自転車の走行距離や時間、カロリー消費量などの計測ができる「サイコン(サイクルコンピューター)」。ロードバイクやクロスバイクなどを乗る際にデータ管理ができる便利なアイテムです。

そこで今回は、サイコンの選び方とおすすめモデルをピックアップ。初級・中級・上級者向けに製品を分けてご紹介するので、購入を検討されている方はぜひ参考にしてください。

サイコンの選び方

有線式かワイヤレス式かをチェック

サイコンには大きくわけて2つの種類があります。ひとつは本体とセンサーをケーブルを利用して繋ぐ「有線式」、もうひとつは無線で繋ぐ「ワイヤレス式」です。

有線式は混信が少なくワイヤレスに比べ表示反応が早いという特徴があります。ワイヤレス式は取り付けが簡単で、断線などの心配もないので安心です。安定した通信を求めている方であれば有線式がおすすめですが、最近ではワイヤレス式のサイコンが主流となっています。

機能で選ぶ

By: amazon.co.jp

サイコンは、速度計測、距離計測、走行時間、時計表示が基本的な機能です。ハイスペックなモデルになると、心拍数、ケイデンス、GPS機能などが付いてきます。

初めて購入する初心者は価格が安く、最低でも速度、距離、時間を測定できるサイコンを選ぶのがおすすめ。中級者の方は基本的な機能の他にケイデンス、心拍数も計測できるモノ、上級者の方はGPSを内蔵したモデルで、走行履歴やナビゲーション機能、心拍数のデータを活用した分析ができるサイコンを選んでみてください。

目的に応じて選ぶ

自転車に乗る目的は人によってさまざまなので、用途に適したサイコンを選びたいもの。通勤、通学やポタリングなど走りたい方は速度や走行距離などが分かると毎日の目標ができるのでおすすめ。

ダイエットを目的としている方というは、カロリー消費量の計測はもちろん、ケイデンス、心拍数を計測できるサイコンを選ぶと身体への負荷を知ることができるのでおすすめです。

サイコンのおすすめモデル|初心者向け

キャットアイ(CAT EYE) ベロ9 有線式 CC-VL820

外部からの混信などが少なく正確な測定ができる有線式のサイコンです。走行速度、時間、距離の基本的な機能を備えています。また、平均速度より遅いか早いかを知れるペースアロー、消費カロリー量、CO2削減量なども測ることが可能です。

画面も大きくて見やすく、車輪が回転し始めると自動で計測がスタートするオートスタートモデルなので操作も簡単。コスパが高く、取り付けも楽にでき耐久性にも優れているのでエントリー機としておすすめのモデルです。

キャットアイ(CAT EYE) ベロワイヤレスプラス CC-VT210W

面倒なケーブル配線が不要なワイヤレスサイコン。走行速度、時間、距離などの必要最低限の計測が可能です。取り付けも簡単で、ステムまたはオーバーサイズのハンドルバーにも対応しています。また、電池の消費を抑える節電機能を搭載しているのもうれしいポイント。

走り出したら自動で計測がスタートする簡単操作なので、初心者の方にもおすすめのモデルです。

suaoki 改良版 サイクルコンピューター

コスパの高い、リーズナブル価格で多機能なワイヤレスモデル。走行距離、時間、速度、消費カロリーなどの基本的な機能の他、1分間のペダルの回転数を計測できる「ケイデンス」も測れるのが特長です。

また、夜間でも使用できるようバックライトも搭載し、生活防水仕様で多少の雨であれば濡れても心配ありません。通信方法も2.4デジタルワイヤレスで混信しにくくなっているのも魅力です。安くて多機能なサイコンを探している方はぜひチェックしてみてください。

ビゴー(BIGO) サイクルコンピューター

ロードバイクはもちろん、折りたたみなどさまざまなタイプの自転車に取り付けられます。ワイヤレスタイプなので設置も簡単にできるので、初心者の方も安心です。

機能は距離、速度、時間、温度、ダイヤ周長の設定の他、消費カロリーも測れるのでダイエット時にもぴったり。生活防水、バックライトなどの便利機能もしっかりと備えているコスパの高い1台です。

キャットアイ(CAT EYE) ワイヤレスサイクルコンピュータ CC-MC100W

メインで計測しながらも、個別でリセットできるサブ計測機能を搭載した便利なサイコン。「ダブルパルス方式」と呼ばれる振動やノイズに強いつくりになっているのも魅力です。

機能面では走行速度、時間、積算距離などを含む10機能を測定することが可能。バックライトを搭載しているので夜間の走行でも視認性に優れています。なお、電動自転車には取り付けができないので注意が必要です。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) サイクルコンピューター DCP196-BO

アウトドアメーカーのドッペルギャンガーから販売されているワイヤレスモデルのサイコン。3分以上使わなかった場合、自動で時計表示のみのスリープモードに切り替わる「オートパワーセーブモード」で電池の消費を抑えます。

走行速度、距離、時間、消費カロリーなどの基本的な機能は抑えつつ、雨天時や湿気に強いIPX6の防滴性能、バックライトも搭載。また、自分の平均的な走行スピードの記録もできるため、通勤中などのいつもの道のりも目標を持って走る楽しみが生まれます。

付属のシリコンカバーはオレンジとブラックの2種類が付いており、その日の気分や自転車の雰囲気によって付け替えることが可能です。

サイコンのおすすめモデル|中級者向け

キャットアイ(CATEYE) パドローネスマート CC-PA500B

Bluetooth SMARTセンサーに対応した、スマートフォンとの連携が可能なモデルです。スマートフォンと接続して計測情報を表示する「ミラーモード」、直接本体と接続する「センサーダイレクトモード」とを切り替えて使用可能。レース時などスマホが利用できない時も安心です。

使用する時は、専用のアプリ「Cateye Cycling」をダウンロードします。このアプリには、走行データ情報を記録したり、電話やメールが来たことをお知らせしてくれる便利な機能が付いているのがうれしいポイントです。

機能面は速度、距離、時間などの基本的な計測機能はもちろん、ケイデンス、心拍、パワーなども計測できます。本体は完全防水なので、雨の日の走行も対応可能です。

キャットアイ(CAT EYE) ストラーダ デジタルワイヤレス CC-RD410DW

速度と「ケイデンス」と呼ばれるペダルの回転数が同時に表示できるサイコンです。2.4GHzデジタルワイヤレス採用で、混信しにくくなっているのが魅力。オートスタート専用モデルで操作性も良好、取り付けが素早くできる「FlexTight™ブラケット」が付属しているのもうれしいポイントです。

モードを変更する際は、本体の表面を押して操作します。手袋をつけたままでも反応してくれるので走行中も快適。オプションの「チェストベルトセンサー」を別途購入すれば心拍数を測ることができるので、しっかりと管理したい方はチェックしてみてください。

バーディオー(VDO) サイクルコンピューター VDO M5 WL

ポルシェやメルセデスのスピードメーターを手がけるメーカーのワイヤレスタイプのサイコン。シンプルで扱いやすい操作性と多様な機能を備えた万能モデルです。

速度など基本的なバイク計測機能の他、ケイデンス計測はもちろんハートレートセンサーが付属しているため心拍の計測も可能。また、消費カロリー、トレーニング設定などの機能も搭載しています。

高級自動車と関わりのあるメーカーらしい洗練されたデザインは、さまざまな自転車に合わせやすいのが魅力。視認性を追求した独自開発のフォントで、走行中も情報をしっかり読み取ることが可能です。

ワフーフィットネス(Wahoo Fitness) RFLKT for iPhone WAF-PH-000011

iPhoneを基に動作するBluetooth SMART対応のサイコンです。「Cyclemeter」などのサイクルアプリで計測したデータを本体にリアルタイムで表示する仕組み。専用のケイデンスセンサー、心拍計を別途購入することでケイデンスと心拍の計測もできるようになります。

IPX7の防水性能、耐衝撃性を備えているので雨の日や振動、衝撃にも強くなっています。バックライト搭載で夜間走行にも対応でき、昼間の直射日光下でも視認性に優れているので便利です。

トピーク(TOPEAK) パノコンピューター

Bluetooth SMART対応しており、走行中も混信が少なく消費電力も抑えられるのが特長。スマホとの連携も可能で、専用のアプリ「パノバイクプラス」をスマホにインストールすれば、走行履歴を残しておくこともできます。

機能面は現在速度、平均速度、走行距離、時間などの基本的な情報の他、現在ケイデンス、平均ケイデンス、最高ケイデンスを計測することも可能です。心拍関係の計測には「パノバイク ハートレート モニター」を別途購入する必要があります。

IPX5の防水性能を持っているので急な雨天時も安心。画面も大きくて見やすく、シンプルなデザインでさまざまな自転車とマッチしてくれるおすすめの1台です。

サイコンのおすすめモデル|上級者向け

ガーミン(GARMIN) Edge 520J

どのような明るさでもクリアな表示ができる、高解像度のカラーディスプレイを採用したハイエンドモデルのサイコンです。

GPS、GLONASS衛星に対応しており樹の下などからでもしっかりと信号の受信ができます。バッテリー稼働時間は長距離の走行にもバッチリな約15時間、USBで充電する仕様となっています。

無線通信規格「ANT+」に対応しているので、互換性があるケイデンスセンサーや心拍計と接続してケイデンスや心拍、クランクアームの回転数を計測することが可能です。また、アスリートのためのSNS「Strava」のセグメントにも対応しており、King Of Mountainなどとの競争もできます。

さらに、Bluetooth通信でスマートフォンと接続すると、自分が走行中の場所をリアルタイムでウェブ公開することも可能。仲間たちと共有しながらトレーニングを楽しめる、ハイクオリティな1台です。

ポラール(POLAR) GPS内蔵サイクルコンピュータ V650 HR

トレーニングを効率的にする機能を多数搭載されたサイコン。視認性の高い大型の高解像度ディスプレイにはタッチスクリーンを採用しており、走行中も快適に操作可能です。IPX7の耐水性で急な悪天候時も安心です。

本製品にはGPSを内蔵しており、自分がどこを走っているか把握できるマップ表示、目的地まで向かうためのルートガイダンスの他、走行速度、距離などももちろん計測可能。さらに、高度や傾斜の表示、心拍計測など上級者向けの機能もしっかりと備えています。

また「スマートコーチング」機能で、走行中の心拍数の情報を分析してフィードバックもしてくれます。その他にもトレーニングでの身体への負荷や回復までの時間を表示できるなど便利な機能が豊富に搭載。トレーニング中の強い味方になってくれるハイエンドモデルのサイコンです。

ポラール(POLAR) GPS内蔵サイクルコンピュータ M450 HR

ミドルクラスのM450のGPS機能は、天頂衛星初号機「みちびき」に対応しています。みちびきは、日本の上空を軌道としている衛生なので信号の捕捉時間が短く、安定した測定ができるのが魅力です。

ハイエンドモデルのV650と同様「スマートコーチング」機能で付属の心拍センサーで計測した心拍数の情報をもとにトレーニング効果のフィードバックしてくれます。トレーニング負荷や回復時間、性格なカロリー表示なども計測可能。ルートガイダンスなどのマップ機能が不要という方はミドルクラスを選んでみてください。

パイオニア(Pioneer) サイクルコンピューター SGX-CA500

コンパクトなフォルムに、質量約75gの軽量な設計のサイコンです。GPS、Wi-Fi、ANT+に対応し100種類以上のデータを表示できます。ディスプレイはタッチパネル式で、グローブをつけたままでも操作可能です。

また、トレーニングメニューを自分自身で簡単に作成できる「インターバルタイマー」機能や、持続パワーの測定ができる「MMPチャレンジ」なども搭載しています。スマホを使った「トレーニングアシスト」を利用すれば、手持ち機材をベースにしたトレーニングメニューを組むことができるので便利。

レザイン(LEZYNE) スーパーGPS

コンパクトかつ視認性の高いディスプレイを採用したGPSを搭載のサイコン。バッテリー駆動時間は24時間なので長時間のトレーニングの際にも活躍してくれます。

機能面では、速度、勾配、気温などの計測ができ、別途計測機器を用いることでケイデンス、心拍数、ワット数の表示も可能です。

スマホと連動させることにより、EメールやSMS、着信情報などを表示してくれる他、ルートナビゲーションもできます。曲がる時など的確に指示してくれるのでスムーズに走行できるのが魅力です。