乗り心地はもちろん、走行における操作性などにも影響する「ロードバイク用サドル」。快適にロードバイクを乗りこなすためには、自分に合ったサドルへの交換がポイントです。

そこで今回は、ロードバイクのサドルを換えるメリットや選び方とあわせて、おすすめのモデルをご紹介します。各製品の特徴も解説するので、ぜひ自分に合ったロードバイク用サドルを選ぶための参考にしてみてください。

ロードバイクのサドルを換えるメリット

お尻が痛くなるリスクを低減できる

純正のサドルでロードバイクに乗っていると、走行中にお尻が痛くなる場合があります。お尻が痛くなる原因としては、乗車姿勢に不慣れであったり形状が自分に合わなかったりといったケースが存在。初心者の方など、乗車姿勢に不慣れな場合にはライディングスタイルを正しく身につけることが重要です。

ただし、正しい姿勢で運転していても痛みが改善しない場合には、形状が自分に合っていない場合があるため、サドルの交換を検討してみてください。自分の身体に合ったサドルに交換することで、お尻が痛くなるリスクを低減できるなど、快適性の向上が期待できます。

自分の乗車姿勢に合わせて選べる

サドルの交換は、自分が運転しやすい乗車姿勢に合わせて選べるのもメリットです。基本的なライディングスタイルを身につけるのは重要ですが、走行しやすい乗車姿勢は人によって異なります。

そのため、サドルを交換する場合には、自分が運転しやすい乗車姿勢に合ったタイプを選ぶのもポイント。自分の乗車姿勢に合ったサドルへの交換により、ペダリングの安定性向上や、ロングライドでの負担軽減にも繋がります。

ロードバイク用サドルの選び方

座面の形で選ぶ

横から見たときの形状をチェック

By: amazon.co.jp

サドルの座面を横から見たときの形状が、フラットか湾曲しているかをチェックしましょう。フラットタイプと湾曲タイプとで、走行における順応性などに違いがあるため、ロードバイクの利用スタイルに応じて選ぶのがポイントです。

フラットタイプは、お尻の位置を固定せず自由にポジションを移動しやすいのが特徴。上体を起こしたり前傾にしたりなど、さまざまな姿勢にも柔軟に対応できます。ロングライドで使用しても負担やお尻の痛みを感じにくいのもメリットです。

湾曲タイプは、後方に反った形状によりお尻の後部にフィットしやすく、走行での安定感を高めているのが特徴。スムーズなペダリングをサポートし、速度を一定に保って走行しやすいのも魅力です。

前から見たときの形状をチェック

By: rakuten.co.jp

サドルを前から見たときの座面形状をチェックするのもポイント。座面を前から見て、主に形状がフラットなタイプや丸みがついたタイプが展開されています。前から見た形状によっても乗り心地や走行性に違いがあるため、自分に合ったタイプを選びましょう。

フラットタイプは、体重移動のしやすさやポジションと姿勢を自由に調整しやすいのが特徴。身体への負担を抑えやすく、ロングライドでの快適性を保ちやすいタイプです。

丸みのあるラウンドタイプは、お尻へのフィット感を高めるのが特徴。安定した力強いペダリングをアシストします。反面、お尻や股関節に負担をかけやすいので、短距離走行やレース用としてなど、走行性の高さを優先する場合の使用におすすめのタイプです。

サドル幅で選ぶ

By: amazon.co.jp

自分の体格に適したサドル幅で選ぶのも重要。体格が大きな方や骨盤が広い方には、サドル幅の広いワイドタイプが適しています。ワイドタイプのサドルは、上体を起こした姿勢で走行しやすいのも特徴。幅広いサドルが安定して身体を支え、負担も抑えます。

また、深い前傾姿勢で走行するシーンが多い方には、サドル幅が狭いナロータイプを選ぶのがおすすめ。スムーズにペダリングがしやすく、スピーディな走行をサポートします。

ノーズの長さで選ぶ

By: rakuten.co.jp

用途に応じてノーズの長さもチェックして選びましょう。ノーズの長さは、製品によって通常のレギュラータイプと短めに設計されているショートノーズタイプが展開されています。

レギュラータイプはポジションや姿勢を変えやすく、負担を抑えて走行しやすいのが特徴。ロングライドなどでペースを守りつつ、楽な姿勢で安定した走行を行うのに適しています。

一方、ショートノーズタイプは、前傾姿勢をとった走行で股関を圧迫しにくく、ペダルへの踏み込みで力を伝えやすいのが特徴。レースなど、スピードが求められるシーンでの使用におすすめのタイプです。

パッドの厚みやクッション性で選ぶ

By: amazon.co.jp

パッドの厚みやクッション性も、シーンに適したタイプを選ぶうえでのポイント。サドルのパッドが厚いほどクッション性も高くなり、お尻や股間への負担を和らげ、痛みを感じにくいのが特徴です。ロングライドでの快適性を保ちやすく、安定した走行をサポートします。

ただし、パッドが厚いタイプは重さを感じやすく、厚みによりスピーディなペダリングを妨ぎやすい点には注意して選びましょう。一方、サドルのパッドが薄めのタイプはクッション性が低くなるものの、反発が抑えられるため効率よくペダルを漕げます。

レールの素材で選ぶ

カーボン製

By: amazon.co.jp

レールがカーボン製のサドルは、軽量でスピーディな走行をサポート。車体の軽量化を図り、走行性能を高めて使用したい場合におすすめの素材です。

さらに、パッドが薄めでレールにカーボン素材を採用しているタイプのサドルは、よりロードバイクの軽量化に効果的。そのうえ、比較的剛性が高く、安定性にも優れています。

金属製

By: rakuten.co.jp

レールの素材に金属を採用しているサドルは、耐久性に優れており手入れがしやすいのが特徴。丈夫なため長持ちしやすいのも魅力です。初心者の方などメンテナンスが苦手な方の使用に適しています。

さらに、価格も比較的安い製品が多く、手軽に使用したい方やコストを抑えて選びたい方にもおすすめの素材です。

穴あきタイプもチェック

By: amazon.co.jp

股間への圧迫や痛みを抑えたい方には、穴あきタイプのサドルがおすすめ。体重によって負荷がかかりやすいサドルの中心部分に穴が設けられています。そのため、股間や尿道にかかる圧迫感を和らげ、痛みやしびれを軽減できるのが特徴です。

ただし、穴あきタイプは穴の周辺に接触する恥骨や坐骨付近に痛みが発生する可能性があるので、注意が必要。股間に痛みなどを覚える場合には穴あきタイプの使用で改善が期待できるものの、とくに違和感がなければ通常タイプを選ぶのが適しています。

痛みを感じやすい部分や座り心地などを考慮したうえで、自分の身体に合ったタイプのサドルを選びましょう。

ロードバイク用サドルのおすすめ

シマノ(SHIMANO) PRO ステルス Ltd R20RSA0310X

自転車部品をはじめ、釣り具などの高性能なアイテムを手掛けるメーカーとして人気の「シマノ」が展開するロードバイク用サドル。サイズが255×142mmのショートノーズタイプで、前傾姿勢での力強い走行をサポートします。

さらに、幅広い設計の座面とノーズにより、走行での安定性も高めます。レールには耐久性に優れているステンレス素材を採用しているため、メンテナンスがしやすいのも魅力です。

また、重量が210gと比較的軽量なので、スピーディな走行性の確保にも貢献。ロングライドで快適に使用しやすいのはもちろん、レースなどスピードが求められるシーンにもおすすめのロードバイク用サドルです。

ベロ(VELO) PLUSH VL-4126

女性に適した乗り心地のよさを追求して設計されたロードバイク用サドル。サイズは250×175mmと広めのサドル幅により、骨盤が広めの方でもゆったりと乗りやすいのが特徴です。座面にはお尻の形状にフィットしやすいように凹凸が備わっています。

また、肉厚のパッドでクッション性に優れているのも魅力。ふかふかとした心地よく柔らかい弾力で、お尻への痛みも軽減します。センターラインにはフロントよりバックにかけて設けられた溝と、中央には穴も配置。股間周辺のデリケートな部分への圧迫感を抑えます。

セラサンマルコ(selle san marco) アスピデ スーパーレジェラ オープンフィット 900WN401

おしゃれで高性能な自転車用サドルを幅広く取り扱うイタリアの老舗メーカー「セラサンマルコ」が展開する、ロードバイク用サドルです。サイズは前傾姿勢での走行に適したナロータイプと、体格が大きな方におすすめのワイドタイプが展開されています。

レールの素材にカーボンファイバーを採用し、重量はナロータイプで109gと軽量。シェルにフルカーボンを採用し、パッドも薄めなので、軽量化に貢献します。また、フロント部分が細い形状のため、太ももの動きを妨げずスムーズなペダリングをサポートします。

そのうえ、反りのある湾曲タイプでお尻の後部にフィットしやすく、安定感に優れているのも特徴です。

セラサンマルコ(selle san marco) アスピデショート オープンフィット ダイナミック ナロー 911MN401

全長250mmと短めに設計されたショートノーズタイプのロードバイク用サドル。フロント部も狭いので前傾姿勢での走行がしやすいのが特徴です。スムーズで力強くペダリングしやすくスピーディな走行をサポートします。

また、座面は後方に湾曲した形状で、前から見て緩やかにカーブを描いたラウンドタイプを採用。お尻にフィットしやすくペダリングでの安定感も高めるのもポイントです。中心部が大きく切り抜かれた穴あきタイプのため、股間への圧迫感を緩和します。

フィジーク(Fizik) ARIONE R3 kiumレール for スネーク 74B5SWSA09F04

プロのロードレーサーにも支持されているイタリアのサドルメーカーが展開する自転車用サドル。「ARIONE」は新開発されたコンポジットシェルの採用により、軽量なうえ剛性の高さとしなりの確保を実現した、同メーカーの人気シリーズです。

レールの素材にも軽量で高い剛性を備える「kiumレール」を採用。厚みがあり強度が高い中空構造でさらなる軽量化を実現しており、安定したスピーディな走行に貢献します。また、耐腐食性にも優れているので、手入れがしやすく美しい質感を保ちやすいのも魅力です。

サイズは、レギュラータイプで300×126mm。ノーズが細い形状のため太ももの動きも妨げにくく、ペダリングのしやすさにこだわる方にもおすすめのロードバイク用サドルです。

ゴリックス(GORIX) 肉厚クッション低反発サドル GX-C118

パッドが厚くクッション性に優れたロードバイク用サドル。低反発でふかふかとした柔らかい感触で、おしりが痛くなりにくいのが特徴です。段差や凹凸のある路面を走行した際の衝撃も吸収して負担を抑えます。

また、穴あきタイプなので、股間や尿道への圧迫感の緩和に効果的。通気性も確保し、蒸れによる不快感の軽減も期待できます。座面は前から見て丸みがないフラットタイプを採用。自由なポジションや姿勢にも対応しやすく、ロングライドでの負担を抑えて快適性を保ちやすいのも魅力です。

さらに、レールにはステンレスを採用した金属製のため、丈夫で手入れがしやすいのもポイント。価格も安いので、コスパの高さで選びたい方にもおすすめのロードバイク用サドルです。

ゴリックス(GORIX) コンフォートサドル GX-C19

横からの形状がフラットで、バックは丸みが大きなラウンドタイプのロードバイク用サドル。自由なポジションや姿勢に対応しやすいうえ、お尻へのフィット感を高め安定してスムーズなペダリングをサポートします。

また、パッドは厚めで優れたクッション性を備えているのも特徴。ふかふかと柔らかい低反発のパッドにより、振動などの衝撃を吸収し、お尻への痛みを軽減します。穴あきタイプのため、股間にかかる圧迫感も緩和し、通気性に優れているのも魅力です。

さらに、スマートなフォルムで茶色のフォーマルな雰囲気のデザインもスタイリッシュ。カラーバリエーションも豊富に展開されており、好きな色のモデルでおしゃれに乗りこなしたい方にもおすすめのロードバイク用サドルです。

セラ エスエムピー(SELLE SMP) HELL

パッドの素材にソフトポリウレタンを採用した柔らかい座面で、お尻に負担をかけにくいロードバイク用サドル。サイズは280×144mmと細身のナロータイプで、深めの前傾姿勢でスムーズなペダリングをサポートするのが特徴です。

長さは通常のレギュラータイプなので、ポジショニングしやすく楽な姿勢での安定した走行をアシスト。さらに、ラウンドタイプでお尻へのフィット感を高めるのもポイントです。ペダリングにおける安定性が向上し、力強い走行を実現します。

また、スマートでスポーティなデザインがスタイリッシュで、ロードバイクをおしゃれにカスタマイズできるのも魅力。走行性とデザイン性の高さを兼ね備えたおすすめのロードバイク用サドルです。

マックバースト(Mach Burst) コンフォート自転車サドル

人間工学に基づくデザインで、均等に重さを分散する設計のロードバイク用サドル。パッドにも厚みがありクッション性に優れており、お尻が痛くなりにくく、ロンクライドでの快適性を保ちます。穴あきタイプのため、股間や尿道への圧迫感を緩和するのも特徴です。

中央部分が深めにカットアウトされた構造により、通気性を高め蒸れによる不快感を和らげるのもポイント。また、サドルの表面には細かい凹凸が設けられているので、滑りを抑えてスムーズな走行もサポートします。

サイズは280×145mmと、比較的幅が広めのワイドタイプ。安定して身体を支えやすく、アップライトポジションでの走行がしやすいのもポイントです。さらに、価格が安いので、コスパが高く手軽に使いやすいロードバイク用サドルを探している方にもおすすめします。

Ludus Felix コンフォート スポーツサドル

バックに大きな丸みのあるラウンドタイプで、お尻にフィットしやすいロードバイク用サドル。細身のフロント部により、太ももの動きを妨げにくくスムーズにペダリングしやすいのも特徴です。

サイズは、280×160mmと通常よりも比較的幅広なワイドタイプ。体格が大きな方やアップライトポジションでの走行がしやすいのもポイントです。また、パッドが肉厚なためクッション性が高く、お尻への負担も抑えてロングライドでの快適性を保ちます。

さらに、穴あきタイプなので、通気性も確保して蒸れによる不快感も軽減。ロングライドにおける快適性の高さを重視する方におすすめのロードバイク用サドルです。

セライタリア(SELLE ITALIA) SLR Titanium

横からの座面形状がフラットなタイプで、自由なポジションや姿勢に対応しやすいロードバイク用サドル。ロングライドで使用しても負担がかかりにくく、快適な走行をサポートします。

サイズは275×131と、ノーズは通常の長さのため幅広い層の方に合いやすく、楽な姿勢で安定して走行しやすいのも魅力。また、サドル幅が狭いナロータイプなので、前傾姿勢でも走行がしやすく、スピーディな走行性も確保します。

さらに、レールには強度の高いチタン素材を採用し、耐久性に優れるうえ中空構造により軽量化も実現。重量145gと軽量で、より走行性を高めるのもポイントです。

ブルックス(BROOKS) B17 フライヤー

素材にレザーを採用し、クラシカルで高級感のあるデザインがおしゃれなロードバイク用サドル。黒や茶色の味わい深い天然革の質感が、使い込むほどに増していく変化を楽しめるのが魅力のモデルです。

サドルの後部にはリアスプリングが搭載されており、サスペンションの役割を果たすのもポイント。路面からの衝撃を効果的に和らげ、お尻への負担を軽減します。サイズは280×175mmと、ノーズが通常の長さでポジションを変えやすく、楽な姿勢で走行しやすいのも特徴です。

また、天然革製のため、夏場でも座面が熱くなりすぎず、快適な乗り心地を保ちやすいのも魅力。デザイン性と快適性にこだわって選びたい方におすすめのロードバイク用サドルです。