自動車・バイク用の携帯バッテリー「ジャンプスターター」。バッテリーが上がってしまった場合、ほかの車から電力を分けてもらったり、ロードサービスを呼んだりすることが一般的でした。しかし、ジャンプスターターがあれば、一人でも簡単にエンジンをスタートできます。万が一のときに備えて持っておくと安心です。

最近では、スマホ用のモバイルバッテリーとしても使えるタイプが注目されています。そこで今回は、おすすめのジャンプスターターについてご紹介。選び方も解説しているので、あわせてチェックしてみてください。

ジャンプスターターとは?

By: rakuten.co.jp

車のバッテリーが上がってしまったときに便利な「ジャンプスターター」。予備バッテリーのことで、バッテリーが上がったときに持って置きたいアイテムです。

車の動力源となるエンジンをスタートさせるには、電気が必要です。このエネルギーを供給しているのが「カーバッテリー」。自動車の場合は、エンジンルームの中やトランクルーム、運転席の足元などに搭載されています。

カーバッテリーはさまざまな電装品の動力源なので、ルームライトを付けっ放しにしていたり、長期間乗っていなかったりすると、充電切れになってしまいます。

ほかの車から電気を分けてもらってエンジンを動かす「ジャンプスタート」という方法を使えば、バッテリーは復旧できますが、車が通らない場所だとこの方法は使えません。ジャンプスターターを持っていれば、一人でエンジンをスタートすることができます。

ジャンプスターターの選び方

ボルト数をチェック

By: amazon.co.jp

カーバッテリーの電圧は、自動車の種類によって異なります。普通車は12V、トラックやバスなどの大型車は24Vのバッテリーを積んでいるケースがほとんど。電圧が異なるジャンプスターターを使用すると車が故障してしまう恐れがあるので、必ず確認してから購入するようにしましょう。

最大電流をチェック

By: amazon.co.jp

ジャンプスターターがどれくらいの電流を流せるのかを表すのが「A(アンペア)」。普通車の場合は300Aあれば十分です。ミニバンのようなやや大きな
車ならば400A、外車やスポーツカーなどはエンジンスタートにより大きな電流を必要とするので、700A以上だと安心して使用できます。

電池容量をチェック

By: daytona.co.jp

ジャンプスターターの電池容量は「mAh(ミリアンペアアワー)」という単位で表されます。前に付く数字が大きいほど、ロングバッテリーな電池です。

エンジンの始動にはそれなりの電気を使うため、何度も失敗するとジャンプスターターの電力が空になる可能性があります。あと一歩のところで電池切れという事態を避けるためにも、電池容量が大きめの製品を選ぶと安心です。

保護機能をチェック

By: rakuten.co.jp

ジャンプスターターは強力な電気を流せるため、使い方を間違えると本体または車が故障してしまう恐れがあります。逆接続やショートといった万が一の事故を未然に防げる「保護機能」を搭載したモノがおすすめ。

スマホ充電に対応しているかチェック

By: rakuten.co.jp

ジャンプスターターは有事に備えるカーアイテムのため、それほど使用頻度が高いモノではありません。投資すべきか迷っている方には、スマホの充電も可能なタイプがおすすめ。モバイルバッテリーとしても日常的に使用できます。

ジャンプスターターのおすすめメーカー

日立(HITACHI)

By: amazon.co.jp

国内最大規模の電気機器メーカー「日立」。80年以上にわたって自動車事業を営むなかで培ったノウハウを元に、高性能な自動車用品を販売しています。

日立のジャンプスターターは保護機能に優れたモノが多く、初心者の方も安心して使えるのが魅力。信頼性が高い点も、大手国産メーカーならではの魅力といえます。

アンカー(ANKER)

By: amazon.co.jp

香港を拠点に、スマートフォン・タブレット関連商品を発売している「アンカー」。2011年に設立された企業でありながら、モバイルバッテリーの分野ではトップメーカーとして知られています。

アンカーのジャンプスターターは、モバイルバッテリーとして使えるモノがほとんどです。また、高品質でありながらリーズナブルなのもポイント。コストパフォーマンスに優れた製品を探している方におすすめのメーカーです。

ジャンプスターターのおすすめ製品

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-16000RP

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-16000RP

安全性の高い「リン酸鉄リチウムイオン電池」を採用したジャンプスターター。対応する車種は「4000cc以下の12Vガソリン車」または「3000cc以下の12Vディーゼル車」で、ショート保護や逆接続保護など、計9種類の保護機能を搭載しています。

本製品は「サージプロテクト機能」を搭載しているため、瞬間的に大きな電流が流れて周辺機器に影響を及ぼす恐れがありません。さらに、端子カバーが用意されており、防塵・防滴に配慮しているのもポイントです。

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-64000

日立(HITACHI) ポータブルパワーソース PS-64000

64000mAhという国内最大クラスのバッテリー容量を有するジャンプスターター。対応する車種は「6000cc以下の12Vガソリン車」または「17000cc以下の24Vディーゼル車」で、これ1台で乗用車から大型トラックまで、ほとんどのエンジンをスタートできます。

大きなエネルギーを蓄積できるハイパワー仕様で、しっかりと安全対策が施されているのもポイント。バッテリーのプラスとマイナスを誤って接続してしまう逆接続を保護する機能や、ショートを防ぐ短絡保護など、数多くの保護機能が搭載されています。異常発生時に、ブザー音やLEDで教えてくれる警告・モニター機能も付いているので、初心者の方も安心です。

また、大型のLEDライトが用意されているのもポイント。夜間に車が故障してもスムーズに作業できる、おすすめのジャンプスターターです。

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター

容量9000mAhのジャンプスターター。2.8Lまでのガソリンエンジン車に対応しており、フル充電状態であれば一度の充電で約15回のジャンプスタートができます。

本製品は頑丈なボディを採用しているほか、防水規格はIPX5に対応しており、悪天候時でも使いやすいのが特徴。サイズは約155×85×30mm、重さは約355gとコンパクトかつ軽量なので、持ち運びにも便利です。

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター Pro

アンカー(ANKER) Roav ジャンプスターター Pro

容量8000mAhで、6Lまでのガソリンエンジン車や、3Lまでのディーゼル車に対応できるジャンプスターター。本体のほか、ケーブル付きのクランプやコンパクトな専用ケースも付属しているので、ストレスなく車載できるのが特徴です。

使用時はバッテリーの電圧が表示されるのもポイント。また、誤った端子に接続している場合や温度制限を超えた場合での使用時には警告音が鳴るので、安心して使えます。

さらにLEDライトも搭載されているので、夜間での使用やボンネット内の確認も簡単。使い勝手のよいおすすめのジャンプスターターです。

suaoki U10 ジャンプスターター

suaoki U10 ジャンプスターター

バッテリー容量20000mAhのジャンプスターター。ガソリン車は12Vで最大6L、ディーゼル車は12Vで最大5Lまで対応しており、最大800A電流で約17〜25回のジャンプスタートが可能です。

ジャンプスタートに使うブースターケーブルは、ショート保護や過電流保護などの保護機能が充実しており、安心して使えます。

また、バッテリー残量や出力電力などを液晶画面で表示してくれるのもポイント。サイズは252×18×114mmとコンパクトながら重さは1.5kgと重量級なので、ジャンプスターターを限られた車載スペースに常備しておきたいと考えている方はぜひチェックしておきましょう。

suaoki 700A ジャンプスターター

suaoki 700A ジャンプスターター

自宅やガレージの据え置き用におすすめのジャンプスターター。ガソリン車は12Vの6L、ディーゼル車は12Vの5Lまで対応しており、最大700Aの電流でスムーズにエンジンをかけられるのが特徴です。

バッテリー容量は15600mAhで、サイズは176×95×178mm、重さは1.34kg。本体上部に取っ手が付いているので、持ち運びの際にも便利です。

そのほか、本製品には気軽にタイヤの空気圧がチェックできるエアーコンプレッサーが搭載されているのもポイント。本体の裏側にホースと圧力計が付いており、最大気圧1035kPaで急速にタイヤの空気を入れられます。

バッテリー切れに対応できるジャンプスターターとしてはもちろん、いざというときにタイヤの空気圧も補充できるおすすめのアイテムです。

BRAHMS ポータブルジャンプスターター MJS-12000

BRAHMS ポータブルジャンプスターター MJS-12000

筒型のジャンプスターター。サイズは65×65×160mm、重さは637.5gで、車内のドリンクホルダーに収納できるほどの大きさにまとまっているのが特徴です。

バッテリー容量は4000mAhを3基用意した仕様で、計12000mAh。なお、適合車種は12V車の標準仕様に限り、最大排気量は3000ccまでなので注意しておきましょう。

同梱アイテムとしては、ジャンプスターターに使うバッテリークランプ・シガーソケット対応のDCプラグ・充電用のACアダプター・マルチケーブルなどが付属しています。なお、マルチケーブルはLightningケーブルやUSB Type-Cケーブルなどがセットとなっており、スマホやタブレットはもちろん、さまざまな端末を充電可能。PSEマーク規格品なので、安心して使えるのもポイント。汎用性が高いおすすめアイテムです。

ボルトマジック(VoltMagic) JS-06

ボルトマジック(VoltMagic) JS-06

コンパクト仕様のジャンプスターター。サイズは142×81.5×17mm、重さは約220gと小型かつ軽量なので、持ち運びに便利なアイテムです。

対象車の目安はガソリン3000cc未満。容量は6000mAhで、フル充電の状態からであれば最大15回程度対応できます。

ジャンプスタートで使うケーブルには保護回路が付いているのもポイント。過電流やショートに配慮しているので、安心して使えるのも魅力です。

なお、本製品はマルチ充電ケーブルも付属しており、モバイルバッテリーとして使えるのも魅力。使い勝手のよいジャンプスターターを探している方におすすめのアイテムです。

Arteck ジャンプスターター

Arteck ジャンプスターター

容量8000mAhながらリーズナブルな価格が魅力のジャンプスターター。2.5Lまでのガソリン車に対応しており、最大20回までジャンプスタートできます 。

充電はACアダプター、もしくはカーアダプターを利用し、4時間程度で完了します。対応する端子の数も多く、ジャンプスターターのほか、さまざまな機器の充電も可能。価格重視でジャンプスターターを探している方や、幅広い用途で使えるモデルを探している方におすすめです。

ジャンプスターターのAmazonランキングをチェック

ジャンプスターターのAmazonの売れ筋ランキングもチェックしたい方はこちら。