自転車の走行距離や時間、カロリー消費量などの計測ができる「サイコン(サイクルコンピューター)」。ロードバイクやクロスバイクなどに乗る際のデータ管理に便利なアイテムです。

そこで今回は、サイコンのおすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

サイコン(サイクルコンピューター)とは?

By: amazon.co.jp

サイクルコンピューターとは、自転車の走行距離・スピード・消費カロリーなどを測定できるアイテムのこと。数千円で買えるようなシンプルなモノから、各種センサーがセットになった10万円近くするモノまで、シチュエーションに応じてさまざまな種類があります。

自分がどれくらいの距離を走ったのか、今どれくらいの速度で走っているのかわかるため、自転車に乗る楽しみが大幅に広がるのが特徴。トレーニングでの活用はもちろん、趣味のサイクリングにもおすすめです。

サイコンを使うメリット

By: amazon.co.jp

サイコンを使う最大のメリットは、走行速度・距離・ペダルの回転数などのデータが客観的に把握できること。目では見えないデータがしっかりと数値化されることで、走行ペースやギアチェンジのタイミングなどがひと目でチェックできます。

また、さまざまなデータを可視化することで、達成感を得やすいのもメリットのひとつ。GPSを搭載したモデルを選べば、走行ルートを記録したり、現在地を確認できたりと、サイクリングをより快適に楽しめます。

サイコンの選び方

有線式かワイヤレス式かをチェック

サイコンには大きく分けて2つの種類があります。ひとつは本体とセンサーをケーブルで繋ぐ「有線式」、もうひとつは無線で繋ぐ「ワイヤレス式」です。

有線式は電波障害などの影響を受けず、ワイヤレスに比べ表示反応がはやい傾向にあるのが特徴。安定した通信を求めている方におすすめです。一方、ワイヤレス式は取り付けが簡単で、断線などの心配がないのがメリット。最近ではワイヤレス式のサイコンが主流です。

機能で選ぶ

防水機能

屋外を走る自転車に取り付けるサイコンは、防水性の有無に注意しましょう。雨の日に走らない方でも、長時間の走行では急な悪天候に遭遇することがあります。防水機能を搭載した機種であれば、突然の雨にも対応可能です。

速度計測機能

By: amazon.co.jp

通常のサイコンには、速度をリアルタイムに表示する計測機能が搭載されています。サイクリングコースなどでは制限速度が決められており、スピードの出し過ぎを対策することが可能です。

さらに、走行後にその日の最高速度や平均速度を計測できる機能が備わっている製品もあり、自分の走りを分析して楽しめます。

ケイデンス計測機能

自転車を趣味にして、走り慣れてくると欲しくなるのが、ペダルの回転数を計測するケイデンス機能です。特に、変速機付き自転車に乗っている方は、ケイデンスの数値を見ながらギアチェンジができて走りの幅を広げられます。

ケイデンスを測定するサイコンは上級者向けというイメージを持たれがちですが、自分に合ったケイデンスを把握すれば長時間の走行がラクになるので、初心者の方にもおすすめです。

GPS機能

By: amazon.co.jp

自分が走っている場所を確認できるGPS機能。スマホにも搭載されている機能ですが、サイコンならスマホのバッテリーを気にせずに使用できます。長時間の走行でGPS機能を活用したい方はチェックしておきましょう。

ナビゲーション機能

By: amazon.co.jp

設定した目的地への走行ルートを表示できるのが、ナビゲーション機能。初めて行く場所でも目的地までの地図を表示できるので、道に迷うリスクを減らせます。また、目的地までのルート上で、道を曲がる際にサイコンが音声で知らせる「ターンバイターン」機能があると便利です。

ルートを外れた場合に、自動でルートを再計算する機能や、同じルートを戻る機能など、上位モデルになるほどナビゲーション機能でできることは増えます。自分に必要な機能と価格のバランスで選ぶのがおすすめです。

スマホやパソコンとの連携機能

By: amazon.co.jp

スマホやパソコンと連携できるサイコンもあります。情報収集や処理をスマホやパソコンで行い、サイコンに表示させることでサイコン単独では難しい高度な機能を使えるのがポイントです。

スマホと連携して、電話やメールの着信をサイクルコンピューターの画面上に表示したり、サイコンで得た各種データをスマホ・パソコン上で表示・分析したりといったことができます。

目的に応じて選ぶ

健康の維持が目的なら、ケイデンスと連動して消費カロリーを計測できるサイコンがおすすめ。走り終えた後に消費カロリーを表示すれば、ダイエットの励みにもなります。

市民レースの出場を目指す方なら、ケイデンス計測機能に加えて、心肺機能を測定できるサイコンがおすすめ。走りながら心拍数をチェックすれば、負荷を確認しながらペダルの回転数を調節できます。本格的な走りを目指す上級者の方はチェックしておきましょう。

さらに、自転車初心者の方から上級者の方まで人気なのがヒルクライムと呼ばれる登坂競技です。上り坂では平地と比べてスピードが出ず、比較的安全に楽しめるため、多くのライダーに親しまれています。坂道を登るトレーニングをするなら、斜度を計測できるサイコンがおすすめです。

サイコンのおすすめメーカー

キャットアイ(CAT EYE)

By: amazon.co.jp

快適なサイクルライフを送るための便利なアイテムを手掛けている「キャットアイ」。サイコンをはじめ、セーフティライトやリフレクター、サイクルアクセサリーなどを展開しています。

サイコンにおいてもさまざまなタイプを豊富にラインナップ。関連パーツも販売しています。価格が安いモデルも多いので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業されたGPS関連機器メーカー。なかでも、ランニングやトレーニング、登山などに便利なスマートウォッチが人気です。

サイコンにも力を入れており、さまざまなタイプをラインナップ。モノクロ表示のエントリーモデルから、GPSなどの機能を搭載したハイグレードモデルまで展開されています。

サイコンのおすすめモデル

キャットアイ(CAT EYE) VELO9 CC-VL820

大型液晶画面でデータを確認しやすい

有線式のシンプルなサイコンです。低価格ながら、速度・距離・時間・時刻・消費カロリー・CO2削減量などの基本的な機能を搭載しています。大型液晶画面でデータを確認しやすく、はじめて購入する方におすすめのモデルです。

雨天走行時の計測エラーを防止する耐雨機能を搭載しており、雨の日でもしっかりと計測可能。ブラケットはナイロンタイで簡単に取り付けできるほか、ステムやオーバーサイズのハンドルバーへの取り付けにも対応しています。

キャットアイ(CAT EYE) VELO WIRELESS + CC-VT235W

初心者の方も操作しやすいおすすめモデル

シンプルな機能を搭載したワイヤレス式サイコンです。フロントフォークと一体化するセンサーは装着・調節が簡単。自転車の動きに合わせて自動で計測を開始するオートスタートを搭載しているなど、初心者の方も操作しやすいおすすめモデルです。

バックライトを内蔵しており、夜間でもデータの確認が可能。ナイトモード時にボタンを押すと5秒間点灯します。本体の電池交換時期を知らせるバッテリーアラーム機能も便利です。

キャットアイ(CAT EYE) PADRONE SMART CC-PA500B

スマホと連携して使用できるBluetooth対応のサイコンです。スマホでの計測情報を表示する「ミラーモード」を搭載。センサーなしでスピードや高度の計測ができるほか、電話の着信やメールの受信をディスプレイに表示します。スマホで各種セットアップもできるなど、使い勝手に優れたおすすめモデルです。

Bluetooth対応センサーと接続すればスピード・ケイデンス・心拍・パワーを表示して、より本格的なトレーニングをサポート。ステムやオーバーサイズハンドルバーにすばやく固定できる「FlexTightブラケット」が付属しています。

キャットアイ(CAT EYE) QUICK CC-RS100W

コンパクトな液晶画面を搭載した、薄型フォルムが印象的なサイコンです。ブラケットと一体感が出るデザインで、本体をブラケットから脱着できるのが特徴。休憩時に自転車から離れる際など、盗難対策が可能なおすすめモデルです。

また、日中でも表示を確認しやすい反転液晶を採用。速度・距離・走行時間・時刻など基本的な機能を備えています。アナログワイヤレスコンピュータを採用しているためレスポンスがよく、わずらわしい接続コードがないのも魅力です。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ MICRO WIRELESS CC-MC200W

自分好みの画面表示にカスタマイズ可能なワイヤレスサイコンです。常時表示の上段に好みの機能を割り当てられます。

必要ない機能は状況に応じて非表示にできるファンクション選択機能を搭載。非表示時でもデータをバックグラウンドで計測しているため、再表示時にデータ確認できます。

夜間でもデータの確認が容易にできるナイトモードを搭載。ショートカットで簡単に起動できるのも魅力です。フレームとハンドルを繋げるステムや、オーバーサイズハンドルバーに早く確実に固定できるブラケットが付属しています。

ガーミン(GARMIN) Edge 130 Plus

軽量コンパクトなGPS搭載サイコンです。スマホと同期させてワークアウトに活用できるほか、簡易ナビは知らない土地を走行する際に便利。ジャンプカウントやジャンプ距離などを測定できる「MTBダイナミクス」を内蔵しており、本格的にMTBを楽しみたい方におすすめです。

コース中のクライムで、残り距離や勾配の情報をリアルタイムでチェックできる「ClimbPro機能」もポイント。ヒルクライムのベースマネジメントに活用可能です。

ガーミン(GARMIN) Edge 530

高速CPUを搭載し、さまざまな動作の処理がはやいサイコン。4衛星測位システムを採用しており、現在地の高い補足精度を実現しています。昭文社全国詳細道路地図の2019年度データを収録しているため、ナビゲーションの使い勝手が優れているのも特徴です。

高度なパフォーマンス解析機能を備えているのが魅力。VO2MAX計測やFTP計測により、自分のフィットネスレベルを一目で確認できます。また、高度/暑熱順化機能も搭載。気温や標高に体がどれだけ順応しているかも表示します。

ヒルクライム中に便利な「ClimbPro」を搭載しているのもポイント。周囲の地形状況を把握できるため、ペース管理にも役立ちます。トレーニングデータを蓄積できるクラウドサービスも使えるので、トレーニング用途に使用したい方におすすめです。

ガーミン(GARMIN) Edge 830

詳細な地図を収録しているGPSサイコン。コースナビ時のコース転換案内やリルートに対応しているなど、慣れないコースでの走行をサポートするおすすめモデルです。ヒルクライムをアシストする「ClimbPro機能」や、バイクの盗難対策に役立つ「バイクアラーム機能」も搭載しています。

トレーニングを充実させる、高度なパフォーマンス解析機能を搭載しているのもポイント。さまざまなデータからフィットネスレベルに応じた適切なトレーニング量を表示します。最大酸素摂取量「VOX2max」を測定でき、1週間分のパフォーマンスの推移をグラフでチェックできるのも便利です。

ガーミン(GARMIN) Edge 1030 Plus セット

ハイエンドクラスのサイコン。豊富なアクセサリーが付属するセットアイテムで、製品のポテンシャルを十分に発揮できるのが特徴です。

本体ディスプレイはカラー表示で、サイズは3.5インチ。タッチスクリーンに対応しているほか、防水性能はIPX7と、安心して使えるのも魅力です。

また、数多くのセンサーを搭載しているほか、トレーニング機能やサイクリング機能も充実しており、データ管理もスムーズ。ナビ機能も便利で、一時停止ができるのもポイントです。

バッテリーは充電式リチウムイオンを採用しており、稼働時間は最大24時間と十分。価格帯としては高めですが、使い勝手に優れたサイコンを求めている方はぜひチェックしておきましょう。

ブライトン(Bryton) Rider 750

オンラインナビゲーションに対応したサイコン。インターネットに接続していれば、自分の位置情報や進むべき方向を一目で確認できるのが特徴です。曲がり角や方向に応じてルートが表示されるほか、ルートを外れた場合には自動的にルートの再検索を実施。走行中に迷わず目的地へ向かえるので便利です。

仮想ルートシミュレーションを搭載しているのも魅力。自宅に居ながらでもさまざまなルートを体験可能です。専用アプリを用いてワークアウトプランを作成すれば、本体にダウンロードしてその通りに動けます。

最大3台までのバイクプロフィールに対応。複数のバイクを使用している方でも、デバイスの設定を簡単にカスタマイズできます。多彩な機能を備えたサイコンを探している方におすすめです。

ブライトン(Bryton) GPSサイクルコンピューター Rider15E

エントリーモデルながらGPS機能を搭載しているサイコン。みちびきやGLONASSなどの世界各国の衛星システムに対応しているので、精度が向上しているのも魅力です。

視認性に優れた大型デジタルコンパスを搭載しているのも特徴。北の方向を示す「ヘディングアップモード」や、自分の向いている方向を示す「ノースアップモード」を好みで選択できます。

内蔵のGPSセンサーで走行データを記録できるのもポイント。低価格ながら使い勝手に優れた初心者におすすめのモデルです。

ブライトン(Bryton) GPSサイクルコンピューター RIDER 15 NEO E

クリアな2インチスクリーンと直感的なボタンを搭載したサイコンです。豊富な機能を搭載しており、進行方向を表示することも可能。ログの記録は、1秒間隔記録モードで30時間、4秒間隔で記録するスマート記録モードで120時間も記録できるのが魅力です。

バッテリーの駆動時間は最大16時間。長時間使用する方にもおすすめです。防水性能はIPX7なので雨天のサイクリングでも安心して使用できるのがポイント。また、Bluetooth対応の、心拍センサー・速度センサー・ケイデンスとも接続可能な使い勝手のよいサイコンです。

レザイン(LEZYNE) サイクルコンピューター メガXL GPS

IPX7準拠の防水性能をクリアしているサイコン。突然の雨など、天候の急変にも対応できます。GPS機能を搭載しているほか、マップ表示のナビゲーション機能でルート案内が見やすいのも魅力です。

日本語対応で、設定がしやすいのも便利。また、最長48時間ものロングライフバッテリーを内蔵しており、充電の手間を減らせるのもおすすめポイントです。

レザイン(LEZYNE) SUPER GPS

GPSとGLONASS衛生に対応しているワイヤレス式サイコン。気圧計と加速度計も搭載し、正確な走行データを取得しやすいおすすめモデルです。スマホでルートを作成してGPSユニットにアップロードできるなど、使い勝手に優れています。

無料ソフトウェア「GPS ROOT」を活用すれば、走行データをパソコンにアップロードして管理できるのも便利。大型液晶画面は見やすく、バックライト内蔵で夜間走行に活躍します。リチウムポリマーバッテリー内蔵で最長24時間駆動できるほか、最長400時間分の走行データを保存可能です。

ポラール(POLAR) M460 OH1 90069011

脈心拍センサーとサイコンのセットモデル。サイコンは軽量コンパクトでIPX7の防水性能を備えており、急な雨天でも安心して使用できます。ボタンに凹凸が付いたデザインで、手袋をしていても操作しやすいのが特徴です。

GPSをはじめ、スピードや距離、気圧、高度などのさまざまなデータの表示に対応。スタート地点に戻る機能により走行時に迷うリスクを軽減できます。また、専用アプリにデータを同期すれば、ルートや走行データも管理できて便利です。

脈心拍センサーは手軽に装着できるのが魅力。長時間装着しても違和感の小さい着用感を実現しています。トレーニング中のデータをしっかりと記録して管理したい方におすすめです。

iGPSPORT GPSサイクリング コンピューター iGS130

低価格ながらGPSを搭載した、コスパのよさが魅力のサイコン。高感度GPSにより、位置や速度を記録できるおすすめモデルです。走行時間や平均速度などのデータをリアルタイムにチェック可能。トレーニングの質を向上させたい場合に役立ちます。

バッテリーは22時間稼動で、長距離の走行にもおすすめ。日の出・日の入り時には、バックライトが自動で点灯・消灯するのも便利です。

ワフー(wahoo) ELEMNT BOLT GPSサイクルコンピューター WFCC5

すっきりしたデザインのサイコンです。2.2インチ・64色のカラーディスプレイと環境光センサーを搭載。カラーで見やすい画面はライディング中でも重要なデータをひと目ですばやく確認できます。

スクリーンには耐久性に優れたゴリラガラスを採用しており、傷つきにくいのがメリット。また、ルートから外れてしまった際のルート再検索・目的地の変更・スタート地点へ戻るルート設定などの操作を、サイクルコンピューター上でできるのも魅力です。

Wahoo ELEMNTアプリを使用することで、データ画面のカスタマイズ・ルートの同期・データ分析も可能。防水設計はIPX7なので、雨の日にも安心して使用できるサイコンです。

ワフー(wahoo) ELEMNT ROAM V1 GPS BIKE COMPUTER WFCC4

鮮やかな2.7インチカラースクリーンを搭載したサイコンです。耐久性に優れたゴリラガラスを採用しているので、傷つきにくく丈夫なのがメリット。バッテリーは満充電で約17時間の使用が可能なため、長時間のライディングにもおすすめのアイテムです。

ルート案内はもちろんのこと、地図上でリアルタイムに友人や、ほかのELEMNTユーザーを見つけられます。また、SMSやE-mailで自分と友人の現在地をシェアできるのも魅力です。

本製品は完全ワイヤレスなので、パソコンに接続してデータを同期したり、地図のダウンロードやソフトウェアの更新を行ったりする必要がありません。パソコンを持っていない方でも十分に機能を発揮できるのもポイントのひとつです。

XOSS G サイクルコンピュータ

1.8インチの液晶ディスプレイを採用したサイコン。バッテリーの連続使用時間は約25時間で、長時間のライディングをする方におすすめです。アプリ「XOSS」を使用すれば、走行データの詳細を確認できます。

内蔵されたGPSと、衛生測位システムのGLONASS・Galileoにより、素早く安定した位置情報の取得が可能。防水機能はIPX7技術を採用しているため、雨天時のサイクリングでも安心して使用できます。初心者にもおすすめのサイコンです。

COOSPO サイクルコンピュータ

オレンジカラーがおしゃれなサイコンです。本製品のサイクルコンピューターGPSは世界中の測位システムに対応しており、素早く位置情報を確認できます。1000mAhの大容量バッテリーを内蔵。最大約28時間の駆動時間で、長距離のサイクリングを楽しみたい方におすすめのアイテムです。

IP67級防水によって雨の日でも気兼ねなくサイクリングに使用できるのが魅力。ANT+規格センサーに対応しており、別売りの心拍センサー・ケイデンススピードセンサー・パワーメーターなどの外部センサーと接続が可能です。

Bluetoothの経由でアプリの「CooSpoRide」に接続可能。サイクルコンピューターを簡単に設定できて、サイクリング中のデータを保存できるのもメリットです。

CYCPLUS GPSサイクルコンピュータ

日差しが強く、眩しい屋外でも見やすい液晶ディスプレイ採用のサイコンです。スマートフォンのアプリと連携すれば、走行中のデータを転送できて消費カロリーも表示できます。また、10種類以上のデータ項目を表示することも可能です。

1100mAhで大容量のバッテリーを搭載しています。1回のフル充電で30時間の連続使用が可能。長距離のサイクリングを楽しみたい方におすすめです。IPX6防水機能を搭載しているので、少しの雨であれば故障の心配なく使用できます。

別売りのANT+センサーに対応する、スピードセンサー・ケイデンスセンサー・心拍計・パワーメーターなどを搭載。ANT+に対応していればほかのメーカーでも相互通信できるのがメリットです。

iGPSPORT GPSサイクルコンピューター BSC100S

低価格ながら機能が充実しているサイコン。速度や距離などのサイクリングデータをリアルタイムで表示・記録できるおすすめのモデルです。

iGPSPORTのアプリと同期することでデータの分析や、友人と共有することも可能。Bluetooth対応のANT+センサーと接続すれば、より本格的なデータの収集ができます。バッテリー駆動時間は約40時間と、長時間のサイクリングに対応可能です。

また、バッテリーの充電はType-CのUSB対応。防水性能はIPX7なので、雨の日でも安心して使えるのが魅力です。

サイコンの売れ筋ランキングをチェック

サイコンの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。