自転車の走行距離や時間、カロリー消費量などの計測ができる「サイコン(サイクルコンピューター)」。ロードバイクやクロスバイクなどに乗る際のデータ管理に便利なアイテムです。

そこで今回は、サイコンのおすすめモデルをピックアップ。選び方も解説するので、購入を検討している方はぜひ参考にしてみてください。

サイコン(サイクルコンピュータ)とは?

By: amazon.co.jp

サイコンは「サイクルコンピュータ」の略称であり、自転車に取り付けて走行距離やスピード、ケイデンス、消費カロリーなどを計測するアイテムです。GPSや心拍測定機能、ナビゲーション機能を備えているモデルもあります。

さまざまなデータの確認によって目標を定めやすくなり、走行を楽しむモチベーションの向上にもつながるので便利。本格的なロードレースに参加する方や健康管理に活用したい方にもおすすめです。

サイコンの選び方

有線式かワイヤレス式かをチェック

サイコンには大きく分けて2つの種類があります。ひとつは本体とセンサーをケーブルで繋ぐ「有線式」、もうひとつは無線で繋ぐ「ワイヤレス式」です。

有線式は混信が少なくワイヤレスに比べ表示反応が早いという特徴があります。ワイヤレス式は取り付けが簡単で、断線などの心配がないので安心です。安定した通信を求めている方であれば有線式がおすすめですが、最近ではワイヤレス式のサイコンが主流となっています。

機能で選ぶ

防水機能

屋外を走る自転車に取り付けるサイコンは、防水性の有無に注意しましょう。雨の日に走らない方でも、長時間の走行では急な悪天候に遭遇することがあります。防水機能を搭載した機種であれば、多少の雨に濡れても故障の心配がなく安心です。

速度計測機能

By: amazon.co.jp

通常のサイコンには、速度をリアルタイムに表示する計測機能が搭載されています。サイクリングコースなどでは制限速度が決められているので、スピードの出し過ぎを防げるなど安全対策にもなるので便利です。

さらに、走行後にその日の最高速度や平均速度を計測できる機能が備わっている製品もあり、自分の走りを分析して楽しめます。

ケイデンス計測機能

自転車を趣味にして走り慣れてくると欲しくなるのが、ペダルの回転数を計測するケイデンス機能です。特に変速機付き自転車に乗っている方なら、ケイデンスの数値を見ながらギアチェンジができて走りの幅を広げられます。

ケイデンスを測定するサイコンは上級者向けという印象がありますが、自分に合ったケイデンスを把握すれば長時間の走行がラクになるので初心者にもおすすめです。

GPS機能

By: garmin.co.jp

自分が走っている場所を確認できるGPS機能。スマホにも搭載されている機能ですが、サイコンならスマホのバッテリーを気にせずに使用できます。GPS機能を長時間に活用したい方はチェックしておきましょう。

走行履歴やナビゲーション機能

By: garmin.co.jp

GPS機能を搭載したサイコンで高機能な製品なら、自転車の楽しみ方が広がります。走り終えた後に自分の走行履歴を表示させたり、スマホやパソコンにデータを転送して大きな画面でルートを振り返ったりと、さまざまな活用が可能です。

また、サイコンにナビゲーション機能が備わっていれば、初めて行く場所でも目的地までの地図を表示できるので道に迷うリスクを減らせます。初心者から上級者まで便利に使えるおすすめの機能です。

目的に応じて選ぶ

健康の維持が目的なら、ケイデンスと連動して消費カロリーを計測できるサイコンがおすすめ。走り終えた後に消費カロリーを表示すれば、ダイエットの励みにもなります。

市民レースの出場を目指す方なら、ケイデンス計測機能に加えて心肺機能を測定できるサイコンがおすすめ。走りながら心拍数をチェックすれば、どのくらい負荷をかけてペダルを回し続けられるかを把握できます。最大心拍数を知ることで効果的なトレーニングができるので、本格的な走りを目指す上級者はチェックしておきましょう。

自転車の初心者から上級者まで人気なのがヒルクライムと呼ばれる登坂競技です。上り坂では平地と比べてスピードが出ないため安全で、多くのライダーに親しまれています。坂道を登るトレーニングをするなら、斜度を計測できるサイコンがおすすめです。

サイコンのおすすめメーカー

キャットアイ(CAT EYE)

By: rakuten.co.jp

快適なサイクルライフを送るための便利なアイテムを手掛けている「キャットアイ」。サイコンをはじめ、セーフティライトやリフレクター、サイクルアクセサリーなどを展開しています。

サイコンにおいてもさまざまなタイプを豊富にラインナップ。関連パーツも数多く販売しています。価格が安いモデルも多いので、初心者の方にもおすすめのメーカーです。

ガーミン(GARMIN)

By: amazon.co.jp

アメリカで創業されたGPS関連機器メーカー。なかでも、ランニングやトレーニング、登山などに便利なスマートウォッチが人気です。

サイコンにも力を入れており、さまざまなタイプをラインナップ。モノクロ液晶ディスプレイを搭載したエントリーモデルから、GPSをはじめとする高機能を搭載したハイグレードモデルまで展開されています。

サイコンのおすすめモデル

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO WIRELESS+ CC-VT235

シンプルで使いやすいワイヤレス式のサイコンです。装着と調節が簡単なアナログスピードセンサーをフロントフォークに取り付けて、走行速度・時間・距離・平均速度・最高速度を計測。手軽に走行データを測定したいサイクリング初心者におすすめのモデルです。

自転車の動きに合わせて自動で計測を開始するオートスタート機能が便利。大きく見やすい液晶ディスプレイはバックライトが点灯するナイトモードを搭載しており、夜間に運転する機会が多い方にも適しています。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ PADRONE SMART CC-PA500B/ISC-12

Bluetoothスマートセンサーにより、スマホと連携できるサイコン。専用アプリのミラーモードを活用すれば、スマホのGPS機能を利用して速度や高度を表示させることが可能です。

ワイヤレスで心拍数やパワーを確認できるほか、ペダルの回転数を計測するケイデンスセンサーが付属。ギアチェンジのタイミングなどレベルアップに活かしたい方におすすめのモデルです。

Bluetoothスマートセンサーをダイレクトにサイコン本体と接続できるのも特徴。レースでスマホを使用できない場面で役立ちます。電話の着信やメールの通知を本体にリアルタイムで送信する機能も便利です。

キャットアイ(CAT EYE) QUICK サイクルコンピュータ CC-RS100

シンプルでハンドルに馴染む薄型デザインが特徴のアウトフロントマウント一体型のサイコンです。ハンドル前の見やすい位置に取り付けでき、取り付けブラケットのレバーで簡単に脱着が可能。自転車から離れる際など盗難が心配なシーンで便利なほか、さり気なく装着して街乗りで楽しみたい方におすすめです。

ワイヤレスセンサーには計測表示の早いアナログタイプを採用。コードのないすっきりとした見た目も魅力です。

キャットアイ(CAT EYE) サイクルコンピュータ VELO9 CC-VL820

本体とセンサーをケーブルで接続する有線式のサイコンです。シンプルな低価格モデルで初心者の入門用としておすすめ。消費カロリーやCO2削減量を計測できるため、体調管理や健康づくりにも最適な1台です。

シンプル操作のオートスタート専用モデルで、雨天走行時の計測エラーを防止する耐雨機能も搭載。ブラケットは付属のナイロンタイで簡単に取り付けできるほか、ステムやオーバーサイズのハンドルバーにも対応しています。

ガーミン(GARMIN) GPSサイクルコンピュータ Edge 530

みちびきやGLONASSなど4衛生測位システム対応のGPS機能を搭載したサイコン。地図データも収録しており、初めて走るトレーニングコースでも安心して楽しめるおすすめモデルです。従来モデルと比較して約49%解像度が向上したフルカラーディスプレイを搭載。ワイヤレス式で最大20時間、別売りのバッテリーパックを使用すれば最大40時間の使用が可能です。

トレーニング負荷やトレーニングステータスなどを一覧で確認でき、高度なパフォーマンス解析機能が充実。アクティビティデータから最大酸素摂取量を測定して、フィットネスレベルをカラーゲージで確認できる機能も備えています。

自転車から離れる際に安心な「バイクアラーム」を搭載。振動を検知して警告を発するので、休憩でコンビニに立ち寄る際などに安心です。

ガーミン(GARMIN) GPSサイクルコンピュータ Edge 830

高速CPUを搭載したモデル。従来よりタッチ感度や動作処理速度、ルート計算速度などが大幅に向上しているのが特徴です。デバイス上で目的地設定や最適ルートを算出する、ルートプランナー機能を搭載したフルスペックナビゲーションを搭載。さらに、トレーニング機能やパフォーマンス解析機能なども備えているなど、機能の充実した上位モデルを求めている方におすすめです。

軽量コンパクトタイプで、ツーリングからレースまで幅広いシーンに対応可能。自転車から離れる際に便利なバイクアラームも搭載しています。環境適応を客観的に確認できる「高度・暑熱順化評価機能」も便利。暑い気温下や標高800mを超えるトレーニングで、身体が適応できているのかを評価します。

スマホとBluetooth接続して専用アプリを活用すれば、トレーニングデータを自動でアップロード可能。帰宅後にデータを確認できるほか、スマホやパソコンで走行ルートの作成もおこなえます。

ガーミン(GARMIN) GPSサイクルコンピュータ Edge 130 Plus

Edgesシリーズのなかでも軽量コンパクトなサイコンです。GPS機能を搭載しており、4つの衛星から電波を受信することで位置情報を正確に知ることができます。コースデータを同期すれば、曲がり角なども教えてくれるので便利です。

視認性の高い1.8インチのMIPディスプレイを採用しており、直射日光下でも画面が鮮明に見えます。稼動時間は最大13時間なので、長時間サイクリングできるのも魅力。本製品はIPX7の防水性能を備えており、雨が降ってきても安心です。

そのほか、デバイス上に電話着信などを表示する「スマホ通知機能」や、強い衝撃を検知すると緊急連絡先へ通知を送る「事故検出機能」などが搭載されています。

ブライトン(BRYTON) GPS サイクルコンピュータ RIDER860T

ケイデンス・スピード・心拍センサーを搭載したサイコンです。GPS機能も搭載しており、正確なデータの取得が可能。オフラインでも見られる地図機能の搭載でルートナビゲーション機能も備えているなど、機能の充実したおすすめのモデルです。

コードのないワイヤレス式で、すっきりとしたセッティングが可能。StravaやTrainingPeaksなど、サードパーティのトレーニングアプリにも対応した便利な1台です。

ブライトン(BRYTON) GPSサイクルコンピュータ Rider15E

エントリーモデルながらGPS機能を搭載しているサイコン。視認性に優れた大型デジタルコンパスを搭載しており、北の方向を示す「ヘディングアップモード」や、自分の向いている方向を示す「ノースアップモード」を好みで選択できます。

内蔵のGPSセンサーで走行データを記録。センサーを追加する際も難しい設定が必要なく、低価格ながら使い勝手に優れた初心者におすすめのモデルです。

レザイン(LEZYNE) メガXL GPSサイクルコンピュータ

IPX7防水基準をクリアしているサイコン。突然の雨など天候の急変に対応できるおすすめのモデルです。GPS機能を搭載しているほか、ナビゲーション機能が大幅にバージョンアップしているのがポイント。従来モデルで矢印やラインでのルート案内しかできなかった点を改善し、マップ表示されるようになっています。

転倒したときに液晶を保護すべく厚い画面プロテクターを採用。確実に固定できる「X LOCKシステム専用マウント」は、MTBやシクロクロスへの装着も想定しています。日本語対応で設定しやすいので便利。最長48時間ものロングライフバッテリーを内蔵しており、充電の手間を減らせるのも魅力です。

GPSPORT iGS130 GPS サイクリング コンピュータ

低価格ながらGPS機能を搭載しているサイコンです。移動距離や経過時間、平均速度などトレーニングデータをリアルタイムに確認可能。目標を設定してサイクリングのレベルアップや、健康管理のモチベーションアップに役立つおすすめのモデルです。

ケイデンス機能の搭載で、ロードバイクでのパフォーマンス管理に活かせるのもポイント。センサーも不要のワイヤレス式で、マウントをハンドルに取り付けるだけとセッティングも簡単です。