自転車パーツにおいて重要な役割を担う「ライト」。いわゆるママチャリやシティサイクルなどには標準で搭載されているモノですが、ロードバイクやクロスバイク、マウンテンバイクなどには後付けで設置することになるので、別途購入する必要があります。

とはいえ、さまざまなメーカーから多種多様なライトが販売されているため、どんな製品が自分にとってのベストバイアイテムなのかわかりにくいもの。そこで今回は、自転車ライトのおすすめモデルをご紹介します。気になる方はぜひチェックしてみてください。

自転車用ライトの選び方

明るさで選ぶ

自転車ライトには夜間運転中の視認性を高めることと、周囲のドライバーや歩行者に自転車の存在を知らせるという2つの役割があります。よくライトを点滅させて走っている方がいますが、被視認性は確保できでも、これだけだと視認性は低いので危険です。

例えば、東京都の道路交通規則を確認すると、自転車のライトは「夜間、前方10mの距離にある交通上の障害物を確認することができる光度を有する前照灯」をつけなければならないことになっています。つまり、しっかりとした明るさが確保できることが必須条件です。

街乗りであれば明るさは輝度300ルーメン以上が目安。なお、ライトは自転車のスピードが速くなるほど視認性は低下するので、スピードを出して走行する方はより輝度の高いライトを選んだほうが安心です。ぜひ留意しておきましょう。

バッテリー方式で選ぶ

By: amazon.co.jp

自転車ライトのバッテリー方式は2種類あります。「電池式」のバッテリーは、乾電池がバッテリーとなってライトを点灯させる方式です。十分な明るさを発揮するライトが多いのが特徴。さらに、予備の電池を持参していれば、バッテリーが切れても安心です。

「充電式」は、コンセントやUSBなどで充電する方式。電池式以上に明るい製品があることや、維持費が掛からないこと、軽くてハンドルに違和感を生じないことなどがメリット。あわせてソーラー充電もできる製品だと、より長持ちして安心です。

デメリットとして、電池式は重くてハンドルに違和感が生じる点や充電式はバッテリーが切れた際に使えなくなってしまう点が挙げられます。それぞれで使い勝手がかなり変わるので、特徴を把握して自分にあった方式を選ぶようにしましょう。

軽さで選ぶ

By: amazon.co.jp

普段使いであれば、それほど気にする必要はありませんが、ロードバイクなどでのツーリングで長時間走行する際は、あらゆるパーツを軽くして、身体への負担を軽減したいものです。

最近はコンパクトかつ軽量で明るく、照射時間の長いライトが増えてきています。本体の重さはもちろん、ライトにLEDを採用しているかどうかもチェック項目としておきましょう。

自転車用ライトのおすすめ|フロント用

ATARAXIA ロードバイクライト 600ルーメン

リーズナブルな自転車ライトが揃う「ATARAXIA」の高機能モデル。世界的に支持されているアメリカ「GREE社」の「XPG3LEDライト」を採用しているのが特徴で、明るさは最大600ルーメン、連続使用は最長9時間です。

重さは200gで、バッテリーは手軽に充電して使えるUSB充電式を採用。電池を購入する必要がなく、ランニングコストの面でも優れています。安価なので、とりあえず自転車ライトがほしいという方におすすめのアイテムです。

ATARAXIA ロードバイクライト 800ルーメン

光りが縦横にしっかりと広がる自転車ライト。明るさは800ルーメンあり、道幅や路面の凹凸、道端に落ちているモノなどが暗闇でも視認しやすいことが魅力です。

なお、本製品は明るさを50ルーメンから800ルーメンまで調節できるのもポイント。デザインはシンプルで、どんな自転車にも気兼ねなく合わせることができます。汎用性が高くコスパにも優れたアイテムです。

ATARAXIA 自転車ライト 1200ルーメン

最大輝度1200ルーメンと明るい自転車ライト。暗い夜道も標識もしっかり照らせる安全性の高いアイテムです。強・弱・点滅の3つのモードを搭載。ワンタッチで切り替えられるので、道路状況や天候に応じて簡単に切り替えられます。

また、本製品は防水・防塵仕様になっており、衝撃にも強く、頑丈な作りになっているのもポイント。通勤や通学におすすめのアイテムです。

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL471RC

手軽さが特徴の自転車ライト。バッテリーにUSB式を採用しており、パソコン経由はもちろん携帯電話用の外部バッテリーで簡単に充電できるのが魅力です。電池には3100mAhリチウムイオン充電池を採用。点滅モードで約80時間の長時間使用が可能です。

明るさは最大で800ルーメン。なお、400と200ルーメンにも調節可能なので、道路や天候状況に応じて明るさを変えられます。重さは140gと軽量ながらも、丈夫なアルミ製を採用。使い勝手のよいおすすめモデルです。

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト HL-EL151RC

サイズは90×34×35mm、重さは58gとコンパクトにまとまっているライト。明るさ約200ルーメンで、バッテリーはUSB充電式を採用しています。

充電のタイミングがひと目でわかるバッテリーインジケーターを搭載しているのもポイント。電池残量20%以下になるとインジケーターが点滅するので、急な電池切れのリスクを回避することができます。また、「フレックスタイトブラケット」を付属しており、自転車のハンドル部分にしっかり固定することが可能。カラーは5色をラインナップしています。

タオトロニクス(TaoTronics) 自転車ライト テールライト付 TT-HP007

IP65と高い防水性を備えている自転車用ライト。最大輝度は700ルーメンで、前方を広く照らしてくれるので、暗い道でも路面の凹凸や標識を確認することができます。

ライトの明るさは強・弱・点滅の3つのモードから選択することが可能。コントロールボタンひとつで簡単に切り替えられます。また、着脱もワンタッチで対応できるので、自転車のボディに取り付けられるのはもちろん、ヘルメットに付けることも容易です。

INVAVO 自転車ヘッドライト

IP65の防水基準をクリアしている自転車用ライト。防塵性も高く、悪天候や悪路でも使えるのが魅力です。明るさは1200ルーメンと高輝度で、約100m先まで明るく照らせるのもポイント。バッテリーはUSB充電方式を採用しています。

本製品はローバッテリー表示機能を搭載しているのもポイント。バッテリー残量が20%を下回ると、ユーザーに知らせてくれるので、突然のバッテリー切れであたふたする心配もありません。本体重量は100gと明るさが高いわりに軽量なのも魅力。リーズナブルな価格もポイントです。

ジェントス(GENTOS) 閃355 SG-355

IPX4の防滴仕様を備えた自転車ライト。悪天候の中でも十分な視野を確保できるアイテムです。バッテリーは単四乾電池を3本使用。本体重量は約102gと軽く、手のひらに収まるほどコンパクトです。

スポットビームでは照射角度が8°、ワイドビームでは照射角度が30°に対応。路面の状況や天候に応じて明かりを絞ったり広げたりできる、汎用性の高さも特徴です。

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) 自転車用ライト Y-4618

アウトドアメーカーとして国内ではお馴染みの「キャプテンスタッグ」の自転車用ライト。雨に強いウォータープルーフ構造になっており、防水性は良好。さらに衝撃に強いポリカーボネートボディを採用しており、耐久性にも配慮しています。

光源は高輝度のLEDを3つ採用。バッテリーは乾電池式で、単四乾電池を3本使用します。最大60時間連続での使用が可能なのもポイントです。カラーは7色をラインナップ。タフな自転車用ライトを求めている方におすすめです。

ライトアンドモーション(LIGHT&MOTION) URBAN1000FC

IP67の防滴基準をクリアし、防水性・防塵性・堅牢性に優れた自転車用ライト。明るさは1000ルーメンと高輝度のほか、照射角も20°と十分なので、広い範囲を照らせるのが魅力です。

ボディはアルミと強化樹脂を組み合わせたハイブリット仕様で、耐久性も良好。高価である分満足度も高いモデルなので、マウンテンバイクやシクロバイクに適した自転車ライトを探している方におすすめです。

ビーブイ(BV) 自転車ヘッドライト

着脱が容易な自転車用ライト。調整用のゴムシートが3枚付属しており、どんなハンドルにも傷を付けずにフィットさせられるのが魅力です。

バッテリーはUSB充電式を採用し、輝度は70ルーメン。約2.5時間の充電で最大12時間連続での使用が可能です。また、バッテリーインジケーターが搭載されており、バッテリーの残量が10%未満になるとランプの色が赤く変わる仕様。

リーズナブルなので、なるべく安価な自転車ライトを探している方におすすめです。

BIGO 自転車ライト

明るさが最大900ルーメンの自転車ライト。明るい・弱・点滅の3つのモードが搭載されており、ボタンひとつで簡単に切り替えられるのが特徴です。

バッテリーはUSB充電式を採用。バッテリーインジケーター搭載で電池の残量を一目で視認できるので、スムーズにバッテリー充電ができます。また、取り付けは手でネジを回すだけで対応することが可能。価格もリーズナブルながら満足度は高いので、お得感の高い自転車ライトを求めている方にもおすすめです。

OlymFits 自転車ライト

フロント用ライトのほか、テールライトが3種類とベルが付属した5点セット。すべて防水加工が施されており、雨の日でも難なく使用することができます。汚れても水洗いできるのでお手入れが容易なのもポイント。フロント用ライトの明るさは200ルーメンで、50m先まで明るく照らすことが可能です。

また、点灯パターンは強・中・弱・点滅の4通りで、路面状況や天候に応じて使い分けられます。バッテリーはUSB充電式を採用しており、手軽に充電することが可能。使い勝手のよいアイテムです。

AnutriON 自転車ライト

安価ながら、明るさは1200ルーメンとお得感の高い自転車ライト。点灯パターンはハイ・ロー・SOSの3通りがあり、ワンタッチで切り替えられるのも魅力です。

なお、本製品はIP65の防水基準をクリアしており、雨の日でも使用できます。また、取り付けはネジを手で回すだけなので簡単。バッテリーはUSB充電式を採用しており、3時間の充電で最長8時間連続点灯することが可能です。

サイゴライト(CYGOLITE) 自転車用フロントライト streak350

片手で持てるハンディライト並みのコンパクトさながら、最大輝度が500ルーメンの自転車ライト。約90gの軽さも特徴です。USB式で手軽に充電できるほか、「ハイ」「ミディアム」「ロー」「点滅」に加え、高輝度での点灯に点滅を組み合わせて被視認性を高めた「SteadyPulse」の5モードに切り替えが可能。

価格はやや高めなので、サイズ重視で自転車ライトを選びたい方におすすめのアイテムです。

サイゴライト(CYGOLITE) 自転車用フロントライト DASH350

本体重量74gと軽量なモデル。手軽に充電できるUSB方式を採用しています。定番の点灯モードに加え、500ルーメンの点滅光で日中でも周りに自転車の存在をアピールする「DayLightning」モードを備えており、より安全性を高めています。

特殊なレンズを採用しており、広角に光を照射するのもポイント。街灯のない場所でもしっかりと照らしてくれる自転車ライトです。

ドゥサン(Dosun) AERO AF500

台湾の自転車ライトメーカー「ドゥサン」のUSB充電式ライトです。最大500ルーメンの明るさを備え、ローモードで最長約8時間使用可能。簡単に取り付けられるのも特徴です。

特殊なリフレクターを採用した独自の構造でライダーの足元から前方を広く照らすので、暗闇でも安心して走れます。すれ違う対人に配慮した明るさでもあるので、気兼ねなく使える自転車ライトを求めている方におすすめです。

グッドグッズ(GOODGOODS) サイクルライト 1800LM CREE XM-L T6

最大輝度1800ルーメンの明るさの自転車ライト。世界屈指のLED企業である「CREE社」の高輝度LEDを使用しているので、明るさ重視で自転車ライトを探している方におすすめです。

ヘッドの長さを変えることでズーム機能が働き、近くを広く照らすワイドビームとより遠くまで照らすスポットビームを使い分けることが可能。最大照射距離は200m以上とハイスペックです。

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト SYNC CORE HL-NW100RC

キャットアイ(CAT EYE) ヘッドライト SYNC CORE HL-NW100RC

テールライトやセーフティライトを、同時に設置する予定の方におすすめの製品。「CatEyeSYNC」対応のライトを設置すれば、本製品のスイッチを入れるだけで、自転車に付けた全てのライトが自動で点灯するという優れものです。

全てのライトを連動させるにはスマホのアプリが必要ですが、アプリで各ライトのバッテリー残量を確認することができるので、非常に利便性が高いのが特徴。さらに、各ライトのバッテリー残量が少なくなると、本製品のインジゲーターに表示される仕組みです。

明るさも500ルーメンの「ハイモード」で、およそ2時間の連続使用ができます。150ルーメンの「ミドルモード」でおよそ9時間、100ルーメンの「ローモード」でおよそ15時間と、高性能な製品です。

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC

キャットアイ(CAT EYE) LEDヘッドライト VOLT800 HL-EL471RC

本製品は、十分な明るさと安心感を備えた自転車ライトです。800ルーメンというかなりの明るさの「ハイモード」は、連続使用2時間と必要十分。実用的な明るさである400ルーメンでも、3.5時間の連続使用が可能で使い勝手も良好です。

バッテリーがカートリッジ式になっていることも魅力。出先でバッテリーが切れたとしても、予備のバッテリーに交換できるので、長距離を走行する際にも安心です。予備バッテリーを2個ほど持参すれば、泊りがけでのサイクリングにも重宝します。

さらに、徐々にバッテリーが劣化して連続使用時間が減少したとしても、バッテリーのみを新しくすればよいので、ランニングコストが安くすむのも魅力。長く使用できるおすすめの製品です。

エポックエアー(EpochAir) 自転車用ヘッドライト

エポックエアー(EpochAir) 自転車用ヘッドライト

本製品の特徴は、USB充電のほかにも「ソーラー充電」機能を有していることです。例えば、朝にバッテリー残量がなかったとしても、十分な太陽光を受けることで、夜にはライトを使用できるようになります。

350ルーメンという十分な明るさで、約3.5時間から5時間という長時間の使用が可能です。また、「IPX4」の防水規格レベルを有しており、霧や小雨程度でもタフに使用できます。

さらに、スマホのバッテリーがなくなった場合、本製品をモバイルバッテリーとして使用できるのも嬉しいポイント。ソーラー充電や防水機能、さらにはモバイルバッテリー機能など、非常に利便性が高く、自転車だけでなくアウトドアユースとしてもおすすめです。

シェンキー(SHENKEY) LED自転車ライト

シェンキー(SHENKEY) LED自転車ライト

非常に明るい輝度で長時間使用できるのが魅力の自転車ライト。1,200ルーメンの強力な明るさで、約4時間連続使用できので。夜間に峠道などを走る際にも安心です。

また、あらゆる方向から噴流水を受けても問題ない「IP65」という防水規格レベルであり、雨でも明るさを保てるタフさも兼ね備えています。毎日の通勤通学からポタリング、明かりのない道など、あらゆる場所で使用可能な製品です。

自転車用ライトのおすすめ|リア用

レザイン(LEZYNE) FEMTO DRIVE REAR

コンパクトで明るいリアライト。レンズ面がスイッチになっており、3つの点滅と1つの点灯を繰り返し切り替えることが可能。さまざまな発光パターンを持っており、存在をアピールできるアイテムです。

ボディの素材にはCNC鍛造アルミニウムを採用。シリコン製のストラップでいろいろな場所に取り付けられます。バッテリーはボタン電池式を採用しており、点滅モードで約60時間連続使用が可能です。

パナソニック(Panasonic) LEDかしこいテールライト

センサーが内蔵されているリアライト。明るさと振動を把握し、周囲が暗い時に自転車をこぎ始めると自動点灯してくれます。また、一定時間動きが感知できないと自動消灯するのもポイント。使い勝手は良好です。

バッテリーは電池式を採用しており、単四乾電池2本で最長100時間の連続点灯が可能。また、レンズには被視認性を向上させる特殊加工が施されており、暗い夜道でもしっかり点灯できます。リーズナブルなので、コスパの高いアイテムです。

キャットアイ(CAT EYE) RAPID mini TL-LD635-R

高輝度のLEDライトが3個付いているUSB充電式のリアライト。点灯・点滅・ラピッド・パルスという多彩な発光パターンを備えているのが特徴です。点滅では最長約30時間使用が可能。簡単に固定できるブラケットが付属しているのもポイントです。

電池の残量が少なくなると消費電力の少ない点滅モードに自動的に切り替わり、バッテリーのスタミナに配慮するのも魅力。ロードバイクやクロスバイクに最適のテールライトです。

キャットアイ(CAT EYE) セーフティライト ボルト50 HL-EL460RC-REAR

キャットアイの小型・軽量のUSB充電式リア用ライト。バッテリーの残量がわかるインジケーターが付いているのが特徴です。サドル下に簡単に取り付けられるのもポイント。スタイリッシュなデザインを採用しているので、とにかく目立つリア用の自転車ライトを求めている方は要チェックです。