最近では健康志向の高まりから、趣味のサイクリングだけでなく通勤・通学で自転車に乗る方も増えています。自転車に乗る目的が多様化するのに合わせて、自転車用リュックもラインナップが豊富になってきました。

そこで今回は、自転車に乗る時におすすめのリュックをご紹介。購入を検討している方はぜひベストバイアイテムを見つけてください。

自転車用リュックの選び方

容量をチェック

By: amazon.co.jp

自転車用リュックは目的に合った容量を選ぶことが最も重要。大きいリュックはたくさんの荷物を収納できますが、重すぎて身体への負担が大きくなり走行中の妨げになってしまいます。

通勤など短いサイクリングで使用する場合は10L前後、ロングライド目的であれば20L以下の容量がおすすめ。荷物もしっかりと入れられて、快適に使える容量を持ったリュックを選びましょう。

防水性能をチェック

自転車用リュックは防水性能がしっかりしているかどうかも大切です。特に通勤時に使用するリュックは、書類や着替えを守れることが絶対条件。雨の日でも安心して自転車に乗れるよう、防水性能を必ずチェックしておきましょう。

本格的な雨を想定するなら専用のレインカバー付きリュックがおすすめ。さらに、レインカバー専用の収納スペースを備えたリュックなら、突然の雨でも慌てずスムーズにカバーを取り出せます。

通気性能をチェック

By: amazon.co.jp

自転車用リュックならではのポイントとなるのが通気性。自転車に乗るとリュックと密着する部分に汗をかきやすいため、通気性の悪いリュックでは蒸れて不快になってしまいます。

自転車用リュックは背中の通気性が高いものが多いですが、肩ベルトの通気性も重要。肩周りの素材もしっかり確かめて選んでみてください。

装着感をチェック

サイクリング中は身体を激しく動かすことが多いため、走行中にズレにくい自転車用リュックが必要です。フィット感が高い自転車用リュックは荷物をたくさん詰め込んでも快適。肩ベルトやウエストベルトをしっかり固定して背負えるものを選んでください。

自転車用リュックのおすすめブランド

ドイター(deuter)

By: amazon.co.jp

1898年にドイツで誕生した「ドイター」。登山用のリュックを取り揃えているブランドとして知られていますが、自転車やバイク用のリュックも展開しています。

ドイターの最大の特徴はリュックの立体的な背面構造です。フィット感を維持しながらも、背中とリュックの間に風の通り道を作ることで高い通気性を確保。機能性の高さから世界中で人気があります。

シマノ(SHIMANO)

By: amazon.co.jp

1940年に創業したシマノ。釣り具メーカーとして高い知名度がありますが、スポーツ自転車向け部品で世界トップシェアを誇るブランドです。

「完璧な機能と乗る人との一体感をもたらす」というコンセプトのもと、フィット感を追求したサイクリングバッグを取り揃えているのが特徴。ロングライドを好む自転車乗りの愛用者が多いのも注目すべき点です。

クローム(CHROME)

By: amazon.co.jp

「クローム」は都市生活者向けのバイクカルチャーに注目したアメリカのバッグブランドです。車のシートベルトバックルをストラップに採用するなど、ほかのブランドにはない個性的なバッグを取り揃えています。

高い防水性や耐久性を備えながらも、自転車に乗っていない時でも使えるスタイリッシュなデザインが魅力。多くの自転車乗りから絶大な支持を得ています。

エルゴン(ERGON)

By: amazon.co.jp

バイクグリップで有名なドイツのブランド「エルゴン」は、自転車に精通している方の間では名の知れたブランド。人間工学に基づいた設計を取り入れることで、高い収納力と快適な背負い心地を兼ね備えたリュックを多数生み出しています。

背中側の長さを変えられるなど、身長や体格に合わせて自由に調整できる独自の機能が多い点も魅力。都会的なデザインのアイテムが多いのも注目です。

ティンバック2(TIMBUK2)

By: amazon.co.jp

バイクメッセンジャーをしていた創業者が1989年アメリカ・サンフランシスコにてミシン1台で作り上げたメッセンジャーバッグを起源にもつブランドです。

ティンバック2のコンセプトは「いつ何時でもそばにいてくれる、とてつもなくタフなバッグを生み出すこと」。サイクリング中だけでなく、タウンユースにも最適なスタイリッシュなデザインで人気を集めています。

ナリフリ(narifuri)

By: amazon.co.jp

「ナリフリ」は洋服と自転車を楽しむサイクリストのための自転車アパレルブランド。ブランド名は「身なり(nari)」と「振る舞い(furi)」が由来です。

自転車に乗ることを想定した機能性と、街に溶け込むデザイン性を両立させている点が魅力。おしゃれに敏感な若者を中心に人気の高いブランドです。

メールローズ(MALEROADS)

By: amazon.co.jp

「メールローズ」は中国のアウトドアブランド。リーズナブルな価格でありながら質の高いリュックが人気で、サイクリングをこれから始めたい方にもおすすめのブランドです。豊富なカラーバリエーションの中から自分好みのひとつを見つけてみてください。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER)

By: amazon.co.jp

「ドッペルギャンガー」は日本のメーカーが作る自転車ブランド。「自分の主は自分だけ。ほかの誰でもない」をブランドのアイデンティティーとして、総合的なサイクリング用品を展開しています。

ドッペルギャンガーの自転車用リュックはファッション性が高く、しかも価格はリーズナブル。安くて使い勝手のよいリュックを求めている方には要チェックのブランドです。

自転車用リュックのおすすめモデル|防水性能が高い

ドイター(deuter) バックパック ロードワン

ドイター(deuter) バックパック ロードワン

ドイターのラインナップのなかでも最軽量クラスの自転車用リュックです。生地には撥水性が高いナイロン生地を採用。さらに専用のレインカバーも内蔵しており、急な雨から荷物をしっかり守ります。

メインの収納スペースは荷物が下に落ちにくい特殊な形状で、重心が偏らず左右へのズレを軽減。容量は5Lと小さめなので、短距離のサイクリングにおすすめです。

シマノ(SHIMANO) T-17 サイクリングバック

シマノ(SHIMANO) T-17 サイクリングバック

容量17LでノートPC、書類、着替えなど、さまざまなアイテムの収納が可能な自転車用リュックです。リュック全体に撥水性のある生地を採用。底面は防水性の高い高密度ナイロン素材なので、高い防水性能を発揮します。

さらに撥水性の高いファスナーで水の侵入をしっかりとガード。レインカバーも付属しているので、防水性能の高いリュックを探している方におすすめです。

クローム(CHROME) アーバン EX ロールトップ18V2

クローム(CHROME) アーバン EX ロールトップ18V2

完全防水ロールトップが人気の自転車用リュック。容量18Lと自転車用リュックとしてはやや大きめですが、軽い背負い心地で快適なサイクリングを楽しめます。

背中に接する部分にはクッション性のパッドを備えており、背中の蒸れを軽減。スタイリッシュで防水性の高いリュックがほしい方におすすめです。

メールローズ(MALEROADS) サイクリングバッグ

メールローズ(MALEROADS) サイクリングバッグ

基本の容量は10Lですが、マチ拡張機能付きなので最大12Lまで容量を増やせる自転車用リュック。外ポケットには防水性の高い生地を採用し、専用のレインカバーも付いています。

4つの収納スペースと多数の小物用ポケットがあり、荷物の整理がしやすいのもポイント。コンパクトで防水性能が高いリュックを探している方におすすめです。

ナリフリ(narifuri) タクティカルメットインバックパック

ナリフリ(narifuri) タクティカルメットインバックパック

高密度ナイロン生地を採用し、防水性を高めた自転車用リュック。底部にはヘルメットやシューズを収納できる専用スペースを備えており、通勤時に便利です。

機能性に優れていながら見た目もスタイリッシュでおしゃれ。普段は通勤・通学用として、休日はサイクリング用としてさまざまなシーンで活躍してくれるアイテムです。

自転車用リュックのおすすめモデル|通気性能が高い

ドイター(deuter) スーパーバイク 18 EXP

ドイター(deuter) スーパーバイク 18 EXP

ロングライドでも快適な走行ができるよう、背面の通気性を高めた自転車用リュックです。背面にウレタン素材のクッションを縦に配置することで、背中とリュックの間に風が通る空間を確保。激しい運動をしても背中が蒸れにくくなっています。

レインカバーとウィンドシールドが付属し悪天候の走行にも対応。また、収納ポケットが多くハイドレーションシステムにも対応するなど、使い勝手良好のリュックです。

シマノ(SHIMANO) R-12 サイクリングバック

シマノ(SHIMANO) R-12 サイクリングバック

シマノのサイクリングバッグのなかでもトップクラスの軽さを誇るRシリーズ。背中と接する部分には熱を逃がすバックパネルを採用し、ロングライドでも快適な状態をキープします。

さらに、通気性の高い穴付きのショルダーストラップによって、蒸れを予防しながら肩への圧力を軽減。見た目以上の収納力を誇るためサイクリングに限らずタウンユースにもおすすめです。

ティンバック2(TIMBUK2) レイダーパック

ティンバック2(TIMBUK2) レイダーパック

薄手のナイロン素材を採用し、軽量で通気性に優れた自転車用リュック。自転車用をメインに想定したリュックですが、タウンユースとしても使えるシンプルで都会的なデザインが魅力です。

スーツにも相性がよく、自転車での通勤にぴったり。ビジネス、カジュアル問わず使えるので、汎用性の高いアイテムを求めている方はぜひチェックしてみてください。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ナローサイクルバックパック

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) ナローサイクルバックパック

カーブした背面フレームが特徴の自転車用リュックです。カーブによってリュックと背中の密着を防ぎ、蒸れによる不快感を軽減。また、背面とショルダーストラップにはメッシュ素材を採用し、通気性をさらに高めています。

容量は6Lと小さめですが、財布や着替え、タオルなどサイクリング用小物はキッチリと収まり使い勝手は良好。本格的なロングライドよりも、街乗りとして軽いライドを楽しみたいという方にぴったりのリュックです。

自転車用リュックのおすすめモデル|装着感がよい

ドイター(deuter) レースEXP エアー

ドイター(deuter) レースEXP エアー

荷物をたくさん入れてもリュックと背中の間に空間ができる構造になっているドイターの人気モデルです。背中に汗がたまりにくいのが特徴。ショルダーストラップは体の曲線に合わせた形になっており、ズレにくく動きを妨げません。

専用のレインカバー付きで本格的な雨でも安心。自転車乗りに必要な機能が一通り揃っているので、初めて自転車用リュックの購入を検討している方にもおすすめです。

シマノ(SHIMANO) U-10 サイクリングバッグ

シマノ(SHIMANO) U-10 サイクリングバッグ

体の前でリュックを固定するベルト「クロスハーネス」が特徴の自転車用リュック。背中全体に重さが分散するため肩や腕を自由に動かすことができ、快適なフィット感を得られます。

背面には背中の熱を逃しやすいエアーメッシュパネルを採用。ハイドレーションシステムや防水機能、ヘルメットホルダーなども備えており、ロングライドに対応したおすすめモデルです。

エルゴン(ERGON) BX2 バックパック

エルゴン(ERGON) BX2 バックパック

背面の通気性に優れた自転車用リュックです。クッション性が高く厚みのあるメッシュパッドを両肩、両腰に設置。パッドの谷間を風が通り抜けることで高い通気性を実現しています。

身長に合わせて背中側の長さを4段階で変えられる点が特徴。さらに、背面を自分の背中の丸みに合わせてカーブさせることができるため、高いフィット感が得られます。

本製品は容量11.5Lと扱いやすいサイズ感もおすすめポイント。価格もリーズナブルなので、コストパフォーマンスにも優れたおすすめモデルです。

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) バイシクルエコリュック

ドッペルギャンガー(DOPPELGANGER) バイシクルエコリュック

小さく折りたためる自転車用リュック。使わない時には丸めて自転車のフレームに巻きつけられるので、サイクリング中の買い物にも重宝します。

リュックの生地には登山用アウターにも使われる軽量・高耐久のナイロン素材を採用。チェストベルトでサイクリング中のズレを防止できるので、快適な走行が可能です。