自転車の走行距離や時間、カロリー消費量などの計測ができる「サイコン(サイクルコンピューター)」。ロードバイクやクロスバイクなどを乗る際にデータ管理ができる便利なアイテムです。

そこで今回は、サイコンの選び方とおすすめモデルをピックアップ。初級・中級・上級者向けに製品を分けてご紹介するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

サイコンとは?

By: amazon.co.jp

サイコンは、自転車に取り付けて走るだけで、さまざまなデータを測定できるアイテムです。走行距離はもちろん、速度や走行時間など、趣味で自転車に乗る方にとって気になる情報を画面に表示できます。また、ペダルの回転数や心拍数をリアルタイムで測定できる製品もあり、トレーニング目的で自転車に乗る方におすすめです。

自転車に乗る楽しみ方が広がるのがサイコンの魅力ですが、実用的な用途にも使えます。タイヤやブレーキなどの部品は長い距離を走ると消耗し、放置したままだと危険です。そこで、日々の走行距離をサイコンで積算すれば、距離に応じたメンテナンスの目安にできます。思わぬ事故を防ぐための安全対策にもサイコンはおすすめです。

サイコンの選び方

有線式かワイヤレス式かをチェック

サイコンには大きくわけて2つの種類があります。ひとつは本体とセンサーをケーブルで繋ぐ「有線式」、もうひとつは無線で繋ぐ「ワイヤレス式」です。

有線式は混信が少なくワイヤレスに比べ表示反応が早いという特徴があります。ワイヤレス式は取り付けが簡単で、断線などの心配がないので安心です。安定した通信を求めている方であれば有線式がおすすめですが、最近ではワイヤレス式のサイコンが主流となっています。

機能で選ぶ

防水機能

By: amazon.co.jp

屋外を走る自転車に取り付けるサイコンは、防水性の有無に注意しましょう。雨の日は走らないという方でも、長時間の走行では急な悪天候に遭遇することがあります。防水機能を搭載した機種であれば、多少の雨に濡れても故障の心配がなく安心です。

速度計測機能

By: amazon.co.jp

通常のサイコンには、速度をリアルタイムに表示する計測機能が搭載されています。サイクリングコースなどでは制限速度が決められているので、スピードの出し過ぎを防げるなど安全対策にもなるので便利です。さらに、走行後にその日の最高速度や平均速度を計測できる機能が備わっている製品もあり、自分の走りを分析して楽しめます。

ケイデンス計測機能

By: amazon.co.jp

自転車を趣味にして走り慣れてくると欲しくなるのが、ペダルの回転数を計測するケイデンス機能です。特に変速機付き自転車に乗っている方なら、ケイデンスの数値を見ながらギアチェンジができて走りの幅を広げられます。ケイデンスを測定するサイコンは上級者向けという印象がありますが、自分に合ったケイデンスを把握すれば長時間の走行がラクになるので初心者にもおすすめです。

GPS機能

By: amazon.co.jp

自転車で街乗りをする方におすすめなのがGPS機能。通常のスマートフォンに搭載されている機能ですが、サイコンならバッテリーを気にせずに使用できます。自分が走っている場所を確認できるGPS機能を、長時間フルに活用するならチェックしておきましょう。

走行履歴やナビゲーション機能

By: amazon.co.jp

GPS機能を搭載したサイコンで高機能な製品なら、自転車の楽しみ方が広がります。走り終えた後に自分の走行履歴を表示させたり、パソコンにデータを転送して大きな画面でルートを振り返ったりと、さまざまな活用が可能です。また、サイコンにナビゲーション機能が備わっていれば、初めて行く場所でも目的地までの地図を表示できるので道に迷いません。初心者から上級者まで便利に使えるおすすめの機能です。

目的に応じて選ぶ

By: amazon.co.jp

健康の維持が目的なら、ケイデンスと連動して消費カロリーを計測できるサイコンがおすすめ。走り終えた後に消費カロリーを表示すれば、ダイエットの励みにもなります。

市民レースの出場を目指す方なら、ケイデンス計測機能に加えて心肺機能を測定できるサイコンがおすすめ。走りながら心拍数をチェックすれば、どのくらい負荷をかけてペダルを回し続けられるかを把握できます。最大心拍数を知ることで効果的なトレーニングができるので、本格的な走りを目指す上級者はチェックしておきましょう。

自転車の初心者から上級者まで人気なのがヒルクライムと呼ばれる登坂競技です。上り坂では平地と比べてスピードが出ないため安全で、多くのライダーに親しまれています。坂道を登るトレーニングをするなら、斜度を計測できるサイコンがおすすめです。

サイコンのおすすめモデル

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター VELO 9 CC-VL820

リーズナブルな価格で機能性に優れたモデルです。走行速度に加えて、走行距離や消費カロリーなど8種類の情報から選んで画面表示できます。さらに、ガソリン車が走行時に排出するCO2から算出した「CO2削減量」を表示可能。自転車で走りながら地球温暖化対策への意識も高まります。

本製品は、有線式なので初回の取り付け時にはケーブルの接続が必要です。本体は縦55.5×横37.5×厚さ18.5mm、重量が約30gとコンパクトサイズ。2000円以下で購入できるサイクリング初心者におすすめのサイコンです。

ブライトン(BRYTON) サイクルコンピューター Rider 410C

トレーニングを目的に自転車を始めようと考えている方におすすめのサイコンです。ケイデンスセンサーが付属しているので、トレーニングに欠かせないペダリングのデータを計測可能。脚力を客観的に把握でき、効率的な走りを目指せます。さらに、別売のハートレートセンサーを装着すれば、心拍数を見ながら本格的なトレーニングも可能です。

画面は走りながらでも見やすい2.3インチの大画面。走行速度をメインに4項目を表示したり、最大で8項目を表示したり、70種類以上のデータから好みに合わせて選べます。スマートフォンの着信もサイコンの画面に表示できるので、トレーニング中でも重要な電話やメールを逃しません。

本体サイズは、縦83.9×横53.7×厚さ18.2mmで重量が約71g。防水機能はIPX7等級なので雨の日でもトレーニングできます。バッテリーの稼働時間は最大で35時間可能で、走行中に電池切れの心配がいりません。高機能にも関わらず2万円程度で購入できる、コストパフォーマンスに優れたサイコンです。

ガーミン(GARMIN) サイクルコンピューター Edge 130

サイコンの代名詞ともいえるガーミンは、多くのプロがレースで使用しているブランドです。最初は本体のみを購入し、慣れてきたらオプションのケイデンスセンサーや心拍センサーを追加することで高度なトレーニングにも対応できます。

エントリーモデルですが、サイクリングに必要な機能は充実。直射日光が当たっても見やすい1.8インチのディスプレイには、速度や走行距離など最大で8項目の情報をカスタマイズして表示できます。

GPS機能はみちびきなどの4衛星測位システムを搭載。正確な位置情報を捕捉し、複雑なコースを走行する際に適切にサイコンがナビゲートします。獲得標高もリアルタイムに確認できるので、登坂トレーニングにも最適です。

本体サイズは縦63.0×横41.0×厚さ16.0mmで、重量が約33g。防水性能は、IPX7等級に対応するので走行中に雨が降っても故障の心配がいりません。サイクリングの初心者から上級者まで、手軽に使えるおすすめのサイコンです。

ポラール(POLAR) サイクルコンピューター V650 OH1セットモデル

心拍数計などのヘルスケア家電を手掛けるポラールが販売するサイコンです。本製品は同社の強みである心拍センサーが付属し、健康目的で自転車を楽しみたいという方におすすめ。腕時計方式で心拍数を計測するので、多くのサイコンが採用する胸ベルト式よりも手軽に着脱できるのがポイントです。

画面は縦58×横43mmと広く、カラー液晶を採用しているので、モノクロ液晶のサイコンと比べて走行中の視認性が向上。マップ機能については「オープンストリートマップ」に対応し、地図データをダウンロードすることで正確な位置情報を確認しながら走れます。さらに、スタート地点に戻るルートを表示するBack-to-Start機能があり、初めて走る土地でも安心です。

サイコンに内蔵されたGPSによって速度や走行距離が測れるだけでなく、気圧センサーで走行中の上昇度をリアルタイムに測定。坂道トレーニングで獲得標高が分かりモチベーションの向上につながります。

本体サイズは縦105×横63×厚さ20mmで、重量は約120g。防水性能はIPX7等級なので雨に濡れても問題ありません。スタイリッシュなデザインで、本格的な走りを追求したい方におすすめのサイコンです。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピューター PADRONE SMART CC-PA500B/ISC-12

手頃な価格でケイデンスを測定できるおすすめのサイコンです。ケイデンスキットが標準で付属し、走行中のケイデンスだけでなく平均値と最高値も測定可能。ワイヤレスタイプなので、初心者でも自転車に取り付けるだけで手軽にペダリングの回転数を把握できます。

サイコンに記録したデータは、無料の専用アプリCateye Cyclingでスマートフォンに直接アップロード可能。スマートフォンの地図に走行ルートを表示できます。

本体サイズは、縦67.5×横43.0×厚さ15.6mmで重量が約30g。低価格で購入でき、スマートフォンと連携させれば高機能サイコン並みの活用できておすすめです。

ガーミン(GARMIN) サイクルコンピューター Edge 1030

レースに出場して勝利を目指す方におすすめのサイコン。ガーミンの最上位機種で、サイクリスト上級者が求める機能を備えたモデルです。本製品には、一人でトレーニングをする際にモチベーションの向上につながる機能を搭載。過去の自己ベストやライバルとの競争など、一人だと単調で苦痛に感じるトレーニングの目標となります。

チームの仲間と所有すれば、「すぐ行きます」や「待機中」などの定型文を画面から送信して、スマートフォンを使わなくてもサイコンだけでコミュニケーションを取れるのが魅力。一緒に走っている最中にトラブルがあっても、すぐにサポートできます。

本体サイズは縦114×横58×厚さ19mmで重量が約123g。画面は3.5インチのカラー液晶を搭載し、表示された情報が見やすく、走行中の操作も容易です。さらに、サイクリングロードに対応した詳細な道路地図を収録。住所で目的地を検索して設定すれば最適なルートを表示するので、トレーニングだけでなく街乗りにもおすすめです。

高額ですが、本体に加えてケイデンス・心拍センサー・スピードセンサーが標準で付属しています。多くのプロも使用し、本格派ライダーを目指す方におすすめのサイコンです。

レザイン(LEZYNE) サイクルコンピューター MEGA XL GPS

自転車用のスタイリッシュなアクセサリーを手掛けるレザインが販売するサイコンです。カラフルなボディが特徴的で、レッドやホワイトなど自転車の車体カラーに合わせてコーディネートできます。

本体サイズは縦78.3×横57.5×厚さ26.6mmで重量は約83g。画面は240×400ドットの2.7インチディスプレイを採用し、細かい文字も読みやすく快適です。表示できる項目は速度や距離、獲得標高などの走行情報に加えて、天気や消費カロリーも確認可能。本体は縦だけではなく横向きにも使用できるので、見やすいスタイルを選べます。

本製品は地図データを画面に表示でき、ナビゲーション機能も搭載。スマートフォンアプリでルートを作成し、サイコン本体のマップにアップロードすれば初めての場所を走っても安心です。

自転車で走行中に転倒しても、液晶の破損を防ぐ画面プロテクターを使用。サイコン本体を自転車に設置するマウントもX LOCKシステムを採用し、しっかりと固定します。IPX7規格の防水性能も備えているので水に濡れても誤作動の心配がありません。タフでおしゃれなデザインが目を引くおすすめのサイコンです。

エクスプローバ(Xplova) ビデオカメラ搭載サイクルコンピューター X5-Evo

パソコン周辺機器メーカーとして知られるエイサーが傘下に置くエクスプローバのサイコンです。ボディ前面にビデオカメラを搭載し、走行中の景色をHD画質に録画可能。撮影時間は最大約2時間で、映像はスマートフォンに転送し、SNSなどに公開できます。

サイコン機能で取得した速度や距離のデータは、録画した映像に重ねて表示可能。動画に速度表示をすることで映像に臨場感を楽しめます。

本体サイズは縦110×横62×厚さ23mmで重量は約120g。解像度が240×400ドットの3インチカラー液晶ディスプレイを採用し、マップを表示してナビゲーション機能も使えます。

もしも事故に巻き込まれたときは、ドライブレコーダーとしての役割も果たすサイコン。自転車にビデオカメラとサイコンを設置している方なら、ハンドル周りがすっきりし、1台2役で活躍できておすすめです。

ガーミン(GARMIN) サイクルコンピューター Edge 25J

高性能なサイコンを販売するガーミンのシンプルモデルです。本体は縦40×横42×厚さ17mm、重量が約25gと同社のシリーズで最もコンパクトサイズ。価格も2万円以下で、ガーミンブランドのサイコンを試したいという方におすすめです。

画面サイズは23×23mmと小型ですが、解像度が128×160ドットなので視認性を確保しています。画面には最大で3項目の情報が表示可能です。上位機種と異なり画面がタッチスクリーンに対応していませんが、サイコン本体の左右にある4つのボタンで簡単に操作できます。

本製品で取得できる走行データは速度と距離だけですが、GPSを利用したルート案内の機能を搭載。走行前に登録すれば目的地までを画面でナビゲートし、道に迷うことがありません。

トレーニングを継続するためのモチベーションを保つ「自己ベスト」機能を搭載しています。「最大獲得標高」「40km走の最速タイム」「最長走行距離」について、自己ベストを本体に記録できます。コンパクトで自転車のハンドルに設置しても目立たず、初心者から中級者まで手軽に使えておすすめです。

ブライトン(BRYTON) サイクルコンピューター Aero60T

エアロダイナミクスを採用したサイコンです。サイコン本体の表面にはディンプル加工が施され、整流効果によってライダーの負担を軽減します。

本体サイズは縦83.9×横53.7×厚さ18.2mmで重量が約71g。画面サイズは2.3インチで、最大10項目の情報を一度に表示できます。本体には「オープンストリートマップ」を収録しているので、あらかじめ定めたルートを画面表示してナビゲーションが可能。

GPSはみちびきを初めとした4衛星システムに対応し、ライダーを正確に捕捉します。また、スマートフォンとペアリングすれば電話やメールの着信を画面に通知できるので、走行中に重要な連絡を逃しません。

そのほか、ケイデンス・スピード・心拍センサーが標準で付属。初級から上級まで、レベルに合わせたトレーニングに対応できます。バッテリーは最大32時間駆動し、ロングライドにも対応可能。長時間の走行でもトレーニングに必要なさまざまなデータを計測できる、おすすめのサイコンです。