簡単かつスピーディーに空気を注入できる「電動空気入れ」。自転車や車、レジャー用品などさまざまなモノに空気を入れる際に役立ちます。とくに、大きなモノに空気を入れる際など、手動タイプでは時間がかかる場面で便利です。

そこで今回は、おすすめの電動空気入れをピックアップしてご紹介します。あわせて選び方も解説するので、購入を検討している方は参考にしてみてください。

電動空気入れの選び方

空気を入れたいアイテムをチェック

「浮き輪・ビニールプール・ゴムボートなど」にはコンパクトタイプを

By: amazon.co.jp

浮き輪・ビニールプール・ゴムボートなどに空気を入れるなら、コンパクトな電動空気入れがおすすめです。小型なモデルほどパワーが弱いものの、レジャーなどで一般的に使用する浮き輪やビニールプール程度であれば十分に使用できます。

必要以上にパワーがあるとサイズも大きめになるため、保管や収納に困りにくいのもコンパクトタイプのメリット。なかには手のひらサイズの超コンパクトモデルもあり、なるべく荷物を減らしたいシーンで重宝します。

「自転車・バイク・自動車」には空気圧調整機能付きを

By: amazon.co.jp

自転車・バイク・自動車に使用する電動空気入れを探している方には、「空気圧調整機能」を備えたモデルがおすすめです。あらかじめ設定しておいた空気圧に達すると、自動的に停止する仕組み。空気の入れすぎでパンクしてしまうトラブルを防げます。

自動停止機能のないモデルを選んでしまうと、慣れていない方の場合空気を入れすぎてしまうケースも。とくに、自動車は車種やタイヤの大きさによって適正な空気圧が定められており、誤って入れすぎたり少なすぎたりすると、走行に影響を及ぼしてしまいます。

複数のバルブやノズルがセットになったマルチタイプもおすすめ

By: rakuten.co.jp

自転車をはじめさまざまなモノに空気を入れる機会があるなら、複数のバルブやノズルがセットになったマルチタイプの電動空気入れがおすすめです。

自転車のバルブには英式・仏式・米式などがあり、自分の自転車のバルブに対応しているかをチェックしておくのが重要。ママチャリやロードバイク、マウンテンバイクなど種類によってはバルブの形状が合わない場合があります。

ボールや家庭用プール、エアマットレスなども、ノズルの大きさがそれぞれ異なる場合も。S・M・Lなど大きさの異なるノズルがセットのモデルを選択すれば、さまざまな用途に対応可能です。

電源方式をチェック

コード式

コンセントから給電するタイプがコード式の電動空気入れです。ハイパワーなモデルが多く、大きなモノに空気を注入したいシーンに役立ちます。充電切れを心配せずに使えるのがメリット。充電する手間を省きたい方や、突然の充電切れを気にせず使いたい方におすすめです。

ただし、近くにコンセントがなくコードが届かない場合、延長コードが必要になるケースも。アウトドアレジャーなど電源を確保できない場所で使用したいなら、車のシガーソケットから給電できるコード式モデルをチェックしてみてください。

充電式

By: amazon.co.jp

バッテリーを内蔵し、あらかじめ充電して使用するのが充電式の電動空気入れです。近くにコンセントがない場所で使えるのが最大のメリット。アウトドアレジャーで電源を確保できない場合に活躍します。

わずらわしいコードがなく取り回しやすいのも特徴。ボールや浮き輪など、小物に空気を入れる際も快適に使えます。ただし、充電が切れると使えなくなる点に注意。車のシガーソケットで充電できるタイプだと、突然の充電切れに対応しやすく便利です。

充電残量を表示して充電のタイミングを確認できるモデルなら、急に使えなくなるトラブルを軽減できます。また、USB充電式ならモバイルバッテリーを用意しておけば充電可能です。

乾電池式

乾電池を電源に使用する電動空気入れも発売されています。充電式同様、わずらわしいコードがなく取り回しやすいのが魅力。場所を問わず使用できるため、急に空気を入れたい場面で重宝します。比較的小型でボールや浮き輪など小物に空気を入れるのに適しているほか、持ち運びながら使いたい場合にも便利です。

予備の乾電池を備えておけば、急な電池切れに慌てずに対応できるのもメリット。万が一予備を用意していない場合でも、コンビニやドラッグストアなどで手軽に入手できます。ただし、乾電池がないと使用する手立てがなくなる点に留意しておきましょう。

静音性をチェック

By: amazon.co.jp

電動空気入れは手動の空気入れと異なり、作動音が気になる場合があります。夜明け前に空気を入れるなど、周囲に迷惑をかける心配があれば静音性をチェックしておきましょう。

とくに、ハイパワーなモデルほど作動音が大きくなりがちなので要注意。音の大きさを表示している場合にはしっかりとチェックしておくほか、静音タイプと謳っているモデルに注目して選ぶのがおすすめです。

安全性をチェック

By: amazon.co.jp

電動空気入れを選び際には、安全性もチェックしておきましょう。とくに、異常を検知すると自動的に電源を切る安全機能を搭載したモデルがおすすめ。なかでも、本体が高温になると電源を自動で切る「過熱保護機能」を搭載していれば快適に使用できます。

より安全性を重視するのであれば、PSE認証を受けている製品かを確認しておくのも重要。電気用品安全法の基準に適合した電化製品には「PSEマーク」が付いています。とくに海外メーカー製モデルを選ぶ際には要チェックです。

電動空気入れのおすすめ

フィールドア(FIELDOOR) 電池式電動エアーポンプ

電源を確保できないアウトドアシーンでも役立つ

単1形乾電池4本で駆動する電動空気入れです。乾電池さえ用意しておけば、場所を選ばず使えるのが魅力。電源を確保できないアウトドアシーンやキャンプなどに利用したい方におすすめのモデルです。空気入れと空気抜きの両方に対応しています。

大きさの異なる3種類のノズルが付属しているのもポイント。さまざまなモノに空気を入れる機会がある場合に役立ちます。セッティングは空気を入れる側のバルブに合わせてノズルを選んだら、本体の空気出口に差し込むだけと簡単。PSEマークが付いているのも魅力です。

フィールドア(FIELDOOR) USB充電式電動エアーポンプ

手のひらサイズで持ち運びにも便利

4000mAhバッテリーを内蔵したUSB充電式の電動空気入れです。パソコンやモバイルバッテリーとUSBケーブルで接続して充電するタイプ。別途ACアダプターを用意すればコンセントでも使えるほか、USBカーチャージャーと接続して車でも充電可能です。約5時間のフル充電で28分間使用できます。

重さ310gの手のひらサイズで持ち運びも楽々。保管や収納に便利なケースが付属しています。3種類のノズルが付属しており、さまざまな用途に対応可能です。

フィールドア(FIELDOOR) コンセント式電動エアーポンプ


コンセントがある環境であれば、充電切れの心配なく使えるコード式の電動空気入れ。使用に備えて充電する手間も省けます。空気の吹出量は1分間に約470Lとパワフルなので、大きめのビニールプール・浮き輪・ビーチボール・エアーベッドなども、スピーディに膨らましやすいのが魅力です。

なお、小・中・大と3サイズのアダプターも付属しているため、対象バルブの大きさに合わせて対応できます。また、空気を注入するだけではなく、空気排出も可能。膨らませたアイテムの空気もスムーズに抜けるので、使用後の片付け作業にも便利です。

さらに、取り込んだ空気によりモーターを冷却する仕様で、稼働中に熱くなりにくく取り扱いがしやすいのも特徴。安全性の高さをチェックするためのポイントである、PSEマークも付いています。パワーが大きく、安全性にも優れた電動空気入れを探している方におすすめです。

マキタ(Makita) 充電式空気入れ MP180DRG

手元を明るく照らせるLEDライトも内蔵

さまざまな電動工具を手がけている「マキタ」の電動空気入れです。6000mAhもの大容量バッテリーを内蔵。約40分のフル充電で普通自動車のタイヤを約11回、ビーチボールなら約145回空気を注入できると謳われています。

ディスプレイを搭載し、空気圧を数値で確認できるのも便利。設定した空気圧に達すると自動停止する「空気圧調整機能」も搭載しています。また、バックライト付きで夜間の作業もサポート。手元を明るく照らせるLEDライトも内蔵しています。

マキタ(Makita) 充電式空気入れ MP100DSH

10.8Vスライドバッテリーを搭載した充電式の電動空気入れです。土台部分を設けており、車のタイヤに空気を入れる際に低い位置で作業しやすいおすすめモデル。約22分のフル充電で、5号サイズのサッカーボールに約53回空気を注入可能と謳われるハイパワーを実現しています。

米式・英式・仏式の3種類のアタッチメントが付属しているのも便利。車や自転車、ロードバイクなどさまざまな用途に活用できます。ホースや各種アタッチメントを本体に収納できる使い勝手のよさも魅力。また、暗い場所での作業に役立つLEDライトを内蔵しています。

アネスト岩田 AIRREX 自転車用空気入れ CC3801

本体サイズ約幅120×奥行135×高さ90mmのコンパクトな電動空気入れです。単3形乾電池を8本使用するタイプで、コンセントのない場所で役立つおすすめモデル。乾電池を含めた重さが約230gと、持ち運びながら使いたい場合にも重宝します。また、LEDライトを搭載しており、暗い場所で作業しやすいのも便利です。

さらに、米式・英式・ニードルの3種類のノズルが付属。一般的な自転車からサッカーボールなどの小物まで用途によって使い分け可能です。自転車の26インチタイヤなら約40回、4号のサッカーボールは約60回電池交換なしで空気を入れられます。

キジマ(KIJIMA) スマートエアポンプ JP01 302-322


高品質で実用的なオートバイ用の部品や、カスタムパーツなどを取り扱う日本のメーカー「キジマ」が展開する電動空気入れです。サイズが縦155×横63×奥行き39mmとコンパクトで、重量も428gと軽量。充電式なので携帯に便利なモデルです。

米式のエアホースに加え、英式・仏式バルブ、浮き輪ノズルやボールニードルも付属。オートバイをはじめ、自動車や自転車のタイヤに空気を入れたり、ボールなどのレジャー・スポーツ用品に利用したりと、幅広く対応できます。簡単なボタン操作により、空気圧の測定や調節なども可能です。

また、空気圧はもちろん、電池残量などもデジタル表示されるため、一目で数値が確認しやすいのもポイント。多用途で手軽に使いやすい、おすすめの電動空気入れです。

アイリスオーヤマ( IRIS OHYAMA) 充電式エアコンプレッサ 10.8V JAC10

快適なライフスタイルをサポートする家具や家電を豊富に取り揃えている、日本の生活用品メーカー「アイリスオーヤマ」の電動空気入れ。コードレスで取り回しやすい充電式を採用しているのが特徴です。バッテリーや充電器も付いているので、手元に届けばすぐに使えます。

自動車のタイヤに空気充填ができるほか、自転車・ボール・浮き輪用のノズルも付属しているため、アウトドアやレジャーなどの幅広いシーンで汎用的に活用可能。さらに、静音設計なので、時間帯なども含め周囲に配慮して使用しやすいのも魅力です。

また、空気圧測定とオートストップ機能も搭載。空気圧のチェックに便利です。圧力オーバーによるトラブルも防ぎやすい、おすすめの電動空気入れです。

FLEXTAILGEAR TINY PUMP 携帯式エアーポンプ


重さ約80gの超コンパクトな電動空気入れです。1300mAhリチウム電池を内蔵した充電式。電源を確保できないアウトドアシーンやキャンプなどで活躍するおすすめモデルです。

コンパクトながらパワフルなエアー量を実現しており、家庭用プールを膨らませることも可能。付属のノズルを使い分ければ、自転車やサッカーボールなどを膨らませられます。

Favuit 電動エアーポンプ

ACコンセントに接続して使えるコード式の電動空気入れです。1分間あたり約450Lの空気を注入できると謳うパワフルさが魅力。大きな家庭用プールにすばやく空気を入れたいときに役立つおすすめモデルです。

車のシガーソケットから給電できるコードが付属しているのもポイント。アウトドアシーンやキャンプなど、電源を確保できない場面で役立ちます。S・M・Lの3種類のノズルが付属しており、さまざまな用途に対応可能。PSE認証済みの製品です。

DigHealth 電動エアコンプレッサー


2200mAhの高品質バッテリーを内蔵した電動空気入れです。人間工学に基づいた設計で手に持ちやすいのが特徴。トリガースイッチを押すだけと操作も簡単で、作業しやすいモデルを求めている方におすすめです。

あらかじめ設定した空気圧に達すると自動停止する「空気圧調整機能」を搭載。空気圧を数値でチェックできるLCDデジタルメーターを備えており、PSIやBARなど4種類の空気圧単位に対応しています。4種類のアタッチメント付属で、自動車のタイヤからボールまでさまざまな用途に対応可能です。

AstroAI 電動エアコンプレッサー AIR100Y


高品質なモーターを搭載した、しっかりとした作りの電動空気入れです。騒音を最小限に抑えた設計と謳われているのがポイント。夜間や早朝に空気を入れる機会が多い方などにおすすめのモデルです。

車のシガーソケットから給電するタイプで、出かけた先で空気圧をチェックしたいときにも便利。5種類の変換ノズル付属で車はもちろん、浮き輪やボールなどさまざまな用途に対応可能です。

明るく周囲を照らす4個のLEDライトを内蔵しており、暗い場所での作業をサポート。2重空気漏れ対策で安全に使用しやすいのも魅力です。本体温度が100℃を超えると自動停止する過熱保護機能も付いています。

ホビナビ 電動エアコンプレッサー

ハイパワーな電動空気入れです。充電式かつシガーソケットからも電源をとれる2WAYタイプ。いざというときにすばやく車のタイヤに空気を充填できるおすすめモデルです。

ボール用アタッチメントやゴム製品用アタッチメント、自転車用アタッチメントなどの付属品が充実しているのも魅力。車はもちろん、アウトドアシーンで使うさまざまなアイテムに空気を入れられます。暗い場所で役立つLEDライトを搭載しているのもポイント。また、緊急時に役立つ赤色灯も内蔵しています。

Gushen 電動エアコンプレッサー

2000mAhの大容量リチウムバッテリーを内蔵した電動空気入れです。わずらわしいコードがなく、取り回しやすさを重視したい方におすすめ。4種類のノズルが付属しており、車からレジャー用のボールまで幅広い用途に対応できます。

「空気圧調整機能」を搭載し、空気の入れすぎを防げるのも特徴。LCDデジタル空気圧メーターにより、空気圧を数値で確認できるのも便利です。また、USBポートを備え、スマホを充電できるのもポイント。外出先で急にスマホの充電がなくなってしまったときにも役立ちます。

Topcony 充電式エアコンプレッサー

携帯に便利なコンパクトタイプの電動空気入れです。車に常備しておくほか、自転車ツーリングで携帯したい場合におすすめのモデル。エアホースを本体に収納できる構造で、かさばらずスマートに保管できます。

2600mAhバッテリー内蔵の充電式で、わずらわしいコードがないのも魅力。小型ながら最大空気圧力150PSIを実現しており、スピーディーな空気充填が可能です。多機能なライトモードを搭載しているのもポイント。スイッチを押すごとに白色光・赤色光点滅・赤色光SOSを切り替えられます。

Tooge エアコンプレッサー

円筒形で自立するタイプの電動空気入れです。手持ちタイプと異なり、地面に置いたまま作業できるのがポイント。空気圧を確認できるディスプレイを見やすい天面に配置しているなど、使いやすさを重視したい方におすすめのモデルです。

大容量バッテリー内蔵のUSB充電式で、わずらわしいコードがないのも魅力。シガーソケットからも給電でき、長さ3mの専用充電ケーブルを利用すれば充電しながら空気を入れられます。

WindGallop 電動空気入れ

小型自動車用に開発された電動空気入れです。車のシガーソケットと接続して駆動するコード式。エンジンを始動して電源コネクターをシガーソケットに差し込んだら、エアホースノズルをタイヤバルブに接続するだけとセットも簡単です。電源コードは本体に収納できます。

トラックや大型RV車など大きなタイヤを備えている車種には適合していないため、軽自動車など小型車用として使いたい方におすすめ。内蔵のLEDライトには警告モードとSOSモードを搭載しており、緊急時に位置を知らせるのに役立ちます。

AirXwills ポータブルミニタイヤインフレーター


コードレスで空気注入ができる、充電式の電動空気入れ。バイク用のドリンクホルダーにも収納できるほどのコンパクトサイズで、サイクリングなどへの持ち運びにも便利です。

空気圧の数値はデジタル表示され、単位はPSI・BAR・KPA・kg/cm2の4種類を選択可能。空気圧は最大で150PSIに対応しており、空気圧調整機能も備わっています。設定した空気圧まで達すると自動で充填がストップする仕組みで、トラブルを防ぎやすいのもポイントです。

さらに、英式・仏式・米式バルブに接続できるアダプターに加え、ボールバルブアダプターやスイミングリングバルブアダプターも付属。各種タイヤをはじめ、バスケットボールやスイミングリングなどの空気注入にも使えます。また、LEDライトが搭載されているため、暗い環境での作業にもおすすめの電動空気入れです。

電動空気入れの売れ筋ランキングをチェック

電動空気入れのランキングをチェックしたい方はこちら。