夜間の自転車走行には「自転車ライト」が必須。スポーツタイプの自転車には、目的や用途に応じて自転車ライトの設置が必要です。性能もLEDで明るさを重視したモノや、防水タイプなど、モデルによってさまざま。使用する環境によって選ぶのも重要。

そこで今回は、自転車ライトのおすすめモデルをご紹介します。選び方やおすすめモデルをチェックしてみて、自分に合う最強アイテムを見つけてください。

自転車ライトの種類

フロントライト

By: amazon.co.jp

自転車の前方に取り付ける自転車ライトが「フロントライト」です。進行方向の路面を照らし、真っ暗な道でも安全な方向を確認しながらの走行が可能。また、前方から来る人に存在をアピールできるのもポイントで、安全面において重要な役割を果たします。

テールライト

By: rakuten.co.jp

自転車の後部に取り付ける自転車ライトが「テールライト」です。後方にいる自転車・バイク・自動車の運転者に自分の存在を知らせるのが目的。ロードバイクなど、スポーツタイプの自転車には反射板が付いていない場合が多いため、テールライトを設置して後方からの安全性を高めるのも重要です。

自転車ライトの選び方

明るさをチェック

By: rakuten.co.jp

自転車ライトの選び方として、明るさをチェックすることは重要。東京都や京都府など、多くの都道府県では「夜間前方10mの距離にある交通上の障害物が確認できる」レベルの明るさがあるライトの設置が交通規則により定められています。そして、点滅ではなく、点灯するライトであることが必須です。

ライトの明るさの目安としては、50~150ルーメンが必要最低限。200~250ルーメンで都市部など明るい街中に適した明るさ、300~500ルーメンで暗めの道や街灯が少なめの場所でも適した明るさです。

また、スピードが上がるほど視認性も低くなるため、より光束値の高いライトの使用が必要。そのため、時速30km以上の走行を行う場合には、550~1000ルーメンの明るさのライトがおすすめです。

バッテリー方式をチェック

充電式

By: doppelganger.jp

充電することにより、繰り返し使用できるのが充電式自転車ライトです。バッテリーが切れても新しく電池を購入して交換する必要がなく、ランニングコストが抑えられるのがメリット。

以前は持続時間が短く、光度や光束値も低いタイプが多いのがデメリットでした。しかし、近年では持続時間も伸び、700ルーメン以上の光束値がある高性能な充電式自転車ライトが増えてきています。

電池式

By: amazon.co.jp

乾電池を使用して点灯させるのが電池式自転車ライトです。主に単三電池や単四電池を使用します。大きなメリットは、走行中に電池切れになっても、コンビニなどで乾電池を購入すれば充電時間を待たずに使えるところ。充電池を使用すればランニングコストも抑えられます。

デメリットとして挙げられるのは、本体が大きく重量も重いタイプが多い点です。慣れるまではハンドル操作がしにくいことも考えられます。

取り付け方をチェック

By: doppelganger.jp

自転車ライトは、自転車屋で取り付けてもらう方法もありますが、自分でも簡単に取り付けが可能です。まず、フロントライトの場合は、取り付けたい位置に「ブラケット」という台座となる器具を装着。ブラケットにはバンドやネジを回して固定するタイプがあります。

そして、本体をスライドするように取り付けて完了です。スライドではなく、はめこむタイプなどもありますので、自転車や用途に応じて購入時にチェックしましょう。

テールライトの場合は、台座に固定するタイプと、台座なしで直接バンドなどで装着するモノが主流。後輪横のシートステーや、サドル下のシーポストに取り付けるタイプなどがあります。

防水性能をチェック

By: doppelganger.jp

自転車は、雨の日でも通勤や通学などで使用することもあります。自転車ライトの防水性能をチェックしておくことも重要です。日本工業規格のJISでは「IP」や「IPX」といった表記で防水規格を記載しています。

防水レベルは数値によって示されていて、保護等級を「IPX0」~「IPX8」で記載。最後の数値が高いほど防水性能も高くなります。

自転車フロントライトのおすすめモデル

ASITA 自転車ヘッドライトUSB充電式

ASITA 自転車ヘッドライトUSB充電式

約1.5~2時間のスピード充電が可能なフロント用自転車ライト。一般的な充電式自転車ライトより、2~3倍の充電速度です。約1000回の繰り返し充電ができるので、ランニングコストも優れています。

また、強・中・弱の点灯時の明るさ切り替えや、光束点滅・低速点滅・SOS点滅もできる6つのモードが搭載。高光度モードで約2時間、中等光度モードで約4時間、低光度モードで約15時間の使用ができます。

「IP65」で、防塵と防水性能も優れているモデル。悪天候の日でも安心して走行できます。価格も安いため、コスパの高いモデルを探している方におすすめです。

キャットアイ(CAT EYE) VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

キャットアイ(CAT EYE) VOLT400 HL-EL461RC USB充電式

バッテリーも含めた重量が120gと軽量ながら、約400ルーメンの明るさを発揮するフロント用自転車ライト。手軽なUSB充電式で、充電のタイミングもわかる充電インジケータも搭載しています。

点灯時の明るさは、ハイ・ミドル・ローの3段階のモード切り替えが可能。ハイモードは約400ルーメンで約3時間の使用、ミドルモードは約100ルーメンで約8時間の使用、ローモードは約50ルーメンで約18時間の使用ができます。

また、常時点灯と点滅が加わった「デイタイムハイパーコンスタント」と点滅モードも搭載。しっかりと存在をアピールできます。ただし、点滅は補助灯での使用に限られるため、注意が必要。歩行者や車両も多い、街中での走行におすすめの自転車ライトです。

キャットアイ(CAT EYE) HL-EL140

キャットアイ(CAT EYE) HL-EL140

400カンデラ以上の明るさで照らせる自転車ライト。「オプティキューブテクノロジー」により、自転車走行に理想的な配光を実現しています。バッテリー方式は電池式で、単三アルカリ乾電池2本を使用するタイプです。点灯は約30時間、点滅は約200時間と、長時間使用できるのが特徴。

また、サイズは89×36×26mmとコンパクトで、重量が78gと非常に軽量なのも魅力です。街中など、細かいハンドル操作が必要な道での走行に適しています。長距離移動する場合の使用におすすめの自転車ライトです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) LEDフロントライト DL-07

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) LEDフロントライト DL-07

ハンディライトにも使用できる、取り付けや取り外しが簡単なフロント用自転車ライト。ハンドストラップも付属しているので、単体で使用する際に便利です。

ハイ・ミドル・ロー・フラッシュの照射モードがあり、照射角度もスポット・ワイド・ビームと無段階で調節ができます。使用時間は、ハイモードで約70分、ミドルモードで約130分、ローモードで約24時間、フラッシュモードで約80分です。

サイズは75×30×30mmで、重量がわずか67gと、コンパクトで軽量なのも魅力。自転車ライトとして以外にも使用できる、使い勝手のよいモデルを探している方におすすめです。

ビーブイ(BV) 自転車ヘッドライト クールホワイトLED L807

ビーブイ(BV) 自転車ヘッドライト クールホワイトLED L807

横に広がったおしゃれで斬新なデザインが特徴のフロント用自転車ライト。USB充電式で約2.5時間で充電ができます。充電インジケータ搭載なので、バッテリー残量の確認も可能。

モードはステディ・ロー・点滅の3種類があります。使用時間はステディモードで4時間、ロービームモードで8時間、点滅モードで12時間。

また、本体はスライドさせて簡単に脱着ができるため、駐輪中は取り外して持ち歩けば盗難防止にもなります。明るさは、最大70ルーメンと低めなので、街中での使用におすすめです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 9LEDフロントライト Nine-tailed fox DLF300-DP

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) 9LEDフロントライト Nine-tailed fox DLF300-DP

9つのLEDライトで点灯させ、50時間の連続点灯が可能なフロント用自転車ライト。単四アルカリ乾電池を3本使用する電池式です。全長が10cm程度のコンパクトなサイズで、重量も77gと軽量なので、駐輪中の持ち運びにも便利。脱着も台座にはめ込むタイプで簡単です。

シンプルでおしゃれなデザインも魅力。スタイリッシュで、手軽に使用できる自転車ライトを求めている方におすすめのアイテムです。

INVAVO 自転車ライト 1200ルーメン 2000mah

INVAVO 自転車ライト 1200ルーメン 2000mah

最大光束1200ルーメンと強力な明るさで、100mまで照らせるフロント用自転車ライト。強・弱・点滅のモード切り替えが可能です。また、2000mahの大容量「リチウムイオン電池」を採用。強モードは1200ルーメンで約3時間、弱は300ルーメンで約6時間の使用ができます。

USB充電式のため、電池交換は不要です。充電時間は約2~3時間のスピード充電タイプ。充電インジケータも搭載しているので、バッテリー残量20%以下で赤点灯により知らせます。

JIS保護等級も「IP65」で、高い防塵と防水性能に性能も備えたアイテム。悪天候でも安心して走行できます。街中をはじめ、サイクリングやアウトドアでの移動など、さまざまな状況で使用できる自転車ライトを探している方におすすめです。

VGEBY 自転車ソーラー充電ライト

VGEBY 自転車ソーラー充電ライト

ソーラーとUSB充電ができ便利なフロント用自転車ライト。本体上部にソーラーパネルがあり、走行中の充電もできます。光束値が1200ルーメンとハイパワーなのも魅力。明るいだけでなく、照明距離も200mと非常に遠くまで照らせます。

状況に応じて、強光・弱光・フラッシュの3つのモード切り替えが可能。自転車ライトとしての使用以外にも、停電や災害などの緊急時や、キャンプやアウトドアでの使用にもおすすめです。

ノートル(NOTRE) 砲弾ライト

ノートル(NOTRE) 砲弾ライト

レトロなデザインが魅力のフロント用自転車ライト。バッテリー方式は単四乾電池を3本使用する電池式で、稼働は約30時間可能です。モードは点灯と点滅の切り替えができます。

また、ほとんどの種類の自転車に対応可能な取付金具で取り付けができ、固定式のため、盗難のリスクも軽減。おしゃれで、使い方も簡単な自転車ライトを探している方におすすめのアイテムです。

自転車テールライトのおすすめモデル

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD155-R OMNI 5 テールライト

キャットアイ(CAT EYE) TL-LD155-R OMNI 5 テールライト

360°配光に対応しており、どこからでも視認しやすい自転車テールライト。バッテリー方式は電池式で、単四乾電池2本を使用します。メーカーはアルカリ乾電池の使用を推奨。

使用時間は、ラピッドで約120時間、点灯で約60時間、点滅で約90時間のため、長時間の走行でも安心です。取り付けも簡単で、工具不要でシートポストやシートステーに「取付バンド」により固定できます。安全性が高く、長時間使用できる自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。

ziyue セーフティーライト

ziyue セーフティーライト

2時間の充電で使用できる自転車テールライト。USB充電式で、フル充電したら自動的に電源を切る機能搭載のため、ライトの稼働寿命を伸ばせます。

常時点灯・スローフラッシュ・常時点滅・流れフラッシュの4つのモード切り替えが可能です。使用時間は、常時点灯で約4時間、スローフラッシュで約10時間、常時点滅で約12時間、流れフラッシュで8時間。

短い充電時間で、長時間使用できる充電式自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。

ヤベツジャパン スマホと連動する自転車 テールライト Rayo

ヤベツジャパン スマホと連動する自転車 テールライト Rayo

専用アプリでスマートフォンと連動して、発光パターンをカスタムできる自転車テールライト。盗難防止のアラーム機能も搭載されていて、スマートフォンへの通知もされます。

USB充電式で、充電時間は約3時間。使用時間は、発光パターンにより、3~8時間です。発光パターンは、夜間や悪天候な日には視認がしやすいように明るいモードにしたり、日中などは明るさを抑えたモードにしたりといった切り替えができます。

動体センサー内蔵のストップランプ機能も搭載。ブレーキランプにもなり、後方へ減速を知らせます。高性能な自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。

パナソニック(Panasonic) LEDかしこいテールライト SKL090

パナソニック(Panasonic) LEDかしこいテールライト SKL090

アルカリ乾電池の使用で、約100時間の連続点滅が可能な自転車テールライト。単四乾電池を2本使用します。横に広い形状のため、視認しやすく、安全性も高いモデルです。

また、走行中に暗くなれば、自動的に点灯か点滅するので、点け忘れも防ぎます。さらに、自転車が動いていなければ自動的に消灯。消し忘れの心配もなく経済的です。

シートポストとシートステーに取り付けができる、2種類のホルダーが付属しているのも便利。経済的で使い勝手のよい自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。

ATARAXIA スマートテールライト

ATARAXIA スマートテールライト

可視距離が1000m以上のハイパワーな自転車テールライト。明るさセンサーと振動センサーの内蔵で、点け忘れと消し忘れを防ぎます。走行中に暗くなると点灯し、停止から2分後に自動的に消灯。

バッテリー方式はUSB充電式で、充電時間は約3時間です。一回の充電で、約27時間の連続点灯ができます。また、防水レベルは「IPX5」と優れているため、雨の日などの悪天候時にも安心して使用が可能。

便利で、ハイスペックな自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト RAPID 3 AUTO TL-AU630

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト RAPID3 AUTO TL-AU630

単三乾電池1本だけで使用できる手軽な自転車テールライト。点灯・点滅・ラピッドの3つのモード切り替えができます。使用時間は、点灯モードで約3時間、点滅モードで約80時間、ラピッドモードで約20時間です。

明るさセンサーと振動センサーも内蔵。走行中に暗くなると自動的に点灯し、停止後は残光機能で約50秒間発光します。スタイリッシュでおしゃれなデザインも魅力。あまり使用頻度は多くなく、短時間しか走行しない方におすすめのアイテムです。

夜の空 XLITE100 G sensor Smart Tail Light

夜の空 XLITE100 G sensor Smart Tail Light

ブレーキをかけると後方に減速を知らせる警告灯が点灯する自転車テールライト。追突や接触事故を防止できる、安全性に優れたモデルです。明るさや運転状態を識別し、自動で点灯や消灯するオートモードと手動モードのON・OFFが選べます。

バッテリー方式はUSB充電式で、フル充電までは約2時間です。また、点灯・警告・点滅の3つのモード切り替えが可能。点灯モードで8~10時間、警告モードで10~15時間、点滅モードで18~24時間という長時間の連続使用ができます。

さらに「IPX6」という高い防水性能も備えているので、大雨でも安心。緊急時の簡易懐中電灯としてや、キャンプやアウトドアなど、さまざまなシーンでの使用にもおすすめのアイテムです。

ギザ(GIZA) SS-L329 ナノブレーキ ライト デュオ

ギザ(GIZA) SS-L329 ナノブレーキ ライト デュオ

ブレーキをかけると強く点灯して後方に知らせる自転車テールライト。ライト点灯中は、ブレーキでより明るい点灯となり、ライトを点滅させているときはブレーキをかけると点灯に変わります。消灯しているときは通常のブレーキライトとしても使用が可能です。

バッテリー方式は電池式で、コイン型のリチウム電池を使用します。点灯・点滅・シャッフル点灯の3つのモードがあり、点灯モードで約100時間、点滅モードで約150時間、シャッフル点灯で約100時間という長時間使用が可能。また、ブレーキ点灯では約50時間の使用ができます。

安全性が高く、ランニングコストも抑えられる自転車テールライトを探している方におすすめのアイテムです。