通勤や通学での利用はもちろん、手軽なスポーツとしても人気のロードバイク。風を切って走る爽快感はたまりません。カゴを搭載していないモデルが多いため、財布・スマホ・パンク修理キットなどの小物類を収納できるサドルバッグがあると便利です。

そこで今回は、サドルバッグのおすすめモデルをピックアップ。選び方や人気ブランドなども一緒にご紹介しているので、ぜひチェックしてみてください。

サドルバッグとは?

By: amazon.co.jp

サドルバッグとは、その名の通り自転車などのサドル部分に装着する鞄のことです。もともと競技用であるロードバイクは荷物の搭載を想定していないため、長距離ライドや宿泊を想定した場合は不便を感じる場合があります。

かといってバックパックを背負って長距離を走行すると背中が蒸れやすいため、かわりにサドルバッグを使用すれば快適さを保てるのでおすすめ。これにより疲労の蓄積を抑えることができます。

サドルバッグは、パンクに備えて修理道具を収納できる上、製品によっては高い防水性を活かして雨天時の着替えなども収納可能です。用途によって形状や材質もさまざまなので、自分に合った商品を選びましょう。

サドルバッグの選び方

容量・サイズをチェック

By: amazon.co.jp

まずは容量とサイズをチェックしましょう。持っていきたいモノと容量の目安としては、パンク修理キットをはじめ、予備チューブ・簡単な工具類・スマホ・財布・鍵くらいであれば、1L未満のSサイズでも問題ありません。

これにプラスして上着や地図・食料・チェーンロック・カメラなどを入れたい場合は1L以上のMサイズ。さらに、着替えや修理道具などを加えたロングライドの場合は、5L以上のLサイズがおすすめです。

なかには「大は小を兼ねる」と大きめのサイズを選んでしまう方がいますが、サドルバッグの場合、大きいと走りの邪魔になってしまう場合もあるので、ぴったりなサイズを選ぶことをおすすめします。

大容量のサドルバッグの場合、走行時にタイヤにこすれてしまったり、不安定になったりする場合も。そんな時には別売りのキャリア(バッグサポーター)を付けてバッグを安定させましょう。安全で快適に走行できます。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

ロードバイクを愛用していれば、雨は避けられません。そんな時、スマホやカメラ、着替えなどが濡れてしまうと一大事。そこでサドルバッグにも高い防水性能が求められます。

撥水加工を施した防水仕様を謳っているモノもありますが、激しい雨だと浸み込んでくる可能性もあるので注意が必要。レインカバーが付いているか、完全防水仕様のモデルがおすすめです。

固定方法をチェック

ベルクロベルト式

By: amazon.co.jp

ベルクロベルト式は、サドル下部のパイプにマジックテープ式のベルト(ベルクロベルト)を通してサドルバッグを装着する固定方法です。

また、ベルクロベルトとあわせてサドル裏のレール部分にストラップを通して固定する「3点固定方式」を採用している製品も多数存在します。

ベルクロベルト式は基本的に自転車の形状を問わず臨機応変な着脱が可能。ベルトやストラップの柔軟性によって衝撃を吸収し、悪路でも落下や破損の恐れが少ないのが特徴です。着替えなどを収納した大きめのサドルバッグを装着する場面に向いています。

アタッチメント式

By: amazon.co.jp

アタッチメント式は、あらかじめサドル裏へ専用の固定具を装着しておくことで着脱毎の手間を短縮できる固定方法です。ベルトを使用しないため、使い込みによる摩擦で劣化する心配が少ないのも特徴。

迅速さを求められるパンク時などに備えて修理道具を収納しておきたい場合にもぴったりです。ワンタッチで着脱できるため、必要な所へ道具を持ってすぐに駆けつけられます。また、街中など自転車の乗り降りが多い利用シーンにもおすすめ。

アタッチメント式はとても便利ですが、サドル裏のレール幅によっては取り付けられない場合があるため、導入前に事前の確認が必要です。

サドルバッグおすすめ|大容量モデル

レベレイトデザイン(REVELATE DESIGNS) テラピン 8L

レベレイトデザイン(REVELATE DESIGNS) テラピン 8L

アラスカ州にあるサドルバッグブランド「レベレイトデザイン」の、スノーレースにも耐える頑丈な作りが特徴のサドルバッグです。

本製品はベルクロベルトでサドル下部に専用ハーネスを固定する方式を採用しています。これにより、アタッチメント式と同様のスピーディな着脱が可能。8Lの大容量バッグながら揺れや着脱の手間を心配する必要がありません。

また、本体には防水性、耐摩耗性に優れた「VX21 X-pac」を使用。耐久性に長けており、紫外線や海風の当たる場所でも長期間の愛用が可能です。

さらに、気圧の変化によってバッグが過度に膨らみタイヤと干渉するのを防ぐ「エアバルブ」を搭載。標高が変化するほどの長距離ライドにもおすすめのサドルバッグです。

オルトリーブ(ORTLIEB) シートパック スレート F9901

オルトリーブ(ORTLIEB) シートパック スレート F9901

ブランド創業以来、防水バッグを探求し続けてきたドイツのサドルバッグメーカー「オルトリーブ」の大容量サドルバッグです。開口部を折り返し、バックルで固定する「ロールクロージャー」システムにより8Lから16.5Lの容量調節が可能。

また、本製品は独自の完全防水ジッパー「タイジップ」を採用しています。さらに、開口部にはフラップの折り返しで浸水を防ぐ「フラップクロージャー」を採用。これにより、大雨の中を走行し続けても内部に水が侵入する心配がありません。

ほかにも、手動式の「エアバルブ」を搭載。必要な時にはエア抜きを実施できます。さらに、スリムなデザインと重力によって本体が垂れ下がらない弾力性を有しており、車種を選ばずに装着可能です。

アールニーゴーマル(R250) 防水サドルバッグ ラージ

アールニーゴーマル(R250) 防水サドルバッグ ラージ

大阪の自転車部品ブランド「アールニーゴーマル」の防水性に優れたベルクロベルト式大容量サドルバッグです。開口部をロールアップすることで5Lから9Lの容量調節が可能。荷物量に適した大きさにすることで揺れを軽減できます。

本製品は特殊技術で素材を接合する「溶着」を行うことで生地の縫い目をなくし、完全防水を実現しているのが特徴です。また、サイドのロゴマークは「再帰反射性能」を有し、車のライトで光るため夜間の安全も確保します。

後方2か所にベルトループを備え、クリップ式のテールライトなどを取り付け可能。また、荷物を詰め込んだ際に本体が垂れづらい構造になっているため、タイヤとの干渉も抑えられます。

GORIX(ゴリックス) 防水サドルバッグ GO-B7

大阪を拠点とする自転車部品通販サイト「ごっつプライス」のブランド「ゴリックス」のオリジナルサドルバッグ。15Lと大容量なため、着替えや工具、ウィンドブレーカーなど多様なアイテムを一式収納しておきたい方におすすめです。

また、荷物の量にあわせて開口部を折りたたむことで、6Lから15Lまでの容量調節が可能。できるかぎり揺れの影響を抑えて走行したい場合におすすめの機能です。

本製品は内部に中敷き板を配置することで本体が垂れ下がるのを抑え、荷物の収納しやすさ確保しています。さらに、開口部は「IWTファスナー」を採用することでIPX6の高度な防水性能を備えているのも特徴です。

サドルバッグおすすめ|防水モデル

オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ F9464

オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ F9464

IP64の優れた防塵・防水性能を誇るオルトリーブのサドルバッグです。素材を重ねてから溶着する独自の技術で完全防水を実現。特に曲面の仕上げは世界トップクラスの品質を誇ります。

また、開口部の浸水を防ぐ「フラップクロージャー」を備え、密閉性の高いゴムカバーを組み合わせた「タイジップ」を採用。徹底的に浸水を防ぎ、サイクリングはもちろん、ラフティングなどの濡れやすいアクティビティにもおすすめです。

本製品は固定方法にアタッチメント式を採用しているため、買い物など自転車から離れる機会が多いシーンにもスムーズに対応できます。

ブルックス(BROOKS) グレンブルック・サドル・ホールドオール

ブルックス(BROOKS) グレンブルック・サドル・ホールドオール

アメリカ・バーミンガムのレザーサドルメーカー「ブルックス」の1950年代モデルを復刻した防水サドルバッグです。見た目が美しい「防水コットン」を使用。多少の雨では全く浸水しない優れた防水性能を有しています。

バッグの固定方法は、サドルに吊り下げるようにベルトでしっかりと固定する方式を採用。荷物を多く詰め込んでも垂れ下がりによるタイヤとの干渉を気にする必要がないのが魅力です。10Lの大容量バッグであるため、1泊のツーリングにも充分対応できます。

ほかとは一味違う、性能だけではなく見た目にもこだわりたい方におすすめのサドルバッグです。

ゴリックス(GORIX) 大容量サドルバッグ 6L GX-7703

ゴリックス(GORIX) 大容量サドルバッグ 6L GX-7703

「ゴリックス」の安定性の高いベルクロベルト式防水サドルバッグです。容量が大きいためタオルや着替え、工具などを一緒に収納できます。また、容量が少ない時はベルトを絞って大きさを調節できるため便利です。

本製品は耐水性に優れているポリエステルに防水加工を施した生地を使用し、高い撥水性を持たせて浸水を防いでいます。天候の変わりやすい山の走行にもおすすめのサドルバッグです。

また、自転車から離れる場合は付属ベルトを使用してショルダーバッグとしても使用可能。両サイドはファスナー付きポケットを備えているため、ツールナイフや工具などの小物を収納しておけます。

ブラックバーン(Blackburn) OUTPOST 7068196

ブラックバーン(Blackburn) OUTPOST 7068196

カリフォルニアで創業した自転車部品メーカー「ブラックバーン」の11L大容量サドルバッグです。4mmの格子状に組んだ「リップストップ加工」を施した「70Dナイロン防水素材」を採用し、高い防水性能を有しています。

本製品はベルクロベルト式でしっかり固定するため、ズレの心配が少ないのも特徴。さらに、後方に長い形状のため、ペダルを漕いでいるときに脚がバッグに触れず快適です。

また、荷物にあわせて容量を調整可能。さまざまな形状の自転車へ装着できるため、複数のロードバイクを保有している方におすすめです。

フェアウェザー(FAIRWEATHER) シートバック

フェアウェザー(FAIRWEATHER) シートバック

ブランド名に晴天という意味を持つ「フェアウェザー」の大容量防水モデルです。ロールトップ式を採用し、3Lから6Lまでの容量調整が可能。無駄なスペースを抑えて揺れやタイヤとの干渉を防ぎます。

本製品は耐引き裂き性と軽量性に優れた「リップストップナイロン」を採用。撥水性のあるフッ素加工を表面に施し、汚れにも強い仕様になっています。

さらに、裏地は防水フィルムをラミネートすることで浸水を完全に防ぎ、急な雨でも中身は乾いた状態を維持することが可能。ブランド名の通り、バッグの中は常に「晴天」を保つことができるおすすめのサドルバッグです。

サドルバッグおすすめ|コンパクトモデル

リクセンカウル(RIXEN KAUL) マイクロ150 RK-AS821

リクセンカウル(RIXEN KAUL) マイクロ150 RK-AS821

シンプルかつスタイリッシュな製品が人気の「リクセンカウル」の小型サドルバッグです。独自開発したワンタッチで簡単に着脱できるアタッチメント「KLICKfix」システムを搭載しているのが特徴。

また、開口部が大きく開くよう設計されており、工具などの荷物出し入れがスムーズにおこなえます。さらに、小型のジッパー付きポケットが付いているため、小物の収納にとても便利です。

耐久性の高い防水素材を底面に使用しているので、後輪からの泥よけとしても充分に役立ちます。

トピーク(TOPEAK) エアロ ウェッジ パック

トピーク(TOPEAK) エアロ ウェッジ パック

アウトドア・スポーツ用品メーカー「トピーク」の人気サドルバッグです。本体には耐久性・耐水性に優れた「1200デニールポリエステル」を使用。耐摩耗性にも優れており、安価ながら長期間の愛用が可能です。

本製品は自転車の修理に必要な工具を収納するのにちょうどよいサイズで、スムーズに必要なものを出し入れできます。また、ベルクロベルトとストラップで3点を固定するため収まりがよく、極めて高い安定性を有します。

さらに、反射テープを備え、かつテールライトを装着可能なため、夜間走行の安全性も確保できるおすすめの製品です。

モスト(MOST) THE CASE ウォータープルーフサドルバッグ

モスト(MOST) THE CASE ウォータープルーフサドルバッグ

スポーツ用品メーカー「ピナレロ」が展開するブランド「モスト」の超軽量・小型が特徴のサドルバッグ。本体重量はわずか21gと極めて軽く、サドル裏にすっぽり隠れるほど小型です。サイクリング時に少しでも装備を軽くしたい方におすすめ。

また、本製品を装着した際に後方に見える「MOST」の文字は反射テープの役割も有しており、夜間の走行における安全性の確保にも役立ちます。

さらに、本体の生地は熱を使用した独自技術で溶着させており、全体の完全防水を実現。開口部も止水仕様のファスナーを採用しているため、高い防水性能を誇ります。

最低限の工具を備えつつ、なるべくロードバイクに余計な装備を付けたくないという方へおすすめの極小サドルバッグです。