自転車に乗る際、頭部を守る「ヘルメット」。ロードバイク用ヘルメットはレーサー風のデザインが多い一方、クロスバイク用はカジュアルデザインのモノが多く、なかには帽子と見間違うようなおしゃれな製品も販売されています。

そこで、今回はクロスバイク用ヘルメットのおすすめをピックアップ。通勤や街乗りにも使えるモデルをご紹介します。楽しく、安全にクロスバイクに乗るためにもぜひチェックしてみてください。

クロスバイクにヘルメットは必要?

By: amazon.co.jp

道路交通法では、13歳以上であればクロスバイクを含めた自転車でヘルメットを着用する義務はありません。ただし、クロスバイクはママチャリと比較してスピードが出やすい自転車であり、事故にあうと大変危険です。とくに公道を走行する場合は、常に危険と隣合わせになります。

万一事故にあってしまった際の被害を最小限に抑えるために、ヘルメットを着用しておきましょう。また、自転車保険に入っている場合、ヘルメット未着用では保険が適用されない可能性もあるため注意が必要です。

クロスバイク用ヘルメットの選び方

サイズをチェック

ヘルメットを選ぶ際、最も注意したいのが「サイズ」です。ヘルメットが大きすぎると転倒時に外れてしまったり、逆に小さすぎると圧迫によって頭が痛くなってしまったりと、さまざまなデメリットが発生します。自分の頭にピッタリとフィットする製品を選びましょう。

ヘルメットは、頭の外周サイズによってS・M・L・XLなどに分けられます。メジャーを使って、額の一番高いところから水平に後ろへ回して、後頭部の一番高いところを通ってから一周させ、頭の外周サイズを測りましょう。

ただし、メーカーによって対応するヘルメットのサイズが変わることがあるので要注意。たとえば、あるメーカーだとLサイズに該当する一方、違うメーカーだとXLに該当することもあります。ヘルメットのサイズ表記を過信せずに、同時に外周サイズもチェックするようにしてみてください。

形状をチェック

By: rakuten.co.jp

ヘルメット選びでサイズと同様に重要なのが「形状」です。頭の外周サイズが合っているのにキツかったり、緩かったりする場合は、頭とヘルメットの形状が合っていないことが理由のひとつとして考えられます。

ヒトの頭の形状は、上から見たときに円形に見える「丸形」と、前後に長細い「楕円形」に分けられます。日本人は丸形が多いことから国産メーカーは「丸形タイプのヘルメット」を、欧米人には楕円形が多いことから欧米メーカーは「楕円形タイプのヘルメット」を展開しているのが特徴です。

とくにメーカーを限定していない場合は、頭が円形の方は国産メーカー、楕円形の方は海外メーカーを中心に探してみましょう。ただし、ヘルメットのシリーズやモデルによっても形状は異なるので、あくまで目安として考えてください。

安全基準に適合しているかチェック

クロスバイク用のヘルメットを選ぶ際には、安全基準を満たしているかどうかもチェックしましょう。日本で最も有名な安全基準のひとつに、一般財団法人の製品安全協会が認定している「SGマーク」があります。

SGマークが付いたヘルメットは品質が保証されているほか、 製品の欠陥がきっかけで人身損害が発生した場合に、最大1億円の補償が受けられるのもポイント。また、自転車保険でも有利になることがあります。

ほかにはEUが認定している「CEマーク」、アメリカの消費者製品安全委員会が認定している「CPSCマーク」などもあります。しっかりと頭部を守るためにも安全基準マークの付いたヘルメットがおすすめです。

重さをチェック

ツーリングなどのロングライドを想定している場合、ヘルメットの重量にも注目しましょう。おすすめは250g以下のモデル。長時間にわたって装着していてもほぼ負担を感じにくいので快適に使えます。予算に余裕がある方は、200g以下の最軽量クラスのヘルメットもおすすめです。

300g以上のヘルメットは、若干重いので注意。街乗りや通勤、通学など、ちょっとした距離ならばとくに問題はありませんが、長時間装着していると首などに負担を感じやすくなります。用途や価格などに合った重さのヘルメットを選びましょう。

クロスバイク用ヘルメットのおすすめ

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット RECT

日本自転車競技連盟「JCF」公認のヘルメットです。日本人にフィットするように設計された、レース対応のエントリーモデル。コンパクトなフォルムで重さ245gと軽量で、長距離サイクリングを楽しむ際のクロスバイク用ヘルメットとしてもおすすめです。

アジャスターには、球体形状のサポート部分に適度なしなり持たせた「XF-8」を採用。後頭部のフィット感を上下4段階で調節できます。また、エアインテークからの虫の侵入を防ぐ「A.I.ネット」も搭載し、虫の多い季節でも快適です。頭部全体を包み込むように装着できるため、フィッティングを重視したい方にも適しています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) STEAIR LADIES ヘルメット

男性用モデルと比較してひと周り小さく設計されている、クロスバイク用ヘルメットです。スリムで美しいフォルムが印象的。重さ225gの軽量タイプでレースにも対応しており、長距離サイクリングでも頭への負担を抑えて装着できるおすすめモデルです。

内装材に汗をすばやく蒸発させる素材「クールマックス」を採用しているのが特徴。発汗すると水分を外へ排出し、空気を外部から取り込みます。冷却・乾燥させる効果で体表温度を下げる、優れた水分調節機能を発揮。自然な風合いのソフトでサラッとした感触も魅力です。

あごひもには消臭素材「MOFF」を採用。環境への影響が少ない次世代消臭繊維で、消臭効果にくわえて安全性にも優れています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット FM-8

ファンライドや街乗り、マウンテンバイクなど幅広く対応できるクロスバイク用ヘルメットです。自転車の種類を問わず使用可能で、オールラウンドに使いたい方におすすめ。通学・通勤はもちろん、ツーリングやハードなスポーツライディングまで対応します。

開口部の数は少ないものの、丸みを帯びた形状の「ノーマルインナーパッド」で通気性を確保。風を通しやすく、ムレを防いで快適なサイクリングを実現します。2段階で高さを調節できる「XF-4アジャスター」を搭載しており、ダイヤルを回すだけの簡単操作でフィット感を調節可能です。

さまざまなシーンでマルチに使えるフロントバイザー「FV」を搭載しているのも魅力。好みや必要に応じて着脱できて便利です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット キャンバス・アーバン

通勤・通学や街乗りに適した、アーバンスタイルのクロスバイク用ヘルメットです。後部と左右に車のヘッドライトを反射する大型リフレクターを搭載。くわえて、テールライトを取り付けやすい形状を採用しており、夜に走行する機会が多い方におすすめです。

大型ダイヤル採用のアジャスターを搭載し、上下3段階でフィット感を調節可能。エアインテークからの通気性を確保したまま装着できる、スタイリッシュなキャンバスバイザー付属で長時間サイクリングでも快適です。

10種類もの豊富なカラーバリエーションから選べるのも魅力。好みに合わせて選びたい方はチェックしてみてください。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット CANVAS SPORTS

街乗りからスポーツライディングまで、オールラウンドに使いやすいクロスバイク用ヘルメットです。おしゃれなフォルムでカラーバリエーションが豊富なほか、買い求めやすい手頃な価格設定も魅力。はじめてヘルメットを購入する方におすすめのモデルです。

使い勝手に優れたダイヤル式アジャスターを搭載し、上下3段階でフィット感を調節可能。後部と左右の大型リフレクターにより、夜間に車のライトを反射して存在をアピールできます。別売りのバイザーを装着すれば雨や日差しをさえぎれるほか、スタイリングのイメージを変更したい場合に便利です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット WR-L

製品安全協会が定める安全性を認証する規格「SGマーク」に合格しているクロスバイク用ヘルメットです。ジャンルを問わず被りやすい設計で、通勤・通学や街乗り用としてもおすすめ。着脱できるフロントバイザー「FV」を標準搭載し、シーンによって使い分けできます。

左右と後部の3カ所に反射テープが付いており、夜間の走行が多い方でも安心。フィット感を調節できるアジャスターバンドを搭載しています。豊富なカラーラインナップも魅力の製品です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット SN-10

通学用として開発されたヘルメットです。製品安全協会が認定している認証試験制度「SGマーク」に合格しており、クロスバイク用として安全に使用できるおすすめモデル。名前と血液型を記入できるネームステッカーが付属しています。

ポリカーボネート製シェルと発泡スチロール製衝撃吸収ライナーを採用し、大切な頭を保護。左右と後頭部には車のライトを反射するステッカーを備え、ドライバーからの視認性を向上させています。また、ダイヤル式のアジャスターバンドでフィット感を簡単に調節可能。インナーパッドは脱着できて洗濯も可能です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット REZZA 2

旧モデルからフィット感や快適性がアップデートしたクロスバイク用ヘルメットです。別売りのシールドの装着を可能にして快適性能が向上。アジャスターは包み込むようなフィット感を実現する「XF-8アジャスター」に変更されています。上下4段階で好みに応じて調節できるため、フィット感を重視したい方におすすめのモデルです。

M/Lは215g、XL/XXLは230gと軽量なのも魅力。長距離サイクリングで頭に負担をかけにくく、快適な装着感を実現します。着脱可能なフロントバイザーも標準付属し、さまざまシーンに対応可能。ただし、シールドとの併用はできない点は留意しておきましょう。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) 自転車ヘルメット VITT

シールドが標準付属しているクロスバイク用ヘルメットです。マグネットで取り付けるタイプで着脱も簡単。眼鏡との干渉を考慮した設計で、眼鏡をかけたままヘルメットを装着したい方におすすめです。

コンパクト設計の小さめなシルエットも特徴。安全性を確保しながらもシェルとライナーの一体化を重視した、派手さを抑えた造形デザインを採用しています。はじめてヘルメットを使用する方でも違和感なく被りやすいのも魅力です。

アジャスターには後頭部を包み込むようなフィット感を実現する「XF-8アジャスター」を採用。ワンランク上の装着感を求めている方にも注目のモデルです。

レイザー(LAZER) サイクリングヘルメット GENESIS AF

日本人にマッチしやすいアジアンフィット設計のクロスバイク用ヘルメットです。ヨーロッパの安全規格「CEマーク」をクリア。Sサイズで重さ190gの軽さを実現しており、長距離サイクリングやスポーツライディングまで対応しやすいおすすめモデルです。

ダイヤルでフィット感を調節できる「アドバンスロールシステム」搭載により、頭全体をやさしく包み込むような心地よさも魅力。22個の通気孔を設けた仕様で、旧モデルよりベンチレーションを増やして通気性を向上させています。

ベル(BELL) サイクリングヘルメット アヴェニュー

アメリカのヘルメットブランド「ベル」のクロスバイク用ヘルメットです。買い求めやすい手頃な価格設定ながら、上位機種並の機能を搭載したおすすめモデル。後方に流れるようシェル造形を取り入れた、オールラウンドに使いやすいデザインを採用しています。

ヨーロッパの安全規格「CEマーク」適合で安全性が気になる方でも安心。18個のベンチレーションを設けて通気性にも優れており、長距離サイクリングやスポーツライディングを快適に楽しめます。

ジロ(GIRO) 自転車ヘルメット シンタックス ミップス AF

日本人の頭にフィットしやすいアジアンフィットモデルのクロスバイク用ヘルメットです。横幅が広く奥行きも深い、日本人が安心して被りやすい形状を採用。マットカラーで高級感を演出した、街に溶け込みやすいデザインで、街乗りなどさまざまシチュエーションに合わせやすいおすすめモデルです。

外側のシェルには頑丈なポリカーボネートを採用。適度な厚みがあって優れた耐久性を実現しています。25個ものベンチレーションを設けて通気性を高めている点も魅力です。耐衝撃性に優れたセーフティーテクノロジー「MIPシステム」を搭載。くわえて、JCFとCEマークを取得している安全性の高さもポイントです。

ジロ(GIRO) 自転車ヘルメット SUTTON MIPS

クラシカルなデザインで、街・ストリート用としておすすめのクロスバイク用ヘルメットです。カジュアルなルックスでさまざまなスタイルに合わせやすいのが特徴。頑丈なアウターシェルで安全性に優れているほか、日差しや雨から目を守る着脱式ショートバイザーも搭載しています。

転倒時に斜めからの衝撃を逃がす「MIPシステム」を搭載。ヨーロッパの安全規格であるCEマークも取得しています。また、8カ所のベンチレーションを設けて通気性を確保。さらに、後部中央にはライトクリップを備えており、リアライトをワンタッチで取り付けできるのも便利です。

ジロ(GIRO) 自転車ヘルメット アジリス ミップス

すっきりとしたスリムなデザインのクロスバイク用ヘルメットです。深めのフィット感で後頭部までしっかりと保護できるのが特徴。転倒時に斜めからの衝撃を逃がす「MIPシステム」の搭載と相まって、頭部を強固に保護できるおすすめモデルです。

32個ものベンチレーションを設けて優れた通気性を確保。アクティブなライディングや汗をかきやすい夏場でも快適に装着できます。

バーン(bern) ヘルメット MACON 2.0

アメリカのボストン郊外で誕生したヘルメットブランド「バーン」のヘルメットです。スタイリッシュなデザインが特徴。クロスバイクのほかスケートボード・BMX・スノーボードなど幅広く対応でき、さまざまなシーンで併用したい方におすすめのモデルです。

高密度ABSハードシェルを採用した、優れた通気性と弾力性もポイント。衝撃で劣化しにくいように設計されており、安心して使用できます。長時間の使用でもドライな装着感をキープし、快適に被れるのも魅力です。

Shinmax 自転車ヘルメット

アメリカの安全基準「CPSCマーク」に適合しているクロスバイク用ヘルメットです。高密度なPVCを使用した一体成形で衝撃を吸収。万一の事故に備えて、十分な安全性を確保したい方におすすめのモデルです。また、ダイヤル式でフィット感の調節も簡単。さらに、22個の通気孔により、通気性にも優れています。

夜間に存在を周囲にアピールできるLEDライトを内蔵しているのもポイント。連続・ゆっくり・速いの3つのモードを切り替えて使えます。

ヘルメットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘルメットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。