対象物にレーザーを当てるだけで、距離や面積などが分かる「レーザー距離計」。巻き尺を使うよりも、短時間で正確な計測ができます。しかし、レーザー距離計にはさまざまな種類があるため、どれを選べばよいか迷う方も多いのではないのでしょうか。

そこで、今回はレーザー距離計の選び方とおすすめの製品をピックアップ。屋内用・屋外用・ゴルフ用と分けてご紹介するので、用途にあった最適な1台を探してみてください。

レーザー距離計とは?

By: amazon.co.jp

レーザー距離計とは、その名の通りレーザーを対象物に当てて跳ね返ってきた速度から、距離を測る装置のことです。計測は1~3秒ほどで完了し、機種によっては300m以上の長距離の計測も可能。DIYはもちろん、建築現場やゴルフ場などさまざまな場面で使用されています。

使い方はとても簡単で、レーザー距離計の起点となる位置を決め、対象物にレーザーを当てるだけです。測定結果はデジタル表示されるので、巻き尺のように目盛りを読み間違えることがありません。精度の高い製品を選べば、30~40mの長距離を計測しても1mm以内の誤差で済むモノもあります。

レーザー距離計の選び方

使用する場所で選ぶ

屋内

By: amazon.co.jp

屋内で使用するレーザー距離計を選ぶ場合は、必ずしも高価なモノを選ぶ必要はありません。直線距離を測るだけであれば、5000円以内の安価なモデルでも充分な機能があります。直線距離だけでなく壁の面積や部屋の体積を計測する機能を付けても、1万円程度で購入可能です。

DIY・引っ越し・部屋の模様替えなどにレーザー距離計を使う場合は、ポケットサイズの機種がおすすめ。持ち運びがしやすく、測りたいときに手軽に使用できます。

ただし、ポケットサイズで計測できる距離の目安は、15~20mほどしかありません。家のリフォームなど大がかりな計測には不向きなので注意しましょう。

屋外

By: amazon.co.jp

屋外では太陽光の影響で距離が正確に測定できなかったり、レーザーポイントを見失ったりすることがあります。屋外用のレーザー距離計を選ぶときは、「デジタルファインダー機能」が付いたモノを選ぶと便利です。

デジタルファインダーとは、ビデオカメラのようにレーザーが当たる場所を液晶画面に写し出してくれる機能のこと。画面を見ながら測定できるので、30m以上の長距離でも目標を誤ることがありません。双眼鏡などの道具を必要とせず、レーザー距離計のみで長距離を計測できるのが魅力です。

ゴルフ場でレーザー距離計を使う場合は、「ゴルフスコープ」と呼ばれる専用の機種を選びましょう。ゴルフ場は山を切り開いて作ることが多いため、目視では分かりにくい起伏が隠れています。しかし、通常のレーザー距離計では、水平に距離を測ることしかできません。

ゴルフスコープには、ピンフラッグまでの距離だけでなく高低差を測定してくれるモノがあります。アップダウンの激しいコースでも最適な距離を教えてくれるので、ミスショットを防止できるのがポイント。また、価格は高くなりますが、急な天候の変化にも対応できる防水・防塵機能付きのタイプもおすすめです。

測定の精度をチェック

By: amazon.co.jp

一般的には、レーザー距離計の価格が安くなるほど測定の精度は落ちる傾向にあります。しかし、価格の高いモノが必ずしも精度が高いとは限りません。なかには、自社が行った測定テスト結果のみを掲載している製品もあるため、注意が必要です。

測定の精度の高いモノを判別するには、国際規格である「ISO16331-1」に適合しているかどうかを調べましょう。国際規格の認可を受けているレーザー距離計は、独立機関が客観的にレーザー距離計を審査したモデルです。数mm単位の誤差も許されない場面では、必ずISO基準のレーザー距離計を選ぶようにしてください。

PSCマークを取得しているものがおすすめ

By: amazon.co.jp

PSCマークとは、国が定めた安全基準に適合する製品に付けられるマークのことです。消費者に危害を与える恐れがある製品は、PSCマークが付いていなければ販売できません。そして、一般消費者が使う機会の多いレーザー距離計も、PSCマークの取得が義務づけられています。

レーザー距離計から発せられるレーザーは、出力が高すぎると失明の可能性がある危険なモノです。しかし、PSCマークを取得した製品であれば、長時間レーザーを凝視しなければ問題ないレベルまで出力が調整されています。

しかし、PSCマークを取得するためには手間と費用がかかるため、一部のレーザー距離計はコストを下げるためにPSCマークを取得していないモノも存在しているので要注意。PSCマークの有無が確認できない製品は購入しないようにしましょう。

レーザー距離計のおすすめモデル|屋内用

タジマ レーザー距離計 LKT-F02

タジマ レーザー距離計 LKT-F02

本製品は、胸ポケットに入るほどコンパクトなレーザー距離計です。m(メートル)表示だけでなく、尺相当にも切り替えが可能なので、DIYやリフォームの見積り作成にもおすすめ。バックライト機能があり、明かりのない場所でもスムーズに計測できます。

国際規格である「ISO16331-1」に適合しており、高い測定精度が特徴。さらに、PSCマークを取得しているため、安全に使用できます。シンプルなデザインで使いやすく、手軽に高性能なレーザー距離計を使いたい方におすすめの製品です。

レーザー距離計のおすすめモデル|屋外用

ライカ(LEICA) レーザー距離計 ライカディストD510

ライカ(LEICA) レーザー距離計 ライカディストD510

最大計測可能距離が200mあり、高さのある建造物にも対応できるレーザー距離計。デジタルポイントファインダー機能を搭載しており、4倍までズームできるので目標を誤りません。また、天候不良時など測定に適さない環境下でも80mまでの距離が計測できます。

無料アプリと連携することでスマホへデータ送信できるのもポイント。防水・防塵仕様なので汚れがつきにくく、流水での丸洗いもできます。PSCマークも取得しており、安全性と機能性の両面にこだわった製品です。

マキタ(MAKITA) レーザー距離計 LD030P

マキタ(MAKITA) レーザー距離計 LD030P

シンプルで操作しやすいデザインのレーザー距離計です。ボタンはON・OFF・モード切り替えの3つだけなので、初心者や機械が苦手な方でも使用可能。さらに、本体の重さは90gと軽量のため、片手でも簡単に操作できます。

計測モードは、直線距離・面積・連続測定の3種類。IP54相当の防塵・防水仕様なので、屋外でも天候を気にせずに使えます。必要最低限の機能をもつレーザー距離計が欲しい方におすすめの製品です。

マキタ(MAKITA) レーザー距離計 LD080PI

マキタ(MAKITA) レーザー距離計 LD080PI

傾斜センサーが内蔵されており、さまざまな計測ができるレーザー距離計です。直線距離測定などの基本機能はもちろん、傾斜角度や部分的な高さの測定が可能。20件までのメモリー機能があるので、計測の度にデータを記録する手間がかかりません。

LCDバックライトにより画面が白色に光るので、薄暗い場所でも文字の読みとりが可能。IP54相当の防塵・防水機能も備えているため、屋外での作業におすすめの製品です。

レーザー距離計のおすすめモデル|ゴルフ用

G-LABO ゴルフレーザー距離計

G-LABO ゴルフレーザー距離計

最大1000mまでの距離が計測できるレーザー距離計です。直線距離・水平距離・霧干渉計測・高さ計測など7つの計測モードがあり、あらゆる場面に対応可能。激しい雨や湿気に負けない防水機能が付いているので、天候を気にせずにプレーに集中できます。

本体の重さは147gで、片手で持ちやすいコンパクトサイズ。マジックベルト付きのソフトケースが付属しており、ベルトに取り付ければ紛失も防止できます。ゴルフ初心者はもちろん、上級者にもおすすめのゴルフスコープです。

Huepar レーザー距離計

Huepar レーザー距離計

本製品の特徴は、光の損失をおさえクリアな視界が得られる光学6倍レンズを採用していること。接眼レンズは-5から+5まで度数を調整できるので、遠視や近視の方でもメガネをかけずにターゲットを確認できます。

手ぶれによる計測ミスを防ぐため、ソフトタッチで操作できるボタンを採用。本体は片手にすっぽりおさまるほどコンパクトなので、ポケットに入れたままでもスイングを妨げません。手頃な価格ながらも使いやすいレーザー距離計です。

wosports レーザー距離計

wosports レーザー距離計

5~600mまでの距離を1m以内の誤差で測定できるゴルフスコープです。焦点調節リングが付いているので、視力や天候などの状況に合わせて見え方の調整が可能。本体は三脚に固定して使用できるので、手ぶれによる計測ミスが防げます。

ピンフラッグなど小さな対象物までの距離を自動で測定し、振動で知らせる機能を搭載。さらに、軌道補正機能が付いているので、高低差に合わせた推奨距離が分かります。1万円以内で購入できる価格の安さも魅力のレーザー距離計です。

ガーミン(GARMIN) レーザー距離計 Approach Z80

ガーミン(GARMIN) レーザー距離計 Approach Z80

レーザーによる距離計測に加えて、GPS位置測位機能のあるゴルフスコープ。目標物までの距離はもちろん、全体のマップが確認できるので緻密なコース戦略を立てられます。

高低差を考慮した計測機能があり、目視では分かりにくいコースでも打つべき距離を確実に表示するのが魅力。内蔵センサーにより自動で手ぶれを補正するので、ピンフラッグなど小さなモノでも確実にとらえます。コース全体を確認しながら、確実にスコアアップを狙いたい方におすすめの製品です。