に醸すコスパのよい日本酒です。