最近では健康志向の高まりから、趣味のサイクリングだけでなく、通勤通学で自転車に乗る方も増えています。自転車に乗る目的が多様化するのに合わせて、自転車用リュックも豊富に展開されています。

そこで今回は、自転車に乗るときにおすすめのリュックをご紹介。購入を検討している方は、ぜひ本記事を参考に、自分にぴったりのアイテムを見つけてみてください。

自転車用リュックの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

自転車用リュックは、目的に合った容量を選ぶことが重要です。大きいリュックはたくさんの荷物を収納できますが、重すぎると体への負担が大きくなり、走行の妨げになる場合もあります。

通勤など短時間のサイクリングで使用する場合は10L前後、ロングライドが目的なら20L程度の容量がおすすめ。荷物もしっかりと入れられて、快適に使える容量のリュックを選びましょう。

防水性能をチェック

By: amazon.co.jp

通勤通学時に使用するリュックは、大切なノートPCや書類などを守れるかが重要です。自転車用リュックを選ぶ際は、急な雨に降られても安心して自転車に乗れるよう、防水性能を必ずチェックしておきましょう。

本格的な雨を想定するなら専用のレインカバー付きリュックがおすすめです。さらに、レインカバー専用の収納スペースを備えたリュックなら、突然の雨でも慌てずスムーズにカバーを取り出せます。

通気性能をチェック

By: amazon.co.jp

自転車用リュックにおいて通気性もポイント。自転車に乗るとリュックと密着する部分に汗をかきやすいため、通気性の悪いリュックでは、蒸れて不快感を覚える場合があります。

自転車用リュックは背中の通気性が高いモノが多くラインナップされていますが、肩ベルトの通気性も重要です。肩周りの素材もチェックしてみてください。

装着感をチェック

By: amazon.co.jp

自転車に乗っている間は頻繁に体を動かすことが多いため、走行中にズレにくい装着感の高い自転車用リュックが適しています。フィット感に優れた自転車用リュックは、荷物をたくさん詰め込んでも快適に使いやすくおすすめです。

肩ベルトやウエストベルトを搭載しているモノなら、体にしっかり固定できるので、ズレるのを抑えられます。着用感がよく、背負いやすいモノを選んでみてください。

自転車用リュックのおすすめブランド

ドイター(deuter)

By: amazon.co.jp

1898年にドイツで誕生した「ドイター」。主に登山用のリュックを取り揃えているブランドとして知られていますが、自転車やバイク用のリュックも展開しています。

同ブランドの特徴は、リュックの立体的な背面構造です。フィット感を維持しながらも、背中とリュックの間に風の通り道を作ることで、高い通気性を確保。機能性の高いアイテムを多く展開しています。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

1940年に創業した「シマノ」。釣り具メーカーとして有名ですが、自転車部品のメーカーとしても世界を牽引しています。

同ブランドの自転車用リュックは、フィット感を追求したアイテムを取り揃えているのが特徴。ロングライドを好む自転車乗りの愛用者が多いのもポイントです。

クローム(CHROME)

By: rakuten.co.jp

「クローム」は、都市生活者向けのバイクカルチャーに注目した、ポートランドに拠点があるバッグブランドです。車のシートベルトバックルをストラップに採用するなど、ユニークなバッグを取り揃えています。

高い防水性や耐久性を備えながらも、自転車に乗っていないときでも使いやすいスタイリッシュなデザインが魅力。多くの自転車乗りから人気の高いアイテムを取り揃えています。

エルゴン(ERGON)

By: amazon.co.jp

バイクグリップで有名なドイツのブランド「エルゴン」は、自転車に精通している方の間では名の知れたブランド。人間工学に基づいた設計を取り入れることで、高い収納力と快適な背負い心地を兼ね備えたリュックを多数生み出しています。

背中側の長さを変えられるなど、体格に合わせて自由に調節できる独自の機能が多い点も魅力。都会的なデザインのアイテムが多いのもポイントです。

ティンバック2(TIMBUK2)

By: amazon.co.jp

「ティンバック2」は、バイクメッセンジャーをしていた創業者が、1989年にアメリカ・サンフランシスコで創設したブランド。ミシン1台でメッセンジャーバッグを作り上げたことが起源とされています。

同ブランドのコンセプトは「いつ何時でもそばにいてくれる、とてつもなくタフなバッグを生み出すこと」。サイクリング中だけでなく、タウンユースにもぴったりのスタイリッシュなデザインで人気を集めています。

ナリフリ(narifuri)

By: amazon.co.jp

「ナリフリ」は、洋服と自転車を楽しむサイクリストのための自転車アパレルブランド。「身なり(nari)」と「振る舞い(furi)」がブランド名の由来です。

自転車に乗ることを想定した機能性と、街にも溶け込むデザイン性を両立させている点が魅力。おしゃれに敏感な若者を中心に人気の高いブランドです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

By: amazon.co.jp

「ドッペルギャンガー」は日本のメーカーが作る自転車ブランド。ライフスタイルをより充実したものにするための、バイク・サイクリング用品を豊富に展開しています。

ドッペルギャンガーの自転車用リュックはファッション性が高いうえに、価格はリーズナブル。安くて使い勝手のよいリュックを求めている方におすすめです。

おしゃれな自転車用リュックのおすすめモデル

オスプレー(OSPREY) テンペスト20 OS50244


自転車用だけでなく、日常使いにも適している自転車用リュックです。容量は20L。ロングライドに便利なモデルを探している方に適しています。また、機能性に優れているのもメリット。デュアルジッパーを採用しているので、メインの荷室から荷物を取り出しやすいのがおすすめポイントです。

また、トレッキングポールアタッチメント・ブリンカーライトアタッチメント・ストレッチメッシュフロントパネルなどの機能も搭載されています。バックパネルはインジェクション成型されており、通気性を確保できるため、快適な背負い心地を実現。さらに、柔軟性のあるヒップベルトによって腰が包み込まれ、動きを制限しにくいのも魅力です。

シマノ(SHIMANO) サイクリングバック T-17


収納性に優れた自転車用リュックです。容量は17L。ノートパソコン専用のポケットが付いており、通勤にも使用できるモデルを探している方に向いています。また、リフレクターが360°に付いており夜間でも視認しやすく、より安全性を高められるのもメリットです。

さらに、ストラップには穴が空いており背面にはエルゴノミックバックパネルを採用しているので、通気性に優れているのもおすすめポイント。汗をかきやすい方でも、快適に背負えます。レインカバーが付属しており、底部には防水シートを採用しているため、雨や水が内部に侵入するのを防げるのも魅力です。

クローム(CHROME) THE ORP BG140


ジョン・カーディエルとのコラボレーションによって生まれた自転車用リュック。シンプルながらもおしゃれな見た目が特徴です。シームテープを採用しているので、軽量なのが魅力。防水性能もあるため、内部に雨や水が侵入するのを防げます。

容量は24Lで、サイズは幅27×高さ44×奥行き15cm。内部の仕切りには13インチのノートパソコンを収納可能です。通勤でも使用できる自転車用リュックを探している方にも向いています。

エルゴン(ERGON) BA3

身体にフィットしやすい自転車用リュックです。背面に配置されているアルミバーを適度に曲げることで、背中のカーブにフィットしやすくなるのが特徴。上と底から2方向で背中に密着するため、リュックが左右に揺れるのを防げます。

また、4段階に高さを変えられるショルダープレートが付いているのもおすすめポイント。さらに、ショルダープレートとストラップをDリングで固定することで、肩幅に合う角度に調節できるので、負担を軽減します。

容量は最大17L。メッシュポケットやインナーポケットが付いており、収納性に優れているのもメリットです。

ティンバック2(TIMBUK2) タックパック B07FSJN247

クラシックなデザインが魅力の自転車用リュックです。上部をくるくると巻いてストラップで留めるロールトップタイプ。両サイドにはスリップポケットが付いており、U字ロックや傘が収納できます。

フロントのジップポケットには小物を収納可能。また、ノートパソコン用の内部ポケットも付いているので、通勤に使いやすいモデルを探している方にもおすすめです。

サイズは、約高さ43.5×トップ幅39×ボトム幅26×奥行き16cm。容量は約20Lです。カラーバリエーションも豊富なため、好きなカラーのモノを選べます。

ナリフリ(narifuri) ショルダーポケットデイパック NF8020

素材に撥水リップストップ地を採用しており、軽量かつ耐久性に優れている自転車用リュックです。フロントに配置されたポケットから内部にアクセスできます。また、リュックストラップにもポケットを備えているので、背負ったまま必要なアイテムを取り出せるのもメリットです。

メインの収納部は開口部が大きく開きます。約23.5Lと大容量。マチ幅を広くとっているため、ノートパソコンや書類などを収納可能です。背面とショルダーには高通気性パッドを採用しているので、蒸れにくいのもおすすめポイント。さらに、機能性に優れているのも魅力です。

リフレクターテープによって夜間の視認性を高めています。Dカンには鍵を取り付けることも可能です。カラーはネイビーとブラックがラインナップされています。

MALEROADS サイクリングバッグ

サイドのファスナーを開くことでマチを広げ、容量を拡張できる自転車用リュックです。容量は約10~12L 。サイズは幅21×マチ13×高さ40cmあります。

収納スペースが4つあるので、アイテムを収納しやすいのがメリット。背面にはメッシュ生地を使用しているため、蒸れにくく快適な背負い心地を維持できます。

また、防水生地を使用しており、レインカバーも付属しているので、中身が濡れにくいのもおすすめポイント。さらに、リフレクターが付いており、夜間の視認性を高められるのも魅力です。

通気性能が高い自転車用リュックのおすすめモデル

ドイター(deuter) レースAIR D3204321

背面の通気性に優れた自転車用リュックです。アーチ状のフレームにメッシュパネルを張っており、リュックと背中が接しにくい構造を採用しているのが特徴。熱気が3方向に排出されるので、暑い季節でも快適な背負い心地を維持できます。

また、レインカバーが付属しているため、急な雨に対応できるのもおすすめポイントです。さらに、リフレクターが付いているので、夜間の視認性が高いのも魅力。安全性も考慮したモデルを探している方にも向いています。

そのほか、小物用のポケットやサングラスホルダーが付いており、機能性に優れているのもメリット。容量は10Lのため、通勤など短時間のサイクリングに適しています。

ドイター(deuter) スーパーバイク 18 EXP D3203121

容量を拡張できるのが魅力の自転車用リュックです。容量は通常時は18Lで、最大で22Lまで拡張できます。サイズは、高さ50×横幅30×奥行き19cmです。背面にウレタンパッドを縦に2本配置することで、熱を上方に排出可能。暑い季節でも快適な背負い心地を維持できます。

また、左右に揺れにくいので安定感があるのも特徴。ボトム部分にレインカバーが内蔵されているので、急な雨にも対応できます。背面のウレタンパッドを取り出すことで、小型マットとして使用できるのもおすすめポイント。そのほか、ヘルメットホルダーや小物ポケット・アウターポケットが付いており、利便性に優れているのもメリットです。

MALEROADS 多機能バックパック MLS-2310

エアドーム型背面通気システムを採用している自転車用リュックです。背中とリュックの間に空間が生まれるので、蒸れにくいのがメリット。メッシュ生地も使用しており、暑い季節でも快適な背負い心地が得られます。

また、メイン・サブ・フロントと三室構造を採用しており、収納するアイテムを整理しやすいのもおすすめポイント。容量は20~25Lのため、ロングライドに合うモデルを探している方にぴったりです。ウエストハーネスにはミニポケットも付いており、小物を収納しておけます。

ドイター(deuter) Race X D3204221

背面の熱気を上方に排出するのが特徴の自転車用リュックです。通気性に優れているので、蒸れにくいのが魅力。また、リュックが左右に揺れにくいため、快適な背負い心地を維持できます。

機能性の高さもおすすめポイントです。ポケットが数ヵ所に付いており、サングラスポケットや小物などを収納できます。ヘルメットホルダーを装着するアタッチメントポイントが付いているのもメリットです。

さらに、リュックのボトム部分にはレインカバーが内蔵されています。雨が降っても中身が濡れるのを防ぐことが可能です。サイズは高さ44×横幅25×奥行き15cm。550gと軽量なので小型軽量モデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

ザ・ノース・フェイス(THE NORTH FACE) フライウェイトパック22 NM81950

素材に軽量な40デニールのダブルリップストップナイロンを採用している、「ザ・ノース・フェイス」の自転車用リュックです。重量は約200g。通勤などのタウンライドやツーリングに向いています。ポケッタブル仕様なので、未使用時はコンパクトに折りたたんで収納も可能です。

また、ショルダーハーネスにはエアメッシュ素材を使用しています。通気性に優れているため、暑い季節でも蒸れにくいのがメリット。さらに、体にフィットしやすい立体的なパターンで成型されているのもおすすめポイントです。

本製品は、利便性が高いのも魅力。両サイドにはメッシュポケットが付いており、フロントには小物の連結に便利なデイジーチェーンを備えています。容量は22Lなので、サイクリング以外にも旅行時のサブザックとして使用可能です。カラーはブラックとブルーの2色がラインナップされています。

防水性能が高い自転車用リュックのおすすめモデル

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) TARPAULIN DAYPACK DBT420

機密性に優れたターポリン素材を使用している自転車用リュックです。ロールトップ形状なので、バッグ入口から水が入るのを防げます。モノを出し入れしやすいのもおすすめポイントです。ヒップベルトが付いており、重たい荷物を運ぶ際の負担も軽減できます。

また、バッグ内部の空気を排出できるエアバルブを搭載。圧縮袋としても使用できます。シーンに応じて用途を変えられるのもおすすめポイント。ツーリング時はショルダーベルトを外して固定用Dカンを随所に固定すれば、シートバッグとして使えます。

さらに、タオル等の衣類が水濡れするのを防ぐドライバッグとしても使用可能。背面には通気性の高いメッシュ素材を採用しているため、蒸れにくいのもメリットです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) UL waterproof eco backpack DBT598

軽量性で持ち運びやすい自転車用リュックです。メインの素材にシルナイロンを採用しています。バッグの重量はわずか240g。収納時は横幅10×高さ14×奥行き5cmとコンパクトに収まります。

また、バッグの外部フラップの中には、ヘルメットを固定可能。縫製部には水の浸水を防ぐシームテープによる防水処理が施されています。ロールトップ形状なので、雨がリュックの中に侵入するのを防げるのもメリットです。

ほかにも、ボトルポケットや小物ポケットが付いており、収納性にも優れています。メインショルダーの内側にはメッシュ素材を採用。蒸れにくく、滑りにくいのも特徴です。

Croogo サイクリングリュック G-OT08

撥水加工が施された生地を採用したモデルです。急な雨でもリュックの中身が濡れるのを防げます。リュックの重量はわずか約300gと軽量なので、移動時の負担を軽減できるのもメリット。容量は約5Lで、タブレットや、財布・スマホなどの小物を収納できます。

また、ハイドレーションシステムが搭載されているため、水分補給しやすいのもポイント。ヘルメットホルダーも付いています。ショルダーストラップにはメッシュ生地を採用しているため、蒸れにくいのも魅力です。

さらに、チェストベルトが付いており、リュックが左右にずれにくい仕様。夜間の視認性を高めるため、リフレクターも付いています。

ADELPHOS サイクリングリュック PBG2

雨や水が内部に侵入しにくい自転車用リュックです。撥水性に優れたナイロン生地を採用しており、濡れても簡単に拭き取れます。背面にはメッシュ素材を使用しているので、暑い季節でも蒸れにくいのが魅力。汗をかきやすい方にもぴったりです。

また、ハイドレーションパックに対応しており、左右の肩から給水用のホースを出せます。腰ベルト・チェストベルトが付いており、リュックが左右に揺れるのを防げるのもおすすめです。

さらに、機能性に優れているのも魅力。外のファスナーポケット・サイドのファスナーポケットには小物を収納できます。メインのファスナーは大きく開く仕様のため、荷物を整理することが可能です。カラーは、ブラック・オレンジ・グリーンなど数種類がラインナップされています。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) TPUウォータープルーフ バックパック DBT588

軽量かつ優れた耐久性を持つTPU素材を採用している自転車用リュックです。気密性が高く、JIS規格「IPX7」のメインファスナーを採用しているので、中に雨や水が侵入するのを防ぎます。サイズは横幅45×奥行き16.5×高さ31cm。容量は25Lです。

また、リュックの形状をボックス型にしているのもおすすめポイント。型崩れしにくいため、ノートパソコン・書類・カメラなどを安心して持ち運べます。ラップトップ収納部はクッション材を採用しているため、外部からの衝撃を緩和することが可能です。

さらに、前面ポケットやグローブホルダー・ボトルホルダーなどが付いており、収納性に優れているのもおすすめポイント。チェストストラップを締めればリュックが左右に揺れるのを防げます。

オルトリーブ(ORTLIEB) ベロシティー 17L OR-R4300 K1431

100%完全防水のサイクル・サイドバックを開発・生産する「オルトリーブ」の自転車用リュックです。ロールトップタイプのため、雨や水が中に入るのを防げます。また、人間工学に基づいてデザインされているので、快適な背負い心地を得られるのも特徴。ウエストベルトは体格に合わせて調節可能です。

さらに、機能性に優れているのもおすすめポイント。パッド入りのラップトップ用ポケットがあるため、ノートパソコンを収納することも可能です。外側にはリアライトやヘルメットが付けられるスロットが付いています。容量は17L。通学や通勤・ロングライドに向いているモデルを探している方は、ぜひチェックしてみてください。

コールマン(Coleman) シールド35 2000039019

防水素材を採用しているため、急な雨にも対応しやすい自転車用リュックです。容量が約35Lと大容量なので、着替えやアウトドアアイテムなど、荷物を多く収納したい方に適しています。

また、収納性に優れているのも魅力。オーガナイザーポケットが付いており、携帯電話やペンなどの小物を仕分けて収納できます。背面にはメッシュ素材を使用しているため、通気性に優れているのもメリットです。

サイドポケットの内側には防水素材を採用しているので、折りたたみ傘やペットボトルを入れられます。ファスナーが大きく開くスクエア型のため、荷物を取り出しやすいのも魅力です。