寒い季節にお店で頼む方も多い熱燗は、日本酒を温めて飲むことを指し、常温や冷酒とはまた異なった味わいを楽しめるため人気の高い飲み方です。気温の低い日に熱燗を飲むことで体の芯から温まれる上、冬の風物詩としても楽しめます。

そんな熱燗ですが、具体的にどんな日本酒が向いているのかは案外知られていません。今回は、熱燗に適したおすすめの日本酒をご紹介。熱燗好きの方はもちろん、あまり飲んだことのない方もぜひ試してみてください。

熱燗とは?

熱燗とは、温めた日本酒を差す言葉であり、特に寒い時期に好まれる日本酒の飲み方です。日本酒は冷や、常温、熱燗など、温度によって味わいが変化するのが特徴。日本酒を温めることを「お燗する」と言い、熱燗にすることで風味がよくなる日本酒を「燗上がりする酒」と呼びます。

一般的には、旨味や酸味が多く味のしっかりした日本酒が熱燗向きです。また、熱燗は温めた日本酒全般を指す場合もありますが、正確には温度ごとに呼び方があり、大まかには55℃以上をとびきり燗、50℃前後を熱燗、45℃前後を上燗、40℃前後をぬる燗、35℃前後を人肌燗、30℃前後を日向燗と言います。

それぞれの日本酒には魅力が際立つ温度があるので、蔵元の勧める温度を参考にしながら適した温度に調節することが大切です。熱燗は日本酒をより深く楽しめる飲み方であり、合わせる料理の幅も広がります。飲んだことのない方も、この機にぜひさまざまな種類の日本酒を試してみてください。

熱燗におすすめしたい日本酒の選び方

燗の種類で選ぶ

日向燗、人肌燗、ぬる燗におすすめの日本酒

30~40℃のほんのりと温かさを感じる日向燗、人肌燗、ぬる燗は、日本酒のまったりとした味わいをより強く引き出し、甘みとコクをじっくりと味わえる温度帯。これらの燗におすすめなのは、純米酒、本醸造酒といった精米歩合が低めの日本酒です。

精米歩合とは、いわゆる「米の磨き度合い」のこと。元の米に対しての重さの比率を指すため、「精米歩合70%」の場合玄米の70%の重さになるまで磨かれているということを指します。純米酒や本醸造酒は磨きが少なく、米本来の味をより強く感じられる日本酒です。

純米酒は精米歩合が何%という決まりがなく米と米麹だけを使った種類で、どっしりとした素朴さがよい味わいを出しています。本醸造酒は精米歩合70%以下で醸造アルコールを加えているので、すっきりとした味わいです。すこしだけ燗をすることで、やや無骨ともいえる特徴がやわらぎ、芳醇な味わいが楽しめます。

上燗、熱燗、とびきり燗におすすめの日本酒

45℃前後の上燗は、ふんわりとした湯気が舞い日本酒の香りと味わいがより強く感じられる温度帯。おすすめは、米のうまさをストレートに感じられる純米酒です。

50℃前後の熱燗は、燗をするのに最もベーシックな温度。甘さが出すぎないようややすっきりとした飲み口にする、純米酒に醸造アルコールを加えた本醸造酒がおすすめです。熱燗にすることで、醸造アルコールの透明感のある味わいと共に日本酒らしいふっくらした米の香りが広がります。

55℃以上のとびきり燗と呼ばれる飲み方は、アルコールが強調されるのでシャープな香りときりりとした辛口が楽しめるため、純米酒や本醸造酒がおすすめ。時間経過により冷えていくことで、日本酒の違ったうまさが味わえるのも魅力です。

なお、純米酒などの特定名称酒に属さない「普通酒」という種類もあります。紙パックなどで売られている、手ごろな価格の日本酒の多くは普通酒にあたります。いわゆるテーブルワイン感覚で楽しめる普通酒は、さまざまな燗の温度で好きに楽しむのがおすすめです。

味わいで選ぶ

By: amazon.co.jp

一般的に、熱燗に向いていると言われるのは旨味や酸味が強く、どっしりとした味わいの日本酒です。濃醇なタイプの日本酒は温めることで風味が引き立ち、味わいのキレが増します。

反対に、熱燗向きでないと言われる日本酒は華やかな香りの吟醸酒や、フレッシュな味わいを楽しめる生酒。これらの日本酒は、常温や冷やで飲む方がおすすめです。

しかし、中には吟醸酒や生酒の中にも熱燗に向いていると評される日本酒はあるので、さまざまな日本酒を熱燗で試してみることをおすすめします。

酸度で選ぶ

熱燗に向いている日本酒を選ぶには、酸度もポイント。酸度が高い日本酒の方が熱燗に適している傾向がありおすすめです。

酸度とは、日本酒の味わいに酸味や旨味をもたらす有機酸の量を表す数値。日本酒の酸度が高いと、甘味が少なくコクや辛味を感じやすくなり、日本酒の酸度が低いと甘く淡麗に感じやすくなります。

コクのある日本酒は、温めても味わいのバランスが崩れにくいのが特徴。酸度は日本酒を選ぶ上で指標となる数値のひとつなので、ぜひチェックしてみてください。

純米酒か本醸造酒かで選ぶ

By: amazon.co.jp

日本酒には本醸造酒、純米酒、吟醸酒など、さまざまな種類があります。中でも熱燗向きとされるのは、純米酒系の日本酒です。日本酒の米本来の旨味が追求されたタイプで、熱燗にするとより旨味や風味を引き出せます。

特に、旨味が強いとされる「生もと造り」や「山廃仕込み」は熱燗に適しているのでおすすめです。また、純米酒は温めすぎるとアルコールが強調されてしまい辛くなるとも言われているため、まろやかな味わいが好きな方は本醸造酒系の日本酒がおすすめ。

本醸造酒は、しっかりと温めても旨味や香りが損なわれにくいのが魅力です。燗の中でも温度の高い熱燗の日本酒が好きな方は、あわせてチェックしてみてください。

熱燗におすすめの日本酒

大七酒造 大七純米生もと

昔ながらの製法「生もと(きもと)」づくりで製造された純米酒。一般的なつくり方の日本酒に比べると、どっしりとしたコクのある味わい深さが特徴です。温めて飲むことで、ふわりとした香りとまろやかな味が舌に染み入ります。それでいてキレがよくなるため、まさに燗向けの日本酒と言えるでしょう。

ちなみに生もとづくりの場合、米と米麹と水を原料に、日本酒づくりに大切な「乳酸」を自然界から取り入れて1から育てるところから始めます。菌が発酵を繰り返すため、酒の元である酒母ができるまでに4週間もかかる製法です。

現在主流の「速醸酛(そくじょうもと)」製法では、すでに出来上がった乳酸を使うためこの工程が省かれ、わずか2週間で酒母を作ることが可能。そのため、生もとづくりはパワフルで野性味のある味、速醸酛はすっきりと透明感のある味になりやすいと言われます。

さっぱりめの和食はもちろん、肉じゃがやぶりの照り焼きをはじめとする濃いめの和食にもピッタリ。強く芳醇な味わいで、料理を上手に引き立てる日本酒です。

飛良泉本舗 飛良泉 山廃純米酒

極寒の地秋田で、きめ細やかな手仕事によって作られる山廃(やまはい)仕込みの山廃純米酒。生もとづくりと違う点は米をすりつぶす「山卸(やまおろし)」作業を廃止していることです。

山廃仕込みは、材料の投入順序を変えることで山卸作業をしなくても問題なく酒母が出来上がることを発見し、新たに取り入れられた手法。そのため酒母の出来上がりまでには生もとづくりを同じく4週間かかり、どっしりと芳醇な日本酒に仕上がっています。

アミノ酸が多いのでまろやかな味わい。さらに乳酸もしっかりあるので、冷たくして飲むとやや酸味を感じるかもしれません。燗して飲むことで酸味が和らぎ、香りはふんわりと濃くなります。ぬる燗や上燗にしてじっくり楽しむのにおすすめの日本酒です。

金寶仁井田本家 燗誂 かんあつらえ

全国新酒鑑評会で、金賞を受賞した蔵が作る純米酒。ぐっとのどに広がるコクとうまみ、そしてキレのよさを持っています。農薬・化学肥料を一切使わず栽培した、酒のための米を使用。さらに1年間蔵で熟成させることで、飲むほどに実感できる深みのある日本酒に仕上がっています。

さらに、燗をすることで日本酒のうまみや香りがさらに花開き、豪華さやパワフルさが強調されるため、特に熱燗がおすすめ。まったりと濃厚な口当たりで飴のような濃いめの甘口さを持ちながら、後味はすっきりした味わいで女性の方にも飲みやすさが好評の日本酒です。

冷たくして飲むとやや酸味が感じられますが、まさに「燗をすることによる味の違い」がはっきりわかるので一度お試しください。日本酒をいろいろ味わってきた大人の方にこそおすすめしたい、燗をするための日本酒です。

奥の松酒造 特別純米 辛口

すっきりした後味とおだやかな香りとうまみを持つ純米酒。日本酒の中ではオーソドックスな味ですが、その分燗しても常温でも楽しめるフレキシブルな日本酒です。全米日本酒歓評会で金賞受賞や、2017年のWorld Sake Challengeの金賞、モンドセレクション金賞など数々の賞に輝いていることも特徴。

しかしあまり燗をしすぎると16%と高めのアルコールの強さが際立ってしまうので、40℃前後のぬる燗までがおすすめ。冷めていくにしたがって日本酒の味の変化も楽しめます。冷で飲む場合は口の中で少し温めるようにして飲むとふんわりと香りが広がるため、おすすめの飲み方です。

透明感を持つ辛口の日本酒なので、刺身や焼き魚、焼き鳥にピッタリ。焼き鳥を頬張った後にキュッとぬる燗を流し込むと、ストレートに米の香りが広がり最高の時間を演出してくれる日本酒です。

桃川 純米酒 杉玉

2014年春季の全国酒類コンクールで、第1位を受賞した青森県産の純米酒。青森県産米「まっしぐら」を100%使用し、仕込みの水は奥入瀬川水系伏流水の磨かれた水を使っている日本酒です。そのため、すっきりとした仕上がりなのに、後味はとてもまろやか。

加えて、リーズナブルで毎日飲みやすい価格も好評です。冷はもちろん燗酒にしてもアルコール臭がきつくならずゆっくり楽しめる日本酒。冷だとフルーティさがありますが、燗にすると透明感のある甘さが引き立ち、ほんの少し酸味が出るやわらかい味わいの日本酒です。

純米酒の中では強い癖がないため、女性はもちろんあまり日本酒を飲みなれていない方にもおすすめ。燗をしたことがない方でも楽しめる日本酒です。

八海醸造 清酒八海山

知名度が非常に高い「八海山」は、新潟の地酒を代表する銘酒の1つ。新潟県内では「久保田」などでおなじみの朝日酒造と共に、業界トップレベルの業績を誇ります。

その中でも「普通酒」に分類される清酒八海山。普通酒と言うと日本酒のレベルがぐっと下がってしまうように思われがちですが、清酒八海山は普通酒にもかかわらず精米歩合は60%と、しっかり磨かれた米を使っています。淡麗辛口を得意とする八海山醸造らしい、すみきった辛口さが特徴の日本酒。

燗をすることでやわらかさが前面に出てきますが、淡麗さはしっかりと残っているため、料理の味わいを引き立ててくれます。すいすいと飲みやすい飲み口なので、和食はもちろんステーキやクリームシチューといった濃厚な食事にもピッタリ。ぬる燗から熱燗まで、好きな温度に燗をしてさまざまな料理との相性を試してみましょう。

一ノ蔵 特別純米酒

全国燗酒コンテスト2017年で、「お値打ちぬる燗部門」において最高金賞受賞した日本酒。宮城県産米を100%使用し、上品な淡麗辛口系に仕上がっている特別純米酒です。精米歩合55%とかなり磨き込んだ米から作られており、分類上は「純米吟醸酒」ですが、あえて「特別純米酒」を名乗っています。

これは、純米酒の方が日本酒らしいやわらかな米の甘みやうまみを連想する方が多いためです。吟醸酒と言うとどうしてもフルーティで透明感あふれるイメージと高級感があり、目指している日本酒と方向性が違うこともあります。60%以下に米を磨き込んだ純米酒ならば、「特別純米酒」を名乗ることが可能です。

味はすっきりとして飲み飽きず、辛口淡麗の飲みやすさも特徴。日常の日本酒として気軽に楽しむのに、まさに一ノ蔵の特別純米酒はピッタリでしょう。高い品質とリーズナブルさが認められ、ANA国際線のエコノミークラスにおいて、機内で提供される日本酒として採用されています。

強い個性がなく誰にでも飲みやすいので、ぬる燗から熱燗まで幅広い燗にも対応してくれる日本酒です。

龍力 生酛仕込み 特別純米酒

「生もとづくり」で、時間と手間暇をかけ大切に作られた日本酒と、辛口淡麗の日本酒のブレンドによる兵庫県産の特別純米酒です。スローフードニッポン実行委員会による「第一回燗酒コンテスト」で優秀賞を受賞しています。

さらに、日本酒のために生まれたと言っても過言ではない米の品種「山田錦」を100%使用。砕けることの少ない山田錦は磨きによく耐えるため高精米が可能で、高級な日本酒にはかけがえのない品種です。

ただし、アミノ酸やたんぱく質がもともと少ないので、生もとづくりの日本酒に多い「どっしり感」は出にくく、くどさを感じることはありません。燗をすることで、体にじんわりと染み渡るうまみとコクが味わえます。

尾畑酒造 真野鶴 鶴 本醸造

普通の辛口では物足りない方におすすめの、超辛口の日本酒。醸造アルコールを加えた本醸造で、すっきりクリアな切れ味を持っています。甘さやコクはほとんど消え、重さもなく軽くすいすいと入っていく日本酒です。

醸造アルコールとは蒸留酒のことで、トウキビなどから作られます。アルコール度がほぼ100%という高い純度が特徴。この醸造アルコールを添加している本醸造酒は、純米酒では作るのが難しいクリアさをもっているのでどんな燗にもよく合う日本酒です。

寒い日にあつあつの「とびきり燗」を楽しみたい方にもピッタリ。酸味や苦みが出ることなく、爽快な口当たりが楽しめます。熱く燗をした日本酒は身体も暖かくなりますが、酔いが回りやすい面は注意が必要。家飲みで楽しむのがおすすめです。

梅の宿 純米酒 温

温めることでより一層うまみやコクが引き出され、酒の味が引き立ついわゆる「燗上がり」する日本酒。「温」と名前についている通り、まさに燗酒にうってつけです。安い価格も、毎日楽しむデイリー日本酒としてはうれしいポイント。

米の甘い香りとどっしりした風味は、45℃の上燗から50℃の熱燗あたりまで温めることでより強まります。飲んで楽しむ前に、ぜひ鼻からゆっくりと香りを楽しむのがおすすめ。甘くほのかな香りの日本酒は、味わいと共に1日の疲れをじんわりと癒してくれます。

甘口タイプですが、べたべた感が残るような甘さはありません。あくまで飲みやすさを追求した上の日本酒らしい甘さです。生もとづくりの日本酒をブレンドしているのでしっかりとしたコクと味わいがありますが、後味はすっきりしています。くどさがないので、天ぷらやおでんなどの和食にピッタリの日本酒です。

大山 燗麗 辛口

淡麗辛口は数あれど、「燗麗辛口」はかなり珍しい表記なので、燗酒が好きな方にぜひおすすめしたい日本酒です。居酒屋用の燗酒として気軽に楽しむことを目的に作られた、燗専用の辛口本醸造酒。醸造アルコールのクリアな飲み口と、熱燗でも濁らないどっしりとした飲み口が好評です。

燗をすることで日本酒のうまみがグッと引き立ち、それでいて冷めてもべたつかない骨太な日本酒。どんな料理の邪魔もしないクリアさを持っているので、和食はもちろん洋食のお供にもピッタリでしょう。燗酒コンテスト2015年において、「お値打ち燗酒熱燗部門」で最高金賞を受賞した安い価格も注目のポイントです。