アンプを自由にカスタマイズできる「パッシブスピーカー」。自分の好みの音を作れるのが魅力です。パッシブスピーカーにはさまざまな種類があり、音質などもモデルによって異なります。

そこで今回は、パッシブスピーカーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、初めてパッシブスピーカーを使う方も参考にしてみてください。

パッシブスピーカーとは?

By: rakuten.co.jp

パッシブスピーカーとは、アンプが内蔵されていないスピーカーのことを指します。アンプを自由にカスタマイズできるのが特徴。自分好みのサウンドを作りたい方や、音にこだわりのある方におすすめです。

また、パッシブスピーカーはアンプを内蔵しない分コンパクト。本棚に収まるサイズのモデルも多く、ワンルームなど設置スペースが限られている方にもおすすめです。

パッシブスピーカーとアクティブスピーカーの違い

By: amazon.co.jp

アクティブスピーカーはパッシブスピーカーと異なり、アンプを内蔵しています。電源に接続するだけで音を出せ、価格も比較的リーズナブルで手軽に使えるのが特徴です。しかし、出力が低く、音質が悪くなりやすいというデメリットもあります。

一方、パッシブスピーカーはアクティブスピーカーよりも音質に優れているのが特徴。別途アンプを用意する必要がありますが、より高音質な自分好みのサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方におすすめです。

なお、パッシブスピーカーのサウンドはモデルによって差があります。高音が得意なモデル、パワフルな低音を響かせるモデルなど、さまざまなモノがあるので、よく聴く音楽ジャンルや好みによって選んでみてください。

パッシブスピーカーの種類

ブックシェルフ型

By: amazon.co.jp

ブックシェルフ型のパッシブスピーカーは、設置スペースの限られている方におすすめです。「ブックシェルフ」という名前の通り、本棚に置けるほど小さい長方形の形をしており、狭いスペースにも置けます。

なお、一般的に大きなサイズのスピーカーの方が、パワフルな低音の出力が得意。あまり小さいブックシェルフ型パッシブスピーカーを選ぶと、低音の響きが不十分に感じる可能性があります。

ロックやEDMを聴く方など、低音重視の方は大きめのパッシブスピーカーを選ぶのがおすすめです。ブックシェルフ型のパッシブスピーカーで低音を楽しみたい場合は、低音再生に特化したモデルをチェックしてみてください。

トールボーイ型

By: amazon.co.jp

トールボーイ型のパッシブスピーカーは、床に直接置いて使用します。背が高いのが特徴。比較的大型なので、設置場所に余裕がある方におすすめです。

また、大きい分スピーカーユニットを複数搭載しており、低音を豊かに再生可能。臨場感のある映画やライブ音源を楽しみたい方にも適しています。圧迫感を抑えて設置したい方は、細長いスリムタイプを選んでみてください。

フロア型

By: amazon.co.jp

フロア型という名前の通り、フロアに直接置くタイプのパッシブスピーカーです。比較的サイズが大きいので、設置場所に余裕のある場合に適しています。音の再現力や迫力がほかのタイプのスピーカーより優れているため、音質にこだわりたい方におすすめです。

なお、フロア型パッシブスピーカーを選ぶ場合は、性能の高さに合わせてアンプも高性能なモノを選ぶ必要があります。フロア型パッシブスピーカー本体の価格も比較的高いので、価格よりも音質重視の方におすすめです。

パッシブスピーカーの選び方

ワット数をチェック

By: rakuten.co.jp

スピーカーが使用する電力は、ワット数で表されます。使えるワット数が大きいほど高出力で音を出せるので迫力もアップ。また、高出力なモデルほど繊細な音まで再生できるため、音質にこだわりのある方はワット数の高いパッシブスピーカーを選ぶようにしましょう。

役者の息遣いや楽器の繊細な表現まで楽しみたい方には、100W前後のワット数を備えたモデルがおすすめです。一方、手軽に音楽や映画を楽しみたい方は、ワット数約30〜50Wのモデルで十分楽しめます。

なお、屋外やライブハウスなど、本格的な場で使用する場合は200W以上のモノがおすすめ。使用スペースの広さや、音へのこだわりの強さなどに合わせて選んでみてください。

サイズをチェック

By: sony.jp

パッシブスピーカーには大きく分けて3種類あり、それぞれ大きさが異なります。設置場所に合ったサイズのモノを選びましょう。

ワンルームや自室などスペースが限られている場合は、ブックシェルフ型などの小型のパッシブスピーカーがおすすめです。特に、パソコン用のスピーカーとしてデスクに置く場合は、幅15cm程度のモノを選ぶと邪魔になりません。

一方、リビングやオーディオルームで広い空間を使える場合は、より高音質なトールボーイ型やフロア型のパッシブスピーカーがおすすめです。大型のモノのなかでも幅の狭いモデルであれば、部屋への圧迫感を減らして高音質なサウンドを楽しめます。

対応端子をチェック

By: rakuten.co.jp

購入前には再生機器やアンプの対応端子をチェックしておきましょう。アンプとスピーカーを接続する端子は通常1本ですが、なかには高音用・中音用・低音用とでプラグを分けている場合もあります。なお、パッシブスピーカーの場合、Bluetooth接続に対応したモデルはほとんどないので留意しておきましょう。

アンプに合ったインピーダンスのモデルを選ぶ

By: amazon.co.jp

「インピーダンス」とは、回路に電気信号が流れた際に発生する電気抵抗のこと。「Ω(オーム)」という単位で表され、パッシブスピーカー・アンプ両方のスペック欄に記載されています。

インピーダンスの数値が小さいほど大きな電気が流れるので、故障を防ぐためにも、アンプよりもインピーダンスの数値が大きいモデルを選びましょう。すでに使用するアンプが決まっているのであれば、アンプに合ったインピーダンスのモデルを選ぶのが重要です。

パッシブスピーカーのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: rakuten.co.jp

ヤマハは、オーディオや楽器、バイクなど、さまざまな分野で有名な世界的に有名な企業です。特にオーディオ関係は一般向けからプロ向けのモノまで幅広く取り扱い、国内外から高い評価を受けています。

ヤマハのスピーカーは、ラインナップの多さが特徴です。音楽制作にも適したプロ向けのモノから、自宅のホームシアターに適したモノまで多数の製品をラインナップ。価格帯も幅広く、自分好みのパッシブスピーカーを見つけられます。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を置く音響機器開発製造の会社です。元マサチューセッツ工科大学教授が創立。スピーカーを中心に取り扱っていますが、高い技術力で産業用機器などの分野にも進出しており、国内外で根強い人気を誇っています。

ボーズのスピーカーは豊かな低音サウンドが魅力です。臨場感や迫力にも優れており、ライブ音源などを聴く方におすすめのメーカー。また、デザインもシンプルでスタイリッシュなモノが多く、インテリアとしても映えます。

ジェイビーエル(JBL)

By: amazon.co.jp

ジェイビーエルは1946年に設立したアメリカの会社です。1969年よりハーマン・インターナショナルの傘下に加わっています。プロ向けから一般向けまで、スピーカーやイヤホンを中心に幅広いオーディオ機器を取り扱っているのが特徴です。

ジェイビーエルのスピーカーは、クリアな音質が特徴。音量を上げても音割れやノイズが少なく、高音質に再生できます。コンサート会場などのスピーカーも手がけるジェイビーエルならではの魅力です。

パッシブスピーカーのおすすめ|ブックシェルフ型

ヤマハ(YAMAHA) Soavo NS-B901

ミッドレンジとツイーターを搭載した2ウェイ構成のブックシェルフ型パッシブスピーカー。広い音域を忠実に再生します。ヤマハのピアノと同等の塗料や工程を採用しており、デザイン性に優れているのもポイントです。

アルミマグネシウム合金製のDC-ダイヤフラムツイーターを採用しているのも魅力。振動板とボイスコイルボビンを一体成型しています。また、磁気回路はネオジムマグネットを使用した内磁型で、高域への伸びを実現しているのが特徴です。

さらに、13cm口径のヤマハオリジナルのA-PMDウーファーを搭載。そのほか、クルトミューラー社のソリッドゴムサラウンドを採用しており、クリアでレスポンスに優れた中低域を実現しています。音質にこだわりたい方におすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-B700

本体サイズが幅15×奥行15.4×高さ27cmとコンパクトで、幅広い場所に設置できるブックシェルフ型のパッシブスピーカー。天面はラウンドフォルム仕上げで、スタイリッシュな雰囲気を演出します。

本体には、ブラウンバーチ・リアルウッド突板で仕上げたヤマハ独自の高剛性キャビネットを採用。不要共振を抑え、透明感のあるサウンドとより確実な音像定位を再現しています。

また、100kHzまでの高い音域に対応したDC-ダイヤフラムドームツイーターを採用。10cmウーファーも備わった2ウェイ構成で、広い音域に対応します。効果音や残響音をスケール豊かに再生するので、映画鑑賞におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP401

ハイレゾ音源に対応したスピーカーユニットを搭載しているブックシェルフ型のパッシブスピーカー。ジャズやオーケストラにおける楽器の位置など、音の深みや奥行もリアルに再現します。

13cmウーファーの振動板には純アルミ材を採用。高い軽量性と剛性が備わっており、楽器の音色をリアルに演出します。また、ツイーターには3cmソフトドーム型ツイーターを採用。振動板にコーティング処理が施されており、広い音域を忠実に再現します。

キャビットは、すべての角を楔の原理で結合する総三方留め構造。高い剛性とコントロール性を同時に実現しています。さらに、黒鏡面ピアノフィニッシュで仕上げたおしゃれな見た目で、デザイン性も良好。機能性とインテリア性を兼ね備えています。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-B330

ハイレゾ対応のブラックアノダイズド・アルミツイーターを採用している、ブックシェルフ型のパッシブスピーカー。ハイレゾ再生に必要な周波数帯域45kHzを保ちながら、高い耐久性も同時に実現しています。

13cmのPMDコーンウーファーを採用。低い音域の分解能や抜けを高いレベルで実現しています。また、音を小さくしても音の躍動感が失われにくく、レスポンスが俊敏なのもポイントです。

指向特性を制御するヤマハ独自のウェーブガイドホーンも搭載。直接音と間接音とのバランスを調節することで、音像定位や周波数特性の乱れを防止しています。リアルで歯切れのある音を楽しみたい方におすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) Stage A130 JBLA130W

本体サイズが幅19×奥行23×高さ32.1cmとコンパクトなブックシェルフ型のパッシブスピーカー。木製ツートーンカラーで、インテリアとしても活躍します。部屋にあたたかみを演出できるのがポイントです。

20.3cmのウーファーと2.5cmのアルミドーム型ツイーターがピュアなサウンドを再現。2ウェイ構造で、高音域から低音域まで幅広い音を楽しめるおすすめのパッシブスピーカーです。

ジェイビーエル(JBL) Stage A120 JBLA120W

JBL独自の20.3cmウーファーを搭載しているブックシェルフ型のパッシブスピーカー。パワフルかつ質の高い音を実現しています。また、奥行きを広く取ることで、低音域の再生能力を高めているのが特徴です。

2.5cmのアルミドーム型ツイーターを採用。2ウェイ構造で、幅広い音域がクリアな音で再生できます。ライブ鑑賞や映画鑑賞での使用におすすめです。

本体サイズは幅17×奥行17×高さ28.5cm。コンパクトサイズで、さまざまな場所に設置できます。さらに、シックなデザインで、高級感があるのもポイント。機能性とインテリア性を兼ね備えています。

オンキヨー(Onkyo) 2ウェイ・スピーカーシステム D-212EXT

キャビネット内部で発生した逆位相の音を反転して外部へ放出する、ブックシェルフ型のパッシブスピーカー。迫力のある低音が楽しめます。また、ダクトにはオンキヨー独自のACOUSTIC DRIVEを採用。音ごもりの原因となる定在波の発生を低減しています。

スピーカーユニットには、オンキヨー独自のN-OMF振動板やアルミ製イコライザーを搭載。音の滑らかさやスピード感を引き出します。さらに、ツイーターには最高100kHzまでの超広帯域を再生するモデルを採用しています。

ネットワーク回路にはアイソレート・マウント方式を採用しており、ウーファーとツイーターが互いに干渉しないのもポイント。幅広い音源を高音質かつパワフルに再生するモデルです。

オンキヨー(Onkyo) スピーカー D-NFR9TX(D)

天然木を採用した、ブックシェルフ型のパッシブスピーカー。表面には幾度も塗装を重ねながらも木目の感触を残すために手作業で仕上げられており、美しい外観を実現しています。バッフル面の左右をわずかに湾曲させ、音の回折を防止している点も特徴です。

独自の振動板にはアラミド繊維で加工を施しており、軽量ながら高い耐久性を実現。中央には砲弾型イコライザーを搭載し、中音域から高音域、ボーカルなどをクリアに再生します。

ハイレゾ音源の再生にも対応し、繊細なニュアンスまでキッチリと再現可能。見た目も美しい、おすすめのパッシブスピーカーです。

JVCケンウッド(KENWOOD) 2ウェイバスレフ型スピーカーシステム SX-WD7VNT

ウーファーユニット下にチェリー響棒が搭載されているブックシェルフ型のパッシブスピーカーです。人工熟成処理を施すことにより、解像度や臨場感を向上。また、重厚感のある低音が楽しめます。

ウーファー部にはチェリー材の薄板シートを装着した異方性振動板を採用。ツイーターユニットのエッジ素材にはシルク繊維が用いられており、伸びがあり、かつクリアな高音域の再生を実現しています。

キャビネット構造を採用することで、広い音楽空間を追求。再生周波数帯域55Hz~50kHzと広音域の再生を可能にしています。あたたかみのあるデザインで、機能性とインテリア性を兼ね備えている製品です。

バウワーズ&ウィルキンス(Bowers&Wilkins) スタンドマウントスピーカー 707 S2

省スペース性に優れたパッシブスピーカー。ワンルームなどの小さめな部屋で高いパフォーマンスを発揮します。一人暮らしの方におすすめです。

ブレークアップの閾値を47kHzまで上げた独自のCarbon Domeツイーターを採用。Continuumコーンミッドレンジドライバーとの組み合わせで、高精度のサウンドを実現しています。

2ウェイベント型で、再生周波数帯域は45H~33kHz。レンジが広く、低音域から高音域まで幅広い音を再現します。ハイエンドモデルを探している方におすすめのモデルです。

ブックシェルフスピーカーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

パッシブスピーカーのおすすめ|トールボーイ型

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F350

ツイーターの指向特性を水平135°、垂直120°に規制したトールボーイ型のパッシブスピーカー。音像定位や周波数特性の乱れを低減しているのが特徴です。また、3cmブラックアノダイズド・アルミツイーターを採用しており、伸びやかな高音を実現しています。

高い低音域の分解能力を誇る16cmPMDコーンウーファーを採用しているのもポイント。さらに、没入感と透明感のある中音域を再現する13cmPMDコーンミッドレンジも備わっており、幅広い音楽が楽しめます。

本体サイズは幅22×奥行33.9×高さ115.7cm。接地面積が狭いので、さまざまな場所へ設置できます。スケール感のあるシアターサウンドを楽しみたい方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F330

2ウェイ・3スピーカー構成のトールボーイ型パッシブスピーカー。サブバッフルの上にアウターバッフルを搭載したWバッフル構造で、高い剛性を実現しています。

ハイレゾ対応の3cmブラックアノダイズド・アルミツイーターを採用。聴き心地のよさとワイドレンジ特性の両方を兼ね備えています。さらに、ハイレゾ再生に必要な再生周波数帯域45kHzを確保しているのもポイントです。

13cmPMDコーンウーファーを採用しており、リアルで伸びのある低音を実現しているのも魅力。インテリア性と再現性の両方を兼ね備えたパッシブスピーカーを探している方におすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F901

13cmの口径ミッドレンジを採用した、3ウェイ・4スピーカー構成のフロア型パッシブスピーカー。平行面をなくした独創性のあるキャビネットを採用することで、高い剛性と低共振特性を実現しています。

ツイーターには、アルミマグネシウム合金製のDC-ダイヤフラム方式ドーム振動板を採用。高域の情報量と高い解像度を兼ね備えています。磁気回路はネオジムマグネットを使用した内磁型。伸びやかなサウンドも実現しています。

ボディには、ヤマハのグランドピアノに用いられる塗料を使用。スタイリッシュな雰囲気を演出します。高い機能性を有し、存在感もあるおすすめのモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F700

キャビネットの天面をラウンドフォルムに仕上げたパッシブスピーカー。内部の定在波や表面の回折現象を低減し、クリアなサウンドを実現しています。また、スタイリッシュかつ個性的なデザインも魅力です。

A-PMD振動板を採用した16cmウーファーと13cmのミッドレンジ、DC-ダイヤフラム方式ドームツイーターを組み合わせた3ウェイ構成。パワフルな中低域と伸びやかな高域再生を実現しています。音楽鑑賞から映画鑑賞まで、オールラウンドに活躍するパッシブスピーカーです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーシステム NS-F500

黒鏡面ピアノフィニッシュで仕上げられたパッシブスピーカー。ナチュラルかつモダンなデザインで、高級感が演出できます。インテリアとしても活躍するのがポイントです。許容入力は40Wと控えめで、出力よりも質を重視したアンプとの組み合わせが適しています。

A-PMDウーファーとDC-ダイヤフラム方式ドームツイーターが、質感のよい低域から伸びのある高域再生までを忠実に再現。また、高剛性キャビネットを採用するなど、細かな音の響きにまでこだわって作られています。

ジェイビーエル(JBL) Stage A180 JBLA180W

ブラックとブラウンを組み合わせたツートーンカラーのトールボーイ型パッシブスピーカーです。リッチで高級感のある見た目が特徴。また、木製であたたかみを演出できるのがポイントです。

2.5cmのアルミドーム型ツイーターを採用しているのも魅力。ハイデフィニション・イメージング・ウェーブガイド・デザインとの組み合わせで、リアリティのあるサウンドクオリティを実現しています。

高駆動のサブウーファーがパワフルな低音域を再現。再生周波数帯域は40Hz~40kHzで、高い音域まで再生できます。音楽鑑賞や映画鑑賞など、幅広い用途で活躍する製品です。

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-CS3

ソニー独自の広指向性スーパーツイーターを搭載しているパッシブスピーカー。自然な音の広がりにより、表情豊かな音楽を再現しています。また、ボイスコイルに銅メッキアルミ線を採用することで、小型ツイーター特有の音圧不足を緩和しているのもポイントです。

ソニー独自の発泡マイカ素材を用いた13cmのウーファーユニットを採用。ナチュラルかつ滑らかな中音域と、パワフルでクリアな低音を同時に実現しています。

キャビネットに17箇所の補強を施すことで、高い剛性を実現。不要な振動を低減し、立ち上がりのよいサウンドを鳴らします。コストパフォーマンスに優れており、初めての方にもおすすめです。

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-AR1

滑らかな曲線美が特徴のパッシブスピーカー。シンプルかつスタイリッシュなデザインで、高級感を演出できます。リビングにも溶け込む見た目で、インテリアとしても活躍します。最大入力は200Wで、内外の高級ハイパワーアンプに対応できる性能を備えているおすすめのモデルです。

5cm厚バッフル板の素材には、北海道産の楓材を採用。高い耐久性と豊かな響きを同時に実現しています。また、再生周波数帯域は28Hz〜60kHzと広く、幅広い音域を豊かに表現するのもポイント。ハイエンドモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

デノン(DENON) トールボーイスピーカー SC-T17

本体サイズが幅20×奥行22×高さ92cmとスリムなパッシブスピーカー。設置面積が少ないので、さまざまな場所に設置できます。おしゃれなデザインで、インテリアとしても活躍します。

再生周波数帯域は45Hz~60kHz。また、8cmD.D.L.コーンと2cmソフトドーム形ツイーターが搭載されており、艶やかな音声とより正確なピストンモーションを実現しています。

インピーダンスは6Ω。さらに、価格が比較的安く設定されており、初めてパッシブスピーカーを購入する方にもおすすめです。

トールボーイスピーカーについてもっと詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。

パッシブスピーカーのおすすめ|フロア型

ボーズ(Bose) Acoustimass 5 Series V stereo speaker system

ボーズの独自技術が詰まったフロア型スピーカー。重低音再生に特化したサブウーファーを別筐体にする2.1ch構成を採用しています。

サブウーファー部は、パイプオルガンの原理を応用することで、少ない容積でも効率的な低音再生が可能な「Acoustimass」技術を採用。豊かで迫力のある低音が楽しめます。

壁面への反射音を活用して、コンサートホールのような響きを再現する「Direct/Reflecting」技術を採用した中高音用スピーカーもポイント。臨場感に富んだ表現で、音楽や映画に没頭できます。

中高音用スピーカーはサイズが幅8.3×奥行8.8×高さ19cmと小型で、省スペースに設置可能。オプションのブラケットを使用すれば壁面に取り付けられるため、レイアウトの幅が広がります。

ボーズ(Bose) F1 Model 812 Passive

大ホールや体育館、ライブ音楽会場などへの設置におすすめのパッシブスピーカー。用途に応じてカバレージパターンが選択できます。スタイリッシュな見た目も特徴で、重厚感を演出できるのも魅力です。

再生周波数帯域は47Hz~20kHz。高振幅の12インチウーファーを搭載しており、高い音圧と力強い低域を同時に実現しています。また、最大音圧レベルが125dBと高く、フォアグランドミュージックの再生にもおすすめのモデルです。

ジェイビーエル(JBL) フロア型スピーカー 4429

ブルーのバッフルに取り付けられる30cmの大型ウーファーと、2インチコンプレッションドライバーLE175系ツイーターの組み合わせたスピーカー。金管楽器を中心とした、臨場感のある高音を鳴らします。

ハイレゾ対応にも対応しており、往年のジャズ名盤だけでなく、最新録音も存分に楽しめるのもポイント。200Wの大入力と91dBの高い音圧レベルにより、アンプの選択幅が広がります。置き場所の確保が必要ですが、高音質を体感したい方におすすめです。

ジェイビーエル(JBL) フロア型スピーカー S4700

本格的なフロア型のパッシブスピーカー。独自の磁気回路とピュアパルプ・カーブドコーンを組み合わせた、38cmウーファーを搭載しています。パワフルな低音はもちろん、独自のコンプレッションドライバーにより、透き通るような高音域も再生可能です。

キャビネットの外装には、天然木の突き板を採用。洋室・和室のどちらにも馴染みやすい、シンプルながらも洗練されたデザインなので、インテリアに自然に溶け込みます。パワフルで高音質な、おすすめのパッシブスピーカーです。

タンノイ(TANNOY) PRESTIGE Turnberry/GR

英国の老舗スピーカーメーカー、タンノイの伝統的スタイルを継承するフロア型スピーカー。ウォールナット無垢材を使った箱形のキャビネットに、家具調デザインが特徴的です。

ハイレゾ対応相当の34Hz~44KHz再生可能なワイドレンジ仕様。最大入力は400Wで、高級なハイパワーアンプとの組み合わせも可能です。

レトロな見た目とは裏腹の高性能を備え、厚みのあるアコースティックサウンドを楽しめます。ホールで聴くようなクラシックを中心に音楽に没頭したい方は、ぜひチェックしてみてください。