寒い季節にお店で頼む方も多い熱燗。熱燗とは日本酒を温めて飲むことを指し、常温や冷酒とはまた異なった味わいを楽しめるため人気の高い飲み方です。気温の低い日に熱燗を飲むことで体の芯から温まれる上、冬の風物詩としても楽しめます。

そんな熱燗ですが、具体的にどんな日本酒が向いているのかは案外知られていません。今回は、熱燗に適したおすすめの日本酒をご紹介。熱燗好きの方はもちろん、あまり飲んだことのない方もぜひ試してみてください。

熱燗とは?

熱燗とは、温めた日本酒を差す言葉であり、特に寒い時期に好まれる日本酒の飲み方です。日本酒は冷や、常温、熱燗など、温度によって味わいが変化するのが特徴。日本酒を温めることを「お燗する」と言い、熱燗にすることで風味がよくなる日本酒を「燗上がりする酒」と呼びます。

一般的には、旨味や酸味が多く味のしっかりした日本酒が熱燗向きです。また、熱燗は温めた日本酒全般を指す場合もありますが、正確には温度ごとに呼び方があり、50℃前後を熱燗、45℃前後を上燗、40℃前後をぬる燗、35℃前後を人肌燗と言います。

それぞれの日本酒には魅力が際立つ温度があるので、蔵元の勧める温度を参考にしながら適した温度に調節することが大切です。熱燗は日本酒をより深く楽しめる飲み方であり、合わせる料理の幅も広がります。飲んだことのない方も、この機にぜひ試してみてください。

熱燗におすすめの日本酒の選び方

味で選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的に、熱燗に向いていると言われるのは旨味や酸味が強く、どっしりとした味わいの日本酒です。濃醇なタイプの日本酒は温めることで風味が引き立ち、味わいのキレが増します。

反対に、熱燗向きでないと言われるのは華やかな香りの吟醸酒や、フレッシュな味わいを楽しめる生酒。これらの日本酒は、常温や冷やで飲む方が本来の魅力を楽しめます。

しかし、これはあくまでも傾向です。吟醸酒や生酒の中にも熱燗に向いていると評される日本酒はあるので、参考にしつつ幅広く試してみるのもよいでしょう。

酸度で選ぶ

熱燗に向いている日本酒を選ぶには、酸度もポイント。酸度が高いモノの方が熱燗に適している傾向がありおすすめです。

酸度とは、日本酒の味わいに酸味や旨味をもたらす有機酸の量を表す数値。酸度が高いと、甘味が少なくコクや辛味を感じやすくなり、酸度が低いと甘く淡麗に感じやすくなります。

コクのある日本酒は、温めても味わいのバランスが崩れにくいのが特徴。酸度は日本酒を選ぶ上で指標となる数値のひとつなので、ぜひチェックしてみてください。

純米酒か本醸造酒かで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒には本醸造酒、純米酒、吟醸酒など、さまざまな種類があります。中でも熱燗向きとされるのは、純米酒系の日本酒です。米本来の旨味が追求されたタイプで、熱燗にするとより旨味や風味を引き出せます。

特に、旨味が強いとされる「生もと造り」や「山廃仕込み」は熱燗に適しているのでおすすめです。また、純米酒は温めすぎると辛くなるとも言われ、まろやかな味わいが好きな方は本醸造酒系の日本酒がよいでしょう。

本醸造酒は、しっかりと温めても旨味や香りが損なわれにくいのが魅力。お燗の中でも温度の高い熱燗が好きな方は、あわせてチェックしてみてください。

熱燗におすすめの日本酒

一ノ蔵 特別純米酒 辛口

すっきりとした味わいで、飲み飽きしない辛口特別純米酒です。お燗はもちろん、冷やでもおいしくいただけます。全国燗酒コンテスト2017「お値打ちぬる燗部門」で最高金賞を受賞しており、特にぬる燗がおすすめです。

上品で深みのある辛口を楽しめる日本酒で、温めると甘い香りや米本来の旨味が際立ちます。価格もお手頃なため、寒い時期の晩酌用に購入するのもおすすめ。ぬる燗が好きな方にぜひ試してもらいたい日本酒です。

大七酒造 大七 純米 生もと

「燗酒日本一」とも称される人気の日本酒です。冷やから熱燗まで幅広い温度で楽しめる上、どんな料理にも合わせやすいオールマイティーな名酒。生もと造りが得意な蔵元による生もと純米酒で、上品な香りや熟成したコクと酸味のバランスが絶妙です。

温めると豊かな旨味が引き出され、まろやかで深みのある味わいが楽しめます。特に、ぬる燗や上燗で飲むのがおすすめ。「燗上がり」する日本酒として有名です。酸度は1.8とやや高く、後味のキレにも優れています。

日本酒には珍しく、こってりとした料理にも合うと評判です。脂ののった魚や茶碗蒸し、シチューなど、脂っぽい料理やクリーミーな料理に合わせるのもおすすめ。お燗酒として定番の日本酒なので、ぜひ試してみてください。

司牡丹 船中八策

司牡丹は創業1603年の歴史をもつ、高知を代表する蔵元。この日本酒は、坂本龍馬が記した新国家体制の基本方針「船中八策」から名を取った純米辛口酒です。超辛口とも評される日本酒で、辛口の王道的味わいを楽しめます。

滑らかでさらりとキレがよく、バランスの取れた飲み口が魅力。熱燗はもちろん、常温や冷やでもおいしくいただける日本酒です。刺身などの魚介料理に合わせると、互いのよさを引き出せます。

辛口が好きな方や、高知にゆかりのある日本酒を用意したい場合などにおすすめ。感上がりするお酒として定評のある日本酒です。

神亀酒造 神亀 純米酒

熱燗向きの辛口を探している方におすすめの日本酒です。2年以上常温で熟成させており、濃厚かつまろやかな飲み口が魅力。日本酒はお燗の最適な温度が一肌燗から上燗の間とされるモノも多いですが、「新亀」はしっかりと50℃前後まで温めた、いわゆる「熱燗」に適しています。

そのため、寒い時期に熱々の日本酒を飲みたい場合におすすめ。高い温度まで温めても味や香りのバランスが崩れることなく、すっきりとした甘味を楽しめます。

仁井田本家 にいだしぜんしゅ 燗誂

山廃仕込みの純米酒です。窯元は1711年創業の長い歴史をもち、原料にこだわった健康によいお酒造りを行なっているのが特徴。この「燗誂」は1年の熟成期間を設けており、深みのある味わいが魅力です。

酸度は1.8と高めですが、燗上がりする甘口酒。お燗することで、常温よりも豊かな旨味や香りを楽しめます。ぬる燗から熱燗までおいしくいただけるのもポイント。アルコール度数が13.8と低めで、甘味を感じられる飲み口であるため、お酒にあまり強くない方にもおすすめです。

名倉山 純米酒 月弓

会津若松の有名な蔵元による名酒です。「インターナショナル・ワイン・チャレンジ2018」の純米酒部門で最高賞を受賞しています。2種類の酵母を使用しており、華やかさとふくよかさを備えたバランスのよい味わいが魅力です。

冷やや常温はもちろん、ぬる燗程度に温めてもおいしい辛口酒。穏やかな飲み口を楽しめる注目の日本酒です。

龍力 生酛仕込み 特別純米酒

さまざまな日本酒コンテストで賞を獲得している、生もと仕込みの特別純米酒です。日本酒造りに適していることで知られる山田錦を採用し、中でも最高級の特上米を100%使用。日本料理全般と合う味わいです。

日本酒はお燗すると香りが強くなりがちですが、穏やかな米本来の香りを楽しめます。しっかりと温めた熱燗におすすめの日本酒です。

嘉美心 本醸造 秘宝

厚みのある旨口が魅力の日本酒。滑らかな甘みと酸味が見事に調和しており、日本酒愛飲家に長い間愛されているベストセラーです。さまざまな日本酒コンテストで受賞し、高い評価を受けています。

冷やから熱燗まで幅広く楽しめますが、おすすめはぬる燗。米本来の旨味とキレのよい後味を楽しめます。合う料理が幅広いのもポイント。熱燗向きのおいしい本醸造酒を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

尾畑酒造 真野鶴 辛口 鶴 本醸造

全国新酒鑑評会で6年連続金賞を受賞した蔵元による日本酒です。温めても甘味や酸味のバランスが崩れにくく、熱燗やそれ以上の高い温度でもおいしくいただけると、日本酒愛飲家から高く評価されています。

寒い時期にしっかりと熱した日本酒を飲みたい、という方におすすめ。淡麗辛口と評されるすっきりとした味わいで、幅広い料理に合います。リーズナブルなため日々の晩酌用にも最適であり、多くの方に試してもらいたい日本酒です。

加藤嘉八郎酒造 大山 特別純米酒 十水

「燗酒コンテスト2014プレミアム燗酒部門」での最高金賞をはじめ、数々の日本酒コンテストで賞を獲得している日本酒です。豊かな米の旨味と濃醇な酸味に加え、厚みのある甘味が感じられます。調和のとれた味わいであり、ボリュームや膨らみも感じられる飲み口です。

冷やから熱燗まで幅広い温度で楽しめる点もポイント。ぬる燗では優しい甘味が、熱燗では力強さと厚みが増します。酸度は1.9前後です。日本酒には珍しく、肉料理やクリーム系などの味がしっかりした料理との相性に優れています。熱燗向きの特別純米酒としておすすめです。

久寿玉 特別本醸造 飛騨乃辛燗

By: kusudama.ocnk.net

辛口の日本酒が好きな方におすすめの特別本醸造酒です。熱燗のために造られた日本酒で、温めることでキレが増し口当たりのよい辛さを味わえます。岐阜県の酒造好適米「ひだほまれ」を用いており、良質な米による調和のとれた旨味と酸味が魅力です。

蔵元のおすすめはぬる燗ですが、上燗や熱燗など温度の高いお燗も人気。シャープなキレとふくよかな旨味を楽しめる、濃醇辛口の日本酒です。

男山 生酛 純米酒

蔵元独自の酵母を用いた、生もと造りの特別純米酒です。北海道旭川の蔵元で作られた日本酒で、同蔵元のロングセラー。キレのよい辛口と深みのある米の旨味を味わえます。味のバランスがよく、飲み飽きしにくいのも長所です。

冷やでは爽やかな飲み口が楽しめ、熱燗では甘味と旨味が増して心地よい余韻を楽しめます。幅広い温度でおいしくいただけるだけでなく、さまざまな料理と相性がよいのもポイント。生もと造りの日本酒を探している方におすすめの辛口酒です。

飛良泉 囲炉裏酒

秋田の山廃蔵による、熱燗のために造られた山廃仕込み純米酒です。「山廃酒母四段仕込み」を採用しており、強い旨味と酸味が感じられ、濃醇で迫力のある味わいが魅力。コシの強さと山廃仕込みらしい酸味によって、ぬる燗から熱燗まで幅広い温度で楽しめます。

酸度が2.3と高いのも特徴。おすすめは熱燗にして煮込み料理など味付けの濃い料理と合わせる飲み方です。山廃仕込みによる濃醇な辛口酒を探している方は、ぜひチェックしてみてください。

はぎの露 山廃純米 無ろ過原酒

山廃仕込みによる特別純米酒で、無ろ過原酒と呼ばれる日本酒を蔵内で二夏じっくり熟成させた限定品です。クリーミーな香りやふっくらとした旨味が楽しめます。心地よい余韻ののち、すっきりとキレる後味のよい飲み口も魅力です。

濃醇な旨味と酸味、苦味が調和した贅沢な日本酒。熱燗や、飛び切り燗と呼ばれる55℃前後の熱い温度で飲むのがおすすめです。限定品ならではの味わいを試したい方や、日本酒好きへの贈り物にぜひ検討してみてください。

大雪渓 吟燗

信州安曇野に位置する蔵元の純米吟醸酒です。吟醸酒でありながらお燗を楽しめるレアな日本酒で、控えめな香りと味に幅のあるお酒に仕上がっています。

「全国燗酒コンテスト2017プレミアム燗酒部門」で金賞を受賞しており、その実力は折り紙つき。温めることで広がる旨味を楽しめます。醤油や味噌など味の濃い味付けの料理との相性が抜群。吟醸酒を熱燗で飲みたい方におすすめの、贅沢な日本酒です。