サイクリング時の荷物を携帯するのに便利な、自転車用の「サドルバッグ」。ロードバイクなどのサドル下に取り付けて使用できるので、リュックを背負う必要がなく、負担を軽減できます。また、製品によって、用途に適したさまざまな性能や特徴を備えているのも特徴です。

そこで今回は、自転車用サドルバッグの選び方とおすすめモデルをご紹介します。ぜひ参考にして、自分に合ったアイテムを選んでみてください。

サドルバッグの選び方

容量とサイズをチェック

By: amazon.co.jp

自転車用のサドルバッグを選ぶ際には、容量やサイズをチェックする必要があります。サイクリングに携帯する荷物の量によって、サドルバッグの収納力も考慮しましょう。

持ち運ぶ荷物は、財布や携帯電話など、必要最低限のアイテムをはじめ、故障にも対応できるように簡単な工具類を準備しておくのが一般的。また、周りの状況や走行する距離によっても必要なサイズと容量は変わります。

短距離サイクリングでの使用が多い方であれば、コンパクトなサイズが便利。長距離や宿泊する場合は、食料や着替え、上着、高性能な修理道具なども収納できる大容量タイプがおすすめです。

固定方法をチェック

ベルクロベルト式

By: amazon.co.jp

面ファスナーで簡単に取り付けが可能な「ベルクロベルト式」。シートポスト部分にベルトを取り付けてサドル裏側のレールにストラップで装着するだけなので、工具も必要なく、初心者の方でもスムーズに固定できます。ベルトの長さも調節可能です。

また、面ファスナーが対応している範囲内であれば、自転車のタイプや形状に関係なく対応できる場合がほとんど。固定させるベルトやストラップの素材は柔らかく、衝撃を吸収するため、収納物へのダメージも軽減します。手軽に使いやすいのが魅力です。

アタッチメント式

By: amazon.co.jp

サドル裏面に金具で台座を取り付け、サドルバッグ側に付いているアタッチメントを差し込んで固定するのが「アタッチメント式」。台座を取り付けた位置でしっかりと固定できるのが特徴です。

ただし、自転車のタイプや形状によっては取り付けられない種類もあるので要注意。台座を取り付けられれば、脱着がスムーズに行えるのが魅力です。

防水性能が高いと安心

By: amazon.co.jp

防水性が高いサドルバッグであれば、突然の雨でも、スマートフォンや衣類を安心して持ち運べます。特に、山道などの自然が多い環境での走行には、急な天候の変化に対応できるかどうかが大切です。

また、サドルの下部は水溜まりや濡れた道を走行した際に、水の跳ね返りによる影響を受けます。そのため、天候だけでなく、走る場所のコンディションにも要注意。濡らしたくないアイテムを携帯する場合は、さまざまなシチュエーションを想定して、防水性能もチェックしておきましょう。

その他機能もチェック

By: rakuten.co.jp

自転車用のサドルバッグには、外部にポケットを搭載しているタイプも存在します。ポケットが付いていれば、スマートフォンや地図などをすぐに取り出せるほか、ボトルホルダーの代わりにもなり、水分補給がスムーズに行えて便利です。

また、テールライトが装着できるかどうかもチェックしておきたいポイント。夜間走行時の追突事故などを防ぎやすくなるのでおすすめです。

サドルバッグのおすすめメーカー

オルトリーブ(ORTLIEB)

By: amazon.co.jp

ドイツに拠点を置くカバンメーカーです。同社の製品のなかでも、完全防水機能を備えた自転車用サドルバッグのラインナップが人気。独自開発の完全防水ジッパーが搭載された製品を、幅広く展開しています。

同社のサドルバッグは、長距離サイクリングや自転車での旅行にもぴったり。雨などの悪天候に見舞われても、水の侵入から荷物をしっかりと守ります。デザイン性の高いモノが多いのも魅力。防水性能を重視しながら、おしゃれも楽しめるアイテムを求める方におすすめのメーカーです。

トピーク(TOPEAK)

By: amazon.co.jp

自転車用のアイテムを幅広く手掛ける日本のメーカーです。老舗の自転車用品メーカーとして人気を集め、便利に使用できる機能的なアイテムを豊富に取り扱っています。

自転車用サドルバッグも数多く展開し、さまざまな種類のモデルをラインナップ。サイズや性能、固定方法などによって、用途に適したアイテムを選べます。

モンベル(mont-bell)

By: montbell.jp

日本の大阪府に拠点を置く、アウトドア用品の総合メーカーです。同社は登山やキャンプグッズで有名ですが、自転車用サドルバッグのシリーズも多数ラインナップしています。

取り付けがしやすく、軽量でコンパクトなモデルが多いのもポイント。反射材を搭載したモノなど、安全性に配慮したモデルも販売されています。

大容量サドルバッグのおすすめモデル

トピーク(TOPEAK) バックローダー10リットル BAG36701

軽量かつ撥水性を備えた大容量サドルバッグ。容量は10Lと大型ながら、重量は480gと軽く、長距離ツーリングにぴったりの製品です。バッグ本体が防水仕様になっているのも嬉しいポイント。泥や雨などから荷物を守ります。

取り付けにはベルクロベルト式を採用。工具の必要がなく、簡単に取り付けが簡単です。また、本体にはバッグ内の空気を抜ける「エアーリリースボタン」を搭載しており、よりコンパクトに自転車へ装着できます。

ゴリックス 8.8L 大容量サドルバック GX-67702

荷物が少ないときは、コンパクトに収納できる大容量サドルバッグです。本体と収納袋は簡単に取り外せる仕様。本体を自転車に装着したまま収納袋を持ち運びでき、荷物の用意がしやすいのがポイントです。

荷物が少ないときは収納袋を小さくまとめて、コンパクトサイズのサドルバッグとして使用できます。また、防水性能を備えており、気候の変化が起こりやすい山などの走行にもおすすめ。多機能で、幅広いシーンで活躍するおすすめアイテムです。

ロックブロス(ROCKBROS) サドルバッグ

最大14Lの荷物を持ち運べる、大容量サドルバッグ。多くの荷物を収納できるので、リュックなしでもツーリングできます。荷物が少ない場合は本体を折りたたんで、コンパクトに持ち運ぶことも可能です。

素材には、600DナイロンおよびTPU素材を採用。汚れが付いても拭き取りやすいほか、シームレスな作りで防水性も備えています。

本体内部には鉄板生地のフレームを搭載しており、揺れにくいのもポイント。さらに、本体には反射ストリップも付属しているため、夜間の走行もサポートします。日帰りだけでなく、数日かかるツーリングにも適した製品です。

オーストリッチ(OSTRICH) スマートイージーパック(インナーバッグ付)

シートポストが低めでも装着しやすい大容量サドルバッグです。サイズは幅120×高さ130×奥行530mmで、容量は7Lに対応。本体上部には、輪行袋を取り付けられるベルトが付属しています。荷物が少ないときは本体も小さいサイズへと収縮が可能。幅広いシーンで活用できます。

本製品はインナーバッグが付属。取り出してファスナーを開ければ、奥の荷物でも簡単に出し入れできます。インナーバッグ単体で、担いで持ち運べるのもポイント。ブラックを基調としたシンプルなデザインで、さまざま自転車にもマッチしやすいおすすめアイテムです。

アールニーゴーマル(R250) サドルバッグ ラージ R25-K-SADDLEBAG-BK

最大14Lの容量に対応し、たくさんの荷物を持ち運べるサドルバッグです。本体上部のコード部分には、輪行袋やウィンドブレーカーなどの取り付けが可能。また、ロールアップ式の留口を採用し、荷物の量によってサイズの調節も可能です。

本体は防水性のある生地を採用しているため、小雨程度なら問題なく使えます。R250のロゴ部分と、後方に付属しているテープはライトを反射するので、夜間の走行も安心。後方のベルトループには、クリップ式のテールライトも取り付けられます。

コンパクトなサドルバッグのおすすめモデル

トピーク(TOPEAK) エアロ ウェッジ パック(ストラップ マウント) Mサイズ BAG21902

容量の微調整が可能なコンパクトサイズのサドルバッグです。「エクスパンド機構」により、本体中央のファスナーを開け閉めすることで0.98~1.31Lの容量に調節できます。取り付けはアタッチメント式の「ストラップマウントシステム」を採用。シンプルな脱着方法のため、多くの自転車に装着が可能です。

開閉口は縦開きのタイプ。開いた際、中身が脱落しにくいように設計されているのもポイントです。また、反射テープとテールライトのクリップホルダーも完備。安全面にも配慮されているおすすめアイテムです。

トピーク(TOPEAK) ウェッジ パック Ⅱ Mサイズ BAG24402

水平開きジッパーと、容量を増やせるエクスパンド機構が特徴的なサドルバッグ。サドルバッグを自転車に取り付けたまま、モノの出し入れがしやすい設計なのが魅力です。

容量は0.95~1.25Lまで調節可能。内容量が少ないときはコンパクトになるので、走行の邪魔にもなりにくいのもポイントです。本体全周には、反射テープが付属しています。

取り付け方法は、トピーク独自の「ワンタッチ着脱システム」を採用。サドルレールにアタッチメントを取り付けて、簡単に着脱できます。また、本製品にはレインカバーも付属。急な雨でも中身が濡れるのを防げるおすすめアイテムです。

モンベル(mont-bell) サドルポーチ M #1130382

自転車の乗り降りや、ペダリングの邪魔になりにくいコンパクトなサイズのサドルバッグ。容量は0.8Lで、工具類などの収納に適しています。開口部は大きく開くので、モノの出し入れがしやすい製品です。

取り付け方法はベルクロベルト式を採用。ベルクロテープとバックル付きベルトを自転車に巻き付けるだけで、簡単に脱着できます。また、車のライトを反射するプリントが施されているほか、バックライトホルダーも搭載しているのも嬉しいポイントです。カラーは、グリーン・シルバー・ブラックの3種類を展開しています。

ビーブイ(BV) サドルバッグ Lサイズ BV-SB1-L

多機能でコスパに優れた、コンパクトサイズのサドルバッグ。容量拡張機能を搭載しており、1.1~1.5Lの収納力を有しています。本体内部にはメッシュポケットとキーホルダーを搭載しており、小物類を収納するのに便利です。

取り付けはベルクロベルト式で、簡単に装着が可能。本体には反射テープとテールライトハンガーが付属し、安全に夜道を走行できます。また、耐水性と耐久性に優れた素材を採用しており、汚れの心配をせずに使えるのも魅力です。

価格も安価で、初めてサドルバッグを購入する方にもおすすめ。サイズはS・M・Lの3種類を展開しています。

オーストリッチ(OSTRICH) サドルバッグ SP-705

シンプルなデザインで、幅広い自転車にマッチするサドルバッグ。全体がブラックのカラーで統一されており、ロゴも小さく表記されていておしゃれ。サイズは幅115×高さ130×奥行215mmとコンパクトなのもポイントです。

本体端部には、結束バンド用の通し穴を搭載。より安定してサドルバッグを固定できます。小物入れも付属しており、持ち物を小分けして収納できるおすすめアイテムです。

Tourbon サドルバッグ

キャンバス素材とレザーを採用したおしゃれなサドルバッグです。シートへの取り付け方は、ベルトで巻き付けるだけなので簡単。バックルを使ってぐらつかないように調節することも可能です。

サイズは、高さ85×幅115×奥行200mm。また、開口部は大きく開くため、荷物の出し入れも簡単にできます。優れたデザイン性で、街乗りで荷物を持ち運びしたい方におすすめの製品です。

防水仕様のサドルバッグおすすめモデル

オルトリーブ(ORTLIEB) サドルバッグ2 1.6L OR-F9411

防水性・防塵性に優れたオルトリーブの人気モデルです。開口部はロールクロージャータイプを採用し、両サイドもバックルでしっかりと固定できる設計。濡れた路面の走行による、水や泥はねなどから荷物を守ります。

取り付けはアタッチメント式を採用し、ワンプッシュでの着脱が可能です。サイズは、高さ12×幅16×奥行19cmとコンパクト。容量は1.6Lで、日帰りのツーリングにぴったりの製品です。

カラーはブラック・レッド・グリーンの3種類をラインナップ。好みに合わせて選んでみてください。

トピーク(TOPEAK) ウェザープルーフ ダイナウェッジ BAG29600

軽量かつ防水性の高いサドルバッグです。210/420デニールナイロンを採用しているほか、シームレスに仕上げることで防水性を高めています。容量は0.35Lで、重量は45gと軽量コンパクト。予備のチューブやタイヤレバーなどを収納しておくのに適した大きさです。

取り付けはベルクロで巻き付けるタイプなので簡単。開口部は中央開きジッパー式により、自転車に装着しながらでも開けやすい設計です。使い勝手に優れたアイテムを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

モンベル(mont-bell) ドライ サドルバッグ M #1130396

気密性の高いモデルで、荷物を極力濡らしたくない方におすすめのサドルバッグ。開口部は生地を3回折り返してバックルで留める仕様で、雨の侵入を防止します。取り付け方法はアタッチメント式を採用。付属のマウントをサドルレールに固定しておけば、簡単に取り外しができます。

また、車のライトなどを反射するプリントも施しており、視認性が高いのもポイント。シンプルなデザインで、幅広い自転車のデザインにマッチしやすいおすすめアイテムです。

ロックブロス(ROCKBROS) サドルバッグ

立体的なデザインが特徴的なサドルバッグです。撥水性のある生地とジッパーを採用しており、本体内部への雨の侵入を防止。高品質な素材のため、耐衝撃性に優れているのもポイントです。本体内部は3つのメッシュポケットを搭載し、小物を種類ごとに分けて収納できます。

取り付けはベルクロベルト式で、工具を使うことなく簡単に装着が可能。また、本体側面には反射テープが付属しており、夜間の安全性にも配慮されているおすすめアイテムです。

THRLEGBIRD 防水 サドルバッグ

デザイン性と防水性に優れたサドルバッグ。防水性の高い素材を採用しており、シームレスな作りにすることで雨の侵入を防ぎます。ファスナーは中央から縦に開くタイプで、サドルに干渉せずに荷物の出し入れが可能。底部にはネットバッグを内蔵し、荷物が落下しにくい仕様です。

自転車への取り付けは、ベルクロベルト式を採用。強力に固定できるため安定感があります。本体はつや消しブラックを基調としており、シンプルなのもポイント。肌触りもよく、高級感のあるおすすめアイテムです。

自転車用サドルバッグのAmazonランキングをチェック

自転車用サドルバッグのAmazonの売れ筋ランキングをチェックしたい方はこちら。