アンプを自由にカスタマイズできる「パッシブスピーカー」。自分の好みの音を作れるのが魅力です。パッシブスピーカーにはさまざまな種類があり、音質などもモデルによって異なります。

そこで今回は、パッシブスピーカーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、初めてパッシブスピーカーを使う方も参考にしてみてください。

パッシブスピーカーとは?

By: rakuten.co.jp

パッシブスピーカーとは、アンプが内蔵されていないスピーカーのことを指します。アンプを自由にカスタマイズできるのが特徴。自分好みのサウンドを作りたい方や、音にこだわりのある方におすすめです。

また、パッシブスピーカーはアンプを内蔵しない分コンパクト。本棚に収まるサイズのモデルも多く、ワンルームなど設置スペースが限られている方にもおすすめです。

パッシブスピーカーとアクティブスピーカーの違い

By: rakuten.co.jp

アクティブスピーカーはパッシブスピーカーと異なり、アンプを内蔵しています。電源に接続するだけで音を出せ、価格も比較的リーズナブルで手軽に使えるのが特徴です。しかし、出力が低く、音質が悪くなりやすいというデメリットもあります。

一方、パッシブスピーカーはアクティブスピーカーよりも音質に優れているのが特徴。別途アンプを用意する必要がありますが、より高音質な自分好みのサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方におすすめです。

なお、パッシブスピーカーのサウンドはモデルによって差があります。高音が得意なモデル、パワフルな低音を響かせるモデルなど、さまざまなモノがあるので、よく聴く音楽ジャンルや好みによって選んでみてください。

パッシブスピーカーの種類

ブックシェルフ型

By: fostex.jp

ブックシェルフ型のパッシブスピーカーは、設置スペースの限られている方におすすめです。「ブックシェルフ」という名前の通り、本棚に置けるほど小さい長方形の形をしており、狭いスペースにも置けます。

なお、一般的に大きなサイズのスピーカーの方が、パワフルな低音の出力が得意。あまり小さいブックシェルフ型パッシブスピーカーを選ぶと、低音の響きが不十分に感じる可能性があります。

ロックやEDMを聴く方など、低音重視の方は大きめのパッシブスピーカーを選ぶのがおすすめです。ブックシェルフ型のパッシブスピーカーで低音を楽しみたい場合は、低音再生に特化したモデルをチェックしてみてください。

トールボーイ型

By: amazon.co.jp

トールボーイ型のパッシブスピーカーは、床に直接置いて使用します。背が高いのが特徴。比較的大型なので、設置場所に余裕がある方におすすめです。圧迫感を抑えて設置したい方は、細長いスリムタイプを選んでみてください。

また、大きい分スピーカーユニットを複数搭載しており、低音を豊かに再生可能。臨場感のある映画やライブ音源を楽しみたい方にも適しています。

フロア型

By: amazon.co.jp

フロア型という名前の通り、フロアに直接置くタイプのパッシブスピーカーです。比較的サイズが大きいので、設置場所に余裕のある方に適しています。音の再現力や迫力がほかのタイプのスピーカーより優れているため、音質にこだわりたい方におすすめです。

なお、フロア型パッシブスピーカーを選ぶ場合は、その性能の高さに合わせてアンプも高性能なモノを選ぶ必要があります。フロア型パッシブスピーカー本体の価格も比較的高いので、価格よりも音質重視の方におすすめです。

パッシブスピーカーの選び方

ワット数をチェック

By: rakuten.co.jp

スピーカーが使用する電力は、ワット数で表されます。使えるワット数が大きいほど高出力で音を出せるので迫力もアップ。また、高出力なモデルほど繊細な音まで再生できるため、音質にこだわりのある方はワット数の高いパッシブスピーカーを選ぶようにしましょう。

役者の息遣いや楽器の繊細な表現まで楽しみたい方には、100W前後のワット数を備えたモデルがおすすめです。一方、手軽に音楽や映画を楽しみたい方は、ワット数約30〜50Wのモデルで十分楽しめます。

なお、屋外やライブハウスなど、本格的な場で使用する場合は200W以上のモノがおすすめ。使用スペースの広さや、音へのこだわりの強さなどに合わせて選んでみてください。

サイズをチェック

By: sony.jp

パッシブスピーカーには大きく分けて3種類あり、それぞれ大きさが異なります。設置場所に合ったサイズのモノを選びましょう。

ワンルームや自室などスペースが限られている場合は、ブックシェルフ型などの小型のパッシブスピーカーがおすすめです。特に、パソコン用のスピーカーとしてデスクに置く場合は、幅15cm程度のモノを選ぶと邪魔になりません。

一方、リビングやオーディオルームで広い空間を使える場合は、より高音質なトールボーイ型やフロア型のパッシブスピーカーがおすすめです。大型のモノのなかでも幅の狭いモデルであれば、部屋への圧迫感を減らして高音質なサウンドを楽しめます。

対応端子をチェック

By: rakuten.co.jp

購入前には再生機器やアンプの対応端子をチェックしておきましょう。アンプとスピーカーを接続する端子は通常1本ですが、なかには高音用・中音用・低音用とでプラグを分けている場合もあります。

なお、パッシブスピーカーの場合、Bluetooth接続に対応したモデルはほとんどありません。スマホなどで手軽に音楽を聞きたい方は、ワイヤレス対応機種が多いアクティブスピーカーがおすすめです。

パッシブスピーカーのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: rakuten.co.jp

ヤマハは、オーディオや楽器、バイクなど、さまざまな分野で有名な世界的に有名な企業です。特にオーディオ関係は一般向けからプロ向けのモノまで幅広く取り扱い、国内外から高い評価を受けています。

ヤマハのスピーカーは、ラインナップの多さが特徴です。音楽制作にも適したプロ向けのモノから、自宅のホームシアターに適したモノまで多数の製品をラインナップ。価格帯も幅広く、自分好みのパッシブスピーカーを簡単に見つけられます。

ボーズ(Bose)

By: bose.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を置く音響機器開発製造の会社です。元マサチューセッツ工科大学教授が創立。スピーカーを中心に取り扱っていますが、高い技術力で産業用機器などの分野にも進出しており、国内外で根強い人気を誇っています。

ボーズのスピーカーは豊かな低音サウンドが魅力です。臨場感や迫力にも優れており、ライブ音源などを聴く方におすすめのメーカー。また、デザインもシンプルでスタイリッシュなモノが多く、インテリアとしても映えます。

ジェイビーエル(JBL)

By: rakuten.co.jp

ジェイビーエルは1946年に設立したアメリカの会社です。1969年よりハーマン・インターナショナルの傘下に加わっています。プロ向けから一般向けまで、スピーカーやイヤホンを中心に幅広いオーディオ機器を取り扱っているのが特徴です。

ジェイビーエルのスピーカーは、クリアな音質が特徴。音量を上げても音割れやノイズが少なく、高音質に再生できます。コンサート会場などのスピーカーも手がけるジェイビーエルならではの魅力です。

パッシブスピーカーのおすすめ|ブックシェルフ型

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-BP200(BP)

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-BP200(BP)

パッシブスピーカーの人気モデルです。12cmコーン型ウーファーと3cmソフトドーム型ツイーターを搭載した2ウェイブックシェルフ型。横幅は15.4cmとコンパクトながら、奥行きを28.7cmと長く取ることにより容積を確保しており、低音再生能力を高めています。ハイレゾにも余裕で対応できる80kHz超高域再生もポイントです。

サイズ・価格・音質のバランスのよさから、入門用をはじめデスクトップ再生、サラウンド用、サブ機など幅広い用途に適しています。キャビネット表面は美しいピアノブラック調仕上げ。ギターのボディラインを模した曲線形状スピーカーネットもおしゃれです。

ダリ(DALI) スピーカー OBERON1

ダリ(DALI) スピーカー OBERON1

デンマークのDALIは小型スピーカーを得意とする人気メーカーです。本製品は再生音の歪みを抑える独自の「SMCマグネット・システム」搭載しており、原音に忠実な再現性を備えています。

また、13cmウーファーの振動板にはウッドファイバー・コーンを使用。均等な振動性能によって偏った振動を抑え、正確かつナチュラルな再生を実現しています。

さらに、背面に「バスレフポート」を搭載。壁面と適度に距離を取って設置することにより、効果的に低音を増強できるおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) ブックシェルフ型スピーカー NS-B210

ヤマハ(YAMAHA) ブックシェルフ型スピーカー NS-B210(B)

リーズナブルながら、ハイレゾ対応のハイスペックを備えた小型ブックシェルフスピーカーです。新開発の「アルミコーンウーファー」は、明快で反応のよい中低域を聴かせます。フルレンジ構成で、1ウェイ・2ユニットという変則的な構成を採用。同じ音を再生するスピーカーを2基使用することにより、音の情報量を高めています。

本体サイズは10.5×20.5×13.2cmの縦長フォルムで、薄型テレビの脇に置いても邪魔になりにくいのがポイントです。必要なアンプ出力の目安となる出力音圧レベルは86dB、スピーカーが持つ電気抵抗の大きさを表すインピーダンスは6Ω。アンプを選ばない点でもおすすめの小型スピーカーです。

オンキヨー(ONKYO) スピーカー D-112NFX(D)

オンキヨー(ONKYO) スピーカー D-112NFX(D)

新素材セルロースナノファイバーを配合したウーファー搭載のブックシェルフスピーカー。軽量かつ剛性に優れており、滑らかでキレのよいサウンドを聴けるのが魅力です。

また、独自の低音増強技術「Advanced Aero Acoustic Drive」を採用しているのもポイント。ボリューム感と反応のよさを兼ね備えた低音を鳴らします。

さらに、高性能な3cmリング型ツイーターによる100kHz再生可能な高音も魅力。5.6MHz以上のDSD音源のように、ハイスペックなハイレゾ音源再生にも適しています。

JVCケンウッド(JVC) ブックシェルフ型スピーカー SX-WD7VNT

JVCケンウッド(JVC) ブックシェルフ型スピーカー SX-WD7VNT

振動板に木を採用したスピーカー。木は振動板素材として優秀ながらも実用化が難しく、世界でJVCだけの技術です。また、筐体内部にも響きを調節するための木製「人工熟成響棒」を内蔵しています。

2ウェイ構成のいずれにも木製ユニットを採用。これにより、55Hz~50kHzというハイレゾ対応の広帯域を同一の音色で再生できるのもポイントです。音質的にはジャズやクラシックでも多く使われる木製楽器の再現性に特に優れています。

ジェイビーエル(JBL) スタジオ・モニター・スピーカー 4312G

ジェイビーエル(JBL) スタジオ・モニター・スピーカー 4312G

1970年代から続く、伝統の「4312シリーズ」最新機です。本体の幅が36.2cm、30cmウーファーを内蔵する3ウェイ・バスレフ型で、サイズを活かした迫力あるサウンドが特徴。最新設計の導入によるクリアなサウンドもポイントです。

鮮烈なサウンドで、往年の名盤から最新録音まで幅広く楽しめるスピーカーとしておすすめ。推奨出力が200Wと大きいので、パワーのあるアンプでの大音量再生にも最適です。

パッシブスピーカーのおすすめ|トールボーイ型

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-CS3

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-CS3

性能、安さ、音質を兼ね備えた人気のトールボーイスピーカーです。バスレフ型の3ウェイ4スピーカー方式を採用し、再生周波数帯域が45Hz~50KHzと広帯域なのが特徴。独自開発の「WDスーパーツイーター」により、ハイレゾ対応が可能な高域再生を達成しているのもポイントです。

ウーファーの振動板には、軽量で強度の高い発泡マイカを採用し、力感のある低音と自然な中域を鳴らします。 音楽にも映画にも対応できるバランスのよさも魅力。価格も安く、コスパに優れたおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) トールボーイ型スピーカー NS-F210

ヤマハ(YAMAHA) トールボーイ型スピーカー NS-F210

スリムながらワイドレンジなトールボーイスピーカーです。スピーカー本体部の幅はわずか10.6cmと、一般的なトールボーイ型の半分程度。このサイズながら、2ウェイ3スピーカーと充実した構成を採用することにより、再生周波数帯域は50Hz~100kHzの広帯域なのが特徴です。

できるだけ場所を取りたくない方におすすめの高音質モデル。薄型テレビの音質の強化や、サラウンドシステム用にも最適です。なお、許容入力は40Wと控えめ。音量よりも質を重視した再生スタイルに適しています。

オンキヨー(ONKYO) 3ウェイ・スピーカーシステム D-509E

オンキヨー(ONKYO) 3ウェイ・スピーカーシステム D-509E

ハイコスパな高性能トールボーイスピーカー。バスレフ型の3ウェイ4スピーカー方式を採用し、再生周波数帯域が40Hz~100KHzと広いのが特徴です。

自社開発の3cmリング型ツイーターにより、最新ハイレゾ音源の高音再生にも対応しています。また、独自のN-OMF振動板による13cmスコーカーは歪みの少ない中音を再生。 A-OMFモノコック振動板を2基搭載した13cmウーファーは力強い低音を鳴らします。

全帯域で明快で情報量の多いサウンドが特徴。DSDのようなハイスペックなハイレゾ音源を細かく聴き込みたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) ピュアオーディオスピーカー NS-F500

ヤマハ(YAMAHA) ピュアオーディオスピーカー NS-F500

バスレフ型の3ウェイ3スピーカー方式を採用したトールボーイスピーカーです。平行面を少なくした台形デザインが特徴。おしゃれな雰囲気を演出するとともに、スピーカー内部、外部での音波の乱れを抑えるので、クリアな音質を聴かせます。

再生周波数帯域は40Hz~100KHz。ピアノの再現性には特に優れており、リアルなピアノの再生をできるだけ安いスピーカーで聴きたい方にもおすすめです。許容入力は40Wと控えめのため、出力よりも質を重視したアンプとの組み合わせが適しています。

ジェイビーエル(JBL) トールボーイ型スピーカー STAGE A180

ジェイビーエル(JBL) トールボーイ型スピーカー STAGE A180

伝統のコンプレッションホーンの技術を活かしたモデルです。3ウェイ4スピーカーのバスレフ型で、再生周波数帯域は40Hz~40kHz。独自のウェーブガイド/ホーンを取り付けた2.5cmドームツイーターを搭載し、伸びやかな高域を聴かせます。

独自の「Polycellulose振動板」による歪みの少ない再生音も魅力。躍動感と生命力のあるサウンドを求める方におすすめ。アンプにかかる負担の目安となる出力音圧レベルが90dBと高いので、小出力のアンプでも鳴らしやすいのもメリットです。

パッシブスピーカーのおすすめ|フロア型

ボーズ(Bose) Acoustimass 5 Series V stereo speaker system

ボーズ(Bose) Acoustimass 5 Series V stereo speaker system

ボーズの独自技術が詰まったフロア型スピーカー。重低音再生に特化したサブウーファーを別筐体にする2.1ch構成を採用しています。

サブウーファー部は、パイプオルガンの原理を応用することで、少ない容積でも効率的な低音再生が可能な「Acoustimass」技術を採用。豊かで迫力のある低音が楽しめます。

壁面への反射音を活用して、コンサートホールのような響きを再現する「Direct/Reflecting」技術を採用した中高音用スピーカーもポイント。臨場感に富んだ表現で、音楽や映画に没頭できます。

中高音用スピーカーはサイズが19×8.3×8.5cmと小型で、省スペースに設置可能。オプションのブラケットを使用すれば壁面に取り付けられるため、レイアウトの幅が広がります。

ジェイビーエル(JBL) フロア型スピーカー 4429

ジェイビーエル(JBL) フロア型スピーカー 4429

ブルーのバッフルに取り付けられる30cmの大型ウーファーと、2インチコンプレッションドライバーLE175系ツイーターの組み合わせたスピーカー。金管楽器を中心とした、臨場感のある高音を鳴らします。

ハイレゾ対応にも対応しており、往年のジャズ名盤だけでなく、最新録音も存分に楽しめるのもポイント。200Wの大入力と91dBの高い音圧レベルにより、アンプの選択幅が広いのもメリット。置き場所の確保が必要ですが、JBLならではの音を体感したい方におすすめです。

タンノイ(TANNOY) PRESTIGE Turnberry/GR

タンノイ(TANNOY) PRESTIGE Turnberry/GR

英国の老舗スピーカーメーカー、TANNOYの伝統的スタイルを継承するフロア型スピーカー。ウォールナット無垢材を使った箱形のキャビネットに、家具調デザインが特徴的です。

ハイレゾ対応相当の34Hz~44KHz再生可能なワイドレンジ仕様。最大入力は400Wで、高級なハイパワーアンプとの組み合わせにも余裕を持って対応可能です。

レトロな見た目とは裏腹の高性能を備え、厚みのあるアコースティックサウンドを楽しめます。ホールで聴くようなクラシックを中心に音楽に没頭したい方は、ぜひチェックしてみてください。

ソニー(SONY) フロア型スピーカー SS-AR1

ソニーの高級スピーカーです。前面バッフル部には5cm厚の北海道産楓材、側面部にはフィンランド産の樺材を採用しています。

3ウェイ4スピーカーのユニットはすべて新開発。自然でリアルな高音質を聴かせます。 また、音楽ジャンルを問わないニュートラルな再現性も特筆点。幅広い音楽を高音質で聴きたい方におすすめです。

再生周波数帯域は28Hz〜60kHzと超ワイドレンジ。最大入力も200Wと、内外の高級ハイパワーアンプに対応できる性能を備えているおすすめのモデルです。