より迫力のある音でテレビやパソコンを楽しめる「2.1chスピーカー」。簡単に接続でき、安いモデルも多いため、手軽にスマホやパソコンなどの音量を上げたいときにも便利です。

この記事では、おすすめの2.1chスピーカーのほか、2.1chスピーカーを選ぶ際のチェックポイントなどもご紹介しています。より2.1chスピーカーで臨場感あるサウンドを手軽に楽しみましょう。

2.1chスピーカーとは?

By: onkyo.com

2.1chスピーカーとは、ステレオスピーカーにサブウーファーをプラスしたスピーカーのことです。サブウーファーをプラスすることで左右の音に加えて低音域のボリュームが増し、より広い音域を鳴らせます。

映画の臨場感を高めたい方や、音楽をより迫力のあるサウンドで楽しみたい方におすすめ。コンパクトサイズで、ワンルームなどにも省スペースに設置できます。

7.1chや5.1chスピーカーとの違いは?

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーと7.1chや5.1chスピーカーとの違いは、スピーカーの本数です。5.1chのスピーカーは、左右に加えて、センタースピーカーと後方に2本のリアスピーカーを設置。後ろから話しかけられるシーンなどで、より臨場感が出ます。

また、7.1chのスピーカーは、後方へさらに2本のサラウンドバックスピーカーを追加したモデル。アクションシーンなどの激しい動きのある映像でも、より自然な音のつながりが感じられます。

一方、2.1chのスピーカーは、左右に2本のスピーカーとサブウーファーを配置するだけのシンプルなモデル。比較的安いモデルが多く、セッティングも簡単にできます。手軽に良質なサウンドを楽しみたい方におすすめです。

2.1chスピーカーの選び方

対応する接続方式をチェック

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーの接続方式で一般的なのは、HDMIや光デジタルケーブルなどをアナログ入力端子で有線接続する方法です。データの劣化を抑えられるデジタル伝送なので、より高音質で再生できます。

一方、リーズナブルなモデルでは、主に外部入力のLINE IN端子による接続方式が主流です。HDMIや光デジタル接続よりも音声情報が劣化しやすいため、主に映画などで音を楽しむ場合は、デジタル伝送に対応した2.1chスピーカーがおすすめです。

また、なかにはBluetooth接続に対応したモデルもあります。主にスマホなどのワイヤレス機器と接続したい方におすすめ。ただ、Bluetooth接続の場合は、映像と音との間にズレが生じる場合があるので留意しましょう。

出力をチェック

By: amazon.co.jp

スピーカーの出力は「W」記号のワット数で表され、数値が大きいほど大きい音量で再生できます。家庭用として使用する場合は、最大出力10W程度のモデルがおすすめです。

目安として、PCモニター脇に設置する場合は3W程度のモデルがおすすめ。テレビと接続する場合、10〜30Wのモノなら十分な音量で楽しめます。広いリビングルームなどで使いたい場合は、50〜80W以上のモノも検討しましょう。

なお、2.1chスピーカーとは別に出力の大きなアンプをプラスする場合は、出力のバランスにも注意が必要です。破損を防ぐために、AVアンプの出力と2.1chスピーカーの出力ができるだけ近いモノを選びましょう。

設置のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーには大きく3種類あります。全てが1つのキャビネットに収納されているサウンドバータイプと、サブウーファーのみ独立したタイプ。もう1つは全てが独立しているセパレートタイプです。

最も簡単に設置できるのは、サウンドバータイプの2.1chスピーカー。テレビなどとケーブルを接続するだけなので、はじめての方でも簡単にセッティングできます。

また、サブウーファーのみ独立したタイプは、Bluetooth接続に対応したモデルも多く、設置場所の自由度が高まります。ワイヤレス接続はケーブルがないため、すっきりと見せたい方にもおすすめです。

一方、セパレートタイプの2.1chスピーカーは、左右のスピーカーとサブウーファーを合わせた計3つの機器を接続する必要があります。手間はかかりますが、各機器はコンパクトなので、テレビ横など限られたスペースにも設置しやすいのが特徴です。

2.1chスピーカーのおすすめモデル

クリエイティブ(Creative) SBS A250

セパレートタイプの2.1chスピーカーです。コンパクトサイズですが、総合出力9Wとパワフルに再生できるモデル。ドライバー周囲のフレアを広く取っているためスイートスポットが広く、PCやテレビ横などに適しています。

左右のスピーカーには「DSE」&「IFP」技術を採用。高解像度でパワフルに再生できます。サブウーファーのレスポンスも良好で、バランスの取れたサウンドです。映画やゲームなど、さまざまなコンテンツとマッチします。

また、スピーカー本体に電源スイッチとボリュームコントロールを備えているため、簡単に操作可能。有線接続でスマホやタブレットなどにも接続できます。リーズナブルで、手軽に音楽を楽しみたい方におすすめです。

ロジクール(Logicool) Z313 SPEAKER SYSTEM WITH SUBWOOFER

パソコン横におすすめの2.1chスピーカーです。コンパクトなサブウーファーを採用しており、足元などにも省スペースに設置できます。

3.5mmプラグによる有線接続でセッティングも簡単。価格も手頃なため、はじめて2.1chスピーカーを使う方にもおすすめです。有線のコントロールポッドで、電源や音量も簡単に操作できます。

スマホやテレビなどと手軽に接続できる小型モデルながら、総合出力50Wとパワフルに再生できるのが魅力。高級感のあるスタイリッシュなデザインで、ワンルームやリビングにも適しています。

ロジクール(Logicool) マルチメディア スピーカー Z533

最大出力120Wのパワフルな2.1chスピーカーです。部屋全体に音が響くので、パソコンやスマホの音を複数人で聴きたいときにも役立ちます。

また、本製品はそれぞれが独立したセパレートタイプで、3.5mmプラグとRCA入力で3台のデバイスを優先接続します。接続後は3台をつなぐコントロールポッドで操作でき、それぞれを離して設置した場合も操作が簡単です。

さらに、複数入力にも対応。テレビやパソコン、スマホなど、最大3台まで有線接続できます。音源を切り替える際につなぎ直す手間が省け、複数台のデバイスを2.1chスピーカーとつなげる場合も便利。コストパフォーマンスに優れた人気のモデルです。

ロジクール(Logicool) オプティカルインプット対応スピーカーシステム Z625

使い勝手がよいゲーム向けの2.1chスピーカーです。遠くまで音を届けられる400Wの高出力が特徴。クリアなサウンドと迫力のある低音を再生できるため、映画や音楽鑑賞にも適しています。

また、右スピーカーで全てのスピーカーの音量を操作できるので、ヘッドホン接続にも対応。深夜や早朝など、周囲の音漏れに配慮しながら使用したいときにも役立ちます。

3.5mmまたはRCA入力に対応しており、簡単に接続できるため、はじめて2.1chスピーカーを使う方にもおすすめ。スマホやタブレットなど、最大3台までのデバイスを接続でき、つなぎ直す手間が省けます。

オンキヨー(Onkyo) 2.1chシネマパッケージ BASE-V60

ホームシアター用としてもおすすめの2.1chスピーカーです。Dolby AtmosとDTS:XTMへのアップデートにも対応。迫力のあるサウンドで映画などを鑑賞できます。

HDMI入力に対応しており、テレビとの接続も可能。ハイレゾに対応しており、映画やライブ映像なども臨場感あるサウンドで再生できます。

さらにBluetooth接続に対応。スマホなどともワイヤレス接続が可能です。専用アプリを使えば、スマホをリモコンとしても使用でき、より手軽に操作できます。

それぞれが独立しているセパレートタイプですが、サブウーファーはワイヤレス接続が可能。部屋の広さや家具の場所に合わせて、より自由にレイアウトできます。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-S350

サブウーファーのみ独立したサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。2.4GHz帯のワイヤレスサブウーファーを採用し、より自由にレイアウト可能。ARC対応のHDMI端子を搭載しており、テレビと簡単に接続できます。

また、フロントスピーカーだけでサラウンド再生できる「S-Force PROフロントサラウンド」に対応。最大出力が230Wあるので、臨場感あるサウンドを響かせられます。

さらに、Bluetooth接続に対応しており、スマホとの接続も簡単です。「ボイスモード」や「ナイトモード」など、さまざまなサウンドモードに対応。再生コンテンツに合わせて、適したモードで再生できます。

デノン(Denon) サブウーハー内蔵サウンドバー DHT-S216

サブウーファーも内蔵したサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。光デジタル入力やHDMI入力、アナログAUX入力など多様な接続に対応。さらにBluetooth接続にも対応しており、スマホなどと簡単に接続できます。

テレビ前にも設置しやすいスリムデザインで、ワンルームなど設置スペースが限られている場合にもおすすめ。壁掛けにも対応しており、部屋に合わせて自由にセッティングできます。

また、DTS Virtual:Xに対応しているのも魅力。フロントサラウンドシステムにより、映画などもより臨場感ある音声で再生できます。さらに、3種類のサウンドモードを搭載しており、再生コンテンツによって適したサウンドを選択可能です。

パナソニック(Panasonic) 4Kパススルー対応 シアターバー SC-HTB01

テレビゲームに適した2.1chスピーカーです。RPGやFPS、ボイス強調などのサウンドモードを採用。プレイするゲームジャンルに合わせて、適したサウンドモードを選べます。

また、Dolby AtmosやDTS:X、Virtual:Xに対応。前後左右のほか、縦方向の音まで体感できる3Dサラウンドを楽しめます。ゲームをやりこみたい方にもおすすめ。

さらに、ハイレゾにも対応しているので、目の前で聴いているような高解像度のサウンドが再生できます。Bluetoothにも対応しており、スマホなどとも接続可能。ゲーム向けに開発されていますが、映画や音楽鑑賞用にも適したモデルです。

東芝(TOSHIBA) レグザサウンドシステム RSS-AZ55

テレビとの接続におすすめの2.1chスピーカーです。東芝のレグザとの組み合わせを想定して設計されたモデル。テレビの背後にも置けるスマートなデザインで縦置きにも対応しており、自由にセッティングできます。

また、アクティブ型ネットワークによりクロスオーバーを適正化。DTS Studio Soundを搭載しており、奥行きのあるサウンドを再生できます。総合出力は80Wあり、映画鑑賞などにもおすすめです。

本製品には「音楽」「クリア音声」「映画」のサウンドモードがあるので、コンテンツに合わせて適したモードを選択できます。レグザなどの一部機種では、番組表からサウンドモードを自動調節可能です。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-109

サブウーファーも一体型となったサウンドバータイプの2.1chスピーカーです。壁掛けにも対応したスリムタイプで、限られたスペースにもスマートに設置できます。

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しており、前後左右と縦方向にも音の広がりを感じられるのが特徴。映画鑑賞などにもおすすめです。

さらに、Bluetooth接続にも対応。独自の音質改善技術「ミュージック・エンハンサー」により、スマホやタブレットとの接続時も高音質で楽しめます。

また、Alexaを内蔵しており、手軽に音声操作が可能です。Alexaのオンオフも切り替えられ、プライバシーを守りながら使えます。

ハーマンカードン(harman/kardon) SSoundsticks Wireless SOUNDSTICKSBTJP

美術品としても認められているクリアデザインの2.1chスピーカーです。インテリアとしてもおすすめ。Bluetooth接続と3.5mmプラグでの有線接続に対応しており、スマホやゲーム機器など、さまざまな機器と接続できます。

また、独自機能の「Harman TrueStream」により、音質の劣化を防ぎながらワイヤレス再生が可能。優れたデザインで、根強い人気を誇る製品です。

ボーズ(Bose) Acoustimass5 Series V stereo speaker system

豊かな重低音が楽しめる2.1chスピーカーです。壁掛けも可能なスリム設計で、サブウーファーもコンパクト。部屋に合わせて好みの場所へセッティングできます。

また、スイートスポットが広く、部屋のどの位置に配置しても臨場感のある音で楽しめるのが特徴。リビングなどでサブウーファーを人目につかない場所へ設置したいときにも便利です。

さらに、どの音量でもクリアで深みのあるサウンド再生が可能。セパレートタイプですが、ケーブルやコネクタ類には目印が付いているため、設置も簡単にできます。デザインもスタイリッシュなモデルです。

エディファイアー(Edifier) 2.1chマルチメディアスピーカー M3200

砂時計を模したモダンなデザインの2.1chスピーカーです。3.5mm接続に対応したセパレートタイプなので、はじめて2.1chスピーカーを使う方も、各機器を簡単に接続できます。

また、多機能有線リモコンを搭載。リモコンでは音量調節のほか、オーディオの入出力ができ、イヤホンや音楽プレイヤーの接続も簡単にできます。

最大出力は34W。バスレフ構造なので、パソコンやスマホとつなげて迫力のある音を再生できます。コンパクトに設置でき、パソコン横など限られたスペースへの設置もおすすめです。

オーム電機(OHM) AudioComm スピーカーシステム マルチメディア ASP-2043H 03-2043

あたたかみのある木目調のデザインが魅力的な2.1chスピーカーです。最大出力35Wのセパレートタイプ。コンパクトで、パソコン横などにも省スペースに設置できます。

メインユニットにはつまみが付いており、音量や電源を簡単に操作可能。各機器を有線接続で簡単につなげられるため、2.1chスピーカーのエントリーモデルとしてもおすすめです。

比較的安いモデルですが、低音もしっかりとしています。シンプルな機能を備えた手軽に使える2.1chスピーカーです。