アンプを自由にカスタマイズできる「パッシブスピーカー」。優れたパッシブスピーカーを使えば、安価なアンプにつないでも高音質で再生できるのが魅力です。パッシブスピーカーにはさまざまな種類があり、音質などもモデルによって異なります。

そこで今回は、パッシブスピーカーのおすすめモデルをご紹介。選び方も解説しているので、初めてパッシブスピーカーを使う方も参考にしてみてください。

パッシブスピーカーとは?

By: rakuten.co.jp

パッシブスピーカーとは、アンプが内蔵されていないスピーカーのことを指します。アンプを自由にカスタマイズできるのが特徴。自分好みのサウンドを作りたい方や音にこだわりのある方におすすめです。

また、パッシブスピーカーはアンプを内蔵しない分コンパクト。本棚に収まるサイズのモデルも多く、ワンルームなど設置スペースが限られている方にもおすすめです。

パッシブスピーカーとアクティブスピーカーの違い

By: rakuten.co.jp

アクティブスピーカーはパッシブスピーカーと異なり、アンプを内蔵しています。電源に接続するだけで音を出せ、価格も比較的リーズナブルで手軽に使えるのが特徴です。しかし、出力が低く音質が悪くなりやすいというデメリットもあります。

一方、パッシブスピーカーはアクティブスピーカーよりも音質に優れているのが特徴です。別途アンプを用意する必要があり、手軽に音を出せませんが、より高音質な自分好みのサウンドを楽しめるため、音質にこだわりたい方におすすめです。

なお、パッシブスピーカーのサウンドはモデルによって差があります。高音が得意なモデル、パワフルな低音を響かせるモデルなど、さまざまなモノがあるので、よく聴く音楽ジャンルや好みによって選びましょう。

パッシブスピーカーの種類

ブックシェルフ型

By: fostex.jp

ブックシェルフ型のパッシブスピーカーは、設置スペースの限られている方におすすめです。「ブックシェルフ」という名前の通り、本棚に置けるほど小さい長方形の形をしており、狭いスペースにも置けます。

なお、一般的に大きなサイズのスピーカーの方が、パワフルな低音の出力が得意。あまり小さいブックシェルフ型パッシブスピーカーを選ぶと、低音の響きが不十分に感じる可能性があります。

ロックやEDMを聴く方など、低音重視の方は大きめのパッシブスピーカーを選ぶのがおすすめです。ブックシェルフ型のパッシブスピーカーで低音を楽しみたい場合は、低音再生に特化したモデルを選びましょう。

トールボーイ型

By: amazon.co.jp

トールボーイ型のパッシブスピーカーは、床に直接置いて使用します。高さは約1mと、背が高いのが特徴。比較的大型なので、設置場所に余裕がある方におすすめです。圧迫感を抑えて設置したい方は、細長いスリムタイプを選びましょう。

また、大きい分スピーカーユニットを複数搭載しており、低音を豊かに再生できます。5.1chや7.1chなど複数のサラウンドに対応しているモデルも多く、臨場感のある映画やライブ音源を楽しみたい方にもおすすめです。

フロア型

By: amazon.co.jp

フロア型という名前の通り、フロアに直接置くタイプのパッシブスピーカーです。比較的サイズが大きいので、設置場所に余裕のある方に適しています。音の再現力や迫力が他タイプのスピーカーより優れているため、音質にこだわりたい方におすすめです。

ただ、フロア型パッシブスピーカーを選ぶ場合は、その性能の高さに合わせてアンプも高性能なモノを選ぶ必要があります。フロア型パッシブスピーカー本体の価格も比較的高いため、価格よりも音質重視の方におすすめです。

パッシブスピーカーの選び方

ワット数をチェック

By: rakuten.co.jp

スピーカーが使用する電力は、ワット数で表されます。使えるワット数が大きいほど高出力で音を出せるので迫力もアップ。また、高出力なモデルほど繊細な音まで再生できるため、音質にこだわりのある方は、ワット数の高いパッシブスピーカーを選びましょう。

役者の息遣いや楽器の繊細な表現まで楽しみたい方には、100W前後のワット数を備えたモデルがおすすめです。一方、手軽に音楽や映画を楽しみたい方は、ワット数約30〜50Wのモデルを選びましょう。

なお、屋外やライブハウスなど、本格的な場で使用する場合は200W以上のモノがおすすめ。使用スペースの広さや、音へのこだわりの強さなどに合わせて選びましょう。

サイズをチェック

By: sony.jp

パッシブスピーカーには大きく分けて3種類あり、それぞれ大きさが異なります。設置場所に合ったサイズのモノを選びましょう。

ワンルームや自室などスペースが限られている場合は、ブックシェルフ型などの小型のパッシブスピーカーがおすすめです。特に、パソコン用のスピーカーとしてデスクに置く場合は、幅15cm程度のモノを選ぶと邪魔になりません。

一方、リビングやオーディオルームで広い空間を使える場合は、より高音質なトールボーイ型やフロア型のパッシブスピーカーがおすすめです。大型のモノのなかでも幅の狭いモデルを選ぶと、部屋への圧迫感を減らして高音質なサウンドを楽しめます。

対応端子をチェック

By: rakuten.co.jp

購入前には再生機器やアンプの対応端子をチェックしておきましょう。パソコンなどで幅広く採用されているのはミニプラグですが、なかには5.1chなどのサラウンド出力対応端子を備えているモノもあります。映画を観る方などは注目しておきましょう。

また、アンプとスピーカーを接続する端子は通常1本ですが、なかには高音用・中音用・低音用とでプラグを分けている場合もあります。高音質を追求したい方は、アンプ接続の対応端子も確認しておきましょう。

なお、パッシブスピーカーの場合Bluetooth接続に対応したモデルはほとんどありません。スマホなどで手軽に音楽を聞きたい方は、ワイヤレス対応機種が多いアクティブスピーカーがおすすめ。スマホに入れた曲もワイヤレス接続すれば高音質で聴けます。

パッシブスピーカーのおすすめメーカー

ヤマハ(YAMAHA)

By: rakuten.co.jp

ヤマハは、オーディオ・楽器・バイクなどさまざまな分野で有名な世界的に有名な企業です。特にオーディオ関係は一般向けからプロ向けのモノまで幅広く取り扱い、国内外から高い評価を受けています。

ヤマハのスピーカーは、ラインナップの多さが特徴です。音楽制作にも適したプロ向けのモノから、自宅のホームシアターに適したモノまで多数の製品をラインナップ。価格帯も幅広く、自分好みのパッシブスピーカーを簡単に見つけられます。

ボーズ(Bose)

By: amazon.co.jp

ボーズは、アメリカに本社を置く音響機器開発製造の会社です。元マサチューセッツ工科大学教授が創立。スピーカーを中心に取り扱っていますが、高い技術力で産業用機器などの分野にも進出しており、国内外で根強い人気を誇っています。

ボーズのスピーカーは豊かな低音サウンドが魅力です。臨場感や迫力にも優れており、ライブ音源などを聴く方におすすめのメーカー。また、デザインもシンプルでスタイリッシュなモノが多く、インテリアとしても映えます。

ジェイビーエル(JBL)

By: rakuten.co.jp

ジェイビーエルは1946年に設立したアメリカの会社です。1969年よりハーマン・インターナショナルの傘下に加わっています。プロ向けから一般向けまで、スピーカーやイヤホンを中心に幅広いオーディオ機器を取り扱っているのが特徴です。

ジェイビーエルのスピーカーはクリアな音質が魅力。音量を上げても音割れやノイズが少なく、高音質に再生できます。コンサート会場などのスピーカーも手がけるジェイビーエルならではの魅力です。

パッシブスピーカーのおすすめ|ブックシェルフ型

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200

ヤマハ(YAMAHA) スピーカーパッケージ NS-BP200

横幅と高さを抑え、奥行きを広くとったパッシブスピーカーです。サイズはW15.4×H27.4×D28.7cmとコンパクトながらも、キャビネット容量を確保したことで低音に深みを感じられるのも魅力。最大出力数が110Wと高いのに加えて立ち上がりも素早く、繊細な楽器表現まで再生できます。

また、スピーカーユニットには、12cmコーン型ウーファーと3cmソフトドーム型ツイーターを搭載。脚部分には3点支持脚を採用しています。安定感があり、不要な振動を抑えながらよりクリアな音で再生可能です。

さらに、ピアノブラック仕上げで高級感があるデザインも魅力。ギターのボディラインをモチーフにしたサランネットを取り付けできます。楽器を飾るように置けるおしゃれなデザインで、インテリア性重視の方にもおすすめです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-B210

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-B210

5.1chサラウンド機能に対応したパッシブスピーカーです。ブルーレイなどの音質をありのまま楽しめるように開発されており、より臨場感あるサウンドで楽しめます。

サラウンド対応ですが、サイズはコンパクト。W10.5×H21.5×D13.2cmと省スペースで背も低いため、本棚やテレビ横などにも設置可能です。スリムな見た目で、薄型テレビのデザインにもマッチします。

また、クリアサウンドでレスポンスにも優れた8cmアルミコーン型フルレンジを2基搭載。キレのある中低音域が魅力で、ボーカルメインの曲や映画などの再生におすすめです。

さらに、比較的リーズナブルで、コストパフォーマンスも良好。下部のネジを使えばスタンドへの取り付けもできます。シンプルでインテリアになじみやすい高級感のあるデザインは、長く愛用したい方にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) ホームオーディオ ラウドスピーカーシステム Stage A130

ジェイビーエル(JBL) ホームオーディオ ラウドスピーカーシステム Stage A130

ツートンカラーが目を引くパッシブスピーカーです。継ぎ目のないラウンドエッジや、木目調にブラック塗装を施した高級感のあるデザイン。おしゃれなインテリアとしても映えます。

最大出力ワット数が20〜125Wと高く、繊細な表現を楽しみたい方にもおすすめの高音質モデルです。25mm径ドームツイーターに、アルミ素材のダイアフラムを採用。歪みや濁りを抑えた、透明感のあるサウンドを楽しめます。また、13mm径ウーファーを備えており、響きの豊かな低音再生が可能。コーンウーファーにより、低音域もクリアに再生可能です。

プロ向けに開発されたジェイビーエル独自のホーン技術を搭載しているのも特徴。どの方向から聴いてもクリアな音と自然な音域バランスで楽しめます。

サイズはW19×H32.1×D23cmと、ブックシェルフ型のなかではやや大きいモデルです。棚に設置する場合は、サイズを確認しておきましょう。

パイオニア(Pioneer) 2ウェイスピーカーシステム S-CN301

パイオニア(Pioneer) 2ウェイスピーカーシステム S-CN301

モニターライクな音質が特徴的なパッシブスピーカーです。より原音に近いサウンドが好みの方におすすめ。ロングストローク設計のウーファーを搭載しており、滑らかな音の諧調とクリアなサウンドを楽しめます。

また、指向性と位相性に優れたレスポンスも魅力。本製品のために専用開発した高品位ネットワーク回路を採用しており、どの方向からでもバランスよく高音質で聴けます。

厚みのあるバッフルを採用することで不要な振動を抑えているため、中音域もクリア。さらに、バスレフポートにフレア状のリングを設置し、低音域の歪みも軽減しています。スピーカー端子には、ハイエンドクラスにも採用される高品位金メッキを採用。コンパクトに高音質サウンドを楽しみたい方におすすめのモデルです。

エンクロージャーには天然木を採用。リアルウッドならではの自然な響きが楽しめます。

フォステクス(FOSTEX) かんすぴシステム スピーカーシステム P802-S

フォステクス(FOSTEX) かんすぴスピーカー スピーカーシステム P802-S

小音で楽しみたい方におすすめのパッシブスピーカーです。最大出力数24Wの低出力モデルですが、高音質スピーカーユニットを搭載した2ウェイスピーカーシステムを採用。また、木製のエンクロージャーを使うことで自然な響きを楽しめます。

UFLCソフトドーム振動板を搭載しており、40kHzまでのハイレゾにも対応。賃貸などで音を大きく出せない場合でも、小音量で高音質に再生可能です。さらに、ウーハー用コーン紙には、木材パルプを採用。エッジにはウレタンフォーム材を使うことで、8cm口径と小型ながらも、低音もしっかりと再生できます。

落ち着いた木目調のデザインは部屋にマッチしやすく、インテリア性重視の方にもおすすめ。サイズもW10×H19.5×D13cmと、パソコン横にも置けるほど小型です。

ダリ(DALI) スピーカーシステム ZENSOR 1

ダリ(DALI) スピーカーシステム ZENSOR 1

音をスムーズに移動できるのが特徴のパッシブスピーカーです。周波数の変化によってインピーダンスがスムーズに変化するので、アンプへの負担も減らせます。

クロスオーバーデザインと独自ドライバーを採用。視聴に適したスイートスポットが広いため、大人数で楽しみたい方にもおすすめです。どの角度からでもバランスよくチューニングされた音で聴けます。

また、固く軽量なウッドファイバーコーンを搭載。ツイーターも軽量で、素早いレスポンスに優れています。最大出力数も25〜100Wと高く、繊細な表現も丁寧に再生できるモデルです。

サイズはW16.2×H27.4×D22.8cm、重量も4.2kgと、ブックシェルフ型のなかではやや存在感のある大きめのモデル。やや広めの設置スペースが必要です。木目調をベースにしたツートンカラーのデザインもおしゃれ。アルミ素材をあえて見せることでスタイリッシュに仕上がっています。

ケンウッド(KENWOOD) Kシリーズ スピーカーシステム LS-NA7

ケンウッド(KENWOOD) Kシリーズ スピーカーシステム LS-NA7

密閉型とバスレフ型の特徴を兼ね備えた、ダンプドバスレフ型を採用しているパッシブスピーカーです。深みのある豊かな低音と、透明感のあるサウンドが魅力。

内部にはパーチクルボードとMDF補強材を配置しています。強度が高く、コンパクトながらも豊かな響きで再生可能。重厚感のあるサウンドが好みの方におすすめです。

また、高音質ネットワーク回路と、バナナプラグ対応金メッキ大型ターミナルを搭載しており、音場が広いのも魅力です。コンサート音源など、広がりを感じられる音源の再生にも適しています。

大きさはW10.2×H18.1×D15.8cmと、パソコンの横にも設置しやすいサイズ。クラシックやジャズなど、響きがたっぷりと味わえる曲の再生におすすめです。

パッシブスピーカーのおすすめ|トールボーイ型

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-F350

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-F350

映画鑑賞におすすめのパッシブスピーカーです。空間を感じられる音場の広いサウンドが特徴。3ウェイ・4ユニット構成で、3cmツイーターと13cmミッドレンジ、16cmウーファー2基を搭載しています。

ツイーターには、3cmブラックアノダイズド・アルミツィーターを採用。ハイレゾ音源にも対応しており、よりリアルなサウンドが味わえます。

また、ミッドレンジには13cm、ウーファーには16cmのPMDコーンを採用。小音量でも透明感のあるサウンドに加え、ウーファーの効果によりクリアな中低音域が中高音域を再現できます。

繊細な音も逃さず再生でき、ダブルウーファーで低音域もパワフルに再生。外観もスタイリッシュで、インテリアとしても映えるモデルです。

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-F210

ヤマハ(YAMAHA) スピーカー NS-F210

レスポンスに優れたキレのあるサウンドが魅力的なパッシブスピーカーです。独自開発のアルミコーンウーファーをツインドライブで搭載。ワイドレンジに対応したバランスドーム型ツイーターで、中低音域の表現力も高く、繊細な音も逃さず再生できます。

さらに、本製品は5.1chサラウンドに対応。ホームシアター用のパッシブスピーカーとしてもおすすめです。W23.6×H105×D23.6cmとスリムで、省スペース設計。薄型テレビ横にも違和感なく置けます。

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-CS3

ソニー(SONY) 3ウェイ・スピーカーシステム SS-CS3

ソニー独自の「広指向性スーパートゥイーター」を搭載したパッシブスピーカーです。スイートスポットが広いので、どの角度からでもバランスの取れた高音質なサウンドを楽しめます。

また、高品位なクロスオーバーネットワークで位相を調節。音の立ち上がりもスピーディです。さらに、キャビネットやバッフルからの不要な振動を抑制するため、音質がクリア。音場が広く奥行きも感じられます。

トゥイーター用のコイルに空芯を、ウーファー用に珪素鋼板コアを採用。コンデンサーをフィルムコンデンサーで統一するなど、高品位なパーツを使用している点も魅力です。

本製品はエントリーモデルですが、音質に優れており、クリアな中高音域とパワフルな低音再生が可能。モニターライクなナチュラルサウンドで、楽器の繊細な表現を楽しみたい方におすすめです。

デノン(DENON) トールボーイスピーカー SC-T37

デノン(DENON) トールボーイスピーカー SC-T37

天然木の木目が美しいパッシブスピーカーです。7.1chまでのサラウンドサウンドにも対応しており、映画鑑賞などにもおすすめ。音の移動もスムーズで、空間の広がりを感じられます。

また、ダブルウーファーで低音に迫力があるのも魅力。振動板のエッジを逆向きにすることで、歪みを軽減し、よりクリアな再生が可能です。

中高音域も繊細で、ボーカルメインの曲も楽しめます。低音は量感がありキレもよいため、スピーディな曲の再生にもおすすめ。ハイレゾにも対応しています。

パッシブスピーカーのおすすめ|フロア型

ボーズ(Bose) Acoustimass 5 Series V stereo speaker system

ボーズ(Bose) Acoustimass 5 Series V stereo speaker system

Direct/Reflectingスピーカーと、Acoustimassモジュールがセットになったスピーカーパッケージです。パッシブスピーカー単体ではありませんが、奥行きのあるステレオサウンドが楽しめます。

スイートスポットがなく、どの角度からでも快適に視聴できるのが特徴。スピーカーはH18.95×W8.32×D8.49cmと小型で、省スペースに設置可能。オプションのブラケットを使用して壁面に取り付けられるため、レイアウトの幅が広がります。

一方、AcoustimassモジュールはW19×H35.5×D48cmと大きく、重量も8.5kg。場所をとりますが、ボーズならではの重厚感ある豊かな低音再生に優れています。

映画鑑賞の際に、恐竜の足音や爆発音などを、よりリアルに感じられるモデル。ライブやコンサートの音源を臨場感あふれるサウンドで楽しみたい方にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 250mm×2 3ウェイ フロア型スピーカー S3900

ジェイビーエル(JBL) 250mm×2 3ウェイ フロア型スピーカー S3900

やや背が高いトールボーイスタイルのフロア型パッシブスピーカーです。サイズはW37×H100.7×D36.8cmと比較的スリムなので、部屋を広く見せたい方におすすめ。

スリムですが、87.8m³の内容積を確保したリアバスレフ型エンクロージャーを採用しています。250mm径のダブルウーファーを搭載しており、量感のある豊かな低音を再生できるのが特徴。レスポンスも良好で、キレのよいサウンドを味わえます。

また、中高音域ドライバーには専用設計のホーンを採用。ジェイビーエルの上位機種になる「SonoGlass」を用いており、のびやかで透明感のある中高音域を再生可能です。

最大出力は250Wと高く、ライブハウスなどでも使用できる高音質モデル。クラシックやジャズなどで、繊細な表現を楽しみたい方にもおすすめです。

ジェイビーエル(JBL) 380mm 3ウェイ フロア型スピーカー S4700

ジェイビーエル(JBL) 380mm 3ウェイ フロア型スピーカー S4700

380mm径ウーファーを搭載したパッシブスピーカーです。パワフルでキレのある低音が再生できるモデル。ロックやEDM系の楽曲、または映画観賞などでしっかりと低音を響かせたい方におすすめです。

50mm径コンプレッションドライバーを搭載しているため、歪みの少ない設計で、のびやかな中高音域の再生が可能。19mm径コンプレッションドライバーにより、超高音域の再生もクリアです。低音から高音までの広い音域を高音質で再生できます。

また、ネットワーク部分には、大型空芯コイルや高品位フィルムキャパシターなど高音質なモノを採用。低音域用の回路と中高音域用の回路を分離しているタイプで、音の歪みを軽減しています。

キャビネットは、高級感のあるウォールナット・セミグロス・フィニッシュの天然木突き板仕上げ。洋風和風問わず合わせやすい、落ち着いたデザインです。

タンノイ(TANNOY) Speaker Turnberry

タンノイ(TANNOY) Speaker Turnberry

発売以来数々のタイトルを受賞し続けているパッシブスピーカーです。プロのモニター用製品にも使われているデュアルコンセントリックを搭載。定位感に優れ、音場が広いので、コンサートやライブ音源の臨場感をより高められます。

サウンドは量感のある自然な響きで耳が疲れにくく、長時間の音楽鑑賞にもおすすめ。「ツインマグネットシステム」によって、出力の小さいアンプでも高音質再生が可能です。

また、ツイーターレベルを±3dBで5段階調節できる「レベルコントロールシステム」を搭載。経年劣化や酸化による接触不良や接触抵抗ロスを防げます。

エンクロージャーにはアメリカンウォルナット突き板無垢材を採用。メタルパーツにはゴールドを使い、クラシカルな高級感あふれるデザインに仕上がっています。木肌の美しさを長期間維持できるよう、手入れに適した木製用高級ワックスが付属。長期間愛用できるパッシブスピーカーです。