より迫力のある音でテレビやパソコンを楽しめる「2.1chスピーカー」。簡単に接続でき、安いモデルも多いため、手軽にスマホやパソコンなどの音量を上げたいときにも便利です。

そこで今回は、おすすめの2.1chスピーカーのほか、2.1chスピーカーを選ぶ際のチェックポイントなどをご紹介。2.1chスピーカーで臨場感あるサウンドを手軽に楽しみたい方は、チェックしてみてください。

2.1chスピーカーとは?

By: onkyo.com

2.1chスピーカーとは、ステレオスピーカーにサブウーファーをプラスしたスピーカーのことです。サブウーファーをプラスすることで左右の音に加えて低音域のボリュームが増し、より広い音域を鳴らせます。

映画の臨場感を高めたい方や、音楽をより迫力のあるサウンドで楽しみたい方におすすめ。コンパクトサイズなので、ワンルームなどにもぴったりです。

7.1chや5.1chスピーカーとの違いは?

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーと7.1chや5.1chスピーカーとの違いは、スピーカーの本数です。5.1chのスピーカーは、左右に加えて、センタースピーカーと後方に2本のリアスピーカーを設置。後ろから話しかけられるシーンなどで、より臨場感が出ます。

また、7.1chのスピーカーは、後方へさらに2本のサラウンドバックスピーカーを追加したモデル。アクションシーンなどの激しい動きのある映像でも、より自然な音のつながりが感じられます。

一方、2.1chのスピーカーは、左右に2本のスピーカーとサブウーファーを配置するだけのシンプルなモデル。比較的安いモデルが多く、セッティングも簡単にできます。手軽に良質なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

2.1chスピーカーの選び方

対応する接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーの接続方式で一般的なのは、HDMIや光デジタルケーブルなどをアナログ入力端子で有線接続する方法です。データの劣化を抑えられるデジタル伝送なので、より高音質で再生できます。

一方、リーズナブルなモデルでは、主に外部入力のLINE IN端子による接続方式が主流です。HDMIや光デジタル接続よりも音声情報が劣化しやすいため、主に映画などで音を楽しむ場合は、デジタル伝送に対応した2.1chスピーカーがおすすめです。

また、なかにはBluetooth接続に対応したモデルもあります。主にスマホなどのワイヤレス機器と接続したい方におすすめ。ただ、Bluetooth接続の場合は、映像と音との間にズレが生じる場合がある点には留意しましょう。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

スピーカーの出力は「W」記号のワット数で表され、数値が大きいほど大きい音量で再生できます。家庭用として使用する場合は、最大出力10W程度のモデルがおすすめです。

目安として、PCモニター脇に設置する場合は3W程度のモデルがおすすめ。テレビと接続する場合、10〜30Wのモノなら十分な音量で楽しめます。広いリビングルームなどで使いたい場合は、50〜80W以上のモノをチェックしてみてください。

なお、2.1chスピーカーとは別に出力の大きなアンプをプラスする場合は、出力のバランスにも注意が必要です。破損を防ぐために、AVアンプの出力と2.1chスピーカーの出力ができるだけ近いモノを選びましょう。

設置のしやすさで選ぶ

By: rakuten.co.jp

2.1chスピーカーは大きく3種類あります。全てが1つのキャビネットに収納されているサウンドバータイプと、サブウーファーのみが独立したタイプ。もう1つは全てが独立しているセパレートタイプです。

簡単に設置できるのは、サウンドバータイプの2.1chスピーカー。テレビなどとケーブルを接続するだけなので、はじめての方でも簡単にセッティングできます。

また、サブウーファーのみ独立したタイプは、Bluetooth接続に対応したモデルも多く、設置場所の自由度が高まるのが特徴。ワイヤレス接続はケーブルがないため、すっきりと見せたい方にもおすすめです。

一方、セパレートタイプの2.1chスピーカーは、左右のスピーカーとサブウーファーを合わせた計3つの機器を接続する必要があります。手間はかかりますが、各機器はコンパクトなので、テレビ横など限られたスペースにも設置しやすいのが特徴です。

2.1chスピーカーのおすすめモデル

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S200F

優れたコスパと音質のサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。約幅58×奥行き9.5×高さ6.4cmのコンパクトボディにサブウーファーを内蔵。2基のスピーカーは出力が各25Wあり、広がりのあるハイクオリティなサウンドが味わえるので、ライブや映画の鑑賞などにもおすすめです。

接続方式にはARC対応のHDMI端子を採用しており、対応するテレビとは HDMIケーブル1本でシンプルに接続できるのも特徴。さらに、Bluetooth接続にも対応しているため、スマホ・パソコンに保存した楽曲をワイヤレス転送してスピーカーの高音質で楽しめます。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-X8500

1本で3次元の立体音響を体感できるサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。本体中央に2基のサブウーファーを内蔵。コンパクトながらパワフルで迫力のある低音の再生が可能なので、アクション映画の爆発音やライブ映像の重低音などを臨場感たっぷりに堪能したい方にもおすすめです。

最新のサラウンドフォーマットであるDolby AtmosやDTS:X(R)などに対応するのもポイント。さらに、非対応の映像コンテンツも、ソニー独自のバーチャルサラウンド技術によって、フロントスピーカーだけで3次元の立体音響を実現しているので、昔の映画も迫力の音響で楽しめます。スピーカー2基の出力が各40Wと優れているのも魅力です。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

臨場感あふれるサラウンドサウンドを再生できる、サブウーハー独立型の2.1chサウンドバースピーカーです。2基のフロント65Wとサブウーハー100Wからなる合計230Wでの大出力に対応します。

ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」を搭載しているのも特徴。壁の反射を利用しないため、設置する部屋の広さや位置に関係なく前方のスピーカーだけで臨場感豊かな立体音響が味わえます。

ARC対応HDMI端子を備えており、対応テレビとはHDMIケーブル1本で接続できるのも魅力。また、サブウーハーは2.4GHz帯を用いたワイヤレス接続に対応し、置き場所の自由度が高いので、広い設置スペースを確保するのが難しい方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー SR-B20A

立体音響が手軽に味わえるサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。バーチャルサラウンド技術DTS Virtual:Xに対応。電源をONにすると左右や前後はもちろん、頭上からも音が降り注ぐので、テレビで映画鑑賞する際の臨場感を高めたい方にもおすすめです。

出力30Wのスピーカー2基に加えて、75mmサブウーハーユニットを2基内蔵しているのもポイント。映画のセリフや歌のボーカルだけを判別して音量を上げる「クリアボイス」機能も備えているため、聴き取りやすい音声で映画や音楽が楽しめます。

テレビ直下への設置のほか、壁掛けによる設置に対応しているのも特徴。専用アプリを使って、各種機能の設定や4種類のサウンドモード選択などをスマホで行えるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) サウンドバー YAS-209

スマート機能を搭載する高音質なサブウーハー独立型の2.1chサウンドバースピーカーです。音声アシスタント「Amazon Alexa」を内蔵。話しかけるだけで音量やサウンドモードの変更ができるほか、音楽のストリーミング再生などが行えます。

スピーカー2基は各50W、サブウーハーは100Wと大出力なの特徴。さらに、バーチャルサラウンド技術DTS Virtual:Xにも対応しており、前後・左右・高さから包まれる立体音響で映画や音楽が楽しめます。付属のサブウーハーはワイヤレス接続が可能なので、配線をすっきりさせつつ爆発的な低音と臨場感を味わいたい方にもおすすめです。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB250

自由な置き方でパワフルな重低音も楽しめるサブウーハー独立型の2.1chサウンドバースピーカーです。サウンドバー本体とBluetoothで接続できるワイヤレスサブウーハーが付属。コンパクト設計で横置きと縦置きの両方で使用できるため、サブウーハーの置き場所に困っている方にもおすすめです。

サウンドバー本体も幅45×奥行き13.5×高さ5.1cmと省スペース設計なのもポイント。テレビの足元にも置きやすく、視界を妨げず映画やドラマが視聴できます。

スピーカー2基は各40W、サブウーハーは40Wの大出力に対応しているのも魅力の2.1chサウンドバースピーカーです。

デノン(DENON) サウンドバー DHT-S216

充実した機能を持つコスパ良好の2.1chサウンドバースピーカーです。厳格な音質テストによってデノンらしいHi-Fiサウンドを実現。脚色を行わない「Pureモード」を使えば、原音の魅力をストレートに再生できるので、音楽鑑賞にもおすすめです。

Movie・Music・Nightからなる3種類のサウンドモードを搭載しているのも特徴。さらに、人の声に当たる中高域の音を明瞭にする「ダイアログエンハンサー」機能も備えているため、ドラマや映画のセリフを音量を上げることなく聴き取れます。

75mmサブウーハーを2基内蔵しており、バーチャル3Dサラウンド技術DTS Virtual:Xをサポートするのも魅力。4K対応のHDMI入出力やBluetooth接続にも対応します。

デノン(DENON) ホームシアターサウンドバーシステム DHT-S316

本格シアターサウンドが手軽に楽しめるサブウーハー独立型の2.1chサウンドバースピーカーです。中音域と高音域にそれぞれ専用のドライバーユニットを搭載。迫力のシアターサウンドが再現できるので、テレビ内蔵のスピーカーに物足りなさを感じていた方におすすめです。

サブウーハーはワイヤレス接続に対応しており、設定不要なのでサウンドバーの電源を入れるだけですぐに使えるのも特徴。テレビとはARC対応HDMIや光デジタル端子などに繋げるだけで接続できます。

Dolby Digital・DTS・AACなど多彩な音声ファイルに対応するのもポイント。聴き取りやすさを維持したまま音量を下げる「ナイトモード」や、セリフやボーカルの音声を明瞭にする「ダイアログエンハンサー」機能も備えています。

ロジクール(Logicool) スピーカーシステム Z533

パソコンで大音量サウンドが楽しめるセパレート型の2.1chスピーカーです。最大120W、平均でも60Wの出力が可能。空間を満たすパワフルなサウンドが楽しめるので、映画やゲームを臨場感たっぷりに楽しみたい方にもおすすめです。

接続方法には3.5mmミニプラグと2基のRCAを採用しているのも特徴。パソコン・スマホ・テレビなどを繋げられます。

付属する前方設置タイプのサブウーハーと併用すれば、より迫力のある低音を鳴らせるのも魅力。また、各スピーカーの音量やサブウーハーの低音は同梱のコントロールポッドを使って調節が可能です。

ロジクール(Logicool) PCゲーミングスピーカー G560 LIGHTSYNC

ゲームと連動して没入感の高いプレイが堪能できるセパレート型の2.1chゲーミングスピーカーです。リアライトとフロントライトを搭載。ゲーム映像・音響・光が織りなす新しいゲーム体験を楽しみたい方におすすめです。

ゲームや映画などのコンテンツと連動してLEDで演出する「LIGHTSYNC RGB」機能に対応するのもポイント。ゲーミングのムードを盛り上げるのはもちろん、対応するゲームタイトルでは制作者がプログラムした特殊なライトエフェクトが楽しめます。

サブウーハーと合計で平均120W、最大240Wの大出力が可能なので、重低音を始めとした迫力の音響が体感できるのも魅力。接続方法はUSB・3.5ジャック・Bluetoothに対応しており、最大4台までの機器を接続できます。

オンキヨー(Onkyo) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60

単品コンポ並みの高音質をコンパクトに凝縮したセパレート型の2.1chスピーカーです。テレビ台に置きやすい小型ボディなのが特徴。4K映像や最新サラウンドフォーマットにも対応するため、自宅で手軽にシアタールームを作りたい方にもおすすめです。

ハイレゾ再生にも対応しており、DSD・WAV・FLACなどの幅広いファイル形式を再生できるのも特徴。また、コンセント不要で設置しやすい重低音再生用のサブウーハーが付属するほか、スマホとはBluetoothでワイヤレス接続が可能です。

充実した機能も魅力。フロントスピーカーだけでバーチャルサラウンド再生を実現する「Theater-Dimensional」や、圧縮音源をより高音質で楽しめる「ミュージックオプティマイザー」などを搭載しています。

クリエイティブ(Creative) コンパクト2.1chスピーカー Creative Pebble Plus SP-PBLPL

USBパワーで動作できるおしゃれなセパレート型の2.1chスピーカーです。3.5mmミニプラグ接続のほか、USB接続による駆動にも対応。USBポートに挿すだけで給電を受けながら使えるため、パソコンの音響を手軽にグレードアップしたい方におすすめです。

スピーカードライバーを上向き45°に配置したデザインもポイント。ユーザーに向けてサウンドがダイレクトに伝わるため、映画や動画もより臨場感のある音響で楽しめます。

深みのある低音再生が可能なサブウーハーが付属するのも特徴。市販のUSB電源アダプターを使って電力の供給量を上げれば、平均8Wのパワフルなサウンドも出力できます。価格が安いのも魅力です。

アバーメディア(AVerMedia) ゲーミングサウンドバー SONICBLAST GS333

ゲームプレイ時の没入感を高められるサウンドバータイプの2.1chゲーミングスピーカーです。60Wの最大出力に対応し、銃声や爆発音も迫力が向上。テレビのスピーカーでは臨場感が物足りないと感じるゲーマーの方におすすめです。

3種類のサウンドモードに対応するのも特徴。「ゲームモード」に設定すれば音質をゲームに最適化した状態でプレイが可能です。また、幅約67cmのコンパクト設計なので、パソコンモニターと組み合わせる場合にも程よいサイズ感で設置できます。

接続端子には光デジタル・RCA LR・AUXに対応しており、テレビやパソコンはもちろん、さまざまな家庭用ゲーム機と接続できるのも魅力。別売りのワイヤレスサブウーハーを追加すれば、より充実した低音再生が味わえます。

エディファイアー(Edifier) 2.1chアクティブスピーカー ED-M1360

ハイエンドオーディオメーカーが手掛けるパソコン向けのセパレート型2.1chスピーカーです。合計で最大8.5Wの出力が可能。パワフルなサウンドと深みのある低音を再現するサブウーハーと組み合わせることで、パソコンで映画や音楽を鑑賞する際の満足度を向上できます。

左右サテライトスピーカーが小型なのはもちろん、サブウーハーもコンパクト設計で邪魔になりにくいのもポイント。スピーカー接続用ケーブルは約1.8m、左右スピーカー間のケーブルは約2.8mと長さに余裕があるので、自由度の高いレイアウトができます。

サブウーハーと接続する音量コントローラーで簡単に音量調節やミュート操作が行えるのも魅力です。

2.1chスピーカーのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

2.1chスピーカーのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。