慣れ親しんだ近場だけでなく、旅先や勾配のある場所をロードバイクで走りたいときに必要になのが「輪行袋」。メーカーによって形状やデザインの違いがあるため、趣味のスタイルにあわせてぴったりの製品を選ぶことが大切です。

そこで今回は、ロードバイクを運ぶための輪行袋を選び方やメーカーも含めてご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

輪行袋とは?

By: amazon.co.jp

輪行袋は、分解したロードバイクやクロスバイクを入れるのに適した形状をしています。持ち運びやすいのが魅力です。輪行袋に入れてコンパクトにすることで、車や電車などを利用して旅行先や遠方でもサイクリングを楽しめます。

また、輪行袋に入れれば、袋の紐を肩に担いで運べるのもポイント。サイクリングしたい場所まで手軽に持ち運べるおすすめのアイテムです。

輪行袋の種類

前輪のみ外すタイプ

By: montbell.jp

前輪のみ外すタイプは、後輪を外す必要がないため手間が少なく収納できるのがメリットです。ロードバイクやクロスバイクの前輪を外すだけなら、初心者でも簡単なので輪行袋への収納もラクにできます。

ただし、後輪は取り付けたままのため幅を取ってしまうのがデメリット。サイズが大きくなりやすく、持ち運びしにくいこともあるので注意しておきましょう。

両輪外すタイプ

両輪を外すタイプは「縦置き」と「横置き」の2種類があります。どちらも前輪のみ外すタイプと比べて省スペースのため、電車での移動が可能。フレームと前輪後輪を付属のバンドで括り付ければしっかりと固定できるので、持ち運びの際に車輪が動きにくいのが魅力です。

ただし、前輪と後輪ともに外す手間がかかる点には要注意。後輪の取り外しや収納方法にひと手間かかるため、慣れが必要です。

輪行袋の選び方

縦置きか横置きかチェック

縦置き

By: amazon.co.jp

「縦置き」は、サドルとリアエンドを地面に立てた状態で収納するタイプです。両輪を外す必要こそありますが、幅を取らないのがメリット。リアエンドは地面に当たるので、キズを付けない、もしくはフレームを曲げてしまわないためにもリアエンド金具を付けるのがおすすめです。

外した両輪のタイヤは、フレームを挟み込むように配置します。フレームにキズや汚れをつけないためにも、スプロケットカバーやフレームカバーを装着して保護しておきましょう。また、チェーンの汚れも防止したい方はチェーンカバーもあると便利です。

ただし、飛行機のような荷物を預けるシーンでは、フロントフォークをぶつけてしまう場合があります。このような場合には、フロントエンド金具もあわせて用意しておくのがおすすめです。

横置き

By: amazon.co.jp

「横置き」は、ハンドルとサドルを地面に立てた状態で収納するタイプです。横方向にスペースは取るものの、高さが出にくいことから持ち上げやすいのがメリット。また、縦置きタイプのようにリアエンドが地面と接触しないので、別途リアエンド金具を用意する必要もありません。

横置きタイプも両輪を外し、フレームを挟み込むように配置します。タイヤとフレームの接触でキズや汚れが付かないよう、収納の際はフレームカバー・スプロケットカバー・チェーンカバーを取り付けておくのがおすすめです。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

輪行袋のサイズを選ぶ際、輪行袋に入れるロードバイクの大きさと、輪行袋を携帯するときの大きさの2つに注意する必要があります。収納したいロードバイクの大きさはもちろん、公共交通機関を利用したい場合は規定サイズ内に収納できるかどうかもチェックしましょう。

また、輪行袋をどこかにしまって携帯するときは、輪行袋が重すぎたり、大きすぎたりするとペダリングの邪魔をしてしまうことがあるので注意が必要。製品によっては、ロードバイクに取り付けられたボトルホルダーに入れておけるサイズのモノもあるため、チェックしてみてください。

ホイールポケットの有無をチェック

By: amazon.co.jp

ロードバイクを輪行袋に収納する際、通常は袋内でホイールが動かないよう、ホイールをフレームにストラップでくくりつけて収納します。

しかし、車体を分解するなど、ロードバイクの収納には時間がかかるので、なるべくラクに収納したい方にはホイールポケット付きがおすすめ。ホイールポケットが付いていれば、ホイールを入れるだけのため、簡単に収納できます。

濡れた路面やオフロードなど、ロードバイクが汚れた状態で輪行袋に収納することもあるので、汚れが落ちやすい素材を選ぶことが重要。ポリエステル製など、乾きやすく耐久性に優れている素材がおすすめです。

製品によっては、袋の底部に通気口が空いており、溜まった汚れや輪行袋内を洗った際の水を流せるモノもあります。

開閉方法をチェック

By: amazon.co.jp

開閉方法をチェックして選ぶのもポイント。輪行袋の開閉方法には、ファスナータイプや巾着タイプなどが展開されています。

ファスナーは多くのモデルに採用されているタイプで、大きく開いた状態でスムーズにロードバイクの出し入れが可能。一方、巾着タイプは開閉がしやすく、開閉部分が壊れにくいのが魅力です。用途や使いやすさにあわせて、好みの開閉方法を選んでみてください。

輪行袋のおすすめメーカー

オーストリッチ(OSTRICH)

By: amazon.co.jp

「オーストリッチ」は、アズマ産業のサイクル用品ブランド。昭和48年頃からサイクル用品の製造販売に専念しています。裁断から出荷まで一貫して自社で行っているのが特徴。縫製も作業工程に合わせてミシンを使い分けており、熟練した職人が丁寧に作り上げています。

オーストリッチの輪行袋は、優れた耐久性が備わっているのが特徴。長期間にわたって使いたい方におすすめです。また、軽量性に優れた製品も多いため、気軽に使いたい方はチェックしてみてください。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

「モンベル」は、1975年に日本で設立した登山用品メーカー。「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」をコンセプトに掲げて製品開発をしているのが特徴。また、自然環境を守るという使命のもと、さまざまな社会活動も行っています。

モンベルの輪行袋は、内側のポケットが収納ケースとして活用可能なポケッタブルデザインを採用しているのが魅力。使用しないときにはコンパクトに折りたたんで持ち運べます。

タイオガ(TIOGA)

By: amazon.co.jp

「タイオガ」は自転車用品を多数ラインナップしているブランドです。タイヤ・ペダル・チェーンリングなど、幅広く展開しています。

輪行袋は、前輪のみ外すタイプ・両輪外すタイプともに豊富なラインナップが特徴。また、メイン素材に撥水加工を施したナイロンを採用している製品も多く、多少の雨なら大切な自転車をしっかりと保護できます。

輪行袋のおすすめモデル|前輪のみ外すタイプ

オーストリッチ(OSTRICH) 超速FIVE 輪行袋 ストロンガー

厚手の生地を使用して作られた、前輪のみ外すタイプの輪行袋です。優れた耐久性が備わっているので破れにくく、長期間にわたって愛用できます。また、付属品にショルダーベルトがあり、簡単に携行できるのも魅力です。

本体サイズは幅1380×奥行220×高さ800mm。ロードバイクをはじめ、MTB・クロスバイク・ランドナーと、さまざまな車種に対応しているのが特徴です。本製品が1つあれば、さまざまなバイクを旅行先などへ持ち運べます。

本体重量が800gと軽量で、かつ使用しないときには小さく折りたためるのもポイント。サドルの下へ固定したりカバンの中に入れたりと、邪魔になりにくく携行しやすい点もおすすめです。

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ クイックキャリーM 1130425

素材に40デニールのナイロン・タフタを使用している前輪のみ外すタイプの輪行袋です。アクリルコーティングが施されているのが特徴。破れにくく、優れた強度が備わっています。長期間にわたって愛用できるのが魅力です。

本体サイズは85×170cm。26インチのバイクに対応しています。さらに、筒状のシートを畳んだ自転車に被せるようにして使用できるのもポイント。ジッパーを閉めるなどの煩わしい操作を必要とせず、簡単に自転車が収納できます。

また、内側のポケットが収納ケースとして使用可能なポケッタブルデザインを採用。使用しないときは、ペットボトルと同じぐらいのサイズにまでコンパクトにたためます。耐久性・利便性・携行性の3つを兼ね備えたおすすめのアイテムです。

タイオガ(TIOGA) フレックスコクーン BAR03800

サドルの収納部に、40デニールのストレッチナイロン素材を用いた輪行袋です。優れた伸縮性が備わっているので、サドルの高い自転車も楽に収納できます。加えて、優れた強度が備わっており、破れにくいのも特徴です。

ボディ側面にはサイドファスナーを搭載。開けた状態のままロックを通すことで、自転車を収納したまま施錠できます。また、担いで持ち運んだり、後輪を転がしたりと、簡単に輪行できるのもポイントです。

使用しないときには、100×220mmのサイズにまでコンパクトにたためるのも魅力。付属のポーチに収納することで、サドルレールにセットして持ち運べます。耐久性に優れ、実用性の高いおすすめのアイテムです。

タイオガ(TIOGA) 29er コクーン BAR02900

素材に耐久性が高く、210デニールと分厚いナイロンを採用している前輪のみ外すタイプの輪行袋です。ロードバイクをはじめ、クロスバイクや26〜29インチのMTBに使用可能。幅広い自転車を輪行できるのが特徴です。

手を汚すことなく、簡単に収納や輪行を楽しめるのが魅力。ジッパーを開き、本製品の後方部をベルクロで留めれば、後輪を転がしながら移動できます。加えて、付属品にショルダーストラップがあるため、肩に担いで持ち運ぶことも可能です。

撥水加工が施されており、雨の日でも使用できるのがポイント。また、コンパクトな収納ポーチも付属しているため、使用しない時にはリュックなどの中に入れて持ち運べます。さまざまなシーンで活躍するおすすめのアイテムです。

タイオガ(TIOGA) コクーン ポーチタイプ BAR0280

素材に70デニールのナイロンを使用している、前輪のみ外すタイプの輪行袋です。シートポストを外してサドルケースに収納し、取り外した前輪を車体に固定するだけで簡単に収納できます。複雑な操作を必要としないのが特徴です。

ショルダーストラップが付属しているので、肩に担いだり後輪を転がしたりと、さまざまな方法で輪行できるのもポイント。また、撥水加工が施されているため、雨の日にも使用可能です。

収納ポーチも付属しているので、使用しないときにはコンパクトにできるのも魅力。リュックの中に入れたり別売りのサドルケースを利用してサドルレールにセットしたりと、さまざまな方法で持ち運べます。汎用性が高い上、携行性にも優れるおすすめのアイテムです。

輪行袋のおすすめモデル|縦置きタイプ

タイオガ(TIOGA) 29er ポッド BAR05200

By: tiogajpn.com

ロードバイクをはじめ、クロスバイクや26〜29インチのMTBにも対応している縦置きタイプの輪行袋です。本体サイズは850×210×1000mm。幅広い自転車が収納できます。前後輪を外し、フレームを立てて収納するのが特徴です。

素材には210デニールの厚手ナイロンを使用。破れにくく、高い耐久性が備わっています。加えて、表面には撥水加工が施されているため、急な雨に見舞われても輪行が可能。悪天候下でも活躍するのが魅力です。

付属品にはショルダーストラップがあるため、肩に担いで簡単に輪行できるのもポイント。さらに、コンパクトな収納ポーチも付属しており、使用しないときにはリュックなどに入れて持ち運べます。

タイオガ(TIOGA) クロス ポッド BAR04800

前後輪を外し、フレームを立てて収納する縦置きタイプの輪行袋です。本体サイズは1000×200×1050mm。幅のあるハンドルバーを装着したクロスバイクやロードバイクを収納するのに適しています。

素材には70デニールのナイロンを採用。優れた軽量性と高い強度を同時に実現しているので、持ち運びやすく長く愛用できます。加えて、ショルダーストラップ付属で、肩に担いで持ち運べるのもポイントです。

表面には撥水加工が施されているため、雨の日でも使用できるのがポイント。また、収納ポーチも付属しており、使用しないときにはコンパクトに持ち運べます。利便性と耐久性を兼ね備えたおすすめのアイテムです。

タイオガ(TIOGA) フレックス ポッド プラス BAR04200

By: tiogajpn.com

3ステップで素早く収納できる、縦置きタイプの輪行袋です。前後輪を外した自転車に本製品を被せ、そのまま自転車を立たせてファスナーを引き上げるだけで、簡単にしまえます。複雑な工程を必要としないのが魅力です。

ホイールを外したリアエンド周りを保護する、クイックレリーズ式のリアエンドホルダーを付属しているのも特徴。スペーサーにより、130mm幅と135mm幅のどちらにも対応可能です。素材にはプラスチックが採用されています。

本製品の素材には、撥水加工が施された70デニールのナイロンとストレッチナイロンを採用。優れた伸縮性と高い耐久性を同時に実現しています。また、収納ポーチ付きで、使わない時にはコンパクトにして持ち運べるのもポイントです。

R250 縦型軽量輪行袋 R25-M-RRB-100

内側の底に、サドルとリアエンドの位置が分かるイラストが描かれている縦置きタイプの輪行袋です。初めて使用する場合でも、迷うことなく収納できます。使いやすさを考えて設計されているのが魅力です。

スプロケットカバーとフレームカバーが付属しているのも特徴。フレームを傷付けにくく収納できます。加えて、ワンタッチバックル付きで、ベルトタイプのストラップと比べて簡単に固定が可能です。

本製品が車内で倒れないよう、手すりなどへ固定するのに役立つ巾着紐を付属しているのも嬉しいポイント。また、輪行のルールやマナーなどが学べるマニュアルも付属しています。

R250 超軽量縦型輪行袋 R25-M-RSLRB-80

素材に密度の高い20デニールのタフタを用いることで、約173gの本体重量を実現した縦置きタイプの輪行袋です。コンパクトサイズなので、ジャージやウインドブレーカーのポケットに入れて持ち運べます。収納用のポーチを別途用意する必要がないのが魅力です。

肩紐を出すホールの上にギアのマークがあしらわれており、リアディレイラーの場所がひと目で視認できるのも特徴。内側には、サドルとエンドの位置を示すイラストも描かれています。収納方法が明確に把握できるのも特徴です。

ワンタッチバックルが付いているので、自転車を本製品内へ簡単に固定できます。また、分かりやすいイラスト付きのマニュアルを付属しており、輪行のルールやマナーなどが学べるのもポイント。初めて輪行袋を購入する方におすすめのアイテムです。

輪行袋のおすすめモデル|横置きタイプ

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ 1130424

素材に、40デニールのナイロン・タフタを採用した横置きタイプの輪行袋です。アクリルコーティングが施されているので、破れにくいのが特徴。長く愛用できるので、ひとつのモデルを使い続けたい方におすすめです。

筒状のシートを折りたたんだ自転車に被せるだけで収納できるのが魅力。ジッパーを閉めるなどの煩わしい作業を必要とせず、シンプルな操作で使用できます。本体サイズは6.5×17.5×6.5cmで、26〜29インチのバイクが収納可能です。

内側のポケットが収納ケースとして活用可能なポケッタブルデザインを採用。使用しないときにはコンパクトにして持ち運べます。公共機関での移動や電車への持ち込みなどにもおすすめのアイテムです。

タイオガ(TIOGA) ロード ポッド HP BAR04600

素材に70デニールのナイロンを使用している横置きタイプの輪行袋です。優れた軽量性と高い強度を同時に実現しています。本体サイズは1100×200×900mm。ロードバイクを輪行するのに適しています。

本体内部には、前後輪を収納するホイールポケットを搭載。フレームを汚すことなく携行できます。また、コンパクトな収納ポーチを付属しており、使わないときにはサドルレールにセット可能です。

タイオガ(TIOGA) H-ポッド BAR0440

素材に40デニールのナイロンを採用し、軽量に仕上げている横置きタイプの輪行袋です。本体のサイズは1300×1000mm。エンドホルダーを必要とせず、前後輪を外した自転車に被せるだけで簡単に収納できます。

表面には撥水加工が施されているため、急な雨に見舞われても輪行できるのが魅力。さまざまな天候下で活躍します。加えて、収納ポーチも付属しており、使用しないときにはコンパクトにして持ち運び可能。利便性に優れたおすすめのアイテムです。

ゴリックス(GORIX) 軽量輪行袋 GX-Ca2

210デニールのナイロンオックスを素材に用いており、ロードバイクやクロスバイクなどを持ち運ぶのに適した横置きタイプの輪行袋です。前後輪を外した自転車を入れるだけで、丸ごと携行できます。ベルトを車体に結ぶ必要がないのが特徴です。

本製品の内部に、収納方向の指示図が記されているのがポイント。初めて使用する場合でも楽に収納できます。加えて、ショルダーベルト一体型のため、安定して持ち運び可能。下からしっかりと車体を支えます。

収納袋が付属しているので、使用しないときにはリュックなどに入れて持ち運び可能。電車移動や輪行サイクリングなどでの使用におすすめのアイテムです。

ゴリックス(GORIX) 航空輸送向きキャリーバッグ GX-Ca1

袋の内側に厚さ10mmのクッションを搭載している横置きタイプの輪行袋です。衝撃吸収性に優れており、自転車をしっかりと保護するため、飛行機での輪行に適しています。加えて、底面を広めに設計しており、安定性に優れているのも特徴です。

内側にイラスト付きのガイドを設けているのもポイント。各パーツを入れる箇所がひと目で視認できるため、スムーズに収納できます。また、表面に日本語と英語で取扱注意を表記しているのも魅力。海外へ輪行するのにおすすめのアイテムです。

輪行袋のAmazon・楽天市場ランキングをチェック

輪行袋のAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。