自動車・バイク用の携帯バッテリー「ジャンプスターター」。バッテリーが上がってしまった場合、これまではほかの車から電力を分けてもらったり、ロードサービスを呼んだりすることが一般的でした。しかし、ジャンプスターターがあれば、一人でも簡単にエンジンをスタートできます。万が一に備えて持っておくと安心です。

最近では、スマホ用のモバイルバッテリーとしても使えるタイプが注目されています。そこで今回は、おすすめのジャンプスターターについてご紹介。選び方も解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ジャンプスターターとは?

By: rakuten.co.jp

車の動力源となるエンジンをスタートさせるには、電気が必要です。このエネルギーを供給しているのが「カーバッテリー」。自動車の場合は、エンジンルームの中をはじめ、トランクルームや運転手の足元など、さまざまなところに搭載されています。

ただし、カーバッテリーはさまざまな電装品の動力にもなっているため、ルームライトを付けっ放しにしていたり、長期間乗っていなかったりすると電気が空になってしまいます。このままでは、たとえガソリンが満タンだったとしても車を動かすことができません。

ほかの車から電気を分けてもらってエンジンを動かす「ジャンプスタート」という方法を使えば、バッテリーを復旧させることは可能です。ただし、この方法は車がほとんど通らないところだと使えないという欠点があります。

そこで便利なのが「ジャンプスターター」。予備バッテリーのことで、これさえあればバッテリーが上がってしまっていても一人でエンジンをスタートさせることができます。ロングドライブの際には必ず持っておきたいカーアイテムです。

シャンプスターターの選び方

ボルト数

By: amazon.co.jp

カーバッテリーの電圧は、自動車の種類によって異なります。普通車は12V、トラックやバスなどの大型車は24Vのバッテリーを積んでいるケースがほとんどです。電圧が異なるジャンプスターターを使用すると車が故障してしまう恐れがあるので、必ず揃えるようにしましょう。

最大電流

By: amazon.co.jp

シャンプスターターがどれくらいの電流を流せるのかを表すのが「A(アンペア)」。普通車の場合は300Aあれば十分です。ミニバンのようなやや大きな車ならば400A、外車やスポーツカーなどはエンジンスタートにより大きな電流を必要とするので、700A以上だと安心して使用できます。

電池容量

By: daytona.co.jp

ジャンプスターターの電池容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表されます。前につく数字が大きいほど、パワフルな電池です。

エンジンの始動にはそれなりの電気を使うため、何度も失敗するとジャンプスターターの電力が空になってしまう可能性があります。あと一歩のところで電池切れという事態を避けるためにも、電池容量が大きめの製品を選ぶと安心です。

保護機能

By: rakuten.co.jp

ジャンプスターターは強力な電気を流せるため、使い方を間違えると本体または車が故障してしまう恐れがあります。車に詳しい方でもうっかりミスをしてしまうこともあるので、万が一の事態に備えて「保護機能」を搭載したモノがおすすめ。逆接続やショートといった事故を未然に防ぐことができます。

スマホ充電対応

By: rakuten.co.jp

ジャンプスターターは、有事にそなえるカーアイテム。それほど使用頻度が高いモノではありません。投資すべきかどうか迷っている方には、スマホ充電可能なタイプがおすすめ。モバイルバッテリーとしても、日常使いできます。

ジャンプスターターのおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

国内最大規模の電気機器メーカー「日立」。80年以上にわたって自動車事業を営む中で培ってきたノウハウを元に、高性能なカー用品をリリースしています。

日立のジャンプスターターは保護機能に優れたモノが多く、初心者の方も安心して使えるのが利点。信頼性が高いのも、大手国産メーカーならではの魅力と言えるでしょう。

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

香港を拠点に、スマートフォン・タブレット関連商品をリリースしている「アンカー」。2011年に設立された企業でありながら、モバイルバッテリーの分野ではトップメーカーとして知られています。

アンカーのジャンプスターターは、モバイルバッテリーとして使えるモノがほとんどです。また、高品質でありながらリーズナブルなのもポイント。コストパフォーマンスに優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

ジャンプスターターのおすすめ|自動車向け

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-16000RP

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-16000RP

安全性の高い「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用したモデルです。ジャンプスタートは、「4,000cc以下の12Vガソリン車」または「3,000cc以下の12Vディーゼル車」に対応しています。ショート保護や逆接続保護など、計9種類の保護機能を搭載。安全にエンジンをスタートすることが可能です。

また、「サージプロテクト機能」を搭載しているのもポイント。瞬間的に大きな電流が流れることで、車の電気機器が破損してしまうという事態を未然に防ぐことができます。頻繁に起こる事故ではないものの、万が一に備えられる便利な機能です。

さらに、防塵・防水機能も搭載しており、端子カバーを閉じることで本体をホコリや水滴から守れます。保護機能が充実しているだけでなく、アウトドアシーンでも使える耐久性が魅力。高品質な日本産ジャンプスターターを探している方におすすすめです。

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-64000

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-64000

64,000mAhという国内最大クラスのバッテリー容量を有するモデルです。ジャンプスタートは「6,000cc以下の12V車」と「17,000cc以下の24V車」に対応しています。これ1台で乗用車から大型トラックまで、ほとんどのエンジンをスタートさせることが可能です。

大きなエネルギーを蓄積できるハイパワータイプのため、しっかりと安全対策が施されているのもポイント。バッテリーのプラスとマイナスを誤って接続してしまう「逆接続」保護機能や、ショートを防ぐ「短絡保護」など、数多くの保護機能が搭載されています。異常発生時に、ブザー音やLEDで教えてくれる「警告・モニター機能」も付いているので、初心者の方も安心です。

また、大型のLEDライトで周囲を明るく照らす「スポットライト機能」を搭載。夜間など、明かりがないところで車が故障してしまっても快適に作業できます。非常時に大活躍するおすすめのジャンプスターターです。

suaoki U10 ジャンプスターター

suaoki U10 ジャンプスターター

バッテリー容量20000mAhのジャンプスターター。ガソリン車は12Vで最大6L、ディーゼル車は12Vで最大5Lまで対応しており、最大800A電流で約17〜25回のジャンプスタートが可能です。

ジャンプスタートに使うブースターケーブルは保護機能が充実しており、ショート保護・逆電流防止・低電圧&高電圧保護・逆接続保護・過電流保護・過熱保護などをカバー。安心して使えます。

バッテリー残量や出力電力などを液晶画面で表示してくれるのもポイント。サイズは240×158×115mmとコンパクトながら重さは640gとやや重さがあるので、車に常備しておくのがおすすめです。

suaoki 700A ジャンプスターター

suaoki 700A ジャンプスターター

自宅やガレージの据え置き用におすすめのジャンプスターター。ガソリン車は12Vの6L、ディーゼル車は12Vの5Lまで対応しており、最大700Aの電流でスムーズにエンジンをかけてくれます。

バッテリー容量は15600mAh、サイズは190×160×200mm、重さは1910g。本体には取っ手がついているので持ち運びの際にも便利で、ストレスがなくジャンプスタートを行えます。

なお、本製品には気軽にタイヤの空気圧がチェックできるエアーコンプレッサーが搭載されているのもポイント。本体の裏側にホースと圧力計が付いており、確認しながら最大気圧1035kpaで急速にタイヤの空気を入れることができます。

バッテリー切れに対応できるのはもちろん、いざという時にタイヤの空気圧も補充できるおすすめのアイテムです。

BRAHMS ポータブルジャンプスターター MJS-12000

BRAHMS ポータブルジャンプスターター MJS-12000

筒型のジャンプスターター。サイズは66×66×157mm、重さは637.5gで、車内のドリンクホルダーに収納できるほどの大きさにまとまっているのが特徴です。

バッテリー容量は4000mAhを3基用意した仕様で、計12000mAh。適合車種は12V車の標準仕様に限り、最大排気量は3000ccまでとなっています。

同梱アイテムとしては、ジャンプスターターに使うバッテリークランプ・シガーソケット対応のDCプラグ・充電用のACアダプター・マルチケーブルなど。なお、マルチケーブルはLightningケーブルやUSB Type-Cケーブルなどがセットとなっており、スマホやタブレットはもちろん、さまざまな端末を充電できます。PSEマーク規格品なので、安心して使えるのもポイント。汎用性が高いおすすめアイテムです。

ジャンプスターターのおすすめ|バイク向け

デイトナ(Daytona) コンパクトジャンプスターター 91705

国産メーカー「デイトナ」のバイク用ジャンプスターターです。バッテリー容量は6,000mAh。本体は手のひらサイズの大きさで、付属品のケーブル類と合わせてもコンパクトにまとまります。バイクの種類によってはシート下に収納することも可能。ツーリング時の装備としてはもちろん、通常運転時の常備品としてもおすすめです。

また、安全機能も充実しています。12V出力部分には、安全に配慮したゴムキャップを採用。ほかにも、電池を保護する「低電圧保護機能」、逆接続によるショートを防止する「逆接続保護機能」など、初心者にうれしい機能を搭載しています。

ボルトマジック(VoltMagic) JS-06

ボルトマジック(VoltMagic) JS-06

コンパクト仕様のジャンプスターター。サイズは142×81.5×17mm 、重量は約220gと小型軽量モデルなので、持ち運びに便利です。

対象バイクの目安はガソリン3000cc未満。容量は6000mAhで、フル充電の状態からであれば最大15回程度対応できます。

ジャンプスタートで使うケーブルには保護回路が付いているのもポイント。過電流やショートに配慮しているので、安心して使えるのも魅力です。

なお、本製品はマルチ充電ケーブルも付属しており、モバイルバッテリーとして使えるのも特徴。さまざまな端末を充電できます。バイクのシートボックスやヘルメットボックスに収納できるジャンプスターターを探している方におすすめです。

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター

容量9000mAhのジャンプスターター。2.8Lまでのバイクに対応しており、フル充電状態であれば約15回のジャンプスタートができます。

本製品は頑丈なボディを採用しているほか、防水規格はIPX5に対応しており、悪天候時でも使いやすいのが特徴。サイズは約155×85×30mm、重さは約355gとコンパクトかつ軽量なので、持ち運びにも便利です。

Arteck ジャンプスターター

Arteck ジャンプスターター

容量8000mAhながら価格5000円前後とコスパ良好のジャンプスターター。2.5Lまでのバイクに対応しており、最大20回までジャンプスタートできます 。

充電はACアダプター、もしくはカーアダプターを利用し、要する時間は4時間程度。対応する端子の数も多く、ジャンプスターターのほか、さまざまな機器の充電にも使えます。リーズナブルなモデルや、幅広い用途で使えるモデルを探している方におすすめです。

ジャンプスターターのAmazonランキングをチェック

ジャンプスターターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。