クロスバイクの見た目や乗り心地に影響を与えるパーツが「グリップ」。消耗品のため定期的に交換するのが望ましい部品でもあります。ただし、さまざまな種類が販売されているので、どれを選んだらよいか悩んでいる方は多いのではないでしょうか。

そこで今回は、クロスバイクに適したおすすめのグリップをご紹介します。選ぶ際のポイントについても詳しく解説するので、興味のある方はチェックしてみてください。

クロスバイクのグリップを交換するメリット

By: amazon.co.jp

グリップを交換するメリットは大きく分けて3つあります。1つ目はいつも快適な状態で乗れること。グリップは長年使用すると表面がベタついたり汚れたりしてしまいます。消耗品でもあるため、見た目や握り心地が悪くなってきたと感じたら交換時期と考えておきましょう。

2つ目はドレスアップ効果が期待できることです。グリップのカラーや素材などを変えることで、自分好みのクロスバイクに仕上げられます。3つ目は機能性の向上。グリップの形状によっては手の疲労を軽減したり、力強いベダリングのサポートができたりします。グリップ交換は、より軽快な走りを楽しみたい方にもおすすめです。

クロスバイク用グリップの選び方

変速機のタイプに合ったモノを選ぼう

By: amazon.co.jp

クロスバイクが搭載している変速機には、サムシフター(トリガーシフター)とグリップシフターの2種類があります。前者は親指と人差指でレバーを操作し、後者はグリップの根元についているシフターを回すことでギアチェンジをする仕組み。サムシフターであればグリップの長さが左右同じモノで問題ありません。

ただし、グリップシフターの場合、変速機が付いている側のみ短いモノが必要になるため、所有しているクロスバイクの変速機をよく確認したうえで購入するようにしましょう。

グリップのタイプで選ぶ

丸グリップ

By: amazon.co.jp

もっともオーソドックスな形状をしているのが丸グリップです。手のひら全体でしっかりと握れるため、細かなハンドル操作がしやすいのはもちろん、加速するときや坂道を登る際に力を入れやすいのが特徴。走行性能を重視する方におすすめのタイプです。また、デザインがシンプルなので、街中を走る機会が多い方にも向いています。

エルゴグリップ

By: gizaproducts.jp

手のひらと当たる部分が、平らな形状をしているのがエルゴグリップです。手のひらとの接触エリアが広いため、走行中の振動を軽減できるのが特徴。長時間走っても疲れにくいので、長距離のツーリングといった用途におすすめのタイプです。

ただし、握る位置によっては張り出しが邪魔になったり、加速の際に力を入れにくかったりすることもあるので留意しておきましょう。グリップの平らな部分に手を乗せて、ゆったりと流すような走り方がピッタリです。

牛角グリップ

By: amazon.co.jp

グリップの先端が牛の角のような形状をしたタイプです。ハンドルバーの両端がしっかりと握れ、上体を引き寄せやすいため、ペダリングの際に力を入れやすいのが特徴。強力に加速をしたりキツイ上り坂を登ったりするシーンで活躍します。クロスバイクでスポーティな走行を楽しみたい方におすすめのタイプです。

グリップポジションのバリエーションが多いのも本タイプの特徴。ほかのグリップと比べるとライディング時の姿勢が変えやすいので、長時間走行による疲労軽減効果が期待できます。また、バーエンドバーと一体型にデザインされており、後付感のないスッキリとした見た目も牛角グリップの魅力のひとつです。

素材で選ぶ

ゴム・シリコン

By: amazon.co.jp

グリップに使われる素材として、もっとも一般的なのがゴムやシリコンです。市販されている製品の種類が多いうえ、リーズナブルで購入しやすいのが特徴。気軽にグリップ交換をしてみたい方におすすめの素材です。

また、ゴムやシリコン製品のなかには、豊富なカラーバリエーションを展開しているモデルもあります。自転車の車体色に合わせてカスタマイズするなど、自分好みのクロスバイクに仕上げたい方にピッタリです。メンテナンスも容易なのでぜひチェックしてみてください。

レザー(革)

By: amazon.co.jp

レザー(革)は高級感のある外観と握り心地のよさで人気の素材です。価格は高いものの、ほかのライダーとはちょっと違ったクロスバイクにドレスアップしたい、といった方におすすめ。また、使用するほど味わいを増し、経年変化が楽しめるのも魅力です。長く愛用できるグリップを求める方に適しています。

ただし、雨・汗による水濡れや乾燥で劣化しやすい点には注意が必要。オイルなどによる定期的なメンテナンスは欠かせません。お手入れもクロスバイクを所有する楽しみのひとつと考えている方にピッタリの素材です。

サイズをチェック

By: amazon.co.jp

グリップを購入する際には、ハンドルバーの長さや直径に合ったサイズの製品を選ぶことが大切です。特にダブルロックオンタイプの製品は、グリップが長すぎるとしっかりと固定できない可能性があるので注意しましょう。

グリップのなかには長さが95mm前後といった、ショートタイプのモデルも販売されています。短いハンドルバーを使用している方はもちろん、ハンドルバーのカットを計画している方などにもおすすめです。

一方、グリップの内径についてはそれほど気にする必要はありません。クロスバイクやマウンテンバイクに採用されているフラットバーの直径は22.2mmが一般的。22.2mm対応の製品であれば、ほぼ問題なく取り付けることが可能です。

クロスバイク用グリップのおすすめ|丸グリップ

ロックブロス(ROCKBROS) 自転車 ハンドルグリップ

地面から伝わる振動が軽減できる

青色のドット柄をあしらった、バーテープ風デザインのグリップです。シンプルでおしゃれな製品が欲しい方におすすめのモデル。ブランドロゴの入ったエンドキャップが付属しているため、ハンドルバーへの埃や水の侵入が防げます。また、六角レンチ付きなので、別途工具を準備する面倒はありません。

ダブルロック構造を採用しており、ハンドルバーにしっかりと固定することが可能です。ロックリングにアルミ素材を使用しているので、重さは約40gと軽量に仕上がっています。表面に弾力性に優れたPU素材を採用しているのも本製品の特徴。地面から伝わる振動が軽減できるため、街乗りはもちろん長距離のサイクリングも快適に走行することが可能です。

オーディーアイ(ODI) VANS ロックオンボーナスパック GUM

ファッション性の高いモデルを探している方に

長さが130mmある丸型グリップです。スケートボードのシューズなどでも人気のスニーカーブランド「バンズ」とのコラボモデル。バンズの特徴的なソールデザインをグリップ表面に再現しています。シティライディングでよく映える、ファッション性の高い製品を求める方におすすめのモデルです。

クランプをボルトでしっかりと固定できるため、スポーティな走行をしてもズレたり回ったりしにくいのが魅力です。

ブルックス(BROOKS) 自転車 スレンダーレザーグリップ

クラシカルなデザインのクロスバイク

自転車用サドルの老舗ブランド「ブルックス」のレザーグリップです。ベジタブルタンニング・レザーを採用しているのが特徴。天然由来の植物性タンニンを使用してなめされており、革本来の風合いを生かした仕上がりを実現しています。多少高額ですが、長く愛用できる製品が欲しい方におすすめのモデルです。使い込むほど手によく馴染むうえ経年変化も楽しめます。

アルミ素材を採用したバーエンドパーツがワンポイント。クラシカルなデザインのクロスバイクによく映えます。カラーバリエーションが豊富なのも本製品の特徴。フレームの色に合わせてカラーコーディネートが楽しめます。

ゴリックス 自転車グリップ シリコン GX-GPSR

豊富なカラーバリエションが魅力のグリップです。オレンジをはじめグリーンやピンクなどのポップなカラーを展開しているのが特徴。クロスバイクのフレームカラーに合わせて、カスタマイズを検討している方におすすめのモデルです。ビアンキユーザーにはブランドカラーのチェレステもあるので、ぜひチェックしてみてください。

シリコン素材を採用しているのも本製品の特徴。衝撃吸収性に優れているため、地面から伝わる振動を軽減でき快適に走行できます。直径22.2mmのハンドルバーに対応しており、簡単に取り付けることが可能です。

ノグチ(NOGUCHI) グリップ NGS-001 Pro-A108EP

直径22.2mmのハンドルバーに対応したグリップです。ロックオン構造の採用によりしっかりと固定でき、スポーティな走行シーンでも回ったりズレたりしにくいため、安心して使用することが可能。また、エンドキャップが付いているので、埃や水がハンドルバー内へ侵入するのを防げます。

ホワイトやブラックなどのカラーがラインナップ。所有しているクロスバイクの車体色に合わせて選べるので便利です。価格が手頃なため、気軽に購入できる製品を探している方はぜひチェックしてみてください。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) オッフル グリップシフト用 抗菌グリップ Y-2311

コスパの高いキャンプグッズなどで人気のアウトドア用品メーカー「キャプテンスタッグ」が販売する自転車用のグリップです。グリップシフトタイプの変速機を搭載したクロスバイクにおすすめのモデル。柔軟性のある合成ゴム素材を使用しており、直径22.2mmのハンドルバーへ簡単に装着できます。

表面に凹凸デザインが採用されているためグリップ性は良好です。抗菌加工が施されているのも特徴。衛生面に配慮して使える製品を求める方にピッタリです。

クロスバイク用グリップのおすすめ|エルゴグリップ

ブルックス(BROOKS) ERGON GP1 レザーグリップ

素材にベジタブルタンニング・レザーを使用したエルゴグリップです。手にしっくりと馴染む製品を求める方におすすめのモデル。表面に革本来の微妙な凹凸があり、高い通気性を有しているので、快適なライディングが楽しめます。

シンプルかつ高級感のある上質なデザインが特徴です。ハイグレードなカスタマイズを検討している方にもピッタリ。長さが130mmあるので、ハンドルバーのサイズをよく確認したうえで購入してみてください。

ゴリックス 自転車グリップ GX-D2

ソフトラバー素材を採用したエルゴタイプのグリップです。柔らかく衝撃吸収性に優れているうえ、高い耐久性を備えているのが特徴。長距離のツーリングといった用途におすすめのモデルです。手のひらが触れる部分には、格子状のデザインを施すことでグリップ性を向上させています。

ロックオン構造を採用しているのも本モデルの特徴。ハンドルバーにしっかりと固定でき、角度調節も可能です。容易にズレたり回ったりしないので安心して走行できます。また、取り付け用の工具が付属しているのも嬉しいポイントです。ブラックやホワイトなどのカラーがラインナップされているので、気になる方はチェックしてみてください。

ゴリックス 自転車レザー グリップ GX-600

手頃な価格で購入できる、レザータイプのグリップを探している方にピッタリな製品です。ブラウンカラーの牛革を使用しており、同色系のステッチをあしらったおしゃれなモデル。経年変化はもちろん使い込むほど手によく馴染んでいくため、ほかの素材では得られない楽しみが味わえます。

自慢のクロスバイクをクラシカルな外観にカスタマイズしてみたい方におすすめのグリップです。ダブルロックオン構造を採用しているので、確実に固定ができるうえ、取り付けや取り外し作業も容易におこなえます。クロスバイクのほかミニベロなどの自転車にもピッタリのモデルです。

ギザプロダクツ(GIZA PRODUCTS) エルゴグリップ VLG-1189

長さが140mmあるエルゴタイプのグリップです。手のひらを当てる部分が広めにとられているため、しっかりと手を休められるのが特徴。ツーリングなど長距離を走る機会が多い方におすすめのモデルです。クラトンラバーとゲル素材を採用しており、地面から伝わる振動を和らげます。

クローズドデザインのグリップエンドを採用しているのも本製品の特徴。雨天走行する際に、水がハンドルバーへ入り込みにくい仕様です。また、グリップエンドに小さな突起を設けているので、ハンドルバーの両端を握る場合でも滑りにくく安定した走行が可能です。

タイオガ(TIOGA) Eグリップ ショート/ショート HBG1590

短めのハンドルバーを装着している方におすすめの製品です。長さ92mmのショートグリップが左右セットで販売されています。ロックオンシステムを採用しており、10mm幅のアルミ製ロックリングが付いているため、しっかりと固定することが可能。おしゃれなロゴ入りのエンドプラグも付属しています。

アウター素材にクラトンラバーを採用しているのもポイント。クッション性に優れており滑りにくいため、快適な走りが楽しめます。ハンドルバーをカットしようと考えている方にもピッタリなので、気になる方はチェックしてみてください。

PRUNUS ハンドルグリップ

安い価格が特徴のエルゴグリップです。気軽に購入できる製品が欲しい方におすすめのモデル。低価格ながら肉厚のゴム素材を採用しているため、衝撃吸収性は良好です。直径が22.2mmのハンドルバーに対応しています。

ブラックとグレーの、シンプルなカラーリングを採用しているのも本製品の特徴。さまざまなフレーム色のクロスバイクに合わせやすいので便利です。ボルトによる固定方式ではないため、簡単に装着できます。

クロスバイク用グリップのおすすめ|牛角グリップ

ゴリックス 自転車エルゴ グリップ +バーエンド GX-849AD3-L1-G2

長さ約105mmのバーエンドバーが一体になった牛角グリップです。さまざまな姿勢が取りやすく、長距離のツーリングにおすすめのモデル。ペダリングの際に力が入れやすいため、急な上り坂があるルートでも楽に走り切ることが可能です。また、汗をかいた手でもしっかりと握れるよう、表面に滑り止め加工が施されています。

手のひらが接触する部分にはエルゴ形状を採用。手にかかる負荷が分散できるので、長時間走行するようなシーンでも手のひらの疲労が軽減できます。ロックオン仕様のため、簡単に取り付けたり外したりすることが可能です。

カラーバリエーションが豊富なのも特徴。ホワイトやオレンジなど全5色が展開されています。

Deemount ハンドルグリップ

耐震ゲルとTPRゴム素材を採用した牛角グリップです。滑りにくいのはもちろん、優れた衝撃吸収性を有しているのが特徴。長距離を走る機会が多い方におすすめのモデルです。2箇所をボルトで締めて固定するため、容易にズレたり回ったりする心配はありません。ゆっくりと走るだけでなくスポーティな走行も楽しめます。

グリップ交換の際に必要な、3mmと4mmの六角レンチが付属しているのも本製品の特徴。購入後、すぐに取り付け作業をはじめられるのも嬉しいポイントです。

PRUNUS ハンドルグリップ バーエンド付き

「トリプルアンチスリップデザイン」を採用した製品です。グリップの表面に、ラバー素材を使用した滑り止めテクスチャーを配置しているのが特徴。安定したグリップ力を求める方におすすめのモデルです。

直径22.2mmのハンドル径に対応しており、クロスバイクをはじめフラットバーを装着するほとんどの自転車に取り付けられます。

キャット ハンド(Cat Hand) 自転車グリップ

直径22.2mmのハンドルバーに対応した牛角グリップです。手のひらが接触する部分と、指で握る部分に異なるデザインのブロックパターンを配置しているのが特徴。滑りにくく握りやすいため、使い勝手は良好です。また、衝撃吸収性に優れたTPR素材を採用しているので、長距離走行が快適にこなせます。

2箇所をボルトで締めるダブルロックオン仕様なのも本製品の特徴。しっかりと固定できるため安心して走行することが可能です。ただし、取り付け作業には六角レンチを別途準備する必要あります。購入を検討している方はあらかじめ留意しておきましょう。

TRELC 自転車 ハンドルグリップ

バーエンドバーの角度調節機能を搭載した製品です。約180°の範囲で動かせるのが特徴の牛角グリップ。より幅広いポジショニングに対応できるため、手が疲れにくく、長距離を走る際に重宝します。また、好みのアングルに合わせやすいのも便利なポイントです。

グリップエンドキャップが付属しているので、雨や埃が侵入する心配が軽減できます。直径が22.2mmのハンドルバーに対応。素材にはTPRゴムを採用。柔軟性に優れており疲れにくいうえ耐久性も良好です。

NDHCi クロスバイク 牛角グリップ

価格の安さが特徴の牛角グリップです。購入しやすい製品を探している方におすすめのモデル。気軽にグリップ交換をしてみたい方にもピッタリです。ハンドル径が22.2mmのクロスバイクに装着できます。

取り付け工具が付属しているので、購入後すぐに作業が可能。バーエンドバーの長さが75mmと控えめなのがポイントです。さりげなく装着できる牛角グリップを求める方にもおすすめなので、気になる方はチェックしてみてください。

クロスバイク用グリップのAmazon・楽天市場ランキングをチェック