サイクリング時の荷物を携帯するのに便利な、自転車用の「サドルバッグ」。ロードバイクなどのサドル下に取り付けて使用できるので、リュックを背負う必要がなく、負担を軽減できます。また、製品によって用途に適したさまざまな性能や特徴を備えているのも特徴です。

そこで今回は、自転車用サドルバッグの選び方とおすすめモデルをご紹介します。ぜひ参考にして、自分に合ったアイテムを選んでみてください。

サドルバッグの選び方

容量とサイズをチェック

By: amazon.co.jp

自転車用のサドルバッグを選ぶ際には、容量やサイズをチェックする必要があります。サイクリングで携帯する荷物の量によって、サドルバッグの収納力を考慮しましょう。

持ち運ぶ荷物は、財布や携帯電話などのアイテムをはじめ、故障にも対応できるように最低限の工具類を準備しておくのが一般的です。

また、周りの状況や走行する距離に応じて必要なサイズと容量は変わります。短距離サイクリングでの使用が多い方であれば、コンパクトなサイズが便利。長距離や宿泊する場合は、食料や着替え、上着、高性能な修理道具なども収納できる大容量タイプがおすすめです。

付け方をチェック

面ファスナーベルト式

ベルクロとも呼ばれる面ファスナーで、簡単に取り付けが可能な「面ファスナーベルト式」。シートポスト部分にベルトを取り付けてサドル裏側のレールにストラップで装着するだけなので、工具が必要なく、初心者の方でもスムーズに固定できます。ベルトの長さも調節可能なため便利です。

また、面ファスナーが対応している範囲内であれば、自転車のタイプや形状に関係なく固定できる場合がほとんど。固定させるベルトやストラップの素材は柔らかく、衝撃を吸収するので、収納物へのダメージも軽減します。手軽に使いやすいのが魅力です。

アタッチメント式

By: amazon.co.jp

サドル裏面に金具で台座を取り付け、サドルバッグ側に付いているアタッチメントを差し込んで固定するのが「アタッチメント式」。台座を取り付けた位置にしっかりと固定できるのが特徴です。

ただし、自転車のタイプや形状によっては取り付けられない種類もあるので要注意。台座を取り付けられれば、脱着がスムーズに行えるのも魅力です。

防水性能が高いと安心

防水性が高いサドルバッグであれば、突然の雨でも、スマートフォンや衣類を安心して持ち運べます。特に、山道などの自然が多い環境での走行には、急な天候の変化に対応できるかどうかが大切です。

また、サドルの下部は水溜まりや濡れた道を走行した際に、水のはね返りによる影響を受けます。そのため、天候だけでなく、走る場所のコンディションにも注意。濡らしたくないアイテムを携帯する場合は、さまざまなシチュエーションを想定して、防水性能もチェックしておきましょう。

テールライトが装着できるかチェック

By: amazon.co.jp

シートポストにサドルバッグを取り付けると、テールライトが隠れてしまうケースもあり、注意が必要です。夜間やトンネル走行の安全性を確保するためにも、サドルバッグ本体にテールライトが装着できるアイテムを選びましょう。

ベルトやクリップで簡単にテールライトを装着できるタイプがおすすめ。また、テールライトのほかに、車のライトに反射して光るリフレクターがあるとより安全です。

その他機能もチェック

By: amazon.co.jp

サドルバッグの外ポケットにペットボトルを収納して、ドリンクホルダーとして使えるタイプも便利でおすすめ。信号待ちのときなど、さっと取り出して水分を補給できます。

また、自転車から降りた際に、ショルダーバッグとして利用できるタイプも便利です。シンプルなデザインのアイテムであれば、タウンユースでも違和感なく使用可能。サドルバッグの盗難対策にもなります。

サドルバッグのおすすめメーカー

オルトリーブ(ORTLIEB)

By: amazon.co.jp

ドイツに拠点を置くカバンメーカー。完全防水機能を備えた自転車用サドルバッグは、同社の製品のなかでも人気のアイテムです。独自開発の完全防水ジッパーが搭載された製品を、幅広く展開しています。

同社のサドルバッグは、長距離サイクリングや自転車での旅行にもぴったり。雨などの悪天候に見舞われても、水の侵入から荷物をしっかりと守ります。デザイン性の高いモノが多いのも魅力。防水性能を重視しながら、おしゃれも楽しめるアイテムを求める方におすすめのメーカーです。

トピーク(TOPEAK)

By: amazon.co.jp

トピークは、自転車用のアイテムを幅広く手掛ける日本のメーカーです。老舗の自転車用品メーカーとして人気を集め、便利に使用できる機能的なアイテムを豊富に取り扱っています。

また、同メーカーは、さまざまな種類の自転車用サドルバッグをラインナップ。サイズや性能、固定方法など、用途に適したアイテムを選べるのも魅力です。

モンベル(mont-bell)

By: amazon.co.jp

日本の大阪府に拠点を置く、アウトドア用品の総合メーカー「モンベル」。同社は登山やキャンプグッズで有名ですが、自転車用サドルバッグのシリーズも多数ラインナップしています。

取り付けがしやすく、軽量でコンパクトなモデルが多いのもポイント。反射材を搭載したモノなど、安全性に配慮したモデルも販売されています。

大容量サドルバッグのおすすめモデル

トピーク(TOPEAK) バックローダー 10L BAG36701

しっかり固定できる機能に優れた大容量モデル

軽量性・耐久性・撥水性・耐退色性に優れた大容量サドルバッグです。簡単にサドルレールとシートポストに取り付けが可能。しっかりと自転車に固定できるため、サドルバッグの揺れを軽減できる点も魅力です。

また、撥水性のある素材を採用しているのもポイント。雨水や泥などの汚れから荷物を守ります。

インナーバッグにはエアリリースボタンを搭載。荷物を収納したあと、よりコンパクトにすることが可能です。本体背面にはライトを取り付けるためのクリップも備えています。

アールニーゴーマル(R250) サドルバッグ ラージ R25-K-SADDLEBAG

価格が安く大容量モデルを求めている方におすすめ

機能性とコスパに優れた大容量サドルバッグ。価格が比較的安く、コストを抑えて大容量サドルバッグを導入したい方におすすめです。

サドルのレールとシートポストへの取り付けは、工具なしで取り付けが可能。初心者でも取り付けやすいのが魅力です。

また、本体上部にあるコードは、小さい荷物を括り付けることが可能。本体側面にあるR250ロゴと後方のテープは光を反射するので、夜間の走行でも車からの視認性を高められます。後方に取り付けられたベルトループは、ライトの取り付けにも対応しており、便利です。

ブラックバーン(Blackburn) アウトポストエリート ユニバーサルシートパック 7097808

エア抜きバルブを搭載し、簡単にパッキングできる

アルミ製ウィングにより、左右のブレを極力抑えた大容量サドルバッグ。ドロッパーポストを採用している自転車にも対応したモデルです。本製品は、あらかじめ取り付けたアルミ製ウィングに、バッグを付けられるのが特徴。左右の揺れが軽減され、走行が安定します。

バッグにはパッキングを容易にするエア抜きバルブを搭載。バッグの容積を抑えられるので、安定性が向上します。また、本体上部にはバンジーコードを備え、荷物を括り付けられるのもポイントです。

アルミ製ウィングへの取り付けは、2つのバックルのみで着脱可能。荷物の出し入れにかかる手間も軽減できます。

オーストリッチ(OSTRICH) スマートイージーパック

荷物の量に合わせて可変できるサイズ

低めのシートポストでも装着が可能な大容量サドルバッグです。本製品はインナーバッグが付属。自転車から降りた際に、インナーバッグをそのままボディバッグとして使えるように設計されています。

また、収納は7Lまで可能。ロール式で荷物を収納できるため、荷物の量に合わせたサイズになるのもポイントです。

バッグ上部は荷物を固定するのに便利なベルト付き。輪行袋などを固定できるので、バイクパッキングを楽しみたい方にもおすすめです。

リンプロジェクト トラベルサドルバッグ14L No.1050

表面の強度が高く、擦れた場合でも破れにくい

リュックにもなる大容量サドルバッグ。リュックとして使用するときは、泥で汚れやすいバッグの底面が外側になるので、ウェアが汚れずに荷物を持ち運べます。

自転車への固定用ストラップがショルダーストラップを兼ねているため、無駄なパーツがないのもポイントです。容量は最大約14L。荷物が少ない場合は、ロールトップで容量を調節できます。

生地の裏面はPVC加工を施し、強度と防水性を向上。バッグの上部にはストラップとDカンを備えており、レインウェアなどを固定できます。サドルバッグの底面には樹脂製の板を取り付けることで、万が一タイヤに擦れても破れにくい設計です。

小型でコンパクトなサドルバッグのおすすめモデル

トピーク(TOPEAK) エアロ ウェッジ パック クイッククリック Sサイズ

アタッチメント式の取り付けにより、ワンタッチで着脱が可能なコンパクトサドルバッグです。サイズは幅8×高さ12×奥行き17cm、容量は0.66L。コンパクトながら、必要な工具類を収納できます。

また、本体内部はツール類とチューブ類を、それぞれ別室に収納できる仕様。荷物の種類ごとに収納する場所を分けられる点も便利です。

本体の開口部は、荷物が落ちにくい縦開き型を採用しているのもポイント。クリップホルダーを搭載しているので、ライトの取り付けも可能です。表面には反射テープも搭載し、安全性にも配慮されています。

モンベル(mont-bell) サドルポーチ M 1130382

工具類やチューブを持ち運ぶのにぴったりのサドルバッグ。ベースカラーにモンベルのロゴを配置したシンプルなデザインが魅力です。

サイズは高さ9.5×幅10×奥行き20cm、容量は0.8L。コンパクトなサイズ感が特徴です。また、取り付け方法に面ファスナーベルト式を採用しているのもポイント。シートポストに面ファスナーを巻き付け、サドルレールをバックルで留めるだけで装着可能です。

開口部は大きく開く設計で、荷物の出し入れも簡単。本体表面には反射テープとバックライト用のホルダーを搭載し、夜間の車からの視認性も高められます。

ビアンキ(Bianchi) サドルバッグ ミドル JP183S3902

ロードバイクにマッチしやすい、スタイリッシュなデザインのコンパクトサドルバッグです。開口部の裏側にはメッシュポケットを搭載し、荷物の収納を種類ごとに分けられます。

開口部は縦方向に開くタイプで、荷物を出し入れする際に落下するリスクを軽減。開口部表面には、テールライトクリップを搭載しているのも嬉しいポイントです。また、面ファスナーベルト式の固定で、自転車への取り付けも簡単にできます。

ビアンキ(Bianchi) サドルバッグ マイクロ JP183S3901

手のひらサイズのサドルバッグ。大きさは幅6×高さ12×奥行2cmで、重さは約38gとコンパクトさを追及して作られたアイテムです。

面ファスナーストラップ式で簡単に装着が可能。汚れが付きにくいPVC生地を採用しており、雨や泥はねなどの汚れから荷物を守ります。

鍵などの細々としたモノや、替えチューブやCO2ボンベを収納するのにぴったり。ミニマムサイズのサドルバッグを探している方におすすめです。

オーストリッチ(OSTRICH) サドルバッグ SP-505

使い勝手がよくコンパクトなサドルバッグです。容量は0.8Lで、ロードチューブ2本とハンディ工具一式が収まるほどのサイズ。価格も比較的安く、サドルバッグのエントリーモデルにぴったりです。

開口部のファスナーは2個搭載し、開け閉めが簡単なのもポイント。開口部表面はライトの取り付けが可能です。また、主張の少ないシンプルなデザインを好む方に適しています。

ロックブロス(ROCKBROS) サドルバッグ C16

ユニークなデザインが特徴的なコンパクトサドルバッグです。3Dシェル構造により、耐衝撃性に優れています。サドルレールに面ファスナー、シートポストに固定ゴムベルトを巻き付ける設計により、しっかりと固定できるのが特徴です。

開口部裏にはメッシュポケットを搭載。小物を分けて収納できます。開口部のファスナーは止水性に優れ、小雨のなかで走行しても、浸水しにくい仕様です。

また、開口部表面にはテールライト取り付け用のゴムベルトも搭載しています。リフレクトテーピングを採用しており、夜間の走行も安心です。

リクセン&カウル(RIXEN&KAUL) マイクロ30 AS831

予備チューブやタイヤレバーなどを収納できるコンパクトなサドルバッグです。本体サイズは幅7×高さ3.5×奥行12cm、容量は0.2Lと邪魔になりにくい小さめの設計。必要最小限のモノだけを収納したい方におすすめです。

ファスナーが大きく開き、荷物の出し入れがしやすいのも嬉しいポイント。自転車にしっかり取り付けられるアタッチメント式で、安定性に優れています。

フィジーク(Fizik) LIN:K STD FB06S00A0X004

機能性が高く、コンパクトなサドルバッグです。本体サイズは、全長12.5×高さ7×幅7cm。面ファスナーベルト式で、シートポストとサドルレールに装着して使用します。

耐久性に優れた素材「コーデュラ」を全面に採用。汚れに強く、長く愛用できるのが魅力です。ジッパー部分は防水仕様で、雨の染み込みを防ぎます。

内部にはメッシュポケットが付いており、使いやすいのも嬉しいポイント。車のライトに当たると反射するロゴとパイピング部分を備えています。

k-outdoor サドルバッグ

リーズナブルな価格のサドルバッグです。本体サイズは約16×8×7cm。重さは約59gと軽量でコンパクトなアイテムです。

面ファスナー式で、さまざまな自転車に簡単に取り付けられるのもポイント。耐久性に優れた生地を採用しているため、安価ながらも長く愛用できるのもメリットです。また、開口部が大きいので、荷物が取り出しやすく、使い勝手にも優れています。

カラーはブラック・ブルー・レッドなどをラインナップ。気軽に購入できる価格帯のため、お揃いで購入するのもおすすめです。

TOURBON 自転車サドルバッグ TB832CA-KH

撥水性・耐久性のあるキャンバス生地と本革ベルトで構成されたコンパクトサドルバッグ。おしゃれに荷物を持ち運びたい方におすすめのモデルです。バックルは真鍮でできており、ヴィンテージな雰囲気を演出します。

開口部はレバーを回転させるだけで開くので、荷物の出し入れが簡単。サイズは約奥行20×幅11.5×厚み8.5cmで、貴重品・スマホ・修理キットなどを持ち運ぶのに便利です。

防水仕様のサドルバッグおすすめモデル

オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ2 1.6L OR-F9414

シンプルなデザインの防水サドルバッグ。予備のチューブや工具を収納するのにおすすめの1.6Lサイズです。自転車への固定方法はアタッチメント式を採用し、安定性に優れています。

収納口はロールクロージャー式を採用。防水性・防塵性が高く、収納する荷物をしっかりと守ります。また、本体内部にあるナットの頭部はフラットなので、荷物を収納する際に邪魔になりません。本体にはリアライト取り付け用のループとリフレクターを搭載しているため、夜道走行の視認性を向上できます。

モンベル(mont-bell) ドライ サドルバッグ M 1130396

開口部を3回折り返してバックルを留める仕様で、防水性を備えたサドルバッグ。雨の侵入を防ぎ、チューブや工具などの大切なツールを守ります。

サイズは、高さ8×幅10×奥行15cm。容量は、小物を入れるのに使い勝手のよい0.8Lです。車のライトで光る反射材を採用し、夜間走行の視認性をアップ。専用のアタッチメント付きで、脱着も簡単です。

シンプルで機能性に優れたサドルバッグを求めている方は、ぜひチェックしてみてください。

アールニーゴーマル(R250) 防水サドルバッグ R25-L-WPSSADDLEBG

容量が3.5~5.5Lの防水サドルバッグ。バンジーコード付きで、レインジャケットなどの荷物を引っかけて持ち運ぶことも可能です。生地は防水コーティングを施しているほか、生地を重ねて溶着させているため、IPX6相当の防水性を実現しています。

開口部はロールタイプを採用しているので、ジッパータイプのように壊れる心配がありません。本体の内側は黄色い生地を配置し、中身が見えやすい設計。芯材を多く内蔵しており、型くずれも防止します。

本体側面のロゴと後部のループは再帰反射仕様で、夜間の走行でも安心。テールライト取り付け用のクリップも搭載しています。本体前面は細くデザインされており、ペダリングの際に太ももが当たりにくいのも嬉しいポイントです。

本製品は、サドル後部の下から後輪までの長さが15cm以上ある自転車に取り付けられます。

ロックブロス(ROCKBROS) サドルバッグ C7

ドリンクホルダーとしても使える防水サドルバッグ。荷物と同時にドリンクを携帯したい方におすすめの製品です。本体素材は防水性のあるカーボン調マイクロファイバーを採用。ファスナーも止水性があり、雨から荷物を守ります。

また、本体内部はポケットを多数備えており、荷物の種類ごとに収納場所を分けられます。さらに、本体表面には数か所にリフレクターを搭載し、夜間の視認性も良好。ドリンクホルダーの後ろには、ライトを取り付けるタブがあるのも嬉しいポイントです。

なお、本製品はドリンクホルダーを搭載している分、高さがあります。購入する際は、自転車のタイヤとサドルの距離を確認しておきましょう。

ロックブロス(ROCKBROS) 大容量サイズリアバッグ

防水性とメンテナンス性に優れたサドルバッグ。600Dのナイロン生地をシームレス溶接しており、高い防水性を実現しています。後輪からの泥はねなども、タオルで拭きとれば簡単に汚れが落ちるため、手入れがラクに行えます。

容量は約12~14Lと比較的大きめ。荷物が少ないときはロールアップしてコンパクトにできます。また、取り付けは面ファスナーベルト式で簡単。両サイドバックルをサドルレールに固定でき、安定性に優れています。

本体上部はバンジーコード付きで、レインコートなどを括り付けるのに便利。シンプルなデザインなので、さまざまな自転車にマッチします。

パナレーサー(Panaracer) 防水仕様オリジナルバッグL BA-SDB-L-B

防水性能を備えたコンパクトなサドルバッグ。工具類を携帯するのにぴったりのモデルで、チューブ・ミニポンプ・タイヤレバーなどを収納できます。また、生地に撥水加工が施されているのもポイントです。

パナレーサーのロゴ部分は反射テープを採用し、夜間の視認性を高めています。価格がお手頃なのも魅力的なサドルバッグです。

Rhinowalk サドルバッグ 10L

防水性とコスパに優れた大容量サドルバッグ。容量は10Lと大きく、長距離のサイクリングにおすすめです。防水性を備えた生地はシームレス溶接されており、水の侵入を防ぎます。耐久性と耐摩耗性にも優れているため、アウトドアでの使用にぴったりです。

また、固定方法は面ファスナーベルト式を採用。シートと接触する部分は滑り止めのレザーがあるので、本体の揺れを軽減します。また、バンドが丈夫に作られているのもポイントです。さらに、開口部はロールクロージャー式で、荷物の量に合わせてコンパクトにできます。

本体上部のコードは、道具や衣類をまとめるのに便利。そのほか、本体後部にはテールライトを取り付けられ、夜道でも視認性を高められます。

THRLEGBIRD サドルバッグ

高い防水性を発揮するサドルバッグです。強力な撥水機能を備えたPVC素材と縫い目のないシームレス構造を採用。開口部をまるめてバックルで留めるタイプで、雨の日でも安心して使えます。

サイズは24×8×9cmと、コンパクトながらもスマホ・お財布・工具・グローブなどが入る収納力の高さもポイントです。後部にはテールライトを取り付けられるので、夜道走行の安全性もアップ。防水性能に優れたサドルバッグを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

Bel cuore サドルバッグ

防水性能に優れたPU素材と、止水ファスナーを採用したサドルバッグ。大切な物が濡れるのを防ぎ、突然の雨でも快適に走行できます。

容量は、たっぷり入る1.5Lです。スマホや財布、修理キットなども入るほか、内部には小分けポケットも搭載。整理しながらさまざまな小物を収納できます。サイドには、リフレクターが付いており便利。後部にテールランプも取り付けられます。

簡単に装着できる面ファスナーベルト式のアイテムです。ベルトでしっかり固定できるので、砂利道や山道でも、安定感は良好。収納力と防水性能に優れたサドルバッグを求めている方におすすめです。

自転車用サドルバッグのAmazon・楽天市場ランキングをチェック

自転車用サドルバッグのAmazon・楽天市場の売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。