日本酒好きから圧倒的な支持を集め、全国的に人気のある「くどき上手」。蔵元の“亀の井酒造”は、吟醸酒のみを造っていることでも有名です。原料米として希少な酒米を使うなど、日本酒ファンの心をつかんではなさない魅力的な酒づくりを行っています。

くどき上手にはさまざまな種類がありますが、今回は主な銘柄を厳選してご紹介。それぞれに蔵元のこだわりが表れているので、記事を参考に好みのものを探してみてください。

くどき上手とは?

By: rakuten.co.jp

くどき上手は、山形県にある「亀の井酒造」という小さな蔵元が作る日本酒です。明治8年に創業された老舗の蔵元ですが、くどき上手を生み出したのは5代目の蔵元で、昭和60年代のこと。現在は製造するすべての日本酒が吟醸酒で、平均の精米歩合が50%以下というこだわりを持っています。

くどき上手は蔵元の代表銘柄で、5代目蔵元の修行先である明利酒類が開発した「小川酵母」を使用して誕生した吟醸酒。ネーミングの由来が「溶かすように魅了する」ことであるように、やさしい口当たりとマイルドな味わいが特徴です。

華やかな香りにはエレガントな上品さが感じられ、女性にも人気があります。浮世絵のデザインを用いたインパクトのあるラベルもポイント。お正月やお盆など大勢が集まる場への手土産にすると食卓が華やぎ、外国の方へのプレゼントにもぴったりです。

くどき上手のおすすめ銘柄

くどき上手 吟醸酒 ばくれん

くどき上手 吟醸酒 ばくれん

日本酒度+20と超辛口な吟醸酒。強烈な辛さの吟醸酒を蔵内で約2年間寝かせることで造られており、くどき上手の特徴であるマイルドな風味とは一線を画す、挑戦的な銘柄です。

味わいとしては、ほのかな吟醸香とぴりっとした辛さ、軽快なキレが感じられます。爽やかな後口を存分に楽しむためには、冷やして飲むのがおすすめ。淡麗辛口な日本酒が好きな方に特に適しています。

くどき上手 純米吟醸

くどき上手 純米吟醸

くどき上手のなかでは、もっともポピュラーな銘柄です。くどき上手が広く評価されるきっかけになった銘柄でもあり、軽くて飲みやすいので入門品としておすすめ。日本酒度は+1で、「小川10号酵母」由来の口当たりよくマイルドな味わいが特徴です。

原料米には美山錦を使用しており、精米歩合は50%。華やかな香りと、すっきり淡麗な後口が楽しめます。日本酒になじみのない初心者はもちろん、日本酒好きな方も満足させられる一品です。

くどき上手 純米吟醸 酒未来

くどき上手 純米吟醸 酒未来

高木酒造14代社長が18年の歳月をかけて開発した、人気の酒造米「酒未来」を使用し、50%に磨き上げた純米吟醸です。高木酒造は、幻の酒として名高い「十四代」を製造する蔵元。同蔵元により生み出された3種の酒米のうち、酒未来は香り高く良質な酒米として高く評価されています。

酵母にはこだわりの「小川・M310」を使用しているのもポイント。花のように華やかで香り高い吟醸香と、日本酒度+1のかすかな甘さが感じられます。余韻は短く、爽やかに消えていきます。繊細な香りを楽しむ日本酒が好きな方におすすめです。

スーパーくどき上手 純米大吟醸

スーパーくどき上手 純米大吟醸

近年、見かけることがなかった酒造米「改良信交」を復活させ、精米歩合30%まで磨き上げて作った、限定品の純米大吟醸。ぜいたくに米を削り落とし、米の芯を味わう究極の銘柄です。

改良信交は独特の酸味を持ち、日本酒党をうならせる品種として知られます。上品な甘さと酸のバランスがよく、全体の調和が整っているのが特徴。立ち上る香りは爽やかに甘くフルーティーで、口に含むと芳醇な旨みが楽しめます。

くどき上手 純米大吟醸 穀潰し

くどき上手 純米大吟醸 穀潰し

山形県産の酒造好適米「出羽燦々」を究極の精米歩合、22%まで磨いた純米大吟醸。生産本数がわずかしかない、貴重な限定品です。「穀潰し」というネーミングは、昔、蔵元が祖父に「米をたくさん磨く大吟醸だけを作ると酒蔵が潰れる」と言われたことに由来します。

味わいとしては、くどき上手特有の華やかな吟醸香とやさしい口当たり、出羽燦々由来のスッとしたキレが特徴。22%の精米歩合ならではの、雑味なくクリアな風味も魅力です。究極の精米歩合でありながらも、米の旨みがしっかり感じられます。

くどき上手 純米大吟醸 亀仙人

くどき上手 純米大吟醸 亀仙人

山形県産の「亀の尾」を使用し42%まで磨いて作られた人気のある銘柄です。鑑評会への出品用にタンク1本分だけ仕込まれる限定酒でもあります。通常の製法とは異なる変則2段仕込みで作られており、手間がかかる分、立ち上る香りに顕著な違いが表れるのが特徴です。

メロンのような甘さの香りが穏やかに感じられ、亀の尾独特の米の旨みのあとには、すっきりとした後味が続きます。しっかりとした風味を持ちながらキレのよい味わいは、食中酒にもぴったり。どんな料理とも相性がよいのでおすすめです。

くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々

くどき上手 純米大吟醸 出羽燦々

山形県産の酒造好適米「出羽燦々」を33%に磨いた純米大吟醸。出羽燦々は平成に開発された酒米のなかでも、特に高く評価される品種です。味わいとしては、華やかさがありながらも、穏やかで上品なフルーティーな香りが特徴。果実のような甘さは、甘ったるい感じではなく、すっきりとしていてバランスが整っています。

「出羽燦々」に掛けて、販売店数や発売日、精米歩合などに「3」を絡ませており、蔵元の遊び心が感じられるのも魅力のひとつ。3月発売の生酒をフレッシュなうちに飲むのもおいしいですが、数カ月熟成させた風味を味わうのもおすすめです。

くどき上手 純米大吟醸 短稈渡船

くどき上手 純米大吟醸 短稈渡船

酒造好適米として有名な山田錦と雄町の系統である「短稈渡船」を原料米に使用した純米大吟醸です。現在ではほとんど作られていない同品種を、復活させて醸造した貴重な銘柄。熟した桃を思わせる華やかでフルーティーな香りが特徴です。

味わいは、酸味がないのに甘過ぎず、濃厚でバランスよく仕上げられています。生産数の少ない限定販売のため、毎年楽しみにしているファンが多い銘柄。風格漂う一品なので、日本酒好きの方におすすめです。

くどき上手 純米大吟醸 たかね錦

くどき上手 純米大吟醸 たかね錦

現在は一部の地域でしか生産されていない希少な酒米「たかね錦」を使用し、44%まで磨いた山形県内限定販売の純米大吟醸です。たかね錦は美山錦の親にあたる品種で、かつては大量に生産され良質な酒米として重宝されていました。

本製品はたかね錦由来のすっきりとした後味が特徴で、くどき上手らしい華やかな香りも感じられます。希少な酒米を採用しているため、くどき上手のなかでは異彩を放つ銘柄として、ファンの心をつかんではなさない一品です。

くどき上手 Jr. Red 純米大吟醸

くどき上手 Jr. Red 純米大吟醸

原料米に「播州山田錦」を使用して、44%まで磨き上げた純米大吟醸です。社長の息子がすべての工程を手掛ける銘柄であることから「Jr.」の名がつけられています。これまでのくどき上手とはひと味違う、若い醸造家が醸す飲み口の新しさが魅力。

「飲みやすいのに幅があるお酒」を目指して作られる本製品は、華やかな香りとともに、味わいにボリューム感が感じられます。王道の酒米から作られる安定した旨さのなかに、若手蔵人の伸びしろや情熱を感じられる一品。蔵元の若手が造る渾身の酒を、年を追って味わいたくなる銘柄です。