自転車に乗る際、頭部を守る「ヘルメット」。ロードバイク用ヘルメットはレーサー風のデザインが多い一方、クロスバイク用はカジュアルデザインのモノが多く、なかには帽子と見間違うようなおしゃれな製品も販売されています。

そこで、今回はクロスバイク用ヘルメットのおすすめをピックアップ。通勤や街乗りにも使えるモデルをご紹介します。楽しく、安全にクロスバイクに乗るためにもぜひチェックしてみてください。

クロスバイクにヘルメットは必要?

By: amazon.co.jp

道路交通法では、13歳以上であればクロスバイクを含めた自転車でヘルメットを着用する義務はありません。ただし、クロスバイクはママチャリと比較してスピードが出やすい自転車であり、事故にあうと大変危険です。とくに公道を走行する場合は、常に危険と隣合わせになります。

万一事故にあってしまった際の被害を最小限に抑えるために、ヘルメットを着用しておきましょう。また、自転車保険に入っている場合、ヘルメット未着用では保険が適用されない可能性もあるため注意が必要です。

クロスバイク用ヘルメットの選び方

サイズをチェック

ヘルメットを選ぶ際、最も注意したいのが「サイズ」です。ヘルメットが大きすぎると転倒時に外れてしまったり、逆に小さすぎると圧迫によって頭が痛くなってしまったりと、さまざまなデメリットが発生します。自分の頭にピッタリとフィットする製品を選びましょう。

ヘルメットは、頭の外周サイズによってS・M・L・XLなどに分けられます。メジャーを使って、額の一番高いところから水平に後ろへ回して、後頭部の一番高いところを通ってから一周させ、頭の外周サイズを測りましょう。

ただし、メーカーによって対応するヘルメットのサイズが変わることがあるので要注意。たとえば、あるメーカーだとLサイズに該当する一方、違うメーカーだとXLに該当することもあります。ヘルメットのサイズを過信せずに、同時に外周サイズもチェックするようにしてください。

形状をチェック

By: rakuten.co.jp

ヘルメット選びでサイズと同様に重要なのが「形状」です。頭の外周サイズが合っているのにキツかったり、緩かったりする場合は、頭とヘルメットの形状が合っていないことが理由のひとつとして考えられます。

ヒトの頭の形状は、上から見たときに円形に見える「丸形」と、前後に長細い「楕円形型」に分けられます。日本人は丸形が多いことから国産メーカーは「丸形タイプのヘルメット」を、欧米人には楕円形型が多いことから欧米メーカーは「楕円形タイプのヘルメット」を展開しているのが特徴です。

とくにメーカーを限定していない場合は、頭が円形の方は国産メーカー、楕円形の方は海外メーカーを中心に探してみましょう。ただし、ヘルメットのシリーズやモデルによっても形状は異なるので、あくまで目安として考えてください。

安全基準に適合しているかチェック

クロスバイク用のヘルメットを選ぶ際には、安全基準を満たしているかどうかもチェックしましょう。日本で最も有名な安全基準のひとつに、一般財団法人の製品安全協会が認定している「SGマーク」があります。

SGマークが付いたヘルメットは品質が保証されているほか、 製品の欠陥がきっかけで人身損害が発生した場合に、最大1億円の補償が受けられるのもポイント。また、自転車保険でも有利になることがあります。

ほかにはEUが認定している「CEマーク」、アメリカの消費者製品安全委員会が認定している「CPSCマーク」などもあります。しっかりと頭部を守るためにも安全基準マークの付いたヘルメットがおすすめです。

重さをチェック

ツーリングなどのロングライドを想定している場合、ヘルメットの重量にも注目しましょう。おすすめは250g以下のモデル。長時間にわたって装着していてもほぼ負担を感じにくいので快適に使えます。予算に余裕がある方は、200g以下の最軽量クラスのヘルメットもおすすめです。

300g以上のヘルメットは、若干重いので注意。街乗りや通勤、通学など、ちょっとした距離ならばとくに問題はありませんが、長時間装着していると首などに負担を感じやすくなります。用途や価格などに合った重さのヘルメットを選びましょう。

クロスバイク用ヘルメットのおすすめ

ジロ(GIRO) ヘルメット シンタックス ミップス アジアンフィット

デザイン性に優れた製品が人気を得るアメリカの自転車用品メーカー「GIRO」のヘルメットです。海外モデルながら日本人の頭にフィットしやすいアジアンフィット仕様で、横幅や深さを見直した設計になっています。クロスバイク向けのスポーティーな楕円形の本格的なモデルを探している方におすすめです。

多方向衝撃保護システムにより、保護機能とクーリング効果を発揮。従来モデルよりフィット感も改善されています。マットな質感はカジュアルな雰囲気が好みの方にぴったり。財団日本自転車競技連盟「JCF」公認モデルです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット FLAIR

素材から部品構成まで細部にこだわった仕様のクロスバイク向けヘルメットです。ポリカーボネート製シェルは強度と重量バランスを考慮した設計で、S/Mサイズで重さ170gの軽量化を実現。衝撃吸収ライナーに高性能ポリスチレンを使った軽さと衝撃吸収性を高次元で両立したモデルです。

軽量極薄素材採用のあごひもや、調節機能を可能な限り簡素化した「SLW-1アジャスター」を採用し軽量化。アジャスターは2種類同梱されており、用途によって使い分けできるのも便利です。放射状の「エアインテーク構造」により、ヘルメット内部にたまった熱気を効率的に排出。通気性を重視したインナーパッドも標準搭載しています。

前頭部を切り上げたシェルデザインによって登坂時に前が見やすいのも特徴。前傾ポジション時に視界を妨げず、快適な走りをサポートします。JCF公認モデルで本格的なレース用としてもおすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット AERO-R1CV

軽量なポリカーボネート製オーバーシェルが付属しているクロスバイク向けヘルメット。用途や状況に合わせて着脱でき、フロントベンチホールの設置と相まって暑い季節に通気性を確保しやすいおすすめモデルです。

オートバイレース用に開発した特許取得の空力機能「ウェイクスタビライザーPAT.」を採用。ヘルメット後部に発生する乱流を整えて、ショートテールながらロングテールと同レベルの空気抵抗を実現しています。

メガネとの干渉を考慮して設計されたシールドを搭載している点にも注目。干渉具合を微調整できるフロントスペーサーを付属しているほか、オーバーシェルを付けたまま取り付け可能です。消臭繊維に撥水性をくわえたあごひもや虫の侵入を防止する「A.I.ネット」など、機能性にも優れています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット AERO-V1

エアロフォルムと通気性を両立しているクロスバイク向けヘルメットです。大量のエア取り込みを可能にする「エアインレットホール」や「リアアウトレットホール」を配置。走行中にたまったヘルメット内部の熱気を効率的に排出できるおすすめモデルです。通気性を重視したインナーパッドセットも備えています。

機能性に優れたオプションが充実しているのもポイント。目への汗の侵入を防ぐフローティング構造の「ウルトラウェットパッド」やシールドを取り付け可能です。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット FM-8

後頭部をしっかりとガードするデザインを採用した、MTBやクロスバイクにおすすめのヘルメットです。頭周の目安57~60cmで重さ280g。エア導入効果を高める「ノーマルインナーパッド」を搭載し、通気性に優れているのが特徴です。

フロントバイザーは簡単に着脱できるため、ロードからMTBまでジャンルを問わずマルチに使用可能です。リアパッドを搭載しているほか、高さを2段階で調節できる「XF-4アジャスター」を備えています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) へルメット BRERO

普段使い用ヘルメットとしておすすめの丸形タイプ。重さ480gと重量があるため安全性を重視したい場合に適しており、電動アシスト自転車用としても使えるモデルです。ハードシェルタイプで一般社団法人製品安全協会の「SG基準」に適合しています。

内装は着脱できるため、お手入れしたいときに便利。つば左側のロゴと後・側頭部には反射ステッカーを貼付しています。夜間の視認性に優れているのもおすすめポイントです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット SCUDO-L2

カジュアルなシーンに適したヘルメットです。落ち着いたデザインでクロスバイク用のほか普段使いや通学用、街乗りに適したモデルを探している方におすすめです。

アジャスターバンドを採用し、フィット感の調節が可能。左右後ろの3カ所に反射テープを貼り付けており、夜間の視認性にも優れています。安全性の高さを示すSG基準適合モデルです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット WR-L

着脱可能なフロントバイザーを備えているクロスバイク向けヘルメットです。ロードからMTBまで、幅広いジャンルに対応。頭周57~60cmに適合。アジャスターバンドの採用により、フィット感を調節できます。

インナーパッドセットやアジャスターバンドセット、バイザーなど別売の補修パーツが充実している点にも注目。左右後ろ3カ所の反射テープで夜間の視認性が優れているほか、SG規格に適合したおすすめモデルです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット SN-10

簡単に着脱できるインナーパッドを採用し、汗で汚れた際にお手入れしやすいヘルメットです。ダイヤルを回すだけで簡単にサイズ調節できるアジャスターバンドを搭載しているなど、優れた機能性が魅力。SG基準合格品で通学用ヘルメットとしておすすめのモデルです。

シェルはポリカーボネート製でライナーには発泡スチロールを採用。車のライトに反射するステッカーを備えており、夜間の視認性にも優れています。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット VITT

コンパクトフォルムが特徴のシールド付きヘルメットです。シールドはマグネットで簡単に着脱でき、眩しい光を遮りたいときに便利なおすすめモデルです。派手さを抑えたデザインで、はじめて小さめのクロスバイク向けモデルを購入する方に適しています。

エアインテークからの虫の侵入を防ぐ「A.I.ネット」や上下4段階で調節できる「XF-8アジャスター」を搭載しているなど、高い機能性もポイントです。

レイザー(LAZER) ヘルメット Blade+ AF アジアンフィットモデル

ベルギーの老舗ヘルメットメーカー「レイザー」のクロスバイク向けヘルメット。アジアンフィットモデルで、日本人の頭の形にフィットしやすい設計が特徴のアイテムです。

フィッティングシステム「アドバンスドロールシス」を採用。頭頂部のダイヤルを回すだけで頭部を包み込むようにアジャストします。かぶった際の深さを調節できる「アジャスタブルヘッドバスケット」を採用しているなど、フィット感にこだわりたい方におすすめです。

22個の通気孔によって通気性を確保している機能性の高さも魅力。高機能ながらリーズナブルな価格を実現しており、はじめてのヘルメットとしても適しています。

レイザー(LAZER) ヘルメット バレット2.0 AF

流線型シェルデザインが印象的なクロスバイク向けヘルメット。後部を切り落としたフォルムにより、空気抵抗の軽減とヘルメット内部の熱気を排出しやすくなっています。マグネット着脱式シールドを搭載しているのも特徴。眩しい光を遮りたいときに便利です。

アジャスター部にLEDライトを搭載しており、夜間走行でも安心。通気性を調節できるベンチレーションを備えているなど、機能性に優れているおすすめモデルです。シールドを外した状態でのみ、JCF公認となる点に留意しておきましょう。

レイザー(LAZER) ヘルメット ジェネシス AF

レイザーのハイエンドモデルと位置付けられたヘルメットです。アジアンフィットタイプで日本人の頭の形にフィットしやすいのが特徴。頭頂部に配置したダイヤルでフィット感を調節できる「アドバンスドロールシス」を搭載しているなど、フィット感を重視したい方におすすめのクロスバイク向けモデルです。

多数のベンチレーションホールを設けた仕様で、軽量性と通気性に優れているのも魅力。後部には反射テープを貼り付けており夜間走行を楽しめます。JCF公認とCE規格をクリアしているのもおすすめのポイントです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット FIGO LADIES

すっきりしたシルエットが特徴のレディースヘルメットです。頭全体を包み込む「A.I.ネット」を搭載。エアインテークからの虫の侵入を防ぐ効果を発揮します。ヘルメットのズレやブレを抑制するサポートシステム「クラニウムロック-8」で角度を3段階で調節できるなど、装着感を重視したい方に適したモデルです。

頭周55~58cmが目安で重さは255g。JCF公認モデルで、レースに参加したい方のはじめてのクロス向けヘルメットとしてもおすすめです。

オージーケーカブト(OGK KABUTO) ヘルメット RECT LADEIS

自転車ウェアとコーディネートしやすいレディース向けヘルメットです。日本人の頭の形に合わせた円形に近いフォルムで設計されています。重さ245gの軽量モデルで、軽快にサイクリングを楽しみたい方におすすめのモデルです。

シリコンベルトタイプのテールライトを取り付けやすい形状を採用しているのもポイント。適度なしなりをもたせたスプリング構造の「XF-8アジャスター」により、心地よいサポート感と包み込むような快適なフィット感を実現しています。

ヘルメットのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

ヘルメットのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。