自転車の走行距離や時間、カロリー消費量などの計測ができる「サイコン(サイクルコンピューター)」。ロードバイクやクロスバイクなどに乗る際のデータ管理に便利なアイテムです。

そこで今回は、サイコンのおすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

サイコン(サイクルコンピューター)とは?

By: amazon.co.jp

サイクルコンピューターとは、自転車の走行距離・スピード・消費カロリーなどを測定できるアイテムのこと。数千円で買えるようなシンプルモノから、各種センサーがセットになった10万円近くするモノまで、シチュエーションに応じてさまざまな種類があります。

自分がどれくらいの距離を走ったのか、今どれくらいの速度で走っているのかわかるため、自転車に乗る楽しみが大幅に広がるのが特徴。トレーニングでの活用はもちろん、趣味のサイクリングにもおすすめです。

サイコンを使うメリット

By: amazon.co.jp

サイコンを使う最大のメリットは、走行速度・距離・ペダルの回転数などのデータが客観的に把握できること。目では見えないデータがしっかりと数値化されることで、走行ペースやギアチェンジのタイミングなどがひと目でチェックできます。

また、さまざまなデータを可視化することで、達成感を得やすいのもメリットのひとつ。GPSを搭載したモデルを選べば、走行ルートを記録したり、現在地を確認できたりと、サイクリングをより快適に楽しめます。

サイコンの選び方

有線式かワイヤレス式かをチェック

サイコンには大きく分けて2つの種類があります。ひとつは本体とセンサーをケーブルで繋ぐ「有線式」、もうひとつは無線で繋ぐ「ワイヤレス式」です。

有線式は電波障害などの影響を受けず、ワイヤレスに比べ表示反応がはやい傾向にあるのが特徴。安定した通信を求めている方におすすめです。一方、ワイヤレス式は取り付けが簡単で、断線などの心配がないのがメリット。最近ではワイヤレス式のサイコンが主流です。

機能で選ぶ

防水機能

屋外を走る自転車に取り付けるサイコンは、防水性の有無に注意しましょう。雨の日に走らない方でも、長時間の走行では急な悪天候に遭遇することがあります。防水機能を搭載した機種であれば、突然の雨にも対応可能です。

速度計測機能

By: amazon.co.jp

通常のサイコンには、速度をリアルタイムに表示する計測機能が搭載されています。サイクリングコースなどでは制限速度が決められており、スピードの出し過ぎを対策することが可能です。

さらに、走行後にその日の最高速度や平均速度を計測できる機能が備わっている製品もあり、自分の走りを分析して楽しめます。

ケイデンス計測機能

自転車を趣味にして、走り慣れてくると欲しくなるのが、ペダルの回転数を計測するケイデンス機能です。特に、変速機付き自転車に乗っている方は、ケイデンスの数値を見ながらギアチェンジができて走りの幅を広げられます。

ケイデンスを測定するサイコンは上級者向けというイメージを持たれがちですが、自分に合ったケイデンスを把握すれば長時間の走行がラクになるので、初心者の方にもおすすめです。

GPS機能

By: garmin.co.jp

自分が走っている場所を確認できるGPS機能。スマホにも搭載されている機能ですが、サイコンならスマホのバッテリーを気にせずに使用できます。長時間の走行でGPS機能を活用したい方はチェックしておきましょう。

走行履歴やナビゲーション機能

By: garmin.co.jp

走行したデータを見返せるモデルであれば、自転車の楽しみ方が広がります。走り終えた後に自分の走行履歴を表示させたり、スマホやパソコンにデータを転送して大きな画面でルートを振り返ったりと、さまざまな用途で活用可能です。

また、サイコンにナビゲーション機能が備わっていれば、はじめて行く場所でも目的地までの地図を表示できるので、道に迷うリスクを減らせます。初心者の方から上級者の方まで便利に使えるおすすめの機能です。

目的に応じて選ぶ

健康の維持が目的なら、ケイデンスと連動して消費カロリーを計測できるサイコンがおすすめ。走り終えた後に消費カロリーを表示すれば、ダイエットの励みにもなります。

市民レースの出場を目指す方なら、ケイデンス計測機能に加えて、心肺機能を測定できるサイコンがおすすめ。走りながら心拍数をチェックすれば、負荷を確認しながらペダルの回転数を調節できます。本格的な走りを目指す上級者の方はチェックしておきましょう。

さらに、自転車初心者の方から上級者の方まで人気なのがヒルクライムと呼ばれる登坂競技です。上り坂では平地と比べてスピードが出ず、比較的安全に楽しめるため、多くのライダーに親しまれています。坂道を登るトレーニングをするなら、斜度を計測できるサイコンがおすすめです。

サイコンのおすすめメーカー

キャットアイ(CAT EYE)

快適なサイクルライフを送るための便利なアイテムを手掛けている「キャットアイ」。サイコンをはじめ、セーフティライトやリフレクター、サイクルアクセサリーなどを展開しています。

サイコンにおいてもさまざまなタイプを豊富にラインナップ。関連パーツも販売しています。価格が安いモデルも多いので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業されたGPS関連機器メーカー。なかでも、ランニングやトレーニング、登山などに便利なスマートウォッチが人気です。

サイコンにも力を入れており、さまざまなタイプをラインナップ。モノクロ表示のエントリーモデルから、GPSなどの機能を搭載したハイグレードモデルまで展開されています。

サイコンのおすすめモデル

キャットアイ(CAT EYE) VELO9 CC-VL820

有線式のシンプルなサイコンです。低価格ながら、速度・距離・時間・時刻・消費カロリー・CO2削減量などの基本的な機能を搭載しています。大型液晶画面でデータを確認しやすく、はじめて購入する方におすすめのモデルです。

雨天走行時の計測エラーを防止する耐雨機能を搭載しており、雨の日でもしっかりと計測可能。ブラケットはナイロンタイで簡単に取り付けできるほか、ステムやオーバーサイズのハンドルバーへの取り付けにも対応しています。

キャットアイ(CAT EYE) AVVENTURA CC-GPS200

GPS機能を搭載したワイヤレス式サイコン。簡易ナビ「ネコミチナビ」を内蔵しており、はじめての場所でも安心して走行できるおすすめモデルです。ネコミチナビを利用するには、スマホで目的地を設定して、本機へ転送する必要があります。

別売りのセンサーを用意すれば、ケイデンスや心拍の計測も可能。日本語表示対応で扱いやすく、バッテリーは約80時間の長寿命を実現しています。バックライトを搭載しており、夜間走行時にも便利です。

キャットアイ(CAT EYE) VELO WIRELESS + CC-VT235W

シンプルな機能を搭載したワイヤレス式サイコンです。フロントフォークと一体化するセンサーは装着・調節が簡単。自転車の動きに合わせて自動で計測を開始するオートスタートを搭載しているなど、初心者の方も操作しやすいおすすめモデルです。

バックライトを内蔵しており、夜間でもデータの確認が可能。ナイトモード時にボタンを押すと5秒間点灯します。本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能も便利です。

キャットアイ(CAT EYE) PADRONE SMART CC-PA500B

スマホと連携して使用できるBluetooth対応のサイコンです。スマホでの計測情報を表示する「ミラーモード」を搭載。センサーなしでスピードや高度の計測ができるほか、電話の着信やメールの受信をディスプレイに表示します。スマホで各種セットアップもできるなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

Bluetooth対応センサーと接続すればスピード・ケイデンス・心拍・パワーを表示して、より本格的なトレーニングをサポート。ステムやオーバーサイズハンドルバーにすばやく固定できる「FlexTightブラケット」が付属しています。

キャットアイ(CAT EYE) QUICK CC-RS100W

コンパクトな液晶画面を搭載した、薄型フォルムが印象的なサイコンです。ブラケットと一体感が出るデザインで、本体をブラケットから脱着できるのが特徴。休憩時に自転車から離れる際など、盗難対策が可能なおすすめモデルです。

また、日中でも表示を確認しやすい反転液晶を採用。速度・距離・走行時間・時刻など基本的な機能を備えています。アナログワイヤレスコンピュータを採用しているためレスポンスがよく、わずらわしい接続コードがないのも魅力です。

ガーミン(GARMIN) Edge 130 Plus

軽量コンパクトなGPS搭載サイコンです。スマホと同期させてワークアウトに活用できるほか、簡易ナビは知らない土地を走行する際に便利。ジャンプカウントやジャンプ距離などを測定できる「MTBダイナミクス」を内蔵しており、本格的にMTBを楽しみたい方におすすめです。

コース中のクライムで、残り距離や勾配の情報をリアルタイムでチェックできる「ClimbPro機能」が便利。ヒルクライムのベースマネジメントに活用可能です。

ガーミン(GARMIN) Edge 830

詳細な地図を収録しているGPSサイコン。コースナビ時のコース転換案内やリルートに対応しているなど、慣れないコースでの走行をサポートするおすすめモデルです。ヒルクライムをアシストする「ClimbPro機能」や、バイクの盗難対策に役立つ「バイクアラーム機能」も搭載しています。

トレーニングを充実させる、高度なパフォーマンス解析機能を搭載しているのもポイント。さまざまなデータからフィットネスレベルに応じた適切なトレーニング量を表示します。最大酸素摂取量「VOX2max」を測定でき、1週間分のパフォーマンスの推移をグラフでチェックできるのも便利です。

ブライトン(Bryton) Rider15

GPSにくわえて、GLONASS・Galileo・みちびきなどの衛生システムに対応しているサイコン。高い建物が多い都市部や山間部など、GPSだけでは不安定な場所でも位置を捕捉しやすいおすすめモデルです。

Bluetooth接続でスマホと連携できるのも便利。通話やメール、SNSの通知をデバイス上に表示する「スマート通知機能」を搭載しています。専用アプリを活用すれば、仲間と走行データを共有して楽しめるのも魅力です。

レザイン(LEZYNE) SUPER GPS

GPSとGLONASS衛生に対応しているワイヤレス式サイコン。気圧計と加速度計も搭載し、正確な走行データを取得しやすいおすすめモデルです。スマホでルートを作成してGPSユニットにアップロードできるなど、使い勝手に優れています。

無料ソフトウェア「GPS ROOT」を活用すれば、走行データをパソコンにアップロードして管理できるのも便利。大型液晶画面は見やすく、バックライト内蔵で夜間走行に活躍します。リチウムポリマーバッテリー内蔵で最長24時間駆動できるほか、最長400時間分の走行データを保存可能です。

iGPSPORT GPSサイクリング コンピューター iGS130

低価格ながらGPSを搭載した、コスパのよさが魅力のサイコン。高感度GPSにより、位置や速度を記録できるおすすめモデルです。走行時間や平均速度などのデータをリアルタイムにチェック可能。トレーニングの質を向上させたい場合に役立ちます。

バッテリーは22時間稼動で、長距離の走行にもおすすめ。日の出・日の入り時には、バックライトが自動で点灯・消灯するのも便利です。

NEWOKE CooSpo GPSサイクルコンピューター

太陽光の下でも見やすい、2.4インチ防眩スクリーン搭載のワイヤレス式サイコンです。超低消費電力のプロトコル「ANT」採用のデバイスと相互通信できる「ANT+」に対応。ケイデンスセンサーなどを接続したい場合におすすめのモデルです。

暗くなると自動的にバックライトが点灯するのも便利。夜間走行でデータを確認したいシーンで役立ちます。IP67相当の防水性を備えており、雨天でも使用可能です。

CYCPLUS GPSサイクルコンピューター

2.9インチの大型液晶画面を搭載しているGPSサイコンです。自動バックライトを内蔵し、夜間でもデータを確認できます。

本製品は、Bluetoothでスマホと接続可能。サイクリスト向けアプリ「Strava」などにデータを連携できます。ANT+に対応しており、心拍センサー・ケイデンスセンサー・スピードセンサーなどを接続したい方におすすめのモデルです。

サイコンのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

サイコンのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。