ハイクオリティなサウンドを楽しむのに必要な「スピーカー」。最近では、テレビの高画質化に伴いブルーレイディスクも新サラウンド規格になり音質が向上しました。高画質のコンテンツを楽しむにはサウンドにもこだわりたいもの。

そこで今回は、手軽に設置できる2.1chスピーカーの選び方とおすすめのモデルをご紹介します。気になるスピーカーをチェックしてみてください。

2.1chスピーカーとは?

By: amazon.co.jp

一般的なステレオのスピーカーシステムは、視聴者の前方左右に設置する2本のフロントスピーカーで構成されます。これに対して、2.1chスピーカーはステレオスピーカーにサブウーファーという重低音専用スピーカーを加えたシステム。サブウーファーは100Hzより低い音で出力が可能です。小型スピーカーでも迫力ある低音を再現できます。

そのため、映画やコンサート映像などを臨場感あるサウンドで楽しめるのがメリット。2.1chスピーカーは省スペース性に優れているので、テレビ番組やブルーレイディスクなどの映像を楽しむホームシアター用としてもおすすめです。もちろん、音楽鑑賞用としても十分な性能を有しています。

7.1chスピーカーや5.1chスピーカーとの違いは?

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーは、2本のフロントスピーカーとサブウーファーがセットになっています。5.1chは2.1chに3つのスピーカーを追加したシステムです。

3つのスピーカーの1つは、視聴者の正面に設置するセンタースピーカー。残りの2つは視聴者の後方左右に置くリアスピーカーです。リアスピーカーがあるので、音の広がりを自然に感じられるのがメリット。

7.1chは5.1chに加えて、全体の臨場感、立体感を高めるため、リアにサラウンドバックを2つ追加しています。

2.1chスピーカーの選び方

サブウーファーで選ぶ

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーには、2本のフロントスピーカーからなるセパレートタイプと、1つのキャビネットに収めたサウンドバータイプの2タイプあるのが特徴。サウンドバータイプにはフロントスピーカーに加えて、サブウーファーを内蔵したモデルがあります。

サブウーファー内蔵タイプのサウンドバーは省スペース性に優れているのがメリット。一般的なサウンドバーの高さは100mm以下なので、テレビの下や壁に設置しても邪魔になりにくく、見た目もスッキリしています。しかし、サブウーファーが小型なので、低音はあまり期待できません。

それに対して、サブウーファーが独立したタイプは、直径160mmといった大きめのサブウーファーユニットを備えています。そのため、迫力ある重低音を体感できるのがメリット。ただし、高さや奥行きが300mmほどと大きくなるため、設置場所のスペースを考慮して選ぶとよいでしょう。

接続方法で選ぶ

By: amazon.co.jp

2.1chスピーカーをAVアンプやテレビなどと接続するにはさまざまな方法があります。一般的なのは、サウンドバーやサブウーファーをHDMIや光デジタル、そしてアナログなどの入力端子でつなげる方法です。HDMIや光デジタルの場合は、データがデジタル伝送されるため高音質で楽しめるのがポイント。サブウーファーが独立している場合は、サブウーファーとフロントスピーカーを接続することでフロントスピーカーから音声出力が可能です。

エントリーモデルは、HDMIや光デジタルなどの入力端子を備えていないものがあり、その場合はLINE IN(外部入力)端子に接続できます。音声情報はアナログ伝送によるノイズで音質が劣化する恐れがあるため、音質にこだわる方には、HDMIや光デジタルといったデジタルタイプの入力端子を備えたモデルがおすすめです。

出力の大きさで選ぶ

By: amazon.co.jp

通常のボリュームで聴く場合、スピーカー出力は10W以内と言われています。そのため、液晶テレビなどのスピーカー出力は10〜20Wのものが一般的です。サブウーファーを使用する場合は、2.1chスピーカーでも50Wあれば問題ありません。

ただし、大出力のAVアンプと接続する時は、AVアンプとスピーカー出力のバランスに注意が必要です。AVアンプの出力に対してスピーカーの出力が小さすぎる場合は、破損する恐れがあります。

設置のしやすさで選ぶ

By: amazon.co.jp

設置が最も簡単なのは、サブウーファー内蔵型のサウンドバーです。すべてのスピーカーが1つのキャビネットに収納されているので、テレビなどの機器とサウンドバーをケーブルで接続するだけで使用できます。自室のサウンドバーをリビングに持って行って、家族で映画や音楽を楽しむといった時に最適です。

セパレートタイプの2.1chスピーカーは、2本のスピーカーとサブウーファーを接続する必要があります。ただし、フロントスピーカーがサウンドバーに比べてコンパクトなので、狭い場所にもセットできるのが特徴です。

また、サブウーファー独立タイプは、ワイヤレス対応のモデルがおすすめ。ケーブルで接続する必要がないので、ケーブルが邪魔にならず、設置場所の自由度も高まります。

2.1chスピーカーのおすすめモデル

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

2.1chサウンドバーのなかでもトップクラスの人気モデル。音質がよく、コスパに優れているのが特徴です。

最新バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応。前後、左右に加えて、高さもフロントのみで音の立体感を再現でき、臨場感を楽しめるのが魅力です。そのほか、 7.5cmコーン型サブウーファーを内蔵しており、120Wのアンプも相まってスリムなボディから迫力のある重低音を再生します。

Bluetoothによるワイヤレス再生にも対応しているほか、4K/HDRを伝送できるHDMI入出力を備えホームシアター用にも使用可能。幅広いユーザーにおすすめのサウンドバーです。

ソニー(SONY) サブウーファー内蔵2.1chサウンドバー HT-S200F

サブウーファー内蔵型のスリムな2.1chサウンドバー。高さ64mm、奥行き95mmと場所を取らないのでテレビ台やラックにもすっきりと設置できます。バースピーカーの両端に低音を増強するバスレフポートを設け、コンパクトながらもパワフルで深みのある低音を再生。内蔵アンプの出力は80Wとパワーも十分です。

高精度なデジタル音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」により、前方スピーカーだけでも広がりのあるサラウンドを実現。人の声が聞きやすいクリアなサウンドもポイントです。音声入力はHDMI・光デジタル・USB・Bluetoothと豊富ですが、アナログ入力に対応しないことに注意しましょう。

ソニー(SONY) 2.1chサウンドバー HT-X9000F

Bluetoothとハイレゾ入力にも対応する機能性の高さが特徴のモデルです。独立型サブウーファーはワイヤレス接続なので、コードが煩わしくないので便利。デジタルアンプを採用していることに加え、300Wの大出力のアンプも魅力です。

サラウンドはブルーレイの高音質規格の総称である「HDオーディオ」に対応。ステレオ音源も最大24bit/192kHzとDSD2.8MHzまでのハイレゾ再生に対応するハイスペックです。

ソニー独自のバーチャルサラウンド技術「S-Force PROフロントサラウンド」により、前方スピーカーのみで、包み込まれるような立体音響を実現。映画、音楽はもちろん、重低音の効いた音楽再生にもぴったりです。

デノン(DENON) Bluetooth対応サウンドバー DHT-S316

サブウーファーのクオリティーにこだわった2.1chスピーカー。独立型サブウーファーは、ワイヤレス接続なのでコードが邪魔になりません。サブウーファーをワイヤレス化することで起こる音声の遅延を軽減できるのが特徴です。これにより、映画、ゲームでの映像と音声の一体感が高まり、臨場感溢れるサウンドが楽しめます。

低音を放射するパスレフポートも、大音量時に風切り音が出るのを防ぐ構造を採用。共振によって余分な音が出るのを防ぐ厚いキャビネット材質も相まって、再生コンテンツに没頭できるクリアな音を鳴らします。国内老舗オーディオブランドならではの高音質モデルとしておすすめです。

ソニー(SONY) サウンドバー 2.1chホームシアターシステム HT-MT300

低音を増強できる独立型サブウーファーが付いた2.1chサウンドバー。 邪魔になりがちなサブウーファーを大幅にスリム化しているのも特徴です。ソファーの下に横置きできるので置き場所に困りません。

独自の音場処理技術「S-Force PRO フロントサラウンド」を搭載し、前方スピーカーだけでも広がりのあるサウンドが楽しめます。 インテリア性を重視したデザインとホワイトカラーもおしゃれ。サウンドバー初心者や女性にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 2.1chホームシアターシステム CINEMA SB450

サブウーファー独立型の2.1chサウンドバーで、440Wアンプ出力が可能です。独自の「HARMAN Display Surround」モードを搭載し、圧倒的な迫力と臨場感を実現。サブウーファー部は細かい調整が可能で好みの低音に設定可能で。

また、4Kに対応したHDMI入出力と、Bluetooth入力も備えています。迫力と重低音に定評のあるジェイビーエルサウンドを楽しめるおすすめのモデルです。

パイオニア(Pioneer) コンパクトフロントスピーカーシステム HTP-CS1

サブウーファー独立型の2.1chサウンドバー。ホームシアター用サウンドバーとしては珍しく、中高音スピーカー部が左右に分離しています。左右の設置間隔を広げることで、より広がりのあるサラウンド音声を楽しむことが可能です。サブウーファー部は縦置き・横置きに対応しているほか、ワイヤレス接続なので置き場所を選びません。

4Kに対応したHDMI入出力を搭載していることに加え、「HDオーディオ」サラウンド規格にも対応。「ニュース」「映画」「ゲーム」「ミュージック」などのモードを備え、コンテンツに応じた音質とサラウンドで楽しめるのもおすすめです。

ロジクール(Logicool) マルチメディアスピーカー Z213

PC用2.1chスピーカーの定番モデル。入力はステレオミニによるアナログ専用です。独立型サブウーファー部にはドライバーユニットが下を向いた「ダウンファイアリング方式」を採用。効率のよい低音を放射するので、コンパクトでも充実したバスサウンドを鳴らします。

さらに、ワイヤードリモコンを搭載しているため、音量の操作、低音レベルなどの調整が手元で可能です。リモコン部にはヘッドホン端子も接続できるので、夜間など音をスピーカーから出したくない時に役立ちます。

ロジクール(Logicool) オプティカルインプット対応 スピーカーシステム Z625

大音量と高い重低音再生能力が特徴の2.1chスピーカー。高効率なデジタルアンプの採用により400Wもの大出力を実現しているので、広い部屋でボリュームを上げて聴きたい用途にも対応できます。

独立型サブウーファーは35Hzから重低音を再生できるため、フルオーケストラの迫力もリアルに再現可能。ホームシアターの世界規格「THX」にも準拠しているので、映画鑑賞用にもおすすめです。アナログ音声に加えて、光デジタル音声入力にも対応しているため、幅広い機器で高音質を楽しめます。

ハーマンカードン(Harman Kardon) 高音質アンプ内蔵2.1chスピーカー SOUNDSTICKSBTJP

個性的なデザインとスケルトンボディが印象的な2.1chスピーカー。「SOUNDOSTICKS」シリーズは、ニューヨーク近代美術館MoMAのパーマネントコレクションに選ばれています。現代アートと言えるほどの高いインテリア性を備えているのが魅力です。

150mm径ユニットを採用した別体サブウーファーと総合40W出力デジタルアンプの組み合わせにより、迫力の重低音を再生します。アナログに加えてBluetooth入力に対応するので、スマホからの音楽もワイヤレスで再生可能。おしゃれで高音質な2.1chスピーカーとしておすすめです。

サンワサプライ(SANWA SUPPLY) 木製2.1chマルチメディアスピーカー MM-SPWD3BKN

木製筐体を採用した2.1chスピーカー。木は響きがよいため高級スピーカーの筐体によく使われますが、比較的リーズナブルなモデルが多い2.1chスピーカーのなかでは少し変わったモデルです。

本モデルは、密度が高く響きもよいMDF木材を採用。木の特性を活かした音作りにより、アコースティック楽器やボーカルを自然で温かみのあるサウンドを鳴らします。

キャビネットの高さをCDプラケース並みまでに抑えたコンパクト設計でデスクトップに置いても邪魔にならないのも魅力。 パソコン、スマホ、テレビなど幅広い機器で音質をアップするのにおすすめのスピーカーです。

オーム電機(AudioComm) 2.1chスピーカー ASP-2024K

コンパクトな2.1chスピーカー。サイズが210×56×56mmの横長バータイプのスピーカー内にフルレンジスピーカー2基とサブウーファーを内蔵しています。サブウーファー付きスピーカーとしてはコンパクトなので置き場所に困りません。

また、単3形乾電池3本での駆動もできるので、屋外に持ち出しての使用も可能です。音量と重低音を個別に調整できるのも便利。本体収納式接続ミニプラグでのアナログ入力に対応しています。価格もリーズナブルなので、価格重視の方におすすめのモデルです。