自動車・バイク用の携帯バッテリー「ジャンプスターター」。バッテリーが上がってしまった場合、これまでは他の車から電力を分けてもらったり、ロードサービスを呼んだりすることが一般的でした。しかし、ジャンプスターターがあれば、一人でも簡単にエンジンをスタートできます。万が一に備えて持っておくと安心です。

さらに、最近ではスマホ用のモバイルバッテリーとしても使えるタイプが注目されています。そこで今回は、おすすめのジャンプスターターについてご紹介。選び方についても解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ジャンプスターターとは?

By: amazon.co.jp

車の動力源となるエンジンをスタートさせるには、電気が必要です。このエネルギーを供給しているのが「カーバッテリー」。自動車の場合は、エンジンルームの中をはじめ、トランクルームや運転手の足元など、さまざまなところに搭載されています。

ただし、このカーバッテリーはさまざまな電装品の動力にもなっているため、ルームライトを付けっ放しにしていたり、長期間乗っていなかったりすると電気が空になってしまいます。このままでは、たとえガソリンが満タンだったとしても車を動かすことができません。

他の車から電気を分けてもらってエンジンを動かす「ジャンプスタート」という方法を使えば、バッテリーを復旧させることは可能です。ただし、この方法は車がほとんど通らないところだと使えないという欠点があります。

そこで便利なのが「ジャンプスターター」。いわゆる予備バッテリーのことで、これさえあればバッテリーが上がってしまっていても一人でエンジンをスタートさせることができます。ロングドライブの際には必ず持っておきたいカーアイテムです。

シャンプスターターの選び方

ボルト数

By: amazon.co.jp

カーバッテリーの電圧は、自動車の種類によって異なります。普通車は12V、トラックやバスなどの大型車は24Vのバッテリーを積んでいるケースがほとんどです。電圧が異なるジャンプスターターを使用すると車が故障してしまう恐れがあるので、必ずそろえるようにしましょう。

最大電流

By: amazon.co.jp

シャンプスターターがどれくらいの電流を流せるのかを表すのが「A(アンペア)」。普通車の場合は300Aあれば十分です。ミニバンのようなやや大きな車ならば400A、外車やスポーツカーなどはエンジンスタートにより大きな電流を必要とするので、700A以上だと安心して使用できます。

電池容量

By: amazon.co.jp

ジャンプスターターの電池容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表されます。前につく数字が大きいほど、パワフルな電池です。

エンジンの始動にはそれなりの電気を使うため、何度も失敗するとジャンプスターターの電力が空になってしまう可能性があります。あと一歩のところで電池切れという事態を避けるためにも、電池容量が大きめの製品を選ぶと安心です。

保護機能

By: amazon.co.jp

ジャンプスターターは強力な電気を流せるため、使い方を間違えると本体または車が故障してしまう恐れがあります。車に詳しい方でもうっかりミスをしてしまうこともあるので、万が一の事態に備えて「保護機能」を搭載したモノがおすすめ。逆接続やショートといった事故を未然に防ぐことができます。

スマホ充電対応

By: amazon.co.jp

ジャンプスターターは、有事にそなえるカーアイテム。それほど使用頻度が高いモノではありません。投資すべきかどうか迷っている方には、スマホ充電可能なタイプがおすすめ。いわゆるモバイルバッテリーとして、日常使いできます。

ジャンプスターターのおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

国内最大規模の電気機器メーカー「日立」。80年以上にわたって自動車事業を営む中で培ってきたノウハウを元に、高性能なカー用品をリリースしています。

日立のジャンプスターターは保護機能に優れたモノが多く、初心者の方も安心して使えるのが利点。信頼性が高いのも、大手国産メーカーならではの魅力と言えるでしょう。

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

香港を拠点に、スマートフォン・タブレット関連商品をリリースしている「アンカー」。2011年に設立されたばかりの若い企業でありながら、モバイルバッテリーの分野ではトップメーカーとして知られています。

アンカーのジャンプスターターは、モバイルバッテリーとして使えるモノがほとんどです。また、高品質でありながらリーズナブルなのもポイント。コストパフォーマンスに優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

ベステック(BESTEK)

中国に自社工場を持つ「べステック」。車用インバーターやシガーソケットアダプタなど、主に電源製品をリリースしている企業です。モバイルバッテリー分野でも急成長を遂げており、アンカーに次いで人気を博しています。

べステックのジャンプスターターは、大容量タイプから小型タイプまで豊富に取り揃えられているのが特徴。携帯性に優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

ジャンプスターターのおすすめ|自動車向け

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-16000RP

安全性の高い「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用した「PS-16000RP」。ジャンプスタートは、「4,000cc以下の12Vガソリン車」または「3,000cc以下の12Vディーゼル車」に対応しています。ショート保護や逆接続保護など、計9種類の保護機能を搭載。安全にエンジンをスタートすることが可能です。

また、「サージプロテクト機能」を搭載しているのもポイント。瞬間的に大きな電流が流れることで、車の電気機器が破損してしまうという事態を未然に防ぐことができます。頻繁に起こる事故ではないものの、万が一に備えられる便利な機能です。

さらに、防塵・防水機能も搭載しており、端子カバーを閉じることで本体をホコリや水滴から守れます。保護機能が充実しているだけでなく、アウトドアシーンでも使える耐久性が魅力。高品質な日本産ジャンプスターターを探している方におすすすめです。

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-64000

64,000mAhという国内最大クラスのバッテリー容量を有する「PS-64000」。ジャンプスタートは「6,000cc以下の12V車」と「17,000cc以下の24V車」に対応しています。これ1台で乗用車から大型トラックまで、ほとんどのエンジンをスタートさせることが可能です。

大きなエネルギーを蓄積できるハイパワータイプのため、しっかりと安全対策が施されているのもポイント。バッテリーのプラスとマイナスを誤って接続してしまう「逆接続」保護機能や、ショートを防ぐ「短絡保護」など、数多くの保護機能が搭載されています。異常発生時に、ブザー音やLEDで教えてくれる「警告・モニター機能」も付いているので、初心者の方も安心です。

また、大型のLEDライトで周囲を明るく照らす「スポットライト機能」を搭載。夜間など、明かりがないところで車が故障してしまっても快適に作業できます。非常時に大活躍するおすすめのジャンプスターターです。

アンカー(ANKER) PowerCore ジャンプスターター mini

モバイルバッテリー分野での信頼性が高い「アンカー」のジャンプスターター。「2,800cc以下の12Vガソリンエンジン車」に対応しています。コンパクトなボディでありながら、バッテリー容量は9,000mAhと大容量。フル充電状態で約15回のジャンプスタートができます。

また、モバイルバッテリーとしても使えるのもポイントです。アンカーの独自技術「PowerIQ」を採用。充電ポートに接続されたデバイスを自動的に検知して、その端末に合った最大スピードの電流を送ります。コンパクトなので持ち運びやすく、普段使いにも便利です。

本体の他、クランプやケーブル、丈夫なキャリーケースが付属。車や端末へのダメージを防ぐ「ショート防止機能」や「サージプロテクター」といった保護機能も充実しているので、安心して使えます。コストパフォーマンスに優れたおすすめのジャンプスターターです。

ベステック(BESTEK) BTCS001

アンカー同様、モバイルバッテリー分野で有名な「ベステック」のジャンプスターター。「3,000cc以下の12Vガソリンエンジン車」に対応しています。バッテリー容量は13,600mAhと大容量。スマートフォンやノートパソコンなどの電子機器も充電可能です。

本製品にはLEDライトが搭載されているため、夜間作業もラクラク。周囲に緊急事態を知らせるストロボライトやSOSライトとしても使えるので、いざというときも安心です。

また、リーズナブルながら保護機能が搭載されているのもポイント。バッテリーの充電が終わると自動的に充電回路を停止するので、過充電を防止できます。初めての方も安心して使えるおすすめのジャンプスターターです。

CAR ROVER ジャンプスターター A8S

タイヤ風のデザインがオシャレなジャンプスターター。「6,000cc以下の12Vガソリンエンジン車」と「3,000cc以下のディーゼルエンジン車」に対応したモデルです。コンパクトでありながら、バッテリーは大容量の14,000mAh。スタート電流は400Aで、最大800Aと十分な出力です。乗用車はもちろん、ミニバンクラスのエンジンもジャンプスタートできます。

保護機能に優れているのも魅力。ショート保護や過充電保護、逆接続保護など、ジャンプスターターに必要な保護機能はひと通り揃っています。うっかりミスによる事故も防げるので、あまり自動車に詳しくないという方も安心して使うことが可能です。

また、本体の他に専用ケース、スマートフォン・タブレットアダプタ、バッテリークリップなどが同梱されています。充電備蓄時間は12ヶ月と長めに設定されているので、車載用のジャンプスターターとしてもおすすめです。

ジャンプスターターのおすすめ|バイク向け

ベステック(BESTEK) BTCSG11

ベステックの小型ジャンプスターター。「排気量3,000cc以下の12Vガソリンエンジン車またはバイク」に対応しています。大きさはスマートフォンと比べてひと回り大きい程度。車載バッテリーとしてだけでなく、スマートフォンやノートパソコン用のモバイルバッテリーとしても使用可能です。

小型タイプのため、バッテリー容量は5,600mAhとやや少なめ。しかし、暗い場所でも快適に作業できる「LEDライト機能」や、バッテリーの充電が終わると自動的に充電回路が停止する「自動オフ機能」など、各種便利機能が搭載されています。バイクの収納スペースに工具と一緒にしまっておきたいおすすめのジャンプスターターです。

デイトナ(Daytona) コンパクトジャンプスターター 91705

国産メーカー「デイトナ」のバイク用ジャンプスターターです。バッテリー容量は6,000mAh。本体は手のひらサイズの大きさで、付属品のケーブル類と合わせてもコンパクトにまとまります。バイクの種類によってはシート下に収納することも可能。ツーリング時の装備としてはもちろん、通常運転時の常備品としてもおすすめです。

また、安全機能も充実しています。12V出力部分には、安全に配慮してゴムキャップを採用。他にも、電池を保護する「低電圧保護機能」、逆接続によるショートを防止する「逆接続保護機能」など、初心者にうれしい機能を搭載しています。ただし、ハーレーダビッドソンのようなクランキング電流が400Aを超える大型バイクはジャンプスタートできない可能性があるので注意してください。

ジャンプスターターのAmazonランキングをチェック

ジャンプスターターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。