ロードバイクを持っている方であれば慣れ親しんだ近場だけでなく、時には遠出して旅先の見知らぬ道や、勾配のある場所を走ってみたいときに必要になるのが「輪行袋」。メーカーによって形状やデザインの違いがあるため、趣味のスタイルにあわせて最適な製品を選ぶことが大切です。

そこで今回は、ロードバイクを運ぶための輪行袋を選び方やメーカーも含めてご紹介します。選び方もあわせて解説するので、ぜひチェックしてみてください。

輪行袋とは?

By: amazon.co.jp

輪行袋は、分解したロードバイクやクロスバイクを入れるのに適した形状をしており、持ち運びやすいのが魅力のアイテム。輪行袋に入れてコンパクトにすることで、車や電車などを利用して旅行先や遠方でもサイクリングを楽しめます。

また、輪行袋に入れれば、袋の紐を肩に担いで運べるので疲れにくいのもポイント。移動で疲れてサイクリングをする気力がなくなる心配もないおすすめアイテムです。

輪行袋の種類

前輪のみ外すタイプ

By: doppelganger.jp

前輪のみ外すタイプは、後輪を外す必要がないぶん手間が少なく収納できるのがメリットです。ロードバイク・クロスバイクの前輪を外すだけなら、初心者でも簡単なので輪行袋への収納もラクにできます。

ただし、後輪は取り付けたままのため幅を取ってしまう点はデメリット。サイズが大きくなりやすく、持ち運びしにくくなることもあるので注意しておきましょう。

両輪外すタイプ

By: rakuten.co.jp

両輪を外すタイプは「縦置き」と「横置き」の2種類があります。どちらも前輪のみ外すタイプと比べて省スペースのため、電車での移動が可能。フレームと前輪後輪を付属のバンドで括り付ければしっかりと固定できるので、持ち運びの際に車輪が動きにくいのが魅力です。

ただし、前輪と後輪ともに外す手間がかかる点には要注意。後輪の取り外しや収納方法にひと手間かかるため、慣れが必要です。

輪行袋の選び方

縦置きか横置きかチェック

縦置き

By: rakuten.co.jp

「縦置き」は、サドルとリアエンドを地面に立てた状態で収納するタイプです。両輪を外す必要こそありますが、幅を取らないのがメリット。リアエンドは地面に当たるので、キズを付けない、もしくはフレームを曲げてしまわないためにもリアエンド金具を付けるのがおすすめです。

外した両輪のタイヤは、フレームを挟み込むように配置します。フレームにキズや汚れをつけないためにも、スプロケットカバー・フレームカバーを装着して保護しておきましょう。また、チェーンの汚れも防止したい方はチェーンカバーもあると便利です。

ただし、飛行機のような、荷物を預けるシーンではフロントフォークをぶつけてしまう可能性があります。このような場合には、フロントエンド金具もあわせて用意しておくのがおすすめです。

横置き

By: rakuten.co.jp

「横置き」は、ハンドルとサドルを地面に立てた状態で収納するタイプです。横方向にスペースは取るものの、高さがでにくいことから持ち上げやすいのがメリット。また、縦置きタイプのようにリアエンドが地面と接触しないので、別途リアエンド金具を用意する必要もありません。

横置きタイプも両輪を外して、フレームを挟み込むように配置します。タイヤとフレームの接触でキズや汚れが付かないよう、収納の際はフレームカバー・スプロケットカバー・チェーンカバーを取り付けておくのがおすすめです。

サイズで選ぶ

By: doppelganger.jp

輪行袋のサイズを選ぶ際、輪行袋に入れるロードバイクの大きさと、輪行袋を携帯するときの大きさの2つに注意する必要があります。収納したいロードバイクの大きさはもちろん、公共交通機関を利用したい場合は規定サイズ内に収納できるかどうかもチェックしましょう。

また、輪行袋をどこかにしまって携帯するときは、輪行袋が重すぎたり、大きすぎたりするとペダリングの邪魔をしてしまうことがあるので注意が必要。製品によっては、ロードバイクに取り付けられたボトルホルダーに入れておけるサイズのモノもあるため、チェックしてみてください。

ホイールポケットの有無で選ぶ

By: amazon.co.jp

ロードバイクを輪行袋に収納する際、通常は袋内でホイールが動かないよう、ホイールをフレームにストラップでくくりつけて収納します。しかし、車体を分解するなど、ロードバイクの収納には時間がかかるので、なるべくラクに収納したい方にはホイールポケット付きがおすすめ。ホイールポケットが付いていれば、ホイールをポケットに入れるだけのため簡単に収納できます。

素材で選ぶ

By: amazon.co.jp

濡れた路面やオフロードなど、ロードバイクが汚れた状態で輪行袋に収納することもあるので、汚れが落ちやすい素材を選ぶことが重要。ポリエステル製など、乾きやすく耐久性に優れている素材がおすすめです。製品によっては、袋の底部に通気口が空いており、溜まった汚れや輪行袋内を洗った際の水を流せるモノもラインナップされています。

輪行袋のおすすめメーカー

オーストリッチ(OSTRICH)

By: rakuten.co.jp

アズマ産業株式会社のサイクル用品ブランド。昭和48年頃からサイクル用品の製造販売に専念。裁断から出荷まで一貫して自社で行い、「よりよい製品づくり」の信念を貫きながら、新しいサイクルライフの提案を続けています。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

1975年、日本で設立した登山用品メーカー。商品開発のコンセプトは「Function is Beauty(機能美)」と「Light & Fast(軽量と迅速)」。自然環境を守るという使命のもと、さまざまな社会活動も行っています。

タイオガ(TIOGA)

By: rakuten.co.jp

タイオガは自転車用品を多数販売しているブランドです。輪行袋に関しては、前輪のみ外すタイプ・両輪外すタイプともに豊富なラインナップが特徴。輪行袋に限らず、フレームカバーやスプロケットカバーといった備品も販売しています。

また、メイン素材に撥水加工を施したナイロンを採用しているのもポイント。多少の雨なら大切な自転車もしっかりと保護します。

輪行袋のおすすめモデル|前輪のみ外すタイプ

オーストリッチ(OSTRICH) 超速FIVE 輪行袋

オーストリッチ(OSTRICH) 超速FIVE 輪行袋

対応車種が幅広い輪行袋です。ロードバイクやクロスバイク、MTBだけでなく、ランドナーにも対応。前後のキャリアが付いた状態でも収納できるのが特徴です。

本製品には車輪カバーが付属しており、フレームとホイールが接触して汚れが付く心配がありません。ショルダーベルトもフレームに直接括り付けるので、カバーに負担がかからずに持ち運べます。

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ クイックキャリー M

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ クイックキャリー M

スムーズに収納できる輪行袋です。収納方法は、前輪を外した後に付属のシンチバンド、ショルダーベルトを自転車に取り付け、カバーを被せるだけ。被せたカバーはドローコードで裾を絞れて自転車全体を覆えます。

未使用時のサイズは500mlペットボトルと同等の大きさで、非常にコンパクトになるのもポイント。また、本製品はMサイズ対応の輪行袋で、車輪サイズが700C・26インチ・27.5インチサイズのモノに対応しています。

モンベル(mont-bell) プロテクション リンコウバッグ

モンベル(mont-bell) プロテクション リンコウバッグ

自転車の保護性を高めたタイプの輪行袋。カバーにはクッション材が内蔵しているので、フレームや各パーツにキズ付きにくい設計なのが特徴です。

分解したパーツは、カバー内にある所定のポケットに収納します。この際、ポケットにはパーツ同様のイラストが記載されているため、どこに何を収納すればいいかがひと目で分かる仕様なのもポイント。各パーツ収納後は、残った車体をメインコンパートメントに収納し、ジッパーで閉めれば完了です。

本製品は700Cまでの車輪サイズに対応。ロードバイク・クロスバイクを自動車で持ち運ぶ際や、飛行機などに預けるときに重宝する製品です。

タイオガ(TIOGA) コクーン ポーチタイプ

タイオガ(TIOGA) コクーン ポーチタイプ

収納と持ち運びのしやすさに優れた輪行袋。使用方法は、前輪とサドルを外してカバー内へ収納するだけなので初心者でも簡単に扱えます。収納後は肩に担げるほか、後部のジッパーを開けば後輪を転がしての移動も可能です。

素材は70デニールナイロン製で撥水加工が施されており、少しの雨なら自転車が濡れることもありません。付属の収納ポーチに収めれば、長さ240×高さ150mm程度のサイズになるため携帯しやすいのもポイントです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) マルチユースキャリングバッグ

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) マルチユースキャリングバッグ

合計4つの移動方法や収納方法を選べる輪行袋。本製品は前輪のみ外して収納するのはもちろん、タイヤを外さずそのまま収納したり、後輪のみを取り出して運んだり、室内保護カバーとして使ったりと、シーンにあわせた使い方が可能です。

また、付属のベルトを使えば、車輪を外さず収納する場合に前後輪の空回りを防いだり、外した前輪をとフレームを固定したりできます。本製品はポリエステル製で、耐水圧1500mmにも対応しており高い防水性を完備。生地が裂けにくい仕様なのも嬉しいポイントです。

本体収納時にはA4サイズにまでコンパクトになるので、リュックに入れて携帯可能。カラーはブラックとカーキの2種類をラインナップしています。

輪行袋のおすすめモデル|縦置きタイプ

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 ロード220

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 ロード220

エンド金具が付属しているロードバイク専用の輪行袋。リアエンドを保護するほか、地面に置いたときの安定感も向上するおすすめアイテムです。

カバー内側にはタイヤ専用ポケットを備えているので、収納がしやすい設計。中締めベルトも付属しており、フレームとタイヤを固定することも可能です。また、未使用時はボトルケージに収まるほどコンパクトになるのもポイント。重量も約320gと軽量のため持ち運びのしやすさにも優れています。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 L-100

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 L-100

オーストリッチの輪行袋のなかでも安価な人気モデル。重量は235gと軽量なので、携行に便利なのが特徴です。対応車種はロードバイク・クロスバイク・MTBと幅広く対応しています。

また、未使用時は500mlペットボトルのサイズまでコンパクトになるほか、サドルバッグに取り付けも可能です。コスパに優れたアイテムを探している方はチェックしてみてください。

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 SL-100

オーストリッチ(OSTRICH) 輪行袋 SL-100

オーストリッチの縦置き型輪行袋のなかでも軽量なモデル。重量は200gと軽く、携行の際は重さを最小限に抑えたい方におすすめです。未使用時はサドルバッグに収まるほど小さくなるので、スペアとして保持しておくのにも適しています。

車種はロードバイク・クロスバイク・MTBに対応。デザインは黒地にオーストリッチのロゴマークがワンポイントとして表示されており、おしゃれに持ち運べるのもポイントです。裾は巾着式で閉じるため、ファスナー式のように破損する心配も少なくて済みます。

タイオガ(TIOGA) ロードポッド VP

タイオガ(TIOGA) ロードポッド VP

カバー内側に前後輪を収納できるホイールポケットを備えた縦置き輪行袋。スプロケットカバーやフレームカバーを装備することなく携帯可能です。また、リアエンド金具が付属しています。

生地には、軽量化と耐久性に優れた70デニールナイロンを採用。撥水加工も施されており、多少雨に濡れても水の侵入を防ぎます。収納ポーチに入れれば直径80×高さ260mmとコンパクトになり、ボトルケージへの固定も可能です。

多機能な製品ですが、手に入れやすい価格帯なのも魅力。使い勝手に優れたおすすめアイテムです。

アールニーゴーマル(R250) 縦型軽量輪行袋

アールニーゴーマル(R250) 縦型軽量輪行袋

必要な装備品がオールインワンになったモデル。本製品は輪行袋以外に、フレームカバーやスプロケットカバー、エンド金具などがセットになっているので、初めて輪行袋を購入する方におすすめです。

フレームと前輪後輪を繋ぎとめるバンドは、ワンタッチバックルになっており操作が簡単。輪行袋の底には、サドルの位置とリアエンドの位置が分かるようイラストが描かれているのも嬉しいポイントです。また、輪行袋の表面は撥水加工が施されており、急な悪天候でも自転車の汚れを防ぎます。

収納ケースに入れれば、付属のバックルでドリンクホルダーやサドル裏への固定も可能です。さらに、本製品には輪行袋の使い方やマナーについても記載されたマニュアルも付属しています。

輪行袋のおすすめモデル|横置きタイプ

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ

モンベル(mont-bell) コンパクトリンコウバッグ

公共機関での持ち運びが可能で、収納も簡単な横置きタイプの輪行袋。分解した自転車にカバーを被せて収納するため、シンプルかつ使い勝手に優れた製品です。ジッパーではなく、巾着のようにヒモを引っ張れば密閉できるので手軽に収納できます。

収納方法は、まず分解した前輪と後輪を付属のシンチバンドでフレームと固定。そこからショルダーベルトをヘッドチューブとボトムブラケットに取り付けます。あとはカバーを被せて裾を絞れば収納完了です。

車輪サイズは26~29インチに対応。また、本製品の収納時は500mlのペットボトルサイズになるため、荷物の負担になりにくいのも嬉しいポイントです。

タイオガ(TIOGA) H-ポッド

タイオガ(TIOGA) H-ポッド

カバーを上から被せる方式と、下から引き上げる方式の2つが可能な輪行袋。上から被せて収納すれば、地面にカバーを広げる必要がないので便利です。

裾は巾着仕様になっているため、収納と取り出しが簡単。また、メイン素材は40デニールナイロンを採用しており、重量わずか210gと軽量なのもポイントです。さらに、収納サイズは直径75×高さ150mmとコンパクトで、携行性に優れています。

グランジ(grunge) キャリー

グランジ(grunge) キャリー

ホイール収納袋が2枚付属した輪行袋。フレームカバーやスプロケットカバーを必要とせず、フレームに直接スプロケットやタイヤが触れる心配がありません。ホイール収納袋はベルクロでの固定となるので簡単に扱えます。

収納ケースはカバーと一体化されており、無くす心配が無いのも嬉しいポイント。必要によっては、内ポケットとしても使えます。なお、フレーム収納時は、対応フレームサイズが520mm以下となっているため留意しておきましょう。

グランジ(grunge) キャリー ライト

グランジ(grunge) キャリー ライト

グランジの「キャリー」を更に軽量化したモデル。重量が約420gと軽量で、ケース収納時は約100×180×90mmとコンパクトになるのが特徴。横置きタイプなので幅は取るものの、エンド金具を必要としない点もメリットです。

また、「キャリー」と同様に、サドルとハンドルの設置方向が分かるのもポイント。なお、本製品は、同社の「キャリー」とは異なり、ホイール収納袋は付属されていません。そのため、スプロケットカバーとフレームカバーは別途用意しておくのがおすすめです。

ゴリックス(GORIX) 自転車用輪行袋 GX-Ca1

ゴリックス(GORIX) 自転車用輪行袋 GX-Ca1

厚さ10mmのクッションを全体に採用している横置きタイプの輪行袋です。飛行機移動のような、自転車を預けなければいけないシーンでも安心のモデル。両側のファスナーをあわせれば南京錠で固定できるので、セキュリティ面も良好です。

フレームと前後輪は固定する必要がなく、車輪とペダルを外して専用のポケットに入れるだけで収納が完了します。また、生地は70%ナイロン・30%ポリエステル製で、耐久性に優れているのも特徴です。

中身に泥や砂利が入りこんでしまっても、本体底には排出口があるためメンテナンス性にも優れています。カラーバリエーションも豊富な製品で、好みのモノが見つかりやすいおすすめアイテムです。