ロードバイクを持っている方であれば慣れ親しんだ近場だけでなく、時には遠出して旅先の見知らぬ道や、勾配のある場所を走ってみたいと思うもの。そこで必要になるのが輪行袋です。メーカーによって形状やデザインの違いがあるので、趣味のスタイルに合わせて最適な製品を選びましょう。今回はロードバイクを運ぶための輪行袋を選び方やメーカーも含めてご紹介します。

輪行袋とは?

By: amazon.co.jp

輪行袋とは車や公共交通機関などを使って移動するとき、分解した状態のロードバイクを入れて運ぶための袋のこと。輪行袋を使って移動すれば、旅行先や遠方でもサイクリングを楽しむことができます。大切なロードバイクを傷つけないよう、移動手段や環境によって最適な大きさや素材、収納方法選びましょう。

輪行袋の選び方

国内の公共交通機関では、車内に持ち込みできる手回り品の制限があります。例えば、JR東日本・東京メトロでは、携帯できる荷物で、タテ・ヨコ・高さの合計が250cm(長さは2mまで)以内で、重さが30kg以内のものを2個まで持ち込むことが可能。事前に利用する公共交通機関のルールを調べておくのがおすすめです。

サイズで選ぶ

By: amazon.co.jp

輪行袋のサイズを選ぶ際、輪行袋に入れるロードバイクの大きさと、輪行せずに輪行袋そのものを携帯する時の大きさの2つに注意する必要があります。

輪行袋はほとんどの製品がワンサイズで、どの大きさのロードバイクでも基本的には収納が可能。というのも、輪行袋にロードバイクを収納する際、分解した状態で輪行袋に入れるので、ロードバイク自体の大きさはあまり重要ではありません。

一方で輪行袋を使わない時は、輪行袋をどこかに入れて携帯しなくてはいけません。その場合、輪行袋が重すぎたり、大きすぎたりするとペダリングの邪魔をしてしまうことがあるので注意が必要。製品によってはロードバイクに取り付けられたボトルホルダーに入れておけるサイズのものもあるので、適切な製品を選んでみてください。

入れ方で選ぶ

By: amazon.co.jp

前輪のみ外すタイプ

前輪のみ外すタイプは収納の手間を省くことができますが、公共交通機関の規定サイズを超えてしまうため、車などでの移動の場合のみ使えることに注意が必要。また、持ち歩く際のサイズもかなり大きくなるので、混雑している場所を通る予定のない方や大きな荷物の運搬が苦でない方におすすめです。

両輪外すタイプ

タテ置き型は両輪を外した上で床に対して垂直に置く収納方法。ヨコ置き型に比べると安定性には劣りますが、輪行袋にヒモがついている場合が多いので、電車の手すりやポールにくくりつけることで安定性を確保できます。

ヨコ置き型は逆さ置きタイプとも呼ばれ、ロードバイクのサドル部分が地面につくように上下を逆にする収納方法。揺れやすいタテ置き型に比べてコンパクトさには劣りますが、安定して移動することができます。

ホイールポケットの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ロードバイクを輪行袋に収納する際、通常は袋内でホイールが動かないよう、ホイールをフレームにストラップでくくりつけて収納します。しかし、車体を分解するなど、ロードバイクの収納には時間がかかるので、なるべくラクに収納したい人にはホイールポケット付きがおすすめ。ホイールポケットが付いていれば、ホイールをポケットに入れるだけなので簡単に収納が終わります。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

濡れた路面やオフロードなど、ロードバイクが汚れた状態で輪行袋に収納することもあるので、汚れが落ちやすい素材を選ぶことが重要。製品によっては、袋の底部に通気口が空いており、溜まった汚れや輪行袋内を洗った際の水を流すことのできるものもありますが、ポリエステル製など、乾きやすく耐久性に優れている素材がおすすめです。

輪行袋のおすすめメーカー

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年、日本で設立した登山用品メーカー、モンベル。商品開発のコンセプトは”Function is Beauty(機能美)”と”Light & Fast(軽量と迅速)”。自然環境を守るという使命の元、さまざまな社会活動も行なっています。

オーストリッチ(OSTRICH)

By: amazon.co.jp

アズマ産業株式会社のサイクル用品ブランド、オーストリッチ。昭和48年ごろからサイクル用品の製造販売に専念。裁断から出荷まで一貫して自社で行い、「よりよい製品づくり」の信念を貫きながら、新しいサイクルライフの提案を続けています。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

By: amazon.co.jp

ビーズ株式会社の自社ブランドであるドッペルギャンガー。「自分の主は自分だけ。ほかの誰でもない」をブランドのアイデンティティーとして、総合的なサイクリング用品を展開。手の届きやすい価格設定とポップなデザインがポイントのブランドです。

ゴリックス(GORIX)

By: amazon.co.jp

ごっつ株式会社の自動車部品ブランド、ゴリックス。自転車・ロードバイクの初心者でも気軽に自転車を楽しめる、手の届きやすい価格の製品を揃えています。豊富なカラーバリエーションも魅力で、ライトなユーザーにも親しまれるブランドです。

ビコット(BIKOT)

By: amazon.co.jp

京都の自転車専門店「きゅうべえ」のオリジナルブランド、ビコット。機能性と快適性を追求しつつ、和柄のデザインを活かしたポップでカラフルな全く新しいモダンデザインのアイテムが充実。持っているだけで楽しくなる製品作りをしています。

輪行袋のおすすめモデル

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) コンパクト輪行キャリングバッグ DCB328-BK

ボトルサイズに収まる持ち運びしやすい輪行袋。タテ置き型で、さまざまなタイプのフレームサイズを収納できる汎用性が魅力です。バイクそのものにショルダーベルトを取り付けるので、生地に負担がかからず長く使用することが可能。ボトルサイズにたたむことができるので持ち運びも簡単です。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 L-100

オーストリッチ製品の中でも、人気ナンバー1の超軽量型輪行袋。タテ置き型で公共交通機関での移動でも場所をとりません。ボトルケースに入る大きさなので、ペダリングの邪魔をすることなく走行が可能。シンプルなデザインで、室内でのロードバイクの保管時にも便利です。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 ロード220

オーストリッチの中仕切り有りタイプのタテ置き型輪行袋。中仕切りがあるタイプは重くなりがちですが、この製品は薄手の軽量タイプ。中仕切りがあることでタイヤとフレームが別々に入れられるので、車体へのキズなどを気にせず簡単に収納できます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) マルチユースキャリングバッグ DCB168-BK

シーンに合わせてマルチに使える輪行袋。分解せずにそのまま運搬・前輪もしくは後輪のみ外してヨコ置き型運搬・室内保存用カバーとして4WAYの使い方が可能。両輪を外すタイプではなく、収納時のサイズが大きくなるので、公共交通機関を利用する場合は注意が必要です。

ビコット(BIKOT) 縦置き 輪行袋 ロードバイク クロスバイク用

ビコットならではの和柄モチーフの柄がポイントのタテ置き型輪行袋。頻繁に輪行をしない方にとっては難しく感じることも多い収納ですが、この輪行袋には柄として収納方法がプリントされているので安心。ウェアに合わせて色や柄を選ぶのもおすすめです。

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ 1130424

26〜29インチ対応のヨコ置き型輪行バッグ。一般的な袋を広げて車体を置く方法ではなく、筒状の袋をたたんだバイクに被せるだけのシンプルな作りがポイント。ジッパー操作がないぶん、素早く収納ができます。500mlのペットボトルより小さくたたむことができるので、携帯も簡単です。

ゴリックス(GORIX) 自転車輪行袋 GX-Ca2

電車や車移動で安定して輪行ができるヨコ置き型の輪行袋。ショルダーベルトが袋の側面を一周しているので、生地に負担をかけずに輪行が可能。専用の収納袋がついているので、使わないときはかさばらずに携帯できることがポイントです。

グランジ(grunge) キャリー

フレームサイズ520mm以下のロードバイク専用輪行袋。ヨコ置き型で前後の車輪を外して逆さまにするだけで簡単に収納が可能。従来製品よりも上質の生地を用いることで強度はそのままに軽量化しています。

ゴリックス(GORIX) 輪行バッグ GX-Ca1

航空輸送での輪行に対応できる全面クッション入りの輪行袋。ヨコ置き型で、両輪を外して内側のポケットに収納、フレームは逆さまに入れれば簡単に輪行ができます。輸送時のための送り状ポケットがついており、さらに英語と日本語で取り扱い注意の表記がしてあるので安心です。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 ロード320

ロードバイク輪行用のスタンダードモデル。収納力や耐久性、価格がバランスよく作られており、初心者からベテランまで使いやすい製品。タテ置き型で場所をとらず、汚れが目立ちにくい色なので長く愛用できます。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 E-11

タテ置き型の29インチバイク用輪行袋。内側にポケットがないシンプルな作りにすることで低価格を実現しました。330gの丈夫な生地で、大きめのロードバイクを持ち運ぶ際も安心です。重さが気になる場合は、肩に当たるベルトの部分にパッドをつけると問題なく持ち歩くことができます。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 伸びる輪行キャリングバッグ DCB298-BK

伸縮性に優れた素材で突起も簡単に収納できるタテ置き型の輪行袋。車体に合わせて生地が伸びるので、無駄なスペースができずかさばりません。裏起毛素材を採用し、衝撃からフレームを保護。ショルダーパッド付きのため、重量のあるロードバイクであっても肩が痛くなりにくいのもポイントです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 耐衝撃輪行キャリングバッグ DCB333-BK

10mmの肉厚クッションがデリケートなバイクを守るヨコ置き型の輪行袋。航空輸送など衝撃を受ける恐れが高い場合でも、へこみや擦れなどを防ぎます。自立式のため立ったままでも収納が可能。クッションは6パックに分断されているので、折りたたみ時も簡単です。

タイオガ(TIOGA) コクーン BAR02800

2種類の持ち運びができるタイプの輪行袋。前輪を外して収納すれば、ヨコ置き型の輪行ができ、ジッパーを開いて輪行袋後部をベルクロで留めれば、後輪で転がして輪行することも可能。薄くて軽い生地を使用しており、ボトルホルダーに入れて携帯することもできます。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 SL-100

タテ置き型のオーストリッチ史上最軽量の輪行袋。コンパクトさと丈夫さを両立し、サドルバッグに入る大きさです。長い距離を走行する際の緊急用に入れておくと便利です。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行バッグ YD-175

厚さ10mmのウレタンを使用した、衝撃に強いヨコ置き型の輪行袋。送り状を入れるポケットや側面に複数の言語で「自転車」の文字が入っており、航空輸送時も利用可能。3つに折りたたむことができるので、携帯にも便利です。

タイオガ(TIOGA) Flex Pod BAR03900

前後輪を外して自転車に被せ、ジッパーを引き上げるだけで収納できる輪行袋。タテ置き型で輪行時はバイクが自立するので、公共交通機関でも楽に持ち運びできます。伸縮性に優れた生地を使用することで、収納しやすさを実現。付属のポーチを使用すれば、サドルレールにセットできます。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 ロード520

前後輪を外してタテ置きするタイプの輪行袋。中仕切り付きで、フレームとタイヤを分けて収納でき、傷を防ぎます。厚手の生地を使用しているので凹凸の多い場所などでの使用にも耐えられるので、携帯のしやすさより丈夫さを優先したい方におすすめです。