5.1chのサラウンドスピーカーは、前後左右から音が聞こえるのが魅力。高音質な製品を選べば、映画やライブ映像などを鑑賞する際にまるでその場にいるような高い没入感が味わえます。

この記事では、5.1ch以上のサラウンドスピーカーからおすすめモデルをご紹介。音楽やゲーム、映画などをより楽しみたい方はぜひ参考にしてください。

サラウンド対応スピーカーとは?

By: amazon.co.jp

サラウンド対応スピーカーとは、音に定位性を持たせることで臨場感を高めたスピーカーです。前後左右から視聴者を取り囲むように設置するため、サラウンドスピーカーと呼ばれます。

音の鳴る方向がリアルに感じられるため、映画やゲームなどへの没入感が向上するのが魅力。チャンネル数の多いモノほどスムーズに音が移動します。

サラウンド対応スピーカーの選び方

リアルサラウンドかバーチャルサラウンドか

By: amazon.co.jp

5.1chのサラウンドサウンドを再生するシステムは2タイプあります。1つはリアルサラウンドシステム。実際に5つのスピーカーを前後に置いて音を出すシステムです。

リアルサラウンドシステムはより臨場感のある音が楽しめるのが魅力。しかし、スピーカーの設置場所が必要なので、広いリビングなどへの設置を考えている方におすすめです。

もう1つはバーチャルサラウンドシステム。バーチャルサラウンドとは、前方にだけスピーカーを設置し、疑似的に後方からも音が鳴っているように聞こえるシステムです。

リアルサラウンドよりもリアリティは劣りますが、省スペースに設置できるのがメリット。比較的安いモデルが多いのも魅力です。

対応フォーマットや機能を確認

By: amazon.co.jp

サラウンドスピーカーは、基本的にDVDのサラウンドフォーマットに対応しているため、ブルーレイの規格に対応していないモノもあります。

DVDのフォーマットに対応しているモノならブルーレイの再生自体は可能ですが、ブルーレイのフォーマットを十分に生かせません。ブルーレイを高音質に楽しむためには、対応フォーマットを確認しておきましょう。

また、ワイヤレス接続に対応した製品も増加傾向にあります。特にリアルサラウンドのモデルを選ぶ方は、ケーブルが邪魔にならないワイヤレスタイプがおすすめです。

入出力端子を確認

一般的にサラウンドスピーカーの入力端子は、HDMI端子が採用されています。DVDやBDプレイヤーからスピーカーに接続し、スピーカーからテレビへ接続するのが主流。なお、4Kの映像を再生する場合は4K対応のHDMI端子が必要です。

複数の機器を接続する場合は、HDMIの入力端子が多いモノを選びましょう。光デジタルやアナログ音声の入力もできるモデルなら、さまざまな機器を接続して高音質で楽しめます。

5.1ch以上のサラウンド対応スピーカーおすすめメーカー

ソニー(SONY)

By: amazon.co.jp

ソニーはテレビやヘッドホン、ウォークマンなどさまざまな製品を展開している日本の大手家電メーカーです。サウンドバータイプのサラウンド対応スピーカーを多数リリースしています。

ドルビーアトモスやDTS:Xなどを搭載した製品も多く、映画鑑賞に適したサウンドも魅力。ソニー製品との併用を前提とした製品が多く、国内でさまざまな製品を取り扱うソニーならではの利点です。

また、ソニーは独自の高品位コーデックLDACを開発するなど、高音質を探求した製品が多いのも特徴。ハイレゾ音源に対応したモデルも多く、音楽鑑賞にもおすすめです。

BluetoothやWi-Fi、DLNAなどのネットワーク機能を搭載したモデルも充実しており、利便性の高い製品を数多くラインナップしています。

パイオニア(Pioneer)

By: amazon.co.jp

パイオニアは日本の老舗家電メーカーです。ソニーなどと比べると小規模ですが、ダイナミックスピーカーを日本で初めて開発した会社でもあり、開発力の高さに定評があります。

2015年からは音響機器メーカーとして有名なオンキヨーと手を組み高音質な製品の開発に注力。2.1chほどのシンプルなスピーカーが多く、スペースの少ない部屋にもすっきりと設置できます。

ヤマハ(YAMAHA)

By: amazon.co.jp

音響機器や楽器などを中心に販売・製造している日本の大手楽器メーカーです。プロ仕様のモニタースピーカーなども取り扱っており、音楽業界では高い実績を誇ります。

2.1chのサウンドバーから5.1chのリアルサラウンド機能付きスピーカーなどラインナップが豊富。なかでも、2.1chながら壁の反響を利用してバーチャルサラウンドを可能にした「YASシリーズ」が人気です。

AVアンプやスピーカーも多数取り扱っているため、自分好みの音質を追求したい方にもおすすめ。ピアノブラック塗装を施すなどデザイン性も高く、高級感があります。

5.1ch以上のサラウンド対応スピーカーおすすめ

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-108

5.1chサウンドバータイプのサラウンドスピーカーです。幅890×高さ53mmとスリムなボディが特徴。薄型テレビの前に置いても邪魔にならず、壁掛けにも対応しています。スリムながらも音には迫力があり、30Wのフルレンジスピーカー2つに加え60Wのサブウーファーとツイーターを左右それぞれに内蔵。

さらに、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応。音の鳴る高さまで感じ取れるため、特に飛行機が頭上を飛んでいくシーンなどでは高い臨場感を感じられます。

HDMI端子は1つだけですがHDR・4K/60pに対応。より美麗な映像を鑑賞したい方にもおすすめです。クリアボイス機能などテレビ番組の視聴に便利な機能も搭載しています。

また、Bluetoothにも対応しているため、モバイル端末での音楽再生なども手軽に操作可能。マルチポイント接続ができ、接続機器も簡単に切り替え可能です。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-107

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-107

5.1chサブウーファー一体型タイプのサラウンドスピーカーです。5.5cmのフルレンジスピーカーと2.5cmのツイーター、7.5cmのサブウーファーを左右に配置しています。最大出力120Wとハイパワーですが、高さ53mmのスリムボディでテレビの前に置いても邪魔になりません。壁掛けにもおすすめです。

さらに、HDMI端子は2つあり、1つはブルーレイの標準フォーマットHDRに対応。2つ目は4K/60p4:4:4映像のパススルーに対応しています。バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応。音の鳴っている高さまで再現しているため、映画鑑賞などでより高い臨場感を感じられます。

ワイヤレスにも対応しており、スマホなどと接続して手軽に音楽を再生できるのも魅力。独自の音質改善技術を採用するとともに低遅延で高音質なAACコーデックを搭載しているためiPhoneユーザーにおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 フロントサラウンドシステム YAS-408

ヤマハ(YAMAHA) MusicCast BAR 400 フロントサラウンドシステム YAS-408

サウンドバーとサブウーファーがセットになった5.1chサラウンドスピーカーです。センターユニットには、ウーファー2基とツイーター1基を左右に配置。ワイヤレスサブウーファーには16cmの大型ユニットを搭載しています。

さらに、中高音域をクリアに再生するフルデジタルアンプDDFAを搭載しており、広い音域をクリアに再生できます。多くのスピーカーを搭載していますが、サウンドバー自体は高さ約60mmのスリムボディなので壁掛けにもおすすめです。

そのほか、バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」にも対応。高さ方向の音も疑似的に体感できるため、映画やライブ映像の鑑賞におすすめです。

HDMI端子は、HDRやHDCP2.2、4K/60pパススルーに対応しているほか、ブルーレイも高画質で再生できます。また、他の「MusicCast」対応機器とワイヤレス接続してワイヤレスリアスピーカーとして使用できるのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-207

ヤマハ(YAMAHA) フロントサラウンドシステム YAS-207

サウンドバーとサブウーファーがセットとなった5.1chのサラウンドスピーカーです。サウンドバーは、幅108×高さ60mmの薄型。ワイヤレスサブウーファーは縦置きにも対応しており、省スペース設計です。

HDMI端子はブルーレイ規格のHDRや、4K/60p4:4:4映像信号のパススルー、HDCP2.2に対応。さらにHDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるARCにも対応しており、手軽に高画質で楽しめます。

バーチャル3Dサラウンド技術「DTS Virtual:X」に対応しているのも魅力。テレビ画面から音が聞こえるため映像と音の一体感があります。高さ方向の音も感じられるため映画や音楽鑑賞におすすめです。

さらに、Bluetoothにも対応。独自の音質改善技術に加えてAACコーデックにも対応しており高音質です。スマホに専用アプリをダウンロードすれば、音量調節やサラウンドプログラムの切り替えもできます。

ヤマハ(YAMAHA) TVサラウンドシステム SRT-1500

ヤマハ(YAMAHA) TVサラウンドシステム SRT-1500

スピーカーとサブウーファーが一体型となった5.1chのサラウンドスピーカーです。ビームスピーカーを8基、大口径サブウーファーを左右に1基ずつ搭載。さらに、バスレフポートを搭載することで迫力のある重低音再生が可能です。

ただし、幅780×高さ77×奥行370mmとワイドデザインなので広い設置スペースが必要。約40kgまで耐えられるため、55型以下の薄型テレビの下に設置するのがおすすめです。

また、本製品はヤマハの独自技術YSPを搭載しているのが特徴。ビームのように音を出すことで天井などに音を反射させ、バーチャルサラウンドでありながらもリアルサラウンドに近い音場を体験できます。

HDMI端子は、4K/60pのパススルーとHDCP2.2に対応。各1口ずつ搭載しており、ARCにも対応しています。また、HDMI接続時に番組表と連動して自動で適切なサラウンドモードを選択するのも魅力です。

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5

ソニー(SONY) ホームシアターシステム HT-RT5

5.1chのサラウンドスピーカーです。バースピーカー1基、サブウーファー1基、リアスピーカー2基のセットで、本格的なリアルサラウンドを楽しめます。

それぞれのスピーカーは、電源ケーブルを接続するだけでワイヤレス接続可能。ケーブルを踏む心配がなく、部屋にすっきりと設置できます。

さらに、ソニーが開発したコーデックLDACに対応しているため、遅延もなく高音質です。Bluetooth接続にも対応しており、スマホなどから手軽に音楽を再生できます。

3つのHDMI入力端子を備えており、複数の機器をつなぎたい場合も便利です。HDCP2.2に準拠しているため、4K放送対応チューナーも接続できます。

レイザー(Razer) RAZER LEVIATHAN ONE SOUND BAR TO RULE THEM ALL RZ05-01260100-R3A1

レイザー(Razer) RAZER LEVIATHAN ONE SOUND BAR TO RULE THEM ALL RZ05-01260100-R3A1

サウンドバーとサブウーファーがセットになった5.1chのサラウンドスピーカーです。トータル出力は30W。サウンドバーにはフルレンジドライバー2基とツイーター2基を搭載しています。

サウンドバーは長さ63.5mmと小型。薄型テレビの前だけでなく、デスクトップPCなどの下にもすっきりと配置できます。ゲーミングデバイスメーカーとして有名なレイザーがリリースしているだけあり、ドライバーは全てゲームプレイに適したチューニングです。

没入感を高めるドルビーバーチャルスピーカーを搭載しており、PS4などのゲームにおすすめ。また、音楽や映画用にチューニングされた3つのモードもあり、映画鑑賞などにもおすすめです。

3.5mmプラグや光学端子、Bluetoothで接続が可能。スマホやタブレットとも手軽にワイヤレス接続できます。

ボーズ(Bose) Lifestyle 650 home entertainment system Lifestyle 650

ボーズ(Bose) Lifestyle 650 home entertainment system Lifestyle 650

5.1chのリアルサラウンドスピーカーです。OmniJewelスピーカー4基とOmniJewelセンタースピーカーのフルセット。センタースピーカーには5台の高性能ドライバーを搭載しており、ボーズらしい豊かな低音とクリアな高音を再生できます。

センタースピーカー以外の4基はアルミニウム製の全方向性スピーカーです。幅46.7×高さ146.6mmと小型ながらも広い音場を実現します。

5つのHDMI入力端子を装備しているのも魅力。4K/60pパススルー他光デジタル入力や同軸デジタル入力にも対応しており、複数の機器を接続できます。

さらに、本製品はSoundTouch機能に対応。Wi-Fiネットワーク経由で手軽に音楽を再生できます。Bluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットとの接続も簡単です。

パイオニア(Pioneer) スピーカーシステム S-HS100

パイオニア(Pioneer) スピーカーシステム S-HS100

5.1chのリアルサラウンドスピーカーです。フロントとセンター、サラウンド、パワードサブウーファーのフルセット。最も大きなセンタースピーカーでも幅270×高さ100mmと小型で、丸いフォルムはリビングインテリアとしてもよく馴染みます。

それぞれのスピーカーは全て同じドライバーユニットを搭載しており、音をスムーズに出せるのがポイント。また、小型ながらも最大出力は160Wあるため、力強い重低音と広い音場を体験できる製品です。

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-1600

スピーカーとサブウーファーが一体化したサウンドバータイプの5.1chサラウンドスピーカーです。テレビの前にも設置できる幅100×高さ6.5cmのスリムな設計が特徴。壁掛けにも対応しています。

本製品はYSP技術を採用。ビームスピーカーを8基搭載しており、壁面に音を当てたその反射を利用してよりリアルなバーチャルサラウンドを実現します。

さらに、再生コンテンツに合わせて5つのモードを搭載。さまざまなコンテンツを最適な音場で視聴できます。「おまかせサラウンド」機能を使用すれば自動でモードを切り替えるため手間もかかりません。

HDMI端子は4K/60pパススルーやHSCP2.2のほか、1本のHDMIケーブルでテレビ音声を伝送できるARCにも対応しています。また、Wi-Fiを利用したワイヤレス接続やMusicCast対応機器とのネットワーク接続にも対応。ネットワーク上のコンテンツも手軽に楽しめます。

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB885

パナソニック(Panasonic) シアターバー SC-HTB885

5.1chのバーチャルサラウンドスピーカーです。サウンドバーとサブウーファーのセット。サブウーファーはワイヤレスに対応しており、ケーブルレスで設置できます。

サウンドバーは幅112.5×高さ5.1cmと薄型で、テレビの前面にも設置可能です。最大出力は500Wと5.1chサラウンドスピーカーの中では群を抜いて高く、迫力のあるサウンドが楽しめます。

HDMI端子は、4K/60pパススルーに対応しているほか、BDなども高画質で再生可能。また、急なボリュームアップを抑える「音量オート」や、音声に焦点を当てて再生できる「明瞭ボイス効果」など便利な機能を搭載しているのも魅力です。

さらに、Bluetooth接続にも対応。スマホやタブレットなどを接続し、手軽に曲を再生できます。また、SBCのほかAACやaptXコーデックを採用しているのも魅力。ワイヤレス接続でも音ズレや音質劣化の心配がありません。

ボーズ(BOSE) Lifestyle 600 home entertainment system Lifestyle 600 BK

ボーズ(BOSE) Lifestyle 600 home entertainment system Lifestyle 600 BK

5.1chのリアルサラウンドスピーカーです。Jewel Cubeスピーカー4基とJewel Cubeセンタースピーカー1基のフルセット。4基のスピーカーは幅6.98×高さ15.88cmと小型で設置場所を選びません。

ドライバーを精密に角度調節しているため、スイートスポットを作らないのも魅力。どの場所からでも快適に視聴できます。

また、5つのHDMI端子を装備しているため、複数機器の接続にも便利です。さらに、Wi-Fi接続やBluetooth接続にも対応しており、スマホやタブレットから手軽に音楽再生できるのも特徴。SoundTouchアプリをダウンロードすれば、複数のスピーカーをアプリで操作できます。

ソニー(SONY) サウンドバー HT-ST5000

ソニー(SONY) サウンドバー HT-ST5000

サウンドバースピーカー1基とサブウーファー1基とがセットになった7.1chサラウンドスピーカーです。ドルビーアトモスやDTS:Xにより、縦方向の音まで再現できるため、包み込まれるような音場を体験できます。ハイレゾ音源にも対応しており、音楽や映画などを高音質で楽しみたい方におすすめです。

3つのHDMI入力端子を備えており、4K/60p、HDRパススルーに対応。さらに、HDRはHDR10やHLGなどのフォーマットにも対応しており、さまざまなコンテンツを高画質で再生できます。

また、Wi-Fiやネットワーク接続、Bluetooth接続に対応しているのも魅力。スマホなどのモバイル端末からも手軽に音楽を再生できます。AACやLDACコーデックにも対応しているため、音もほとんど劣化しません。

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2700

サウンドバーとサブウーファーのセットになった、7.1chのサラウンドスピーカーです。サブウーファーはワイヤレス接続に対応しており、ケーブルの長さを気にせず設置できます。サウンドバーの高さは約51mmと低いため、テレビの前に置いても邪魔になりません。

本製品はバーチャルサラウンド技術YSPを搭載しているモデルです。センターユニットには、16基の小型スピーカーを搭載。ビームのように音を出して壁に反射させることでよりリアルな音場を体感できます。

HDMI入力端子は3系統。HDRや4K/60pパススルーに対応しており、複数機器を接続できます。さらに、HDMIケーブル1本でテレビ音声を伝送できるARCに対応しているのも魅力です。

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2500

ヤマハ(YAMAHA) デジタル・サウンド・プロジェクター YSP-2500

薄型51mmのサウンドバーとワイヤレス対応サブウーファーがセットになった、7.1chのサラウンドスピーカーです。4K/60pパススルーに対応した3つのHDMI入力端子を備えており、複数の機器を接続できます。

また、本製品はヤマハ独自のバーチャルサラウンド技術YSPに対応。16個のビームスピーカーを内蔵しており、どの視聴場所からも身体を包み込むような音場を体感できます。